TOP

魔王はなかまをよんだ!しかしだれもあらわれなかった!!

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:09:45.58 ID:Fecot94e0

魔王「くっ・・・やるな勇者め・・・」
魔王「だがこんなところでやられる私ではないわ!!」
魔王「手下達よ!集え!!」
魔王はなかまをよんだ!
しかしだれもあらわれなかった!!
魔王「・・・・・・え?」
勇者「・・・」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:10:35.64 ID:Rvob55Lh0

この魔王テラ不憫…


不憫惚れ



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:10:39.99 ID:Fecot94e0

勇者「・・・」
魔王「・・・どうした!手下達よ!!」
勇者「・・・」
魔王「集え!!」
魔王はなかまをよんだ!
こえがむなしくこだました!!
魔王「・・・何故だ・・・!?」
勇者「・・・そろそろ倒してもいいかな」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:11:58.09 ID:Fecot94e0

魔王「くそっ・・・何故だっ・・・!!」
勇者「お互いあまり体力も残ってないんだ、さっさと終わらすぞ」
魔王「くそ・・・集え!聞こえないのか!!集え!!」
魔王はなかまをよんだ!
手下1があらわれた!!
勇者「!!」
魔王「やっと来たか!何をしていた!!」
手下1「・・・」
魔王「まあいい!!勇者を殺すぞ!!」
勇者「・・・しまった・・・」
手下1「・・・」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:14:18.11 ID:Fecot94e0

手下1「・・・魔王様」
魔王「なんだ!とっとと勇者を・・・」
手下1「動かないでください」
魔王「!?」
勇者「!?」
手下1はなかまをよんだ!
なんと城中の魔物達が全てあらわれた!!
手下1「あなたを拘束します」
魔王「・・・なんだと・・・?」
勇者「・・・!?」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:16:37.50 ID:Fecot94e0

手下1のこうげき!魔王は35のダメージをうけた!!
手下2のこうげき!魔王は28のダメージをうけた!!
手下3のこうげき!魔王は30のダメージをうけた!!
魔王はたおれた!!
魔王「・・・ぐ・・・」
手下1「やはりこれだけ弱り切ったあなたを倒すのは容易い」
勇者「・・・・・・!?・・・」
魔王「・・・貴様等・・・一体・・・」
手下1「勇者、お前もだ」
勇者「!?」
手下1「やれ」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:17:35.05 ID:Rvob55Lh0

何この腐れた手下ども



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:23:32.71 ID:Fecot94e0

勇者「・・・ぐ・・・」
魔王「・・・一体どういうことだ・・・」
手下1「あなた・・・いや、君達をS級戦犯として拘束します」
勇者「!?」
魔王「戦犯だと!!?」
手下1「戦争は終結しました」
手下1「先ほど××王国との協議の結果」
手下1「今回の戦争の主犯格である勇者と魔王の両名を戦犯とし」
手下1「両名の処刑をもってこの戦争の終結とする」
手下1「以上の方針が合意されました」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:25:09.43 ID:Fecot94e0

勇者「バカな・・・××王国が・・・!?」
魔王「貴様等・・・私を売ったのか・・・!?」
手下1「人間側と魔物側、双方の犠牲をこれ以上出さないために、です」
勇者「そんな・・・!なにかの間違いだ!!」
手下1「××王のサイン入り文章だ」
勇者「・・・!!」
魔王「貴様等・・・」
手下1「これ以上の犠牲を出さないために、です」
手下1「どうかお許しください」
勇者「・・・」
魔王「くそ・・・!!くそがあああああ!!」
手下1「牢に連れて行け」
手下2・3「はっ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:28:36.20 ID:Fecot94e0

勇者「・・・」
勇者「・・・・・・ん」
魔王「・・・ようやくお目覚めか」
勇者「!魔王!!」
魔王「ふん、そう睨むな」
勇者「!・・・手錠」
魔王「・・・魔王城の地下の牢だ」
勇者「くそ・・・こんなもの」
魔王「やめとけ、魔法をかきけす呪文がこめられてる」
勇者「・・・」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:31:20.34 ID:Fecot94e0

勇者「・・・くそっ」
魔王「・・・」
勇者「・・・なんでこんなことに」
魔王「・・・大勢の命を」
勇者「・・・?」
魔王「たった2人の命で買ったんだ」
勇者「・・・」
魔王「・・・妥当な決断だろう」
勇者「・・・」
勇者「・・・こんな手錠がなければ」
勇者「お前を殺してるのに」
魔王「ふん」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:33:41.20 ID:fzigWQ9OO

魔法が使えないんだった特技使えよ。瞑想とか、かがやく息とか。



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:35:41.92 ID:Fecot94e0

看守「飯だ」
勇者「・・・」
魔王「・・・おい、こんだけか」
看守「死刑囚に飯をくれてやるだけありがたいと思うことだ」
勇者「・・・」
魔王「・・・ふん」
魔王「お前も何か言ってやったらどうだ」
勇者「・・・」
魔王「ふん」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:38:21.10 ID:Fecot94e0

>>22すまん、特技もできない感じでおねがいします

魔王「・・・」ガツガツ
勇者「・・・」
魔王「・・・」ガツガツ
勇者「・・・」
魔王「・・・食わんのか」
勇者「・・・」
魔王「・・・ふん」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:42:21.14 ID:Fecot94e0

勇者「・・・」
魔王「・・・こんな腑抜けと命をかけて戦い続けていたとはな」
勇者「・・・」
魔王「反吐が出る」
勇者「・・・うるせえよ」
魔王「あ?」
勇者「うるせえっつってんだ!!」
勇者「おれはな!××王に見込まれて勇者になって!!」
勇者「世界中の人たちの笑顔が見たくて・・・!!」
勇者「・・・世界を・・・救うためにここまできて・・・」
魔王「・・・」
勇者「それなのに・・・」
勇者「それなのに!この仕打ちはなんだ!?」
魔王「・・・」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:46:16.98 ID:Fecot94e0

勇者「おれとお前が処刑されてみんなは助かる!?」
勇者「なんだよそれ!!!!」
勇者「みんなおれを応援してたんじゃないのかよ!?」
勇者「おれはみんなのために戦ってたんだぞ!?」
魔王「・・・」
勇者「おれは裏切られたんだ!人間に!!」
勇者「お前におれの気持ちがわかるのかよ!!??」
魔王「・・・」
勇者「・・・・・・くそ・・・」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:50:07.31 ID:Fecot94e0

魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「さっきの看守」
勇者「・・・あ?」
魔王「おれの直属部隊のやつだ」
勇者「・・・!・・・」
魔王「・・・いや、だった、やつだな」
勇者「・・・」
魔王「・・・ゴミを見るような目でおれを見てたな」
魔王「・・・ったくこんな手錠かけたくらいで調子にのりやがって」
勇者「・・・」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:53:16.31 ID:Fecot94e0

魔王「おれを拘束した手下1はな」
魔王「おれの側近の1人だった」
勇者「!」
魔王「・・・ったく、部下に信頼されてると思ってたのはおれだけかよ」
魔王「・・・とんだ自惚れだったな」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・やっぱ飯足りねーな」
勇者「!・・・これはおれの飯だ!」
魔王「・・・・・・ふん」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:53:36.53 ID:jekzxMJx0

ちなみに性別は両方男?



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:58:12.79 ID:Fecot94e0

勇者「・・・!!・・・!!」
勇者「・・・はあ・・・はあ・・・くそ・・・」
魔王「・・・何してんだ」
勇者「・・・」
魔王「もしかして腕力だけで手錠壊そうとしてんのか」
勇者「・・・うるさいな」
魔王「やめとけ、無駄だ」
勇者「・・・くそ!」
魔王「・・・ふん」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:03:23.57 ID:Fecot94e0

>>33両方男でおねがいしますだ

魔王「暇だな」
勇者「・・・」
魔王「なんか昔話でも聞かせろ」
勇者「・・・」
魔王「そうだな、お前が勇者になった頃の話でも・・・」
勇者「うるさい」
魔王「・・・つまらんやつめ」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:10:12.28 ID:Fecot94e0

勇者「・・・お前は」
魔王「あ?」
勇者「いつ処刑されるのかもわからんのに随分と余裕だな」
魔王「考え付くことはもう大体試したからな」
勇者「・・・おれは諦めない」
魔王「勝手にしろ」
勇者「・・・」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:14:56.97 ID:Fecot94e0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・・・・寝れんな」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・・・・ああ」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:17:12.57 ID:Fecot94e0

魔王「奇妙なもんだな」
勇者「あ?」
魔王「ついこないだまで殺し合いをしていた者同士が同じ部屋で生活を共にしてるんだ」
勇者「・・・」
魔王「笑える話だな」
勇者「部屋じゃなくて牢屋だ、それに全然笑えん」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「お前はユーモアがないな」
勇者「うるさい」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:21:25.89 ID:Fecot94e0

魔王「おい看守、おかわりだ」
看守「そんなものはない」
魔王「ふん」
勇者「・・・」むしゃむしゃ
魔王「・・・」
勇者「やらんぞ」
魔王「・・・ふん」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:25:13.78 ID:Fecot94e0

魔王「相変わらず飯が不味いな」
勇者「人々から奪った金で食ってた飯はもっと豪華だったか?」
魔王「・・・ふん」
勇者「・・・」
魔王「貴様こそ魔物達から奪った金で贅沢していたんだろう」
勇者「・・・あ?」
魔王「・・・お前もおれも結局は同じなんだよ」
勇者「・・・くそ・・・」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:29:36.67 ID:Fecot94e0

看守「面会だ」
魔王「面会?」
勇者「誰だ?」
看守「魔王、お前にだ」
魔王「・・・!?」
勇者「・・・」
看守「面会は5分だ」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:33:43.38 ID:Fecot94e0

魔王「・・・・・・!!魔子・・・!!!!」
魔子「・・・・・・お父さん・・・」
魔王「・・・お前っ・・・無事だったのか・・・!!」
魔子「うん・・・」
魔王「そうかっ・・・・・・よかった・・・」
魔子「・・・・・・お父さん・・・どうして・・・」
魔王「・・・」
魔子「・・・ぐす・・・お父さん・・・ぼろぼろじゃない・・・ぐす・・・」
魔王「・・・」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:38:34.31 ID:Fecot94e0

魔子「・・・ねえ・・・なんで・・・?」
魔王「・・・」
魔子「・・・なんでお父さんが処刑されなきゃ・・・ならないの・・・?」
魔子「ひっぐ・・・おかしいよ・・・!」
魔子「・・・いやだよぅ・・・ぐす・・・」
魔子「・・・ぐす・・・戦い終わったら一緒に・・・買い物行こうって・・・!」
魔子「ぐす・・・なんでみんなのために戦ってたお父さんが殺されるの・・・!?」
魔子「・・・ぐす・・・お父さん・・・やだよ・・・」
魔王「・・・・・・魔子・・・」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:41:38.69 ID:Fecot94e0

魔子「やだよ!お父さんとデートしたいよ!!」
魔子「私ひとりになっちゃうよ!!」
魔子「やだよ!!」
魔王「魔子・・・・・・・」
看守「面会時間終了だ」
魔子「やだ!お父さんといる!!」
魔王「魔子!」
魔子「おとーさん!おとーさん!!」
看守「終了だ」
魔子「やだよ!おとーさん!!」
看守「連れて行け!」
手下5・6「はっ!!」
魔王「魔子!!」
魔子「おとーさん!おとーさん!!」
魔王「魔子!!!」

魔王「・・・」
魔王「・・・・・・魔子・・・」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:44:39.52 ID:Fecot94e0

看守「飯の時間だ」
勇者「・・・」
魔王「・・・」ぱく・・・
勇者「・・・」むしゃむしゃ
魔王「・・・」ぱく・・・
勇者「・・・」むしゃむしゃ
魔王「・・・」
勇者「・・・食べないならおれがもらうぞ」
魔王「・・・好きにしろ」
勇者「・・・」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:45:41.54 ID:iE+GiGe+O

魔子は俺の娘



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:49:42.83 ID:aJqn5ldzO

>>57
ってことはお前魔王か
カッコいいな



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:46:20.30 ID:MBWl4LhpO

魔子は俺の嫁



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:47:13.06 ID:UrfaQ3hDO

魔子っちゃん支援



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:49:31.70 ID:Fecot94e0

勇者「・・・娘・・・さんか?」
魔王「・・・ああ」
勇者「・・・奥さんは」
魔王「・・・魔子が産まれてすぐに死んでしまった」
勇者「・・・」
魔王「人間達に殺されたんだ」
勇者「!」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:55:14.84 ID:Fecot94e0

魔子ちゃん人気だなw

勇者「・・・」
魔王「美人だったろう?」
勇者「え?」
魔王「魔子さ」
勇者「・・・ああ、あの子は人間の目から見てもかなりの美人だったな」
魔王「妻に似てな、小さな頃はそりゃあもうかわいかったもんだ」
勇者「・・・」
魔王「入園式の日の歩いてる姿なんてまるで昨日のことのように覚えてる・・・」
勇者「・・・」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:59:27.06 ID:Fecot94e0

