TOP

さやか「あたしってほんとバカ」カミーユ「馬鹿やってんじゃない!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 19:58:43.97 ID:Tm/RwDc70

QB「やあ、カミーユ・ビダン」

カミーユ「わあっ!なんなんだお前!」

QB「僕はキュゥべえ、僕と契約して魔法少女になってよ!」

カミーユ「魔法少女……?」

QB「そう、魔法少女になればなんでも一つ、願いを叶えてあげる。君にはその素質がある」

カミーユ「……この野郎!」バギャア!

QB「痛っ!な、なんでいきなり殴るんだい!」

カミーユ「なにが魔法少女だ!俺は男だよ!」バキッ!ドカッ!

QB「やめてくれないかな!痛い!」

カミーユ「素質があるって何だよ!?カミーユが女みたいな名前だからか!?カミーユが男の名前で何が悪い!このっ!このっ!」ボコ!グシャ!

QB「う、うぅ……!」

カミーユ「まったく朝っぱらから何だってんだ……早く学校に行かないと」

QB「……わけがわからないよ」ボロッ


魔法少女マガジン



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:04:25.47 ID:Tm/RwDc70

──見滝原中学前

カミーユ「まったく……朝からなんだったんだ」

まどか「あ、カミーユくん!おはよー!」

カミーユ「まどか」

まどか「どうして今日は先に行っちゃったの?一緒に学校以降と思ったのに……。」

カミーユ「ン……ちょっと色々あってさ」

まどか「色々って?」

さやか「まどか、おはよー……う゛」

カミーユ「……まどか、先に教室行ってるよ」タタッ

まどか「か、カミーユくん!?」

さやか「あ……なんかごめんね?まどか。あたしとアイツ、仲悪いからさ……。」

まどか「うん……。」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:06:14.65 ID:Tm/RwDc70

修正

×まどか「どうして今日は先に行っちゃったの?一緒に学校以降と思ったのに……。」

○まどか「どうして今日は先に行っちゃったの?一緒に学校行こうと思ったのに……。」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:15:59.71 ID:Tm/RwDc70

──教室

タマゴノヤキカゲンハカタヤキカ、ハンジュクカ!ドッチガイイトオモイマスカ!ナカザワクン!

ド、ドッチデモイインジャナイカト……

仁美「カミーユさん、さやかさんと何とか仲良く出来ませんの?仲のいい友達同士が喧嘩してるのを見ているのは心苦しいですの」ボソッ

カミーユ「……知らないよ、男と傷を舐めうような女のことなんて」

仁美「上条くんのこと……ですの?」

早乙女「……さて、今日は転校生の紹介を行いまーす!」

さやか「そっちが後回しかよッ!」


ほむら「暁美ほむらです……よろしく……!?」

カミーユ「(なんだ?こっちを見て驚いたような……。)」

ほむら「(……誰!?)」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:24:10.28 ID:Tm/RwDc70

──休み時間

女子A「暁美さんってすっごい綺麗な髪だねー!世界が嫉妬する髪!」

女子B「そのシャンプーはもちろん……アジエンス?」

ほむら「ハーバルエッセンスよ……ごめんなさい、ちょっと具合が……保険室に連れて行ってもらえるかしら」

女子C「じゃあ私が……。」

ほむら「いいえ、いいわ……クラスの保険委員に頼むから」
女子B「カミーユくーん!暁美さんが具合悪いってー!保険室に連れて行ってあげて!」

ほむら「!?」

カミーユ「え?なんだって僕が連れてかなきゃなんないんだよ」

ほむら「あ、あの、鹿目さんは……?」
女子A「え?鹿目さんは保険委員じゃないけど?」

ほむら「!?」

カミーユ「大丈夫か?」

ほむら「……大丈夫よ、自分で歩けるわッ」ツカツカツカ

カミーユ「……なんなんだ?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:34:31.77 ID:Tm/RwDc70

ツカツカツカツカツカ

カミーユ「……転校生、十分元気じゃないか」

ほむら「……なんで」
カミーユ「ん?」

ほむら「……なんで、あなたなの?」

カミーユ「そりゃあ僕だって好きでやってるわけじゃないけど、委員の仕事だから仕方ないじゃないか」

ほむら「……あなた、名前は?」

カミーユ「……?僕はカミーユ。カミーユ・ビダン」

ほむら「カミーユ……女みたいな名前ね」
カミーユ「なっ……言っていいことと悪いことがあるッ!」バキッ!

ほむら「うッ!あなた、いきなり何を……!」バタッ

カミーユ「言っていいことと悪いことがある!カミーユが男の名前で何が悪いんだ!」

教師「か、カミーユ!?お前、また何やってんだ!」

カミーユ「せ、先生!これは違う!」

教師「そんなこと言って、おまえ前にも暴力沙汰起こしてるだろう!説教だ!来い!」ガシッ
カミーユ「離してください!ぼ、暴力は……いけない!」
教師「お前が言うな!」
ほむら「(……なんなの一体)」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:42:25.30 ID:Tm/RwDc70

──生徒指導室

早乙女「転校初日に、本当にごめんなさい!暁美さん!カミーユくんはちょっと血の気が多いだけで、本当はとてもいい子なんだけど……!反省してるの!?カミーユ君!」

カミーユ「煽ったのはあちらでしょう!なんで僕が謝るんです!」

早乙女「カミーユ君!」

ほむら「あの、先生……私は本当に気にしてないので……もう帰ってもいいですか?」

早乙女「え、ええ……また明日ね暁美さん!」

ほむら「それから、カミーユ、だったかしら……その爪を噛むクセ、みっともないから治したほうがいいわよ」ガラガラガラ

カミーユ「……オフクロみたいな事を言う!」ギリギリ

早乙女「(また爪噛んでる……。)」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:47:25.98 ID:Tm/RwDc70

カミーユ「僕も帰りますよ。いいでしょう?」

早乙女「カミーユ君は残りなさい」

カミーユ「なんだってんです。もう転校生は帰ったじゃないですか」

早乙女「……カミーユくん、なんで残されたかわからない?」

カミーユ「わかってますよ、大人の都合で説教しようって言うんでしょう?」ガラガラガラ

早乙女「あ、ちょっと!カミーユ君どこ行くの!」

カミーユ「病欠です!」ダダダダダ

早乙女「そんな元気で病欠なわけないでしょ!……もう!」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 20:53:23.00 ID:Tm/RwDc70

──校門前

ほむら「……。」タッタッタッタッタ

カミーユ「いた!転校生!」ダダダダダ

ほむら「……。」タッタッタッタッタ

カミーユ「くそ!何だって走ってるんだ……速い!待てよ!待てったら!おい!」ダダダダダダ


ほむら「(なんでついて来てるのよ……。)」


カミーユ「話くらい聞いてくれたっていいじゃないか!無視される人間の気持ちを考えたことがあるのかよ!お前みたいな奴がいるからイジメがなくならないんだ!」ダダダダダ

ほむら「(うるさいわね……。)」タッタッタッタッタ



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:01:05.04 ID:Tm/RwDc70

──CDショップ前

ほむら「……カミーユ・ビダン」ピタッ

カミーユ「うわっ!急に、止まるんじゃ、ない!」ハァハァ

ほむら「悪いけど今はあなたと話している時間はないの。後にして」

カミーユ「何だよそれ、どういうことだっていうんだよ!」

ほむら「説明は後よ」

カミーユ「くそ!説明しないなら勝手についていくぞ!いいんだな!」

ほむら「……勝手にしなさい。その代わり、邪魔はしないで」

──CDショップ、裏

カミーユ「ここ、立入禁止じゃないか……勝手に入って、犯罪にならないのか?」

ほむら「言ったはずよ、邪魔はしないと」

──助けて……!

カミーユ「なんだ!今の声……!」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:10:58.96 ID:Tm/RwDc70

カミーユ「声が、する……こっちだ!」ダダッ
ほむら「ちょっと、カミーユ……貴方!」タッ


QB『助けて、まどか……!』ボロッ

まどか「あ……あなたなの?」ギュ


カミーユ「まどか!?そいつは……!」

ほむら「まどか、そいつから離れて」

まどか「だ、だってこの子怪我してるよ!酷いことしないで!」

カミーユ「そいつはロクな奴じゃない!今朝だって俺の名前を……!」

まどか「え!?」

ほむら「!?」

カミーユ「あ!」

まどか「まさか……カミーユくんがやったの?」

QB「ああ、僕は今日の朝、カミーユ・ビダンに理不尽な暴力を受けた」

まどか「……カミーユくん」ジトッ
カミーユ「ち、違う!誤解だ!」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:15:55.97 ID:Tm/RwDc70

ほむら「どちらにせよ……あなたには関係ないわ」ジリ……。

まどか「あ……!」

ブシュウウウウー!!

ほむら「!」

カミーユ「なっ!?」

さやか「まどか、こっち!」

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「こんな時に……カミーユ、逃げるわよ」タッタッタ

カミーユ「まどか!くそっ、あいつ人に向かって消火器吹き付けるなんて……頭がどうかしてるんじゃないか?」ギリギリ

ほむら「(……あなたが言う?)」

カミーユ「くそっ、明日まどかに学校でなんて言えば……!」

グニャアアアア……!


カミーユ「なんだ!?景色が……!」

ほむら「魔女の結界……こんな時に!」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:22:47.13 ID:Tm/RwDc70

アントニー「イマーハウゴーケーナーイー」「ソレーガサダーメダケードー」

カミーユ「なんなんだ……一体何が起きてるんだ!」

ほむら「……貴方は隠れてなさい」キュイイイイイイン!!

カミーユ「変身……?何がどうなってんだよ、転校生!」

ほむら「あなたが知る必要はないわ」パァン! パァン!

アントニー「アァ!」「イィ!」
カミーユ「……くそっ!」ボゴッ!

アントニー「イマワァ!」バキャア

ほむら「素手で魔女を……無謀すぎるわ!隠れてなさい!」

カミーユ「いまさらどこに隠れろって言うんだ!戦ったほうがマシだ!」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:28:03.29 ID:Od3iIeVW0

支援ついでにBGM適当に貼っておきますね







52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:30:10.78 ID:Tm/RwDc70

ほむら「……どうなっても知らないわよ」

ドドドド……!

カミーユ「この音……なんだ!?」

ほむら「……銃弾!危ないわ!伏せてッ!」

カミーユ「うわあぁーっ!」

ズドドドドドドドドォォォォン!!

ほむら「……収まったようね、使い魔もいなくなったようだし……。」

カミーユ「……さっきのも転校生がやったのか?」

ほむら「いいえ……別の魔法少女よ」

カミーユ「なんなんだ、使い魔とか魔法少女って!ここまでされて知る必要がないとは言わせないからな!」

ほむら「それは……!」

カミーユ「あ!まどかと美樹のところに誰かいる……アイツだな!」ダダダ

ほむら「ちょっと!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:40:15.61 ID:Tm/RwDc70

マミ「危ないところだったわね」
まどか「す、すごい……!」

カミーユ「ちょっと!なんなんだ一体!」
マミ「え!?」

カミーユ「さっきの銃撃はあんたがやったのか!あんたのせいで危うく死にそうになったんだぞ!」

マミ「わ、私はただ助けようと……!」

カミーユ「助けようとした?あんな派手にやっといて何言ってるんだ!周りの被害を考えろ!」

マミ「う……!」ジワ
まどか「ちょ、カミーユくん……!」

カミーユ「さっきの銃撃で俺達が死んだらなんて言うつもりだったんだ?無責任なことやってんじゃない!」

マミ「私は……う、うぅ……ひっぐ」ポロポロ
カミーユ「……あ」
まどか「……泣かせた」ジトッ

さやか「ちょっと、最低だよ……カミーユ・ビダン」

カミーユ「ち、違う!」

ほむら「えっと……。」

QB「カミーユは本当に攻撃的だね」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:48:10.40 ID:Tm/RwDc70

マミ「ひっく……ひっく」グスッ

QB「さてと」

さやか「ちょ、ちょっと!泣いちゃった後ろの人はスルーなの!?」

QB「マミのことなら心配ないよ、それより……君たちには魔法少女の才能がある。鹿目まどか、美樹さやか……それに、カミーユ・ビダン。」

カミーユ「……。」ギロッ

QB「やれやれ、なぜ僕はこうも嫌われてるんだい?」

カミーユ「嫌いもするさ、出会い頭に『魔法少女の才能がある』なんて言われたらさ!俺は男だよ!」

まどか「(カミーユくん、昔からコンプレックス持ってるからなー……。)」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 21:56:28.02 ID:Tm/RwDc70

マミ「うっ……えぐっ」グスッ


QB「僕と契約して魔法少女になってよ」

さやか「いやいやいやいや、後ろの人、全然泣き止まないんだけど!本当に大丈夫なの!?」

ほむら「カミーユ、謝ってきなさい」

カミーユ「な!なんで俺が謝りにいかなきゃならないんだ!殺されそうになったのに!」

まどか「カミーユくん、私も謝ったほうがいいと思うな……カミーユくんだって、やりすぎちゃったと思ってるんでしょ?」

カミーユ「う……わかったよ」ザッ

ほむら「(う、動いた……さすがまどか)」

マミ「うっ……えっぐ」ヒック

カミーユ「あの……さっきは言い過ぎました」

マミ「……え?」

カミーユ「良く考えたら善意からの行動だったのに、ついカッとなって……すいません」

マミ「ううん、私もやりすぎたから……次から控え目にする」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:05:46.76 ID:Tm/RwDc70

マミ「ふう……。」ゴシゴシ

QB「大丈夫かい?マミ」

マミ「ええ、もう大丈夫……みんな、明日私の家に来て。キュゥべえに選ばれたあなた達には魔法少女が必要だと思う」

まどか「は、はい……。」

さやか「た、立ち直り早いっスね」

QB「言ったろ?マミは大丈夫だって」

カミーユ「でも、俺は魔法少女になる気なんて……。」

ほむら「行ってらっしゃい。知りたいんでしょう?」

マミ「何言ってるのよ、暁美さん」

ほむら「?」

マミ「あなたにも来て欲しいのよ……カッコ悪いとこ見られちゃったし、この際あなたには別に話があるの」

ほむら「え……構わないわ」

マミ「それと、自己紹介が遅れたけど、私は見滝原中3年の巴マミ。よろしくね」
カミーユ「(先輩だったのか……。)」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:13:49.39 ID:Tm/RwDc70

まどか「カミーユくん、私さやかちゃんとCDショップ見ていくけど……どうする?」

カミーユ「ああ、じゃあ俺は先に帰ってるよ……また明日」

──CDショップ前

ほむら「カミーユ」

カミーユ「……転校生?」

ほむら「ほむらでいいわ、それより貴方に聞きたいことがあるの」

カミーユ「あ、ああ……一体なんなんだ?ほむら」

ほむら「あなたは、まどかとは……どういう関係なの?」

カミーユ「……ただの幼なじみだよ。うちは親父もオフクロもずっと家を空けがちだから、俺は頻繁にまどかの家に預かってもらったりしてたけど」

ほむら「……そう」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:18:01.82 ID:Tm/RwDc70

カミーユ「そんなこと聞いて……一体どうするんだ?」

ほむら「いえ……カミーユ。もしもの時は、あなたがまどかの事を守ってあげて。まどかが惑わされ、騙されないように」ツカツカツカツカ


カミーユ「え?おい、ほむら!」

カミーユ「……なんだってんだ、一体。はっきり言えってんだ」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:25:12.87 ID:Tm/RwDc70

