TOP

森島「ひびきちゃんの秘密を暴き隊結成よ♪」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 21:43:05.57 ID:0PgRwHst0

森島「あっ、橘くんいいところに!」

橘「森島先輩?……どうしたんですかそんなに慌てて」

森島「ひびきちゃん見なかったかしら?」

橘「塚原先輩ですか?いえ、見てないですけど……」

森島「むむむ、橘くんでもダメか~」

橘「何かあったんですか?」

森島「あ、そうそう聞いてよ橘くん、最近ひびきったらね?昼休みになると忽然と姿を消しちゃうのよ!」

橘「そうなんですか?」

森島「そうなの!」

橘「まぁ、塚原先輩もそういう時があるんですよ」

森島「そんな理由じゃ納得できないもん!」


なぜあの人の話に納得してしまうのか



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 21:46:10.79 ID:0PgRwHst0

橘「もんって……そう言われても」

森島「とーにーかーくー!キミもひびきちゃんを探すのを手伝いなさい!」

橘「えぇっ!?」

森島「返答ははいかイエスしか認めません」

橘「そ、そんなぁ……」

森島「私とひびきちゃんとの蜜月を取り戻すのよっ!」

橘(蜜月……だと……?つまり……)ドキドキ

塚原「まったくもう……二年生の廊下でなに馬鹿なことを大声で叫んでるのよはるか」

橘「うわぁ!つ、塚原先輩!?」

塚原「橘くんにまで迷惑かけて……なんで顔を赤くしているの橘くん?」

橘「い、いえっ、なんでもないです!」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 21:49:08.33 ID:0PgRwHst0

森島「ひびきちゃーん!?」ダキッ

塚原「うわっ!?は、はるか?」

森島「もう~どこ行ってたのよ~!」グリグリ

塚原「ちょっとはるか、胸に頭をぐりぐりするのは……んっ」

橘「!!?」

森島「だぁ~ってぇ~寂しかったんだもん~」グーリグーリ

塚原「もうっはるか!いいかげんに……ぁっ……///」

橘「…………ゴクリッ」ジー

??「七咲ック!!」ドゴォッ!!

橘「ぐっはぁ!!」

森島「橘くん!?」

橘「桃源郷から一気に地獄へ連れ戻されたこの衝撃……一体誰が……」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 21:53:35.60 ID:0PgRwHst0

??「顔が職務質問されるレベルまで緩んでますよ先輩」

橘「お、お前は……!?」

森島「逢ちゃん!?」グリグリムニムニ

七咲「はい、こんにちは先輩方」

塚原「だから離れなさいって言ってるでしょ、はるか!///」ペチ

森島「あいたっ!うぅ~ひびきちゃんがぶった~」

塚原「もう、人が言ってるのにいつまでもやめないからでしょ」

七咲「何かあったんですか?」

塚原「さあ?私ははるかが二年の廊下で騒いでるのか聞こえたから……」

森島「そうなの!聞いてよ逢ちゃん、ひびきったら酷いのよ!」

七咲「はぁ……」

森島「最近お昼休みになると私を残して姿を消しちゃうのよ!」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 21:58:06.36 ID:0PgRwHst0

塚原「……」ピクッ

七咲「……」

森島「……」

七咲「……えっ?それだけ……ですか?」

森島「そうよっ」ムスッ

七咲「それは……まぁ、そういうときもあるんじゃないかと……」

塚原「そ、そうよはるか!たまたまよ、たまたま」

森島「む~……」

塚原「あ~私はちょっと職員室に行かなきゃいけないからまた後でねはるか、七咲!」

七咲「あ、はい」

森島「……」

橘(あれ?僕が七咲に蹴られたことってなかったことになってる……っていうか存在自体忘れられてる?)

七咲「さて、それじゃ私もそろそろ」

橘「あ、もうそんな時間か」

森島「むむむ……」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:03:09.98 ID:0PgRwHst0

七咲「どうしたんですか森島先輩?」

森島「あやしい……」

七咲「はい?」

森島「あやしいわ……これは秘密のにおいがするわ」

橘「何がですか?」

森島「ひびきちゃんのことよ!今のは明らかに何かを隠していた感じよ……間違いないわ」

七咲「なるほど……そう言えば逃げるようにいなくなりましたね」

橘(あれ?七咲乗っかるんだそこ)

森島「よーし、それじゃひびきちゃんの秘密を暴き隊結成よ♪」

七咲「はいっ!」

橘「……」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:08:22.63 ID:0PgRwHst0

森島「……橘くん、お返事は?」

橘「あ、やっぱり僕もなんですね……」ハァ

七咲「当然じゃないですか」

森島「改めて……ひびきちゃんの秘密を暴き隊結成よ♪」

七咲・橘「「おー!!」」

森島「とはいえもうそろそろお昼休みも残り少ないわね」

七咲「ええ、作戦会議はまた放課後にでも」

森島「そうね、それじゃ一先ず解散っ!」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:11:52.27 ID:0PgRwHst0

~2-A教室~

橘「はぁ、なんだか変な事になっちゃったなあ……」

梅原「よう大将、見てたぜ~」

橘「う、梅原……何の話だよ?」

梅原「またまた~、廊下であの森島先輩と仲良さげに話してたじゃないか」

橘「あ、あれは森島先輩が塚原先輩を探していてそれを聞かれただけだよ」

梅原「なんだよそんなことか……」

橘「一気に興味なくなったみたいだな」

梅原「いや、やっと大将にも春が来たのかと思ったんだがな」

橘「流石に森島先輩を僕なんかがどうこうできる筈ないじゃないか」

梅原「確かに……アレだけの魅力的な人だとこっちが尻ごみしちまうもんな」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:15:56.03 ID:0PgRwHst0

棚町「あ~ら、近くにこんなイイ女がいるってのにそんなに遠くの女が良いのかしら?」

梅原「お、棚町」

橘「なんだ、薫か……」

棚町「なんだ、って……長年連れ添ったというのに古い女にはもう興味がないって言うのね純一」

梅原「内助の功で陰日向に夫を支えてきたってぇのに酷い仕打ちだねぇ……」

棚町「いいのよ梅原君、この人と一緒になった時からこういう苦労は覚悟してたんだから……」

梅原「まったく、大将にも困ったもんだぜ、こんな事言ってくれる良い女がいるってぇのによ!」

橘「いつまで続くんだよその寸劇は……」

棚町「なによーノリ悪いわねー」

橘「対応に困るんだよ!なんなんだよその設定は、重すぎるだろ!」

棚町「ったく不満の多い男ねぇ……だったら新婚さんの設定にした方がよかったかしら?」

橘「そういう問題じゃないだろ……」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:21:21.65 ID:0PgRwHst0

田中「あはは、でも森島先輩ってほんと綺麗だよねー」

橘・梅原「「田中さん!?」」

田中「え!?な、なに!?」

橘・梅原((いたんだ……影が薄くて気付かなかった……))

田中「あ、なんか失礼なこと思ってない?」

梅原「そ、そんなことねぇよ!なぁ、大将?」

橘「う、うんそうだよな梅原!ははは、やだなぁ田中さん」

田中「む~、ならいいけど……」

棚町「そうよ~恵子、この2人とも恵子とならお付き合いしたいって日頃から言ってるんだから♪」

田中「ええええぇぇぇぇええ!?ほ、ホントに!?」

棚町「……ゴメン、ウソ」

田中「ぅう~酷いよ薫~」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:23:55.34 ID:0PgRwHst0

梅原「そうだぞ棚町、今のはちょっといかん」

棚町「だからゴメンって!でも驚いてる恵子が可愛くってつい」

田中「え!?か、可愛い?」

棚町「そうよ~きっと恵子は驚いてる時が一番輝いてるわよ!」

田中「えへへ、そっか~」

梅原(おいおい、ちょろすぎだろ……)

橘(ああ、田中さんの将来が本気で心配になってきたな……)

棚町「まぁその話は置いておいて、森島先輩といえば塚原先輩よね」

田中「うん、いつも一緒だよね」

梅原「塚原先輩か……森島先輩とは別の意味で近づき難いよなぁ」

橘「そうかぁ?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:28:19.85 ID:0PgRwHst0

棚町「うん、そんなことない感じよね?」

梅原「そりゃ大将は森島先輩経由だからいいけどよ……って棚町に接点あんのか?」

棚町「あ~、あはは……水泳の補修の時にお世話になってるから」

梅原「なんだそういうことか」

田中「でも私は梅原君の言うことがわかるかなぁ……アレだけ整った容姿で勉強も出来て水泳部でも部長やってて
   なんだか完璧!って感じでなんだか感覚的に遠い気がするなぁ」

橘「(ムッ)そんなことないよ、話をしてみると結構気さくだし」

梅原「ほ~」

橘「なんだよ梅原、何か言いたそうだな」

梅原「んにゃ別に、でもそんな感じだからファンも森島先輩までとはいわないが相当いるって話だが
   存在自体は隠れファンになっちまってるって話だぜ?」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:31:44.04 ID:0PgRwHst0

