TOP

葛西善二郎「おいババア、火ィ貸してくれねーか?」サザエ「えっ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:08:24.09 ID:swPBywG50

葛西「早くしろって」

サザエ「いきなり人に向かって失礼ね!」

葛西「火火火…ババアに向かってババアって言うのが失礼なのか?」

サザエ「貴方の言う通りね」

葛西「だろ?さっさと火ィ貸せ」

シュボッ

葛西「スーッ……はぁ、やっぱり生き返るねぇ~」

サザエ「火貸したんだから、あたしの家の手伝いしてちょうだい」

葛西「は?」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:19:03.33 ID:P65DhnWh0

ババアってまだ24だぞ

sazae1


アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:17:38.35 ID:swPBywG50

サザエ「ただいまー」

カツオ「おかえり姉さん!」

ワカメ「その人は誰?」

サザエ「今日からこの家のお手伝いさんになる人よ!」

葛西「はぁ?」

フネ「お金はどうしたんだい?」

サザエ「タダでお手伝いしてくれるみたいよ」

葛西(おいおい、ふざけんなよ…)

ワカメ「これから家の用事が楽になるわね」

サザエ「ビシビシ働いてもらうわ!」

葛西(…火火火…たまにはこーいうのも悪くねぇか……)



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:22:17.01 ID:tirSZKr10

ネウロの奴か



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:23:11.64 ID:xCuKFcdaO

ネウロとか懐かしいな



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:26:12.16 ID:swPBywG50

カツオ「葛西さん、これ持っていって」

葛西「何だこりゃ?」

カツオ「タマの餌だよ!」

葛西「餌って…これ、犬の糞じゃねーか……?」

カツオ「僕の家では犬の糞が猫の餌なんだ!」

葛西(再利用って考えればいいか…)


フネ「葛西さん」

葛西「はい?」

フネ「ちょっと、お使いに行ってきてくれないかい?」

葛西「へいへい…」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:29:53.20 ID:swPBywG50

タラ「僕も行くですぅ」

葛西「クソガキは、タバコでも吸ってろ」

タラ「うわあああああああん!!!」

サザエ「葛西さん!タラちゃんを泣かさないで!!」

ペシッ

サザエの平手打ちを食らう葛西

葛西「いてっ……」

サザエ「タラちゃんもお使いに連れて行ってあげて」

葛西(火火火…おじさん、もうキレそうだぜ……)


タラ「僕のお馬さんですぅ!」

葛西「…火火ーン」

タラ「さっさと進むですぅ!葛西馬!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:32:28.53 ID:IKFEjg8tO

サザエって設定上は美人って聞いた



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:33:49.16 ID:ocmpz4VC0

>>12
なにその焼け石に水



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:39:29.90 ID:swPBywG50

タラ「大根とネギとトマトをよこせですぅ!」

八百屋の親父「タラちゃんお使いか?偉いねぇ!」

スッ

タラ「大根とネギとトマト、ゲットですぅ」

葛西「親父…これお金だ」

親父「あんた、いい年して子供にコキ使われてるんだねぇ」

葛西「……」


タラ「ふんふーん♪」

葛西(シックス曰く…子供というのは神より上の存在)

葛西(そんな子供に、俺はコキ使われると思えばいいだけだ…)



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:44:12.03 ID:swPBywG50

―夕食前―

葛西「ふぅ…やっと一息つけるぜ」

シュボッ

葛西「火火火…」

プルルルルル

ピッ

葛西「シックス…?」

シックス「葛西、連絡もしないで何をしているんだい?」

葛西「いや、ちょっと急用が出来まして…」

シックス「そうか…お前のことだ、私は何の心配もしていないよ」

葛西「火火火…ありがとうございます」

シックス「また何かあれば、こちらから連絡をする」

葛西「了解」

ピッ

葛西(あーめんどくせぇな…早いとこ抜け出さねーと…)



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:49:17.34 ID:swPBywG50

葛西「すいません」

サザエ「なによ?」

葛西「明日から、お手伝いさんを辞めたいと…」

サザエ「何バカなこと言ってるのよぉ~貴方は一生ここで働いてもらうわよ!」

葛西「だから俺は……」

タッタッタ

マスオ「サザエ、大変だよ!」

カツオ「家の物置小屋が燃えてるんだ!!」

サザエ「!?」

フネ「は、早く火を消さないと…」

葛西(火火火…この間に逃げるか……)



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 16:55:35.22 ID:swPBywG50

葛西(火が暮れちまうところだったぜ…)

ガッ

シャツの袖を掴まれる

タラ「どこに行くですかぁ?」

葛西「あ?」

タラ「物置小屋が燃えてる…タバコを吸ってたのはお兄さんだけですよねぇ?」

葛西(コイツ……)

タラ「逃げるってことは、犯人は俺だって言ってる様なもんですよ^^」

葛西(…クソッ!)