──翌日、マミ家

マミ「これがソウルジェム。キュゥべえに選ばれた女の子が……。」

カミーユ「……。」イライライライラ

マミ「あっ、キュゥべえに選ばれた『人』が、契約によって生み出す宝石よ。魔力の源でもあり、魔法少女である証でもあるの」

さやか「契約って?」

マミ「ああ!」

ほむら「真面目にやりなさい、巴マミ」

マミ「ご、ごめんなさい……。」


QB「僕は、君たちの願いごとをなんでもひとつ叶えてあげる!」

さやか「願いごとって?」

マミ「ああ!」

カミーユ「……。」ギリギリ

マミ「……ごめんなさい」

ほむら「爪噛むのやめなさい、みっともないわ」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:32:19.00 ID:Tm/RwDc70

まどか「それで、願いごとって?」

キュゥべえ「なんだって構わない。どんな奇跡だって起こしてあげられるよ」

さやか「もしかして、金銀財宝とか、不老不死とか、満漢全席とか!?」

まどか「いや、最後のはちょっと……。」

キュゥべえ「でも、それと引き換えに出来上がるのがソウルジェム。この石を手にしたものは、魔女と戦う使命を課されるんだ」

まどか「魔女って?」

マミ「ああ!」

カミーユ「どうでもいいから早く説明してくださいよ」

マミ「……ごめんなさい」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:39:26.24 ID:Tm/RwDc70

キュゥべえ「簡単に言うと願いから生まれるのが魔法少女なら、魔女は絶望から生まれる存在。魔女は絶望を、災いのタネを世界に撒き散らしているんだ。しかも普通の人間には見えないからタチが悪い」

カミーユ「結局こいつが説明してるじゃないですか。なにやってんです先輩」

さやか「別にいいでしょ?何が気に食わないのさ……。」

カミーユ「別にそうは言ってないじゃないか。お前こそつっかからないでくれよ、鬱陶しい」

さやか「なんだと!?」

まどか「ちょっと止めてよ二人とも!」ババッ

マミ「暁美さん、私……どうすればいいの?」

ほむら「私に聞かないでちょうだい」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:45:04.27 ID:Tm/RwDc70

まどか「まったく、なんで二人はすぐケンカするの?ダメだよ……。」

さやか「……。」キッ

カミーユ「……」ギリギリ

マミ「あー、えっと……ゴホン、魔女は普段、結界の奥に隠れて人前に姿を表さないわ。貴方たちは結界に迷い込んで、結構危ないところだったのよ?普通は生きて帰れないから」

カミーユ「僕は危うく先輩に撃ち殺されるところでしたけど」

マミ「え、あ……それは……。」ジワ……。

さやか「ちょっと!なんでまたそういう事言うわけ!?」ガタン

カミーユ「事実じゃないか!言ってなにが悪いんだ!」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:46:38.91 ID:+say9CAL0

豆腐メンタルさんカミーユといたらそのうち絶望しちゃうんじゃないのか



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:47:14.22 ID:0Wy+CrslO

髪色かぶってるからなぁ



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:48:19.62 ID:10P8GED/O

カミーユってコミュニケーションブレイクダウンしてるよな
まるでお前らだ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000VLE3GA/2logelephant-22/



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:48:27.40 ID:xWkgmuLQ0

ガンダム乗ってないカミーユはこんなもん



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:49:56.02 ID:F1Sd/s2sO

やはりMSに乗らないと



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:53:55.37 ID:Tm/RwDc70

マミ「ごめんなさい……やっぱ私……ありがた迷惑だったよね」グスッ

さやか「いやいやいやいやいや!マミさんが来たおかげで私たちすんごい助かりましたから!ほら、あんたも早く謝んなさいよ!」ガッ

カミーユ「頭を掴むんじゃない!謝るくらい自分でできる!」バッ

さやか「うわわっ!」

カミーユ「……ごめんなさい先輩、言い過ぎました。僕が全部悪いです」ペコリ

マミ「……うん」ヒクッ ヒック

カミーユ「でも僕にだって僕なりの言い分があるってことはわかってください」
さやか「お前は一言多いんだよ!」ボカ

カミーユ「いたっ!暴力はいけない!」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 22:59:53.14 ID:Tm/RwDc70

ほむら「……落ち着いた?巴マミ」

マミ「……うん」ヒクッ
ほむら「大丈夫?私が変わりに説明を引き受けてもいいけど……。」

まどか「マミさん、私たち明日も暇ですよ?」

マミ「ううん、大丈夫、大丈夫だから……。」グスッ

ほむら「……無理はしないでちょうだい」

マミ「ありがとう。それで、魔女と戦うってことは常に──」

カミーユ「……何だってみんなこんな大騒ぎしてるんだ?」

QB「君が原因だという事しかわからないや」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:08:37.71 ID:Tm/RwDc70

マミ「──提案なんだけど、三人ともしばらく私の魔女退治に付き合ってみない?」

まどか「魔女退治に?」

マミ「ええ。魔女との戦いがどんなものかその目で確かめた上で、危険を冒してまで叶えたい願いがあるのかどうか、じっくり考えてみるべきだと思うの」

カミーユ「もし戦いの巻き添えを食ったらどうするんですか。その時は誰が責任とってくれるんですか?」

マミ「えっ……でも、三人が巻き込まれないように私、一生懸命がんばるから……!」

さやか「あんたもうやめなよ!マミさんが可哀想だよ!」

カミーユ「何が!気になったこと言っただけじゃないか!」

まどか「やめてよ二人とも!わたし怒るよ!」

ほむら「(頭痛が……。)」

ドッタンバッタン
ギャーギャー!



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:16:39.95 ID:Tm/RwDc70

──帰り道

カミーユ「痛たたたた……何も本気で殴ることないじゃないか、美樹のやつ」

まどか「はは……でも、カミーユくんも悪いよ、今日のは」

カミーユ「なんでさ?俺はただ思ったことを言っただけだってのに」

まどか「カミーユくんは素直すぎるんだよ。でも今日、最後までさやかちゃんに暴力振るわなかったのはえらかったよ」

カミーユ「それじゃいつも俺が暴力振るってるみたいじゃないか」

まどか「振るってるじゃない」

カミーユ「嫌いだ、暴力は……。」ギリギリ



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:24:01.49 ID:Tm/RwDc70

──マミ家

ほむら「それで、なに?話って……。」

マミ「暁美さん、お願い……私と一緒に戦って!」ペコッ

ほむら「え!?」

マミ「あなたにひどいこと言ったりしたのも承知してるわ。でも頼れるの、あなたしかいなくって……!」

ほむら「わ、分かったから……土下座はやめて」

マミ「本当!?よかったぁ……!」

ほむら「一体どういう風の吹き回し?」

マミ「今までずっと一人でやってきて、それなりに自信もあったんだけど、カミーユくんにボロクソになじられて、自信が……。」

ほむら「うん……。」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:33:10.47 ID:Tm/RwDc70

──翌日

マミ「それじゃ、魔法少女体験コース第一弾、張り切って行ってみましょうか。準備はいい?」

さやか「準備になってるかどうかわからないけど、バット持って来ました!何もないよりマシかと思って!」

マミ「まぁ、そういう覚悟でいてくれるのは助かるわ」

さやか「まどかは何か持ってきた?」

まどか「えっと私は……衣装だけでも考えておこうかと思って……絵を」バサッ

さやか「はははは!まどからしいや!」
まどか「うぅ……///」

マミ「うん、意気込みとしては十分ね!……カミーユくんは?」

カミーユ「え?先輩が僕たちが巻き込まれないように一生懸命頑張るんでしょう?なんで僕たちが準備しなきゃならないんですか」

マミ「え?あ、あの……。」

カミーユ「そもそもバットやら何やらの準備に頼らなきゃならない状況って先輩がポカやらかすってことですよね?わかります?」

さやか「おいカミーユ!やめろよ!」

まどか「と、突然で準備してなかったんだよね!ね!」

マミ「……(私、頑張る!)」グッ



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:33:50.59 ID:7FOWatHg0

あたしってほんとバカミーユにみえた



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:36:00.04 ID:OXl+5Bm90

>>150
カミーユに修正されるぞ



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:41:21.59 ID:Tm/RwDc70

ほむら「ごめんなさい、ちょっと遅れたわ……どうしたの?」

さやか「あ、転校生!またカミーユの奴が……!」

マミ「ううん、なんでも、ない……!」ウルッ

ほむら「……。」

カミーユ「ん?」


──CDショップ裏

まどか「ソウルジェムが点滅してる……。」

マミ「これが昨日の魔女が残していった魔力の痕跡。基本的に魔女探しは足頼みよ、こうやってソウルジェムで魔女の気配を探していくの」
さやか「意外と地味っすね」

カミーユ「もっと……」

マミ「!?」

カミーユ「もっとレーダーとかあるのかと思ってたけど」

マミ「ほっ……。」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:49:00.80 ID:Tm/RwDc70

ピコーンピコーン

さやか「光、全然変わらないっすね」

ほむら「一晩経ったから、魔力の痕跡も薄くなってしまっているのよ」

まどか「じゃあ、あの時すぐ追いかけてたら……!」

マミ「仕留められてたかもしれないけど、あなた達を放っておいてまで優先することじゃなかったわ」

さやか「やっぱりマミさんは正義の味方だ!」

マミ「(とても追える状態じゃなかったし……。)」

さやか「それにひきかえ……。」ジロッ

カミーユ「……なんだよ」

さやか「……別に?」

カミーユ「……。」ギリギリ

ほむら「やめなさい、爪噛むの」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金) 23:58:39.93 ID:Tm/RwDc70

カミーユ「魔女のいそうな場所、せめて目星くらいはつけられないんですか?」

マミ「そうね……魔女の呪いで割と多いのは交通事故や傷害事件。だから大きな道路や喧嘩の起きそうな歓楽街や優先的にチェックしないと。あとはて、自殺に向いてそうな……人気のない場所」

──廃ビル前

マミ「かなり強い魔力の波動だわ、多分……ここよ」

OL「……。」ユラァ

さやか「あ……マミさん、あれ!ビルの上!人!」

マミ「え……!」

フッ……!


グ シ ャ

さやか「え……!」
カミーユ「な……!」

マミ「あ……!」

まどか「うっ……!」

ほむら「……!」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:01:47.48 ID:k2EtMcow0

マミ「まだメインモニターがやられただけよ」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:03:55.90 ID:C0BEvrITO

>>197
くそっこんなので



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:06:36.21 ID:9YmFezPl0

さやか「あっ……あぁ……!」

まどか「うっ……おぇっ」バッ

カミーユ「なんだよ、何が起きたんだよ……なんなんだよ!」

マミ「……魔女の、口づけ……!」ス……!

カミーユ「何です、それ……。」

マミ「魔女のマーキングよ。この人は魔女に誘い込まれ殺された」

カミーユ「そんな……!」ギリギリギリ

ほむら「魔女に襲われるって……そういうことなのよ」

さやか「酷い……!」

キラッ

カミーユ「ん?この名札……。」

『ヒルダ・ビダン』

カミーユ「……母さん?」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:08:26.52 ID:pG1LmY7T0

なん…だと…



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:09:20.42 ID:/IqrlPjyO

嘘…だろ…



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:15:21.74 ID:9YmFezPl0

カミーユ「……はは、なんかの冗談だろ?」

まどか「おば……さん?」

マミ「カミーユ君の……お母さん?」

カミーユ「嘘だろ?なんかの間違いだろ?そんな目の前でおふくろが死ぬなんて、そんなこと……!」

さやか「カミー……ユ?」

カミーユ「……間違いないない、おふくろだ。ぐしゃぐしゃだけどおふくろだよ。名札見るまでわかんなかったなんてなあ……もう何年もマトモに話してなかったもんなあ」

まどか「カミーユくん……!」

カミーユ「はは……ごめんな母さん、すぐ気づかなくって、でも母さんだって……!」

まどか「カミーユくん!」

カミーユ「!」

まどか「カミーユ、くん……!」ギュ

カミーユ「う……うわあああああああああ!!母さん!母さん!うわあああああああああっ!」



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:22:06.37 ID:9YmFezPl0

カミーユ「母さん……!くっ!うあ……!」ポロポロ

さやか「……。」

ほむら「……カミーユ」

まどか「……落ち着いた?」

カミーユ「……ああ」

マミ「ごめんなさい、カミーユくん……私がもう少し早く気づいていれば……!」

カミーユ「……マミさんのせいじゃありませんよ。悪いのはこんなところに誘いこんでおふくろを殺した……魔女だ」

マミ「カミーユくん……。」

カミーユ「さあ、早く魔女を倒してくださいよ。また犠牲者が出る前に!」

マミ「……うん!」

ほむら「……強いのね、カミーユは……。」

まどか「ううん……たぶん、違う……。」

さやか「……。」



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:29:25.74 ID:9YmFezPl0

──魔女結界

カミーユ「……。」

マミ「カミーユくん、気持ちはわかるけど……絶対に私たちのそばを離れないでね。魔女は一般人の手に負える代物じゃないわ」

カミーユ「……わかりませんよ、目の前で母親を魔女に殺された僕の気持ちは……誰にもね」ギリギリ

マミ「カミーユくん……。」

ほむら「……くれぐれも無茶だけはしないでちょうだい。まどかが心配してるわ」

カミーユ「ン……わかってるよ」



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:41:12.34 ID:9YmFezPl0

──魔女結界・最深部

ゲルトルート「ギャオー」

マミ「見て、あれが魔女よ」

カミーユ「あいつが……あいつが母さんさんを!よくも!」バッ!

さやか「やめなよ!カミーユ!」ガッ

カミーユ「離せよ!あいつが!あいつがッ!」

さやか「あんた……まどかを泣かす気!?」

カミーユ「……っ」バッ

マミ「カミーユくん、あなたのお母さんの仇は……私たちが絶対に討つわ!」

ほむら「あなたはそこで見ていて」

カミーユ「でも!」

マミ「大丈夫……負けるもんですか!」バッ

カミーユ「見てるしか……できないのかよッ!」ギリギリギリ



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:49:36.13 ID:9YmFezPl0

マミ「速攻で終わらせるわよ!」ズドドドド!

ほむら「ええ」ピンッ シュッ!

ズドォォォォン!

まどか「ほら、マミさんもほむらちゃんも……頑張ってるよ」

カミーユ「そういうことじゃない……そういうことじゃないんだよ」

まどか「え……?」

カミーユ「何で……何で仇が目の前にいるのに!俺は何もできないんだよッ!」

まどか「カミーユくん……。」

カミーユ「おふくろと決して仲がいいわけじゃなかった……でもそんなんでも俺の母さんだったんだよ!」

さやか「……。」



298: 【ぴょん吉】 :2011/10/01(土) 00:50:47.58 ID:3vKScZ3N0

刹那の魔法少女は?