橘「えぇ!?そ、そうなのか?」

梅原「ああ、流石に畏れ多くてお近づきになるのをどうしても躊躇っちまってるらしい」

橘「へ、へ~……」

梅原「どうした大将、歯切れが悪いじゃねーか」ニヤニヤ

橘「そ、そんなことないぞ!」

棚町「ん~塚原先輩のことだと他の人の意見も聞いてみたいわね……あ、お~い絢辻さ~ん!」

絢辻「うん?呼んだかしら、棚町さん」

棚町「ちょっと聞いてみたいことがあって、塚原先輩のことは知ってるわよね?」

絢辻「ええ、それが何か?」

梅原「いや、今そんな話をしていたんだけど絢辻さんから見た塚原先輩ってどんな感じなのかなって」

絢辻「他人の話をその人がいないところでするのってあんまり……」

棚町「まーまーいいじゃない悪い話をしてるわけじゃないんだし」

絢辻「ならいいけど、んーそうね……やっぱり成績優秀で運動神経も良くてすごい方だと思ってるわ」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:34:30.29 ID:0PgRwHst0

梅原「やっぱりそういう評価か~聞けば聞くほど完璧超人だな」

田中「なんだか絢辻さんみたいだね~」

絢辻「やだ、そんなことないわよ///」

橘「うん、人格面がアレだ……いたっ!!」

棚町「うわっ!急に何よ純一」

橘「あ、あの絢辻さん?足を……」

絢辻「ん?どうしたの橘くん?」ニッコリ

橘「なんでもありません」

絢辻「そう?なら良かったわ」

橘「それとは別件ですが、お気付きでないでしょうが僕の足踏んでます絢辻さん」

絢辻「あら、ごめんなさい気がつかなかったわ。ごめんなさいね橘くん?」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:38:35.26 ID:0PgRwHst0

梅原「なんだよ大将ご褒美じゃないか」

絢辻「も、もう!何を言うのよ梅原君///」

橘「あ、あははは……(絢辻さんは裏表のない素敵な人……絢辻さんは裏表のない素敵な人……よし!自己暗示完了)」

棚町「それにしても塚原先輩ってほんと悪い評価聞かないわよね」

絢辻「そうね、それにすごく面倒見もいい方で尊敬できる先輩だと思っているわ、最近いろいろお世話になっているし」

橘「お世話?」

絢辻「ええ、創設祭のことでいろいろと相談に乗ってもらっているのよ」

田中「あ、そういえば去年は塚原先輩が実行委員長だったよね」

絢辻「そうなの、それでいろいろ企画についても協力してもらってるのよ」

橘「あ、ひょっとしてそれで最近塚原先輩はお昼休みに絢辻さんと会っていたの?」

絢辻「ん?お昼休みには会ってないわよ?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:42:25.57 ID:0PgRwHst0

橘「あ、そうなんだ……」

絢辻「そんなことよりもうすぐ午後の授業が始まる時間よ」

棚町「うぇ、もうそんな時間か~」

田中「そんな露骨に嫌そうな反応しなくても……」

梅原「うし、んじゃこのくらいにして席に戻るか」

橘「うん、そうだな」

橘(絢辻さんが創設祭の企画の相談か……何か引っかかるな)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:46:22.48 ID:0PgRwHst0

~放課後・屋上~

森島「それでは、『ひびきちゃんの秘密を暴き隊』第一回作戦会議を始めます!」

橘「はい」

七咲「はい!」

森島「それじゃ各自集めた情報を整理してみましょうか、まずは逢ちゃんから!」

七咲「はい、私は水泳部から情報収集をしてみたんですが特に有力な情報はなかったんですが一点気になることが」

森島「ほうほう」

七咲「森島先輩の前から姿を消し始めた日から誰もお昼休みに塚原先輩が何をしていたのかを知らないんです」

橘「なるほど……確かにそういう視点に切り替えるとすごく不自然だな」

森島「そうね、更に付け加えるなら3年生も水泳部と同じような感じだったのよ」

七咲「これは……」

森島「ええ、間違いない……ひびきちゃんは間違いなく『何か』を隠しているわ!」

七咲「ですね……」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:50:07.08 ID:0PgRwHst0

森島「よし、じゃあ次は橘くんね!」

橘「有力な情報は全くないんですが一点気になることが……創設祭実行委員のうちの一人に聞いた話なんですが
  どうやら塚原先輩に企画の相談を持ちかけられたらしいんです」

森島「むむむ、思いっきり初耳ね……これは怪しいわね」

七咲「ええ、水泳部のほうでもおでん屋台以外で何かをやるという話は一切聞いていません」

橘「つまり森島先輩にも水泳部にも告げず創設祭に向けて何かしらの準備を人知れず秘密裏に行っている……
  そう考えると一番しっくり来ると思うんです」

森島「そうね……けどそれがわかったところでまだひびきの尻尾すら掴めていないのよね~」

七咲「確かにそうですね…てn」

橘「やはり直接塚原先輩が昼休みにいる場所を特定しないことにはなんとも……」

森島「とはいえ心当たりは私が全部調べちゃったけどどこにもいないのよね~」

七咲「あ、それについてはいくつかの証言があるんですが」

森島「うん、聞かせて頂戴」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:53:35.82 ID:0PgRwHst0

七咲「はい、数名からの証言なんですが屋上で塚原先輩を見かけたということでした
   しかし、少し目を放した間にいつの間にかいなくなっていた、と……」

橘「それだけじゃなんとも言えないなぁ…………え、屋上?」

七咲「はい、しかしそれ以外の場所での目撃情報は一切ありませんでした」

森島「ふぅん、それはちょっと変な話ね……橘くんどうかしたの?急にそわそわしだしたけど」

橘「い、いえ!なんでもないです」

橘(屋上で何度か目撃されている……そして3年生であり校内のことはよくわかっている森島先輩の心当たりになく
  それでいて人目に付くことが考えられない場所、だって!?ま、まさか……!?)

森島「ん~ここで話し合っててもこれ以上の進展はなさそうねぇ」

七咲「そうですね、もう一度操作の基本の足を使って昼休みに調査してみましょう」

橘「そ、そうですよ!今までは森島先輩一人でしたが三人で探せば何か見つけられるかもしれませんし!!」

森島「わお!気合バリバリね橘くん♪」

橘「ははは、もちろんですよ!けどせっかく三人で探すんですしやはりばらけた方が効率がいいと思うんですが!!」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:54:27.77 ID:0PgRwHst0

森島「それもそうねぇ……それじゃ屋上は逢ちゃn橘「僕が行きますっ!!」そ、そう……ならお願いね?」

橘「はいっ!」

森島「なら逢ちゃんはプールとかの周辺お願いできるかしら?」

七咲「わかりました」

森島「で、私が校舎内を担当っと……それじゃ明日の昼休みはしっかり頼んだわよ二人とも!」

橘・七咲「「了解ですっ!」」

橘(たぶん間違いない……塚原先輩は『あそこ』にいるっ!)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 22:57:35.29 ID:0PgRwHst0

~次の日昼休み・秘密部屋~

橘(というわけで先行して昼休み開始直後に来た訳だけど……
  とりあえずお宝本がばれた様子はないみたいで良かった)

ガチャッ

橘(!?)

橘(あ、あれは塚原先輩……本当に来た!!)

塚原「ふぅ、そろそろはるかが本格的に疑い始めてるね。さりげなく撒くのに苦労したわ」

塚原「でも校内にこんな場所があってよかったわ……さ、流石に人前でこんな事練習できないし///」

橘(塚原先輩が頬を赤らめる人前では出来ない練習だって!?……い、一体何が始まるんだろう)ドキドキワクワク



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:00:27.30 ID:0PgRwHst0

塚原「ひーび♪ひーび♪ひびきーっ♪」

橘(!!?)

塚原「噛むンとフニャンフニャン♪フニャンニャニャン♪フニャン♪」

橘( ゚д゚) ・・・

塚原「噛むンとフニャンフニャン♪フニャンニャニャン♪」

橘(つд⊂)ゴシゴシ

塚原「噛む~とやわらかロッテのフィッツ♪フィッツ!!」ビシィッ
   _, ._
橘(;゚ Д゚) …!?

塚原「ふぅ……なんとか様になってきたわね」

橘( ゚д゚)ポカーン



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:03:41.52 ID:0PgRwHst0

塚原「えっ……」


   目と目が逢う~瞬間好きだと気付いた~♪
   「あなたは今どんな気持ちでい~る~の~?」♪
   戻れない二人だと分かっているけど~♪
   少しだけ~このまま瞳~そ~らさない~で~♪

塚原「……」

橘「……」

塚原「きゃあああああああああああああああああああああああああ!?///」

橘「うわあああああああああああああああああああああああああ!?」

塚原「た、たた、たち、橘くん!?///」

橘「ど、どうも……」

塚原「え?な、なんで?だってここは誰も……って、あれ?」

橘(なんかパニック起こしてる……可愛いな)

塚原「あのね?そのね?えっと……その、いつから……見てたのかな?」

橘「あ~……その、塚原先輩がここに入ってくるときから、です」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:04:12.07 ID:0PgRwHst0

風呂入ってきます



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:05:37.48 ID:MiG4eX0W0

保守して欲しいなら響ちゃんや森島先輩のエロ書きな!(キリ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:16:43.55 ID:zBOinUBv0

全力で保守



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:25:06.27 ID:0PgRwHst0

保守ありがとうございます



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:26:08.53 ID:MiG4eX0W0

保守したからきっとエロあるはず…
wktk…



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:30:10.73 ID:0PgRwHst0

塚原「」

橘「……先輩?」

塚原「もう……もう、いやぁ……」ポロポロ

橘(な、泣き出したーーーーーー!?)

