TOP

【画像追加】QB「僕たち友達だよね、マミ」 マミ「うん!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:14:20.27 ID:NFUoDKZe0

みたいな感じでお願いします



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:15:09.69 ID:fY2EWGSM0

はい



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:18:03.14 ID:NFUoDKZe0

たまには外道じゃない普通に仲良しキュゥべえもありだと思うんです


魔法少女まどか☆マギカ The Beginning Story



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:37:15.72 ID:/apYq3e10

――マミさん家

マミ「キュゥべえ、おやつの時間よ~!」

QB「わーい!ん?マミ、これはなんて食べ物だい?」

マミ「プリンよ!さっきコンビニで買ったのだけど、最近のコンビニのデザートはおいしいのよ」

QB「へぇ、実に興味深い食べ物だね」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:42:36.66 ID:/apYq3e10

もぐもぐ ぷるぷる

QB「マミ、プリンっておいしいね!」

マミ「うん!よかったわ、気に入ってくれて」

QB「マミはプリン好きかい?」

マミ「うん、大好きよ!」

QB「僕も今日好きになったよ。それにこれ、なんだかプルプルしていてマミの胸のようだね」

マミ「わ、私のはもっと大きいわ…」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:45:19.36 ID:p5SOJzme0

なんだカニバリズム物か、続けて



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:48:00.77 ID:/apYq3e10

QB「うーん、確かにそうだね…ねぇ、マミの胸くらい大きなプリンってないの?」

マミ「え…うーん、さすがに見たことないな~…」

QB「それじゃあ、暁美ほむらの胸くらいのプリンは?」

マミ「え、暁美さんの胸?うーん…」

QB「あ、ごめん、暁美ほむらの胸くらいのプリンだったら、それすなわちそこにプリンが無いことと同義だったね」

マミ「QB、さすがに失礼よ…」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:53:08.32 ID:/apYq3e10

QB「うーん、いつかマミの胸くらいのプリンを食べてみたいなぁ」

マミ「ふふ、ぜひ私も食べてみたいわ!」

マミ「あ、私ちょっと美樹さんと会う用事があるから出かけるわね」

QB「うん、いってらっしゃい。マミ」

マミ「ちゃんとお留守番しててねー」

ばたん



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:59:25.69 ID:/apYq3e10

だらだら ごろごろ

QB(あー、プリンおいしかったなー)

QB(マミの胸くらいのプリン、食べたいなー。マミも食べたがっていたしなー…)

QB(コンビニには売ってないよなー…はぁ)

QB(ん…待てよ…?)

がばっ

QB「そうだ!無ければ作ればいいじゃない!」きゅぴーん



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:00:46.70 ID:NFUoDKZe0

キュゥべえマミさん可愛い



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:05:06.17 ID:/apYq3e10

QB「たしかスーパーに行けば手作りデザートのコーナーがあったはず。そこで手作りプリンの素的なのを買えば僕でもプリン作れるじゃん!」

QB「感情無いでおなじみの僕がちょっとテンション上がってきたよ!こっそり作ってマミを驚かせてやろう!」

QB「そうと決まれば、まずはプリンの素を買うお金が必要だな…」

QB「よっしゃ!とりあえずゲッティングマネーだっ!」ダッ



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:11:42.62 ID:/apYq3e10

―――
――

――病院、上条恭介の病室

がらっ

さやか「恭介ーお見舞いにきたよー」

恭介「あ、さやか。…いつもありがとう。学校はどうだい?勉強はちゃんとしてる?」

さやか「う、うん!もちろんだよっ!」あせあせ



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:16:32.45 ID:/apYq3e10

さやか「あ!あのね、恭介。今日は私と仲良くしてくれてる先輩が一緒に付いてきてくれたんだ!…入ってもらってもいいかな?」

恭介「へえ、かまわないよ!」

さやか「ありがとう!…あ、マミさーん!どうぞー」

がらっ

マミ「…こんにちは!巴マミです。あなたが上条さんね。美樹さんから話は聞いているわ!よろしくね!」にこっ

恭介「!」どきーんっ



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:20:11.98 ID:fNPf4U+f0

さやさや……



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:24:03.17 ID:/apYq3e10

恭介(おいおいおいおい!なんだこのお姉様は!?)

