TOP

勇者「お……おれ……・勇者……なん、ですけど……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 12:53:46.92 ID:pcwwzmjh0

酒場

女戦士「は?」

勇者「な、なかまに……なって、くれない?」

女戦士(何このデブ、キモ)

勇者「ね、ねえ……いいだろぉ?」

女戦士「近づくなきめーよ」

女魔法使い「ちょっと、誰か兵士呼びなさいよ」

女僧侶「店員さーん不審者がいまーす」

勇者「え……いや、俺勇者だし……」

用心棒「お客さん、困りますね。他のお客さんに迷惑です。お引き取り下さい」

勇者「いや、それは理論的におかしいって、いうか……」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 12:56:28.71 ID:4PuKyrrd0

ヘタレのくせに度胸あるな


ダメ人間の日本史―引きこもり・ニート・オタク・ロリコン・シスコン・ヘタレ・電波



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 12:58:13.25 ID:pcwwzmjh0



勇者(ざけんな!!くそ!!!くそ!!!俺は勇者だぞ!!)

勇者(由緒正しい家系の一人息子だぞ!!)

勇者(俺しか魔王を倒せないんだぞ、愚民どもめ!!)

勇者(俺がやる気ださなかったら、お前らぜーいん死ぬんだからな!!!)

勇者(くそ!!くそ!!)

クスクス……

勇者「……!?」

ヒソヒソ……

勇者(くそ……また、俺を見て笑いやがって……ざけんなよ!)

勇者(俺は……俺は……勇者だぞ……!!)

クスクス……ゲラゲラ……

勇者(やめろ……俺を見て、わらうんじゃねーよ……)



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 12:59:00.19 ID:7vXLFpsk0

やめてくださいお願いします



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:03:28.29 ID:pcwwzmjh0



王「――して、勇者はもう旅だったのか?」

側近「いえ、まだ仲間を得られていないようで、この街にいるようです」

王「なんだと……もう三日だぞ。何をやっているのだ」

側近「やはり魔王討伐というのは相応の覚悟がいりますからね。中々、共に旅をしてくれるものもおりますまい」

王「むうぅ……確かにそうかもしれんな。とはいえ、勇者一人では魔王など倒せんだろうし」

側近「こまりましたね……」

王「……よし。私が探してこようではないか」

側近「王が!?」

王「何か問題でも?」

側近「王が行くほどのことでも……」

王「はは、王の言葉なら耳を傾けてくれる奴も一人はおろう」

側近「……わかりました、お供します」

王「頼む」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:07:17.09 ID:pcwwzmjh0

酒場

王「頼もう」

女戦士「あ、王様だ」

男武道家「どうしたんですか?」

王「ここには屈強な者たちが多くいると聞いた」

女僧侶「まあ、はい」

王「この中から一人でもいい、勇者と共に魔王の討伐に向かってくれるものはおらんか」

男戦士「勇者って……」

男魔法使い「あのデブの暗い奴か」

女商人「……お断りします」

王「何故だ?」

女遊び人「なにされるかわかんないしー」

男戦士「くせーしな!!」

女武道家「わかるー!!」

王「……むぅ」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:11:36.63 ID:pcwwzmjh0

教会

神父「おお、勇者殿。今日もこられたのですか」

勇者「う、うん……」

シスター「あ、勇者様。今日も来てくださったのですね」

勇者「あ、ああ……来たよ」

シスター「ささ、こちらに。今日はどんなお話を聞かせてくれるんですか?」

勇者「今日はね、あの……北の森にいた魔物を倒したときの話をしようかなって……」

シスター「へえ……聞かせてください」

勇者「あれはね……」

シスター「……♪」

神父(勇者殿……ずっとこうして嘘をついては、自分の自尊心を保とうと……ふう……)

勇者「俺が、すばやく剣で切ったのさ」

シスター「わぁ、流石勇者様ですね♪」

勇者「だ、だろ……?俺は、勇者なんだ。すごいんだぞ」

神父(憐れ……)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:13:15.76 ID:37dXyfma0

なにこのカウンセリングルーム



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:15:45.89 ID:pcwwzmjh0



王「――勇者は嫌われているのか?」

側近「よくわかりませんね」

王「……何故だ?」

側近「……」

王「あのような気骨ある若者など珍しいというのに」

側近「そうですね……」

王「……勇者は今どこにいるのだ?」

側近「この時間帯ですと、教会でよく目撃されているようです」

王「そうか。勇者と直接会ってみよう。近況も聞きたいしな」

側近「では、こちらです」

王「うむ」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:20:40.25 ID:pcwwzmjh0

教会

勇者「でね、相手が火を吹いて来た時、俺は咄嗟に盾で防いでさぁ」

シスター「それで、それで?」

勇者「盾で防御しつつ特攻して、相手の懐に入って、一撃でしとめたんだ」

シスター「すごいすごい♪」

勇者「だ、だろ……すごいだろ?」

シスター「うん。勇者様、かっこいい♪私、大きくなったら勇者様のお嫁さんになりたいな♪」

勇者「そ、そうか……フヒヒ」

神父(私の孫になんて下劣な眼差しを……勇者殿……)

王「――失礼する」

神父「おぉ、王ではありませんか。このような場所にどうされたのですか?」

勇者「……!?」

シスター「あ、王様だ」

王「勇者……三日ぶりだな。元気だったか?」

勇者「……な、なんですか?」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:24:42.74 ID:vUtgj2CH0

やめろ



…やめろ



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:25:54.08 ID:pcwwzmjh0

王「いや、ずっと街にいると聞いてな。少し心配に――」

シスター「え……?」

勇者「や、やめろぉ!!」

王「ぬぅ!?」

側近「勇者様、王の胸倉をつかむとは正気ですか!?」

シスター「勇者様、どうかしたんですか?」

シスター「どうかしたの?勇者様」

王「勇者……何をしているのか分かっているのか?」

勇者「……す、すいません」

王「ふむ。して、三日間、この街にいるそうだが、何をしておるのだ?」

勇者「……!?」

シスター「あれ……勇者様……魔物をいっぱい倒してたんじゃあ……?」

シスター「しっ」

勇者(くそ……!!余計なことをいいやがって!!この老害め!!!)

王「どうした?言いたいことがあるならいえ」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:30:50.23 ID:pcwwzmjh0

勇者「……いきますよ」

王「え?」

勇者「ちょ、丁度いまから……行こうと思ってたんです……よ」

王「そうなのか?」

勇者「じゅ、準備、してただけですし……」

王「そうか。確かに魔王討伐の旅だ。三日間ぐらいの旅支度をしてもおかしくないな」

側近「備えあれば憂いなし、というやつですね」

王「しかし、今錯乱したのはどういう――」

勇者「も、もう……いく、から……」

王「そ、そうか……うむ、頼むぞ。世界の平和はお前の双肩にかかっているのだからな」

勇者「……」

シスター「勇者さま……」

シスター「はあ……これであの人の嘘自慢に付き合わなくて済むのね……」

神父(ふう……憐れ……勇者殿に幸あらんことを……アーメン)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:32:42.17 ID:XTtjrfUk0

シスターの裏表が一番堪えるな・・・



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:36:30.16 ID:pcwwzmjh0



勇者(くそ!!何が期待しているだ!!ざけんな!!)

勇者(ならもっといい武器とかよこせっていうんだよ!!)

勇者(鋼の剣と鋼の鎧と鉄の盾で、どうやって魔王を倒すって言うんだよ!!)

勇者(こんなんじゃ、スライムも倒せないってーの!!これだから老害は……!!)

ヒソヒソ……

勇者「……っ」

クスクス……

勇者(なに笑ってんだよ……俺は勇者だぞ……!!)

勇者(お前らみたいな平民より、ずっとすごいんだ!!)

勇者(愚民が俺のことをわらうんじゃねえよ……!!)

クスクス……ゲラゲラ……

勇者(ちくしょう……俺にばっかり面倒な事を押しつけやがって……全員、死ねよ……くそが……)



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:42:14.67 ID:pcwwzmjh0



王「――しかし、一人旅か」

側近「少々、勇者殿とは酷ではありませんか?」

王「武具もこの国で最高の物を授けた。多少ならなんとかなると思うが……」

側近「それでも我々の予想をはるかにこえる魔物も多いでしょうし」

王「そうだなぁ……」

兵士「王、勇者殿にこれを託してみては?」

王「むむ……それは先日討伐隊が洞窟で見つけたという……」

兵士「は。竜の卵です」

王「だが、危険だ。竜は気性の荒い魔物だぞ」

兵士「勇者様なら大丈夫ではないでしょうか」

側近「それに竜も刷込みはあると学者も言っています。孵ってしまえば懐くかもしれませんよ?」

王「……それもそうだな。よし、その卵を勇者に届けてまいれ」

兵士「はは!!」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:46:40.92 ID:pcwwzmjh0

街 入口

勇者(ここから出れば嫌でも魔物と戦わなくちゃいけないのか……)

勇者(くそ……くそ……行きたくねえよ……死にたくねえよ……)

勇者(まだ、セックスもしてねえんだぞ……くそ……)

兵士「――勇者様!!」

勇者「え……」

兵士「よかった。まだ街におられたのですね」

勇者「な、なにか……?」

兵士「これを」

勇者「な、なんですか、この風呂敷……」

兵士「――これです」

勇者「たまご……?」

兵士「一人旅は酷かと思いまして。勇者様の助けになればと」

勇者「これは……何の卵なんですか?」

兵士「竜です」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:51:50.13 ID:pcwwzmjh0

勇者「竜……?」

兵士「はい。先日、我々が洞窟内で発見したものです」

勇者「……魔物、ですよね?」

兵士「竜も鳥の一種ですから、孵化すれば懐いてくれます」

勇者「……」

兵士「竜の戦闘力は凄まじいので、必ず勇者様の助けになると思いますよ」

勇者「そ、そうですか……」

兵士「はい!」

勇者(なるほど……竜の卵を持たせて、孵ったときに街から追放するつもりなんだな……魔物を操る勇者は危険だとかいって)

勇者(ついに厄介払いか……・ざけんな)

兵士「勇者様?」

勇者「……じゃあ、受け取ります」

兵士「それはよかった。では、失礼します!!」

勇者(ざけんな……こんなもん危なすぎて持ってられるかよ……)

勇者(その辺の草むらに捨てとくか)



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:56:06.58 ID:pcwwzmjh0

勇者「……この辺でいいか?」

卵「……」

勇者(ここで生まれてこの街を燃やせばいいんだ……フヒヒ)

勇者「――よし」

卵「……」

勇者「……」

勇者(でも、これからどうすればいいんだ……)

勇者(仲間もいない。武器も弱い……呪文も使えない……)

勇者(はぁ……)

卵「……」

勇者「……こっちみんな」

卵「……」

勇者「じゃあな、街を破壊しろよ。ははは」

卵「……」

勇者「……くそ」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 13:59:46.00 ID:pcwwzmjh0

夜 路地裏

勇者「……家には帰れないな」

卵「……」

勇者「はぁ……寒いな……」

卵「……」

勇者「……」

ゲラゲラ……ワイワイ……

勇者(あっちは楽しそうだな……)

野良犬「――ウゥゥゥゥゥ!!」

勇者「……!?」

野良犬「ウゥゥゥゥゥ!!」

勇者「な、なんだよ……むこういけ、しっしっ」

野良犬「ウゥゥゥ……!!」

勇者「なんだよ……まさか、卵が狙いか……!?」

野良犬「――アァァァウ!!!」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:03:23.48 ID:pcwwzmjh0



ヒソヒソ……

勇者(なんだよ……こっち見てんじゃねえよ……)

ヒソヒソ……

勇者(あの糞犬……腕に噛みつきやがって……糞が……)

卵「……」

勇者(なんで俺、こいつのこと守ってんだよ……)

ヒソヒソ……

勇者(うぜえ……うぜえよ……みんな死んじまえよ……!!)