橘「え、ちょ、つ、つかはらせんぱい?」

塚原「うっく、だれっにも見られたく、ないっておもっ……ひっく」

橘「わー、見てません!見てませんから!!」

塚原「らって……えぐ、いまっわたしが入ってくる、ところから見てた、って」

橘「あ、あれは……そう、ウソです!嘘ですから!!」

塚原「ぐすっ……」キョトン

橘(い、いけるか……?)

塚原「たちばなくんがわたしにうそついたあああぁぁぁあ!」ビャー

橘「悪化したー!っていうか論点変わってるーーー!!」



53:※エロはないです:2011/11/01(火) 23:33:48.06 ID:0PgRwHst0





橘「お、落ち着きましたか?」

塚原「う、うん……///ゴメンね?恥ずかしいところ見せちゃって」

橘「い、いえっ!その、僕も悪かったと思いますし……」

塚原「そんなこと……ないよ」

橘「それに……ほら、いいものが見れたというか……貴重な体験だったというか」

塚原「!?///」ボンッ

橘「あ……(し、しまった!)」

塚原「……ぅぅ///」

橘「そうだ……これ買ってきたミルクティーです、どうぞ……」

塚原「あ、ありがとう……」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:38:17.62 ID:0PgRwHst0

橘「……」

塚原「……」ズズッ

橘・塚原((き、気まずい……))

橘「あの……」

塚原「」ビクッ

橘「その、ここで一体何を?」

塚原「う……」

橘「あいや、言いにくいことなら別に!」

塚原「待って、そういうことじゃないのよ!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:41:34.34 ID:0PgRwHst0

橘「はぁ……」

塚原「その、まず誰にも言わないで欲しいんだけど……」

橘「え……森島先輩や七咲にも、ですか?」

塚原「橘くん、はるか達にバレちゃうのは絶対にダメ!あの娘達にこんな事知られた日には……」ウルッ

橘「あ、はい!わかりました、わかりましたから!」

塚原「ほんとうに?」

橘「はいっ誰にも言いません!(絢辻さんとの約束よりよっぽど穏便な話だし、まぁいいよな……)」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:42:47.65 ID:0PgRwHst0

~その頃~

森島「っくしゅ!」

夕月「うをっ!?汚っ」

飛羽「瑠璃子バリヤー成功」

森島「む~、風邪かしら?」

夕月「おい、その前に言うことあるんじゃねーか?」

森島「あはは、ゴメンゴメン」

夕月「ったく~」

飛羽「困ったものだ」

夕月「オメーもだよ」ビシッ

飛羽「……おぉ」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:43:54.89 ID:QMBCMMXq0

モリソン先輩のくしゃみ汚くねーよ...



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:44:10.87 ID:QMBCMMXq0

モリソンって誰だよ....



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:46:25.68 ID:0PgRwHst0

~もう一方もついでに~

絢辻「くちゅん!」

棚町「あら、可愛らしいくしゃみね」

絢辻「そ、そんな……///それよりご免なさいね、食事中に」

棚町「まぁ出るモンは出るし仕方ないでしょ」

田中「わわっ!あ、絢辻さん!?」

絢辻「ん?何かしら?」

田中「鼻血鼻血!鼻血でてるよ!」

絢辻「え……あっ!」

棚町「あ、こら!もうちょっと黙っときなさいよ恵子」ヒソヒソッ

絢辻「……何か言ったかしら棚町さん?」フキフキ

棚町「い~え~♪な~んにもー」

絢辻「ならいいけど」

田中(うぅ……なんか居心地わるいなぁ……)



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:50:52.94 ID:0PgRwHst0

~戻って秘密部屋~

塚原「ええと、ね?少し前に創設祭実行委員の人が来て
   『今年の創設祭は少し大変そうだから協力して欲しい』って言われて……」

橘(あ、これか絢辻さんが言っていたのは)

塚原「丁度その頃推薦で合格も出たすぐ後だったからこのタイミングは他の三年生のこともあるし……
   と思って一度は断ったんだけど」

橘「塚原先輩らしい気遣いですね」

塚原「あ、ありがとう///けどつい先週に絢辻さん……あ、キミと同じクラスだね
   あの子がどうしても塚原先輩に出て欲しい企画があるって直接交渉に来たのよ」

橘「それがあの踊り……ですか?」

塚原「う、うん……///」

橘「どんな企画なんですか?」

塚原「えっと確か……『ギャップ萌え選手権』だったかしらね?」

橘「ギャップ萌え選手権……ですか?(塚原先輩の為にあるような選手権だ!考えた奴は神か悪魔か……)」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/01(火) 23:56:31.72 ID:0PgRwHst0

塚原「そうなんだけどいまいち意味がわからなくって……とりあえず一緒にいた男子の実行委員に聞いて
   この踊りを当日お願いします、って……」

橘「な、なるほど……」

塚原「それで練習しようとしたんだけどやっぱり恥ずかしくて……隠れて出来る練習場所を探していたら屋上で南京錠の鍵をたまたま見つけて
   ……いい場所を見つけたと思ったんだけどね」

橘「う、すいません……」

塚原「別に橘くんが謝ることじゃないよ」

橘「……すいません」

塚原「ふふっ、もう。いいって言ってるのに……キミはいい子だね」

橘「そんなこと……(お宝本を隠してる秘密部屋だから気付きました、なんて言えない……)」

塚原「でも見つかっちゃった訳だしやっぱり校内での練習も難しいかな?」

橘「大丈夫です!なんだったら見張りでもして僕もお付き合いしますから!」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:01:02.68 ID:B4+eEecs0

塚原「橘くんが?」

橘「はい!」

塚原「そんなことしてもキミにメリットはないと思うけど……?」

橘「先輩の力になりたいんです!……迷惑でしょうか?(塚原先輩の可愛い踊りを独占で堪能できる……最高じゃないか!!)」

塚原「ううん、そんなことないよ……でもそれじゃ悪いし」

橘「そんなことありません!!(むしろ得しまくりですから!!!)」

塚原「ありがとう……でもやっぱり気が済まないから何か一つ私に出来ることなら何でもしてあげようか?」

橘「!?(なんでも……だと……?つまりキュッとしていながらもバインバインな塚原先輩にあんなことやこんなこt)」

塚原「あ、私に出来ることって言ってもその……え、エッチなのはダメだよ!?///」

橘「もちろんですよ!」キラッ

塚原「う、うん……///」

橘「う~ん……それじゃあ、今度の休み2人で遊びに行きませんか?」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:04:58.02 ID:BiHdTDlf0

塚原「……え、それでいいの?」

橘「はい!」

塚原「そっか……あ、もうそろそろお昼休みも終わりだね」

橘「あ……(ヤバイ!森島先輩たちと合流しないと……)僕ちょっと用事があるんで先に失礼します!」

塚原「うん、それじゃまたね」

橘「はい!」ダダダッガチャッバタン!

塚原「ふふっ、見つかったのが橘くんでよかった……2人っきりで出かけるくらいでいいなんて……って
   今度の休みってはるかと予定があったねそういえば……厄介なことにならなければ良いけど」

上崎(な、なんてこと……最近この部屋に橘くん以外の痕跡があると気付いて張り込みをしていたらこんな場面に……
   また橘くんが傷つけられちゃう!私が守らないと……!!)

美也(こんな場面を裡沙ちゃんに見られるなんて迂闊だよバカにぃに!……裡沙ちゃん暴走はみゃーが止めないと……!!)