魔王「・・・最近ようやく思春期が終わったらしくてな」
魔王「久しぶりに今度一緒に買い物に行こうって約束してたんだ・・・」
勇者「・・・」
魔王「可愛がっていた娘が思春期になって父親を疎むようになることは至極当然のことだ」
魔王「しかし少なからずショックだった・・・」
魔王「・・・それで・・・最近ようやくまた一緒にいれると・・・」
魔王「・・・そう思って・・・いたんだがな」
勇者「・・・」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 22:03:11.46 ID:Fecot94e0

勇者「・・・娘さん」
魔王「?」
勇者「いくつなんだ?」
魔王「今年で・・・19だな・・・年のわりに少し幼いところがあるが」
勇者「19・・・来年は成人式か・・・」
魔王「・・・ふん、人、じゃないがな」
勇者「・・・・・・ユーモアのない魔王だな」
魔王「・・・ふんw貴様にだけは言われたくないなw」
勇者「・・・うるさい、お前の飯もらうぞ」
魔王「やらん、おれの飯だ」
勇者「・・・くそw」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 22:05:01.79 ID:Fecot94e0

魔王「・・・」ガツガツ
勇者「・・・おれは諦めないからな」
魔王「・・・」ガツガツ
勇者「・・・絶対に死なない」
魔王「・・・」
魔王「・・・おれ達が死ななきゃ」
魔王「また戦争は始まるぞ」
勇者「・・・」
魔王「・・・どっちかが生き残ったとしても同じことだ」
魔王「2人を処刑する、という条約の下、戦争は終結したんだ」
魔王「・・・貴様も本当はわかってるんだろ?」
勇者「・・・」
勇者「・・・くそ・・・」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 22:59:20.23 ID:Fecot94e0

魔王「暇だな」
勇者「ああ」
魔王「昔話でも」
勇者「おれはお前みたいに家族がいるわけでもないぞ」
魔王「・・・恋人はいないのか?」
勇者「・・・いたっけな、どうだか」
魔王「・・・」
勇者「母親も、父親もいないさ」
勇者「だから勇者になって」
勇者「みんなが応援してくれると思うと今まで感じたことないような温かい気持ちになってさ・・・」
勇者「××王は父親みたくおれによくしてくれた」
魔王「・・・そうか」
勇者「・・・ユーモアのない話だろ」
魔王「・・・ふん」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:02:15.48 ID:Fecot94e0

魔王「なにしてんだ」
勇者「見て分からんのか読書だよ」
魔王「この期に及んで読書か」
勇者「暇だからな」
魔王「今更かしこさをあげてどうする」
勇者「ほっとけ」
魔王「ふん」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:06:33.44 ID:Fecot94e0

勇者「そういやお前」
魔王「あ?」
勇者「おれと戦ってるときは自分のこと『私』って言ってたよな」
魔王「・・・」
勇者「もしかして魔王らしくするためにわざと言ってたのか?」
魔王「・・・おれは形から入るんだ」
勇者「変なところで真面目なやつだな」
魔王「貴様は」
勇者「あ?」
魔王「相変わらずユーモアがないな」
勇者「・・・」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:11:51.54 ID:Fecot94e0

勇者「何してんだ」
魔王「見てわからんのか、朝刊を読んでるんだ」
勇者「この期に及んで朝刊か」
魔王「暇だからな」
勇者「今更世の中の情勢を知ってどうする」
魔王「ほっとけ」
勇者「ふん」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:18:59.50 ID:Fecot94e0

勇者「・・・」
勇者「・・・寝れんな」
勇者「・・・」
魔王「zzz」
勇者「・・・魔王は呑気に寝てるか・・・」
魔王「zzz・・・魔子・・・うぅ・・・zzz」
勇者「・・・」
勇者「・・・寝よう」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:24:24.96 ID:Fecot94e0

勇者「そういやあれから娘さん来ないな」
魔王「おそらく面会も禁止されたんだろうな」
勇者「え・・・」
魔王「そりゃあれだけ騒げば当然のことだ」
勇者「・・・」
魔王「仕方ないさ」
勇者「・・・」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:33:22.35 ID:Fecot94e0

魔王「もしも、だ」
勇者「あ?」
魔王「もしも、ここから出られたら・・・何をしたい?」
勇者「・・・そうだな・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・とりあえず酒を飲みたいな」
魔王「ふん、いいな」
勇者「それからあつあつのしもふりにくを頬張りつつ焼きたてのちからのたね入りパンをかじるんだ」
魔王「ちからのたね入りパン?」
勇者「知らないのか?今流行ってんだぞ」
魔王「ほう」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:39:26.93 ID:Fecot94e0

勇者「まもりのたねのスープもいいな」
魔王「なんだスープにも入ってんのか」
勇者「絶品だぜ?」
魔王「ほう」
勇者「あとはデザートにとろけるパンプキンパイをたらふく食べてふかふかのベッドで寝たいな」
魔王「ふん、若いくせに色気のない欲望だなw」
勇者「そういうお前こそ何がしたいんだ?」
魔王「おれは・・・」
勇者「?」
魔王「魔子と買い物をする約束があるからな」
勇者「・・・・・・そうか」
魔王「・・・ああ」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:47:04.20 ID:Fecot94e0

勇者「服買ったりするのか」
魔王「そうだな・・・靴も欲しいって言ってた」
勇者「そうか」
魔王「きっとおれは荷物持ちになるだけだろうがなw」
勇者「何か買ってあげればいいじゃねーか」
魔王「そうだな・・・アクセサリーでも買ってやろうか」
勇者「いーじゃねーか」
魔王「あとは・・・昼飯をどっかで食って夜は家に帰るんだ」
勇者「どっかでディナーじゃないのか?」
魔王「その日の夜飯は自分で作るって言っててな」
勇者「へえ・・・」
魔王「魔子の料理は絶品だぞ」
勇者「そりゃぜひ一度食べてみたいもんだ」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:50:25.13 ID:Fecot94e0

魔王「貴様と飲む酒もうまそうだ」
勇者「おれはかなり飲むぞ」
魔王「ふん、ガキがw」
勇者「うるさいな」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・妙なもんだな」
勇者「・・・ああ」
魔王「まさか貴様とこんな他愛もない会話をするようになるとは」
勇者「わかんないもんだな」
魔王「ふんw」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:51:22.32 ID:Fecot94e0

そろそろ日付変わるけど酉いる?
付けたことないからわかんねーが



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:51:58.89 ID:4ejMwY440

一応つけたがいいんじゃない
名前欄に「#好きな文字」で付くよ



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:52:28.95 ID:GEPNrDsJ0

空気読めない阿呆が
乱入するかも知れないから付けた方が良いかも



122: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/15(月) 23:55:44.66 ID:Fecot94e0

ついた?



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:58:36.69 ID:yNm1b7W+O

>>122
おk



123: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/15(月) 23:58:16.66 ID:Fecot94e0

ついたな、教えてくれた人ありがと

魔王「お前に面会人は来ないんだな」
勇者「言ったろ?おれには家族もいないし特別な人がいるわけでもないんだ」
魔王「・・・」
勇者「人間全員から裏切られたんだ・・・誰も来ないさ」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・野暮な事を聞いた」
勇者「・・・別に」



126: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 00:01:53.97 ID:oVlup9gr0

看守「魔王、面会だ」
魔王「!魔子!!」
魔子「おとーさん!!!」
看守「5分だからな」
魔王「お前・・・てっきり面会禁止にされたとばかり・・・」
魔子「うん、でも手下1さんがなんとかしてくれて・・・」
魔王「・・・手下1が・・・?」
魔子「うん!」
魔王「・・・そうか・・・」



129: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 00:09:23.68 ID:oVlup9gr0

魔王「元気でやってるか?」
魔子「うん、私は大丈夫」
魔王「そうか、よかった」
魔子「・・・ほんとはね、今日お父さんに色々持ってきたんだけど・・・」
魔子「全部没収されちゃって・・・」
魔王「・・・そうか」
魔子「うん、ごめん」
魔王「いや、その気持ちだけでも十分すぎるほどだ・・・ありがとう」
魔子「・・・ぐす・・・うん・・・」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:15:56.30 ID:oVlup9gr0

そろそろはずすっす

魔子「・・・あれ・・・もう・・・ぐす・・・泣かないって・・・」
魔子「決めてたのに・・・ひっぐ・・・おかしいな・・・」
魔王「・・・魔子」
魔子「・・・ひっぐ・・・おとーさん・・・」
魔子「・・・私やっぱり・・・ぐす・・・やだよ・・・」
魔王「・・・」
魔子「・・・うぅ・・・ぐす・・・」

看守「面会終了だ」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:18:53.93 ID:oVlup9gr0

魔子「また、来るね」
魔王「ああ」
魔子「今度は没収されないようなもの持ってくるw」
魔王「そうかw」
魔子「またね!」
魔王「ああ」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:22:48.24 ID:oVlup9gr0

魔子「でね、ここのお店の服がすっごいかわいいの!」
魔王「でもちょっと高そうだな」
魔子「今の服はこれくらいなの!」
魔王「ふむ・・・」
魔子「だからね、ここもいこ!!」
魔王「・・・そうだな」
魔子「やったー!!」

看守「面会終了だ」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:26:41.28 ID:oVlup9gr0

勇者「最近魔子ちゃんよく来るようになったな」
魔王「・・・ああ、手下1がなんとかしてくれてるらしい」
勇者「手下1ってあのおれらに偉そうに喋ってたあいつか!?」
魔王「ああ、おれの元側近だ」
勇者「・・・なんか裏があるのか・・・?」
魔王「・・・・・・いや、・・・わからん」
勇者「・・・心配だな」
魔王「・・・ああ」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:32:05.87 ID:oVlup9gr0

魔王「魔子」
魔子「ん?」
魔王「手下1に何か変なことされたりしてないか?」
魔子「へ?何言ってんのお父さんw二回目にここに来るとき以来会ってないよw」
魔王「・・・そうか」
魔子「もー変なこと聞かないでよ!!」
魔王「あ、ああ・・・すまん」

看守「面会終了だ」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:36:10.24 ID:oVlup9gr0

看守「魔王、面会だ」
魔王「・・・今日は勇者も連れて行っていいか?」
勇者「・・・え!?」
看守「・・・待ってろ」
勇者「え?なんでおれも行かなきゃならないんだよ」
魔王「・・・」

看守「・・・いいだろう、だが妙な真似はするなよ」
魔王「ああ」
勇者「え?え?」
魔王「ぐずぐずするな、行くぞ」
勇者「ちょ・・・」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:41:10.34 ID:oVlup9gr0

魔子「・・・!・・・」
勇者「・・・えーと・・・」
魔王「魔子、こいつが昨日話していた勇者だ」
魔子「・・・」
勇者「・・・・・・えーと、勇者です・・・」
魔子「・・・」
勇者「はじめまして・・・」
魔子「・・・」
魔王「・・・魔子」
勇者「・・・」
魔子「・・・あなたが・・・勇者、さん」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:43:53.80 ID:7jmpA0IZ0

今更だけど戦犯にS級とかねーよ
いわゆるA級B級ってのは東京裁判でのみ使われた罪(笑)の区分であってランク付けじゃないから



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:48:40.77 ID:RcPrY4kr0

>>150
現実と非現実をごっちゃにするなよwwww



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:47:31.13 ID:2diL+y0t0

ファンタジー世界でそれを言われても・・・



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:48:42.75 ID:Y5U0F1az0

>>151
何にでもケチつけたい年頃なんだよ



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:48:58.54 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
魔子「・・・」
魔子「・・・お父さんを殺そうとしていた敵・・・」
勇者「!」
魔子「お母さんや魔物のみんなを殺した人間のリーダー・・・」
勇者「!!」
魔王「・・・」
魔子「・・・そして・・・今はお父さんの・・・親友・・・?」
勇者「・・・!!!」
魔王「・・・親友じゃない、腐れ縁、だ」
勇者「・・・魔王・・・」
魔王「・・・ふん」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:52:12.30 ID:oVlup9gr0

まあ戦犯についてはWIKI見ただけで適当につけただけだしなw
あんま気にしないでくれwすまんw

魔子「ふふ、お父さんの言ってた通りの人だねw」
勇者「え」
魔子「確かにちょっとぬけてそうな感じw」
魔王「だろw」
勇者「お前・・・何言ったんだ・・・」
魔王「本当に殺し合いをしていたのか疑わしいほど阿呆なやつだって言っただけだ」
勇者「おい!」
魔子「ふふwはじめまして・・・魔子です」



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:57:15.73 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・おれのこと憎くないの」
魔子「・・・魔物だって人間に悪いことたくさんしてきました」
魔王「・・・」
魔子「・・・お母さんのことは・・・確かに人間を怨んだこともあったけど」
勇者「・・・」
魔子「それにお母さんのことで一番人間を怨んでいたのはお父さんでしたし」
勇者「!・・・」
魔王「・・・」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:59:06.86 ID:oVlup9gr0

魔子「お母さんのことがあって・・・お父さんは人間界を滅ぼそうとし始めたんです」
魔子「私は・・・怨み合ったらどちらも悲しいだけだって思ってました」
魔子「でもお父さんを止められなかった」
魔子「お父さんの過激すぎるやり方についていけない人たちが増えていくばかりで」
魔子「昔は情に厚い、すごくいい魔王だって言われてたそうです・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・」