橋の下

勇者(ここで寝るか……)

卵「……」

勇者「くそ……なんで勇者の俺がこんな目に……くそ……くそぉ……」

卵「……ドクン……ドクン……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:06:00.49 ID:pcwwzmjh0

翌朝

「ピー!!ピー!!」

勇者「……ん?」

「ピー!!」

勇者「いた!だ、誰だよ、俺を突っつくの…・・は……」

竜「ピー!!」

勇者「……」

竜「ピー?」

勇者「も、もう生まれたのか……?」

竜「ピー!!ピー!!」

勇者「……どうすりゃ、いいんだよ」

竜「ピィィ?」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:10:39.50 ID:pcwwzmjh0

書庫館

勇者「竜の生態……竜の生態……」

竜「ピー」

勇者「静かにしろ」

竜「ピィ……」

勇者「……あった」

勇者(主食は魔物……主に……幼少期は虫を、成長すると次第に熊や海の魔物も食す……か)

勇者「お前……結構すごいんだな」

竜「ピー」

勇者(で、でも……こいつが傍にいれば……)

勇者(魔物と戦わなくて済むかもしれないな……)

勇者「よ、よし、試してみるか」

竜「ピー♪」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:14:35.54 ID:pcwwzmjh0

街道

スライム「ぷるぷるー!!」

勇者「で、でたぞ……たのむ!!」

竜「ピィィ……」

勇者「お、おまえ、何隠れてんだよ!!ふざけるな!!あいつを食べろ!!」

竜「……(フルフル」

勇者「お、おまえ……俺が世話してやるんだぞ!!勇者の俺が!!少しぐらい役に――」

竜「ピィィ……」

勇者「ざけんな……お前まで……俺を見捨てるのかよ……!!」

スライム「プルプルーー!!!」

勇者「うわぁあああああ!!!!こっちにくるな!!こっちにくるなぁぁ!!!」

竜「ピィ……」

勇者「うわぁぁぁぁぁ!!!俺は勇者だ!!勇者なんだぞぉぉ!!」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:19:27.20 ID:pcwwzmjh0



勇者「はぁ……はぁ……くそ……体中がいてぇよ……」

竜「ピッ♪ピッ♪」

勇者「ついてくるな」

竜「ピー?」

勇者「もうついてくんな」

竜「ピー♪」

勇者「――ついてくんなっていってんだよ!!!この脳なし!!!」

竜「ピィ!?」

勇者「役立たずの屑ドラゴンめ……野たれ死ね」

竜「ピィィ……?」

勇者「ついてくんな、いいな!!」

竜「ピ……?――ピィィィ!!!ピィィィ!!!」

勇者(どいつもこいつも……俺ばっかりに面倒なことをさせやがって……くそが……!!)

竜「ピィィィィ!!!ピィィィィィ!!!!!――ピィィ……ピィィ……」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:22:56.65 ID:pcwwzmjh0

翌朝 橋の下

「ピー!」

勇者「ん……だ、だれだ……!?」

竜「ピー♪」

勇者「お前……ついてくんなって……!!!」

スライム「」

勇者「あ……」

竜「ピィ!!」

勇者「……スライム、倒してきたのか?」

竜「ピー!……ピィィ?」

勇者「……」

竜「ピィィ……」

勇者「……ふん。それぐらい竜ならやって当然だろ。自慢するな」

竜「ピィ♪」

勇者「なんだよ……こいつ……」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:27:34.32 ID:pcwwzmjh0



王「勇者はどうした?」

側近「まだ街にいるようですね」

王「なに?」

側近「竜の雛を扱いきれていないのでは?」

王「そうか……」

側近「やはり、傭兵を数人勇者殿につけては?」

王「そうだな……」

側近「ドラゴンでは無理があったのかもしれません」

王「うむ……では、3人ほど傭兵を雇うか……経済的に厳しいが、致し方あるまい」

側近「勇者殿のためです。我々から文句をいうものなど一人もいません」

王「そういってくれると助かる」

側近「では、早速手配をいたします」

王「頼む」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:31:51.48 ID:pcwwzmjh0



勇者「はぁ……」

竜「ピー」

ヒソヒソ……

クスクス……

勇者(畜生……いつまで俺を侮辱すれば気が……)

竜「ピー♪(ペロペロ」

勇者「うわ!!なにするんだよ!!顔をなめるんじゃねーよ!!」

竜「ピィィ?」

勇者「ちっ……」

兵士「――勇者様!!」

勇者「え……?」

兵士「勇者様、朗報です。王が傭兵を3人、つけてくれるとのことです。酒場にまいりましょう」

勇者「傭兵……」

竜「ピー♪」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:36:03.13 ID:pcwwzmjh0

酒場

戦士「あんたが勇者か。よろしくな」

勇者「あ、ああ……」

魔法使い「ま、気楽にやろうぜ?」

僧侶「ええ。尽力いたします」

勇者(全員男か……ま、いないよりはマシだけど……)

竜「ピィィ」

戦士「その頭にのってるのは……なんだ?」

勇者「あ、こいつは……」

兵士「勇者様、竜の雛は我々が保護します」

勇者「え、そうなんですか……?」

兵士「ええ。やはり危険だろうと王が」

魔法使い「そりゃそうだな」

勇者「そ、そうですか……」

兵士「では、失礼します」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:38:52.72 ID:pcwwzmjh0

竜「ピィィィイ!!!!!!ピィィィっィイ!!!!!!!」

兵士「こら!!大人しくしろ!!」

竜「ピィィィィィィィ!!!!!!!」

勇者「……」

戦士「じゃあ行こうぜ」

勇者「あ……う、うん……」

魔法使い「……」

僧侶「……」

勇者「な、なにかな……?」

魔法使い「いや、別に」

僧侶「さ、行きましょう」

勇者「う、うん……」

勇者(これで少しは楽になるな……)

戦士「……」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:43:16.16 ID:pcwwzmjh0

街道

魔物「ぎゃおぉぉぉん!!」

勇者「うわぁぁぁぁ!!!!き、きたぞ!!なんとかしろぉ!!!」

戦士「言われなくても!!――はぁ!!!」

魔法使い「ギラ!!」

魔物「グルルルル!!!がぁぁぁ!!!!」

戦士「ぐわ!!」

勇者「く……お、おれだって……」

魔物「ギャッァァァン!!!」

勇者「うわぁぁぁぁ!!」

僧侶「勇者様!!!―――ぐほ!?」

勇者「あ……俺を庇って……」

魔法使い「――イオ!!!」

魔物「がぁぁぁ……」

勇者「……や、やったのか……?」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:46:39.30 ID:pcwwzmjh0

戦士「僧侶、大丈夫か!!」

僧侶「え、ええ……なんともありません」

魔法使い「傷は深くない?」

僧侶「はい」

勇者「あ、あの……」

戦士「よし、立てるか?」

僧侶「すいません」

魔法使い「薬草で回復しておいたほうがいいな」

僧侶「ですね。魔力は残しておいた方がいいかもしれません」

戦士「次の街までまだあるからな」

魔法使い「慎重にいくか」

僧侶「そうですね」

勇者「……」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:50:56.84 ID:pcwwzmjh0



戦士「なんとか夜になる前に辿り着けたな」

魔法使い「じゃあ、宿でも探すか」

僧侶「この街のことは多少しっています。こちらです」

勇者「……」


宿屋

戦士「俺、ちょっと買い物いってくるわ」

魔法使い「んじゃ、俺も」

僧侶「私は街の人からなにか目ぼしい情報がないか訊いてきます」

勇者「お、れは……?」

戦士「魔法使い、新しい武器だけどよ……」

魔法使い「高い奴はやめとけよ?」

僧侶「さてと」

勇者「……」

勇者(なんだよ……別に魔王を倒すだけの間柄だし……仲良くなる必要なんてないし……)



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 14:56:02.49 ID:pcwwzmjh0

夜 宿屋

戦士「どうだ、結構いい剣だろ」

魔法使い「おかげでこっちの防具が安物になっただろうが!」

戦士「俺はお前らの壁だぜ?」

魔法使い「物はいいようだな」

勇者「……」

戦士「なんだ。勇者やつ、もう寝たのか」

勇者(うっせえ……起きてるし。疲れるから寝てるんだよ、バーカ)

勇者(これだから何も考えない体育会系は困るな)

僧侶「ただいま、戻りました」

魔法使い「遅かったな」

僧侶「ええ。でも色々な情報といい臨時のお仕事を見つけてきました」

戦士「お、マジか?」

魔法使い「なんだ?」

勇者(お前らの仕事は魔王をたおすことだろうが……ふざけんな)



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:02:34.03 ID:pcwwzmjh0

僧侶「この辺一帯を縄張りとする凶暴な魔物を討伐してほしいと。報酬は10万Gです」

戦士「よし。のった!!」

魔法使い「それだけあれば、とりあえずこの街で一番いい防具を揃えられるな」

勇者(お前ら王にも金もらってんだろうが……守銭奴、いや、DQNだな)

戦士「その魔物はどこにいるんだ?」

僧侶「ここから東へいった森に」

戦士「そうか」

魔法使い「他の情報は?」

僧侶「最近、旅人を狙う盗賊団もいるようです」

戦士「そりゃ怖いな」

魔法使い「盗賊団か……人間だからある意味、魔物よりも性質が悪いな」

僧侶「盗賊団の退治は国の仕事ですしね」

戦士「よし。んじゃ、今からいくか。魔物退治」

僧侶「ですね。夜なら恐らく森で活動しているでしょうし」

勇者(今から……馬鹿か。夜は魔物が活発になってあぶねーんだよ。そんなこともしらねえのかよ、低脳ども)



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:07:16.80 ID:pcwwzmjh0

戦士「――おい。勇者」

勇者「え……?」

戦士「起きろ。行くぞ」

勇者「え、ど、どこに……?」

魔法使い「よし。薬草も十分だし、いけるだろ」

僧侶「キメラの翼もありますし、危険になれば逃げましょう」

戦士「だな。うし、行くぞ」

勇者「あ……」

勇者(くそ……なんだよ……なんで俺がお前らのアルバイトに付き合わなくちゃいけないんだよ……!!)

魔法使い「……」

勇者「な、なに……?」

魔法使い「……別に」

勇者(くそ……馬鹿にしてる目だ……ふざけんなよ……)

勇者(俺は勇者だぞ……勇者じゃないと魔王は倒せないんだぞ……!!)



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:11:46.43 ID:pcwwzmjh0

東の森

戦士「たいまつはここから消していくか」

勇者「な、なんで……?!あ、危ないんじゃあ……」

僧侶「火は自分の位置を相手に知らせることにも繋がりますから」

魔法使い「そうそう。こうやって手を繋いどけば逸れないって」

勇者「あ……」

戦士「よし、いくぞ」

僧侶「月明かりでなんとかなりそうですね」

魔法使い「それでもなんか底が抜けそうな感じがするな」

戦士「怖いこというなって」

勇者(な、なんでこいつら……こんなに落ちつてるんだ……?)

僧侶「――待ってください」

戦士「どうした?」

僧侶「足元に違和感が……魔法使いさん、メラで灯りを」

魔法使い「メラ……あ、これ足跡だ……新しいぞ」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:16:36.80 ID:pcwwzmjh0

戦士「この大きさは魔物の足跡だな……」

僧侶「ええ、気を引き締めていきましょう」

勇者(こいつら金のために命を削って……本当に馬鹿じゃないのか……?)

魔法使い「その魔物、人をよく襲ってるのか?」

僧侶「はい。既に街の住民が何人も犠牲になっているとか」

戦士「なら、はやいとこなんとかしないとな」

魔法使い「だな」

勇者(金のためだろ……偽善者ぶるなよ)

――グルルル

勇者「……!?」

戦士「しかし、どこにいるんだろうな」

僧侶「複数の巣をもっているとか」

魔法使い「そりゃ、大変だなおい」

勇者「あ、あの……いま、変な声、しなかった……か?」

戦士「え……?いや、別に?」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:21:29.16 ID:pcwwzmjh0

勇者「……」

戦士「ビビり過ぎだ」

僧侶「そうですよ」

勇者「……ご、ごめん」

勇者(馬鹿にしやがって)

魔法使い「さ、いこう」

戦士「だな」

勇者「……」

―――グルルルルル!!!!