葛西は物置小屋を燃やしてはいなかった

しかし、この状況で逃げれば自分が犯人だと疑われてしまう

葛西(俺以外に、火を使った奴がいるってことか…?)



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:00:18.64 ID:swPBywG50

波平「みんな、無事か?」

サザエ「今やっと消火できたわ~」

マスオ「あぁ!僕のバイヴとコンドームがっ…!」

サザエ「貴方!!あたし以外の女に使ってるんじゃないでしょうね!?」

マスオ「ち、違うんだサザエ…これは……」

タラ「タイコおばさんを家に連れ込んでヤッてたですぅ」

サザエ「!?」

マスオ「ハハッ、バレちゃったか~」

その後、サザエにボコボコにされるマスオ

葛西(…タバコが落ちてやがる)

どうやら、物置小屋が燃えた原因はポイ捨てのタバコであった



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:07:23.20 ID:swPBywG50

葛西(物置の近くに、タバコの箱まで捨ててやがるな)

フネ「あんたの仕業じゃないのかい?」

葛西(タバコの銘柄が俺と同じやつか…)

葛西(わざと落としておいたのか?俺を陥れようってか…?)

タラ「お兄さんと同じタバコのですぅ」

サザエ「この犯罪者!!警察に突き出してやるわ!」

葛西「おいおい…俺はずっと家の手伝いをしてただろ?」

波平「言い訳は署で聞こうじゃないか」

葛西「おい、ちょっと待てって…」

カツオ「いきなり疑うのも良くないんじゃない?」

サザエ「そうねぇ…せっかくの雑用を手放すことになっちゃうし」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:13:12.45 ID:swPBywG50

プルルルル

シックス「はい…」

葛西「シックス?俺です」

シックス「随分と長い用事のようだね?」

葛西「すいません…1ヶ月ほど、休暇を与えてはくれませんか?」

シックス「長いな……こちらの計画も進めなければならんというのに」

葛西「夏休みも働いた分、お願いします」

シックス「いいだろう。1ヶ月だけ、休暇をあげるよ。」

葛西「火火火…助かりますぜ」


カツオ「あ、葛西さん!」

サザエ「どこ行ってたのよ~?」

葛西(いっちょ探してみるか…俺を陥れようとしたバカをな…)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:17:43.82 ID:swPBywG50

ノリスケ「タイコ!逃げよう!」

ボォォォォ!!

イクラ「火事ハァイ!!火事ハァイ!!」

タイコ「イクラ!不謹慎なことは言わないの!」

ノリスケ「家が燃えてる…おじさんの所に避難しよう…!!」

磯野家の物置小屋が燃えている間にも

ノリスケの家が、燃やされていた


葛西「まずは、磯野家の周りに怪しい奴がうろついてなかったかだ」

三郎「あれぇ?」

葛西「ちょっと聞きたいことがある」

三郎「サザエさんのところの家政婦さんですよね?」

葛西「あー…そういうことでいいわ」

三郎「聞きたいことって何でしょうか?」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:22:50.99 ID:swPBywG50

葛西(確か火がついたのは、夕方だったな)

三郎「早くしてくださいよ」

葛西「昨日の夕方に…磯野家の周辺に怪しい奴は見なかったか?」

三郎「磯野さんの?…うーん、僕はその時配達をしていたんで見てませんね」

葛西「そうか、助かったぜ」

三郎「また何かあったら言ってくださいね」

葛西「おっと…最後にもう1つだけ」

三郎「はい?」

葛西「あんた、タバコは吸うか?」

三郎「ハハッ!僕は吸いませんよ、身体に悪いし!」

葛西(…)


波平「なに?ノリスケもか?」

ノリスケ「はい…僕が帰ってきた頃には…」

サザエ「これって放火魔じゃないからしらぁ…」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:31:05.43 ID:swPBywG50

―公園―

葛西「チッ、大した情報は掴めなかったな…」

葛西「シューラ達も連絡取れねーしよ……」

カツオ「葛西さーん!」

葛西「何か分かったか?」

カツオ「ううん、近所の人にも聞いてきたけど怪しい人は見なかったって!」

葛西「そうか……」

カツオ「僕たちは物置小屋だったから良かったけど…」

カツオ「もし、家だったらみんな死んじゃってたよ……」

葛西「火火火…だろうな」

カツオ「ねぇ…お兄さんって前はどんな仕事をしてたの?」

葛西「おじさんか?おじさんはなぁ……」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:35:33.29 ID:swPBywG50