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:05:29.48 ID:oVlup9gr0

魔子「でも勇者さんが現れて、勇者さんと共に過ごして」
魔子「お父さんは優しさを取り戻せたと思うんです」
魔子「勇者さんのおかげで・・・」
魔子「・・・ぐす・・・」
魔子「・・・もっと・・・早くにお父さんが・・・勇者さんと仲良くなっていたら良かったのに」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔子「・・・だから、私は勇者さんを怨んだりしてないです!」
勇者「・・・そうか・・・」
魔子「はい♪」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:08:37.21 ID:oVlup9gr0

看守「面会終了だ」
魔子「また来るね、お父さん」
魔王「ああ」
魔子「勇者さん、これからもお父さんと仲良くしてあげてくださいね」
勇者「えっと・・・はい・・・」
魔子「また来ます♪」
勇者「・・・」
魔王「・・・」

魔王「・・・娘はやらんぞ」
勇者「・・・」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:10:12.35 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・魔子ちゃん、いい子だな」
魔王「!」
勇者「いや、そういう意味じゃなくて」
魔王「・・・・・・ふん」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・死にたくないな」
魔王「・・・・・・・・・ああ」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:10:56.55 ID:oVlup9gr0

肩いたい
ちょっとだけ休憩します



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:13:15.14 ID:Y5U0F1az0

温めとけーおつー



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:25:36.12 ID:oVlup9gr0

おし、ゆくぞ

魔子「でね、お父さんがその魔物君を見て『娘はやらんぞ』ってw」
勇者「・・・すっげー親馬鹿だなw」
魔王「魔子!」
魔子「そしたら魔物君逃げて行っちゃってw」
勇者「あっはっはっはw」
魔王「魔子!やめろ!!」
魔子「いいじゃないw」

看守「面会終了だ」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:30:24.60 ID:oVlup9gr0

みんな気にすんなw

魔子「買い物行くときは勇者さんも一緒に行きましょうよ!」
魔王「ふざけんな!おれは嫌だぞ!!」
勇者「おれも服買いたいぞ」
魔子「ほらー」
魔王「勇者貴様・・・よほどおれの怒りを買いたいと見えるな・・・」
勇者「なめんな、おれは勇者だぞ」
魔子「ふふふw」

看守「面会終了だ」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:33:43.40 ID:oVlup9gr0

勇者「あー今日も面白かったなw」
魔王「おれは断じて貴様と買い物なんぞ行かんぞ」
勇者「魔子ちゃんも行くって」
魔王「貴様は行くな」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・買い物・・・か」
魔王「・・・」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:35:22.22 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・今日は魔子ちゃん来ないなー」
魔王「・・・ああ」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・まさか手下1に」
魔王「・・・まさかな」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:39:49.58 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・ちょっと心配になってきたな」
魔王「・・・」
看守「勇者、魔王、面会だ」
勇者・魔王「!」
勇者「なんだ・・・いつもよりちょっと遅く来ただけか」
魔王「貴様が変なことを言うからだ」
手下1「・・・お久しぶりです」
勇者・魔王「!?」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:42:34.70 ID:oVlup9gr0

手下1「魔子さんもいらしてたんですが大事な話があるので今日はご引取りいただきました」
勇者「お前・・・」
魔王「・・・何の用だ」
手下1「勇者、魔王両死刑囚の処刑日が決定しました」
勇者「・・・え」
魔王「・・・・・・ついに来たか、いつだ」
手下1「7日後、つまり1週間後です」
勇者「!」
魔王「1週間後・・・」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:44:55.37 ID:oVlup9gr0

手下1「本来こういったことはもっと事前に知らせるべきなのですが」
手下1「こちらも色々とごたごたしていまして」
勇者「・・・1週間後・・・」
魔王「・・・」
手下1「つきましては今日から処刑日までの間両名には面会謝絶の独房に移っていただきます」
勇者「面会謝絶!?」
魔王「・・・なぜだ」
手下1「規則ですので」
魔王「・・・」



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:48:25.79 ID:oVlup9gr0

手下1「では行きましょうか」
勇者「ちょっと待てよ」
手下1「なにか」
勇者「おれはそこでいい、けど魔王はここに残してくれないか」
魔王「!」
手下1「何故」
勇者「何故って!お前も知ってんだろ!!魔子ちゃん毎日来てんだぞ!!」
手下1「規則ですので」
勇者「おい!!」
手下1「死刑囚の発言をわざわざ聞いてやっているんだ、少しは身を弁えろ」
勇者「お前・・・!!魔王も何か言えよ!!」
魔王「勇者・・・もういい、何を言っても無駄だ」
手下1「・・・」
勇者「ふざけんなー!!」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:52:20.47 ID:oVlup9gr0

勇者「くそがー!!」
手下1「私は魔王を連れて行く、お前達はあとでその阿呆を連れて来い」
勇者「あ!?もっかい言ってみろ!!」
手下2・3「はっ」
手下1「では行きましょうか」
魔王「・・・ああ」

手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・」
魔王「・・・?なんだ」
手下1「・・・魔子さんからです」スッ
魔王「・・・?」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:55:43.98 ID:oVlup9gr0

勇者「いってーな!もっと丁重にあつかえ!!」
魔王「独房でも騒がしいやつだな」
勇者「・・・おう」
魔王「ふん、相部屋ではなくなったが今度は向かい同士になったな」
勇者「別に嬉しくもなんともないけどな」
魔王「・・・」
勇者「・・・?それなんだ?」
魔王「・・・魔子から、だそうだ」
勇者「魔子ちゃんから・・・?」
魔王「ああ、手下1があずかったらしい」
勇者「・・・へえ・・・あいつがねえ」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:05:31.24 ID:oVlup9gr0

さるさんくらった

勇者「・・・ビー玉か?」
魔王「・・・これに炎の呪文を唱えると小さな炎がこの中で永久的に燃え続けるらしい」
勇者「へーかわいらしい贈り物だな」
魔王「没収されないようなものを持ってくるって言ってたからな・・・」
勇者「・・・あれ、でもそれ、燃えてないよな?」
魔王「あいつのことだ、炎の呪文を唱え忘れたんだろw」
勇者「そうかw」
魔王「・・・」
勇者「・・・きっと、牢は暗くて寒いだろうからって思ってそれにしたんだろうな」
魔王「・・・ああ」
勇者「・・・」
魔王「燃えてはいないが・・・」
勇者「温かい・・・な」
魔王「ふんw」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:12:46.12 ID:oVlup9gr0

さるさんが怖いので少しゆっくりめに投下
すまん

看守「起きろ、朝飯の時間だ」
勇者「ふあ」
魔王「むう・・・」

勇者「なんかこれさらにまずくなってねーか」
魔王「飯の量も減ってるな」
看守「黙って食え!」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:18:59.69 ID:oVlup9gr0

勇者「あと6日か・・・」
魔王「・・・」
勇者「なんだか実感わかねーな」
魔王「・・・」
勇者「な!」
魔王「あ?ああ」
勇者「?」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:27:27.23 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
勇者「・・・やっぱ牢が変わると眠れんな・・・」
勇者「・・・魔王」
勇者「魔王!」
勇者「・・・寝たか」
勇者「・・・」
勇者「・・・ここじゃあいつの寝言も聞き取れんな」
勇者「・・・」
勇者「・・・寝るか」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:21:13.55 ID:6h4y641VO

パンツはいたほうが良いのかな…
風邪ひきそう



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:38:12.54 ID:oVlup9gr0

>>202はけw

魔王「酒を飲むって言ってたな」
勇者「おお」
魔王「何が好きなんだ」
勇者「そうだな・・・果実酒はよく飲むよ」
魔王「ふんw」
勇者「なんだよ」
魔王「水割りか?w」
勇者「ロックだけど・・・水割りバカにすんな!」
魔王「ふんw」
勇者「・・・・・・お前は何飲むんだよ」
魔王「ビールだな」
勇者「やっぱりか」
魔王「あとは東洋の酒でな、おれと同じ名前の酒があるんだがそれをよく飲む」
勇者「へえ」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:41:06.26 ID:oVlup9gr0

魔王「しりとりでもするか」
勇者「なんだよ急に」
魔王「暇つぶしだ」
勇者「っていうかお前しりとり知ってるのか」
魔王「当たり前だ」
勇者「へえ・・・じゃあまおう!」
魔王「うか・・・蛆虫」
勇者「いきなりグロいな」



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:44:10.10 ID:oVlup9gr0

勇者「バナナ!」
魔王「弄る」
勇者「・・・る、ルール!」
魔王「流刑」
勇者「・・・・・・い・・・石!」
魔王「死刑」
勇者「・・・もうやだ・・・」
魔王「?」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:50:20.10 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・もう夜か」
勇者「・・・結局こうして時間は過ぎていくんだよな・・・」
勇者「・・・」
勇者「・・・死にたくない・・・」
勇者「・・・」
勇者「・・・」
勇者「・・・寝よう」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:52:26.21 ID:oVlup9gr0

魔王「看守」
看守「なんだ」
魔王「葉巻を1本もらえないか」
看守「だめだ」
魔王「けち臭いやつだな」
看守「規則だ」
魔王「ふん」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:58:05.89 ID:oVlup9gr0

勇者「葉巻なんて吸うのか?」
魔王「最初は吸いたくて吸ったわけじゃないんだがな」
勇者「形から・・・ってやつか?w」
魔王「・・・まあな、最初は咽て全然駄目だった」
勇者「かっこわるいなw」
魔王「・・・だが気が付けばはまってしまっていてな」
勇者「まあ煙草やら葉巻なんてそんなもんだろ」
魔王「お前は吸わんのか?」
勇者「一応正義の味方だったからな」
魔王「・・・ふん、なんだかんだでお前も形を気にしてたわけだw」
勇者「うるせえよ」
魔王「ふんw」



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:02:34.04 ID:oVlup9gr0

勇者「とかなんとか言ってる間にあと3日か・・・」
魔王「・・・そうだな」
勇者「・・・なんか、嫌だな」
魔王「・・・」
勇者「時間の流れがやけに速く感じる」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・夜は余計なことを考えてしまう、もう寝ろ」
勇者「・・・・・・ああ」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:05:31.51 ID:oVlup9gr0

勇者「最近よく夢を見るんだ」
魔王「夢か」
勇者「お前と戦ってる夢」
魔王「ふんw」
勇者「もちろん最後はおれが勝つんだけどなw」
魔王「・・・都合の良い夢だな」
勇者「・・・殺し合いとかじゃなくてさ」
勇者「喧嘩?とも違うな・・・」
勇者「とにかく終わった後は2人とも笑ってんだよ」
勇者「ぼろぼろだけどなw」
魔王「・・・」
勇者「そんで終わった後は魔子ちゃんの手料理をご馳走になるんだ」
勇者「それがまたおいしいんだ」
勇者「・・・おれ食べたことないのにな」
魔王「・・・」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:07:56.67 ID:oVlup9gr0

勇者「楽しくてさ」
勇者「ほんとに楽しくてさ」
勇者「・・・けど目が覚めたらやっぱりここなんだよな」
魔王「・・・」
勇者「・・・あと・・・もう少しで死ぬんだよな・・・おれら・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・・・・くそっ・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・なんでっ・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・・・・・なんで・・・」
魔王「・・・」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:11:58.32 ID:oVlup9gr0

勇者「zzz・・・zzz」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・魔子・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
勇者「zzz・・・zzz」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:15:20.88 ID:oVlup9gr0

看守「処刑日前日ということで今日の夜に手下1様から明日の説明がある」
看守「飯を食ったら寝ないで待っていろよ」
勇者「・・・」
魔王「・・・ふん」
看守「朝飯だ」
勇者「・・・」むしゃむしゃ
魔王「・・・」ガツガツ



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:18:36.68 ID:oVlup9gr0

勇者「ついに明日か・・・」
魔王「・・・ああ」
勇者「お前とこうやって話すのも今日で最後なんだな」
魔王「・・・ふん」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・何か話せ」
勇者「・・・お前こそ」
魔王「・・・」
勇者「・・・」



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:22:48.37 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・日記でも書いとけばよかったかな」
魔王「誰が見るんだ」
勇者「誰にも見せねえよ、恥ずかしい」
魔王「じゃあなんで書くんだ」
勇者「・・・そういうもんなんだよ」
魔王「・・・そうなのか?」
勇者「そうなんだよ!」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:25:53.24 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・いつもの昼寝はしないのか?」
魔王「・・・貴様こそしないのか」
勇者「・・・寝れるかよ」
魔王「・・・奇遇だな、おれもだ」
勇者「・・・」
魔王「・・・」



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:29:26.92 ID:oVlup9gr0

看守「最後の夜飯だ、せいぜい味わって食うことだな」
勇者「・・・」
魔王「・・・」

勇者「・・・」むしゃむしゃ
魔王「・・・」ガツガツ
勇者「・・・」むしゃむしゃ
魔王「・・・」ガツガツ
勇者「・・・やっぱ不味いな」
魔王「ああ、そして量が少ない」



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:33:13.96 ID:oVlup9gr0

魔王「看守」
看守「なんだ」
魔王「酒を貰えないか、少量で良い」
看守「駄目だ、規則だ」
魔王「ふん」
勇者「・・・」
魔王「最後の晩餐に酒の1つも用意しないとは最後までけちなやつらだ」
勇者「・・・まったくだ」