戦士「……!??」

僧侶「……っ!?」

魔法使い「やばい……囲まれてる……いつの間に……?!」

勇者「うわぁぁぁぁぁ!!!!!!だ、だからいったんだ!!!」

戦士「馬鹿。大きな声を出すな。魔物を刺激するだけだ」

僧侶「――勇者様、これを持っていてください」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:25:14.79 ID:pcwwzmjh0

勇者「……え?」

魔物「ガルルルルル!!!」

戦士「数は……数えたくないな」

魔法使い「呪文で一掃する。―――イオ!!」

魔物「―――ガァァァァ!!!」

僧侶「ダメです!!数が……!?」

戦士「ちくしょぉぉぉ!!!!!―――おらおら!!!」

勇者「うわぁぁ!!!死ぬんだぁぁ!!!死ぬゥゥ!!!」

僧侶「勇者様!!後ろ!!」

魔物「オォォォォォン!!!!」

勇者「―――ぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!」

戦士「馬鹿!!―――あぐぇ!?!」

勇者「あ……!?また俺を庇って……」

魔法使い「戦士!?」

僧侶「ホイミ!」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:26:27.71 ID:lI7xuAUO0

こいつ本当に勇者かよ



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:28:40.68 ID:QCRIBK6s0

勇者たることだけが今の彼のプライドを支えているのだ



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:29:56.18 ID:pcwwzmjh0

魔物「グルルルル!!!」

魔法使い「こんなに多いなんて……10万じゃ安すぎるな」

戦士「全くだ……」

勇者「死ぬんだ……ここでみんな……」

僧侶「……」

戦士「……」

魔法使い「……」

勇者「な、なんだよ……なに睨んでるんだよ!!」

戦士「死ぬとかいうな」

勇者「ほ、本当のことだろ!!」

僧侶「……勇者様」

勇者「な、なんだよ……馬鹿にするな……俺は、勇者……なんだ……」

魔法使い「……ちょっと魔力的に辛いけど……仕方ないな。―――ベギラマ!!!」

勇者「な……!?!?」

魔法使い「はぁ……はぁ……!!――勇者、道ができた!!向こうに逃げろ!!」



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:33:53.83 ID:pcwwzmjh0

勇者「なにを……!?」

戦士「足手まといなんだよ」

勇者「な……に……?」

戦士「戦場でそうやって震えられたら、こっちの身がもたねえ」

勇者「お、まえ……勇者に向かって……!!」

魔法使い「……はやくいけ……もう一発なんてできないぞ……?」

僧侶「勇者様、早く」

勇者「い、いわれなくても……!!」

戦士「それでいい……お前は死ぬな」

勇者「―――くそぉぉぉぉ!!!!うわぁぁぁぁ!!!!」

僧侶「……うまく逃げられるでしょうか」

魔法使い「ああいう奴は悪運がつよい。大丈夫だろ」

僧侶「……そうですね。キメラの翼もお渡ししましたし。なんとかなるかと」

戦士「じゃあ、俺たちは魔物退治といくか」

魔物「―――グルルルルルル!!!!ガァァァァ!!!」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:36:46.60 ID:saW1sK8ZO

いい仲間達だな。



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:37:39.34 ID:z+cBdSIL0

勇者様頑張って



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:38:06.48 ID:pcwwzmjh0

勇者「はぁ……はぁ……!!」

勇者「死にたくない……死にたくない!!」

勇者「はぁ……はぁ……」

勇者「あ―――」

ドスン!!

勇者「いってぇ……くそ、なんでこんなところに石があるんだよ……ふざけんな……!!」

勇者「早く……逃げないと……」

勇者「――いっ!?!」

勇者「な、なんだ……足が……いてえ……」

勇者「こんなんじゃあ、歩けねえじゃねえかよ……くそ……くそ……なんで俺ばっかりがこんな目に遭うんだ……!!」

勇者「くそぉ……ふざけんな……くそぉ……!!」

ガサガサ……」

勇者「ひぃ?!――隠れなきゃ……死ぬ……!!」

勇者「あ、こ、この岩陰に……」

勇者「はぁ……はぁ……死にたくない……死にたくない……」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:42:35.22 ID:pcwwzmjh0

翌朝

盗賊「ふわぁぁ……親方も無茶苦茶いうよねえ……こんな魔物の巣窟化した森に乙女を放りだすなんてさぁ」

盗賊「金目の物なんかないっつーの」

――ピィィ

盗賊「ん……?」

――ピィィ

盗賊「なんだろう……?」

盗賊「こっちかな?」

竜「ピー!!ピー!!」

盗賊「わぉ♪かわいいじゃん。なにこれ、竜の雛?」

竜「ピー!!ピー!!」

盗賊「何をそんなに……お?」

勇者「……」

盗賊「ずいぶんとボロボロじゃないの。なんかあったのかな?」

竜「ピー!!」



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:47:40.44 ID:pcwwzmjh0

盗賊「まあ、こっちのデブはどうでもいいか。――おいでー♪」

竜「ピ!?」

盗賊「あはは、かわいい♪この子、裏のルートで売れば結構金になるんじゃないかなぁ……にひひ」

竜「ピィィ!!ピィィ!!!」

盗賊「あ、ちょっと!!大人しくしてよ!!」

竜「ピィィィ!!!(ガブッ!!」

盗賊「いったぁぁい!!!!なにすんのよ!!!」

竜「ピィィ……ピィィ……」

勇者「……」

盗賊「ふうん、そのおデブがご主人ってわけか」

竜「ピィィィ……」

盗賊「―――オッケー、じゃあ取引だ」

竜「ピ?」

盗賊「あんたのご主人を私が助けてあげる。その代り、あんたは私の物になる。どう?」

竜「……(プイ」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:50:42.87 ID:39vZSNyQO

竜可愛すぎワロタwww



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:52:10.73 ID:pcwwzmjh0

盗賊「な……?!可愛げないなぁ……」

竜「ピィィ!!」

盗賊「なによ、無償で助けろって?こっちは名高きカンダタ盗賊団だよ?そんなこと―――」

竜「ピィィ……!!」

盗賊「な、なによ……そんなに構えて……」

竜「ピギュァァァァ!!!!(ゴォォォォォ!!!」

盗賊「うわぁあぁ!!!火を吹くな!!!」

竜「ピ!!」

盗賊「はいはい……治療するわよ……生意気な竜ね……」

竜「ピー♪」

勇者「……」

盗賊「でも、こいつ誰かな……?装備してるものとか旅人ってわけじゃなさそうだし……」

勇者「……」

盗賊「ま、全然好みじゃないし、どうでもいいか。――はい、完了」

竜「ピィィ」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 15:56:34.68 ID:pcwwzmjh0

勇者「―――ん」

竜「ピィィ?」

盗賊「あ、気がついた?」

勇者「え……あれ……?」

竜「ピー♪(ペロペロ」

勇者「うわ……やめ……」

竜「ピィィ♪」

勇者「おまえ……どうして……ここに?」

竜「ピー、ピーピピ、ピー♪」

勇者「逃げ出して……来たのか?」

竜「ピュァ♪(コクッ」

勇者「な、んで……」

盗賊「おはよう。ご機嫌、いかかが?」

勇者「うわ!!だ、だれ……?」

盗賊「どうも。しがない盗賊やってる15歳の女の子だよ。あなたは?」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:03:13.35 ID:pcwwzmjh0

盗賊「―――なるほど。事情はわかった」

勇者「……」

竜「ピッ♪ピッ♪ピーッ♪」

盗賊「あなたの頭の上で楽しそうに首を振ってる子に感謝したほうがいいね」

勇者「え……?」

盗賊「多分その子、ずっとあなたのこと守ってたんだと思うよ?」

勇者「そう……なのか?」

竜「ピィィ?」

盗賊「本当に偉いね。――こんな屑のためにさ」

勇者「な、なんだと……?!」

盗賊「だって、全部人の所為にしてるだけじゃん」

勇者「な、なにを……」

盗賊「装備だって悪くない。王様は出来る限りの援助をしてくれたんじゃないの?」

勇者「こ、こんな装備で魔王なんて……」

盗賊「魔王を倒すために必要なのが武器っていうなら、あんたんかより王国の騎士が魔王を倒しに行った方がいいんじゃないの?」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:10:16.98 ID:pcwwzmjh0

勇者「……っ」

盗賊「仲間のこともそう。あなたが卑屈にならずに盾にでもなってあげれば、救えたかもしれないのに」

勇者「あ、あいつらが勝手に決めたことだし……」

盗賊「勝手に……?」

勇者「そうだよ……金ほしさに……」

盗賊「あははは」

勇者「な……なんだよ……なに、笑ってんだよ……」

盗賊「デブな上に卑屈で、しかも無知。最悪じゃん」

勇者「お前……俺は勇者だぞ……!!」

盗賊「――それが何?」

勇者「ひっ……やめ、ろ……ナイフをつき、つけるな……」

盗賊「いいことを教えてあげる。この森にいる魔物は魔王の息がかかった凶悪なモンスターたちなの」

竜「ピィ……」

盗賊「周辺の村、街は甚大な被害を受けてる。だけど、魔物が凶悪で誰も手を出せないでいたの」

勇者「そ、それが……なんだよ……それぐらい……し、ってる」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:11:32.29 ID:+6nLiEqq0

でも勇者デブなんだよな・・・



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:12:43.74 ID:ia5S/R+Y0

>>200
おい、忘れてたのに



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:16:03.56 ID:pcwwzmjh0

盗賊「じゃあ、知ってて魔物を倒そうとしたの?」

勇者「え……」

盗賊「あなたの仲間、それを知っていて討伐に乗り出したんじゃないの?――魔王の一味だからって」

勇者「あ、それは……」

盗賊「どんなに危険かも承知だった……でも、こうして討伐に乗り出したのはどうしてかな?」

勇者「そ、そんなの金……だろ……」

竜「ピィィ」

盗賊「ねー?この子もそれは違うぞ屑野郎って言ってる」

勇者「な!?」

竜「ピィィ!!!(フルフル!!」

盗賊「――勇者がいたから、倒せるかもしれないって信じてたんじゃないの?」

勇者「そ、そんなわけ……」

盗賊「もしかしたら勇者なら、あるいは勇者なら、そんな淡い期待をあなたに向けたんじゃないの?」

勇者「そ、そんなの……迷惑な……だけだ……」

盗賊「なら、勇者なんてやめちゃえば?――あんたみたいな屑には向かないだろうし」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:18:02.14 ID:72AyLSx00

お前らもこの勇者みたいに卑屈になって周りを信じていなかったかもしれないな

頼られていたのに



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:22:25.59 ID:lus2aVh70

>>207
何でそんなに心にくること言えるんだお前は



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:22:32.06 ID:pcwwzmjh0

勇者「お前……!!!」

盗賊「なによ?」

勇者「……っ」

盗賊「何もできない糞デブが勇者とは……世も末ね」

勇者「お、おれは……由緒ある家系で……勇者なんだぞ……お前みたいに底辺を生きる奴とは……」

盗賊「―――言ったな!!」

勇者「ぐぁ!?」

竜「ピュギュァ!!!」

盗賊「ドラゴンちゃん、ごめん。でも、今のは許せない」

竜「……ピィ」

勇者「殴ったな……お前、勇者を理由もなく殴れば……どうなるか……」

盗賊「貴族の出かなんかしらないけど、あなた他人の生き方を侮蔑できるほど、立派に生きてるの?」

勇者「……!」

盗賊「確かに盗賊は他人の物を奪うこともあるし、財宝を盗むこともある。でも、その生き方に誇りはあるの。―――だから、今の発言は許せない」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:29:21.17 ID:72AyLSx00