恭介(二重たれ目に金髪ロール!そしてなによりもあのおっぱい!本当に中学生なのか!?)

恭介(可愛い!可愛いよマミさん!あのおっぱいに触れてみたい!触れたいよぉぉ!うわぁぁ!ちくしょぉぉぉ!)

恭介(マミさんまみまみぃぃぃい!)むらむら

さやか「恭介どしたの?」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:29:56.82 ID:/apYq3e10

―――
――

――数十分後

さやか「あ、恭介。そろそろ私たち行くね!これからマミさんと買い物する約束してるの!」

恭介「う、うん」

さやか「それじゃまたね!行こうマミさん!」

マミ「うん!お邪魔しましたー。上条さん、お大事に」

恭介「え、あ、はい!ありがとうございます!」

がらっ

恭介「……二人とも行っちゃった」

恭介「………」

恭介「ふう…」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:43:27.41 ID:/apYq3e10

恭介「はぁ…可愛かったな…マミさん…」

恭介「あれはきっと天使だ…地上に舞い降りた天使だよ…」

恭介「…うわわわああああ!この感情どうすりゃいいんだぁぁ!!!」

「お困りかい?そこのお兄さん」

恭介「…!?だ、誰だっ!」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:52:10.49 ID:/apYq3e10

ちょこん

QB「くくく…君が上条恭介だね」

恭介「な、なぜ僕の名を…!っていうかなんだ君は!?新手のクリーチャーか!?」

QB「なぁに、通りすがりの夢商人ってところかな…」

恭介「夢商人…だと…?」

QB「単刀直入に言う。君、マミを自分のものにしたいんだろ?」

恭介「!?」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:57:59.29 ID:/apYq3e10

QB「隠さなくていい。君の心の中はお見通しだ」

恭介「く…!」

QB「自分に正直になりな…マミの胸を毎日触りまくりたいんだろ?」

恭介「う…!」

QB「ほらほら」

恭介「…」

恭介「……はい…僕…マミさんを恋人にして…あのおっぱいに触れてみたいです…」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:02:50.12 ID:X2QTgxFk0

ぼくもお願いします



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:03:30.79 ID:0XJQXACv0

QB「なら僕と契約だ」

恭介「え…!?」

QB「僕と契約をすれば君の願いは間違いなく遂げられる。マミは君の恋人さ」

恭介「ほ、本当ですか!?」

QB「ああ…ただし、その願いの代償がどんなに大きくてもいいならね」

恭介「え…?」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:04:12.86 ID:Aoi0K0Cg0

正直マミさんに触れるなら寿命が一週間になっても構わない



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:14:46.62 ID:0XJQXACv0

QB「さあ、どうするんだい?」

恭介「…」

恭介「僕は…バイオリンが弾けなくなったあの日から時が止まっていて…もう生きている意味なんてないなんて思っていた…」

恭介「そうだ…僕は死んでいたも同然なんだ…でも、今日、マミさんと出会って…久々に生きているって実感できた。これからも頑張って生きたいって気持ちが湧いてきた…」

恭介「だから…今の僕にとってマミさんは生きる希望…だから、マミさんがそばにいてくれるなら…」

QB「…」

恭介「…僕、契約しますっ!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:21:36.61 ID:0XJQXACv0

QB「…」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕したっ!!」

しゅううううう!

恭介「うわっ!ま、まぶしいっっ!!」

QB「君の願いは遂げられるっ!しばしお待ちを!!」

しゅううううう!



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:25:32.05 ID:0XJQXACv0

―――
――

しーん…

QB「…」

恭介「……あの、夢商人さん?」

QB「なんだい?」

恭介「これで本当にマミさんは僕の恋人になったんですか…?」

QB「ああ、あれね。ウソ」

恭介「な…!!?」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:31:03.56 ID:0XJQXACv0

QB「騙されたね。君は実にバカだなぁ」

恭介「こいつ…!ふざけるな!このクソ淫獣やろう!」

QB「…はあ」

QB「…ねえ、上条くん。君は魔法の力でマミを恋人にしたとして、本当に心からうれしいと思えるかい?」

恭介「え…?」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:43:18.40 ID:0XJQXACv0