中島「磯野ォーーー!!」

カツオ「中島!?」

葛西「……」

中島「僕の家も燃やされちゃったんだよぉ…!」

カツオ「中島の家も!?」

葛西「またか」

中島「じいちゃんが…まだ家に逃げ切れてないんだ!」

カツオ「えっ」

葛西「おい、坊主」

中島「はい?おじさん誰?」

葛西「さっさと案内しろ…自分のじいさんを見殺しにする気か?」

カツオ「葛西兄さんなら助けてくれるよ!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:38:44.09 ID:swPBywG50

―中島家前―

葛西「おー、こりゃ派手に燃え上がってんな」

2階の窓からおじいちゃんが手を振っていた

中島のおじいちゃん「ひろしーひろしー」

中島「じいちゃん!!」

カツオ「おじいさん!早く逃げてください!」

中島のおじいちゃん「ダメじゃあ…弘を置いて逃げることはできーん…」

中島「僕ならここにいるよ!!早く逃げて!」

葛西「火火火…相当ボケてらっしゃるみたいだな」

中島のじいちゃん「弘ー、ワシに構わず早く逃げるんじゃあ」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:44:49.19 ID:swPBywG50

中島「もう、そこからこっちへ飛び降りてよ!!」

中島のじいちゃん「そんなことはできーん…」

カツオ「中島ならここにいるよぉ!」

中島のじいちゃん「それは弘ではない、ワシを馬鹿にするなカツオ!」

カツオ「ダメだアイツ……」

中島「嫌だよじいちゃん、死なないで!!」

スッ

葛西「ちょっくら行って来るぜ」

スタスタ

カツオ「葛西さん危険だよ!!そんな炎の中に入っていったら!」

葛西(何でだろうねぇ…俺が人助けなんて、変わっちまったなぁ…)



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 17:54:32.32 ID:swPBywG50

葛西は炎の中をいとも簡単に、潜り抜けて行き

2階にへと向かった

中島のじいちゃん「だ・・・だれじゃあ!!」

葛西「あんたには、まだ死なれちゃ困るみたいだぜ」

ガッ

中島のじいさんを担ぎ上げ、2階から飛び降りようとする

葛西「火火火…おじさんにはきついかもな…」

中島のじいちゃん「ウッヒャアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」

葛西「!?」

突如、奇声をあげ葛西を突き飛ばすじいさん

葛西「おい…じいさん、どうしたんだ?」

中島のじいちゃん「ワシに触るなっっっぅ!!!ウヒョ!!!」

葛西(あの眼……)


中島「お、おい磯野ォ…2人共出てこないじゃないかぁ…」

カツオ「葛西さん……」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:24:18.03 ID:4/UNC3YVO

はよ



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:29:39.30 ID:swPBywG50

すいません、風呂いってました

中島のじいさん「ワシはワシはワシはワシは!!!!!」

葛西「うるせーな…」

中島のじいさん「放火魔は貴様じゃ!!!」

葛西「あ?あんたじゃねーのかよ?」

中島のじいさん「ワシは、命令されただけだ!!自分の意思ではしておらん!」

葛西「火火火…関係ねーな。命令されたとしても、あんたはもう俺達側の人間だぜ?」

中島のじいさん「俺達…側……?」

スッ

掌を炎で包み

葛西「犯罪者の世界へ踏み込んだ…って訳さ!」

ボォォォォォ!!

中島のじいさん「がはっ……」

葛西「火火火…火加減はどうだ……?」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:32:42.87 ID:iyLgGOOSO

何で燃やしてんだよwww



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:33:22.79 ID:swPBywG50

葛西「さーてと、ジジイはこのままにしておいていいか」

葛西「命令されたってことは、黒幕がいるって訳だな…」

タッタッタ

中島のじいさんを放置したまま、2階から飛び降りた葛西

カツオ「葛西さん!」

葛西「ワリィな、じいさんは助けられなかった」

中島「なぁーんだ。それなら仕方ないよ。」

葛西(火火火…)

カツオ「中島何言ってんだよ!?」

中島「それより、火遊びしようぜ磯野ォ!」

カツオ「中島!お前頭狂ってんだろ!?」

葛西(コイツも……同じだな…)

中島「磯野ォ、早く放火しまくろうぜー」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:40:06.89 ID:swPBywG50

葛西「じゃあな、カツオ」

カツオ「葛西さん…どこ行くの!?」

葛西「俺はこの街を出るぜ。短い間世話になったな。」

カツオ「えっ、放火魔を捕まえるんじゃないの…?」

葛西「お前等で探しとけ、おじさんはもう疲れたんだよ」

カツオ「……」

葛西「火には気をつけろよ?」

葛西はそれだけを言い残し、立ち去った

この街全体の異様な雰囲気を葛西は感じ取っていた

葛西(……まだ残ってやがったんだな、電子ドラッグが……)