お前らの目にこの勇者はどう映ってる?
お前らも周りの人の目にそう映ってたかもしれないな



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:32:37.02 ID:+jmPI5Rc0

>>219
やめてくれ



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:29:28.22 ID:pcwwzmjh0

勇者「……強奪して生きるのが誇りかよ……ありえない……」

盗賊「誇りよ。―――私たちはこうすることでしか生きてこれなかったんだもの」

勇者「……」

盗賊「物心ついたときにはもう死人から物をかっぱぐ毎日だった」

勇者「な、なんだよ……それ」

盗賊「盗賊の殆どは親や家族がいない連中よ。家はなく、常に魔物と戦ってきた」

竜「ピィィ……」

盗賊「生きるためには武器がいる。子どもが武器を得るには生きている人間から奪うしかない」

勇者「そんなことで正当化しようとするな……」

盗賊「なら、あなたが私を養ってくれるの?」

勇者「……っ」

盗賊「無理でしょ?嫌でしょ?――だったらそんな無責任なことをいうな、糞デブ」

勇者「ぐっ……」

盗賊「――さぁて、ドラゴンちゃん。こんなデブ放っておいて、私とランデブーしようぜ♪なんちゃって」

竜「ピィィィ……」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:35:56.20 ID:pcwwzmjh0

盗賊「なによー、そんなデブのところにいても幸せになれないって」

竜「ピィィィ……!!」

盗賊「こわ……」

勇者「……」

竜「ピィィ?ピィィ!」

勇者「……俺は」

盗賊「そんな竜の子どもに気に入られてるのに、どうしてそんな卑屈になれるのかしらね。私だったら、調子にのって世界救っちゃうわ」

竜「ピィ!(ペロペロ」

勇者「……俺は……勇者だ……馬鹿にするな……」

盗賊「まだいうか。説教も飽きたし、私はそろそろ帰るね。――ドラゴンちゃんは諦めないけど」

竜「ピィィ!?!?」

盗賊「じゃあね♪」

竜「ピィィ!」

勇者「……俺は……勇者だぞ……ばかに……する、なぁ……」

竜「ピィ……」



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:40:41.63 ID:pcwwzmjh0



勇者「……あ、もう夜か」

竜「―――ムー!!」

勇者「お前……どこ言ってたんだ……?」

竜「ムムム!!」

勇者「な、なんだよ……」

竜「ムム……ピュロロロ……(ビチャビチャ」

勇者「お、おい……何をはいて……」

竜「ピィ……ピー!!」

勇者「あ、おい……これ……水か……?」

勇者(あいつ……水を俺に飲ませようとしてんのか……?)

竜「―――ムー!!!」

勇者「あ……」

竜「ムムム!!!!」

勇者「わ、わかったよ……あーん……」



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:45:21.68 ID:pcwwzmjh0

竜「ピュロロロ(ビチャビチャ」

勇者「ゴク……」

竜「ピ?」

勇者「……ちょっと少ないけど、うまいな」

竜「ピー♪」

勇者「ありがとう……」

竜「ピー!!!」

勇者「あ、もういいって……いったか」

勇者「はぁ……」

勇者「……俺、なにやってんだ、こんなところで……」

勇者「仲間を失って……底辺の盗賊には説教されて……ペットにまで施しをうけて……」

勇者「あはは……俺……すげえ、屑だ……はは……認めなくなかった……なに……」

竜「―――ムー!!!」

勇者「……」

竜「ムムム!!」



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:49:18.26 ID:pcwwzmjh0

勇者「……ありがとう」

竜「ピュロロロ……(ビチャビチャ」

勇者「……」

竜「ピィ?」

勇者「もういいから」

竜「ピー?」

勇者「もういいよ……好きなとこにいけ」

竜「ピ……」

勇者「こんな屑の傍にいても仕方ない……お前の為だ」

竜「ピーピー(フルフル」

勇者「もう好きなとこにいってくれ!!!」

竜「ピャィ!?」

勇者「もう……俺に関わるな……みんな不幸になるんだ……みんな……」

竜「ピィィ……」



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:53:13.10 ID:pcwwzmjh0

―――グルルルル!!!

勇者「……!?」

竜「ピィ!?!」

魔物「ガルルルル……!!!」

勇者「終わったな……いや、始まってもなかったな」

竜「ピィィィ……!!!」

勇者「……こっちにこい」

竜「ピー?」

勇者「ほら、これを使ってやる……」

竜「ピー?!」

勇者「キメラの翼があれば、とりあえず安全なところにはお前を飛ばせる」

竜「ピー!!!ピー!!!(フルフル!!」

勇者「俺のために死ぬことはない……」

竜「ピィ!!!(ガブッ!!」

勇者「痛っ!?――な、なにするんだよ!?」



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 16:58:47.55 ID:pcwwzmjh0

竜「ピー!!(モグモグ」

勇者「あ!!お前、キメラの翼を食べてどうするんだよ!?」

竜「ピュッフ……♪」

勇者「なんで……なんで……ここで俺の言うことを聞いてくれないんだ……」

魔物「ガルルルル」

勇者「―――くそ!!くそ!!!」

竜「ピィ!?」

勇者「か、かか、かかってこい!!!お、おまえらんて……おれふぁ……!!」

竜「ピィィィ!!!」

勇者「じ、じじかんぐらいは、稼げる……盗賊の女も言ってた……盾なれば救える命も……あるって……!!」

魔物「ガルルルル……!!」

竜「ピー!!!(フルフル!!」

勇者「は、はやくにげろよぉ!!!お、おれ……す、すぐにしぬぞぉ!!!」

竜「ピィィィ!!!(フルフル!!」

勇者「にげろよぉ……さいごぐらい……かっこつけてしなせろよぉ……くそ……俺は……勇者……なんだぞ……」



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:04:17.41 ID:1+YQDBaD0

今のVIPはリア充しかいないから
勇者の気持ちはわからんだろ



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:04:36.29 ID:pcwwzmjh0

魔物「ガルルル……!!!」

勇者「くそ!!くそ!!!!」

竜「ピィィィィィ……!!!」

魔物「ガァァァァ!!!!!」

勇者「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

竜「ピャギィィ!!!!!(ゴォォォォォォ!!!!」

魔物「ガ!?」

勇者「え……」

竜「ピィィ……!!」

勇者「お前……炎だせるのか……?」

竜「ピー♪」

勇者「はは、益々俺より……すごいな……」

竜「ピィ(フルフル」

勇者「え……」

竜「ピー♪ピピピー♪(ペロペロ」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:08:32.64 ID:pcwwzmjh0

勇者「馬鹿、顔を舐めるな……」

魔物「ガァアァァ!!」

勇者「あ!?」

竜「ピギュァァァ!!(ゴォォォ!!」

魔物「ガァァァァ!!!」

勇者「うわ!!うわぁぁ!!!こっちにくるなぁぁ!!!」

竜「ピュギュァァァ!!!!(ゴォォォォ!!!!」

勇者「くそ……くそ……キリが……」

竜「ピィ……ピィ……」

勇者「お、おい……大丈夫か……?!しっかりしろ!!」

竜「ピィィ……」

勇者「おい!!」

魔物「ガルルルル……」

勇者「くそ……くそ……俺だって……盾ぐらいには……!!」

魔物「―――ガァァァァ!!!」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:12:50.81 ID:pcwwzmjh0

勇者「くっ―――」

竜「―――ギャピ!?!」

勇者「え……」

竜「ピ……ィ……」

勇者「お、おい……なに、庇ってるんだ……」

魔物「ガァァァ!!!」

竜「―――ピギュァァ!!(ゴォォォ!!」

魔物「ガルル……」

竜「ピィ……ピィ……」

勇者「おい!しっかりしろ!!おい!!」

竜「ピー……?」

勇者「あ、ああ。俺は大丈夫だ……」

竜「ピ……ィ……♪」

勇者「あ、あぁ……だめだ……目をつぶるな……」

竜「…………」



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:15:26.73 ID:pcwwzmjh0

魔物「ガルルルル……!!!」

勇者「おい……」

竜「」

勇者「おいってば……」

魔物「ガァァァァ!!!」

ガブッ!!

勇者「……起きろ……おい……」

竜「」

魔物「ガウ!!!」

ガブッ!!

勇者「痛っ……おい……おい……」

竜「」

魔物「―――ガァァァァ!!!」

勇者「おい……」

ガブッ!!!



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:20:51.92 ID:pcwwzmjh0

勇者「……」

竜「」

魔物「ガルルルル」

勇者「……痛いな……殺すなら一思いにやってくれよ……」

魔物「ガルルル……」

勇者「くそがぁぁ!!(ブゥン!!」

魔物「ガッ!!」

勇者「邪魔だ!!どけ!!!(ブゥン!!ブゥン!!」

魔物「ガルルル……」

勇者「あ……(ガクッ」

勇者「もう……力が……」

勇者「くそ……」

竜「」

勇者「ごめん……守ってやれなくて……」

勇者「……・俺もすぐに……逝く……から」



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:25:26.89 ID:pcwwzmjh0

魔物「ガルルルル!!!!」

勇者「……」

竜「……」

魔物「―――ガァァァァ!!!」

魔物「―――ウオォォォォン!!!!」

勇者「……ごめん……こんな主人で……」

竜「……」


盗賊「―――親方!!!」

親方「あっちから火があがってたって?」

盗賊「昼に話したドラゴンだと思う」

親方「じゃあ、いってみっか。竜のうろこは金になる」

盗賊「そうこなくっちゃ!!」

―――オォォォォォオオオオオオオオオオオ!!!!!!!

盗賊「わぁ!?!何あれ!?」

親方「お、おい……あの上空に飛びあがったの……ドラゴンか……!!?」



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:30:33.72 ID:pcwwzmjh0

魔物「……!?!??」

ドラゴン「……ここにいたか。人間に連れさられたときは肝を冷やしたぞ」

勇者「……」

竜「……」

ドラゴン「酷いな……」

魔物「ガルルル……!!!」

ドラゴン「貴様ら……俺様の娘をここまで傷つけたこと、覚悟はできているのだろうな?」

魔物「ガァァァァ!!!」

ドラゴン「燃やしつくしてやる!!!―――しゃくねつ!!!」

ゴォォォォォォ!!!!!