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:43:56.88 ID:oVlup9gr0

勇者「~♪」
魔王「・・・」
勇者「♪~~♪」
魔王「・・・」
勇者「♪~」
魔王「・・・おい」
勇者「~♪あ?」
魔王「なんだそれは」
勇者「わからんのか?BGMだよBGM」
勇者「やっぱ晩餐にはBGMが付き物だしな」
勇者「~♪」
魔王「・・・」
魔王「・・・ふん、随分音の汚いBGMだなw」
勇者「♪」



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 04:04:44.12 ID:oVlup9gr0

またさるさん・・・

勇者「今思うとよ」
魔王「あ?」
勇者「こんな薄暗い牢にずっと入れられて」
勇者「普通気が狂ったり、死のうとしそうなもんだよな」
魔王「・・・まあ、確かにそうかもな」
勇者「けどそんなことしなかったのは」
勇者「やっぱりお前や、魔子ちゃんがいたからなんだろうな」
魔王「・・・なんだ急に」
勇者「・・・思ったことを言っただけだ」



247: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 04:14:23.96 ID:oVlup9gr0

さっきからさるさんにかなーり引っかかる・・・
そして疲れた・・・
そんなわけできりが悪すぎるかそろそろ寝ようかと思います。
明日で終わるか微妙かもしれん、課題もやらなきゃならなくて・・・
とりあえず明日の夜また来るわ。
保守していただけるとありがたい。
落ちてたらまた続きから立てます、たぶん。
読んでくれた人、支援ありがとん。
もうしわけ。



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 04:18:47.32 ID:6TWOkrXZO

乙でした



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 05:01:58.06 ID:AxIBkf6N0

おつかれさん



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 05:59:35.55 ID:qOqKBZoAO

続き気になる



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:11:52.46 ID:NaxwFf/20





263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:29:32.60 ID:Pt9TrdMT0





264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:32:40.58 ID:4D5tzo3WO





265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:34:22.79 ID:HL0XyFFaO





266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:39:25.35 ID:Pt9TrdMT0





267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:49:52.98 ID:4fTslcQ5O





268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 07:59:40.48 ID:FEVsIu8dO





269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 08:00:24.53 ID:VoHST0MLO





272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 08:12:26.24 ID:4bK/OIdz0

>>269
こらっ



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 08:02:57.49 ID:vc59qC780





287: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 12:11:20.25 ID:oVlup9gr0

おはようございます、出かける前にほんのちょっと投下
保守ありがとん

勇者「ほんとお前たち親子には感謝してる」
魔王「・・・」
勇者「ほんとわかんねーもんだよな、ついこないだまで殺し合いしてたのによ」
魔王「・・・」
勇者「・・・話したら、解り合えるってこともあるんだな」
魔王「・・・ふん」
勇者「・・・」



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:14:33.63 ID:oVlup9gr0

勇者「ほらwお前も照れてないでなんか言えよw」
魔王「何をだ」
勇者「おれへの感謝の言葉とかあるだろ?」
魔王「何を・・・」
勇者「最後の晩餐だぜ?恥ずかしがることなんてないだろw」
魔王「貴様酔ってるのか!?」
勇者「酒もないのに酔うわけねーだろwほらほらw言えってのw」
魔王「・・・お、おれはだな・・・」
手下1「お話中失礼します」
勇者「!!」
魔王「・・・!」



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:18:32.48 ID:oVlup9gr0

ほんとは昨日は>>289のやつで終わらせるつもりだったのでとりあえずこれでw
魔子いらんかったって意見もけっこうあるね。
参考になるぜ。
まああれだ、魔子はまだこれからも登場すると思うよw
じゃ、いってきます。



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:19:05.30 ID:tqoK4+DP0

おつかれさん



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:45:32.01 ID:rPqsACO8O





294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:52:37.12 ID:BsNw54cS0





295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:52:58.31 ID:RulzXjni0





296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 12:57:42.62 ID:BsNw54cS0





297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 13:04:19.67 ID:+pAEQlCn0





298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 13:05:17.84 ID:i7DoAXBQO





299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 13:08:17.73 ID:Rntz3Oa20





303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 13:31:57.92 ID:BK4VJeG10

どんな大逆転だよww



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 13:41:09.10 ID:+pAEQlCn0





306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:04:20.83 ID:i7DoAXBQO





307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:07:35.28 ID:BsNw54cS0





308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:13:16.92 ID:hSID82qN0





309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:20:07.90 ID:K3bjr/XCO





310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:22:43.18 ID:Rntz3Oa20





311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:23:38.98 ID:BsNw54cS0





312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:33:17.70 ID:+pAEQlCn0





313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:34:29.25 ID:1WnjkgRQ0





314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:35:00.87 ID:1vyMjSCb0





315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:35:11.18 ID:K3bjr/XCO





316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 14:37:27.35 ID:hSID82qN0





319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 15:00:12.78 ID:rTBbBlufO





320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 15:01:24.98 ID:i7DoAXBQO





321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 15:03:41.70 ID:hSID82qN0





324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 15:11:27.61 ID:BsNw54cS0

正座でオッパス!て何だよwwwwwwwwwwwwww



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 15:45:24.53 ID:RAKq1IVzO

平野綾は正座でオッパス!wwwwwwww



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 15:57:30.92 ID:rPqsACO8O





330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:00:55.93 ID:BsNw54cS0





331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:04:12.66 ID:Ex/sxLyyO





332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:06:36.17 ID:5mGQ1DH90





333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:12:04.58 ID:BsNw54cS0





334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:13:42.04 ID:RAKq1IVzO





335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:16:23.45 ID:BK4VJeG10





336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:23:16.26 ID:nC6+sxy7O





337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:23:19.58 ID:E4yjFgDfO





338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:39:21.41 ID:wFIkPpfw0





339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:39:55.18 ID:AarAoeWK0





340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:44:25.39 ID:RulzXjni0





341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:48:56.05 ID:BsNw54cS0





342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:52:14.24 ID:vc59qC780





343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 16:52:17.46 ID:wFIkPpfw0





344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:03:42.78 ID:E2kG4GCb0





345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:04:04.49 ID:AarAoeWK0





347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:12:56.70 ID:AarAoeWK0





348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:13:51.70 ID:KqlbVvDu0





349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:14:56.93 ID:wFIkPpfw0





350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:15:26.28 ID:6TVpE6is0





353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:16:36.21 ID:iSo/rUGS0

今北産業



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:31:05.76 ID:Ex/sxLyyO

>>353
保守
しながら
空気読む



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 17:40:16.46 ID:BsNw54cS0

>>1はいつ帰ってくるのだろうか…



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:00:00.40 ID:iSo/rUGS0





367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:03:15.13 ID:9WxghecPO





368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:05:29.83 ID:CjAZ1yFZ0





369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:10:41.97 ID:tigYQ2ERO





370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:14:53.06 ID:YEXFkogq0





371: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 19:23:49.27 ID:oVlup9gr0

ただいま帰りました。
保守ありがとん。
正座オッパス!は吹いたw

ちょっと今日は課題のこともあってあまり投下できないかもしれない。
よろしくお願いします。



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:25:51.68 ID:i7DoAXBQO

おかえりなさい!!



375: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 19:30:47.62 ID:oVlup9gr0

手下1「明日の説明に参りました」
勇者「・・・けっ」
魔王「・・・」
手下1「処刑は正午に行われます」
手下1「そのため、朝食はなしということでよろしくお願いします」
勇者「朝食を食うと死んだ後の後処理がめんどくさいからってか」
魔王「・・・」
手下1「続いて処刑場所についてですが」



376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 19:52:28.62 ID:2diL+y0t0

飯食ってる間に落とされてたようだな
とりあえず保守



377: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/16(火) 19:55:30.76 ID:oVlup9gr0

なんか落ちたな

手下1「魔王城2Fのテラスにて行われます」
手下1「公開処刑となっています」
手下1「つきましては処刑時刻の1時間前にここを出ていただきます」
手下1「テラスまでは魔王には私が、勇者には手下2・3が誘導しますので従ってください」
勇者「・・・なんでおれは2人なんだよ」
手下1「また暴れられて処刑に支障をきたすと困りますので」
勇者「・・・ふん」
手下1「以上です、何か質問はありますか」



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:04:16.86 ID:oVlup9gr0

魔王「・・・特にない」
手下1「そちらは?」
勇者「・・・」
手下1「・・・ないようなので私はこれで」
勇者「なんで魔子ちゃんには優しくするんだよ」
魔王「・・・!」
手下1「・・・はい?」
勇者「てめえの主人を裏切って、こんな酷い目合わせて」
勇者「なんでその娘には優しくしてんだって聞いてんだよ!!」
手下1「・・・」



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:09:56.49 ID:oVlup9gr0

勇者「聞いたよ、魔子ちゃんの持ってきた差し入れ、魔王に渡したんだって?」
勇者「面会のときも自分がなんとかするって相談に乗ってポイント稼ぎか!?」
手下1「・・・」
勇者「お前・・・なんのつもりだ・・・?今更良いやつぶって何がしたいんだよ!?」
勇者「魔王が死んだ後に一緒に線香でもあげて慰めるつもりか!?」
勇者「ふざけんな・・・やることなすこと全部腐ってるぞお前!!」
手下1「・・・」
看守「おい!口を慎め!!」
勇者「おい!なんとか言えよ!!」
魔王「・・・おい、勇者」
勇者「魔王もいいのかよ!このままで!そいつの思う壺だぞ!!」
看守「おい!黙れ!!」
手下1「・・・また明日、迎えに来ます」
勇者「おい!逃げんな!!」
魔王「・・・」



386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:17:26.19 ID:oVlup9gr0

さるさんよけありがとんw

勇者「・・・・・・あれ?」
魔王「起きたか、処刑日当日の朝までぐっすりとは・・・おめでたいやつだな」
勇者「え・・・なんでおれ寝てたんだ・・・」
魔王「覚えてないのか」
勇者「・・・?」
魔王「昨日お前が暴れて落ち着かないから看守がお前を気絶させたんだよ」
勇者「・・・・・・あ」
魔王「ようやく思い出したか?」
勇者「・・・なんとなく」
魔王「・・・ふんw最後まで阿呆なやつだなw」



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:24:37.08 ID:oVlup9gr0

勇者「今の時間は・・・?」
魔王「ちょうど処刑時間の2時間前ってとこか」
勇者「もうそんな時間か!?」
魔王「本当に貴様は最後まで阿呆だな」
勇者「・・・なんで看守は今日に限って起こさないんだよ!」
魔王「今日に限って朝飯が出てないからだろ」
勇者「・・・あ、そうか」
魔王「阿呆め」
勇者「うるせえ!頭がまだいまいち回ってないんだ!」



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:29:41.65 ID:oVlup9gr0

勇者「あーもーなんで看守は起こしてくれなかったんだ・・・」
魔王「・・・」
勇者「死ぬ前くらいもう少し有意義に過ごさせてくれても・・・」
魔王「・・・」
勇者「とことん腐ってるな・・・ここのやつらは・・・」
魔王「・・・勇者」
勇者「大体あいつが・・・」
魔王「勇者!」
勇者「あ?なんだよ」
魔王「・・・貴様に伝えておくべきことがある」
勇者「・・・?」



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:35:18.32 ID:oVlup9gr0

勇者「なんだよ」
魔王「・・・」
勇者「あ!もしかして昨日のやつか?」
魔王「・・・」
勇者「そういやまだお前から感謝の言葉聞いてないもんなw」
魔王「・・・」
勇者「ほらw黙っててやるから言えよw」
魔王「・・・貴様は」
勇者「?」



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:46:05.57 ID:oVlup9gr0

魔王「貴様は・・・家族がいないって・・・言ってたな」
勇者「・・・あ?」
魔王「特別な人もいないと」
勇者「・・・そうだけどそれがどうした」
魔王「父親のように慕っていた××王から裏切られたと」
勇者「・・・ああ」
魔王「全ての人間達から裏切られたと」
勇者「・・・だからそれがなんだってんだよ!」
魔王「・・・」
勇者「・・・なんのつもりだよ」



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 20:54:07.20 ID:oVlup9gr0

魔王「・・・どうやらそうでもないみたいだぞ」
勇者「・・・へ?」
魔王「・・・貴様を待っている人間達はいるってことだ」
勇者「・・・!?」
魔王「貴様の世界中の人間達を救いたいって想いはちゃんと届いてたみたいだ」
勇者「・・・何を急に言い出すかと思えば」
魔王「・・・」
勇者「どうしたんだよいきなり」
勇者「もうすぐ処刑されるってんで頭いっちまったか?」
魔王「・・・おれは事実を言ったまでだ」
勇者「・・・馬鹿馬鹿しい」



421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:04:54.95 ID:oVlup9gr0

魔王「勇者」
勇者「この状況を見ろよ!」
勇者「おれは××王に売られてこれから処刑なんだぞ!」
勇者「みんなでおれの命を売って助かろうとしてんだぞ!!」
勇者「おれに何の報告もせずに!」
勇者「おれの帰りも待たずに!!」
勇者「平和を手に入れようとしてんだ!」
魔王「勇者」
勇者「お前だって知ってんだろ!」
勇者「おれには誰も面会に来なかった!!」
勇者「自分達が助かればおれなんてもうどうでもいいんだよ!!!」



426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:19:13.06 ID:oVlup9gr0

遅くてすまん、ちょっと展開を考えてた

魔王「勇者」
勇者「・・・なんだよ、今更慰めようとしてくれてるのか・・・?」
魔王「勇者、聞け」
勇者「いいんだよ!おれはもう!」
勇者「最後の最後でお前と魔子ちゃんっていう大事な人たちができた!!」
勇者「そりゃあ悲しいけど!」
勇者「生きて!お前たちと暮らしていきたかったよ!!」
勇者「・・・けどおれはもう1人じゃない!」
勇者「それがわかっただけで十分だ!!」
魔王「勇者」
勇者「なんだよまだ言うのか!?だったら証拠でも見せてみろよ!!」



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:35:26.87 ID:oVlup9gr0

あれ?書き込まれてない?