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:09:31.63 ID:BiHdTDlf0

~廊下~

森島「さて、それじゃ報告を聞かせて頂戴!」

七咲「えっと……私のほうは特に進展なしです、すみません……」

森島「ありゃ、といっても私のほうも特に収穫はなかったわね~クラスメイトに色々聞いてみたんだけどね~
   それで、有力情報のあった屋上方面の報告を聞かせてもらいましょうか!」

橘「う……(しまった……ここをどう切り抜ければ……ありのまま報告する訳にはいかない、
  かといって全部すっとぼけても出かける約束なんかすぐばれるだろうし……)」

七咲「……先輩?」

橘「えっと……その、塚原先輩に屋上で遭遇しました!」

森島「なんですって!?」

七咲「そ、それで……?」

橘「えっと……色々あって今度の休みに2人で一緒に出かけることに……あれ?」

森島「……」ジトー

七咲「……」ジトー



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:13:29.62 ID:BiHdTDlf0

橘「ふ、2人ともどうしてそんな目で僕を……?」

七咲「最低です、先輩」

橘「えぇ!?」

森島「私の可愛いひびきちゃんに手を出すなんて……」

橘「ち、違うんです!」

七咲「大体そんな説明で誰が納得するって言うんですか」

橘「う……」

森島「そうよっ!ちゃんと説明して!」

橘「その……今回のことの調査の為に色々話をしていたら……そう!相談を持ちかけられたんでいい調査機会だと思ってですね」

森島「それじゃああのひびきちゃんのほうからそういう提案があったって言うこと!?」

橘「えっと……その……はい(そう言えなくはないよな?今回の場合は)」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:17:55.19 ID:BiHdTDlf0

七咲「……納得はいきませんが、まぁ塚原先輩が橘先輩に手篭めにされるなんてありえませんし大丈夫かと」

森島「むむむ……その日はひびきちゃんの誕生日で一緒にお出かけする予定だったんだけどなぁ……
   そういうことなら仕方ないけど当日は尾行させてもらうからっ!」

橘「は、はい……(何とか乗り切ったけど、これはこれで大変なことに……)」

七咲「最後に確認なんですが」

橘「うん?」

七咲「塚原先輩の弱みを握って脅した、とかじゃないですよね?」

橘「そ、そんなことするわけないだろ!?」

七咲「ぶっちゃけそれ以外塚原先輩が橘先輩とデートなんてことする理由が見つかりませんので」

森島「たしかに……というかひびきちゃんは男の子から誘われたりっていうのは高校じゃ初めてじゃないかしら?」

七咲「そうなんですか?」

森島「うん、あんなに可愛いのにこの学校の男の子は見る目ないわね~」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:25:29.26 ID:BiHdTDlf0

橘「でも人気はあるみたいですよね」

七咲「当然です!」

森島「当然じゃない!」

橘「うをっ!?」

森島「私が変な虫が付かないようにチェックは欠かしてないんだからっ!」

七咲「水泳部による『塚原先輩をそっと見守る会』は女子部員全員参加でバックアップしています」

森島「えっ」

七咲「えっ」

橘「なにそれこわい」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:29:43.51 ID:BiHdTDlf0

~2-A~

橘「はぁ、とんでもないことになっちゃった気がするなあ……」

梅原「よお大将、昼休み姿が見えないと思ったら戻ってくるなりため息とかどうしたってんだよ?」

橘「あ、梅原……(う~ん梅原に相談するべきか……?)」

梅原「おいおいどうしたってんだよ黙り込んじまって、何か悩み事か?」

橘「う、うん……た、例えば休みに女の子と一緒に出かけることになった場合どこに行くべきだと思う?」

梅原「な、なんだとっ!?誰だ!誰とデートだ!?言えっ!吐け!まさか森島先輩じゃないだろうな!?」

橘「ち、違うよ!例えばって言っただろ!?」

梅原「お、おうすまねぇ大将、取り乱しちまったようだ……」

橘「それでどこがいいかな?」

梅原「う~ん、そうだな……やっぱり無難にキビトランドじゃないか?」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:34:55.46 ID:BiHdTDlf0

橘「……う~ん塚原先輩が遊園地、きびにゃんと戯れる塚原先輩……うん、ありだな」ボソッ

梅原「うん?何か言ったか大将?」

橘「いや、別に何も……」

梅原「っとそろそろ時間だし俺は席に戻るぜ」

橘「うん、ありがとう梅原参考になったよ」

梅原「いいってことよ!んじゃまた後でな」

橘「うん、遊園地か……よしっ!」

棚町「……」ジー

絢辻「……」ジー

棚町「……」

絢辻「……」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:40:05.77 ID:BiHdTDlf0

~3-A~

塚原「あ、あの……ちょっといいはるか?」

森島「なぁにひびきちゃん?(来たわねっ!ちょっと探りを入れてみようかしら?)」

塚原「今度の休みのことだけど……その、別の用事が入っちゃって」

森島「む~……折角のひびきちゃんの誕生日に色々遊ぼうと思ったのに~」

塚原「ゴメンねはるか」

森島「……ひょっとしてデート?」ニヤリ

3-A男子全員「「「「」」」」ピクッ

塚原「そ、そんなんじゃないよ?……その、ちょっと大事な用事になっちゃって……だから///」

森島(赤面ひびきちゃんマジ天使!……っておい橘純一、マイエンジェルに何をしやがった返答次第じゃぶち転がすぞ)

塚原「……はるか?」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:44:32.75 ID:BiHdTDlf0

森島「えっ、あぁ……も~仕方ないわねひびきちゃん、この埋め合わせはちゃんとしてもらうからねっ」

塚原「それはもちろん、それと本当にゴメンね?」

森島「もうっ私とひびきの仲じゃない!ひびきちゃんが大事な用事って言うならそっちを優先するのが当然でしょ♪」

塚原「うん、ありがとうはるか……」

森島「しっかしひびきちゃんが誕生日デートね~」

塚原「もうっ、そういうのじゃないって言ってるじゃない!///」

森島「わかってるわよひびきちゃん……ちゃんと紹介してね?」

塚原「はるかっ!!///」

森島(ひびきちゃんもまんざらでない様子……やはりこれは当日気合を入れて尾行しないとダメね!)

塚原(うぅ……やっぱりコレってデート……なのかな///)



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:51:06.72 ID:BiHdTDlf0

~そして時は過ぎ当日~

橘(しかしあの塚原先輩とデートか……日がたつにつれてものすごく緊張したまま当日を迎えた訳で……)

塚原「おはよう橘くん、早いんだね」

橘「うわぁ!?」

塚原「ひゃっ!ど、どうしたのよ……」

橘「つ、塚原先輩!?」

塚原「う、うん……そうだけど……」

橘(し、しまった不意を突かれたせいで変な反応をしてしまった……まだ心の準備も出来ていなかたっていうのに)

塚原(え、何……何が起こったの!?ひょっとして私時間を間違えちゃったかしら?)



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:51:52.65 ID:YaJjF/Vq0

塚原先輩はかわいいなぁ!!



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:53:59.40 ID:BiHdTDlf0

橘・塚原「「あの……」」

橘・塚原「「!?」」

橘・塚原「「……先輩(橘くん)からどうぞ」」

橘・塚原「「あ……///」」

橘(し、しまった……タイミングが……)

塚原(う……どうしよう、先輩として余裕を見せるつもりがもう緊張してきちゃった……)

橘「……」

塚原「……///」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 00:58:43.34 ID:BiHdTDlf0

ヒュン……コ、コーン!

橘「あいたっ」

塚原「ど、どうしたの!?」

橘「何かがぶつかって……空き缶が二つ?」

塚原「え……頭に当たってなかった?ちょっと見せてみなさい」バッ

橘「え……」

塚原「……あ」

橘(うあ……塚原先輩がドアップに!?……や、やっぱり綺麗だな……)

塚原(と、とっさのこととは言えこの距離は……うぅ……///)

橘「だ、大丈夫です!軽く当たっただけですし」

塚原「そ、そう……///」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 01:05:13.10 ID:BiHdTDlf0

橘「そういえば塚原先輩私服なんですね……」

塚原「ふふっいきなりどうしたの、当然じゃない」

橘「そ、それもそうですよね!いやぁなんだかいつもと感じが違って新鮮だったんで」

塚原「そうかしら?……いつもと違って……どう……なの、かな?///」

橘「……そ、その……ですね」

塚原「うん……」

橘「か、可愛いと思います///」

塚原「そ、そっか……///」

橘「……///」

塚原「……こ、こんなところにいつまでもいても仕方ないしそろそろ行こうか?」

橘「そ、そうですね!」

塚原「それで、今日はどこに行くのかな?」

橘「えっと、遊園地なんですけど……いいですか」

塚原「遊園地か……しばらく行ってなかったし新鮮でいいかもね」

橘「はい!」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 01:10:32.05 ID:BiHdTDlf0

森島「やっと移動したわね……」

七咲「……はい」

森島「っていうかどういうことなの!?開始から初々しいカップルみたいなあの空気!?」

七咲「正直胸焼けするかと思いました」

森島「やっぱり橘くんは油断できないわね……あそこで空き缶投げてなかったらどうなっていたことか」

七咲「ええ、正直ナチュラルにセクハラしてくるあたり油断もクソもないと思いますが」

森島「そんなんじゃダメよ逢ちゃん!ひびきちゃんを橘くんの魔の手から守るんだから!」

七咲「ええ、その通りです油断せずに行きましょう」

森島「そうね、行くわよ逢ちゃん!」

七咲「はいっ」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 01:14:56.20 ID:BiHdTDlf0

棚町「ったく、アイツは最近どうも怪しいと思ったらこういうことだったのね」

絢辻「……ねぇ棚町さん?」

棚町「何よ?」

絢辻「何で私がここに連れて来られてるのかしら?」

棚町「じゅ、純一が不埒なことをしてないかの調査よ調査」

絢辻「それで私が連れてこられる意味がわからないんだけど?」

棚町「そんなこと言っちゃって~さっき空き缶投げつけてたのはどこのどなたかしら~?」

絢辻「あ、あれはその……塚原先輩みたいな方が彼の毒牙にかからない為に……」

棚町「ハイハイ、そういうことにして置いてあげるわ~」

絢辻「ぐ……」

棚町「あ、移動始めたみたいね、私たちも行くわよ!」

絢辻「わかったわよ、ここまできたらとことん付き合うわ……このイライラは道中できっちり解消することにしたから……!」

棚町(あれ?なんかスイッチはいった?)