盗賊「親方!!やばい!!火事だこれ!!」

親方「ちっ!!まさか本物のドラゴンがこんなところに現れるなんて……!!」

盗賊「にげよ!!」

親方「あたりまえよ!!」



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:31:37.24 ID:/JGw2/070

親キター



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:35:49.94 ID:pcwwzmjh0

竜の巣

勇者「……あ?」

ドラゴン「―――気がついたか、勇者」

勇者「うわぁあぁ!!!――あだだだ!!」

ドラゴン「わっはっはっは。その傷でよく叫べるな」

勇者「お、まえは……?」

ドラゴン「……何をいってるのだ?」

勇者「は……?」

ドラゴン「ふむ。そうか、血が薄れ過ぎたか」

勇者「なにを……」

竜「ピー!!」

勇者「あ……!!」

ドラゴン「娘から全て聞いた。礼を言おう。流石は勇者だな。あの魔物群れから娘を守ろうとしてくれたのだろ?」

勇者「いや……俺は何もできなかった……」

竜「ピィィ?」



331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:37:14.80 ID:B0GhHHrYO

こうやってフラグ立てられるあたりが俺らと勇者様の違う所か



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:38:11.42 ID:hnmWz/G40

勇者とは選ばれし者やねんな・・



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:39:34.60 ID:qrln52xV0

このフラグを神から与えられるのが勇者ってことなんだろうな



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:42:41.27 ID:pcwwzmjh0

勇者「俺はこいつにずっと守られてて……」

ドラゴン「当然だろう」

勇者「え?」

ドラゴン「我々、竜の一族はお前を守るために存在しているのだからな」

勇者「俺……人間を……?」

ドラゴン「人間を守るのではない。勇者の一族を守るように我々は神に言われている」

勇者「……」

ドラゴン「まあ、今は休め。傷が回復したらまた旅もできる」

勇者「……いや、もういい」

ドラゴン「……どういうことだ?」

勇者「俺じゃあ、魔王は倒せない……」

ドラゴン「……」

竜「ピィィ?」

勇者「俺には……もう……無理だ。それがはっきりした」

ドラゴン「もうねろ……疲れているのだ」



348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:48:01.44 ID:pcwwzmjh0

魔王城

魔王「―――なるほど、あの森がドラゴンに?」

側近「は」

魔王「ついに勇者が現れたということか」

側近「如何いたしましょう?」

魔王「ドラゴンが現れたということはここに来るのも時間の問題だろうな」

側近「では……」

魔王「やつらは勇者が目覚めるまでは表に出てこないからな」

側近「守りを固めておきましょう」

魔王「そうしてくれ」

魔王「勇者にドラゴン……か」

魔王「ふふふ……いつでもこい」

魔王「人類の希望を今度こそ潰してみせるぞ」



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:52:10.76 ID:pcwwzmjh0



王「―――して、勇者の消息は!?」

戦士「すいません……逸れてから必死に探していたのですが」

魔法使い「……いきなりドラゴンが現れてしまい」

王「……ふむ」

僧侶「もう一度、探しに行きます」

戦士「でも、俺は見ました。ドラゴンの背に勇者がいるのを。だから、ドラゴンの目撃情報を集めていけばきっと……!!」

王「そうだな……おい」

側近「はは!!」

王「ドラゴンの飛び去った方角を調べろ」

側近「もう調べております」

戦士「俺たちも行こう」

僧侶「そうですね。勇者様をお助けしなくては」

魔法使い「ああ、勇者を失うわけにはいかないからな」

王「頼んだぞ……」



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:56:47.16 ID:pcwwzmjh0

盗賊団 アジト

盗賊「よっし!!親方、ちょっといってくるよ」

親方「気を付けろよ?」

盗賊「へっへーん。竜のうろこぐらい余裕だって」

親方「全く」

盗賊「飛び去った方向から推測すれば……この山にいるのは間違いない。あんな巨体を隠せるのはここしかないし」

親方「いいか。無茶だけはするなよ?」

盗賊「わかってるって!」

親方「危なくなったら戻ってこい。絶対だからな」

盗賊「あいよー」

親方「本当に大丈夫なんだろうな……」

盗賊「よーし……きっとそこにはあのミニ竜もいるはず……!」

盗賊「うまくいけば当分、ごはんには困らないぞ……♪」



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:02:03.57 ID:pcwwzmjh0

数日後 竜の巣

ドラゴン「あ、い、う、え、お」

竜「ピ、ピャ、ピィ、ピュ、ピョ」

ドラゴン「……人語を話せるまではまだまだだな」

勇者「……」

竜「ピー♪」

ドラゴン「起きたか」

勇者「ああ」

ドラゴン「腹がへったのなら言ってくれ。いつでも食料は用意してやれる。―――肉と果物だけだがな」

勇者「ありがとう」

竜「ピィィ♪」

ドラゴン「こら、まだ勉強の途中だろうが」

竜「ピィィ……」

勇者「勉強?」

ドラゴン「我々は勇者と意思の疎通ができるように人語を話せないといけないのだ」



375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:08:34.22 ID:pcwwzmjh0

勇者「そうか……こんなに小さいのに頑張ってるんだな」

竜「ピィ♪」

ドラゴン「……勇者もだろう」

勇者「傷は癒えたのに、ここでくだを巻いてる俺が?……やめてくれよ」

ドラゴン「魔王は勇者でなくては倒せない。それは何故か」

勇者「……?」

ドラゴン「それは我々の助力を得られ、天性のカリスマで人を統べることができるからだ」

勇者「人を統べることなんて……」

ドラゴン「気が付いていないだけだ。お前は人から自然と愛される存在。何をしなとも向こうから手を差し伸べてくれる」

勇者「……」

ドラゴン「そういう者でないとあの魔王を倒すなど無理だろうな」

勇者「そうなのか?」

ドラゴン「ああ」

竜「ピィィ♪」

勇者「……でも……俺は仲間を見捨てた……」



380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:13:57.82 ID:pcwwzmjh0

ドラゴン「……逃げることも勇気だ」

勇者「そんなの……誤魔化しじゃないか」

ドラゴン「誤謬だろうと詭弁だろうと良いではないか。それは事実だ」

勇者「仲間を見捨てた勇者になんて……誰がついてくるんだよ」

ドラゴン「……我々がいる」

竜「ピー!!」

勇者「……」

ドラゴン「魔王に勝てないと思うのは当然だろう。自分を信じられないこともあろう」

勇者「どこを信じろっていうんだ……」

ドラゴン「では、信じられるようになってみるか?」

勇者「え……?」

竜「ピィィ!!」

ドラゴン「娘もこうして日々成長している。お前も何かを始めることで自分を信じられるかもしれんぞ?」

勇者「ど、どうすれば……?」

ドラゴン「―――まずは走り込みだな。勇者には無駄な肉が多い。それを落とそう」



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:18:58.77 ID:pcwwzmjh0

翌日

勇者「はぁ……はぁ……!!」

ドラゴン「ほらー、ペースが落ちてきたぞー」

勇者「ふざけんな……くそ……!!」

ドラゴン「文句をいうだけの元気があるようだな。ではもう10キロ延長だ」

勇者「はぁ……はぁ……悪魔め……!!」

竜「ピィィ!!ピィィ!!」

勇者「お、まえは……飛んでて楽そうだな……くっそ……!!」

ドラゴン「もう5キロ延ばすか?」

勇者「や、めろ……!!」

ドラゴン「では、はしれーはしれー」

竜「ピィ!」

勇者「くそ……俺は勇者だぞ……!!」

ドラゴン「その誇りを持っていれば大丈夫だ」



401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:23:21.36 ID:pcwwzmjh0

ドラゴン「はい、はい、はい」

勇者「ふぬぬ……!!」

ドラゴン「ほらほら。まだ腹筋50回だぞ」

勇者「だ、まれ……」

ドラゴン「もう5セット追加だな」

勇者「あ……がぁ……!?」


勇者「―――ふーん!!」

ドラゴン「腕立てもろくにできんのか?」

勇者「だまれ……!!」

ドラゴン「もう100回追加な」

勇者「ぐふ……!?」


勇者「はぁ……はぁ……」

竜「ムムム!!―――ピュロロロ……(ビチャビチャ」

勇者「ゴク……はぁ……あり、がとう……」



413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:28:54.25 ID:pcwwzmjh0

数週間後

勇者「はぁ……はぁ……」

ドラゴン(ふふ……根性だけは据わっているな)

ドラゴン(無茶な特訓にこうして取り組んでいるのは流石は勇者といったところか)

勇者「―――よし、20キロ終わったぞ……はぁ……はぁ……」

ドラゴン「そろそろ勇気が出てきたんじゃないか?」

勇者「どうだろうな……」

ドラゴン「早く決断した方がいい。魔王は着実に魔の手を広げている」

勇者「分かってる……分かってるけど」

竜「ゆう、しゃ。みず、みず♪」

勇者「ありがとう」

竜「ゆうしゃ、ふぁいと、ふぁいと♪」

勇者「……」

ドラゴン「やはり仲間のことがまだ……」



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:33:35.65 ID:pcwwzmjh0

盗賊「―――ここね」

戦士「――ここか」

盗賊「え?」

僧侶「誰ですか?」

盗賊「アンタ達こそ……王国の騎士?」

魔法使い「ただの傭兵。ここに勇者がいるって聞いてな」

盗賊「勇者ってあの糞デブのこと?」

戦士「――口を慎め」

盗賊「おぉ!剣は納めてくんない?」

戦士「ふん」

魔法使い「あなたは?みたところ一般人ではなさそうだけど」

盗賊「ただの盗賊。ここに竜がいるってきいてね。竜のうろこでも拝借できたらなぁって」

戦士「やっぱり目撃情報は間違いじゃなかったわけか。いくぞ」

僧侶「はい」

盗賊「あ、ちょっと!どうせだったら一緒にいこうよー!!」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:39:04.52 ID:pcwwzmjh0

戦士「意外と険しいな」

僧侶「ですね」

竜「みず、みず♪」

魔法使い「わぁ!?なんか飛んできた!?」

盗賊「竜だ!!」

竜「……だれ?だれだれ?」

戦士「この子……どっかで見たことないか?」

僧侶「そういえば……」

魔法使い「……あ、勇者が頭に乗せてた竜だ」

竜「ゆうしゃ?ゆう、しゃ、好き」

盗賊「きゃー!!喋るようになってかわいいー!!見世物小屋でもひらこうかなー!!」

竜「……きらい。おま、え、きらい!」

盗賊「な、なんで……」

戦士「勇者のところに案内してくれないか?」

竜「う、ん♪いいよ♪――だれ?だれだれ?」



442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:43:32.16 ID:pcwwzmjh0

頂上

竜「ここ、ここ。ここ」

戦士「ありがとう」

僧侶「疲れた……」

ドラゴン「む……だれだ?」

盗賊「わぁぁ!!!でっけえ!?!」

魔法使い「……ここに勇者がいるときいてきたのですが」

ドラゴン「勇者の仲間か?」

戦士「ああ」

盗賊「ドラゴンさま~、うろこくださいな♪」

ドラゴン「ふん!!(ビシ!!」

盗賊「ぶほ!?―――しっぽで殴るなんて……」

ドラゴン「こっちだ」

戦士「すまない」

魔法使い「よかった、勇者は無事っぽいな……」



446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:45:38.58 ID:XP7mDjDh0

おまえらって、世間から笑われてると思ってんの?



449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:48:04.00 ID:yBSSSeeK0

世間って自分で思うほど冷たくないよね
暖かくもないけど



450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:49:25.31 ID:pcwwzmjh0

勇者「ふん!!ふん!!ふん!!!」

竜「ゆ、しゃ♪ふぁいと、ふぁいと♪」

盗賊「ちょ……え……?」

戦士「おい」

ドラゴン「なんだ?」

戦士「このスクワットをしている人は誰だ?」

ドラゴン「勇者だが?」

僧侶「え……」

魔法使い「……うそだ……こんなにかっこいい人だったのか……?」

盗賊「―――勇者さまー♪」

勇者「え?」

盗賊「あのときは酷いこといって―――」

竜「も、えろ!(ゴォォ!!」

盗賊「ぎゃぁああ!!!」

勇者「あ……み、みんな!!!」



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:50:10.04 ID:qqLMQ7+Y0

リア充ルート来たわあ



458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:51:56.77 ID:BpN2uPLJ0

まだだ。まだ油断するな



466:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:56:02.75 ID:pcwwzmjh0

戦士「見違えたな」

勇者「そうかな……みんな、あのときは……俺……」

僧侶「勇者様が無事ならそれでかまいません」

魔法使い「ああ。助けた甲斐があったな」

勇者「許して……くれるのか……?」

戦士「許すも何も、俺たちは勇者を責めてもないし、怒っても無い」

僧侶「はい」

勇者「……ありがとう……」

盗賊「あー酷い目にあった……」

竜「ゆうしゃ、よかったね、よ、かったね♪」

勇者「ああ……」

盗賊「勇者さま~すてきですーえへへ~」

ドラゴン「勇者よ。さあ、決断のときだな。どうする?」

勇者「――倒すよ。魔王を……みんなで」

戦士「ああ、倒そう。今の勇者ならなんでもできるだろ」



477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:01:17.66 ID:pcwwzmjh0

魔法使い「ああ、これ以上魔王の好きにはさせない」

僧侶「がんばりましょう」

勇者「でも……正直、俺は……自信がない」

ドラゴン「これだけの仲間がいる、大丈夫だ」

竜「あんしっん♪あ、たしがいるから、あんしっん♪」

勇者「……」

盗賊「そうですよ!私も協力しますよ!!」

戦士「え……お前もくるのか?」

盗賊「魔王の城にいくんでしょ?そこのお宝ももらっちゃおうかなーって」

僧侶「がめつい人……」

盗賊「べーっ、盗賊だもんねー」

勇者(……みんなは本当に俺をことを信頼してくれているのか?)