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:51:23.48 ID:nAZZdaEE0

>>298
まえやっただろ



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:53:38.99 ID:YukeHL+y0

ミスった
>>300詳細を教えてください



307: 【だん吉】 :2011/10/01(土) 00:55:38.37 ID:oG8zfII90

>>305
よくわかんないけどこれかも
http://elephant.2chblog.jp/lite/archives/51694585.html



310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:56:49.22 ID:YukeHL+y0

>>307
ありがとう



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:56:59.83 ID:yZrOYsz/0

お前らとりあえずこれでも聴いて落ち付けよ





317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:00:19.17 ID:UHhcThI00

>>311
興奮してきた



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 00:57:58.68 ID:9YmFezPl0

マミ「ティロ・フィナーレ!」ズドォ

ゲルトルート「ギャアアアアア!」ドオォォォ……ォォン


まどか「終わった……。」

カミーユ「……マミさん、ほむら、ありがとうございました。おふくろの仇をとってもらって」

マミ「カミーユくん……。」

カミーユ「僕は先に……帰らせてもらいますね」

ほむら「あ……。」

マミ「やっぱり、お母さんが死んだのがよっぽどショックだったのね」

まどか「……あと、お母さんが殺されたのに、何もできなかったのが、とてもショックだったんじゃ……ないでしょうか、カミーユくん……。」



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:04:51.45 ID:9YmFezPl0

──カミーユ、自室

カミーユ「……。」

QB「やあ、カミーユ」

カミーユ「……一人にしてくれ」

QB「母親が死んだのがそんなにショックかい?でも君の才能なら母親を蘇らせることすら容易いだろう。僕と契約して魔法少女になれば──」

カミーユ「一人にしてくれって言ってるんだ!」

QB「……君は母親が帰ってくるのを望んでいるんじゃないのかい?」

カミーユ「お前に俺の望みなんかわかりゃしないんだ!消えろ!」

QB「わけがわからないよ……。」ササッ


カミーユ「……どうしたいんだよ、俺は」



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:10:12.14 ID:8yCzG2tN0

マミさんといえば






327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:15:10.81 ID:9YmFezPl0

──数日後

カミーユ「父さん、母さんの葬式はいつ開くんだよ」

フランクリン「悪いがどうしても外せない仕事が一週間は入っている。しばらくは無理だ」

カミーユ「……っ!」ガシャアアアアン!!

フランクリン「な、何をするんだ!カミーユ!」

カミーユ「わかってるのかよアンタ!母さんが死んだんだぞ!本当にわかってるのかよ!何が仕事だ!」グワッ

フランクリン「殴るのか!親を!そんな息子に育てた覚えはない!それにお前はまだ子供だから仕事の大事さもわからないで口答えをする!」

カミーユ「家族より大事な仕事かよ!アンタがそんなんだから母さんは魔女に……いや!」グッ

フランクリン「ま、まて!拳をおろせカミーユ!」

カミーユ「やかましい!そんな大人!修正してやる!」バキィ

フランクリン「うぐ!」ドタァ

カミーユ「出ていってやる、こんな家!あんたも外の愛人と仲良くしてればいい!」

フランクリン「か、カミーユ……!」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:22:27.62 ID:9YmFezPl0

──上条恭介の病室

上条「それで、家を出てきちゃったんだ」

カミーユ「ああ。親父の奴、何考えてるかわかりゃしない!」

恭介「カミーユも色々大変だね……。」

カミーユ「なに、お前ほどじゃないよ……そうだ恭介、これみやげ。出るときに親父の部屋からくすねてきたんだ、ホンコン製無修正」

上条「お、おぉお……!」ドキドキ



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:25:45.99 ID:9YmFezPl0

>>336

修正

×恭介「カミーユも色々大変だね……。」

○上条「カミーユも色々大変だね……。」



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:27:15.24 ID:G3yM12CmO

無修正って…?バイオリンも修正するの?



347: 【大吉】 :2011/10/01(土) 01:28:09.77 ID:oG8zfII90

>>344
AVだろjk



348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:31:28.22 ID:G3yM12CmO

>>347
おーでぃお?びでお?



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:34:08.14 ID:YukeHL+y0

>>348
あんこちゃん夜遅いからもう寝た方がいいよ



351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:36:26.65 ID:9YmFezPl0

カミーユ「恭介の奴、あんなに持ってって……病室で見るのかよ」

さやか「……あ」

カミーユ「美樹……久しぶりだな」

さやか「うん……。」

カミーユ「お見舞いか」

さやか「うん……あのさ」

カミーユ「ん?」

さやか「そろそろ学校来なよ……みんな、心配してるからさ」

カミーユ「ン……わかったよ」

さやか「じゃ……。」

カミーユ「あ、待った」

さやか「え?」

カミーユ「音楽のCDは持っていかないほうがいい。特にバイオリンは」

さやか「……どういうこと?」

カミーユ「……そういうことだよ」



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:44:39.66 ID:9YmFezPl0

ガタンゴトン、ガタンゴトン……。

カミーユ「……。」

プシュー……。

カミーユ「結局、隣町まで来て……何がしたいんだ、俺は……。」スタスタスタスタ

カミーユ「俺は……何をやってるんだ……!」


グニャア……!

カミーユ「このプレッシャー……魔女か!?」

使い魔「キキー!」

カミーユ「く……なめるなァ!」バスン!

使い魔「ギャッ!」ビスッ
カミーユ「改造エアガンだ……この数日間、何もしてこなかったと思うな!」



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 01:55:55.85 ID:9YmFezPl0

カミーユ「そこだ!」バスン!

ヂギィン!

杏子「おいおいおい……なにやってんだアンタ?」

カミーユ「なんだよアンタ……どけよ!魔女が逃げるだろ!」

杏子「なに言ってんのさ。ありゃ使い魔だ、グリーフシードを落としゃしないよ。」

カミーユ「何言ってるんだよ!ほっといたら人が死ぬんだぞ!いっぱい人が死ぬんだぞ!」

杏子「だから、4、5人喰わせて魔女に育てりゃグリーフシードも孕むんだっての。だいたいアンタ、そんなオモチャ遊びじゃ返り討ちに遭っちまうよ」

カミーユ「……遊びでやってんじゃないんだよーッ!」バスン!
杏子「おっと」スッ

カミーユ「何……ぐっ!?」

杏子「自分の実力もわかんねーのに……仕掛けてくんじゃねーよ!」ギリギリ……

カミーユ「ぐっ……!」



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:05:21.81 ID:9YmFezPl0

杏子「だいたいアンタ、見たところ魔法少女でもないじゃん。なんで使い魔が見えるんだよ」

カミーユ「ぐ……なんで、そんな、簡単に、人を、殺すんだよ……あんたみたいのが、いるから、俺のおふくろも、魔女に……!」ゼエゼエ

杏子「!!」バッ

カミーユ「ゲホッ!ゲホッ!」ドタッ

杏子「今……なんつった?」

カミーユ「俺のおふくろは……魔女に殺されたんだ。アンタみたいなのがいたら、また魔女に人が殺されるだろうが……!」

杏子「……悪かった。でもな、あたしにもちゃんと理由があるんだ」

カミーユ「理由?」

杏子「魔法を使うとソウルジェムは濁っていく。グリーフシードがないと魔法少女はソウルジェムを浄化できない。グリーフシードを稼ぐには魔女を倒すしかないんだよ」

カミーユ「……ソウルジェムが濁ったらどうなるんだ?」

杏子「さあ?魔法が使えなくなるか、最悪死ぬかもな。そんだけ重要なシロモンだし」



375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:14:47.77 ID:9YmFezPl0

カミーユ「……お前は、なんで魔法少女になんてやってんだ?」

杏子「あたしは……まあ、色々あったんだよ。簡単に言うなら、家族の幸せを願ったんだけどさ」

カミーユ「家族の、幸せ……。」

杏子「ま、でも結局あたしの願いが原因で一家心中さ。笑っちゃうでしょ?」

カミーユ「……。」

杏子「ま、あんたは男だから魔法少女なんて縁のない話だろうけど」

カミーユ「実は……才能があるらしいんだ、俺には」

杏子「マジ!?でも悪いことは言わない……今自分が幸せだと思ってるなら、契約すんのはやめときな。追いつめられたときの最終手段にとっとけ、それと……願いは徹頭徹尾自分のために。じゃなきゃ後悔することになる」

カミーユ「……覚えとくよ」



376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:16:12.40 ID:9YmFezPl0

>>375
修正

×カミーユ「……お前は、なんで魔法少女になんてやってんだ?」

○カミーユ「……お前は、なんで魔法少女なんてやってんだ?」



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:23:28.57 ID:9YmFezPl0

杏子「それじゃ、あたしはそろそろ行くよ」

カミーユ「あ、待った」

杏子「ん?」

カミーユ「名前、まだ聞いてないじゃないか」

杏子「ああ、あたしは……作倉杏子だ。アンタは?」

カミーユ「……カミーユ。カミーユ・ビダン」

杏子「カミーユか……いい名前じゃん」

カミーユ「……珍しいやつだな」

杏子「そうか?」

カミーユ「……見滝原に住んでるからさ、たまには遊びに来いよ」タッ

杏子「あ、行っちまった……ヘンな奴」

杏子「見滝原、か……。」



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:33:12.18 ID:9YmFezPl0

──翌日、上条恭介の病室

上条「聞いてよカミーユ!僕の腕、動くようになったんだ!ほら!」

カミーユ「おお、良かったじゃないか!でも、なんだって突然……?」

上条「わからない……医者ですらサジを投げてたのに……こんなの、本当に奇跡としか……!」

カミーユ「奇跡……?まさか」ハッ

上条「カミーユ?」

カミーユ「悪い恭介、急用を思い出した!また来る!」ガラガラガラガラ

上条「え!?あ……うん」



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:41:10.95 ID:9YmFezPl0

カミーユ「美樹……病室の前でなにやってんだ!」

さやか「カミーユ……あんたの言ってたこと、正しかった」

カミーユ「美樹!」

さやか「バイオリンが弾けない状態の恭介にバイオリンのCD渡すのって……拷問に近いことだったんだね。あたし、幼なじみなのに恭介のこと何にもわかってなかった……だから償うにはこれしかなかったの」

カミーユ「……場所を変えよう、ここじゃ恭介に聞かれる」



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 02:53:20.48 ID:9YmFezPl0

──回想

カミーユ「……美樹、もうやめてやれよ」

さやか「え?」

カミーユ「恭介のところにバイオリンのCD持って行くの、もうやめてやれっていってんだよ!」

美樹「……なに言ってんの?アンタ」

カミーユ「あいつは今腕が動かないんだぞ!治る目処だって経ってない……弾けない演奏を聞いて辛そうにしてるあいつの姿は見てらんないんだよ!」

美樹「でも……バイオリンは恭介の夢なんだよ!腕だっていつかきっと……!」

カミーユ「いつかっていつだよ!勝手に恭介にあるか分からない希望を押しつけるんじゃない!」

さやか「うるさい!あんたに何がわかるのよッ!恭介は……幼なじみなんだよ?あいつの夢……諦めさせたくないんだよ!」

カミーユ「それはお前のエゴだ!恭介の気持ちは考えなかったのかよ!」

さやか「……ッ!黙れ!黙ってよ!やめてよ!もう!……やめて!」ダッ

カミーユ「待てよ!まだ話は終わってない!美樹!」



406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:03:04.50 ID:oVQxhdJS0

カミーユって意外といい奴だったのか



407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:06:56.26 ID:9YmFezPl0

さやか「……あたし、恭介のこと誰よりも理解してるって思いこんでたんだ。でも違った。あんたのほうが恭介のこと……わかってたね」

カミーユ「……そんなことはないさ」

さやか「あたし、一番大事なことが見えてなかった。恭介のこと考えてるつもりが、結局は自己満足で動いてたんだ、はは」

カミーユ「……。」

さやか「いつか、あんた言ったよね。『お前は恭介を利用して、自分の欲求を満たしてるだけだ!』って……本当だよ」

カミーユ「……でも、腕が治った恭介は、とても喜んでたんだ」

さやか「……え?」

カミーユ「喜んでたんだよ、恭介は。腕が治って。それはお前のおかげじゃないか……それでいいじゃないか」

さやか「……うん、ありがと……。」



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:20:58.11 ID:9YmFezPl0

──夜、廃工場
ドンドンドン!ドンドンドン!

まどか「どうしよう……仁美ちゃんたちは魔女のくちづけから守ったけど、マミさんともほむらちゃんとも連絡がつかないよ……!」

グニャアアア……!

まどか「あ……!」

使い魔「アッハハハハハハハ!!」ガシ
まどか「ひゃ!手足が……!」

使い魔「アハハハハハ!!」

まどか「いやぁーッ!」ビョーン

バスン!バスン!

使い魔「イタアァッ!」ビスッ!

まどか「わ!」ドテ

ザシュ! ドシュ!

使い魔「イヤァー!」パックリ
カミーユ「まどか、大丈夫か!」

まどか「か、カミーユくん!?じゃあ、一緒に来たのは……!」
さやか「じゃんじゃじゃーん!さやかちゃんでした!」ビシ
まどか「さやかちゃん!」



421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:31:25.04 ID:9YmFezPl0

エリー「……。」パタパタ
さやか「魔女のお出ましか……あとはあたしに任せて!」シュッ!

カミーユ「速い!」

さやか「てりゃあああああああッ!!」ドシュッッ!!

エリー「……!」ガシャアアアン! ブシュウウウ……。

さやか「や、やった……!」

まどか「さやかちゃん……魔法少女になったの?」

さやか「あー、うん、まぁね……初めてにしては上出来だったでしょ?」

まどか「カミーユくんとさやかちゃん、……仲直りもしたんだね……よかった」

さやか「あぁ、これはちょっとした心境の変化ってヤツかな……?」

カミーユ「……そうだな」



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:38:48.79 ID:9YmFezPl0

まどか「あ、魔女の結界が元に戻る……。」

シュウウウウ……。

さやか「……うわ、なんでこんなに人が倒れてんの!?仁美までいるし!」

まどか「みんな魔女に誘いこまれて、集団自殺しようとしてたの……なんとかギリギリで止めたんだけど今度はわたしが捕まっちゃって」

さやか「すごいじゃんまどか!やっぱここ一番の勇気あるねー!」

まどか「えへへ……。」

カミーユ「しかしよくもまあこんなにたくさん……ん?」

フランクリン「う、うう……!」

カミーユ「親父……!?なんだってこんな所に!」



429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:45:46.06 ID:9YmFezPl0

カミーユ「親父、あんたは……何やってんです!」

まどか「カミーユくん、マミさんが言ってたよ、魔女のくちづけに誘いこまれる人は、悩みや心の隙がある人だって……やっぱりおじさんも、おばさんやカミーユくんがいなくなったりして寂しかったんじゃないかな」

カミーユ「まさか!親父に限ってそんな……!」

フランクリン「う、うーん……カミー、ユ……。」

カミーユ「……!」

まどか「……家に帰ってあげても、いいんじゃないかな?」

カミーユ「……親父」



431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 03:55:40.35 ID:9YmFezPl0

──翌日

フランクリン「カ、カミーユ……!」

カミーユ「……ただいま、親父……。」

フランクリン「……仕事の予定はキャンセルしておいた。母さんの葬式は近いうちに行えるだろう」

カミーユ「父さん……!」

フランクリン「……。」

カミーユ「……。」

フランクリン「今日は、学校だろう?」

カミーユ「ン……行ってきます」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 04:05:35.88 ID:9YmFezPl0

──通学路

仁美「なんだか昨夜の記憶がありませんの……気づいたら外で倒れていましたの」

さやか「へ、へぇ……。」

まどか「おはよー」
カミーユ「おはよう、二人とも」

さやか「おはよ」

仁美「おはようございます……カミーユさん、お久しぶりです!大丈夫ですの!?」

カミーユ「ああ、もう心配ないよ」

さやか「ねえ、早くしないと遅れちゃうよ?」

カミーユ「そうだな、早く行かないと」

仁美「あれ?お二人……いつの間に仲直りしてますの?」

さやか「ああ、まあ色々あって……。」

仁美「色々!私の知らない所で色々……二人の関係は、もう私のついていけない領域ですのね~!」タタタタ

カミーユ「俺はお前についていけないよ」



439:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 04:14:56.14 ID:9YmFezPl0

──学校

早乙女「カミーユくん!大丈夫……?」

カミーユ「僕のことはいちいち気を使わなくて大丈夫ですよ。今日から学校に復帰します」

早乙女「そ、そう……。」


ほむら「……大丈夫?カミーユ」

カミーユ「僕は大丈夫だ。いちいち心配されるほうが気を使うからやめてくれよ」

ほむら「……ええ」



444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 04:28:55.89 ID:9YmFezPl0

──放課後

マミ「あ、カミーユくん、あの……大丈夫?」

カミーユ「心配しなくたって大丈夫だってんですよ!なんだってみんな同じこと言うかな……。」

マミ「あ、ご……ごめんなさい」

カミーユ「とにかく、今日も魔女退治に行くんですか?」

マミ「ええ、パトロールは暁美さんと毎日続けてるけど……行くの?」

カミーユ「はい」

カミーユ「(美樹は自分の願いを見つけて魔法少女になった。俺はいま……どうしたいんだ?)」



446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 04:41:04.89 ID:9YmFezPl0

──魔女結界

さやか「あたしも今日からよろしくお願いしますねっ!」

マミ「美樹さんも魔法少女になったのね……一緒に頑張りましょう」

さやか「はい!」

ほむら「美樹さやか、あなたは……!」

さやか「や、やだなぁ、そんなに怖い顔しないでよ……。」

まどか「あれ、カミーユくん……何持ってるの?」

カミーユ「ン……色々準備しなきゃと思ってさ」

まどか「……変わったね、カミーユくん」

カミーユ「そうか?」



448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 04:47:59.40 ID:9YmFezPl0

使い魔「キュー」「キキー」「キュイー」

さやか「来た!さっそく……!」チャキ

カミーユ「そこっ!」バスン! バスン!