魔王「・・・看守」
看守「なんだ」
魔王「今朝の朝刊を勇者に渡してやってくれ」
看守「・・・」
勇者「・・・朝刊?」

魔王「朝刊の一面を見てみろ」
勇者「・・・?」
勇者「・・・」
勇者「・・・・・・!!!」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:39:17.08 ID:2diL+y0t0

>>434
韓国の掲示板と戦争ごっこの真っ最中。
波状攻撃で今夜はたびたびvip鯖が物凄く重くなるかも。



439:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:47:42.29 ID:oVlup9gr0

『××王国でのデモ、連日に渡って続く』
先日の××王国と魔王国との間で調印された平和条約を巡るデモは今も続いている。
勇者と魔王の処刑を以って戦争を終結する、という平和条約の規定に市民は猛反発。
「勇者を殺すな」「勇者を救え」と大きく掲げられた旗の下に市民によるデモは平和条約公布から連日続いている。
「勇者が死ぬのはおかしい」「我々のために戦ってくれていた勇者を見殺しになんてできない」「我々が望んだ平和はこんなものじゃない」と市民達は憤りをあらわにしている。
××王国の部隊が鎮圧に動いているが今のところ怪我人は出ていない。
勇者「・・・・・・これは・・・」



444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:55:56.05 ID:oVlup9gr0

>>437なるほどね、さっきから書き込めたり書き込めなかったりなのは

魔王「・・・おれの推測だが」
魔王「おれと貴様が牢に入れられ処刑されるまで」
魔王「一貫して魔王城で行われていたのには」
魔王「××城ではできないから、という理由があったからなんじゃないかと思う」
勇者「・・・」
魔王「・・・××王国は市民達を鎮圧するのに手一杯だから」
勇者「・・・」
魔王「・・・貴様に面会人が来なかったのも」
魔王「きっと××王に禁止されていたのだろうな」
魔王「・・・貴様に会いたい人は」
魔王「・・・大勢いすぎてきりがないから」
勇者「・・・」



445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 21:57:44.02 ID:TIT31cTx0

韓国に負けるな紫煙



451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:12:13.79 ID:oVlup9gr0

ちょっと様子見



452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:16:26.34 ID:oVlup9gr0

魔王「もしかすると」
魔王「××王も苦渋の決断だったのかもしれんな」
魔王「予想外に長引いた戦争」
魔王「絶え間なく出る死者」
魔王「貴様を信じて待つか、これ以上の犠牲者を出さないようにするか」
魔王「これだけ好かれている者が」
魔王「父親のように慕っていた者に簡単に切り捨てられるとは思えん」
勇者「・・・」
魔王「・・・・・・良かったな」
魔王「・・・世の中の情勢を知ることも無駄じゃないだろ?」
勇者「・・・」



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:26:31.59 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・お前は」
魔王「あ?」
勇者「・・・ずっとこのこと知ってたのか」
魔王「・・・」
勇者「・・・ずっと新聞読んでたろ」
魔王「・・・まあな」
勇者「・・・」
魔王「・・・知ったところで貴様が苦しむだけだろうと思って言わなかったんだ」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・じゃあ・・・」
勇者「・・・なんで今言うんだよ・・・」



458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:39:18.31 ID:oVlup9gr0

なんかまたおもくなってきた



459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:40:09.67 ID:i7DoAXBQO

もうずっと重いね



460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:42:04.15 ID:AqcLhDX40

韓国とドンパチやってるらしいからな



462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:46:43.70 ID:oVlup9gr0

勇者「・・・なんで今言うんだよ・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・苦しむってわかってたんだろ・・・」
魔王「・・・」
勇者「なんで言ったんだよ・・・」
勇者「裏切られたって思って・・・」
勇者「そう思って死ぬほうが楽じゃねーかよ・・・」
勇者「・・・・・・余計死にたくなくなったじゃねーか・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・また1つ・・・」
勇者「・・・でっかい未練ができたじゃねーか・・・」
勇者「最後の最後でまたお前は敵になるのかよ・・・」
勇者「なんでこんなに苦しませるんだよ!!」



465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 22:51:53.35 ID:oVlup9gr0

魔王「・・・」
勇者「・・・畜生・・・」
勇者「・・・うぅ・・・畜生・・・」
勇者「・・・死にたくない・・・」
勇者「・・・・・・うぅ・・・」
勇者「・・・死にたくない・・・!!」
勇者「・・・・・・死にたくない・・・!!!」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・・・・それでいいんだ」



474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 23:00:55.43 ID:oVlup9gr0

手下1「時間です」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
手下1「行きましょうか」



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 23:06:59.89 ID:oVlup9gr0

手下1「昨日も説明しましたが広場までは我々が誘導しますので」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
手下1「では魔王」
魔王「・・・ああ」
手下2「勇者」
勇者「・・・」
手下3「勇者!」
勇者「・・・いやだ!!」
手下2「貴様この期に及んで何を・・・」
勇者「・・・いやだっつってんだろ!!」
手下3「貴様!暴れるな!!」
手下1「・・・先に行きますか」
魔王「・・・ああ」



484:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 23:12:46.31 ID:oVlup9gr0

ちょっと休憩するわ・・・
しかし今日全然進んでないな
課題もやりたいのに



488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 23:19:56.42 ID:i7DoAXBQO

>>484了解ありがとう。
課題もしっかりね



490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 23:29:30.25 ID:oVlup9gr0

また二回書き込んだかも

手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下8「お疲れ様です!!」
手下1「ああ」
手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下16「お疲れ様です!!」
手下1「ああ」
手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた



493:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 23:35:04.88 ID:oVlup9gr0

すまん、ちょっと課題してくる



497: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/17(水) 00:07:40.53 ID:LBRS+ymp0

落ちてたな。課題やりつつ書くのでけっこうゆっくりになるかも

手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・魔子の」すたすた
手下1「・・・?」すたすた
魔王「・・・魔子の差し入れ」すたすた
手下1「・・・ああ」すたすた
魔王「・・・礼を言う」すたすた
手下1「・・・いえ」すたすた



499: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/17(水) 00:13:07.38 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・1Fです」
魔王「・・・ああ」
手下1「・・・では、魔王・・・」
手下1「いえ、魔王様」
魔王「・・・ああ」
なんと!手下1は魔王の手錠をはずした!
魔王は自由になった!



509: ◆AK/VZdOeZs :2008/12/17(水) 00:33:40.59 ID:LBRS+ymp0

手下1「どうぞ」
魔王はエルフののみぐすりをもらった!
魔王「ああ」
魔王はエルフののみぐすりをつかった!
魔王のMPは全回復した!
手下1「御武運を」
魔王「先に勇者のところに行け」
魔王「あいつはかなり強いぞ」
手下1「・・・わかりましたw」
魔王は爆発の呪文を唱えた!!



514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 00:45:11.00 ID:LBRS+ymp0

同時刻・地下
手下2「早く来い!」
手下3「処刑時間に間に合わなくなるだろうが!!」
勇者「うるせー!!おれは死んでたまるか!!」
手下2「諦めろ!!」
手下3「こいつ!!」
勇者「おれには待ってる人たちがいるんだ・・・!!」
手下2「はあ・・・はあ・・・くそ・・・」
手下3「・・・はあ・・・はあ・・・仕方ない・・・応援を呼ぼう・・・」
ドオオオオオン!!!!!!
勇者「うお!!?」
手下2「!?なんだ!?」
手下3「どうした!?」



522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 00:58:09.87 ID:LBRS+ymp0

同時刻・広場
手下28「いよいよ処刑日だな」
手下29「ああ」
手下28「死刑囚が死刑囚だけに見物人もすげえな」
手下29「まったくだ」
手下28「!おい見ろ・・・人間もいるぞ」
手下29「・・・ああ、きっと××王国のやつだろ」
手下28「勇者の処刑を見届けにきたのかな」
手下29「だろうな」
手下28「まったく平和条約を結んだからって・・・馬鹿なやつらだw」
手下29「おい、それはまだ言うな」
手下28「へいへいっとw」
ドオオオオオン!!!!!!
手下28「うおおおおおお!!?」
手下29「城からだ!一体どうしたんだ!?」



528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 01:16:01.82 ID:LBRS+ymp0

1週間前
手下1「つきましては今日から処刑日までの間両名には面会謝絶の独房に移っていただきます」
勇者「面会謝絶!?」
魔王「・・・なぜだ」
手下1「規則ですので」

勇者「くそがー!!」
手下1「私は魔王を連れて行く、お前達はあとでその阿呆を連れて来い」

手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・」
魔王「・・・?なんだ」
手下1「・・・魔子さんからです」スッ
魔王「・・・?」



532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 01:21:39.00 ID:N36wF2nE0

いまさらだが手下多すぎwwww



533:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 01:22:05.51 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・これは・・・?」
手下1「差し入れだそうです」
魔王「・・・」
手下1「それに炎の呪文を唱えると中で小さな炎が永久的に燃える、というものですね」
魔王「・・・」
手下1「炎がないところを見ると慌てていて炎の呪文を唱え忘れたのでしょう」
魔王「・・・」
手下1「・・・」
魔王「・・・何故お前が・・・?」
手下1「・・・何を持ってきても看守が全て没収してしまうので私が代わりに」
魔王「そんなことが聞きたいんじゃない」
手下1「・・・」



538:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 01:32:33.32 ID:LBRS+ymp0

>>532あとでもっと出てくるぞw

魔王「お前やたらと魔子に優しくしてるな」
手下1「・・・」
魔王「何が狙いだ・・・?」
手下1「・・・」
魔王「・・・魔子をどうするつもりだ」
手下1「・・・」
魔王「・・・」
手下1「・・・」
魔王「・・・例え、死んだとしても」
手下1「・・・」
魔王「お前が魔子に手を出すつもりなら」
魔王「おれはお前を殺しにいく」
手下1「・・・」
魔王「わかったか」
手下1「・・・」



547:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 01:47:47.62 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・歩く速度を落としてください」すたすた
魔王「・・・!?」すたすた
手下1「・・・不自然にならないように前を向いたまま私の言うことを聞いてください」すたすた
魔王「・・・」すたすた



583:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:07:39.99 ID:LBRS+ymp0

>>551昨日のパンツの人かw

手下1「・・・魔子ちゃんは戦いの知識も力もない・・・」すたすた
手下1「・・・それを利用して魔王軍、いや魔王国を軍部の完全な支配化に置こうとしています」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・魔王様と勇者が処刑された後すぐに軍部は魔子ちゃんを王にし」すたすた
手下1「・・・条約を破棄して××王国を襲うつもりです」すたすた
魔王「・・・!!」
手下1「・・・××王は平和のためにやむなく条約を結びました」すたすた
手下1「・・・しかし魔王軍はいや、軍部は支配権を手に入れるために条約を結んだだけです」すたすた
魔王「・・・」すたすた



563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 01:59:42.85 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・魔子ちゃんは今、軍部にいます」すたすた
魔王「・・・な!?」すたすた
手下1「・・・御気持ちは察しますが今は声を出さないでできるだけ平静を装って聞いてください」すたすた
魔王「・・・」すたすた
手下1「・・・軍部は魔子ちゃんを次の王にするつもりです」すたすた
魔王「・・・!」すたすた
手下1「・・・正統な継承者です、代わりはいない」すたすた
手下1「・・・問題は軍部です」すたすた
魔王「・・・!?」すたすた
手下1「・・・軍部は魔子ちゃんを王に仕立て上げ魔王軍の政権は自分達のものにしようとしています」すたすた
魔王「・・・!!」すたすた
手下1「・・・つまり、魔王国を軍部のものにしようとしています」すたすた



602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:15:27.15 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・処刑日です」すたすた
魔王「・・・?」すたすた
手下1「・・・処刑日、城には中枢の幹部を含め、ほぼ全ての軍部のものが集まります」すたすた
手下1「・・・魔王様の処刑を見届けるため、そして魔子ちゃんの王位継承のために」すたすた
魔王「・・・」
手下1「・・・そのときを狙って」すたすた
手下1「・・・軍部を・・・潰しましょう」すたすた
魔王「・・・!」すたすた
手下1「・・・魔王軍を・・・終わらせましょう・・・」すたすた



623:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:28:20.87 ID:LBRS+ymp0

手下1「この独房です」
魔王「・・・ああ」
ガチャン
手下1「・・・あなたを処刑場所であるテラスに連行する際に」
手下1「・・・タイミングをはかって手錠を外します」
手下1「・・・できるだけ派手に暴れてください」
手下1「・・・軍部を引き付けたところで魔子ちゃんを保護します」
魔王「・・・」
手下1「・・・××王国にも応援を頼んでいます」
手下1「・・・遅れて突入してくるでしょうが、あまり時間はありませんので」
魔王「・・・わかった」



628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:31:51.42 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・結局、人間達に占領されて終わるんだな」
手下1「・・・××王は穏健派です、悪いようにはされないでしょう」
魔王「・・・」
手下1「・・・」
魔王「・・・」
手下1「・・・魔王様」
魔王「・・・?」
手下1「私は今も、昔も変、あなた方親子の側近です」
魔王「・・・!」
手下1「どうなろうと、魔王様が下した決断に従います」
手下1「・・・どうなさるのかは、魔王様がお決めください」
魔王「・・・・・・ああ、ありがとう」
手下1「・・・では」

手下2「この独房だ!さっさと歩け勇者!!」
勇者「うっせー!!」



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:39:41.19 ID:LBRS+ymp0

手下8「た、大変だ!魔王が暴れだした!来てくれ!!」
手下2「な!?」
手下3「わかった!」
勇者「・・・・・・え!?え!?」
手下2「貴様、そこを動くなよ!?」
手下3「下手な真似すんじゃねーぞ!?」
勇者「・・・」
勇者「・・・魔王が・・・?」
勇者「・・・どういうことだ・・・?」
ドオオオオオオン!!
勇者「うおお!?」



641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:44:17.70 ID:LBRS+ymp0

手下28「一体なんだってんだ!?」
手下18「広場にいる全兵に告ぐ!城内で死刑囚が暴れだした!至急応援に向かえ!!」
手下28「な!?手錠あるのにどうやって暴れてんだ!?」
手下29「とにかく急ぐぞ!!」
手下28「お、おう!!」
ドオオオオオオン!!
手下28「!!!!」
手下29「!!!!行くぞ!」



653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:49:14.56 ID:LBRS+ymp0

勇者「いってえ・・・一体何がどうなって・・・」
手下1「・・・ほら、しっかりしてください」
勇者「うわ!!・・・ってお前か・・・!!!」
手下1「・・・そう構えられては手錠が外せません・・・」
勇者「・・・!?」
手下1は勇者の手錠を外した!
勇者は自由になった!!
勇者「・・・お前・・・何を企んで・・・」
ドオオオオオオン!!!
勇者「!!」
手下1「・・・時間がありません、急ぎましょう」
勇者「え!?おい!ちょっと待てよ!」



662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 02:53:20.94 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・エルフののみぐすりはもうないので」
手下1「代わりにと言ってはなんですがこれを返しておきます」
勇者「!おれの剣!!」
手下1「行きましょう」
勇者「・・・お前どういうつもりだよ」
手下1「・・・どうもこうも私は最初から魔王様と魔子様に仕える側近です」
勇者「・・・」
手下1「・・・魔王様と魔子様、そして魔王国を救うためにはこうするしかなかったんです」
勇者「・・・」



672:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:02:16.32 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・なるほどな」
手下1「軍部はもう暴走状態です、どうしようもありません・・・」
勇者「・・・それで、いいのか?」
手下1「・・・間違っているのは、我々です」
手下1「・・・何より、魔王様が決められたことですから」
勇者「・・・」
手下1「・・・あなたにも謝らなければなりません」
勇者「・・・いいよ、どうせ敵だろ」
手下1「しかし今は魔王様の親友でしょう?」
勇者「・・・」
手下1「・・・謝らなければ」
勇者「・・・いいよ、もう」



677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:05:33.94 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・」すたすた
勇者「・・・」すたすた
手下1「・・・」すたすた
勇者「・・・もしかして」すたすた
手下1「・・・はい?」すたすた
勇者「・・・おれを何度も煽ってたのって」すたすた
手下1「・・・」すたすた
勇者「・・・魔王と2人きりになるチャンスを作るためだったのか」すたすた
手下1「・・・作戦の1つです、お詫びします」すたすた
勇者「・・・」すたすた
手下1「・・・」すたすた
勇者「・・・いいよ、もう」すたすた



681:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:09:06.54 ID:LBRS+ymp0

手下1「遠回りしてきたとは言えここまで来るのにほとんど兵に出くわしませんでしたね」
勇者「魔王のおかげだな」
ズドオオオン!!!
手下1「!」
勇者「・・・あいつ、張り切りすぎだな」
手下1「とにかくここにいるはずです、入りましょう!!」
勇者「ああ」
ガチャッ
勇者「魔子ちゃん!いるか!?」
魔子「・・・!!勇者さん!!手下1さんも!!」
手下1「良かった・・・ご無事でしたか・・・」
魔子「一体どういうこと!?お父さんは!?」
手下1「それは・・・」
勇者「詳しいことは後にしよう」
勇者「敵さんがきたぞ」
手下12「誰だ!」



683:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:11:01.81 ID:LBRS+ymp0

課題できねー

手下13「貴様は勇者!?」
手下14「それに手下1様も!!」
勇者「・・・」
手下1「・・・」
手下12「魔子様をどうなさるつもりだ!」
勇者「・・・おい」
手下1「・・・はい」
手下13「魔子様から離れろ!!」
勇者「・・・お前強いのか?」
手下1「・・・魔王様の側近ですよ」
勇者「じゃ左のやつ頼んだ」
手下1「・・・私1人でも十分ですが」
勇者「・・・久しぶりに暴れさせろ」
手下1「・・・わかりましたw」
勇者「いくぞ!」
手下1「はい!」



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:12:04.45 ID:eR4q7IucO

>>683

課題に集中したらどうだろう?



687:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:13:40.27 ID:LBRS+ymp0

手下19「ギャアアアアアアア!!」
手下19はたおれた!!
魔王「・・・ふん」
手下21「駄目だ・・・強すぎる!!」
手下6「弱音を吐くな!!とにかくつっこめ!」
手下7「そうだ!やつのHPもMPも無限じゃないんだ!!」
手下21「う・・・うおおおおおおお!!」
手下21はまじんのごとくきりつけた!
魔王はひらりとみをかわした!
魔王「ふん」
魔王は炎の呪文を唱えた!
手下21「うわああああああああああああ」
手下21はたおれた!!
魔王「・・・・・・許せ」



698:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:20:30.95 ID:LBRS+ymp0

>>686
課題もパソコン使うやつだからこっちやっちゃうんだよねw

手下22はたおれた!
魔王「・・・」
手下23はたおれた!
魔王「・・・」
手下24はたおれた!
魔王「・・・」
手下25はたおれた!
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・もう」
魔王「・・・わかっただろう?」
魔王「・・・間違っていたんだ」
魔王「・・・もう・・・やめようでなはいか・・・?」
手下26「うおおおおおおおおお!!!」
魔王「・・・」



704:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:25:05.05 ID:LBRS+ymp0

あれまたおかしくなった
手下は男だな
そーいや女の登場人物すくねーなw

魔王のこうげき!
魔王は氷の呪文を唱えた!
手下26「うあ・・・・・・」
手下26はたおれた!
魔王「・・・!・・・許せ・・・」
大佐「もうあと戻りはできないのですよ、魔王様」
魔王「!しまった!」
大佐はまじんのごとくきりかかった!
魔王は309のダメージをうけた!!
魔王「・・・ぐ・・・」



711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:29:17.49 ID:LBRS+ymp0

勇者のこうげき!
手下13に280のダメージ!
手下13「ぐあ・・・」
手下13はたおれた!
勇者「・・・」
勇者「・・・こいつとも話せば解かり合えたのかもな」
勇者「・・・」
勇者「・・・すまん」
手下14「うおおおおおお!!」
勇者「!しまった!」
手下14はまじんのごとくきりかかった!
勇者は180のダメージをうけた!!
勇者「・・・くそ・・・」



721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:35:23.44 ID:LBRS+ymp0

大佐「くそがああああああ」
大佐はたおれた!
魔王「はあ・・・はあ・・・くそ・・・」
中佐「今だ!全員でたたみかけろ!!」
手下達「うおおおおおおおおおお!!!」
魔王「ちくしょうがあああああ!!!」



724:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:38:42.01 ID:LBRS+ymp0

あーちなみに手下の番号は若くなるほど階級が上って感じの設定に一応してます

勇者「・・・はあ・・・はあ・・・」
勇者「・・・くそ・・・」
手下1「勇者様」
魔子「勇者さん!!」
勇者「・・・ああ、大丈夫だ、久しぶりの戦闘でちょっと疲れただけだ」
手下1「MPが0では回復もできないでしょう、中級の呪文ですが」
手下1は回復の呪文を唱えた!
勇者は回復した!
勇者「さんきゅ、だいぶ楽になった」
手下1「・・・これで私のMPも0です」
勇者「・・・正直きついな」
手下1「・・・とにかく急いで魔王様に加勢しましょう」
勇者「だな、魔子ちゃんも行こう、事情は行きながら説明するから」
魔子「はい!」



730:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:47:36.41 ID:LBRS+ymp0

魔子「・・・」
手下1「というわけなんです、今までの数々のご無礼、お許しください」
魔子「・・・」
勇者「・・・魔子ちゃん」
魔子「・・・勇者さんには謝った?」
手下1「・・・え?あ、はあ・・・」
魔子「お父さんにももう1回ちゃんと謝ってね?」
手下1「・・・それはもちろんです」
勇者「・・・」
魔子「じゃあ、許します!」
手下1「・・・魔子様・・・」



739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 03:55:13.80 ID:LBRS+ymp0

魔子「・・・けど」
勇者「ん?」
魔子「・・・仕方ないとは言え、お父さんの配下だった人たちに手をかけなきゃいけないんだね・・・」
勇者「・・・」
手下1「・・・彼らは今、軍部のために、動いています」
手下1「・・・もう、止まりません」
手下1「いえ、止まれないんでしょう」
手下1「命令に背けば・・・殺されますから」
勇者「・・・なんか、戦争みたいだな」
魔子「・・・」
手下1「・・・戦争は終わっていなかった、ということでしょう」
勇者「・・・」
魔子「・・・」



752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:04:26.04 ID:LBRS+ymp0

魔子「・・・手下1さんも」
手下1「・・・?」
魔子「殺されるの?」
勇者「・・・!・・・」
手下1「・・・」
魔子「・・・」
手下1「・・・元より、その覚悟はできています」
勇者「・・・」
魔子「・・・」
手下1「・・・急ぎましょう」



755:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:12:52.55 ID:LBRS+ymp0

少佐「ぐあっ」
少佐はたおれた!
魔王「はあ・・・はあ・・・」
手下34「そんな・・・大佐に続いて少佐までも・・・」
手下35「強い・・・化け物だ・・・」
魔王「・・・はあ・・・はあ・・・もう・・・やめろ・・・」
魔王「・・・今からでも・・・はあ・・・はあ・・・やり直せる・・・」
魔王「もう・・・やめよう・・・」
少佐「・・・言ったでしょう・・・我々は・・・もう止まれないんだ・・・!」
魔王「!?」
少佐「・・・魔王軍・・・バンザイ・・・」
少佐は自爆の呪文を唱えた!
魔王「!!!」



770:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:29:10.89 ID:LBRS+ymp0

手下34「やったか!?」
魔王「・・・・・・ぜえ・・・ぜえ・・・」
手下35「・・・ま・・・まだ生きてる・・・」
魔王「・・・ぜえ・・・ぜえ・・・」
中佐「何をしている!やつはもう虫の息だ!殺せ!」
中佐「真の魔王軍を作るためだ!!」
中佐「いけ!!」
手下34「う、うおおおおおお!!」
手下35「魔王軍バンザアアアアアアイ!!!」
魔王「・・・ぜえ・・・ぜえ・・・くそ・・・!」
勇者はせいけんづきをはなった!
手下34「ぐあ!」
手下35「ぎゃああ!!」
魔王「!?」



773:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:32:16.98 ID:2Dbkg+9BO

いいね!完全に課題あきらめたポイwww



776:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:34:36.01 ID:gKW1ITieO

>>773
マジ課題とかそういう単語出すとかないから
課題って書いてあるの見て、課題のこと思い出して課題やりだしたらどうするの?
なんで課題とか言っちゃうのそこんとこ考えてから課題とか言おうよ



778:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:37:28.66 ID:2Dbkg+9BO

>>776
ごめん、悪かった
でもオマエも6回言ってるぞwww



783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:43:44.58 ID:qvz58q4n0

>>776
悔しい



784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:44:24.84 ID:LBRS+ymp0

勇者「お前の仲間が呼ばれてきたぜ」
魔子「お父さん!!」
手下1「申し訳ございません、遅くなりました」
魔王「・・・貴様ら・・・」
勇者「・・・ずいぶんぼろぼろだな」
魔王「・・・遅すぎだ」
魔子「お父さん・・・大丈夫!?」
魔王「・・・ああ」
手下1「・・・申し訳ございません、MPが0で回復呪文も唱えることができなくて・・・」
勇者「・・・お前回復呪文使えばいいじゃん」
魔王「・・・もうMPがほとんど残っていないんだ」



