TOP

ほむら「好きです……鹿目さん」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:05:30.76 ID:vzJ9L38R0

ほむら「転校生の……暁美、ほむら、です」

ほむら「あの……よろしく、お願いします……」

<カワイイー

<メッチャタイプー

さやか「おおーめっちゃ美人。綺麗な髪にメガネがよく似合ってますなー」

さやか「うー。こりゃさやかちゃんのお嫁さんにするしかないねっ!」

さやか「……そういうことでまどか、今日で君との婚約関係もお終いだ。楽しかったよ……」キリッ

さやか「……」

さやか「……ってまどか?」

まどか「……」ぽけー

さやか「おーいっまどかー?」

まどか「えっ!な、なに?」


好きです鈴木くん!! 4人の鈴木くん



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:17:57.73 ID:vzJ9L38R0

さやか「ははーん。さては転校生のあまりの美しさに見とれてたなぁ?」

まどか「ち、ちがうよぉ」

さやか「浮気は許さんぞー!まどかは私の嫁なんだぞ~」

仁美「ふふ、さやかさんは浮気は良くて、まどかさんはダメですの?」

さやか「当然!」

まどか「え、えへへ……」


先生「じゃあ暁美さんはあの席に座ってね」

ほむら「は、はいっ!」

<コエウラガエッテルー

<カワイイー

ほむら「……うう」カアア


まどか「……」ジー



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:32:15.91 ID:vzJ9L38R0

仁美「あらあら……見とれたかどうかはともかく、まどかさん、暁美さんに興味があるのは確かの様ですわね」

さやか「みたいだねー。でもまぁ、ただ転校生だからだろうけどね」

仁美「……でもとりあえずは様子見といたほうがいいかもしれませんわ」

さやか「なんで?」

仁美「……匂いがしますの」

さやか「匂い?」

仁美「禁断の香り、ですの」ムフー

仁美「乙女と乙女の……禁断の……」

さやか「えー?んなわけないってぇ」

仁美「……」

仁美「うほっ」

さやか「また始まった……」

さやか「……でも、まさか……ね」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:42:46.84 ID:vzJ9L38R0

朝のホームルーム後

<ネーアケミサンマエハドコノガッコウダッタノ―

<カミキレーイ

<オサワリオッケデスカー

<カレシハイルノー

ほむら「あ、あの……えと……」


さやか「おおー転校生大人気ですなー」

仁美「解る気はしますけどね」

まどか「……」ジー

さやか「おっ?まどかさんやっぱり転校生の事気になるのかい?」

まどか「えっ!えっと……ちょっとだけ」

さやか「だったら話しかけてきたら?皆も話しかけてるし良いチャンスじゃない?」

まどか「う、うんっ。……も、もうちょっとしたら、ね」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 20:53:00.59 ID:vzJ9L38R0

さやか「シャイだなぁまどかは~」

さやか「でもそこが可愛いっ!さあ今すぐ私の嫁にこいっ!」ギュッ

まどか「さ、さやかちゃんっ!?は、恥ずかしいよぉっ!」

さやか「ぬふふー良いではないか―!私のまどかの仲を皆に見せ付けてやろうぞー?」

さやか「こちょこちょー」

まどか「や、やだっさやかちゃんっ!あは、あははははっ!」

さやか「ここがええんやろ~?な?な?」

まどか「あははっ!ダメっそこはホントに……やんっ!」

さやか「ウィヒヒヒイー!」

仁美「……イイッ!(あらあら)



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:01:12.28 ID:vzJ9L38R0

キーンコーンカーンコーン

<マタアトデハナシキカセテネー

ほむら「は、はいっ」

ほむら「……」

ほむら「はぁ……」

ほむら「……ん?」


まどか「あはははっも、もうじゅぎょっ!」

さやか「私とまどかの世界にそんなものはないわー!」

仁美「良い絵だ……!」


ほむら「だ、大丈夫なのかな……あの人……」

ほむら「でも……」

ほむら「なんだか楽しそう……」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:17:29.16 ID:vzJ9L38R0

――――――

さやか「で?」

まどか「うう……」

さやか「転校生に話しかけられないまま、次の授業が終わったら昼休みなんだけど」

さやか「なにか言う事は?」

まどか「だ、だって……まだみんな一杯いて話しかけづらくて……」

さやか「タイマンで話しかけるほうがよっぽど話しかけづらいってわからんのかね、チミはー」

まどか「うー……」

さやか「ふぅ……しゃあないなぁ!私が一肌脱いで昼休み一緒に話しかけてあげよう!」

まどか「えっいっ、いいよぉっ!」

さやか「遠慮しなさんなーこのさやかちゃんに任せなさーいっ!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:25:09.08 ID:vzJ9L38R0

まどか「で、でもっ」

さやか「んなぐだぐだ言ってたら一生転校生に話しかけられないよー?」

さやか「友達になりたいんでしょ?あの転校生と」

さやか「じゃあ行動しなきゃ!ねっ」

まどか「う、うん……」

キーンコーンカーンコーン

さやか「……お、授業始まるね」

さやか「じゃーにーまどか、それじゃあ昼休み決行で!」

まどか「う、うん」

まどか「……あ、さやかちゃんっ」

さやか「んー?」

まどか「ありがとう」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:32:35.22 ID:vzJ9L38R0