使い魔「キー!」ビスッ!
マミ「カミーユくん!?」

カミーユ「燃えろッ!」ブンッ ガシャアアン!!
使い魔「ホギャアアアアア!!」ボジュウウウウウ

ほむら「か、火炎瓶……。」

カミーユ「(今できることをする……それだけだ!)」



450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 04:58:57.03 ID:9YmFezPl0

シャル「……。」

さやか「魔女だ!」

カミーユ「この!消えろよッ!」ブンッ ガシャアアアアン!!

ボオオォォ……!

カミーユ「やったか?」

シャルロッテ「ガア」グワッ!

カミーユ「何ッ……やられる!」

シュルルルル……バシッ!

シャルロッテ「ガ!」グンッ

カミーユ「このリボン……先輩!」

マミ「カミーユくん……迂闊よ!」



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 05:12:05.49 ID:9YmFezPl0

マミ「悪いけど……確実に決めさせてもらうわよ!」シュルルルルルルルル

シャルロッテ「!?」グルグルグル

まどか「ま、魔女がぐるぐる巻きになっちゃった!」

マミ「はっ!」ズドドドドドドドドドド

さやか「動けない相手に銃を……うわ」

ほむら「えげつないわね」

マミ「行くわよ!ティロ……!」

マミ「(ちょっと待った……カミーユくんのことだから『なんですかティロフィナーレって。戦場でいちいち技の名前を叫ぶ必要なんてあるんですか?』とか突っ込みかねない……!)」ポワンポワンポワン

マミ「……てぇぇあッ!」ズドォ

シャルロッテ「アンギャー!」ズドォォォォン

さやか「やったー!」

カミーユ「先輩、確か前それやった時は『ティロ・フィナーレ』とか言って……なんだって今回はこらえたんです?」

マミ「!?」



460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 05:28:04.13 ID:9YmFezPl0

マミ「ん……ゴホン!今はそんなことはどうでもいいの。重要じゃない。それよりもカミーユくん」

カミーユ「なんですか?」

マミ「一体どうしたの?今日は。あまりにも積極的に参加して……なにか慌てているようにも見えたけど」

カミーユ「別に……慌ててなんてないですよ。気のせいじゃないですか?」

マミ「……言えないの?」

カミーユ「なんだっていいでしょう、ほっといてくださいよ」

マミ「でもそういう訳には……今回のようなことが続いたら」

さやか「ま、まあまあマミさん、今日はこの辺で……!」

まどか「そうですよマミさん、カミーユくんにも言いたくないことくらいありますよ……。」

マミ「(私とみんなでこんなにも意識の差があるなんて思わなかった……!)」

ほむら「(引き際が肝心なのよ……巴マミ)」



465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 05:43:12.95 ID:9YmFezPl0

──翌日、路地裏

さやか「今日はマミさん達と別行動かー……ちょっと心細いな」

カミーユ「どう考えても分担のしかた間違ってるんじゃないか?先輩とほむらは分けるべきだろうに」

さやか「仕方ないじゃん、マミさんが希望したんだからさ……。」

まどか「(マミさんに何が……。)」

使い魔「ブーンブンブン!」

さやか「来た!」チャキ



469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 05:55:35.62 ID:9YmFezPl0

さやか「はっ!」シュッ!

使い魔「ブーンブーン!」

キイィン!

さやか「え!?」

杏子「何してんのさ、そいつは使い魔だよ」

さやか「誰!?」

カミーユ「あれ……佐倉杏子じゃないか!」

杏子「なんだ、誰かと思ったらカミーユ、あんたの連れかい?」

まどか「カミーユくん、知り合いなの?」

カミーユ「ああ。隣町でちょっとさ」



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 06:09:52.56 ID:9YmFezPl0

さやか「ちょっと、なんで使い魔逃がしちゃうのさ!」

杏子「ったく、これだからシロートは……使い魔はグリーフシード落とさないんだ、狩ったって魔力の無駄遣いでしょーが」

さやか「そ、そんな言い方ないでしょ!」

カミーユ「やめろよ、こいつにはこいつなりの考え方があってやってるんだよ」

さやか「な……真っ先にあんたがキレると思ってたのに……!」

まどか「ふふ、やっぱりカミーユくん変わったね」

カミーユ「どういう意味だよ」



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 06:22:51.43 ID:9YmFezPl0

さやか「……あたしには分かんないよ、その考え方。使い魔だって放っておけば人が死ぬんだよ?」

杏子「……あんた、そんな甘ったれた考えでこれから先生き残れるとでも思ってんの?」

さやか「甘ったれただって……!?」

杏子「魔法を使うため、グリーフシードは魔法少女が生きていくうえで必要不可欠なんだよ。食いもんがないと生き物が生きていけないのと同じだよ。
その重要性が分かんないあんたは、飢えた事がない新人の甘ちゃんだ。違うかい?一度飢えを知ったら、甘ったれたことは言ってらんないもんなぁ」

さやか「う……確かにあたしはまだ他の魔法少女に頼ってるペーペーの新人だよ……でもさ、あたしの願いで笑顔になってくれる人がいるんだ、幸せになってくれる人がいるんだよ。そのためならあたし……頑張れる」

杏子「はぁ……とことん大甘だねアンタは。願いは徹頭徹尾自分のためにあるモンだよ。他人のためにたった一回の奇跡のチャンスを使い潰してどうすんのさ?」

さやか「……!」ギリッ



485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 06:34:00.17 ID:9YmFezPl0

さやか「……少し黙れ」
杏子「あ?」

さやか「黙れって言ってるんだよ」チャキ

杏子「……やる気か?」

まどか「ちょ、ちょっと、さやかちゃん……!」

さやか「甘ったれとか言われても否定はしないよ……でも、あたしの願いを否定することだけは許さない」

杏子「はっ……近いうち、後悔することになってもか?」

さやか「後悔?バカ言わないでよ。あたしは恭介に償えればそれでよかったんだ……後悔なんて、あるわけないじゃん」

杏子「……どーだか。男絡みはろくな事ねーぞ?」ブン!

さやか「余計なお世話だ!」キィン!

まどか「やめてよ二人とも!魔法少女同士でケンカするなんて、こんなの絶対おかしいよ!カミーユくんも黙ってないでなんとか言ってよ」

カミーユ「……俺はどっちの言い分も知ってるから、どっちの味方もできない」

まどか「そんな!」

カミーユ「だからどっちも止めるんだよ!」ババッ

まどか「え?」



487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 06:44:16.40 ID:9YmFezPl0

杏子「この……!」

カミーユ「出てくるから!」ベシャ

杏子「うわ!なんだ!ネバネバする……。」モコモコモコ

さやか「カミーユ、何を……!」

カミーユ「お前もだ!」ベシャ

さやか「ひゃ!何これ!動けない……!」モコモコモコ


まどか「すごい……何したの?カミーユくん」

カミーユ「防犯用のトリモチランチャーを使っただけさ」



494:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 06:54:36.62 ID:9YmFezPl0

杏子「くの、くの……!出れねー!」ジタバタ

カミーユ「ははははは、ざまあないぜ!」

さやか「ちょっとカミーユ、これ笑い事じゃないよ!?これこのまま取れなかったらどうすんのさ!」

カミーユ「安心しろよ、30分くらいしたら自然に外れるからさ!」

まどか「カミーユくん、なんでそんなものもの持ってるの?」

カミーユ「親父の部屋からちょっと……ね」



502:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 07:15:07.73 ID:9YmFezPl0

杏子「ぐぐ……!」モコモコ


まどか「でもよかった……ケンカしないで済んで」


カミーユ「暴力じゃ物事は解決しないんだよ。暴力はいけない」

さやか「お前が言うな!」モコモコ

カミーユ「ちゃんとお互いに話しあえばいいだろ。俺たちはわかりあえるはずだ」

さやか「え!?」

杏子「え、えっと、あー……何話せばいいんだよ!」

カミーユ「そんなもん知ったこっちゃない!」

杏子「んなっ!?」

さやか「あー……こういう奴なんだよ、こいつ」



511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 07:26:47.56 ID:9YmFezPl0

杏子「あー、あのさ……。」

さやか「……うん」

杏子「あたしの願いは親父の……家族のための祈りだったんだ」

カミーユ「おやじか……。」

さやか「うん……。」

杏子「でもさ、その祈りのせいで家族がぶっ壊れちまった。おやじはあたしたち巻き込んで一家心中さ」

さやか「え……!」

杏子「最後、親父になんて言われたかわかるかい!『魔女』だってさ……笑っちゃうよ、あたしは魔女を狩る魔法少女だってのに……ね」

さやか「……うん」

杏子「親父の話を……みんなが真剣に聞いてくれればそれでよかったのに。あたしの願いはそれだけだったのに。なぜだかそんなことになっちまった」

まどか「ひどい……!」



515:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 07:36:12.83 ID:9YmFezPl0

杏子「だからさ、あたしは全部自分のために使うことにしたんだ。この力をさ。それなら全部自業自得で済む。全部自分に帰ってくるから、受け止め切れるしね」

さやか「……それで、虚しくないの?アンタは」

杏子「……別に」


カミーユ「それで……それでお前の家族は喜ぶのかよ」

杏子「え?」

カミーユ「答えろよ!それでお前の家族は喜ぶのかよ!生き返るのかよ!自分だけが特別だと思うな!」

杏子「……ッッ!」

まどか「カミーユくん……。」

カミーユ「お前はそうやって自分の世界に入り込んで逃げてるだけだ!人と向き合わないで変われるものかよ!」

杏子「う……!」

まどか「(カミーユくん……まるで自分に言い聞かせてるみたい……。)」



518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 07:50:26.38 ID:9YmFezPl0

杏子「お父さん……お母さん……っ!」

カミーユ「お前がそんなことやってる限り何も変わらないじゃないか!生きるために狩る、確かに言い分はわかるけど……それじゃあ原始人と一緒じゃないか!」

杏子「げ、原始人……。」

カミーユ「あんまりじゃないか、そんな生き方……。」

杏子「じゃああたし、どうしたらいいんだよ……!」

カミーユ「……これから見つければいいさ」

杏子「うん……!」グスッ

さやか「(ま、また、泣かせやがった……でも以前とベクトルが全然違う……。)」

まどか「すごいなぁ……カミーユくん」



526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 08:04:21.48 ID:9YmFezPl0

──数日後、喫茶店


仁美「大事なお話ですわ……私、上条恭介くんのことをお慕いしておりますの」
さやか「え……いやー!まさか仁美がねー!恭介の奴、隅におけないなー……。」

仁美「さやかさん、一日だけ待ちますわ」

さやか「え……。」
仁美「上条くんを見てきた時間は、美樹さんのほうがずっと上ですわ。だから一日だけ待ちます。お友達に、抜け駆けはしたくありません」

さやか「あ、あたしは……。」

仁美「美樹さん、あなたは……本当の気持ちに向き合えますか?」

さやか「……わかんないんだよ」ボソリ……。



530:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 08:18:00.94 ID:9YmFezPl0

──マミ家

さやか「──と、いうわけなのさ」

杏子「ふーん。いっそボーヤの手足ぶっ潰して使えなくしちゃえば?そーすりゃあんたにコロッといくよ」

さやか「アウトアウトアウト!腕治すっていうあたしの願いはどうなる!」

マミ「やっぱりここは美樹さんのメロメロボデーで悩さt」さやか「却下」

マミ「酷い!」

さやか「マミさんが言うとイヤミに聞こえるんですよ!」

ほむら「いいからとっとと自爆特攻してきなさいよ……ダメもとなんだから」

さやか「ひどっ!?」

ほむら「そうやって搦め手考えるうちに告白するタイミング逃すのが落ちよ。だいたい聞かされるこっちの身にもなりなさいよ……ほらほら行った行った」シッシッ

さやか「う……うわああぁぁん!!アンタ達に相談したあたしがバカだった!」ガチャ! ダダダダダ

マミ「行っちゃった……いいの?」

ほむら「あれくらいでいいのよ……気分転換にジェンガでもやりましょ」



590:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 11:16:16.45 ID:9YmFezPl0

カミーユ「それで、なんだって俺に相談するんだよ?」

さやか「いや、だってカミーユさ……恭介と仲いいじゃん。私のこと、どう思ってるかと……わかんないかなって」

カミーユ「そんなの知るわけないだろう?いくら友達だからって、俺達はお互いのプライバシーにそんなにずけずけ入り込む仲じゃないよ」

さやか「うぐ……そうなんだ……。」


カミーユ「まあ、そうやって何もしなかったら恭介の気持ちなんて永遠にわからずじまいだってことはわかるけどさ」

さやか「……そう、なんだよね」

カミーユ「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいいだろ?じゃあな」
さやか「わかってる……わかってるんだけどさ」



597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 11:28:04.68 ID:9YmFezPl0

まどか「……私に、相談?」

さやか「うん……やっぱし、踏ん切り、つかないんだ。恭介に拒絶されたらどうしようとか、仁美のこととか考えちゃうと」

まどか「……さやかちゃん」

さやか「……ん?」

まどか「上条くんも仁美ちゃんもね、とってもいい人だよ。私、知ってる」

さやか「うん……それは私も分かってる」

まどか「だからさ、はぐらかさないで真剣に気持ちをぶつければ上条くんも受け止めてくれる……YESかNOかはわからないけど、拒絶なんてぜったいしないよ」

さやか「……ほんとう?」

まどか「……言っておくけど、はぐらかして伝えるのはダメだよ?あれさやかちゃんの悪い癖。上条くん鈍いんだから、あれじゃ伝わらないよ」

さやか「うん……わかってるだけどさ……うん」

まどか「仁美ちゃんも、さやかちゃんに面と向かって宣戦布告したのは……さやかちゃんがあまりにも見てられなくなったからだと思う」

さやか「……そんなに?」
まどか「そんなに」



600:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 11:39:00.31 ID:9YmFezPl0