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:44:34.45 ID:swPBywG50

カツオ「ただいまー」

サザエ「あら、カツオ」

フネ「こんな時間までどこに行ってたんだい?」

カツオ「ご…ごめん。葛西さんと遊んでたんだ。」

サザエ「アイツはどこよ」

カツオ「お手伝いさんを辞めるって…」

サザエ「あらそう、どうでもいいわ」

カツオ「え?いいの?」

フネ「それより、早く夕飯を食べてくれないかい?」

カツオ「分かったよー、今日の夕飯なに?」

サザエ「タマよ」

カツオ「えっ!?」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:48:51.97 ID:Ma0PJC5o0

葛西さんまじかっけえよ



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:49:40.41 ID:swPBywG50

波平「カツオ、座りなさい」

サザエの言った通り、テーブルの上にはタマが乗せられていた

恐らく刃物で斬り刻んだのであろう…

血まみれの状態のまま、皿の上にタマが置いてあった

フネ「今日はご馳走よ」

ワカメ「お兄ちゃん、早く食べないと」

カツオ「み…みんなおかしいよ……タマをどうして…!!」

マスオ「カツオくん、タマは非常食なんだよ」

波平「左様…食べることこそ、タマにとっての最大の敬意だ」

ムシャムシャ

フネ「あら、美味しいじゃないか」

ワカメ「うふふ…血が濃くて美味しい~」

カツオ「……やめてよ、みんな!!ねぇ!!」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:50:54.51 ID:swPBywG50

※波平「タマへ対しての最高の敬意だ」

です



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 18:53:59.65 ID:swPBywG50

タラ「尻尾が美味しいですぅ^^」

カツオ「オエェェェ…!!」

サザエ「ほら、カツオも食べなさい」

カツオ「い…いらない!!」

パシッ

サザエの手を叩いた

波平「ぶわっかもん。」

カツオ(みんなおかしい…!!早く逃げないと…!)

タッタッタ

カツオが家から飛び出すと

家の前には、全裸のノリスケが立っていた

ノリスケ「やぁカツオくん!」

カツオ「ノリスケおじさん!?」

ノリスケ「今日はバカに冷えるね~風邪には気をつけるんだよ!」

カツオ(く、狂ってる…狂ってる…!)



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:00:10.10 ID:swPBywG50

中島「磯野ォ…今からこの街の家片っ端から燃やしていこうぜぇ…」

ノリスケ「一度燃やしたら爽快だよ」

カツオ「僕に近づくな!!犯罪者!!」

タッタッタ

カツオ(みんな…みんな…どうしたんだよ!!)

ひたすら、走り逃げ続けるカツオ

サブちゃん「あ、カツオくん」

カツオ「三郎さん!?」

サブちゃん「そんなに慌てて、どうしたんだい?」

カツオ「みんなの様子がおかしいんだよ!放火しようとか…」

サブちゃん「放火…?それは大変だね」

カツオ「助けてよ三郎さん!僕1人じゃどうにも出来ないんだ!」

サブちゃん「いいよ、バイクに乗せてってあげるよ」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:04:13.45 ID:swPBywG50

ぶろろろろん

サブちゃん「ほら…着いたよ」

カツオ「え」

そこは、磯野家前であった

カツオ「三郎さん…ここ僕の家だよ!ここら辺はもう危険……」

ドサッ

突き飛ばされるカツオ

カツオ「いたっ」

サブちゃん「降りろよ。カツオ。」

カツオ「…え」

サブちゃん「ほら、皆集まって!放火の時間が始まるよ!」

ガサガサッ

三郎の合図と共に、周りからサザエやマスオ達が姿を現す

三郎「カツオくん…いい光景だろ?」

カツオ「何を……言ってるの…………?」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:09:33.59 ID:swPBywG50

サブちゃん「これが電子ドラッグの力さ……」

カツオ「電子ドラッグ……?」

サブちゃん「この街の人達はねぇ、何かを燃やしたいという衝動に駆られてたんだ」

サブちゃん「だから僕が電子ドラッグを見せて、解放させたんだ」

サブちゃん「カツオ君には後で見てもらうけどね」

カツオ「……そ、そんな…」

その場から逃げ去ろうとするカツオ

ガッ

サブちゃん「待ちなよ」

カツオ「は……離せ!!」

サブちゃん「暴れられる困るからさ、足撃ってもらおうか」

マスオ「ふふっ、じゃあ僕がカツオくんの足をぶち抜くよ」

スッと拳銃を構えるマスオ

マスオ「カツオくんも、これで僕達の仲間さ」

バキューーーン



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:16:03.64 ID:swPBywG50

カツオ「……」

葛西「おーいてぇ……」

撃たれた右足を押さえている葛西

カツオの代わりに、銃弾を受けた

カツオ「葛西さん!?」

葛西「…強化細胞使ってねぇと、苦労するぜ全く…」

三郎「お前…この間の……」

タバコに火をつけ、一服する葛西

口から煙を吐き

葛西「火火火…貴方方の計画を邪魔しにきた訳ではございませんので……」

マスオ(撃ちたい…撃ちたい…ムラムラ)