勇者(あれだけ酷いことをしたのに……)

勇者(信じなきゃいけないけど……)

勇者(もし……ただ命令されていただけだったら……俺は……)



553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:16:51.39 ID:pcwwzmjh0

ドラゴン「勇者?」

勇者「あ、え?」

ドラゴン「まだ、なにかあるのか?」

勇者「いや、ないよ……ないから」

戦士「魔王か……強いんだろうな」

僧侶「でしょうね……準備だけは怠らないようにしませんと」

魔法使い「俺の呪文がどこまで通用するか……」

盗賊「どんななお宝があるのかなぁ」

勇者(ドラゴンの言っていた天性のカリスマなんて俺にはない……)

勇者(だから、みんなはきっと何か理由があってここにいるだけ……かもしれないよな)

竜「ゆう、しゃ、どした?どした?」

勇者「いや……大丈夫」

勇者(みんなの協力する理由がなくなるまえに、魔王を倒さないと。今度、独りになったらもう何もできない……)

勇者「ドラゴン、今すぐ魔王の城まで運んでくれるか?」

ドラゴン「できなくはないがそこまで急がなくてもいいのではないか?」



560:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:22:57.11 ID:pcwwzmjh0

戦士「そうだぜ。確かに魔王の脅威はあるけど……」

僧侶「はい。急いては事を仕損じる、ですよ?」

盗賊「私的には勇者様の意見に大賛成だけど」

魔法使い「……お宝がそんなにほしいのか」

盗賊「もっち!」

竜「ゆうしゃ、どした?」

勇者「こうしている間にも……苦しんでいる人がいるなら、早く魔王を倒すべきだと思う」

ドラゴン「勇者……」

勇者「俺の決断がもう少し早ければ……さあ、ドラゴン、頼む早く行こう!!」

ドラゴン「うむ……勇者がそこまでいうなら」

盗賊「やっほー!流石は勇者さまー♪外見だけじゃなくて、中身もイケメンですねー♪」

勇者「……」

戦士「……っ」

僧侶「……中身まではかわりませんか」

竜「ゆう、しゃ?……ゆうしゃ?」



562:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:27:42.02 ID:pcwwzmjh0

ドラゴン「ではのれ!!」

勇者「よし。みんな行こう!!」

戦士「とことんやってやるぜ!!」

僧侶「はい!!」

魔法使い「やれるとこまでやるしかねーよな」

盗賊「お宝が私をまっているー!!!」

竜「あったし、もがんばる♪ふぁいと、ふぁいと♪」

勇者「頼りにしてるからな?」

竜「ピィ!!」

ドラゴン「よし、行くぞ!!」

盗賊「あ、うろこもらっとこ(ブチッ!!」

ドラゴン「ぎゃあ!?!」

勇者「うわぁ!?どうかしたの?」

ドラゴン「誰だ!!うろこを取った奴は!!(ビシッ!!」

盗賊「はう!?―――飛んでいる最中でも尻尾で殴ってくるとは……」



569:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:32:38.37 ID:pcwwzmjh0

魔王城 上空

ドラゴン「眼下にあるのが魔王の城だ」

勇者「特攻できる?」

ドラゴン「いや、このままでは無理だな。空中で狙い撃ちされる」

戦士「じゃあ、近くに降りるしかないか」

僧侶「そうですね」

盗賊「メンドクサイなぁ」

魔法使い「ならくんなよ」

盗賊「うっさい」

ドラゴン「では、降下する」


勇者「ドラゴンは目立つから外で待機していてくれ」

ドラゴン「うむ。娘よ、勇者を頼んだぞ?」

竜「うん」

戦士「行くか」

勇者「ああ」



576:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:37:07.89 ID:pcwwzmjh0

魔王城内

魔物「グロロロロロロ!!!!!」

戦士「来たぞ!!」

盗賊「おぉ……強そう……」

勇者「……ここ、こい!」

竜「が、んばっれ、ゆうしゃ♪」

僧侶「勇者様、気を付けてください」

勇者「わ、わわ、わかってる……!!」

盗賊(足が震えてるけど、逃げ出さないだけマシなのかな?)

戦士「うおぉぉぉ!!!」

魔物「ゲコココココ!!!」

勇者「うわぁぁぁぁぁ!!!」

魔物「ウヒィィィィ!!!」

勇者「ぐぼっ!?」

僧侶「勇者様!!」



581:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:42:28.64 ID:pcwwzmjh0

戦士「でいやぁ!!!」

竜「ピィィィィ!!!ピギャァァァァ!!!!(ゴォォォォォ!!!」

魔物「ぎゃぁぁぁぁ……」

僧侶「勇者様、大丈夫ですか!?」

竜「ゆう、しゃ!!ゆうしゃ!!」

勇者「あ、ああ……大丈夫……」

魔法使い「無茶はだめだ」

戦士「ああ。無理なら退けばいい。前線に立つ必要は……」

勇者「ごめん、もう平気……先を急ごう……」

勇者(みんなが俺から離れる前に……)

戦士「お、おい、勇者……」

魔法使い「……」

盗賊「……はぁ」

僧侶「勇者様……」



589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:47:19.98 ID:pcwwzmjh0

戦士「なあ、勇者?」

勇者「え?」

戦士「何をそんなに焦ってんだよ……?」

盗賊「わーい、宝箱はっけーん!!―――うわ!!ミミックだ!?」

勇者「焦ってなんか……」

戦士「なら、良いんだけど」

勇者(焦ってなんかない……みんながいなくなるのが怖いだけだ……)

魔法使い「これから先はどんな罠があるかわからない。より一層、気を引き締めないと」

僧侶「そうですね」

勇者「うん」

盗賊「ぎゃっぁああああ!!!!!助けてぇぇぇ!!!」

戦士「―――ふん!!」

ミミック「あぼ!?」

盗賊「あ、ありがとう……」

戦士「遊ぶな。いくぞ」



591:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:52:30.32 ID:pcwwzmjh0

大広間

勇者「随分と広い一室だ」

魔法使い「その割には魔物の一匹もいないな」

僧侶「少し不気味ですね」

戦士「ああ」

盗賊「こういう場所って落とし穴とか釣り天井とかあるんだよね」

戦士「こわいこと言うなよ」

盗賊「長年盗賊してるとね、そういう勘はするどくなるの」

竜「ゆうしゃ、ふぁいと♪」

勇者「いや、なにを―――」

ガコン!!

勇者「あぁぁぁぁ!!!!!」

戦士「勇者!?」

僧侶「落とし穴!?」

竜「ゆうしゃー!!!!」



593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:59:19.15 ID:pcwwzmjh0

地下

勇者「……ん」

勇者「ここは……?」

竜「ゆうしゃ!ゆうしゃ!!」

勇者「おまえ……追ってきたのか?」

竜「ゆしゃ、け、がない?けが、ない?」

勇者「ああ、平気だ」

勇者(にしても落ちたのにあんまり痛みがないのはドラゴンに鍛えられたからか?)

勇者(みんな無事だといいけど)

勇者「……なんだ、上から垂れてきた」

勇者「なんだ……これ……ロープ?」

盗賊「―――どいて!!!」

勇者「え?」

盗賊「―――いたた……大丈夫?」

勇者「お前……ロープを伝って降りてくるとか、正気か?」



595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:05:06.68 ID:pcwwzmjh0

盗賊「上にいる3人がちゃんと持ってくれてたから」

勇者「……なんのようだ?」

盗賊「私は勇者様のお傍にいたいんですよ」

勇者「この子が本命だろ?」

竜「ピィ?」

盗賊「まあ、否定はしないかな」

勇者「別れてよかったのか?上の3人と一緒にいるほうがはるかに安全だと思うが」

盗賊「まあ、まあいいじゃないの。ほら、いくよー」

勇者(何が狙いなんだ……?)

盗賊「なにはともあれここから魔王のいるところを探さないとね」

勇者「そうだな……」

盗賊「どこにいるのかな?」

竜「……(プイ」

盗賊「嫌われてるなぁ……私」



599:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:10:33.07 ID:pcwwzmjh0

盗賊「クンクン……」

勇者「何をやってるんだ?」

盗賊「私たちは現在地を知る術や宝物の場所が分かるの」

勇者「そうなのか?」

盗賊「すごいでしょ?」

竜「すご、い!」

盗賊「そうでしょう、そうでしょう」

勇者「……」

盗賊「なに?」

勇者「いや……」

竜「ゆうしゃ、いこ!いこ!」

勇者「そうだな」

盗賊「あー!そっちじゃないって、こっちこっち」

勇者「そうなのか?」

盗賊「うん」



604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:16:38.09 ID:pcwwzmjh0

勇者「にしても薄暗くて嫌だな」

竜「ピィ」

盗賊「……」

竜「ピィ!?」

盗賊「おぉ……なに?」

勇者「今、誘拐しようとしたろ?」

盗賊「なわけないでしょ?」

勇者「――やっぱりそうか」

盗賊「え?」

勇者「お前が俺についてきた理由はこの子を誘拐するためだったんだな?」

竜「ゆう、かい?なになに?」

盗賊「濡れ衣だって」

勇者「でも……」

盗賊「誘拐してるなら、とっくにしてるし」

勇者「……」



608:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:22:02.84 ID:pcwwzmjh0

謁見の間

魔王「―――来たか」

戦士「……お前が」

僧侶「……」

魔法使い「くそ、まだ勇者と合流できてないっていうのに」

魔王「ふふふ……ここまでたどり着けるとは中々の人間だな」

戦士「構えろ。くるぞ」

魔王「そうだ。いいことを思いついた」

魔法使い「……」

僧侶「な、なんですか?」

魔王「ふふ……余興だ」

戦士「ふざけたこと……魔法使い頼む!!!」

魔法使い「はい!!バイキルト!!」

戦士「―――くらいやがれ!!」

魔王「あははははは!!!!!」



620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:30:15.13 ID:pcwwzmjh0

盗賊「ねえ……」

勇者「なんだ?」

盗賊「どうしてあんたってそんなに性格がねじ曲がってるの?」

勇者「お前よりはマシだ」

竜「ピー」

盗賊「言ってくれるわね……」

勇者「……」

盗賊「まあ、言いたくないならいいけど」

勇者「――俺は昔から期待されては失望されてきた」

盗賊「ふうん」

勇者「勇者の家系であるのに、剣術もダメ、呪文もダメだった。でも勇者の息子ならあるいはって言われて、続けたけど……結局は人並み以下だった」

盗賊「それで性格が歪んだの?」

勇者「外見も酷かったから……」

盗賊「でも、いまはいけてるよ?」

勇者「そうかな……自分ではわからないな」



622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:31:50.99 ID:UcHIh9EO0

何か勘違いしてるみたいだがクズはどこまでいってもクズはクズだぞ
お前らもそうなのに忘れたのか?



624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:33:08.38 ID:jgcrcN9B0

>>622
てめぇ・・・

心に来る・・・言葉を



627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:34:48.91 ID:cfDjN94x0

>>622
だから・・・勇者になりたいんだよ



631:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:37:38.04 ID:pcwwzmjh0

盗賊「まあ、中身が伴えばよりGoodだけどさ」

勇者「中身な……ランニングをしただじゃ無理だったな」

盗賊「……」

竜「ゆうしゃ!あっち、あっち!!」

勇者「え……?」

盗賊「なに?」

戦士「ぐ……」

勇者「戦士!?」

盗賊「ボロボロじゃん!!?」

勇者「どうしたんだ?他の二人は?」

戦士「悪い……魔王にやられた……ふたりは捕まった……」

盗賊「マジ……?」

勇者「そんな……三人がやられたんじゃあ……勝機なんて」

戦士「い、いや、勇者がいるならいける……絶対にな」

勇者「ほ、本当に?」



638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:43:20.35 ID:pcwwzmjh0

戦士「この先にいる」

盗賊「よし」

竜「ピィィィィ!!」

勇者「気合い、入ってるな」

竜「ピィィ」

盗賊「よし、いこっか」

戦士「……ああ」

ギィィィィ……

僧侶「……うぅ」

魔法使い「く……」

戦士「あぁ……・」

勇者「え……?」

盗賊「三人が捕えられてるんだけど……?どういうこと?」

竜「ピィィ……!?」

戦士「――騙されるな!!捕えられている方が魔王が化けているんだ!!」



649:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:56:21.33 ID:pcwwzmjh0

魔王(ふふふ、古典的ではあるがこれほど人間の本質が如実に現れる宴もあるまい)

勇者「え……え……」

盗賊(……魔王……)

戦士A「勇者……お前の傍にいるやつが魔王だ……騙されるな……!!」

戦士B「違う!!捕えられているほうが魔王だ、勇者!!」

勇者「……」

竜「ゆ、しゃ、ふぁいと♪」

勇者「……僧侶!!魔法使い、どっちなんだ?!」

僧侶「勇者様の傍にいる方です!!」

魔法使い「そうだ!!」

勇者「な、なら……」

戦士B「やめろ!!あいつらも魔物がばけているんだ!!嘘をついているんだよ!!」

勇者「……」

魔王(悩め悩め……あはははは!!!!)