まどか「……さやかちゃんもさ、無理に自分を作らなくっていいんだよ。ありのままで」

さやか「で、でも……恥ずかしいじゃん」

まどか「いまさら何言ってるの。何年上条くんと一緒にいるのさ?もうさやかちゃんのこと全部バレちゃってるよ」

さやか「わわわわ……!」

まどか「だから、ありのままに気持ちを伝えるだけでいいんだよ。『異性として上条くんが好き』だって」

さやか「うん……それにしてもまどか、今日はハッキリもの言うね」

まどか「だって……せっかくさやかちゃんが頼ってくれたんだもん。少しでも助けになればいいかなって思って……やっぱり嫌だった?」

さやか「……ううん、ありがとうまどか。やっぱアンタ……最高に優しい子だわ。最後の一押し、ありがと」

まどか「え!ということは……!」

さやか「……いってきます!」

まどか「さやかちゃん……頑張れ!」



606:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 11:48:49.17 ID:9YmFezPl0

──上条宅

ピンポーン

上条「はい?」

さやか「あ、あのー、美樹さやかですけど、恭介くんいますか!?」カチコチ

上条「あ、さやか。どうしたの?」ガチャ

さやか「あ、あの……ちょっと、恭介に用があってさ……!」

上条「用?」

さやか「えっと、あの……!」モジモジ

上条「? まあ立ち話もなんだからとりあえず上がってよ」



612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:03:53.09 ID:9YmFezPl0

──上条恭介の部屋

さやか「へー、か、片付いてるね……。」

上条「まあこの前まで入院してたから……そんな短期間で散らかったりしないよ」

さやか「しっかし、音楽関係の本とCDばっかだね……。」

上条「ちょ、ちょっと、あんまり物色しないでくれよ。見たってわかんないだろ?」

さやか「私だって少しは勉強したんだよ?それともエッチな本でも隠してるのかな~?」バサバサ

上条「ちょ、やめてって、本当に!マジで!」

ドサドサドサ

さやか「……ん?」
『無修正!ホンコン美女で美女とハメ撮りハーフムーン・ラブ』
『だめ!お兄ちゃんのコロニーレーザーがロザミアの膣中にぃぃ!空が!空が落ちるぅぅぅぅ!!』

さやか「……////」カアアァッ

上条「さ、さやか!これは違……!違う!」



622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:18:27.24 ID:9YmFezPl0

さやか「な……何が違うって言うのよッ!」カアァァッ


上条「こ、これは何かの間違……!」ガッ、ドサ……。

『宇宙にカケる-ティターンズ男優16人ぶっかけ祭り-』

上条「……あ」

さやか「……。」

上条「違う!違うんだ!違うんだよぉぉぉぉッッ!!僕は片っ端から借りただけで……僕の趣味ってわけじゃ」

さやか「あの……。」

上条「……もういいよ、どうせさやかにはわかんないだろ!?僕は男だよ!好きなんだよ!こういうの!幻滅したけりゃすればいいさ!」

さやか「っ……!ごめん、私、帰るね……ごめん、なさい」バタン……。


上条「……。」


上条「何してんだよ!なんで逆キレしてんだよ僕!去り際ちょっとさやか泣いてたじゃないかよ!」ゴロゴロゴロゴロ

上条「僕ってほんとバカだよ……救いようがないよ」



627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:21:39.38 ID:9YmFezPl0

>>622
修正
×逆キレ
○逆ギレ



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:30:43.29 ID:9YmFezPl0

さやか「っ……ひっく、あたし、バカだよ……救いようないよ……!」

カミーユ「ん、あれは……美樹じゃないか。おーい」

さやか「……カミーユ」

カミーユ「その様子だとダメだったみたいだな。愚痴くらいは聞いてやるよ」

さやか「……違うの。あたし、恭介を傷つけちゃった。結局告白も出来ずじまいで」

カミーユ「……何があったんだ?」

さやか「実は恭介の部屋から、エッチなDVDがいっぱい出てきて……。」

カミーユ「ぶっ!?」

さやか「どうしたの?」
カミーユ「いや……。」

さやか「あたし、気が動転してあたふたしてたら突然恭介が怒り出して……出てってきちゃった」

カミーユ「(これ、俺のせいじゃないだろうな……?)」

さやか「ほんとさ……おこがましいよね。好きな人のこと傷つけておいて、告白しようだなんてさ。もう、恭介にも仁美にも顔向けできないよぉ……!」ポロポラ

さやか「あたしってほんとバカ」カミーユ「馬鹿言ってんじゃない!」



642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:35:07.02 ID:9YmFezPl0

>>636
修正

×さやか「ほんとさ……おこがましいよね。好きな人のこと傷つけておいて、告白しようだなんてさ。もう、恭介にも仁美にも顔向けできないよぉ……!」ポロポラ

○さやか「ほんとさ……おこがましいよね。好きな人のこと傷つけておいて、告白しようだなんてさ。もう、恭介にも仁美にも顔向けできないよぉ……!」ポロポロ



637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:32:30.11 ID:fFfn+vaBO

スレタイキター!



639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:32:43.63 ID:G3yM12CmO

スレタイきたー

結構シリアスだな



641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:34:13.80 ID:6hTE50CO0

>>639

歯ァ食いしばれ!修正してやる!!



650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:41:06.36 ID:9YmFezPl0

カミーユ「それは怒ってるんじゃない……恥ずかしがってるだけだよ!」

さやか「え……!?でも恭介、すごい取り乱して……!」

カミーユ「女の子に見られたんだから当たり前だ!今すぐ帰ってフォローしてやれ!」

さやか「でも、私……!」

カミーユ「いいのか!きっと恭介だって今、恥と後悔でいっぱいだ。そんな恭介をほうっておいたら……あいつの心に核の冬が来るぞ!チャンスはまだある!」

さやか「……うん、ありがとう!私行くね!」タタタタタ

カミーユ「……さて、恭介め。今度会ったらトーストにしてやる」



661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 12:49:11.85 ID:9YmFezPl0

恭介「あー、終わった……僕にもし権力があったら地球になんかでっかい惑星おっことして滅ぼしてやるのに」ゴロゴロゴロゴロ

ピンポーン

上条「いや、いっそ隕石でもいいなー……クックックッ、黒マテリア」ゴロゴロゴロ
ピンポーン!ピンポーン!

上条「なんだよもう!くだらんセールスか勧誘だったら怒鳴り散らしてやる!」

バタム!

上条「今親いないんで、お引きと……」

さやか「あの、恭介……さっきは、ごめんね」モジモジ

上条「……ら、ないほうがいいと思うな」



670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:02:25.11 ID:9YmFezPl0

──上条恭介の部屋

『だめ!お兄ちゃんのコロニーレーザーがロザミアの膣中にぃぃ!空が!空が落ちるぅぅぅぅ!!』

さやか「……。」チラチラ

上条「あっ、ごめん!片付けるね!」

さやか「……いいよ、片付けなくて」

上条「へ?」

さやか「恭介も男のだから……こういうの好きなのは仕方ないよね。さっきは恭介の気持ち、全然考えてあげられてなかった……ごめんね」

上条「う、うん……いいよ、気にしてないから」

さやか「ほんと?良かった……。」

恭介「(くそっ、なんなんだよ、なんでさっきからドキドキする事ばっかり言ってくるんだよ!さっきのことのせいで、い……意識しちゃうじゃないか!)」ドキドキ



677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:15:36.73 ID:9YmFezPl0

さやか「そいでさ、あのさ……あたし、恭介にずっと前から、言いたいことがあったんだ」

上条「え?」

さやか「あたしね。恭介がずっと前から……好き。異性として好き」

上条「え……えぇッ!?」

さやか「いつから意識したかはずっと恭介のこと、見てた。男の子として」

上条「え……」ゴク

さやか「それで……恭介の返事を聞かせて欲しいんだ」

上条「……さやかは、ズルい」

さやか「え?」

上条「さっきからあんなこと言われてたら……異性として意識しないわけにいかないじゃないか」ガバ

さやか「ひゃ!ちょ、待って……何?あたし、なんかした!?」ボスッ

上条「さやかッ」

さやか「ま、まだ心の準備ってものが……!」



685:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:25:45.23 ID:9YmFezPl0

上条「でもさやか、僕、もう……!」

さやか「恭介……そうしてくれるのはスゴい嬉しいんだけどさ、あたしたち、まだ、早いよ、こういうのは。」

上条「さやか……。」

さやか「でもあたし、頑張るから!恭介に喜んで貰えるように、もっといっぱい、こういうこと勉強するからさ!だから……大人になってから、ね?」

上条「さやか、君は、ここまできて僕を……でもなんで健気なんてだ君は……ううわああああああ!!ジレンマが!!」ゴロゴロゴロゴロ

さやか「……恭介!」ギュッ

チュッ……。

上条「あ……。」

さやか「……これくらいなら、ね?」

上条「さやかあぁッ!」ガバア! チュッチュ

さやか「やっ、恭介ぇ……♪」



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:26:41.58 ID:e/FIiRUA0

ふぉおおおおおおおおおおおお



689:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:28:01.70 ID:UHhcThI00

そんなカップル修正してやる!



697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:36:08.79 ID:9YmFezPl0

──学校

カミーユ「恭介!お前のような奴がいるから世界から紛争がなくならないんだ!」ニヤニヤベシベシ

恭介「痛たたたた、何すんだよ!」

カミーユ「その幸せを少しは分けろって言ってんだよ!」

恭介「なんのことだよ!」

カミーユ「彼女、できたんだろ?そろそろDVD返せよ、おやじに見つかったらまずい。どうせ彼女いるんだから必要ないだろ?」

恭介「何言ってるんだよ、彼女ができたからこそ必要なんじゃないか」

カミーユ「ん?はっ……貴様ァー!トーストにしてやる!」ベシベシ

恭介「いだだだだ、ひがむなよカミーユ」



698:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:37:21.85 ID:9YmFezPl0

修正

△恭介
○上条



706:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:46:16.60 ID:9YmFezPl0

さやか「あの、仁美。あたし……恭介と付き合うようになったから」

仁美「そう……ですか。おめでとうございます」ニコ

さやか「あ……あの、怒ったりしないの?あたし……。」

仁美「なんで怒ったりしなければならないのですか?むしろわたしは大事な友人が幸せになれて、とても嬉しいですわ」

さやか「そう……あの、ありがとう、仁美」

仁美「いえ……末永く、お幸せに」

仁美「ただ、ほんの少し……。」ボソッ

仁美「ほんの少しだけ、悲しくないといったら……嘘になりますわ」ホロリ



716:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 13:56:05.89 ID:9YmFezPl0

──影の魔女、魔女結界


杏子「さて今日もいっちょいくか……ところでさやかは?」

ほむら「男のところよ」

杏子「はぁ!?」

まどか「無事に上条くんと結ばれたんだよね、さやかちゃん」

杏子「それで魔女狩りお休みって……平和ボケしすぎだろーが!」

マミ「いいじゃない、素敵じゃない恋愛!一回くらいは許してあげたっていいんじゃない?」

杏子「お前なあ……。」

カミーユ「(恭介のやつ、本当にトーストにしてやろうか……。)」



721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:10:58.08 ID:9YmFezPl0

エルザマリア「……。」

マミ「お出ましね」

エルザマリア「……。」ビシュシュシュ!!
カミーユ「見える!」スッ
まどか「い、嫌ぁぁぁぁ!!」

ほむら「まど……!」

マミ「危ない!」バッ!
ビシュ! キイィン!!

まどか「マミさん!大丈夫ですか!?」

マミ「ええ、大丈夫よ。ソウルジェムが飛ばされてしまったようだけ……ど……?」ガクン

まどか「マミさん?」
カミーユ「先輩?」
杏子「おい、どうした!」

マミ「……。」

杏子「こいつ……死んでるじゃねえか!」

カミーユ「!!」
まどか「え!?」

ほむら「く……杏子!魔女をお願い!」シュタッ
杏子「え!?」



728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:19:25.72 ID:9YmFezPl0

ほむら「く……(巴マミのソウルジェム……なんとか守りきらないと!)」

杏子「ちくしょ!斬っても斬っても生えやがって!」ザシュ!ザシュ!

カミーユ「そこだーッ!」カチッ! ズドォォォォォン!

エルザマリア「……!?」ドゴシャアアアア!!

カミーユ「見たか!」

ほむら「ば、爆弾……いつの間にあんなもの」

杏子「(お前が言うか……。)」



731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:21:21.09 ID:3TTJiUee0

これがニュータイプの力か



734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:22:35.56 ID:qatVc9rq0

もうキュゥべぇいらんなw



735:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:22:38.58 ID:Jokm0cDE0

ニュータイプすげえwww



737:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:24:52.01 ID:yNCXQI7F0

カミーユのスペックヤバいな



740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:32:02.28 ID:9YmFezPl0

まどか「マミさん!起きて!起きてよぉ!」

杏子「よせ、もうマミは……!」

ほむら「いえ、まだ間に合うわ……。」ストン

カミーユ「ソウルジェムを掌に……なんだってんだ?」

マミ「……はっ!あ、私……いったい」

まどか「マミさん!よかった……!」

QB「やれやれ、今のは危なかったね。まさかマミが吹き飛ばされるなんて。普段は肌身はなさず身に着けているから、こんな事故はめったに起きないはずなんだけど」

マミ「キュゥべえ……何?何いってるの?」

QB「ソウルジェムが肉体から100m圏外に離れてしまうと、肉体のコントロール可能範囲外になってしまうんだよ」

マミ「何を言っているか……わからないんだけど」

QB「君達の魂は、契約と同時にソウルジェムに封じ込められたのさ」



755:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 14:49:35.66 ID:9YmFezPl0

マミ「え……!?」
QB「ただの人間と同じ壊れやすい身体のままで魔女と戦ってくれなんてとてもお願いできないよ。僕達の役目は君たちの魂を抜き取ってソウルジェムに変えることなのさ」

カミーユ「なんでそんな大事なこと、今まで説明しなかったんだよ!」

QB「聞かれなかったからね」

カミーユ「こいつ、ぬけぬけと……!」

QB「むしろ便利だろう?心臓が破れてもお腹を貫かれても、、その身体は魔力で修理すればまた動くようになる……ソウルジェムさえあれば君たちは無敵だよ」
杏子「それじゃあたしたち、ゾンビにされたよいなもんじゃないか!」

QB「……君たちはいつもそうだね。事実をありのままに伝えると決まって同じ反応をする。わけがわからないよ。どうして人間は魂の在処にこだわるんだい?」

カミーユ「貴様、貴様……貴様ァーッ!」バスン!

QB「うぐ」ビチュ



760:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 15:01:14.05 ID:9YmFezPl0

カミーユ「そうやって自分の都合だけで人を家畜のように利用する!それは……一番人にやっちゃいけないことなんだよ!」バスン!バスン!バスン!バスン!バスン!バスン!バスン!パスッ

QB「ぎゅぶぶっ!」バチュチュチュチュチュチュチュチュチュ
カミーユ「弾切れか……くそっ!」ポイ

まどか「カミーユくん……!」

カミーユ「思い知れ!そうやって!人を利用した分の痛みを!一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやる!」バキッ!ドカッ!ドコッ!グシャ!