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 01:18:17.27 ID:BiHdTDlf0

上崎「美也ちゃんそこをどいてっ」

美也「だめだよっ!にぃにがやっと先に進めるチャンスなんだから!」

上崎「そんなことを言ってまた橘くんが傷ついたらどうするの!?」

美也「今のにぃになら大丈夫だもん!裡沙ちゃんに邪魔はさせないんだから」

上崎「邪魔!?私が橘くんの邪魔なんてするわけないじゃない!私が橘くんを守るのっ!」

美也「裡沙ちゃんに守ってもらおうなんてにぃには思ってないもん!!」

上崎「なによ!」

美也「なにさっ!」

上崎・美也「「ふーっ!!」」

※上崎・美也ペアリタイア



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:26:48.42 ID:sHJUNpkK0

~キビトランド~

橘「流石休みだけあって人が結構いますね」

塚原「うん、そうだね」

橘「と、入場前で足を止めていても仕方ないし行きましょうか?」

塚原「そうれもそうだね」

橘「すいませーん高校生二枚お願いします」

スタッフ「あら……カップルさんですね」

橘「へ!?」

塚原「えっ!?」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:32:14.08 ID:sHJUNpkK0

スタッフ「今はカップル割引のキャンペーン中でしてお安く入場して更に乗り物券もおつけしているんですよ♪」

橘「そ、そうなんですか……塚原先輩?」

塚原「お、お得なら良いんじゃないかな?……橘くんの迷惑じゃなければ……///」

橘「迷惑なはずないじゃないですか!」

塚原「そ、そう?……ありがとう」

スタッフ(こいつらマジでバカップル一歩手前かよマジでウゼェ……リア充爆発しろ)ニコニコ

橘「それじゃ、その割引でお願いします」

スタッフ「はいっ、ありがとうございます!楽しんできてくださいね~(幸せそうな奴らはみんな○ねばいいのに)」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:36:36.56 ID:sHJUNpkK0

橘「それじゃどこから回りましょうか?」

塚原「う~んそうだね本当に久しぶりだから結構変わっていて……あ」

橘「なにかありましたか?」

塚原「えっと、その……笑わない?///」

橘「もちろんです塚原先輩のご希望に応えますよ」

塚原「う、うん……その、メ……」

橘「め?」

塚原「メリーゴーランド……だめ、かな?///」

橘(なにこのかわいいいきもの……)



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:41:15.80 ID:sHJUNpkK0

塚原「や、やっぱり高校生にもなってそれはないわよね!やっぱり別のに……」

橘「そんなことないです!僕も先輩と一緒に乗ってみたいです」

塚原「橘くん……」

橘「子供の頃以来なんですけど……きっと新鮮で楽しいですよ、先輩と一緒なら」

塚原「ぁ……うん、ありがとう……///」

橘「お礼を言われるようなことじゃないですよ、行きましょう先輩」

塚原「ええ!」ニコッ

橘「それで、どこに乗りましょうか?」

塚原「馬車なら2人で乗れるし良いんじゃないかな?」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:47:51.12 ID:sHJUNpkK0

橘「あ、いいですね!そういえば僕子供の頃馬にしか乗ってませんでしたし」

塚原「ふふっそうなんだ、男の子ってみんなそうなのかな?」

橘「大体僕の友達はそうでしたね、馬が取り合いって感じで」

塚原「そっかあ……」

橘(なんだか塚原先輩ご機嫌だな……足をぷらぷらさせててなんだかいつもより幼く見えるというか……かわいいな)

塚原「橘くん」

橘「なんですか?」

塚原「ありがとう……」

橘「別にお礼を言われることでは」

塚原「うん、でも言いたかったから」

橘「ど、どういたしまして?」

塚原「うんっ♪」



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:52:11.11 ID:sHJUNpkK0

森島「ちょっと逢ちゃんどういうことなの!?」

七咲「……ええ、ありえません」

森島「まさかひびきちゃんが……」

七咲「今のままでも魅力十分な塚原先輩が!」

森島・七咲「「まだアレほどのポテンシャルを秘めていたなんて……!!」」

森島「ちょっとこれは橘くんの行動に任せてひびきちゃんの観察に集中したほうが良さそうね」

七咲「賛成です、これは部会でも重要報告事項になりそうです」

森島「え……部会?」

七咲「部会です」

森島「そ、そう……」

七咲「はい」

森島(水泳部大丈夫なのかしらこの学校……)



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:56:17.40 ID:sHJUNpkK0

棚町「ほらほら恥ずかしがってないで行くわよ!」

絢辻「ちょ!?ほ、本気なの棚町さん!?」

棚町「本気も本気よ!尾行する以上こういうことはきっちりやらないと!」

絢辻「だ、だからってメリーゴーランドはちょっと……///」

棚町「大丈夫、問題ないわ!」

絢辻「問題しか見えないんだけど……」イラッ

子供「ねーねーおねえちゃんたちものるの?」

絢辻「お姉ちゃんたちはちょおっっと大事なお話してるからちょっと待っててね?」ニッコリ

子供「」ビクッ



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 09:59:18.01 ID:sHJUNpkK0

棚町「え……」

絢辻「あら?」

子供「ふ、ふえっ」

棚町「や、やば!」

絢辻「ちょっと待って!」

子供「ふぇぇえええええええええ!!」ビャー

棚町「ちょっと絢辻さん何子供泣かせてるのよ!?」

絢辻「わ、私は何もしてないわよ!?」

子供「びえええええええええええええええええええええええええ!!」

絢辻「……よし、逃げるわよ棚町さん」

棚町「ちょ!おまっ!?」

※棚町・絢辻ペアリタイア



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 19:51:03.08 ID:BiHdTDlf0

塚原「本当に久しぶりにメリーゴーランドに乗ったけど……うん、楽しかったな」

橘「本当ですね、なんだか童心に返ったような感じでテンション上がりますね」

塚原「ふふっ、そうだね」

子供「ふぇえええええええ!!」

塚原「あら?」

橘「小さい子が……どうしたんでしょうね?」

子供「うぇえええええん!!」

塚原「どうしたのかな?」

橘「近くに親御さんもいないみたいですしちょっと気になりますね」

塚原「そ、そうだね……よし!」

橘「先輩?」



271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 19:55:10.40 ID:BiHdTDlf0

塚原「どうしたのかな?」

子供「ひっく……こわいおねえちゃんが……ぐすっ、いたの……」

塚原「そのお姉ちゃんに何かされちゃったのかな?」

子供「ううん……そうじゃないけど、こあかったの……」

塚原「そうだったの……でももうそのお姉ちゃんはいないのよね?」

子供「うん……」

塚原「だったらいつまでも泣いてちゃだめだよ?ホラ、あそこにいるきびにゃんが見てるよ」

子供「え……あ、きびにゃんだ!」

塚原「いつまでも泣いてたらきびにゃんに笑われちゃうよ?」クスッ

子供「も、もうないてないもん!」



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 19:59:53.86 ID:BiHdTDlf0

塚原「うん、そうだね。あ、きびにゃんが呼んでるみたいだよ?遊んで欲しいんじゃないかな?」

子供「ほんとだ!わーいきびにゃーん!!」

橘「……お見事でした先輩」

塚原「よ、よかった泣き止んでくれて……」

橘「先輩?」

塚原「実は子供っていうのが苦手で……いつも怖がらせちゃうばかりだったんだけど、今回は上手くいって良かったわ」

橘「そうなんですか?すごく手馴れている感じで……お母さんって感じでした」

塚原「お母さんって……別にそんな年じゃないんだけど?」ジト

橘「や、その……なんだか子供のことをあやしている先輩がとても素敵なお母さんって感じで
  先輩にお子さんが出来たらその子はきっと幸せだろうなって思っただけで……」

塚原「子供が出来たら、か……ふふっまだそんなこと考えたこともなかったな」ニコッ

橘「!!」ドキッ



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:03:12.80 ID:BiHdTDlf0

塚原「それに普段から大きい手のかかる子供の面倒見ているようなものだからもっと慣れてないとおかしいのかもね」クスッ

橘「あ、あははは……」

塚原「でも子供には慣れておかないとって前から思っていたから、今回の件でちょっと自信が付いたかな?」

橘「子供に何かあるんですか?」

塚原「うん……私将来は小児科医になりたいって、目標なんだ」

橘「そうだったんですか……先輩ならきっといいお医者さんになれそうですね」

塚原「うん、ありがとう……折角遊びに来たのにこんな話してても仕方ないし次行こうか?」

橘「はい!」



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:06:09.83 ID:BiHdTDlf0

塚原「さっきは私の希望だったし今度は橘くんに決めて欲しいな」

橘「そうですか?それじゃ……『ファラオの謎』なんてどうですか?」

塚原「ホラーハウスか……うん、いいと思う」

橘「すごい仕掛けがあるって噂をよく聞いていたんで一度行ってみたかったんですよ」

塚原「そうなんだ、それは楽しみだね」

橘「はいっ、それじゃ早速行きましょう!」

塚原「うん」







278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:09:59.31 ID:BiHdTDlf0

~ホラーハウス~

塚原「結構雰囲気あるね」

橘「そうですね、かなり凝った作りになってますね……あ、足元危ないですよ」

塚原「わっ……確かにちょっと危ないね……」

橘「大丈夫ですか?」

塚原「うん大丈夫、ありがとう」

橘(そろそろ何か来るかな?)