盗賊「どうする?」



652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:02:13.39 ID:pcwwzmjh0

勇者「……俺は」

竜「ゆうしゃ、ゆうしゃ♪」

勇者「え……?」

竜「かんたん、かんたん!」

勇者「簡単って……」

盗賊「あ、そっか。聞けばいいじゃない」

勇者「なにを……?」

盗賊「気にしてるんでしょ?どうしてみんなが自分についてきたのか?」

勇者「……!?」

盗賊「その理由を聞けばいいじゃん」

勇者「……俺についてきた理由……」

竜「ゆう、しゃ!」

盗賊「ほら。早く。隙を見せたら魔王がなんかしてくるかもしれないし」

魔王(あははは!!!悩み、絶望しろ!!そして我が殺してくれるわ!!)

勇者「―――みんなは、どうして俺を探しにきてくれたんだ?」



657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:08:56.34 ID:pcwwzmjh0

盗賊「私は魔王の城のお宝とこの子が欲しかったからー♪」

竜「あ、たし、ゆうしゃ、すき♪」

勇者「……」

戦士B「勇者のために決まってるだろ?」

勇者「え……?」

戦士B「俺は勇者のことが心配だったんだよ」

戦士A「俺もだ!!短い間だったけど、俺は勇者のことが気に入ったんだ!!」

僧侶「私もです。勇者様」

魔法使い「俺もだ」

勇者「……」

盗賊「みんな勇者のことが大好きなんだ」

竜「よかったね、よかったね」

勇者「……でも、どちらかは嘘、なんだよね?」

勇者(……正直、どっちも偽物なんじゃないのか……?)

勇者(理由が嘘臭いぞ……)



664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:15:50.13 ID:pcwwzmjh0

盗賊「さて……どっちなんだろうね」

竜「どっち?どっち?」

勇者「……っ」

戦士A「俺だ……勇者……!!」

戦士B「信じてくれ……!!」

魔王(くくく……これで終わりだな)

勇者「―――もういい」

戦士A「え?」

勇者「俺……元々、誰も信頼してなかった」

戦士B「お、おい……」

勇者「そんな俺が嘘を見破れるわけない……」

盗賊「どうするの?」

勇者「……ドラゴンを呼べるか?」

竜「うん!」

勇者「―――みんな殺せばいい。みんな死ねば、それで終わる」



667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:16:41.89 ID:Hk03Ee750

勇者ェ…



674:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:19:58.76 ID:pcwwzmjh0

戦士A「な、何言ってんだよ!!!!」

戦士B「そうだ!!」

僧侶「勇者様!!あんまりです!!!」

魔法使い「やめてくれ!!!」

盗賊「いいの?」

勇者「……いいよ」

竜「ピィィィィィ!!!!!」

勇者「もうすぐ、ここにドラゴンがくる。そしたらみんな燃やしてもらおう」

盗賊「じゃ、わたしはこの辺で」

勇者「逃がさない」

盗賊「え……?」

勇者「全員死ぬんだ。俺も含めて全員だ」

盗賊「な、何言ってんのよ……?」

魔王(く、くだらん……どうせハッタリだ……!!)



679:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:26:45.40 ID:pcwwzmjh0

―――ドォォォォォォン!!!!

魔王(外壁が……吹き飛んだ!?)

ドラゴン「娘よ、呼んだか?」

竜「ちち、ちち!よんだ、よんだ!」

ドラゴン「何用だ?」

勇者「この場にいる全員を焼き払ってくれ」

ドラゴン「どういうことだ?」

勇者「この中に魔王がいる。でも、誰に化けているかわからない」

ドラゴン「それで焼こうというのか?だが、魔王は炎ぐらいでは死なんぞ?」

勇者「城を崩壊させちゃえばいいよ。しばらくは活動できないでしょ?」

魔王(な、何をいいだすのだ……?!)

ドラゴン「つまり、建物を灰にしろと?」

勇者「できないか?」

ドラゴン「できなくはないが……」

勇者「じゃあ、やってくれ」



680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:28:42.57 ID:BTjwKhbv0

魔王が動揺してる…



682:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:31:47.40 ID:pcwwzmjh0

ドラゴン「いいのか……?お前も死ぬぞ?」

勇者「いいよ……このまま魔王を戦っても死ぬんだ。なら、一矢報いたい」

魔王(こいつ……正気か!?)

盗賊「ちょっと、離してよ!!」

勇者「ここまで一緒にきた君が悪い」

盗賊「あんた……どこまで屑なの……?」

勇者「もう心の底までだ」

盗賊「……」

戦士A「ドラゴン!!頼む!!そんなことは止すんだ!!!」

ドラゴン「残念だが、我らは勇者の言葉にしか耳を傾けない」

僧侶「そんな……!!!」

魔法使い「やめろ!!」

戦士B「そうだ!!やめろ!!!」

竜「ちち!どうする?どうする?」

ドラゴン「……最後に訊ねる。本当にいいのだな、勇者?」



683:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:34:03.85 ID:cfDjN94x0

ドラゴンは全て見抜いていそうだ



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:37:40.04 ID:pcwwzmjh0

勇者「ああ。―――みんな、一緒に死のう」

魔王「……!?」

戦士B「―――ふざけんな!!」

勇者「ぐぁ!?」

戦士B「俺がどんな想いでここまできたのか……わかってんのか!?」

勇者「知らないよ」

戦士B「てめえ!!!俺は真剣にお前のことを―――」

戦士A「勇者!!いい加減にしろ!!!」

勇者「……!」

戦士A「俺は……俺たちはただ仕事でお前に協力しただけなんだぞ!!!」

勇者「……」

戦士A「それでこんな仕打ちはあんまりだろうがぁ!!!」

僧侶「そうです!!」

魔法使い「屑野郎!!いい加減にしやがれ!!!」

戦士B「ドラゴンを今すぐとめるんだ!!」



687:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:38:42.78 ID:e2jf8YL00

段々皆のボロが出てきたな



694:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:42:04.96 ID:pcwwzmjh0

竜「ゆうしゃ、いじめる!みんな、きらい!!」

ドラゴン「……答えは出たな」

勇者「ああ……そうだな」

盗賊「……え?」

勇者「お前が、魔王だ」

ザンッ!!

戦士B「がぁ!?」

勇者「……」

魔王「……何故……」

勇者「死ぬ間際でも本音を吐かない奴は、人間じゃないんだ」

魔王「……!?」

勇者「俺はみんなを見捨てた屑だ。罵られないのが初めからおかしかったんだ」

魔王「お前……」

勇者「魔王……残念だったな。俺は侮辱され、軽蔑され、罵倒される勇者なんだよ」

魔王「……異常だ……気がくるっている……!!」



706:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:48:01.59 ID:pcwwzmjh0

盗賊「せいっ!!」

ズバッ!!

魔王「くっ!!―――こざかしい!!メラゾーマ!!!」

勇者「あ―――」

ドラゴン「ふん!!」

魔王「く……ドラゴンの熱で……!!」

勇者「魔王……」

魔王「勇者め……この城を破壊し、逃げる気か……?」

ドラゴン「さあ、どうするか」

勇者「三人を助けないと」

戦士「勇者……」

僧侶「えっと……」

魔法使い「……」

勇者「―――よし、みんなドラゴンの背中に乗って」

ドラゴン「魔王、城とともに消えされ」



710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:54:31.81 ID:pcwwzmjh0

魔王「―――くそ。またか。また先延ばしか……!!!」

ドラゴン「また1千年後ぐらいに会おうか。そのときは我が娘がお相手することになるが」

魔王「勇者、逃げるのか……!!」

勇者「俺ではお前に勝てない。だから、出直してくる。―――逃げるのも勇気だから」

魔王「おのれ……おのれ……三度、我に生き恥を晒せというのか!!!」

ドラゴン「いいではないか、存分に力を蓄えれば」

盗賊「あー……お宝が……」

竜「ちち!ほのー!ほのー!」

ドラゴン「では、可愛い娘の要望に応えて……ギャオォォォォォン!!!!!」

ゴォォォォォォォ!!!!

魔王「くそがぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

―――ドォォォォォン!!!

戦士「……魔王は?」

ドラゴン「生きているだろうが、しばらくは何もできないだろう。城が崩れ、兵も一気に失ったからな」

僧侶「そうですか……一先ず、勝ちってことでいいんですよね?」



723:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:01:23.08 ID:pcwwzmjh0

竜の巣

ドラゴン「だが、根本的な解決にはなっていなからな。魔物はまだまだ人を苦しめる。魔王が生きている限りな」

勇者「また手を貸してくれるんだよな?」

ドラゴン「お前の子孫が成長し、魔王が復活したときにはな」

勇者「わかった」

盗賊「ドラゴンさーん……うろこ、くださいなー」

ドラゴン「……」

盗賊「私だって魔王討伐に協力したんだから、それぐらいのご褒美はあってもいいと思うんですよ」

ドラゴン「―――ふん!!(べし!!」

盗賊「あん!?」

戦士「……勇者……あの……」

勇者「……今までありがとう」

僧侶「これからどうするのですか?」

勇者「旅に出るよ。独りで。……魔物を倒しながら」

魔法使い「……」



726:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:05:58.11 ID:pcwwzmjh0

翌日

勇者「お世話になりました」

ドラゴン「いや。礼には及ばん。魔王は取り逃がしたしな」

勇者「……そうですね」

ドラゴン「他の者はみな故郷に帰ったが、帰らなくてもよかったのか?」

勇者「ええ。いいんです」

ドラゴン「そうか……」

竜「ちち!ちち!あたし、ゆうしゃ、といく!!」

ドラゴン「え……」

竜「ちち!!おゆるしを!!」

ドラゴン「……勇者、いいか?」

勇者「俺が訊きたい。連れていってもいいのか?」

ドラゴン「人語をちゃんと教えてくれるならな。まあ、成人したら迎えにいくが」

勇者「分かった。それまで責任をもって育てるよ」

ドラゴン「悪いな」



734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:09:37.13 ID:pcwwzmjh0

街道

竜「ゆうしゃ、これ、なに?なになに?」

勇者「それはドングリだな」

竜「どんぐり♪どんぐり♪」

勇者「あはは……」

盗賊「―――やっほ」

勇者「なんだよ?」

盗賊「いやー、まさかあんたがその子を引き取るとは思わなくて」

竜「ピィィィ……!!」

勇者「やらないからな」

盗賊「いーよ。それは諦めた。でも、成人したら上質のうろこがその子から手に入るんだよね……」

勇者「は?」

盗賊「しばらくお供させてよ」

勇者「やだよ」

竜「やだー」



744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:14:45.95 ID:pcwwzmjh0

盗賊「な……いいじゃん!!一人より二人でしょ!?」

勇者「うるさい」

竜「うるちゃい」

盗賊「なによ!!無理矢理でもついていくからね!!」

勇者「やめろよ」

盗賊「いくったらいく!!」

竜「ゆうしゃ、いいの?いいの?」

勇者「まあ、しばらく無視しとけば諦めるだろう」

竜「むし♪むし♪」

盗賊「聞こえてますけどー?」

勇者「どこに行く?」

竜「ゆうしゃ!ゆうしゃ、とならどこ、でもー!」

盗賊「私も別にどこでもいいけどー?」

勇者「―――じゃあ、このまま自分が信じた道を進もうか」
   

END



763:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:18:21.96 ID:yt0uY5c30

上手いことまとまってたな 乙



765: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/10/23(日) 23:18:33.35 ID:WZFyz6850

ご馳走様でした!