QB「……。」ピクピク
マミ「あ、あ……!」ガクガク

ほむら「……カミーユ、もう死んでるわ」



774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 15:21:06.66 ID:9YmFezPl0

QB「やれやれ、びっくりしたよ」

カミーユ「何!?」

QB「代わりはいくらでもいるんだけどさ、無闇に潰さないでほしいな……勿体無いじゃないか」モグモグモグモグ

カミーユ「同じ……二匹いるのか!?」

ほむら「いいえ。奴は何匹でも存在するわ……あなたが一匹二匹殺したところで無駄よ」

カミーユ「そんな、それじゃあ……なにも変わりやしないじゃないか!」

QB「きゅっぷい……僕は魔法少女になってくれって、きちんとお願いしてるじゃないか。実際の姿がどういうものかは説明を省略したけれど」

カミーユ「それが許せないって言ってんだよ!なんで教えなかったんだ!」

QB「なんの不都合もなかったからね。事実、今まで誰も気づきやしなかっただろ?」

カミーユ「く……!」ギリギリ

QB「……まあ、契約する気になったらいつでも声をかけてよ、まどか。カミーユ」テクテク

マミ「これが、私たちの魂……!」



789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 15:47:28.12 ID:1ZTavu720

恭介「まだだ、まだスクワルタトーレ!」



790:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 15:53:32.17 ID:hxQN982h0

大使「ならば、アルヴァトーレ!」



792:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 15:54:24.85 ID:TVJnNRo+0

>>790
アレハンドロさんはお帰り下さい



793:そろそろ寝落ちの危険が出てきてます:2011/10/01(土) 15:58:32.73 ID:9YmFezPl0

マミ「こんなちっぽけな石ころが私たちの魂……ですって?冗談じゃないわよ、私たち、ほんとにゾンビと同じじゃない……私達!」チャキ

杏子「な……!?」

マミ「どうせ死んだようなものなんだったらいっそみんなで死ぬしか……!」

ほむら「マミ、貴女!」

カミーユ「遊んでんじゃない!」パシィン!

マミ「うっ……!」

まどか「カミーユくん!」

カミーユ「死んだらおしまいじゃないか……何もかも、死んだら……!」



801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 16:10:31.31 ID:9YmFezPl0

マミ「だって、あたし達の魂はもう身体の中にないのよ!?ソウルジェムがなきゃ身体が動かせないのよ!?ソウルジェムがなかったら死んでるも同然……ただの抜け殻じゃない!」

カミーユ「だからなんだってんです!貴女は今生きてるでしょう!いちいち魂のありかに振り回されてんじゃないよ!」

マミ「な……!」

カミーユ「それにあんた、自分の立場を考えろ!一番年上だってのに、一番最初に参ってどうするんです!本当はこういうとき、あなたみたいな人が導かなきゃならないんでしょうが!」

マミ「え?私……そんなの、無理ぃ……!」ヒグッ ヒグッ

まどか「ま、マミさん」

杏子「……うっわ」

ほむら「(こんな時でも容赦なさすぎるわ……。)」



808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 16:24:06.70 ID:9YmFezPl0

カミーユ「泣けば許されると思ったら大間違いだ!まだ終わってない!」

マミ「もう……許してよぉ……!」

カミーユ「許すもんか!そうやって生きることから逃避しようとして……あなたは一体、なにやってんです!」

マミ「だ、だって……!」

カミーユ「だっても何もない!死んでいい理由なんて無いんだよ!ましてや僕達全員巻き添えにしようとして!あんた頭おかしいんじゃないか!?」

マミ「あ、う、え……うえええええん!!」ボロボロ

カミーユ「あ……え!?」

まどか「あーカミーユくん……いくらなんでもやりすぎだよ」

杏子「こんな大泣きするマミ、はじめて見た……。」

ほむら「私もよ……。」

マミ「ああああん!ひっぐ、うっ……く……酷い、よぉ……!うえええええん!」

カミーユ「(……まるで子供だ)」



809:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 16:25:23.69 ID:oG8zfII90

マミさん可愛い



826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 16:38:42.68 ID:9YmFezPl0

マミ「あたしだって……いっしょうけんめ……ひっく、がんばってたんだよ!?それなのに……!」

カミーユ「……先輩、酷いこと沢山言ってすいません」

マミ「ふぇ……?」

カミーユ「でも僕は、先輩に生きていて欲しいから言ったんです。そこのところ……よくわかってください」

マミ「カミーユ、くん……!」ギュ……!

カミーユ「みんな先輩に生きていて欲しいんですよ。だから……もう死のうなんて考え、起こさないでください」

マミ「うっ、うっ……うわあああああん!」ボロボロ

カミーユ「よしよし、泣いてもいいんですよ……みんなそばにいますから」

杏子「(こいつ、自分がボロクソ言って泣かせたくせによくもまあ……。)」



831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 16:40:50.71 ID:96koVUhy0

これが飴と鞭か…



844:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 16:50:07.08 ID:9YmFezPl0

──帰り道

カミーユ「……それじゃ、また明日」

まどか「……カミーユくん、危ないこと……するの?」

カミーユ「……何言ってんだよまどか」

まどか「キュゥべえの話を聞いてから、ずっと。なんだかカミーユくんが、遠くに行っちゃう気がして……。」

カミーユ「……大丈夫だよ、俺はどこにもいかないさ。それに……おふくろの葬式も挙げなきゃならないしな」

まどか「そう……だよね。ごめんね?変なこと言って、じゃあまた明日」タタッ

カミーユ「……自分の役割が、わかったような気がするからな、俺は……!」



857:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 17:02:07.11 ID:9YmFezPl0

──翌日、ほむらの家

杏子「なんだよ、改まって話って」

ほむら「ええ、実は数日後……この街にワルプルギスの夜が来るわ」

マミ「ワルプルギスの夜……まさか、本当に?」

ほむら「ええ。放っておけば被害は計り知れない」

さやか「ちょーっと待った!勝手に話進めちゃってるけれど、ワルプルギスの夜って一体なんなのさ!」

ほむら「結界を持たない超大型の魔女よ。通った場所すべてに甚大な被害をもたらす、天災のような魔女」

まどか「超大型の魔女……!」

カミーユ「そんなのが来たら、この見滝原も……!」

杏子「タダじゃすまねーな」



866:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 17:15:30.89 ID:9YmFezPl0

さやか「それじゃ、やっつけなきゃじゃん!」

ほむら「ええ。だからそのための作戦を立てるのよ」

マミ「作戦といっても……出てくる場所も時間も分からないんじゃ」

ほむら「出現予測はついているわ。○月×日○○時の……ここよ」

杏子「……なんで分かるのさ」

ほむら「統計よ」

杏子「なんの統計だか……。」

カミーユ「(×日……おふくろの葬式の、次の日か……。)」



886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 17:39:07.79 ID:9YmFezPl0

──葬式

ポクポクポクチーン

カミーユ「……来てくれたのか」

まどか「うん、私もおばさんのこと知ってるし、あの場所にいた責任は……あると思うから」

カミーユ「……僕はおふくろに……母さんにもう少しまともに親をやってほしかったんだよ」

まどか「カミーユくん……。」

カミーユ「父さんは前から愛人を作ってたし、母さんは仕事で満足しちゃって、そんな父さんを見向きもしなかった。子供が無視されちゃ、たまんないんだよ……!」

まどか「うん……。」

カミーユ「まどかのお父さんお母さんに面倒見てもらったことのほうが多いかもしれない。でもさ、子供をほっぽらかしてたって僕にとっては母親だったんだよ……!」

まどか「……うん」



897:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 17:56:12.71 ID:9YmFezPl0

カミーユ「母さん……遺体の損傷が激しいからやめとけっていわれたけど、なんとか開けてもらったよ」

ヒルダ「……。」

カミーユ「……俺たち、ゆっくり話す機会なんてなかったよな。これが初めてなんじゃないか?」

ヒルダ「……。」

カミーユ「それじゃあ……さよなら、母さん」パタ……。

まどか「……っ、ひっく……!」グス

カミーユ「あれ……なんだってまどかが泣いてるんだ」

まどか「だって……ひどすぎるよ……こんなのあんまりだよ……!」ヒック

カミーユ「……ああ」



909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 18:22:46.38 ID:9YmFezPl0

──夜、カミーユの部屋

カミーユ「明日か……俺は」

ほむら「……カミーユ」

カミーユ「わっ!どうやって入ってきたんだよ!ここは二階だぞ!」

ほむら「どうということはないわ」ヨジヨジ
カミーユ「警察に見つかったらどうするんだよ」

ほむら「魔法少女よ?私」

カミーユ「ああ……なるほど。それで、何の用だよ?なにか話があってここにきたんだろう?」

ほむら「……信じてくれなくても構わない。ただ……聞いて欲しいの」

カミーユ「なんなんだよ?」

ほむら「私は転校初日からワルプルギスの夜までの同じ時間を……繰り返し続けているの」

カミーユ「……繰り返す?」



916:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 18:39:19.61 ID:9YmFezPl0

ほむら「私は長患いの心臓病がようやく快方に向かい、見滝原中学への転校に転校してきた……そこで保険委員のまどかに保健室に連れて行ってもらうのがキッカケで、友達になった」

カミーユ「だから、僕が保健室に連れて行こうとしたときにおかしなこと言ったのか」

ほむら「……それだけじゃない。私は魔女に襲われ、まどかと巴マミに命を救われた。私が最初にいた時間のまどかは、魔法少女だった」

カミーユ「まどかが……!」



923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 18:56:22.76 ID:9YmFezPl0

ほむら「でもある日……この町にワルプルギスの夜が来た。巴マミも殺され、勝ち目のない戦いだったにも関わらず、まどかは向かっていった。この町の人々を守るために」

カミーユ「……それで、どうなったんだ?」

ほむら「まどかは殺され、私はまどかを救うため……魔法少女になった。そして同じ時間を繰り返し続けている」

カミーユ「そんな……なんでまどかがそんな目に遭わなきゃならないんだ!俺はなんとかできなかったのかよ!」

ほむら「……そこなのよ、問題は」

カミーユ「何!?」

ほむら「何回も繰り返した時間の中に、『カミーユ・ビダン』という人物は一度も存在しなかった。あなたと会うのは今回が初めてなのよ」

カミーユ「何だって!?俺が他の時間軸に存在しない……?」



932:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 19:08:02.07 ID:9YmFezPl0

カミーユ「一体どういうことなんだよ!」

ほむら「分からない。でもあなたが存在するこの時間軸はまどかが魔法少女にならず、他の四人も生存している。ベストといっていい状態よ。そして別の時間軸にあなたがいないということは……これが一度きりの最大のチャンス、だから」バッ

カミーユ「なに!?」

ほむら「お願い、守って、まどかを……!私はどうなってもいいから、まどかだけは……!」

カミーユ「……頭上げてくれないか、最初からそのつもりだよ」

ほむら「カミーユ……!」バッ

カミーユ「まどかは俺にとってたった一人の、俺の幼なじみなんだ……俺の命に代えても、身体に代えても、絶対に守ってやるさ」

ほむら「(そうか……カミーユとまどかは、長い付きあいだったわね)」



940:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 19:20:06.30 ID:9YmFezPl0

──ワルプルギスの夜、

ゴゴゴゴゴ……。

杏子「さて、いよいよってトコロだな」


マミ「鹿目さんもカミーユくんも……今頃は避難所かしら」



さやか「恭介も、かな……なんにせよ、あたし達がここを守り切らなきゃね」



ほむら「(今回は仲間がいる……未来を、変えてみせる!)」


ワルプルギス「キャーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」



946:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 19:30:59.56 ID:9YmFezPl0

──避難所

カミーユ「……。」ギリギリ

まどか「……やっぱり心配だよ、私……!」ソワソワ

カミーユ「外は危ない」ギリギリ

まどか「わかってる、わかってるけどさ……やっぱりカミーユくんも……心配なんだよね?」

カミーユ「……友達が戦ってるのに心配にならないわけないじゃないか……!」

まどか「……行こう、もしものとき、助けられるのは私たちだけなんだよ」

カミーユ「……わかったよ」



959:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 19:42:57.56 ID:9YmFezPl0

詢子「どこ行くつもりだ?」

まどか「あ……ママ」
カミーユ「後で話します、今は急いでるんです!」

詢子「言えねーのか……!」

まどか「私たち……友達を助けにいかなきゃいけないの!」
詢子「そういうのは消防にまかせろ」

カミーユ「僕達じゃなきゃダメなんだ!早く生かせてくださいよ!」
パシィ!

カミーユ「……っ!」

まどか「カミーユくん!」

詢子「バカ野郎!こんな嵐の中出ていったら死んじまうぞ!正気か!」

カミーユ「それは大人の理屈ですよ!小賢しい!」

詢子「常識でモノ言ってんだよ!」

カミーユ「とにかく、みんなが心配なんだ!止めても行きますよ!」ダダダダダ
詢子「あっ、バカ……カミーユ!」

まどか「……ごめん、ママ。カミーユくんと一緒に、行くね?」
詢子「はー……止めてもしょうがねえんだろうな……必ず二人、無事に戻ってこいよ?」

まどか「……うん」



963:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 19:45:45.08 ID:9YmFezPl0

>>959
修正
×カミーユ「僕達じゃなきゃダメなんだ!早く生かせてくださいよ!」

○カミーユ「僕達じゃなきゃダメなんだ!早く行かせてくださいよ!」



969:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 19:53:32.29 ID:9YmFezPl0

ゴゴゴゴゴ……!


まどか「う……そ」

カミーユ「杏子!さやか!ほむら!先輩!みんな……みんな死んでいる……なんだってこんな戦い……!」

ほむら「く……勝手に、殺さないでちょうだい……。」グググ

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「みんな、生きてるわ。もっとももう戦う余力も残ってないけど……!」

カミーユ「ほむら……!」

ほむら「カミーユ……無責任なのはわかってる。でも、お願い……!まどかを守って……。」カク

カミーユ「ほむら!気絶した、だけか……。」

ワルプルギス「アーッハッハッハッハッハッハッハ!!」

カミーユ「こいつか……何なんだよ、何が楽しくて……何が楽しくて戦いをやるんだよ!キュゥべえ!いるんだろ!」

QB「よく分かったね。契約する気になったのかい?」

カミーユ「ああ、やってやるよ。魔法少女になりゃいいんだろう!!」



982:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:05:58.09 ID:9YmFezPl0

QB「さあカミーユ。君はどんな願いでソウルジェムを輝かせる?」

カミーユ「俺は終わらせたい……こんな魔法少女と魔女か戦って人が死んでく戦いを!全て終わらせてやるーッ!」ピカアアァッ!!

QB「な!そんなとんでもない願いは……確かに君の素質は凄いけど、叶えるに至らない」

カミーユ「何だって!?」

まどか「それなら私も!キュゥべえ!私は……カミーユと同じく、こんな戦いを全て終わりにしたい!」

QB「二人が同時に同じ願いを!前例がないよこんなこと!しかしこれならエントロピーを超え……うわああああー!」ピカッ!

ドシュウウウウウウウー!!ゴウ……ン

まどか「ロボット……これが、私たちの武器?」

カミーユ「みたいだ、俺にはわかる。この……Zガンダムはは俺たちの思いを表現してくれるマシーンだって」



985:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:08:42.57 ID:or7SJG7M0

Zキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



989:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:10:17.46 ID:FP9e7Sxs0

zキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:15:46.26 ID:9YmFezPl0

カミーユ「全天周囲モニター……すごいな」プシュー

まどか「動かし方……わかるの?」

カミーユ「ああ……頭が教えてくれる……はっ、このプレッシャー!」テロレロリーン!

ワルプルギス「キャーハハハハハハハハ!!!!」

カミーユ「捉えた!戦いをやって楽しむ!貴様のようなヤツはクズだ!生きてちゃいけないヤツなんだーッ!」ビシューウン

まどか「ビームサーベルに……私たちの魔力と想いを乗せて!」バシュウウウウウウウウウ!!

カミーユ「うおぉぉぉーっ!遊びでやってんじゃないんだよーッ!」

ワルプルギス「キャハ……ギャアアアアアア!!」

ザ ン ッ !