QB「僕には人間の価値観はよくわからないけど…恋しちゃったときめき、片思いのもどかしさ、初めて話しかけるドキドキ、初デートのわくわく…そういう過程を経て手に入れる恋人にこそ意義があるんじゃないのかな?」

恭介「…」

QB「それに…惚れた女は自分の力で手に入れるのが真の男ってもんじゃあないのかい?」

恭介「…」

恭介「うう…!」ぐす



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:51:16.11 ID:0XJQXACv0

恭介「…そうですよね…うん、そうだ…なんの苦労もしないでマミさんを手に入れようなんて、僕は間違っていた…」

QB「…」

恭介「でも…でも…!僕の腕は動かない!歩くことだってままならない!こんな体じゃ…いつまでたってもマミさんに触れることなんて…!」

QB「できるよ」

恭介「え…!?」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 00:56:08.15 ID:0XJQXACv0

QB「…さっき、君の体は僕の力で治しておいた…どうだい?」

恭介「え!?」

くいくい

恭介「!?ほ、ほんとだ…!う、動くぞ…!」くいくい

QB「ふ…舞い降りた天使が逃げないうちにがんばりな、少年…」

恭介「あ、ありがとうございます!ありがとうございます!」ぽろぽろ

QB「…あと、これは餞別だ」すっ

恭介「え!?こ、これは!?」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:00:11.97 ID:R+c2poyh0

QBさんまじかっけえっす!



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:03:04.13 ID:0XJQXACv0

QB「マミのパンチラ写真さ」

恭介「…!」

QB「それをモチベーションにして強く生きな」

恭介「ありがとうございます!ありがとうございます!」

QB「ふ、それじゃあな…」ダッ

しーん

恭介「行っちゃった…」

恭介「…」

恭介「うおおおおおおおお!!!!」むらむらむらむら



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:04:12.30 ID:Aoi0K0Cg0

腕が動いて一番初めにすることが自慰ってどうなん



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:04:42.35 ID:R+c2poyh0

男なら当然だろ



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:09:46.76 ID:0XJQXACv0

―――
――

――街の中

QB「ああ、疲れた…」

QB「どさくさに紛れて上条恭介の財布をパクってきたのはいいけど…」

ちゃりん

QB「全然入ってないじゃん…」

QB「はあ、300円かぁ…しょっぱいなぁ」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:16:56.33 ID:0XJQXACv0

QB「まあいいや、少ないけど、プリン作りの軍資金にするとしようか」

QB「お金を手に入れるって大変だなー…ん?」

幼女「うう…」しくしく

QB「どうしたんだい?」

幼女「え!?」びく

幼女「あ、あなた誰…?」ぐすん



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:24:56.63 ID:0XJQXACv0

QB「僕はキュゥべえ。それよりもなんで泣いていたんだい?」

幼女「あのね…ころんじゃったの…それでね…ひざをすりむいたの…」ぐすぐす

QB「あ、本当だね…痛そうだ」

幼女「あとね、アイス落としちゃったの…せっかくママにもらったお小遣いで買ったのに…」ぐすぐす

べちゃぁ…

QB「あ、これか…これじゃあさすがにもう食べられないね…」

幼女「うう…うう…」しくしく めそめそ

QB「…」

QB「……ちょっと待ってて!」ダッ

幼女「…?」ぐすん



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:31:34.20 ID:0XJQXACv0

―――
――

―数分後

QB「おまたせ。ほら、ひざを見せてごらん」

幼女「…?」ぐすん

QB「汚れを拭き取って…ばんそうこうを貼るよ。はい、これで大丈夫さ」ぺた

幼女「あ、ありがとう…」

QB「あと、はいこれ」すっ

幼女「あ、アイスだぁ!」

QB「今度は落とさないように気を付けるんだよ」

幼女「うん!ありがとうきゅうべーさん!」

QB「うん、それじゃあね」ダッ



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:35:50.37 ID:0XJQXACv0

―――
――

――公園のベンチ

QB(あーあ…せっかく手に入れた300円もうなくなっちゃったよ…)

QB(なかなかプリンを作る段階まで進まないなぁ…)

QB(なにやってんだろう僕…)

ほむら「…キュゥべえ」

QB「…うわっ!?び、びっくりした!あ、暁美ほむら!急に出てこないでくれ!」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:42:14.64 ID:0XJQXACv0

ほむら「さっき小さな女の子に話しかけていたわよね…?何をしていたの?契約?いたずら?」

QB「いやいやいやいや」

ほむら「回答によっては容赦しないわよ…」

QB「幼女が泣いていたから助けてあげたのさ。やましいことはしてないよ!本当だよ!」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:46:15.61 ID:0XJQXACv0

ほむら「そう…それならいいわ…さよなら」くるっ

QB(…こえぇ!胸にプリンがない人こえぇ!)