777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:22:32.74 ID:iPAfjHEvO

いち、おつー



784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:26:04.61 ID:tjb1C1Cn0


面白かった



802:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:41:38.42 ID:O9JAVevj0

面白かったよ



805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:46:14.55 ID:045fpnMO0

大層乙であった



808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:48:10.06 ID:xIbSM7pr0





まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに 特装版まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに 特装版
橙乃ままれ,toi8

エンターブレイン 2012-01-21
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 18:21
          • 広い世界こんな勇者がいてもいい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 19:02
          • 4 (・ω・`)乙  これは乙じゃなくてポニーテールなんだからね!
          • 3.
          • 2011年10月24日 19:11
          • おもしろかった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 19:12
          • ていうか、結局戦士とかも仕事なんだな。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 19:33
          • こんな発想もあるのか。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 19:34
          • >>4
            通常のルイーダでたむろってる戦士とかと違って
            こいつは王に雇われた傭兵だかんね
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 21:18
          • 4 自分を磨いてカリスマ性で仲間を集めてれば魔王倒せたんだろうね
            あと仲間への信頼か

            勇者自身のカリスマ性に惹かれて着いてきたのって竜と盗賊だけだから最後に残ったのも二人だけか
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 21:58
          • 一貫してると思ったら途中から糞になったな
            格好良くなって女にモテて。まあ別に>>1が良いならそれで良いんだろうけどよ
          • 9. さかな
          • 2011年10月24日 22:00
          • おもろかった。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 22:15
          • 勇者モテてんのか?
            盗賊も勇者のことは屑だって言ってるし、勇者の言うとおり目的(竜のうろこ)があるから着いてきたんだろ?

            カリスマを持っていてもこれだけひねくれてたら発揮なんてされないしな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月24日 22:51
          • 欝だ死のう
          • 12. 名無し
          • 2011年10月24日 22:55
          • 4 すっきりしないけど最初は面白かった
          • 13.  
          • 2011年10月25日 00:04
          • 竜かわいい
            むろみさんに出てくるハーピィ的なかわいさがあるね
          • 14. 神
          • 2011年10月25日 00:12
          • 盗賊ビッチかわいいお
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月25日 00:38
          • まあ一番のくずは盗賊なんだけどね
          • 16. 774
          • 2011年10月25日 04:31
          • 5 いい作品だった!
            作者おつ。コピーじゃない価値があったと思う
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月25日 04:35
          • 3 新しい勇者像かなって思ったけど、そうでもなかった。
            外見はキモデブでも、中身のポテンシャルが高かったら新しくないな。
          • 18. 名無し
          • 2011年10月25日 08:59
          • 3 魔王を騙す下りまで楽しめたのに、最後が肩透かしくらった感じ。もう少し、その後の戦士達の反応が見たかった。
          • 19. 名無し
          • 2011年10月25日 14:28
          • 気分が沈んだ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月26日 07:53
          • 「偉そうな事言っても、お前らもクズじゃねーか」
            くらい最後に言えたなら、ちょっとはすっきりしたんだけどな
          • 21.
          • 2011年10月27日 18:34
          • 勇者SSはやっぱいいな

            久々に長編SSみたくなったわ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月27日 22:36
          • う~ん。寂しいな。信用できない人ばかりに出会い続けるとこういう発想になるのかな・・・。
            恵まれた環境に育った奴は、こういう奴を救ってやれよ!
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月28日 14:31
          • 4 なんだろうな・・・ コメ欄が偽善っぽい気がする。
            本当にそういうプレッシャーを受けながら育ったらそうなってしまっても
            仕方ないと思う。

            それにしても、勇者がここまでできた人間になったことに感動した。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月31日 23:38
          • 救われないから
            そのまま破滅の道へ行くんだけど
            僕達は
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月19日 01:56
          • 親善大使思い出した
          • 26. か
          • 2011年11月30日 01:12
          • 何かを守りたい気持ちは少なからず皆持ってるだろ?表に出すことで結果が現れるわけだ。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月21日 13:44
          • おもしろかったよ
          • 28. あ
          • 2011年12月27日 22:37
          • くそつまんねー中学生が書いたような駄文だな
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月31日 01:40
          • 5 不覚にもウルッと来た
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月14日 05:36
          • >>207でなぜか涙出た
          • 31. ナナシ
          • 2012年03月07日 16:49
          • 4 ドラゴン強すぎ。
            もういっそのことドラゴンが魔王倒したら良いのに。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月21日 19:10
          • こうなるとドラゴン一人でいいじゃないか
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月16日 21:09
          • 1 時間を無駄にした
            てっきり、キモデブ勇者が破滅へと行くかと思ったら
            案の定、変わるし・・
            希望とかそんなのいらねぇわ
            現実を教えてくれるSSと期待したんだけどな
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月26日 01:49
          • 2 盗賊がうぜぇ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月29日 18:57
          • ※33
            早くお前も勇者になれよ。いつまで町でくすぶっているんだよ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月17日 08:46
          • 信用できない人にしか出会ってないから…ねぇ。結局、この勇者と同じじゃねぇか。自分じゃ何もしようとせず、なんか悪い事が起きりゃ誰々のせいだ!世の中のせいだ!
            馬鹿じゃねぇの?
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月22日 07:17
          • 部屋ん中で何にでも文句つける癖がついたクズが居るな
            いや気持ちはちょっと分かるんだけどね
            いつ迄自分はガキだからクズだからと言い訳しとるつもりなのかと
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月02日 15:51
          • 前半のクズ勇者の葛藤好きだったのに後半から駆け足すぎてちょいと残念
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月04日 22:16
          • 勇者も悪かったとはいえ盗賊の第一印象が最悪すぎるわな
            挫折と人間不信で捻くれちゃった人間にはこーいうずけずけ言う人間は天敵だし
            あと見た目が良くなったからすり寄ってきてるような印象まであるからなー

            安易にヒロインにならなかったのはグッド

            まあ竜ちゃんが一番かわいいからどうでもいいや!
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月09日 17:22
          • ルパンにもこんなやり取りあったな。次元が「本物のルパンならそんなカッコいいことは言わねえ。なりふり構わず助けてくれと言うに決まってる」とか言うの。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 21:13
          • 5 グレーと
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月19日 02:03
          • 後半の雑さとドラゴン無双がなければもう少し楽しめた
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月05日 17:16
          • 5 竜がカワユスwww
            そこに★5つ
            勇者も成長したようだし、戦いはこれからだ!
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月06日 03:34
          • 1 デブで人間不信なクズが勇者とか笑わせんな
            竜の娘の懐き振りがひたすら不快だった
            親竜無双のご都合もあって低質な作品だね
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年06月25日 17:58
          • ※44
            お前は勇者に何を望んでいるんだ
            その期待の結果がこの勇者だよ
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年07月28日 12:49
          • 頭のシスターの書き分けが出来てないので 読むの止めたよ

            分かりづらい
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年07月30日 15:39
          • この心が痛いやつ、もう二度と読みたくない思ってたのに
            タイトル忘れてたからまた読んでしまった…
            なんだろうな、タイトルに惹かれるんだよなあ
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月01日 02:04
          • 盗賊を叩くのはどうなのか?
            顔や金に現金なところもちゃんと自分で認めてるし、生まれの不幸から強かに生きてるのは確かだろ
            そうしなくても生きられる人間が、そういう人間を馬鹿にしたり罪を問うってのはひどいもんだと思うよ
            結局、走り込めば痩せられたような人間が、さも努力しても認められなかったというように感じてる方が胸糞悪いと思うけど
            最初から赤ちゃんみたいに甘やかされて、やる気を出させてもらって、自分が何をしてどんな態度でも応援してもらってって、そういう環境がなければ頑張りもしないってんなら、そりゃみんなに蔑まれ見下されても仕方ないと思う
            頑張れば顔も良い、金もあるし身分も高い、国からは援助してもらえて、盲目的に信じてくれる竜もいる
            最初からもう少し勇気を出して何かを信じて、何より少しでも頑張って痩せてたらそれだけで良かったのに、むしろ自分からクズになっているような……

            とりあえず全部親竜が炎吐けば終了ゲーになっているので、前半は悪くないけど後半最悪で全体としてはあまり良くないかな、と
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月19日 15:09
          • 竜かわいすぎィ!
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月17日 10:56
          • 竜かわいすぎだろ
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月19日 23:08
          • 偽物の見破り方がピンと来なかったな。要は勇者の被害妄想が妄想じゃなく、ドラゴンの言った事の方が嘘だったって事か。仕事だからが本音じゃ無かったらどうする気だったのか。
            というか本当に単なる仕事でとかだったら、いきなり魔王城乗り込むとか言われた時点で降りてるんじゃ…。王に頼まれても勇者の仲間になりたくないって人ばかりの中、仕事とは言え身体を張って、命の危険を冒してまで逃がしたりしたのは事実じゃないのだろうか。
            魔王に改めて挑戦しに行く頃には仲直りできないものなのかな。人間の弱さを知っているこの勇者だからこそ。

            全滅必至状態だった戦士達が普通に生き延びてた事に何の驚きも示さない事とか、ロープで降りて来れたのになぜそのまま上に戻って合流しなかったのかとかも気になる。
            シスターの所は、本スレでは表と裏って解釈してる※あるけど、どう見てもシスターが二人いる状況だよね? 戦士と違ってAとかBとか付いてないから解り辛いけど。それともシスターは独りで乗り突っ込みするキャラ?
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月17日 11:45
          • 5 勇者は頑張った
            盗賊はわかった
            俺たちは頑張っていない
            それだけの差
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月26日 02:53
          • 仕事だからが本音じゃない、はありえないな
            死ぬ時に本音を隠せるのは相手をよほど想ってないと
            この3人と勇者は知り合って間もないし、勇者が作る壁が仲を進ませなかったから、この3人が死に際に勇者を想うことはない
            見分けかたは適切だったな

            ただ勇者はやっぱり勇者だったし、もう少し一緒に旅をすれば仲良くなれたかもなあ

            そして何度読んでもこのSSは心が抉られる
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月22日 07:04
          • >>687
            これ演技なんだろ?








            …演技だよな?
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月25日 21:30
          • 盗賊の掌返しがひでぇな…。
            中身は鍛えられて少しまともになったけど、実質はデブの時と一緒なのに。
            ちなみに僕のイチオシはツンな魔法使いちゃんです。
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月06日 10:13
          • 面白かったよ
            コメ欄語っててワロスw
            いいから走れよ
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月07日 23:55
          • おもしろかったけどうっとうしいレスまでまとめんなよ
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月30日 17:00
          • ※57
            ネットなんだし、それも楽しもうぜ(笑)
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月28日 13:16
          • 3 まぁ普通やな
            途中の茶々が面白かったわ
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月14日 00:19
          • 今このコメント欄を見ていて
            コメントを打っている奴らも勇者みたくクソデブのハゲばかりなんだろうと思うと...😭
            筋トレしろ!!
            筋肉は人間とは違う、裏切らない!
            さぁ皆もレッツ腕立て腹筋背筋スクワット!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 弟「お兄ちゃん…>>4(すき )」俺「は?」
        • モバP「柚、こんなところに居たのか」紬「なんやいね!?」
        • モバP「柚、こんなところに居たのか」紬「なんやいね!?」
        • ありす「これからも魔法少女で頑張ります」
        • ありす「これからも魔法少女で頑張ります」
        • 店員「何名様ですか?」俺「5兆」
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】イエオクリ
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
        • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