ウヲオオオオオオオオオオ!
 
塚原「きゃっ」
 
橘「塚原先輩、大丈夫ですか? ほら、思いっきり作り物ですよ」
 
塚原「う、うん……いきなり出てきたからびっくりしちゃって……本格的だね」
 
橘「そうですね」



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:14:36.59 ID:BiHdTDlf0

塚原「ふう。うん、もう大丈夫」

橘「そうだ!足元も不安だしここは一つ手を……」

塚原「あ、ちょっと開けたところに出て明るくなったね、これなら大丈夫そう……ん?なにか言ったかな?」

橘「……なんでもないです」

塚原「ここがメインの仕掛けが来るところかな?」

橘「そんな感じですね」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

橘「うをっ!?」

塚原「な、なんの音?ちょっと凄そうだね……」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:18:26.77 ID:BiHdTDlf0

『ウオオォォォオオオ~ン!!』

橘「な、何だっ!?」

『我の眠りを妨げるものよ、千年王国の呪いを受けるがいい!』

塚原「これは……すごいのが出てきたね……」

橘「冷静ですね、先輩……」

『戯言などいらぬ、覚悟を決めろ!』

塚原「きゃあっ」

橘「塚原先輩!?」

『ウォォォオオオオォォ~~ン!』

橘「ただの煙か……大丈夫ですか塚原せん……ぱい……?」

塚原「うん、大丈夫……どうしたの橘くん?」



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:22:27.00 ID:BiHdTDlf0

橘(白衣にタイトスカートな特盛りの眼鏡美人な女医さんっぽい人しか目の前にいない訳で……まさか……!?)

塚原「どうしたのよ橘くん?」

橘「あの……先輩?鏡をどうぞ……」

塚原「うん……?えええぇぇぇえぇええええ!?な、何これ!?」

橘「やっぱり先輩でいいんですよね?」

塚原「う、うん……す、凄い仕掛けだね……どうなってるのかしらこれ?」

橘「というか元に戻るんですかね?」

塚原「……」

橘「……」



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:25:43.10 ID:BiHdTDlf0

塚原「さ、流石に只のアトラクションだしそれは……ねぇ?」

橘「で、ですよね!」

塚原「と、とりあえず先に進もうか?」

橘「ですね」

塚原「……それにしてもこれって私の未来の姿ってことなのかな?」

橘「どうなんでしょう?でも、きっとそうですよ」

塚原「だったら嬉しいかな、医者になるっていう目標が達成できるみたいだし」

橘「でも塚原先輩ならきっと良いお医者さんになれると思います」

塚原「そうかな……」



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:30:45.30 ID:BiHdTDlf0

橘「ええ、さっきの子供のこともそうですけど待ち合わせのときも缶があたったところをあんなに丁寧に見てくれたじゃないですか」

塚原「え……あ、あれはその……うん///」

橘「そういう塚原先輩だからきっと良いお医者さんになれると信じています」

塚原「うん……ありがとう……///」

橘「それにしても……なんだかすごく大人っぽいですね先輩すごいです」

塚原「え?自分だとイマイチ実感がわかないんだけど……」

橘「それにもともとそうですけどすごく綺麗です!出来る女性って感じで」

塚原「う……///」

橘「先輩?」

塚原「……その、今まで外見を褒められたことなんてはるかとか以外なかったから……
   どういう反応したら良いか困っちゃうじゃない///」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:35:29.31 ID:BiHdTDlf0

橘「そんな馬鹿な!?塚原先輩は美人でスタイルもよくって……憧れている人はきっと多いと思います!」

塚原「そ、そんなことないよ……私ははるかみたいに男の子からラブレターとか貰ったことないし……」

橘(すべて森島先輩が処理していたんですね、わかります)

塚原「でも、ありがとう……そういって貰えて嬉しい、よ?///」ニコッ

橘「ぅ……は、はい……///」

塚原「そ、それにしても結構広いんだね!なかなか出口がって案内がでてこないね!///」

橘「そ、そうですねっ!///」

ファラオさん(なにこのバカップル……マジで家でやれよそういうのはよ……)



295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:40:19.74 ID:BiHdTDlf0

塚原「ふぅ……結構歩いたからそろそろかな?なんだかなれない感じがしてちょっと疲れちゃったかも」たゆん、たゆんっ

橘「……」ジー

橘(というか今でも十分大きいのに……あの質量感と歩いているだけで若干揺れているあの柔らかそうなまんま肉まん……)ジー

塚原「それに結構その……なんていうか歩くバランスが取りにくい気がするわね」たゆんっ

橘(というか全体的に太ったようには見えないのにボリュームアップしている……正直目のやり場に困るぞ!!)ジー

塚原「……橘くん?」

橘(というか普通の格好なのになんでこんなに……なんていうか凄い、すごいよヒビキさん!)

塚原「た・ち・ば・なクン?」

橘「は、はいっ!?」

塚原「もう、ちゃんと話をして欲しいよ……やっぱりちょっと不安だから……」シュン

橘(やばいこれやばいなにがやばいって訳がわからないよこの破壊力、このひびきちゃんすごいよさすがラブリーのお母さん!!)



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:46:53.02 ID:BiHdTDlf0

橘「だ、大丈夫ですよきっと、それに僕はどんな塚原先輩でも素敵だと思ってますから!」キリッ

塚原「そっ、そういうことを言ってるんじゃないの!……君って子はほんとうにもう……///」

橘「あ、そろそろ出口が近いみたいですね」

塚原「そうみたいだね……わっ!?」

橘「おぉ……もとの塚原先輩に」

塚原「どういう原理なのかしらこれ……変わったときも戻ったときも何が起きたのかさっぱりなんだけど……?」

橘「そ、そうなんですか?凄い仕掛けですね……」

塚原「とりあえず元に戻れてよかったわ」

橘(良かったような……もったいないことをしたような……)



303:せめて改行くらいは消して欲しいものです:2011/11/02(水) 20:48:25.81 ID:BiHdTDlf0

塚原「ちょっと疲れちゃったし休憩も兼ねてお昼にしようか?」

橘「ああ、いいですね……塚原先輩は何がいいですか?」

塚原「そうだね、何があるのかな……あ、このイタリアンのお店がいいかな」

橘「それじゃそこに行きましょう」

塚原「うん」



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 20:53:31.77 ID:BiHdTDlf0

森島「わ!なにこれすっごいわよ逢ちゃん!わんちゃんになっちゃったわ!」

七咲「……」

森島「ねね、逢ちゃ……あれ?逢ちゃん?」

七咲「……ここです、森島先輩」

森島「ここって……え?ラーメンしかないけど……ていうかなんでラーメンがここに?」

七咲「ラーメンです、私……良くわかりませんけど」

森島「母さんです、これ……見たいに言われても反応に困るんだけど……って、えええええぇぇぇえええ!?」

七咲「……どうしたものでしょうね?」

森島「……動くに動けないわねこれじゃ」

七咲「あ、ちなみに魚介ベースです」

森島「あ、その情報はいらないです」

森島・七咲「「……」」

七咲「どうするんですか!?先輩達見失っちゃいますよ!?」

森島「どうするってどうしようもないじゃない!ちょっとスタッフさ~ん!ヘールプ!!」

※森島・七咲ペアリタイア



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:00:39.32 ID:BiHdTDlf0

塚原「なかなか美味しかったね」

橘「ええ、ピザもパスタも結構イケましたね」

塚原「ふふっ機会があったらまた来ようか?」

橘(……え?それって……)

塚原「さてこれからどしようか……」

橘「え、あ……そ、そうですね……ゲームコーナーとかどうですか?」

塚原「ゲームコーナー?私ゲームてあんまり……」

橘「いえ、ゲームセンターとかにあるようなのじゃなくて身体を使ったやつですよフリースローみたいなヤツとか」

塚原「ああ……そういうのならいいかな」



309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:04:26.08 ID:BiHdTDlf0

橘「そうだ、折角なんで一つ勝負でもどうですか?」

塚原「勝負?」

橘「いくつかゲームをやってその勝敗で負けたほうが勝ったほうの言うことを一つ聞く、という感じで」

塚原「ふふっ面白そうだね、うんいいよ」

橘(よし、これで塚原先輩にあんなことやこんなことをしてもらえるぞ!!)



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:07:43.19 ID:BiHdTDlf0

~パンチングマシーン~

橘「せいっ!」

ドコッ!

橘「ふぅ……なかなかいい数字が出たぞ!流石にこの種目なら女性である先輩に遅れは……」

塚原「……ふっ」

ドゴォン!!