三郎「じゃあ、その子をこっちに渡してくれるかな?」

葛西「この子供をか……?」

三郎「そうだ、早くこっちによこせ」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:24:18.49 ID:swPBywG50

葛西「止めた方がいいぜ?こいつは一般人とは違うからな…」

三郎「何を訳の分からないことを…よこせ!!」

カツオ「ぶるぶるっ」

葛西「そいつは無理な話だ」

三郎「ふっ、ならば撃ち殺してやる」

カツオ「か…葛西さん……助けてよぉ!!」

葛西「悪いなカツオ。俺はスーパーマンや超能力者でもねぇ…」

葛西「どこにでもいるおじさんだ……」

三郎「ハハッ、その通りだな」

葛西「この状況でお前を救うことはできない、それなのにピンチの場面に駆けつけたりした…」

葛西「火火火…何でヒーローを気取ってるかって?」

タッ!

マスオへ向かって駆け出す葛西

葛西「おじさんなぁ……火の扱い方も知らねぇ、ひよっ子共が嫌いなんだよ…!!!」



83: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/11/21(月) 19:29:58.44 ID:4/UNC3YVO

葛西さんかっけえ



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:30:09.81 ID:SJT45u1M0

葛西さんマジイケメン



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:34:42.19 ID:swPBywG50

一瞬にして、マスオを丸焦げにした

葛西「火火火……」

マスオ「…ぐはっ」

ドサッ

三郎「クッ…!!構わん撃てェ!!!」

一斉に葛西に向けて銃口を向ける

葛西「しゃらくせぇ……まとめて火の扱い方を教えてやるよ!!」

数分後…三郎とカツオ以外、全員葛西によって燃え尽くされた

葛西「一丁あがり…っと」

うつ伏せで倒れているマスオの背中に座り込み、一服をする葛西

葛西「言っただろ?火には気をつけろってな……」

三郎「な、何者だ…!!」

葛西「どこにでもいるおじさんだ、表向きはな……」

葛西「だが、裏では悪役を演じる……ちょいワルおじさんってとこだ」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:43:51.42 ID:swPBywG50

カツオ「葛西さん…お手伝いさんじゃなかったの……?」

葛西「俺はそんなちっぽけな職業にはついちゃいねぇ」

葛西「いずれ分かることさ…カツオ…」

カツオ「……」

三郎「クーーーーーーーーーハッ!!!」

葛西「…燃料切れか?」

三郎「ちわーーー三河屋です!三河屋です!!!三河屋です!!!!」

カツオ「さ……三郎さん…」

三郎「え?サザエさん!?ハハハッ家を燃やしてくれって?お安い御用ですよ!!」

葛西「火火火…どうやら、放火は全部お前の仕業か」

三郎「磯野家の物置小屋やノリスケの家まで燃やしてやったよ!」

カツオ「さ…三郎さんが放火を…!?」

三郎「いやぁ、マジで爽快だよ。燃やすっていうのはね!」

葛西「たまたま、俺のタバコと同じ銘柄だった訳か?」

三郎「偶然だよね!!やっぱり火を愛する者同士だからかな!?」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 19:51:13.26 ID:swPBywG50

三郎の身体が、どんどん膨張していく

三郎「火ハ…ウツクシイ…」

ムキムキッ

カツオ「あ…っ…あぁ………」

三郎の身体は全身ムキムキとなった

葛西「火火火…化けモンだな」

三郎「サブちゃん120%ダ」

カツオ「こ、こんなの勝てっこないよ……」

三郎「これで…この街を放火できるゾ……!!」

カツオ「この街は絶対に壊させないぞ…!!」

葛西「ハァ……くだらねぇ考えだな」

三郎「何だと……?」

葛西「街を放火してぇ?だから、仲間集めてコソコソ放火活動か?」

葛西「熱心なこった」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:01:00.22 ID:V+nospIQ0

サブちゃんは一体なんなんだよ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:16:18.32 ID:jqzS7j8vO