789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:54:39.49 ID:LBRS+ymp0

残念ながら先ほどから課題もやりつつやっておるのだw
こっちの手を抜く気は毛頭ない

中佐「くそ・・・貴様勇者だな!」
中佐「それに手下1!・・・貴様の計らいか・・・裏切ったな」
手下1「・・・私の主君は初めから魔王様です」
中佐「ふん!愚か者め!我々の理想国家誕生は目前だというのに!!」
手下1「・・・」
中佐「まあいい・・・どの道裏切り者も処刑だ!」
中佐「お前ら!援護しろ!おれがやる!」
手下達「はっ!」
中佐「魔子様は殺すな・・・我々の理想国家に必要なお方だ・・・!!」
魔子「・・・!!」



791:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 04:57:19.93 ID:Q7mURybB0

佐官はいるのに将官はいないのかな



793:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:08:09.21 ID:LBRS+ymp0

勇者「魔子ちゃん、お父さん連れて下がってな」
手下1「私たちがお守りします」
魔王「・・・待て・・・おれも・・・」
勇者「おっさんは無理すんなよ」
魔王「・・・お、おっさ・・・」
手下1「少しお休みになられていてください」
魔王「・・・」
中佐「死ね!!!」
勇者「よし、やるか」
手下1「はい」



796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:12:13.60 ID:LBRS+ymp0

>>791
将官ね、考えたんだけどなんかワンピースのイメージが
頭から抜けなくなってやめたw

課題おわた
ちょっとシャワー浴びてくる
疲れた
シャワー浴びてちょっと投下したら今日は終わらせてもらうわ・・・



797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:13:21.10 ID:Xedbn6JR0

乙~サッパリしてきな



803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:22:14.31 ID:vyP+zpVq0

こりゃ次スレがいるな・・・



809:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:37:41.77 ID:LBRS+ymp0

ただいま
やっぱ次スレいる?
このスレで終わらせる予定だったんだけどなー
とりあえずさくさくいくか

勇者のこうげき!
中佐に98のダメージ!
手下1のこうげき!
中佐に58のダメージ!
中佐「くそ・・・」
中佐ははげしいほのおをはいた!
勇者は35のダメージをうけた!
手下1は40のダメージをうけた!



810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:43:16.40 ID:LBRS+ymp0

勇者「こいつやられキャラな顔してるくせに意外と強いな・・・」
手下1「中佐です、気を抜かないでください」
中佐「・・・ふん、勇者め魔王の味方をするとは・・・」
中佐「・・・一緒の牢に入れられて情でも移ったか!」
中佐「気が狂ってるとしか思えんな!」
勇者「・・・いちいちむかつく野郎だ」
勇者のこうげき!かいしんのいちげき!
中佐に300のダメージ!!
中佐「ぐあああああああ!!」
中佐はたおれた!
勇者「・・・」



812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:49:45.65 ID:LBRS+ymp0

手下1「私の出番はほとんどありませんでしたね」
勇者「んなことねーよ」
手下37「おい・・・中佐もやられたぞ・・・」
手下38「そんな・・・幹部が全滅なんて・・・」
勇者「え?幹部ってこいつだけ?」
手下1「残りは魔王様がやってくれたんでしょう」
勇者「・・・やっぱ強いな、あいつ」
手下37「う・・・うわああああああああああ!!!!」
手下38「!?おい!?」
勇者・手下1「!?」
手下37「魔王軍バンザアアアアアアアアイ!!!!」
手下37はまじんのごとく魔王にきりかかった!
魔王「!?」
魔子「お父さん!!」
勇者「魔王!!」



818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:57:39.70 ID:LBRS+ymp0

手下1「・・・・・・」
魔王「・・・!!!・・・」
なんと手下1が魔王の前ににおうだちをした!!
手下1に180のダメージ!!
手下1はたおれた!!
手下37「はは・・・はははは・・・」
手下37は不気味に笑いちからつきた・・・
魔王「手下1!!!!!!」
魔子「手下1さん!!!」
勇者「おい!!」
手下1「・・・」



819:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 05:59:33.28 ID:LBRS+ymp0

魔王「手下1!お前・・・どうして・・・」
手下1「・・・わ・・・たしは・・・まおう・・・さまに・・・」
手下1「つかえる・・・ものですから・・・」
手下1「・・・とう・・・ぜんです・・・」
魔王「・・・!!・・・」
魔子「手下1さん!」
手下1「・・・・・・ああ・・・そう・・・だ」
魔王「・・・?」
手下1「・・・まこ・・・さまと・・・まおう・・・さまに・・・」
手下1「あや・・・まるやく・・・そくを・・・していたんだ・・・った」
魔子「・・・!!」
手下1「・・・・・・ま・・・おうさま・・・」
魔王「もういい!喋るな!」
魔子「いいよ!そんな約束!もういいから喋らないで!!」
手下1「・・・もう・・・しわけ・・・」
手下1「あ・・・り・・・ません・・・でし・・・・・・」
手下1「・・・・・・」
手下1はいきたえた・・・



821:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:02:07.54 ID:LBRS+ymp0

魔子「手下1さん!!」
魔王「おい!!手下1!!」
勇者「手下1!!!」
魔子「・・・ぐす・・・そんな・・・」
魔王「おい!起きろ!!死ぬな!!」
勇者「手下1!!!」
魔王「おい!!命令だぞ!!起きろ!!」
魔子「ぐす・・・ぐす・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
魔子「・・・ぐす・・・」



826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:06:50.53 ID:LBRS+ymp0

魔子「ぐすっ・・・うぅ・・・」
魔王「・・・」
魔子「うぅ・・・うぅ・・・ぐすっ」
魔王「・・・」
勇者「・・・いいやつだったな」
魔王「・・・ああ、最高の側近だった」
魔王「・・・一度でも疑った自分が・・・」
魔王「・・・恥ずかしい・・・ほどにだ・・・!!」
勇者「・・・」
手下38「くそ・・・」
手下38「みんな突っ込め!!軍部のために死ぬんだ!!」
勇者「!!」
魔王「!!」



829:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:13:57.17 ID:LBRS+ymp0

手下達「うおおおおおおおお!!」
勇者「まだやんのかよこいつら!!」
魔王「・・・もう後には引けんのだ」
勇者「狂ってやがる・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・畜生、おれなんて最初からMP0でここまできたんだぞ!もう限界だよ!」
魔王「ふん、とにかくやるぞ」
勇者「くそったれ・・・」
王国兵1「突入!!」
王国兵達「おおおおおおおおおおお!!」
手下達「!!??」
魔王「今度はなんだ!?」
勇者「しめた!王国の援軍だ!!」



836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:23:25.61 ID:LBRS+ymp0

王国兵1「制圧完了です!」
兵士長「ああ、ごくろう」
勇者「・・・ども」
兵士長「・・・お久しぶりです、勇者殿」
勇者「随分突入が遅かったじゃねーか」
兵士長「申し訳ありません、デモを抑えるのに手こずりまして」
勇者「・・・・・・そっか」
兵士長「・・・そのご様子ですと、デモのことはご存知でしたか」
勇者「・・・まあな」



839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:32:44.90 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・」
兵士長「・・・王国で王が待ちかねております」
勇者「・・・」
兵士長「・・・」
勇者「・・・」
兵士長「・・・勇者殿、王は」
勇者「・・・もういいよ」
勇者「戦争は終わったんだ」
兵士長「勇者殿」
勇者「帰ってしもふりにくとちからのたねいりパンと」
勇者「まもりのたねいりスープとパンプキンパイを食べたい」
兵士長「・・・勿論、ご用意しましょうw」
勇者「パンプキンパイはトロトロのやつな」
兵士長「そのようにw」



841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:36:27.81 ID:LBRS+ymp0

勇者「ああそうだ」
兵士長「?」
勇者「魔王と魔子ちゃんは・・・」
兵士長「王から、丁重におもてなししろ、と仰せつかっております」
勇者「・・・よろしく」
兵士長「はっ」

勇者「・・・」
勇者「・・・」
勇者「・・・あいつどこ行ったんだ?」



842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:38:59.68 ID:LBRS+ymp0

勇者「お父さんは?」
魔子「きっと手下1さんのところにいると思います」
勇者「・・・そっか」
魔子「・・・はい」
勇者「・・・ちょっと行ってくる」
魔子「・・・はい」



843:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:41:06.49 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・よ」
魔王「・・・おう」
勇者「・・・終わったな」
魔王「・・・ああ」
勇者「・・・」
魔王「・・・」



846:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:43:53.35 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・本当は」
勇者「?」
魔王「・・・おれが謝るべきだった」
魔王「・・・一度でも疑ってすまないと」
勇者「・・・」
魔王「・・・おれが・・・」
魔王「・・・謝るべきだった」
勇者「・・・」



848:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:47:19.98 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・先行ってるぞ」
魔王「・・・ああ」
勇者「・・・しばらくしたら、来いよ」
魔王「・・・ああ」
勇者「・・・帰ったら」
勇者「・・・酒、飲もうな」
魔王「・・・ああ」



851:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:50:52.30 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・」
勇者「・・・あれ?」
勇者「その子どうしたの、魔子ちゃん」
魔子「うん、魔族の子供・・・」
勇者「へえ・・・」
子供「・・・」
魔子「迷子になっちゃったのかな?」
子供「・・・」
勇者「きっと広場に親とでも来てたんだろうな」
子供「・・・」
勇者「一緒に親探すか」
魔子「ありがとうございます、勇者さん」
子供「!」
勇者「なーにいいってことよ」
子供「ゆうしゃ・・・」



854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:53:52.80 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・手下1」
魔王「・・・ありがとう」
魔王「・・・おれは」
魔王「生きるよ」
魔王「・・・」
魔王「・・・!・・・」
王国兵2「・・・」
魔王「・・・?」
王国兵2「魔王だな・・・?」
魔王「・・・そうだが」



855:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:54:30.00 ID:vyP+zpVq0

あぁ・・・



862:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 06:57:28.90 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・?」
魔子「そうだよ、この人はね、勇者さんって言ってね・・・」
子供「ゆうしゃ・・・」
子供「・・・お父さんを・・・」
子供「・・・ころしたやつ・・・」
勇者「・・・!!」

王国兵2「・・・おれの親父を覚えているか」
魔王「・・・?」
王国兵2「昔・・・!」
王国兵2「お前が・・・」
王国兵2「・・・殺した元王国兵だ!!」
魔王「・・・!!」



866:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:00:41.04 ID:LBRS+ymp0

子供「ゆうしゃ・・・」
子供「・・・かたき・・・」
子供「おとうさん・・・」
子供「・・・ばんざい・・・」
勇者「!魔子ちゃん!離れろ!!」ドン!
魔子「きゃあ!!」
魔族の子供は自爆の呪文を唱えた!
子供「ばんざい」



868:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:03:16.05 ID:LBRS+ymp0

王国兵2「・・・王が許しても」
王国兵2「・・・勇者様が許しても」
王国兵2「おれはお前を許さない・・・」
王国兵2「許さない!!!」
魔王「・・・!!」
王国兵2はまじんのごとくきりかかった!
王国兵2「うわあああああああああああああ!!」



874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:06:35.29 ID:LBRS+ymp0

決して死にたかったわけじゃない。
むしろ生きていこうと思っていた。

生きていこうと思っていた。

避けようと思えば避けることはできた。
けれど。



避けてはいけないんだと思った。
受けなければならないのだと。

おれはたくさんの命を奪ってきたのだから。
裁かれなければならない。

そう思った。



880:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:12:12.81 ID:LBRS+ymp0

翌日、××王により戦争の終結と条約の破棄が発表された。

同時に魔王国復興の全面支援を宣言。

魔王国の軍部は廃止され、××王国指導の下、平和な国づくりが目指される。

魔子が王位を継がなかったため魔王国は議会主義の国家となった。

世界には束の間の平和が訪れた。



883:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:14:49.65 ID:9/V8GlOe0

束の間?



884:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:15:20.87 ID:LBRS+ymp0

魔王「くっ・・・やるな勇者め・・・」
魔王「だがここでやられるおれではないわ!!」
魔王「手下よ!集え!!」
魔王はなかまをよんだ!
しかしだれもあらわれなかった!!
魔王「・・・・・・え?」
勇者「・・・」



885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:18:18.81 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・」
魔王「・・・どうした!手下よ!!」
勇者「・・・」
魔王「集え!!」
魔王はなかまをよんだ!
こえがむなしくこだました!!
魔王「・・・何故だ・・・!?」
勇者「・・・そろそろ倒してもいいかな」



888:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:21:09.10 ID:LBRS+ymp0

>>883
長い歴史で見ると、束の間ってことです
だってしょっちゅう新しい魔王出てくるじゃんw

魔王「くそっ・・・何故だっ・・・!!」
勇者「お互いあまり体力も残ってないんだ、さっさと終わらすぞ」
魔王「くそ・・・集え!聞こえないのか!!集え!!」
魔王はなかまをよんだ!
手下1があらわれた!!
勇者「!!」
魔王「やっと来たか!何をしていた!!」
手下1「・・・」
魔王「まあいい!!勇者を倒すぞ!!」
勇者「・・・しまった・・・」
手下1「・・・魔王様」



891:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:23:31.55 ID:LBRS+ymp0

魔王「なんだ!」
手下1「喧嘩にわざわざ私を呼ばないでください・・・」
魔王「喧嘩じゃない!これは決闘だ!」
手下1「それにしたって2対1は卑怯です」
魔王「・・・ぐ」
勇者「だってさwさあ!そろそろ決着をつけるぞ!」
魔王「ふん!望むところだ!!」
手下1「ふふw」



892:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:24:35.43 ID:vyP+zpVq0

なんと!!?



894:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:25:09.32 ID:dvpMuL+2O

うおおおおお!



896:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:25:59.66 ID:LBRS+ymp0

勇者「あー」
魔王「・・・」
勇者「勝ったー」
魔王「ふざけるな!結局2人ともダウンだったろ!!」
勇者「お前のほうが早く膝ついたろ・・・」
魔王「貴様のほうが倒れるの早かっただろ!」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「もーどっちでもいいや・・・」
魔王「・・・ふん」



899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:28:31.39 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「あーさて!酒でも飲むか!!」
魔王「・・・」
勇者「なんだ?まだ怒ってんのか?」
魔王「・・・」
勇者「おーい」
魔王「・・・勇者」



902:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:32:20.69 ID:LBRS+ymp0

魔王「勇者、もういい」
勇者「あ?」
魔王「あっちに帰れ」
勇者「・・・なにを急に・・・」
魔王「貴様はまだこっちに居座るべき者じゃないだろ」
勇者「・・・な、なにを・・・」
魔王「いつまで居る気なんだ・・・?」
勇者「・・・」
魔王「ちゃんとわかってるんだろ?」
勇者「・・・」
魔王「・・・お前の帰りを待っている者達はたくさんいるはずだぞ」
魔王「・・・・・・魔子も・・・な」
勇者「・・・」



905:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:34:42.53 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・けど」
魔王「お前とは十分に酒も飲んだ」
魔王「語らった」
魔王「戦いもした」
勇者「・・・だったらお前も・・・!」
魔王「・・・おれはもう帰れない、それもわかってるはずだ」
勇者「・・・」
魔王「それに」
魔王「ここには手下1がいる」
魔王「1人じゃない」
勇者「・・・」



909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:37:59.99 ID:LBRS+ymp0

>>905二行目ミス「お前とはじゃなくて「貴様とは、ですorz

魔王「大体あれだ」
魔王「勇者が魔族の子供の自爆で死ぬなんて情けなさ過ぎるだろう」
勇者「・・・うるせえ」
魔王「・・・貴様は裁きを受けた」
魔王「だがまだ落ちていない命を無理に落とす必要はないだろう?」
勇者「・・・」
魔王「・・・」
勇者「・・・」
魔王「・・・勇者」
勇者「・・・・・・わかったよ」



913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:40:17.06 ID:LBRS+ymp0

魔王「別れは言わんぞ」
手下1「またいつかお逢いしましょう」
勇者「ああ」
魔王「すぐに帰ってくるなよ」
勇者「縁起でもないこと言うな!」
魔王「・・・相変わらずユーモアがないな」
手下1「あははw」
勇者「・・・うるせえ」
魔王「ふんw」
勇者「・・・手下1」
手下1「はい」
勇者「魔王の相手、よろしくな」
手下1「もちろんです、側近ですから」



917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:42:05.98 ID:LBRS+ymp0

勇者「・・・じゃあ」
魔王「ああ、そうだ」
勇者「あ?」
魔王「・・・これを魔子に渡してやってくれ」
勇者「・・・これは」
魔王「間違えてこっちに持ってきちまったんだ」
勇者「・・・ちゃんとあっちに持っていけるかな」
魔王「なんとかなる」
勇者「・・・」
魔王「・・・この炎からいつもお前を見守ってるって・・・伝えといてくれ」
勇者「・・・わかった」



920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:44:31.52 ID:LBRS+ymp0

魔王「・・・・・・娘をよろしく頼む」
勇者「・・・ああ」
手下1「・・・いってらっしゃいませ」
魔王「またな」
勇者「・・・ああ、またな」


魔王「・・・待ってるぞ」
魔王「・・・親友よ」



921:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:48:29.64 ID:LBRS+ymp0

勇者「今日はいい天気だなー」
魔子「・・・♪」
勇者「どした?」
魔子「ふふ、最近こうやって勇者さんとデートしてるとね」
勇者「うん」
魔子「このガラス球がいつもより熱くなる気がするんだよね」
勇者「熱く?」
魔子「うん、まるでお父さんが怒ってるみたいにw」
勇者「・・・え」
魔子「あっちでメラメラ怒ってるのかもねー♪」
勇者「・・・おいおい、勘弁してくれよ」
魔子「怖いの?勇者でしょ?」
勇者「別に怖いとかじゃねーよ!!」



922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:52:46.90 ID:LBRS+ymp0

魔子「じゃあ今度結婚すること報告してみたら?」
勇者「・・・・・・ガラス球にか・・・?」
魔子「・・・やっぱ怖いんだw」
勇者「だからそんなんじゃないって!!」

それから約10年後・・・
人間と魔族のハーフの子供が冒険を繰り広げることになるのだが。
それはまた別のお話。


魔王「結婚だと!?」
手下1「まあまあ」

おしまい



924:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:53:30.09 ID:Xedbn6JR0

乙!!最高におもろかったぜ!!



929:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:54:25.77 ID:tiJ9pJXgO

乙ー!いい話だった!



930:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:54:29.36 ID:LBRS+ymp0

おわりだ!!
読んでくれた人、保守してくれた人、本当にありがとう!!
穴だらけの文章だろうが本当にありがとう!!

多分寝る!!



931:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:54:44.59 ID:uuTigqfq0

ありがとう~よかったわ~!
これで今日も一日がんばれそうだわ



932:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:55:28.52 ID:OErw9N15O

最後ハイペースだなw
>>1乙!



934:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:55:46.21 ID:9/V8GlOe0

お疲れ様!



940:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 07:57:47.77 ID:n9CEWnNH0

寝る前に何故勇者だけ生き返れたのか教えてくれ。

教会か?
やはり教会なのか?
だから、魔族は駄目なのか?



947:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 08:04:52.62 ID:LBRS+ymp0

>>940
勇者も魔王もHPがほとんどない状態で自爆とまじんぎりを受けた
魔王→王国兵2というまあ階級はかなりいい強い兵士のまじんぎり→めちゃめちゃ大ダメージ
勇者→子供のメガンテ→自爆だからバカにはできんが威力はあんま強くない

結果として魔王は死んで勇者は死なずに昏睡状態になってたのね。
で、勇者は魔王と遊びたくて死の世界にいたわけだが完全に死んだわけじゃない。
でも長く居すぎるとほんとに戻れなくなる。
魔王「はよ戻れ」
みたいな感じ。
要するに勇者は完全に死んでいたわけではなかったのだ、という設定でかいてた。
ちょっと無理あるなw



942:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 08:00:09.61 ID:w8wfaaqrO

ちょうど今読み終えた
>>1お疲れ



946:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 08:03:31.77 ID:I15q/9OsO

こういう読み物で涙腺刺激されたのは初めてだ。
面白かった!乙!



948:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 08:08:37.36 ID:qUMenpDYO

楽しかったよ1乙



950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 08:09:59.02 ID:QC4l14u8O

今読み終わった>>1
電車の中なのに笑いこらえたり涙でそうになったり大変だったわ

今日1日頑張れるよありがとう



957:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 08:24:06.53 ID:qHumZPWcO

乙~
久々に面白いのをよんだぜ



987:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:07:21.94 ID:/SnaU9YA0

これは乙といわざるを得ない
面白かった
単純なハッピーエンドじゃない辺りが特に



990:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:20:58.54 ID:cGz9x88B0

ksk



991:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:21:14.07 ID:cGz9x88B0

ksk



992:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:21:29.46 ID:cGz9x88B0

ksk



993:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:21:45.11 ID:cGz9x88B0

ksk



994:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:22:00.72 ID:cGz9x88B0

ksk



995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:22:16.47 ID:cGz9x88B0

ksk



996:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:22:32.34 ID:cGz9x88B0

ksk



998:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:22:56.08 ID:cGz9x88B0

ksk



1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/17(水) 10:23:11.83 ID:cGz9x88B0

ksk



1001:1001:Over 1000 ID:Thread

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://jfk.2ch.net/news4vip/


「魔王はなかまをよんだ!しかしだれも(ry」をマンガ化してみた


このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 噛
      • 2011年11月05日 01:53
      • 懐かしいな
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月05日 03:11
      • 死ぬ程感動した!!!!!

        エレ速の一番の醍醐味は秀作を発掘してきてくれるとこだな

        これからもこの調子で、是非頑張って下さい!
      • 3. あ
      • 2011年11月05日 03:15
      • 5 なつかしす


        PXIVで描かれた漫画もおもしろかったな
      • 4. ナナシ
      • 2011年11月05日 06:33
      • 5 懐かしいなぁ(゚∀゚*)
        これ、めっちゃ好きやったから嬉しい!
      • 5. あ
      • 2011年11月05日 06:41
      • これを待ってたんだよ!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月05日 08:52
      • また懐かしいモノを掘り出して来たなー
        スレタイで漫画版の絵が浮かんだわ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月05日 09:07
      • 今初めて読んだけど面白かったー
        ラストの展開すげーな
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月05日 11:15
      • 懐かしい
        漫画を描いてくれた人もいるから見てみるといいんじゃないかな
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月05日 12:17
      • 面白かったけど課題課題ほんとにうっせーな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月05日 14:40
      • スーパー又懐かしいものをシリーズ
      • 11. w
      • 2011年11月05日 20:31
      • 単芝がうざすぎる
      • 12. おちむちむ(の主に皮が)びろーん
      • 2011年11月05日 23:47
      • 三年前か…>>1はどうしてんのかな
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月06日 01:02
      • あれ、3年前って今気づいた…
        昨日もどっかの違うスレのまとめで3年前ってこと米欄見て気づいたんだよな

        なにはともあれ>>1時を越えて乙!
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年11月06日 01:21
      • なんだか見たことあるタイトルだと思ったら、案の定。

        まさか漫画化されるとは思わなかったよね
      • 15.  
      • 2011年11月26日 04:29
      • そんなに面白くもないし
        年の関係もあるけど>>1と周りがかなりうざったいから
        お前らめちゃくちゃ嫌いそうなスレだと思ったんだがな
        相変わらずわからんな
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2011年12月26日 02:22
      • 誤解が解けて分かり合うっていいよね
        こういうのは恋愛ものより友情もののほうが感動する
        ものすごく俺得なSSだった
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2012年01月12日 07:20
      • 良かったけどちょっと草生やしすぎかな
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2012年06月07日 14:07
      • 漫画化されてたのかよこれ

        俺がSSにハマったたぶん最初の作品だわ。すげー懐かしい
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年06月05日 21:42
      • 勇者がクズくせえ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年01月12日 02:53
      • 話はまあ面白かったけどwの使い方がおかしくて所々不自然になってたな。
        あと古い作品だから仕方ないのかもしれないけどテンプレ過ぎてそこまで感動できなかったしギャグもいまいち笑えなかった。
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年03月06日 05:56
      • 5 かなり良い作品だった

        勇者の魅力を引き出せてないけどまあそれはそれで
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月19日 12:50
      • 面白かったよ
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 20:00
      • スレタイ見たときは人望のない魔王と部下たちが織り成すコメディだと思ったのに
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月21日 21:43
      • 感動したけど、幼い子供が自爆で死亡したっぽいってのが個人的には後味悪いな…。
        孤児として復讐心を抱きながら生きるよりは救われたのかもしれんが、結局犬死だったし。いや、勇者が生きてた事自体は良かったんだけど。
        「子供の自爆だったから勇者が助かった」という事ならば、同様に子供の不完全な自爆だからこそ、子供も一命を取り留めてたとか、そういうわけにはいかなかったのかな。
        ついでに、最後に親友&その側近と再開させてくれてありがとう、と、勇者が療養中の子供にこっそり礼を言うとか。

        その後味悪さ加減が、戦争の悲惨さを醸し出してて好きって人も多いかもしれないが、そもそも誰も子供の死を何とも思ってなくて「勇者生きてためでたしめでたし」で終わってるような感じがな…。
        せめて、もう少しフォローあっても良かったんじゃ…。
        技をあえて受け止めた勇者の態度から何かを感じて、魂が救われてたらいいが。
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年08月22日 09:36
      • 保守のレスとか課題がどうのとかいらんねん
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年09月28日 21:56
      • もうこれ7年以上前の作品なのか、早いなあ。

        外野の雰囲気も随分違うね。
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月13日 18:08
      • 5 いい話でした
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年07月24日 12:32
      • 余計なレスまで纏めなくてええと思うで
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年02月24日 14:48
      • 5 ああ良かった

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    新着コメント
    画像・動画
    • サターニャ「ねぇ、『発想の転換』って知ってる?」ラフィエル「(あ、サターニャさんの 覚えたての言葉でドヤ顔タイム だ)」
    • サターニャ「アイツにいじられなくなった」
    • サターニャ「アイツにいじられなくなった」
    • サターニャ「アイツにいじられなくなった」
    • サターニャ「ヤクルトを買ったわ!」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    • 彡(゚)(゚)「台湾旅行…?」
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