QB(……あ、そうだ!いいこと思いついたぞ!)

QB「待ちな暁美ほむら」

ほむら「…?…なにかしら?」

QB「これが何かわかるかい?」すっ

ほむら「な!?そ、それは…!?」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:51:05.92 ID:0XJQXACv0

QB「くくく…鹿目まどかの下着だよ…!」

ほむら「ど、どうして…!?」

QB「まどかの家に忍び込んだときにこっそり拝借したのさ!…欲しいだろ?」

ほむら「く…!キュゥべえ、あなたはどこまで愚かなの…!」ぎりっ

QB「さぁ、買うのか?買わないのか?」

ほむら「買うわ」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:54:20.03 ID:0XJQXACv0

寝ていい?



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:55:31.63 ID:9rbJiTRh0

>>129
ダメに決まってんだろ



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 01:55:31.55 ID:R+c2poyh0

絶対に許さない



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:03:18.85 ID:0XJQXACv0

ちゃりん

QB「まいど」

ほむら「それにしても、どうしてお金なんか集めてるの?」

QB「あー…それには深い事情があって…」

ほむら「へえ、少し興味があるわ。話しなさい」

QB「えー…」

ほむら「話しなさい…」ごごご…

QB「えっとですね」しゅっ

QB(こえぇよ…ぺちゃプリン女超こえぇよ…!)がくぶる



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:11:23.10 ID:0XJQXACv0

―――
――

QB「……というわけなんだ」

ほむら「なるほど、大きなプリンを作りたいのね」

QB「うん。マミの胸くらい大きなプリンを作ってマミを喜ばせるんだ!」

ほむら「…あなた、意外と優しい一面があるのね…ちょっと見直したわ」

QB「だってマミは僕の大切な友達だもの!」

ほむら「友達ね…素敵じゃない…いいわ。私も手伝ってあげる。材料代、私が出すわ」

QB「ほ、本当かい!?ありがとう!暁美ほむら!」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:19:09.42 ID:0XJQXACv0

ほむら「…あと、どうでもいいことだけど」

QB「なんだい?」

ほむら「巴マミの胸クラスの大きさのプリンがいいのよね?」

QB「そうだよ」

ほむら「美樹さやかの胸クラスは?」

QB「うーん、ちょっと足りないね」

ほむら「…私の胸は?」

QB「論外さ」

ほむら「くっ…!」ぎりっ



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:23:33.48 ID:0XJQXACv0

―――
――

――マミさん家

QB「ただいまー…よし、マミはまだ帰っていないみたいだ」

ほむら「お邪魔します…」

QB「よっしゃ!それじゃあさっそく作るとしようか、ほむら」

ほむら「ええ…材料もそろえたしね」どっさり



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:31:24.22 ID:0XJQXACv0

QB「それじゃあまずカラメルソースを作らなきゃね」

ほむら「ええ、作りましょうか」

QB「…」

ほむら「…」

QB「…どうやって作るの?」

ほむら「…知らないわよ」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:36:41.79 ID:TVZCuFjV0

二人ともかわいいな



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:42:06.80 ID:0XJQXACv0

―――
――

ほむら「調べてきたわ…えっと、水と砂糖をを中火であめ色になるまで煮詰める…」

QB「まかせなっ!」すっすっ

ぐつぐつ ぐつぐつ 

ほむら「…あめ色になったら火を止め、熱湯を加え混ぜる」

QB「よっしゃ!熱湯ね!よいしょっと…」どぷん

ほむら「気をつけて…」

ぐらっ

QB「あ」

ほむら「あ」

どばあああああっ!