>>94
ネウロではよくあること



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:02:17.23 ID:swPBywG50

葛西「お前は悪意もクソもねーな」

葛西「ただ単に悪を気取ってる…不良ちゃんと変わらねぇよ」

三郎「俺をあんな奴等と一緒にするな…!!」

葛西「いいや、同じだな。」

葛西「火の使い方を覚えたばかりのガキだな…火火火」

三郎「ダッマッレッ!!」

ガッ

葛西の右肩を掴み、握りつぶそうとする

ギリギリッ…

葛西「っ……力強いな………」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:05:51.87 ID:swPBywG50

カツオ「葛西さん!!」

葛西「心配無用だぜ、おじさん強いしよ」

三郎「まだそんなことを言っているのカ!?哀れだな!!!」

葛西「お前……気付かないのか?」

ふと、自身の背中が燃えて上がっていることに気がついた

三郎「グァァァァァ!!!!俺の俺の背中がッ…!!」

カツオ「葛西さん!今だよ!」

カツオが三郎の背中に火を放ったのだ

葛西「ちゃんと俺から火の扱い方を学んだみてーだな…」

三郎「熱い!!熱いよぉぉぉぉ!!!!」

葛西「お前はあの方の足元にも及ばない、自然と俺は惹きつけられたんだよ…俺は…」

葛西「火を怖がってお前に…魅力の欠片もねぇな!!!」

トドメに三郎の全身を火で包み込んだ

三郎「アッ…………ツイ…………」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:10:58.20 ID:swPBywG50

カツオ「これで、全部終わったんだね」

葛西「…もっと仲間が増えてたらきつかったかもな……」

カツオ「葛西さん、帰るの?」

葛西「もう俺の役目は終わった。この街に残るか…」

葛西「俺達についてくるかは、お前が決めろ」

葛西「お前も、俺達と同じ新しい血族の仲間さ」

カツオ「僕……が…?」

葛西「望むなら連れて行ってやるよ。犯罪者の世界にへとな。」

カツオ「犯罪者の世界………」

葛西「そこにいるボスは、本物の悪について教えてくれるだろうな……」

葛西「偽じゃない悪をな」

カツオ「葛西さん」

葛西「答えは決まったか?」

カツオ「もう、答えは決まってるよ…………」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:19:25.57 ID:swPBywG50

カツオはその後、シックスの元で働くこととなった

シックス「ようこそ、我が仲間へ」

葛西「火火火…」

カツオ「これからはシックス様のために、私の命を捧げます…」

シックス「私をガッカリさせないでくれよ?」

カツオ「もちろんです…必ずや期待に応えてみせます」

シックス「ならば、お前に新しい名前を与えよう…我が血族にふさわしい名を…」

葛西(…火火火)

偽の悪はいらねぇ

俺が求めているのは、そんな半端な悪じゃない

悪でありながら人を惹きつけ、虜にする……そんな悪意だ

最後まで見届けてやるよ……ネウロかシックス

どちらが生き残っているのかをな………

お し ま い



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:23:41.53 ID:4/UNC3YVO


ネウロはやっぱ面白い



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:52:16.08 ID:swPBywG50

※おまけ

ネウロ「ヤコ、第1回魔界探偵事務所消火訓練を始めるぞ」

ヤコ「は……?」

ネウロ「吾代も呼んである。火の扱いには気をつけねばならんからな。」

ヤコ(ネウロが着てるの消防士の人が着てるやつだよね…?何で持ってんの…)

ネウロ「もし、事務所が火事になったら大変だぞ」

ヤコ「急にどうしたのよ…?火事になっても私のこと、見殺しにしそうなあんたが消火訓練なんて…」

ネウロ「失礼な。我が輩がそんな鬼畜なことをするわけなかろう。」

ヤコ(どのツラ下げて言ってんだ…!!)

ネウロ「さぁ、やってみるか」

ヤコ「まず何から始めるの?」

ネウロ「消火器の使い方からだ」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:56:58.28 ID:swPBywG50

ネウロ「事務所の屋内に消火器が設置してあるぞ」

ヤコ「これって、火を消すあれだよね?」

ネウロ「そうだ…使い方は実に簡単だぞ」

スッ

消火器をそのまま、ヤコに振り下ろした

ガツンッ!