橘「あ、あれは!?スリークォーターからの……スマッシュだと!?」

塚原「ふぅ……なかなかいい数字かな?やっぱり千堂さんのパンチが最強よね」

橘「」



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:11:16.18 ID:BiHdTDlf0

~スポーツちゃんばら~

塚原「ねえ、橘くん?」

橘「はい、なんですか?」

塚原「妖刀村正「斬龍」を使ってもいい?あ、目はちゃんと閉じておくから」

橘「やめてくださいしんでしまいます」

塚原「そっか……じゃあ「止水」にしておくね」

橘「え……というか真剣でやるんですかこれって……?」

塚原「イヤねそんなわけないでしょ、もう」

橘「で、ですよね~?」

塚原「ただの心構えの問題だから」スゥ…

橘(あ、だめだこれ、絶対勝てない)



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:15:15.37 ID:BiHdTDlf0

~ロデオ対決~

橘「せ、せめて一勝だけでも……それにロデオ対決なら塚原先輩のまんま肉まんを観察するのにもってこいだ!」

塚原「すいません使いにくいんで自前の手綱使っても良いですか?」

スタッフ「はいっ、いいですよー」

橘「……あの、先輩?」

塚原「うん?」

橘「それは……?」

塚原「騎兵の手綱(ベルレフォーン)だけど……?どうかしたの?」

橘「\(^o^)/」



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:20:28.06 ID:BiHdTDlf0





橘「参りました、というかもう勘弁してください」ボロッ

塚原「えっ?……これからが本番なのに」

橘「本当に……もう、限界です……」

塚原「もう、仕方ないわね……それじゃあ結果は」

橘「僕の負けですよ!どうみても全敗じゃないですか!」

塚原「うん、そうだね……何をやってもらおうかな?」

橘「うぅ……もう好きにしてください……」

塚原「う~ん……これって有効期限はあるのかな?」

橘「いえ、ないですけど……?」



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:22:44.59 ID:BiHdTDlf0

塚原「そっか……それじゃ必要なときまで取っておこうかな」

橘「ええっ!?」

塚原「だってそのほうが面白そうじゃない?」

橘「うぅ……わかりました」

塚原「さて、食後の軽い運動も終わったし次はどこ行こうか?」

橘(軽い……だと……?)

塚原「うん?どうしたの?」

橘「い、いえなんでもないです!」



322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:28:19.08 ID:BiHdTDlf0

塚原「そう……あ、次はジェットコースターに行こうか」

橘(……遂にこの時が来てしまった、か……どうする純一!?)

塚原「橘くん?」

橘「え……あ、はい」

塚原「何か様子が変だけど……絶叫系は苦手かな?」

橘「絶叫系が苦手という訳ではないのですが……そ、そうだそれをさっきの賞品で……」

塚原「ダメよそんなのもったいないじゃない」

橘「そ、そんなぁ……」

塚原「一緒に来て、ほしいな?」ウワメヅカイ

橘「わかりました!!」

塚原「うん、ありがとう♪」

橘(oh……やっちまった……しかし、塚原先輩に上目遣いにおねだりされて断れる男がいるだろうか?いや、居ない!!)



324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:32:06.65 ID:BiHdTDlf0

橘(それにしてもなんだか塚原先輩が砕けてきて、すごく可愛い感じになってきた気がする……やっぱりすごく素敵で魅力的な人だな……)

塚原「どうしたの?」

橘「いえ、なんでも……」

塚原「ゴメンね?どうしても無理なら無理強いするつもりは……」

橘「大丈夫です!塚原先輩がちょっと砕けた感じになってきたのが可愛いなって思ってただけです」

塚原「か、かわっ!?///」

橘「え……?あ!その……今のは……」

塚原「そ、そんなこと言って……もう!からかった罰としてとことん付き合ってもらうわよ!///」

橘「うえ!?そ、そんな!?(からかったつもりはないんだけどな……)」



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:35:54.44 ID:BiHdTDlf0

~数時間後~

塚原「だ、大丈夫橘くん?どこかで休もうか?」

橘「うぅ……すいません不甲斐なくて……(どういう体力しているんだこの人は……苦手とかそういう問題じゃないぞこれは……)」

塚原「あ、そこのベンチに座っていて?何か飲み物買ってくるから……」

橘「あ、先輩……行っちゃった……」

橘(塚原先輩、か……今まではそこまで深く係わり合いを持っていなかったけど今日でいろんな一面が見れたな……)

橘(なんだかんだ言って僕もみんなと一緒で先輩のことをどこかで遠い人みたいに感じていたんだろうな)

橘(た、確かに今日のことの始まりはあんなだったけど……ひょっとしたら僕はあの時から……)

塚原「お待たせ、スポーツドリンクでよかったかな?」

橘「はい、ありがとうございます……すいません、気を使わせちゃって」

塚原「いいよ別にこのくらい、それに私が引っ張りまわしたせいでもあるんだし…このくらいさせて貰ってもいいでしょ?」



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:41:04.59 ID:BiHdTDlf0

橘「そんなことないです!次は先輩にきっちり付いていきますから!」

塚原「えっ…………ふふっそっか、期待しているわね?」

橘「はいっ!」

塚原「それにしても今日は思いっきり遊べて楽しかったな……ありがとう、っていうのは変かな?あんなきっかけだったし」

橘「いえ、僕のほうこそありがとうございます、あんな変なお願いしちゃって……でも前から先輩のことをもっとよく知りたいと思っていましたから
  こうやって一緒に遊んで、先輩のいろんな面が見れてとても良かったって思っています」

塚原「……っ!///き、君って子は本当にもうっ、そういう誤解を招きそうなことを……///」

橘「えぇっ!?」

塚原「ふぅ、本当にはるかと違った意味で目が離せそうにないね」クスッ

橘「はぁ……?」

塚原「……って!べ、別にそういう意味じゃないんだからね?///」

橘(一体何の話をしているんだろう……?)



331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:45:30.53 ID:BiHdTDlf0

塚原「……///」

橘「……(そして何故気まずい感じに……?)」

橘・塚原「「あの……」」

橘・塚原「「あの……」」

橘・塚原「「!?」」

橘・塚原「「……先輩(橘くん)からどうぞ」」

橘・塚原「「…………ぷっ」」

塚原「ふふっ、なんだかこんなやり取り朝にもやったね」

橘「ははっ、そうですね」

塚原「さて、そろそろ帰ろうか?」



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:49:45.67 ID:BiHdTDlf0

橘「あ、その前にアレに乗りませんか?」

塚原「あれって……観覧車か、そういえば定番なのに乗っていなかったね」

橘「は、はい」

塚原「そうだね、この時間だと夕日も綺麗だろうし乗りたいな」

橘「それじゃ行きましょうか!(いけるよな?気合入れろ純一!)」



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 21:55:54.41 ID:BiHdTDlf0

~観覧車~

塚原「ふふっ、遊園地といったら観覧車なのにそういえばすっかり乗るの忘れていたね」

橘「そ、そうですね!」

塚原「でも、今日はちょっとはしゃぎすぎちゃったし丁度いいかもね」

橘(う……まだ途中だって言うのにこんなに高いのか……)

塚原「うん?……ねぇ、橘くん?」

橘「は、はい!?」

塚原「顔色悪いけど……どうしたの?」

橘「そ、そうですか?いやぁ、ちょっとはしゃぎすぎて疲れているのかもしれないですね」

塚原「そう?……だったらいいんだけど」



336:壁殴りすぎて手が痛いです:2011/11/02(水) 21:59:37.59 ID:BiHdTDlf0

橘「あ、そろそろ頂上ですね」

塚原「そうだね……うわぁ……綺麗な夕焼け……」

橘「そ、そうですか……良かったです」

塚原「ねぇ、君もこっちに来なよこっちのほうが良く見えるよ?」

橘「え……?あ、僕はここでも十分……」

塚原「もう、何変な遠慮しているのよ……ほら」

橘「わわっ!?(塚原先輩から手を……!?)」

塚原「ね?そっちで見るより綺麗でしょ?」

橘「はい……(す、すごく綺麗だ……塚原先輩が……けど!!)」

塚原「え……た、橘くん?凄い汗……それに震えて……どうしたの!?」

橘「す、すいません……実は高所恐怖症で……」

塚原「そ、それなのに観覧車に乗ろうなんて言ったの!?」

橘「先輩と一緒なら大丈夫かな、って勝手に思い込んじゃったみたいです」

塚原「え……」



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:06:46.21 ID:BiHdTDlf0

橘「先輩と一緒に乗りたかったんです、観覧車に」

塚原「……もう…………バカね」

橘「それと先輩にこれをここで渡したくて」

塚原「え?これは……」

橘「誕生日おめでとうございます、塚原先輩」

塚原「あ……」

橘「森島先輩からその日は塚原先輩の誕生日だからって聞いて用意したんです、受け取ってください」

塚原「はるかが……?もう、あの子ったら……ありがとう橘くん///」

橘「いえ、どういたしまして」

塚原「……それじゃ下まで静かにこうしていようか?」コツン…

橘「……え、せ、せんぱい!?///(先輩が僕のほうにもたれかかって来たぞ!?)」

塚原「もう、高所恐怖症の患者さんは静かにしていなさい、ね?」クスッ

橘「……は、はい///」



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:11:00.78 ID:BiHdTDlf0

~観覧車・降り場~

塚原「ふぅ、到着っと……大丈夫、橘くん?」

橘「は、はいなんとか……」

塚原「これに懲りたらもう無茶しちゃだめよ?自分のことなんだから自分でわかっていると思うけど」

橘「心配かけてすいません」

塚原「本当にバカね君は……」

橘「で、でもですね!折角なんで先輩に喜んで欲しいと思って……」

塚原「ふふっもう……わかってるよ、今日は本当にありがとう」

橘「はいっ」

塚原「それじゃ、帰ろうか?」



343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:14:27.45 ID:BiHdTDlf0

森島「あ~~~~~!!やっと見つけた!!」

橘「え……?」

塚原「は、はるかっ!?」

七咲「無事ですか、塚原先輩!?」

塚原「な、七咲まで!?どうして……?」

橘(え……尾行って本気だったの……?)