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:50:22.90 ID:0XJQXACv0

QB「あぢぢぢぢぢぢぢぢぢっ!」じたばた

ほむら「キュゥべえっ!」

QB「ぐわああああああぁぁぁっ!!!」じたばた

ほむら「キ、キュゥべえっ!」

QB「あああ…」ぐた

ほむら「キュゥべえ…?」

QB「」しーん…

ほむら「キュゥべえぇぇぇぇぇーーーー!!!」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 02:57:31.40 ID:0XJQXACv0

QB「」

ほむら「そんな…キュゥべえ…死んじゃうなんて」ぐすん

「僕ならここにいるぜ」

ほむら「はっ!?キ、キュゥべえ!?」

ちょこん

QB「僕は何度でもよみがえるさ…!マミの笑顔を見るためにね!」

ほむら「キュゥべえ…!」うる

QB「あ、その死体は生ごみ用のごみ箱に入れといて」

ほむら「ええ」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 03:12:15.53 ID:0XJQXACv0

QB「それじゃあ気をとりなおしてがんばりますか!」

ほむら「ええ、久々にがんばっちゃうわ、私」

QB「えっと…カラメルソースはなんとかできたから次はプリンの生地だね」

ほむら「あ、型はどうするの?」

QB「マミの胸クラスならこのバケツがいいと思うんだ」すっ

ほむら「…私の胸クラスだったら?」

QB「うーん、子猫のミルク皿とか」

ほむら「くっ…」ぎりっ



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 03:13:30.31 ID:Jqltx2DG0

ほむぅ…



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 03:26:39.14 ID:0XJQXACv0

QB「よし、作ろう」

ほむら「ええ…鍋に牛乳とグラニュー糖を入れて中火にかけながらかき混ぜて…」まぜまぜ

QB「えっと、ボウルに卵と卵黄を入れて泡だて器で混ぜ合わせる…」まぜまぜ

まぜまぜ まぜまぜ

QB「これをそっちに加えて…」

ほむら「えーと、このあとはこし器で1度こして…」

QB「それで…これを……」ぶつぶつ

ほむら「えーと…」ぶつぶつ

まぜまぜ ぽんぽん ぱっぱ



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 03:36:46.16 ID:0XJQXACv0

―――
――


QB「はあはあ…で、できたー!完成だ!やったーー!」パアァ

ほむら「はあはあ…なんとか完成したわね…よかったわ。あとは冷蔵庫で冷ますだけね」

QB「うん!ありがとうほむら!」

ほむら「どういたしまして…」

QB「あとはマミが帰ってくるのを待つだけだ…ほむら、テレビゲームでもしようよ!」

ほむら「ええ、いいわよ」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 03:50:05.76 ID:0XJQXACv0

―――
――

ピコピコ ピコピコ ドカーン!

ほむら「な…!?こんな場所にモーションセンサー爆弾が!?」

QB「うかつだったね、ほむら…!また僕の勝ちだ!」

ほむら「…ねえ、次はアイテム無しで勝負しましょうよ」

QB「うん、いいよ」

わいわい きゃっきゃ



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 03:57:40.40 ID:0XJQXACv0

がちゃっ

マミ「ただいまー。あら、誰か来ているの?」

QB「おかえり、マミ!」

ほむら「あ、お邪魔しています…」

マミ「あら、暁美さんいらっしゃい!珍しいわね、うちにくるなんて」

QB「僕が呼んだのさ!」

マミ「ふふふ!それじゃあお茶でも入れましょうか!えーと、お菓子は…」

QB「あ、マミ!お菓子なら僕が用意するよ!ちょっと待ってて!」ダッ

マミ「?」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:10:07.10 ID:0XJQXACv0

ばたん

QB「えっと、この特大マミプリンを特大のお皿に…」ぽんっ

ぷるりんっ

QB「やった!完璧だ!完璧なマミプリンだ!」パアァ

QB「よっしゃ!マミを驚かせてやるぞ!」きりっ



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:17:29.84 ID:0XJQXACv0

ふらふら ゆらゆら

QB「おまたせー!ととと…!」ふらふら

マミ「わぁ!なにそのプリン!すごく大きいわね!」

QB「ふふふ…マミ、これはね…!」ふらふら

がっ ぐらっ!

QB「あ」

ほむら「あ」

マミ「あ」

QB「ぬわあああ!?」ばったーんっ!!!