ヤコ「ふぎゃっ!!」

ネウロ「このようにして、使うのだぞ」

ヤコ「ちがーーーう!!もうそれ凶器になってんじゃん!?」

ネウロ「む?魔界の消火器はこのようにして扱うのだぞ?」

ヤコ「出たよ魔界トーク…地上と魔界じゃ違うんだから!」

ネウロ「放火大会とかはないのか?」

ヤコ「なにその危ない大会!?」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 20:58:26.21 ID:RYcm4yWaO

サザエって20代だろ?ババアには早い



116: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/21(月) 20:59:37.83 ID:xlomjg7X0

>>115
葛西さんロリコン説



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:03:36.99 ID:swPBywG50

ネウロ「よし、消火器の使い方は学んだな」

ヤコ「いやいや…全然学べてないし……」

ガチャッ

吾代「今日は何の用だコラァ!!!?」

ヤコ「吾代さんネウロが消火訓練するって……」

吾代「消火訓練だぁ?」

ネウロ「吾代よ。この事務所で喫煙をしているのは貴様だけだぞ。」

吾代「けっ、それがどうしたっていうんだよ?」

ネウロ「この事務所が火事になったとき、真っ先に貴様を犯人に仕立て上げれるな」

吾代「ふざけんなテメェ!!!何で俺が犯人にされなきゃいけねーんだよ!」

ヤコ「吾代さん、この際禁煙してみたら?」

吾代「なっ…お前までもそんなこと…!!」

ヤコ「だって正直タバコ臭いし……身体に良いことないじゃん……」

吾代(……)

吾代にとって、女子高生からのタバコ臭いという一言には
とつてつもない破壊力が秘められていた



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:09:13.95 ID:swPBywG50

吾代(イライラ…)

ヤコ「良かった、禁煙を決意してくれたんだね」

ネウロ「爆発寸前のようだがな」

吾代「次は何するんだよ!?さっさと訓練しようぜ!!」

ヤコ「妙に張り切ってるね、吾代さん!」

ネウロ「ふむ、次は火事になった時どこから避難するかだ」

ヤコ「そうだよね~仕事してる時に火事とかなったらパニくっちゃうよね」

吾代「そんなもん、窓から飛び降りれば済む話だろ!!」

ネウロ「そうだな…手本を見せてみろ」

ポイッ

吾代を事務所の外へ投げ出した

吾代「アーーーーーッ…………」

グシャッグシャッ…!

ヤコ「ご、吾代さーーーーーん!!!」

ネウロ「という訳で、窓から飛び降りると吾代みたいになってしまうぞ」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:17:35.05 ID:swPBywG50

吾代「ハァハァー……消火訓練に避難訓練なんていらねぇだろ!」

ネウロ「そうはいかん。避難の方も怠っては危険だ。」

ネウロ「事務所から外へ出る場所は1つしかない」

ヤコ「このドアを開けて出るしかないよね」

ネウロ「避難する際に、慌ててはならんぞ」

ヤコ「あ、それ学校で習ったことあるよ!…えーっと…」

ネウロ「押せ、駆け出せ、喋れ、この3つでおかしだ」

ヤコ「いやいや!!絶対違う!!!!」

ネウロ「む?我が輩が間違っているというのか?」

ヤコ「全部逆だよ!!押すな、駆けない、喋らないだよ!!」

ネウロ「ほう、なるほどな……」

吾代「なんならよ、火事が起きた時のことをシュミレーションしてみよーぜ」

ヤコ「あっ、いいアイディアだね吾代さん!」

ネウロ「ふむ、シュミレーションも大切だな。やってみるか。」



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:27:56.27 ID:swPBywG50

吾代「俺はソファに座ってるってことにするぜ」

ヤコ「じゃあ、私はあかねちゃんと遊んでるってことに」

ネウロ「我が輩はドアの前に立っているとしよう」

ヤコ「……」

ネウロ「どうした?」

ヤコ「ネウロ、ドアの前に立って私達を避難させない気だよね…?」

ネウロ「おぉ!よく分かったな!」

吾代「よく分かったじゃねぇよ!?殺す気か!?」

ネウロ「違うぞ、避難させないだけだぞ」

ヤコ(ぜってー殺す気だろ…)

ネウロ「さぁ、火事だ…逃げろ」

タッタッタ

ヤコ「ちょ…ネウロどいてよ!!」

吾代「お前が、突っ立ってたら逃げられねーだろうが!」

ネウロ「フハハハハ、通りたければ我が輩を倒してみろ」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:32:35.95 ID:swPBywG50

ネウロ「30分が経過…貴様等、本当なら死んでいるぞ」

ヤコ「あんたが通さないからでしょ!!」

吾代「ったく、付き合ってらんねーよ!」

ネウロ「おや?どこに行くつもりだ?」

吾代「外でタバコ吹かしてくらぁ!」

バタンッ!

ネウロ「ふむ、何を怒っているのだ」

ヤコ「禁煙も限界だったんだね…」

ネウロ「まぁいい。次は、通報訓練だ。」

ヤコ「通報訓練?」

ネウロ「火事が起きた際の、通報の仕方だ」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:40:16.52 ID:swPBywG50

ネウロ「あかねが、自動火災報知の役割を果たしてくれるぞ」

ヤコ(あかねちゃん…すごすぎるよ……)

ネウロ「ではまず、自動火災報知のベルが鳴るとしよう」

あかね(ぶんぶんっ!!)