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:24:36.77 ID:9YmFezPl0

まどか「倒したよ……ワルプルギスの夜を!」

QB「よくやったよまどか、それにカミーユ。君達の契約時に生まれたエネルギーと、先ほどワルプルギスの夜を撃破したときに採取できたエネルギーがあまりにも膨大だったおかげで、この星のエネルギー回収ノルマを達成することができた。
君達の願い通り、もうこの星で魔女も魔法少女も存在することはなくなるだろう」

まどか「エネルギー、回収?」

QB「ああ。僕達の目的は契約、そして魔法少女が魔女に生まれ変わるときの感情エネルギーを採取し、宇宙の維持に充てることさ」

まどか「魔法少女が、魔女に……そんなの聞いてないよ!」

QB「聞かれなかったからね」

カミーユ「……そうだよ、お前だ、お前だよ……お前だ!脇から見ているだけで、人を弄んで!」ギュイイイイイン!!

QB「光って……!何をする気だいカミーユ!」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:36:48.73 ID:9YmFezPl0

カミーユ「命は……命は力なんだ!この宇宙を支えてるのはエネルギーなんかじゃない!生きている一人一人の命なんだ!それを、こうも簡単にむしり取ってエネルギーに変える……それは、それは醜いことなんだよ!」シュパアアアァァ……!

QB「光がZガンダムに集まってくる……なんなんだこれは!」

まどか「あなたが今まで犠牲にしてきた魔法少女すべての魂だよ……!」

カミーユ「わかるはずだ……こういう奴は生かしておいちゃだめだって!みんなならわかるはずだ!」

まどか「そう、その想いを表現してくれるマシーンに……私たちは今乗ってる!」

カミーユ「うおおおおおぉぉぉぉぉぉッッ!」ビギィィィィン!! バシュウン!

QB「(飛行形態で突っ込んできた!この体はもうだめだ、ただちにスペアと切り替え……!?スペアとのリンクが切れてる!切り替えられない!なぜ!なぜ動かん!)」

カミーユ「ここからいなくなれえぇぇぇえぇッ!!」

QB「動──!」

グチャ……!



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:54:50.07 ID:9YmFezPl0

プシュー

カミーユ「キュゥべえ……やってしまったのか」トン

まどか「うん……キュゥべえはもう二度と生き返れないはずだよ」タン

スウゥゥゥ……。

カミーユ「Zガンダムが消えていく……。」

まどか「私たちの願いが叶ったから……魔法少女としての力だったZガンダムも消えちゃうんだね……ほら、あれ見て」

フワアアアアア……!

カミーユ「魔法少女たちの魂が、天に昇っていく……!」

まどか「エネルギーにされつづける輪廻から解放されて、要約成仏できるんだ……よかった」

ほむら「う……うぅ」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「あ、私……!まどか、カミーユ……!」

まどか「ほむらちゃん。もう、魔女も魔法少女もいなくなったんだよ。戦わなくても良くなったんだよ」

ほむら「え……!」
カミーユ「ほむら、約束はちゃんと守ったからな」

ほむら「……ありがとう」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 20:55:40.40 ID:9YmFezPl0

>>44
修正

×要約成仏
○ようやく成仏



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 21:11:28.58 ID:9YmFezPl0

──エピローグ

カミーユ「──ほんとに、隣町に帰るのか?」

杏子「ああ。いつまでもマミの家に世話になってるわけにもいかねーしな」

マミ「そう……寂しくなるわね」

杏子「それにさ、そんな離れてないんだからまた遊びにくるよ」

ほむら「いつでも待ってるわ」

杏子「それとカミーユ、あの時……あんがとな。あたし、魔法少女から解放された今だからこそ……何がしたいのか、見つけてみるよ」

カミーユ「ああ、応援してるよ……またな!」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 21:23:55.87 ID:9YmFezPl0

──上条恭介の部屋

DVD『ああぁぁぁだめー!腰が!腰がバウンドドッグしちゃうぅー!貴様はっ貴様は俺のーッ!』

上条「……。」チラ

さやか「……。」マジマジ

上条「……。」チラ

さやか「……なに?」

上条「あっ、いや……!」

さやか「……どきどきしちゃった?」

上条「いや、そりゃあ……!」

さやか「あたしもドキドキしてるよ……ほら」ムニュ

上条「なっ……なぁっ!?」

さやか「こないだマンガで勉強したんだ。こうすると恭介も……もっとドキドキする?」ドキドキ

上条「(これ……そのうち死ぬんじゃないのか?僕……。)」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 21:30:52.63 ID:9YmFezPl0

知久「トースト焼けたよー、カミーユくん」

カミーユ「ありがとうございます。なんだか無性にトーストが食べたくて」サクッ

まどか「ねえカミーユくん……まだおじさんのこと許せないの?」

カミーユ「許せるもんか!おふくろの葬式あげて間もないってのに新しい女を家に連れてきて……いるのは知ってたけど、家に連れてくるなんてどうかしてる!」

まどか「相変わらずなんだね……。」

カミーユ「だからしばらく置いてもらうよ」モグモグ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 21:43:25.33 ID:9YmFezPl0

──学校

まどか「おはよー」

カミーユ「おはよう」

ほむら「あ……おはよう二人とも」

まどか「あ、ほむらちゃんメガネかけてる!なんかいつもと雰囲気違うね」

ほむら「私は元々こっちだったから……ワルプルギスの夜を倒して魔法少女じゃなくなってからは、元に戻したの」

まどか「魔法少女か……そういえばさやかちゃん、最近上条くんとばっかりしゃべっててちょっぴり寂しいね」

ほむら「ラブラブね、あの二人は……。」

カミーユ「……。」カチカチカチ




上条「ん?カミーユからメールだ。なんだろう」

『トーストになってしまえ』

上条「……?」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 21:57:03.99 ID:9YmFezPl0

──マミ家

まどか「最近マミさん、学校来てないみたいだね」

ほむら「心配ね……メンタル弱そうだし」

ピンポーン

まどか「あれ?出ない……留守かな」

ガチャン

カミーユ「ん?カギ開いてるじゃないか……おじゃましまーす」

マミ「え?え!?」

ほむら「(ノブ回さないでしょ普通……。)」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 22:07:11.03 ID:9YmFezPl0

カミーユ「学校来ないでこんなトコでなにやってんです、先ぱ……!」

マミ「ちょ……!」バッ

カミーユ「な、な……なんてハレンチな格好してんですか!」クルッ

まどか「どうしたのカミーユくん!」

カミーユ「先輩が下着姿だったんだ!まったく……なんてハレンチなんだ!」ドキドキ

マミ「恥ずかしいから大声で言わないでよッ!服着るから!」

ほむら「そんなに自分の身体に自信があるの?巴マミ」

マミ「違うったら!」イソイソ



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 22:18:40.70 ID:9YmFezPl0

マミ「ふぅ……お待たせ」

ほむら「今度はそんな身体のラインが出ないスウェットを着て……あなたなんなの?ニートなの?」

マミ「……いまは大体そんな感じかも」

まどか「どういう事ですか?」

マミ「だって学校にも行かないでただダラダラしてるだけだし……働かなくてもしばらく食べていけるし」

カミーユ「こいつは……クズだ!」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 22:29:41.73 ID:9YmFezPl0

カミーユ「なんだってそんな風になっちゃったんですか!」

マミ「……魔法少女じゃなくなってから、自分がなんのために生きてるかわからなくなったのよ」

カミーユ「どういうことですか」

マミ「学校行ったってやることないし……かといってやりたいこともないし……私から魔法少女取ったらなにも残らないなって」

カミーユ「甘ったれたこといってんじゃない!」

マミ「!」

カミーユ「学校行かずに部屋でゴロゴロしてるだけの人間に何があるとでも思ってるんですか?つけあがるのもいい加減にしてくださいよ!」

まどか「か、カミーユ君!」

ほむら「せいぜい遺産と乳くらいかしら」

まどか「ほむらちゃんまで!」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 22:42:54.94 ID:9YmFezPl0

マミ「う……何もそこまで言わなくてもいいじゃない」

カミーユ「そこまで言わなくても?なんで止めなきゃならないんです!言われたくないんだったら学校に来ればいいじゃないですか!なんでそんな簡単なこともわかんないんですか!馬鹿なんですか?」

マミ「うっ、ち、違……。」ジワ……!



カミーユ「違う?分かってなかったじゃないですか!馬鹿じゃないって言い張るんだったらまず自分が馬鹿じゃないって証明してからにしてくださいよ!今のあなたは馬鹿に加えて、遺産を食いつぶす虫けらだ!」

マミ「う、ううううぅぇぇぇぇぇん……!」ポロポロ

まどか「ま、マミさん!ちょっと、カミーユくん!」

カミーユ「僕は事実を言っただけですよ」

ほむら「(……泣かすことに慣れてきてない?少し……。)」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:01:52.72 ID:9YmFezPl0

カミーユ「──落ち着きましたか?」


マミ「……うん、ありがとう……私、学校に行くことにするね」

まどか「本当ですか!?」

マミ「うん、カミーユくんに言われちゃったからね。それに──」チラ

カミーユ「?」

マミ「(次ヘタなことしたら、絶対また泣くまでボロクソに……!)」ガタガタ

マミ「(……でももうひとつ、この感覚はなんだろう?なんだか嬉しい、ような……。)」

カミーユ「なに一人一人でニヤついてんですか?なんか楽しいんですか?」

マミ「……なんでもない」ニコニコ

カミーユ「なんでもないならこっちみてニコニコすんのやめてくださいよ、紛らわしい」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:26:13.10 ID:9YmFezPl0

──夜、公園

カミーユ「懐かしいなここも……昔、よく一緒に遊んだよな」

まどか「そうだね……今見ると遊具もちっちゃく見えちゃうけど」

カミーユ「……ベンチ、座るか」

まどか「……うん」

まどか「空……きれいだね。いろんな星がついたり消えたりしてる」

カミーユ「ン……この空にさ、魔法少女たちの魂は昇っていったんだよな」

まどか「今思うと、夢みたいだよね」

カミーユ「……でも、夢じゃない。魔女におふくろが殺されたんだ……夢のはずがないんだ」

まどか「……ごめん」

カミーユ「いや、いいんだ……俺は絶対忘れない、魔法少女のこと、魔女のこと、そして……キュゥべえ」

まどか「忘れたくても、忘れられないよ……今まで犠牲にされていった、たくさんの魔法少女のことも」



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:42:32.92 ID:9YmFezPl0

まどか「ほむらちゃんから聞いたんだけどさ、カミーユくんはあらゆる時間軸のなかでもこの時間軸にしか存在しないんだって」

カミーユ「そういえば、そんな話を聞いたな」

まどか「私、この時間軸に生きててよかった。カミーユくんの幼馴染みでよかった」クルッ

カミーユ「……まどか?」

まどか「あのね、カミーユくん、わたし、カミーユくんのこと──好き、もっと一緒にいたい」

カミーユ「……俺もだよ」

わたし達に、それ以上の言葉は必要なかった。
そしてわたしは目を瞑り、肩に手を回し……。

──それが、わたしのはじめてのキスの記憶。





207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:44:43.82 ID:oG8zfII90

乙面白かったお
>>1は頑張ったお



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:45:00.57 ID:5DzoLt0BO

乙・フィナーレ



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:46:33.18 ID:HEREKQpkO

乙乙ガンダム



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 23:47:01.28 ID:dMP0HzY50

乙ガンダム、行きます!



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 00:05:11.19 ID:QQ5yj/SM0


カミーユがとってもカミーユで良かった





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



可愛すぎて…

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 22:10:20.67 ID:oG8zfII90

                  /                    }          ヽ
              , '                     ∧          ヽ
.             / /        /        ./ ヽ    ヽ       ヽ
            / /          ./    , ' /   ‘,.    ',    ヽ ‘,
           ,' /  /    ./  /    , ' /      l ト,    ', l    l l
.          r=ミ,l ,'  /    ./  /|   ,.イ /       .l l ',     l l    l l ,-、
        {{、_》:l   !     /! /_,L--/.//      -‐ト、 ',    l l   lr〃 }}
       {i''ミ、{ミl   !    ,斗匕. | . /_ レ       __ノ  卞、  l l   〃i:::ノ=、
       ヾ, {l:::l  l   ,' . ',.|  | /         ′    !  ,イ l   .{{ {:::) /'
          ゙テY、}   ',  ,'   .i|  Y              } ノ. ! /  ./{U:::=''"
        〃7ヘヘ  ヽ !.       _,.ィァ      ミ、   ノ′ .l/  ./ /rzノヾ、
        {し'iU} |`ヽ、ヘ . ===≠'´        ``ヾ≠=、/  / Y{{ }トヽ}}
      i二''‐- 、 人 ヽミ≧z_::::::::::::::::::   、   :::::::::::::::::::/ィ"ノ  / ヾ彡''入
.       ノ       `ヾ、、‐_{                   -'"´ !-‐/i/    ヽ、
.     /_         ヾ、i                      /イ /      ,.ィ 〉
      ヾ、. `ヽ、     ヽヽ、           0.           , '  ./       ,.ィ"ノ/
    i´``ヾミ=-= ヽ     }¨´ヽ、                  ,.イ、_/    /_,.>"''"入
   ノ       `ヽ二 \   }__,./ > .、         ,. <´`ヽ、_ l     , '"´/      ヽ
  `ヾミ>、    Y___〉'"´lll!,.-y‐、.   `≧ー-‐≦´ィ"/    .|ll!ヽ、__/ ` /    ,.ィ''"´ノ
     `¨`へ. /l     レ′_ヽ_} ヽ、 `ヽ' /´ .ノ     |ll!    ̄`ヽ、 /-‐''"
 ,.-―‐- 、__ノ./  .!     . /   l/ )‐、-―y┴‐y--.、      |ll!      l  ヾ、__,........、
./ / ̄``ー/ .   l    〈  ‐'  /  ノ¨Y::λ:::::λ::::::: へ、  |ll!     /.   Y‐'''"´``ヽ.`ヽ、
{ /     ,'    ヽ   ∧    '  /  /!/::::i―i::ヽ:::::::::::::::へ|ll!    /    i      Y ) }
', {     i        ∧       Y:::::::/| ト;:::::ヽ:::::::::::::::;;〉   /      l     ノノ .ノ
.ヽ、ヽ、_  .ノ      ヽ  ∧       Y:::::l | | !:::::::::::::::,.ィilll!   //       l   ‐=彡'’
   ̄  ./ l        }'    〉      .Yン! | | ト、::::::::/ /l/   ',         /l
.      ノ          /   .∧ヽ     ノ:::l ≡≡l::ヽ;イ≡≡′    ',       ヽ
     /           ,'   / ヘ.     /:::::l    l:::::l           ',        ヽ
.    ヽ          {   ノ   ヘ   / ヽ::l    .l:::::l             ',         }
.     ヽ.        l   ,イ{    ヽ、/.  Y     l:::::l          i        /



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/01(土) 22:26:59.04 ID:7RDwEZ7r0

>>123
可愛すぎてつい画面にキスしちまった……



機動戦士ガンダム EXTREME VS.機動戦士ガンダム EXTREME VS.
PlayStation 3

バンダイナムコゲームス 2011-12-01
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
365 Days of Danboard -Amazon.co.jp box-365 Days of Danboard -Amazon.co.jp box-
あずまきよひこ,よつばスタジオ,Arielle Nadel

アスキー・メディアワークス 2011-10-27
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
大帝国 レーティア・アドルフ -Ultimate Idol- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)大帝国 レーティア・アドルフ -Ultimate Idol- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


壽屋 2012-02-25
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
ロロナ&トトリ&メルルのアトリエ プレミアムアートブック (ゲーマガBOOKS)ロロナ&トトリ&メルルのアトリエ プレミアムアートブック (ゲーマガBOOKS)
ゲーマガ編集部