ぐちゃっ!! ぼろぼろ…



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:19:14.48 ID:R+c2poyh0

Oh・・・



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:27:00.46 ID:0XJQXACv0

ぐちゃぐちゃ…

QB「そ、そんな…!マミプリンが…!」

ほむら「キュゥべえ…」

QB「うう…せ、せっかくマミを驚かせようと思ったのに!マミを喜ばせたかったのに…!」うるうる

マミ「キュゥべえ…?」

QB「う、うわあああああん!」ぽろぽろ



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:33:08.35 ID:0XJQXACv0

QB「うわああああん!う、うう…」ぽろぽろ

マミ「…」だきっ

QB「え…マミ…?」ぐすん

マミ「泣かないでキュゥべえ…あなたが泣くと私まで悲しい気持ちになっちゃうわ」なでなで

QB「…」ぐすん



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:42:26.88 ID:0XJQXACv0

QB「で、でも…プリンが…」ぐすん

マミ「…プリンはダメになっちゃったけど、キュゥべえが私のために頑張ってくれたことは十分伝わったわ」なでなで

QB「…」ぐす

マミ「私はあなたのその気持ちだけですごくうれしい…ありがとう、キュゥべえ!」

QB「マミ…!」うる



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:50:45.81 ID:+pjEDt540

>>191
最高や
エントロピーとか最初からいらんかったんや



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:47:15.15 ID:0XJQXACv0

マミ「…あ、そうだ!ちょっと待ってて!」

タタタ…

ほむら「……よかったわね、キュゥべえ」うる

QB「ありがとう、ほむら…」うる



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:55:55.35 ID:0XJQXACv0

マミ「……おまたせ!ほら、これ!」すっ

QB「これは…?」

マミ「三連プリンよ!さっき、帰り道にスーパーで買ってきたの。…安物だし、小さいけれど、三人で食べればきっと幸せも三倍よ!」

QB「…うん!」

ほむら「…ええ!」

マミ「さあ、いただきましょう!」

QB「いただきます!」

ほむら「いただきます!」

もぐもぐ わいわい きゃっきゃ



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:04:43.63 ID:0XJQXACv0

―――
――

ほむら「…それじゃあ、私そろそろ帰ります。今日は楽しかったです」

マミ「またいつでも遊びにきてね!」

ほむら「はい…あ、キュゥべえ、また一緒に料理しましょうね」

QB「うん。もちろんさ!またね、ほむら」

ほむら「…お邪魔しました」がちゃ

マミ「ばいばい!」

ぱたん



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:13:43.83 ID:0XJQXACv0

マミ「楽しかったね、キュゥべえ!」

QB「うん…あ、あのさ、マミ…」

マミ「なぁに?」

QB「……あの、いつもありがとね」

マミ「ふふふ!どうしたの?急にあらたまっちゃって?」

QB「…」もじもじ



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:20:20.55 ID:0XJQXACv0

マミ「こちらこそ…」だき

QB「あ…」

マミ「いつもありがとう、キュゥべえ。あなたが居てくれるだけで毎日が楽しいわ!」なでなで

QB「…」もじもじ

マミ「だからね……これからも私のそばにいてね」なでなで

QB「…うん!」

マミ「ふふふ!よかった!」にこっ



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:23:36.54 ID:0XJQXACv0

QB「…ねえ」

マミ「なぁに?」

QB「僕たち友達だよね、マミ」

マミ「うん!」

マミ「あなたは私の大切な、大切なお友達よ!…これからもよろしくね!」にこっ

おわり



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:27:52.32 ID:0XJQXACv0

眠い…仕事あんのに…



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:28:38.48 ID:R+c2poyh0

乙でしたーw



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:32:45.68 ID:Jqltx2DG0

乙マミほむQ



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 06:49:36.97 ID:N04tGq7G0

乙乙乙





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



べえさん…がんばって!

187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:33:16.02 ID:vQqRGuWk0

べえさん…がんばって!

111109111159_187_1



まみきゅうまみきゅう!

191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:44:45.38 ID:vQqRGuWk0

111109111159_191_1

まみきゅうまみきゅう!



ちっちゃいころからお友達っ!

193: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/09(水) 04:49:02.10 ID:vQqRGuWk0

ちっちゃいころからお友達っ!