ヤコ「ひぃぃ…!あかねちゃんが尋常じゃない動きを…!」

ネウロ「ベルの代わりだ。さて、我が輩がこれを見て通報をする。」

ヤコ「119番だよね?」

ネウロ「そうだ。ヤコ、このタバコを持って誇らしげにしてみろ。」

ヤコ「え?タバコを持って?」

カシャッカシャッ

タバコを口元に当ててる、ヤコの姿を写メールで撮影するネウロ

ネウロ「ククッ…女子高生探偵が喫煙となればどうなるだろうな…」

ヤコ「ストーーーーップ!!!」

ネウロ「なんだ?せっかく通報の準備をしていたのに」

ヤコ「そっちの通報じゃなくて!火事の通報だよ!!」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:47:43.35 ID:swPBywG50

―1時間後―

ネウロ「では、消火&避難&通報訓練を終了する」

ヤコ「はぁ…あんたの行事はいっつも疲れるよ…」

ネウロ「色々と学ぶことが出来ただろう」

ヤコ(何1つ学べることなんてなかった気が……)

ネウロ「火には十分と用心せねばな」

ヤコ「分かってるよー…ん、吾代さんは?」

ネウロ「遅いな、タバコを吸うには時間がかかりすぎだぞ」

ヤコ「どうしたんだろう?」

ネウロ「案外放火でもしてそうだな」

ヤコ「もー変なこと言わないでよ…私、ちょっと探してくるね」

タッタッタ



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:55:36.62 ID:swPBywG50

―探偵事務所前―

ヤコ「え…」

ジョァァァァ

吾代「ハァハァ…クソッ!消えねぇ!!」

事務所の前のビルが、小さな火で燃え盛っていた

吾代は尿で必死に消火しようとしていた

吾代「クソッ…!!ポイ捨てなんてするんじゃなかった!!」

ヤコ(……嗚呼…)


ネウロ「あ、笹塚刑事?はい…助手の方です!」

ネウロ「忙しい中、申し訳ありません…」

ネウロ「我々の事務所の前のビルに、放火をしている男を見つけたので……」

お し ま い



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:56:52.54 ID:ktBDT4sjP

くっそわろた



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 21:57:51.24 ID:mXh3zX630


楽しかったよ



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:05:11.81 ID:swPBywG50

支援ありがとうございました!
ネウロまた再開して欲しいー



魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink
アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!


扶桑社
売り上げランキング : 9567

Amazonで詳しく見る by AZlink
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (20)

          • 1. 名無し
          • 2011年11月22日 02:21
          • サザエさんとネウロとか意外すぎる組み合わせw
            けっこう楽しめた1乙
          • 2.
          • 2011年11月22日 02:47
          • 正直、オマケだけでよかったかもわからん、個人的に。
          • 3.
          • 2011年11月22日 03:03
          • ネウロ好きなんだなーって思えたw
          • 4. む
          • 2011年11月22日 13:20
          • 正直クオリティ低い
          • 5. か
          • 2011年11月22日 13:55
          • なにこの中学生が書いたみたいな文章
            久しぶりにつまらんSSだった
          • 6. サザエ24にしちゃババア
          • 2011年11月22日 16:11
          • 磯野家はSSだとキ〇ガイにされる
          • 7. 名無し
          • 2011年11月22日 17:46
          • 葛西のタバコは自宅保管の絶版銘柄、かぶる訳ないんだぜw
          • 8. あ
          • 2011年11月22日 18:52
          • まさかの葛西チョイスw
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月22日 23:03
          • ネウロSSだと期待して読んだがあんまネウロっぽさが無かったな
          • 10. 名無し
          • 2011年11月23日 07:37
          • 葛西の魅力が何一つ引き出せてない
            何もわかってないな
          • 11. A
          • 2011年11月27日 14:17
          • 面白いぜ。
            乙な作品を読ませて頂きました。
          • 12. 名無し
          • 2011年11月27日 19:27
          • 吾代ってタバコ吸ってたっけ?
          • 13. 名無し
          • 2011年12月16日 23:35
          • もう少しクオリティの高いものを期待してた

            だけどやっぱり葛西はかっこいい
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月06日 10:39
          • オマケ面白かったw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月16日 23:25
          • 5 面白www
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月18日 18:09
          • 2 強化細胞を移植してる設定で既に葛西を殺してしまっている
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月28日 17:24
          • ※16
            いや、強化細胞移植してなくね?
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 22:52
          • 4 サザエさんの絵で脳内再生された。シュールwww
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月25日 23:16
          • 焼け石に水が一番草生えた
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月02日 13:09
          • おまけの方がよかったな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