森島「大丈夫ひびきちゃん!?橘くんに変なことされてない?」ダキッ

塚原「ちょ、抱きつかないのはるか!何もされてないからっ!」

七咲「……本当ですか?」ジトー

橘「どんだけ信用ないんだよ僕は……」



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:17:23.99 ID:BiHdTDlf0

棚町「こんな所に居やがったのね純一っ!」

橘「えええぇぇぇえええ!?か、薫っ!?」

棚町「SEIBAI!!」ガスッ

橘「げふっ!!……い、いきなり何するんだよ薫!」

棚町「うっさい!アンタのせいでどれだけ苦労したと思ってるのよこのスカタン!!」

橘「い、意味がわからないぞ……」

絢辻「……」

橘「って、絢辻さんも!?」

絢辻「……」ガスッ

橘「痛っ!?」

絢辻「…………」ガスッガスッ

橘「ちょ!?痛い、痛いよ絢辻さん!無言で脛を蹴り続けるのやめて!」

絢辻「貴方のせいで……貴方のせいで……!!」

橘「怖っ!ちょっと本気で怖いんですけど!?」



349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:21:33.92 ID:BiHdTDlf0

塚原「橘くんっ!」

橘「あ、先輩」

塚原「ちょっとはるか達をなんとかしてっ!」

橘「僕のほうもどうにもならない感じなんですが……」

森島「きっちり説明をしてもらうんだから!!」

七咲「そうです、場合によっては然るべき所に報告しなくてはいけません」

棚町「あ、こら純一逃げるな!」

絢辻「そうよ?まだ話は終わってないんだから……ふふっ」

橘「くっ、こうなったら……」ガシッ

塚原「え……?た、たちばなくん……手……///」

森島・七咲・棚町・絢辻「ああああああ~~~~~~~~~っ!!!」



351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:23:28.11 ID:BiHdTDlf0

橘「逃げましょう、先輩!!」

塚原「……うんっ!」

橘「うわっ、追ってきた!」

塚原「……」

橘「ど、どうしました先輩?」

塚原「あのね、橘くん……」

橘「はっ、はっ……な、なんです、かっ?」

塚原「あの時の賞品決まっちゃった///」

橘「あ、あの時……ってゲームの?」

塚原「うん、そう……///」

橘「な、なんだってこんな時に……い、今は逃げることに専念しましょう」



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:25:24.60 ID:BiHdTDlf0

塚原「ふふっ別に逃げなくても大丈夫だよ……立ち向かえば……」スッ…

橘「え……?んんっ!」

塚原「……んっ///」

森島・七咲・棚町・絢辻「!!!???」

橘(な、なん……だと……?塚原先輩が急に首に抱きついてきて……これってまさか……キ……!?///)

橘「せ………先輩……?」

塚原「や、やっぱり恥ずかしいね、こういうのは///」

橘「え……い、いまのって……?」

塚原「うん、あの時の賞品……『私を貴方の彼女にしてください』って……ダ、ダメ……かな……?///」

橘「ダメなんてそんな!?……ぼ、僕も先輩が……!!」

塚原「……本当に?///」

橘「もちろんです!今日一日だけでって言ったら信用してもらえないかもしれないですけど……
  僕も……僕は塚原先輩が好きです!!」

塚原「……うんっ///私も好きよ?君が……これからもよろしくね?………純一君///」



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:26:03.61 ID:BiHdTDlf0





美也「よかったねにぃに……みゃーも、がんばったよ……」

上崎「絶対に……絶っっっ対に認めない!諦めないんだからああああああああああああああああああ!!!」

おしまい



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:27:41.07 ID:vxnXG9ZM0

乙です!

みゃーはずっと裡沙ちゃん抑えるのに必死だったんだね...ww



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:28:23.62 ID:rfreW0S70

おつ
楽しめた



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:29:15.88 ID:S49C1Oso0


いつものかわいい響ちゃんだった



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:29:36.68 ID:pqe6+MQ20


可愛かった



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:30:44.21 ID:nLD9gBGz0

乙!



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:41:01.58 ID:AkC2uVeF0

おい待て、フラグ回収してないぞ
学祭でギャップ萌え選手権やっておもらしするひびにゃんはどこだ



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 22:49:11.23 ID:BiHdTDlf0

言い忘れ
ひびきちゃん誕生日SSのつもりのくせに今日完成とかだらしない>>1で申し訳ありませんでした
あと昨晩から保守してくれた方々どうもありがとうございました


>>365
ちょっと待てそんなフラグねーぞ



370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 23:05:28.38 ID:aZ1nwx+50

ひびきちゃんが可愛過ぎて生きるのが辛いレベルだなこれは

乙!



377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/02(水) 23:29:07.97 ID:YYanz/Lg0

乙乙
保守したやつらもよくやった



TVアニメ「アマガミSS」ENDING THEME COLLECTION (第1期エンディングテーマ集)TVアニメ「アマガミSS」ENDING THEME COLLECTION (第1期エンディングテーマ集)
VARIOUS ARTISTS

ポニーキャニオン 2011-12-21
売り上げランキング : 2102

Amazonで詳しく見る
CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
桜場 コハル

講談社 2011-11-03

Amazonで詳しく見る
ラブプラスぴあラブプラスぴあ


ぴあ 2011-11-25
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 名無し
          • 2011年11月03日 06:29
          • 奇跡の1
          • 2.  
          • 2011年11月03日 07:04
          • 元ネタわからん
            最近のプリキュア?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月03日 09:52
          • 騎兵の手綱(ベルレフォーン)で吹いたwww
          • 4. 774
          • 2011年11月03日 11:14
          • 全部中の人ネタだな

            ひびきちゃん可愛いよひびきちゃん
          • 5. 名無し
          • 2011年11月03日 12:33
          • 所々にガンダムネタもあったな

            おつおつ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月03日 13:44
          • つっこむとしたら中多さんでてねーwww
          • 7. アマガミ
          • 2011年11月03日 19:59
          • りほこ…
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月03日 22:01
          • エンブレは早急に塚原先輩ルートを作るべきだと思うの
          • 9. 名無し
          • 2011年11月04日 04:33
          • モリソンで一番ワロタ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月04日 09:22
          • ひびきちゃんが可愛すぎて梨穂子と紗江ちゃんが出てないのに気が付かなかった
          • 11. ああ
          • 2011年11月15日 04:49
          • 専用ルート作るっていっても、原作ゲームでは恋人がいる気配があったよな。はるかが、ひびきちゃんにも春が来た。みたいなセリフあった気がする。それに照れてたシーンも。
            もちろん主人公の事ではない。はるかルートの終盤だったか?
          • 12. 774
          • 2011年11月18日 11:36
          • ※11
            ちょおまやってから言えよ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月19日 20:20
          • ひびきちゃんの愛され方は異常
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月26日 06:20
          • 5 一つ目二つ目はわからなかったが騎兵の手綱(ベルレフォーン)で中の人ネタだと気付いたwww
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月26日 00:40
          • 告白したとこで、コハァって声とともにあごがポキッって鳴ったww

            破壊力でか過ぎるわ!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • オカルト部員(♀)「……そんなにボクのことが好き…?…………フフ……困るなぁ……♪」
        • オカルト部員(♀)「……そんなにボクのことが好き…?…………フフ……困るなぁ……♪」
        • 【HxH】クロロ「鬱だ................................................」
        • 【ミリマス】七尾百合子「ドキドキな予感」
        • 【ミリマス】七尾百合子「ドキドキな予感」
        • 【ミリマス】七尾百合子「ドキドキな予感」
        • 【ミリマス】七尾百合子「ドキドキな予感」
        • 【ミリマス】周防桃子「Brand New Start Line!」
        • 【ミリマス】周防桃子「Brand New Start Line!」
        • 【ミリマス】周防桃子「Brand New Start Line!」
        • 【ミリマス】周防桃子「Brand New Start Line!」
        • 【モバマス】藍子「今日は何の日か覚えていますか?」 モバP「えーっと」
        • 【ss】旅人「ここらに飯屋はあるか?」村人「やぁ、ここはザンドラの町だよ!」
        • 【モバマス】クラリスの懺悔ルーム
        • 【モバマス】千川ちひろ「頭髪に恵まれない独身男性に募金をお願いしまーす!」
        • 【モバマス】千川ちひろ「頭髪に恵まれない独身男性に募金をお願いしまーす!」
        • 【モバマスSS】美人で有名な森久保さん
        • 【モバマスSS】美人で有名な森久保さん
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