111109111159_193_1



なんという和み空間…

198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 04:58:36.05 ID:vQqRGuWk0

111109111159_198_1

なんという和み空間…



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:05:23.32 ID:+pjEDt540

>>198
一人暮らしは…大変だもんな



ここは幼マミさんとキュウべえの友情をもう一つ

200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/09(水) 05:04:02.19 ID:vQqRGuWk0

ここは幼マミさんとキュウべえの友情をもう一つ

111109111159_200_1





◆以下、SSにかわりまして画像スレをお送りします。



まどか「マミさんの画像下さいっと…」

azuYhMyMBQw
azuYu-OMBQw
azuYwOOMBQw
azuYhNaJBQw
azuYjNaJBQw
Tkt9k
Kif00
4dnY4
sOyDH
405PV
SUDwR
JGoU1
sA252
8TP6h
v4fMB
sukima234681
sukima234682
5pzRn
魔法少女まどか(マギカ The Beginning Story魔法少女まどか(マギカ The Beginning Story
ニュータイプ編集部,Magica Quartet

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-25
売り上げランキング : 112

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 名無し
          • 2011年11月09日 16:35
          • いいね
          • 2. このQB感情あるだろ
          • 2011年11月09日 16:56
          • QB「感情無いでおなじみの僕がちょっとテンション上がってきたよ!こっそり作ってマミを驚かせてやろう!」
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月09日 17:05
          • 5 この恭介とは仲良くできるわwww
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月09日 17:18
          • QBは感情が無いんじゃなくて、家畜程度にしか見てない人類に向ける感情の持ち合わせが無いだけって説もあったな
            逆に言えば、QBが特別に思う相手が人類からも出てくれば…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月09日 17:21
          • TPPが決まればこういう二次創作SS書くと処罰されるようになるんだよな・・・
            皆!野田に反対意見を送るんだ!このままじゃ終るぞ!・
            でも民主内で反対派も多く意見が分かれてるのに民主議員全員を叩くなよ
            自民にも賛成派は多いんだからな?
          • 6. 名無し
          • 2011年11月09日 17:29
          • このキュゥべえ感情に満ち溢れてるwww
          • 7. 買います
          • 2011年11月09日 17:35
          • ①QBは上条の腕を300円の対価で治した

            ②青いのは魂を対価に上条の腕を治させた

            ①②より、青いの=300円
          • 8. 名無しさん
          • 2011年11月09日 17:39
          • お前らどこ見てんだよ…マミきゅうじゃねえよ…ほむきゅうこそ至高だろうがぁ……なんでこれ読んでそれがわからねんだよ……
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月09日 17:46
          • 米7
            さやかちゃんが300円で買えるだと…!?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月09日 19:18
          • 脚本家に対する最高の意趣返しだな
            このSSを読ませたらきっと顔色が緑色になって床を転げ回るよ
          • 11. 名無し
          • 2011年11月09日 20:06
          • 5 さやかちゃんが300円とか…
            100人もらおうか
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月09日 20:53
          • バケツプリンだったらマミさん越えするんじゃないか、もしかして
          • 13. 名無し
          • 2011年11月10日 00:27
          • なんというハートフルストーリー
          • 14. 名無し
          • 2011年11月10日 02:13
          • この後でマミさんがゴミ箱に入ってるQBの死体を見たら錯乱しそうだなwww
          • 15. 名無し
          • 2011年11月10日 06:12
          • 変態上条はさやか厨なタイプが好きだな

            こんなきゅうべぇもドラマCDとかであればいいのにな…
          • 16. いちおくまん円で競り落とされるから安心しろ
          • 2011年11月10日 10:31
          • ※11
            だがさやさやは1匹しかこの世界に存在しない。
            お前らが競り合って最終的に
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月29日 19:57
          • 5 素晴らしいの一言に尽きる
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月04日 20:41
          • なんという俺得なss

            作者乙!!
          • 19. バミューダ
          • 2012年11月16日 09:27
          • 5 俺得過ぎる!!
          • 20. ↑お前の名前……
          • 2013年01月27日 02:36
          • 5 絶対このQB感情あるわwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月19日 01:28
          • 5 ほっこりした
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月25日 19:21
          • 無断転載はよくないなって

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【駅メモ】黄陽レイカ「でんこにも称号を付けられる機械」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        • 彡(゚)(゚)「隙あらば自分語りって隙さえ見せなけりゃ自分語りできん訳やろ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