ソフトバンククリエイティブ 2011-10-29
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 19. 名無し
          • 2011年10月02日 10:14
          • ※14
            カミーユの「修正」しらねーのかよ…

            逆に直してる方が読んでないor原作知らない気がする
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 10:29
          • いろいろわろたわwwwww


            修正されないほうが元スレの雰囲気()が伝わってきて俺はいいと思うけどな
            誤字脱字も含めてVIPのSSって感じがするし
            てかコピペブログはどんな理由であれ、レスの内容はいじって欲しくない
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 10:29
          • Zみてないやつ多すぎだろ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 10:34
          • ※14釣り針でかすぎてわろたwwwwwww
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 11:29
          • いや、いくら何でもカミーユキチガイすぎだろw
          • 24. 名無し
          • 2011年10月02日 11:55
          • 大泣きしてるマミさん想像したら予想以上に萌えた
          • 25. 名無し
          • 2011年10月02日 12:02
          • なんだろう
            そこはかとないB級感があるね
          • 26. あ
          • 2011年10月02日 12:06
          • ※1
            でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 12:09
          • よかったww

            最後のおまけ、最近マミ厨がうるさいから
            マミさんがいい方向で扱われてるレスをわざわざ載せたような気がしてならない
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 12:21
          • なかなかいい出来じゃないかな
            (最後まどかとくっつけたのは「キスの記憶」って書きたかっただけじゃないかと思ったのは黙っておこう…)
          • 29. 名無し
          • 2011年10月02日 13:10
          • またカミーユ母死亡かよ!ミンチよりひでぇや…
          • 30. 名無し
          • 2011年10月02日 13:44
          • パプティマスQB最高でした
            ジェリドもガチホモAV最高でした

            ただクワトロ大尉も見たかったな
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 14:32
          • 誤字脱字の多さが>>1の精神がカミーユよろしく不安定になっていくさまを物語ってるな
            がんばりすぎだろ
          • 32. シロッコ
          • 2011年10月02日 14:43
          • カミーユ精神崩壊ENDに期待
          • 33.  
          • 2011年10月02日 17:00
          • はじめてカミーユが格好よく見えた
            乙ガンダム!
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 18:06
          • すごくカミーユしてた。乙
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 21:11
          • まどかはテレビ本編がすっきりしなかったんでアレよりカタルシスがあって良かった

            乙ガンダム!
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 21:32
          • ってか、カミーユってここまでキチガイじゃないだろ
            少なくとも平気で女の子に手を上げたりしないし、自分に非があれば素直に認めるくらいの
            まともさはあるぞ・・・
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 22:09
          • ※36
            サラのこと馬乗りになってボコボコにしたり素直に謝らないでウォンさんに気絶するまでボコられたりしてたけど
          • 38. 通りすがりの
          • 2011年10月02日 23:50
          • いいね、面白い。
          • 39. ぷっつんカミーユ
          • 2011年10月03日 00:32
          • 佐藤元先生のカミーユだったらどうなってたことやら
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月03日 01:13
          • 3 カミーユはどう見てもセンシティブで電波な最低男(どっちかというと芸術家タイプ)だが、
            その最低さがあまりにも違和感なく人間関係のスパイスになっていくので、思わず「乙」と言いたい。
            平常運転で暴力モードと説教モードを往復する奴で、可愛げなんざ薬にしたくてもない男だが、
            まどかと組んだ時だけは正常な生活が出来るようになってるのね。
            つまりまどか神(ry
          • 41. ハヤト
          • 2011年10月03日 01:19
          • カミーユが許されているのはカツのおかげ
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月03日 07:51
          • 1 修正多すぎてテンポ悪い
            クロスなんだろうけど、クロス元しらない人もいるのを忘れんなよ
          • 43. あ
          • 2011年10月03日 09:34
          • ゼータ見てた時はカミーユが嫌いで仕方なかったけど、このカミーユはなんか可愛らしい。
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月03日 10:07
          • ※42
            なんで予備知識もなくクロスものを読むのかイミフwwww
            少しググればいいだけなのにwwwクロス元しらない人もいるのを忘れんなよwwwww
            クロスものは両作を知ってるのを前提で書かれてるに決まってんだろwww

          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月03日 10:18
          • ※37
            いやサラをボコボコになんかしてないから
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月04日 02:23
          • カミーユの言動がキチガイじみててワロタwww
            コイツはTV版のカミーユだな。
            映画版はもうちょっと真人間だからな…って、あんまり変わらないか。
          • 47.  
          • 2011年10月04日 13:07
          • 序盤は疲労をまき散らし
            中盤は良くも悪くも純粋さで人を感化し
            終盤は人の魂を抱いて許せない者と戦う


            とってもカミーユです
            素晴らしい
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月04日 14:38
          • 原作よりまどかのメンタルが強いきがするのはやっぱりカミーユと幼馴染だからかww
            あいつの世話を小さい頃から焼いてたらそりゃ精神が鍛えられるわな
          • 49. 名無し
          • 2011年10月05日 01:22
          • よかった
            カミーユというチョイスも正解だったな
            誰かバーニィかコウで書いてくれよ
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月05日 22:43
          • これこそカミーユだろ
            こんなじゃないカミーユは逆にキモいと思うw
          • 51. 名無し
          • 2011年10月13日 07:56
          • なんでカミーユを出そうと思ったのか

            でも面白かった


            あとマミさん目覚めちゃったw
          • 52. 名無し
          • 2011年10月21日 14:50
          • >>19を断固支持する
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月29日 16:29
          • ほむほむ救われねぇ・・・
          • 54. あ
          • 2011年11月03日 07:13
          • よくこんなにカミーユの台詞使えるわ
            スゲーわ
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月12日 22:59
          • 泣きマミさんかわいい
          • 56. 名無し
          • 2011年11月22日 16:44
          • カミーユが女の名前と言われてもピンとこない
          • 57. あ
          • 2011年11月23日 14:40

          • おかしいって言ってる人はスパロボか劇場版のイメージなんだろうね
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月29日 07:17
          • >頻繁にまどかの家に預かってもらったりしてた

            なんだろう問題引き起こして謝ろうとせず開き直るカミーユに「ごめんなさいも言えねぇのか!」
            とか言ってウォンさんばりにカミーユを修正する詢子さんの姿を幻視した
            中の人ゴトゥーザ様だし・・・
          • 59. ああああ
          • 2012年01月10日 03:37
          • マドマギよく知らんけど面白かった
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月15日 11:59
          • >ただクワトロ大尉も見たかったな
            マミさん「…わたしのケーキはどこなの?」
            クワトロ大尉といえばケーキが無かったことだよな
          • 61. 名無しさん
          • 2012年01月17日 19:39
          • Z見たことなくてカミーユと言えばSDの目が星になってるやつしか知らない俺がZを見ようと思いました。

            それにしてもさやかちゃんスレタイ以外で大して目立ってねえwwwまどっちとマミさんばっかwww
          • 62. コウ・ウラミ
          • 2012年02月02日 06:57
          • 5 感動をありがとう。
            こういうハッピーエンドのまどマギも見たかったから凄くありがたい。

            それにしてもカミーユ嫌いだったのに好きになれたわ~ガンダム並みに人間ドラマやってて、Zとまどマギの両作の魅力がしっかりでた良作といわざるおえない。

            乙ガンダム
          • 63. 名無し
          • 2012年02月06日 16:59
          • カミーユの汎用性半端ないな。全く違和感がない。

            さすがは最高のニュータイプか…
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月19日 14:23
          • 5 カミーユが全て飛田さんボイスで脳内再生され俺歓喜\(^o^)/
            マミさん泣かせ飴部分は比良坂先生で><
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月27日 20:20
          • NTR臭がとか言ってるヤツいるけど、公式にカップリングなんて無いからねwww

            フォウを失って幼馴染のファとくっついたんだから、幼馴染役のまどかとくっついても良いじゃん。

            ってかQBにスイカバーはオーバーキルすぎる。スカッとしたけど
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月19日 19:30
          • まどかのキャラデザでカミーユ描いたら
            さやかと区別がつきにくそう・・・
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月12日 19:46
          • 5 カミーユがいるだけでこんなに面白いなんて
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月16日 04:08
          • ああ!
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月11日 21:51
          • >>1-1000
            ※1~70

            やめないか!
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月27日 01:21
          • QBスイカバーになりやがったwww

          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月31日 22:18
          • 精神崩壊しなかったな
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 11:14
          • 君は戦っちゃいけないんだ!FOOOO!
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月24日 21:47
          • カミーユの女たらし具合って面白い。自分からずかずかと行くというか必死さが伝わってくるというか
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月26日 00:57
          • 5 カミーユ色全開なのに悉く死亡フラグぶっ壊してる…w
            ギャグでもシリアスでもカミーユ絡むだけで笑ってしまう、面白かった。

            Mマミさん可愛すぎw
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月05日 07:43
          • ファ「」
            フォウ「」
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月08日 23:34
          • 5 しかし30年近く昔の作品の主人公なのに、よくもこんなにクロスオーバーするとはすごいね。

            まあ、書いてくれた人の才能によるところ大だけどね。

            まあ、なんというか女の子を助けるシチュエーションならカミーユの汎用性に及ぶキャラは滅多にいないということか。
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月25日 08:22
          • マジでカミーユっぽいから困る
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月03日 02:18
          • カミーユってこんな熱かったのか?
            空手、グライダー、ジェリド殴る、きちがいになるぐらいしか覚えてないわ。
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月08日 01:42
          • 5 そうか!何か違和感無いと思ったら、マミさん=クワトロ大尉なのか!二人ともチーズ色の髪でヘタレで共通項多いのに読み終わるまで気付かなかった。~あと、ジュドーバージョンも見てみたいかも。
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月01日 01:59
          • >>79

            ティロ・フィナーレとメガバズーカランチャーも忘れないように
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月07日 21:47
          • ほむほむですら何の躊躇なく殴るカミーユさん・・・
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月10日 02:06
          • 2年以上経った今でもまどマギSSではこれより完成度が高くて面白いのはまだない。
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年07月14日 13:41
          • 確かにまどかのクロスものssでこれ超えるやつは未だに見たことないわ
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月08日 03:44
          • マミさん「照準が定まらん…ええい、ままよ!」
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月09日 17:43
          • マミさんダメ可愛い

            カミーユかっけぇ
            ほむら空気

            ロザミアのAV、さやかちゃんと観たい
            しかし、背中押されまくってのさやかちゃんの煮え切らなさは異常
            好きなキャラクターだけどイライラする時あるわ

            あんこちゃんとマミさんを愛人に
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月20日 21:37
          • あんこちゃんとマミさんはロザミアとフォウということで
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月06日 00:29
          • うーん、やっぱりいつ読んでも面白いものは面白いな
            飴鞭が板についてきたとことか、いつも笑ってしまうw

            >>37
            サラは敵だったしむざむざ命を捨てに行こうとしてるんだから、そりゃ必死になって止めますわ

            >>57
            いや、TV版でも無い尺の隙間を縫っていろいろ彼の優しさや繊細さは描かれてる
            むしろ今作でもネタ気味に扱われてるエキセントリックな部分を挙げて語る人こそ、カミーユやΖをよく見ていないか知らない人だと思う
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月09日 00:29
          • 5 気が向いたときに読み返してるが、今読んでもやっぱり面白いわw

            いっそのこと、シナリオの精度をもって上げて、特別企画で公式に映像化しても良いかもって思うわ
            権利関係が大変だろうけどww
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月08日 18:23
          • クロスもんじゃゼロの提督と並ぶ傑作じゃないかな
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年01月23日 01:51
          • 5 おもしろかったww 薄い本でいいから誰か描いてくれないかな
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年01月26日 17:00
          • 5 トーストになってしまえ
          • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月23日 04:02
          • 5 良いSSは定期的に読み返したくなる
          • 93. 以下、VIPにかわりましてただの名無しがお送りします
          • 2015年04月12日 15:55
          • なんでもいいけどこの世界のティターンズてAV制作会社なのかww
          • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月02日 02:08
          • >なんでもいいけどこの世界のティターンズてAV制作会社なのかww

            昭和ならありえそうな会社名だけどねw

            pixivでもいいから、だれかマジで薄い本で出してくれないかなぁ
          • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月16日 16:45
          • 5 てっきり、カミーユの願いでQBがキュベレイになるのかと。
          • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月22日 22:01
          • >てっきり、カミーユの願いでQBがキュベレイになるのかと。

            ワロタww
          • 97. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月03日 02:45
          • カミーユ、というかZの要素が絡むとセカイ系としてのまどマギの世界観がいい意味で崩れてると思うわ
          • 98. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月26日 03:03
          • まどマギの続編はこれに決まりだな
          • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月03日 17:22
          • やっぱり面白い
          • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月03日 09:54
          • カミーユくらいのアツさがないとあのメンバーはうまくまとめられんわな
            にしても脳内再生完璧で笑った
          • 101. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月22日 12:54
          • しかし、カミーユにまるで違和感を感じさせないSSだった
          • 102. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月14日 22:36
          • 5 3周目やっぱり面白いなぁー!
            宇宙世紀の中ではクロスさせるならカミーユさんが一番面白くなるよね!
          • 103. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月22日 19:16
          • やっぱり面白い

            単なる外的要因じゃなくて、カミーユがみんなと一緒に悩んで進むところが良い
          • 104. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月06日 23:13
          • まどかに幼馴染み属性が乗ると破壊力が増すのか
            相手があのカミーユだからか?
          • 105. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月17日 16:39
          • まどマギ登場人物は基本14歳(マミさんは15歳)。
            ということはこのSSの3年後にグリプス戦役が勃発してZガンガムのストーリーにまどマギのキャラクター達が絡んでくるんだろうか?
            まどかとフォウ、ほむらとシロッコ&ハマーン、さやかとジェリドの絡みとか見てみたい。
          • 106. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月17日 16:40
          • ↑ただしファは出てこない。何故ならまどかがもうファのポジションになってしまっているから。
          • 107. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月03日 22:41
          • ※15をみてなんでカミーユなのかわかった。そうかホストの中の人か
          • 108. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月18日 00:48
          • ファなんかより、まどかの方がカミーユにお似合いだよ
          • 109. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 14:52
          • 5 これ、未だにコメントのびてるんだ。凄いな。
          • 110. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月26日 00:27
          • これ本格的に映像化できるポテンシャルあるよな
            インキュベーターの組織とかZガンダムによるクライマックスを肉付けしたら上手く化けると思う
          • 111. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月16日 17:54
          • くだらんセールスや勧誘だったら怒鳴り散らしてやるってセリフガッシュだな
          • 112. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月30日 01:11
          • 昨今の公式アニメの下手なシナリオよりも完成度が高いのはなぜなのか?
          • 113. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月23日 00:15
          • これは稀にみる良SS
          • 114. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月23日 10:36
          • カミーユ…貴様は俺の(まどかを)…!
          • 115. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月28日 00:28
          • ※114

            ほむほむ乙
          • 116. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月12日 01:02
          • 面白かったが、百合厨的にはどうなんだろうね
          • 117. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月27日 01:22
          • 5 きらマギ休刊になってからSSしか楽しみがなくなったが、これは今でも好き
          • 118. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月27日 15:52
          • コメ欄にほむら湧いてて草

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 『ごちうさ臨時政府』関連ニュースまとめ
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • 女友達(♀)「情けないわね。男のくせして、なにかあるたびすぐ泣きついてきたりして…。」
        • ( ´Д`)離れ小島の提督さんのようです
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの暖冬【SS】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