さやか「気にしなさんなって!」

さやか「あたしたち親友でしょ?」

まどか「……うんっ!」

さやか「ぬっふっふ……やっぱり可愛いなぁまどかは」

さやか「あとで愛の抱擁してやるから待ってろよぉ?」

まどか「それはいいよ……」

さやか「遠慮すんなって!」

さやか「あたしたち親友でしょ?」

まどか「……」

さやか「無言かいっ!」

まどか「あははっ!」

さやか「あはははっ!」

さやか「それじゃに、まどか」

まどか「うんっ!」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:32:44.48 ID:cNccrt7B0

最近寒いと思ったらこのスレが原因か…



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:46:04.97 ID:vzJ9L38R0

授業中

ほむら(はぁ……)

ほむら(ずっと皆から話しかけられるからなんだか疲れちゃった……)

ほむら「けほっ……」

ほむら(なんだか具合も……悪く……)

ほむら「けほっけほっ」


まどか「……ん?」

まどか(なんだか暁美さん辛そう……)

まどか(大丈夫かな)


ほむら(ああ……まずいかなぁ……)

ほむら「けほっ!けほっ!」

「おい暁美、大丈夫か?」

ほむら「だい……けほっけほっ!」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 21:54:40.69 ID:vzJ9L38R0

まどか(暁美さん……)

「まずいな……ここのクラスの保険係、誰だ?」

まどか「あ、わ、私ですっ!」

「悪いが暁美を保健室に連れってってやってくれないか?見ての通り辛そうだ」

まどか「わ、わかりました」

トコトコ

まどか「だ、大丈夫?あけ……みさん」

ほむら「は、はい……だ……けほっ」

「頼むな」

まどか「はい」

まどか「いこ?あけ、みさん」

ほむら「す、すみません……」

スタスタ



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:02:31.55 ID:vzJ9L38R0

<ガヤガヤ

「ほらお前ら静かにしろ、授業続き始めるぞ」

<ハーイ

仁美「暁美さん大丈夫でしょうか……」

さやか「……」

仁美「……さやかさん?」

さやか「んあ?あー……たぶん大丈夫でしょ」

仁美「だと良いんですけど……」

さやか「うん……」

さやか(……)

さやか(やったじゃん。まどか)

さやか「……」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:12:09.27 ID:vzJ9L38R0

廊下

まどか「……大丈夫?歩く速さとか、辛くない?」

ほむら「は、はい……大丈夫……けほっ……です」

まどか「つ、辛かったら言ってね」

ほむら「すみ、ません……」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか(ち、近い……)

まどか(緊張するなぁ……なんでだろ?)

まどか(あ……)

まどか(良い匂いする……暁美さん)

まどか(……)クンクン

まどか(……じゃ、じゃなくてっはやく保健室に連れてかないとっ)ブンブン

ほむら「……?」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:19:25.86 ID:vzJ9L38R0

保健室

コンコン

まどか「あれ?誰もいないのかなぁ」

コンコン

まどか「すいませーんっ!」

ほむら「……いない……みたいですね」

まどか「う、うん……ん?」

ガチャ

まどか「開いてる……」

まどか「けど、勝手に入っていいのかなぁ」

まどか「……」

ほむら「……けほっ」

まどか(早く休ませてあげないと……いいやっ)

まどか「おじゃましまーす」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:30:49.11 ID:vzJ9L38R0

ほむら「い、いいんですか?勝手に入っちゃって……」

まどか「だ、大丈夫だよっ!……たぶん」

まどか「なにか言われたら、休んでたって言えばいいんだよっ」

ほむら「そうでしょうか……」

まどか「うんっ」

まどか「えっと……それじゃベッドはこっちだよ」

ほむら「は、はい……」

ほむら「けほっ……けほっ……」

ベッドに潜り込むほむら

まどか「えと、何か必要なものとかある?水とか、お薬とか……」

ほむら「だ、大丈夫ですよ……あとは私が……」

ほむら「けほっ!けほっ!」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:37:03.86 ID:vzJ9L38R0

まどか「だ、大丈夫っ?」

ほむら「は、はい……」

ほむら「……あの、すいませんが……水、お願いしてもいいですか?」

ほむら「薬を……飲みたいので」

まどか「みっ水だねっ!ちょっと待っててっ」タッ

・・・・・・

まどか「はい、どう、ぞ」

ほむら「す、すいません……」

ほむら「んく……んく……」

ほむら「っ!げほっ!げほっ!」

まどか「だっ大丈夫っ!?」

激しくせき込むほむらの背中をまどかは優しく撫でる



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:46:38.38 ID:vzJ9L38R0

ほむら「大丈夫……けほっ……もう大丈夫、です」

まどか「よかったぁ……」

ほむら「ありがとう、ございました……えと」

ほむら「名前は……」

まどか「あ、わ、私、鹿目っ!鹿目まどかっ!」

まどか「よ、よろしくねっ!」

ほむら「は、はいっ!」

ほむら「こ、こちらこそっ!よろしくお願いしますっ!」

ほむら「わ、私は、暁美、ほむら、ですっ!」

まどか「……」

ほむら「あ、あの……」

まどか「……ふふっ!」

ほむら「……え?」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 22:57:34.85 ID:vzJ9L38R0

まどか「ふふっ!あははっ」

まどか(なんだ……緊張してたの私だけじゃなかったんだね。緊張してたのが馬鹿みたい)

ほむら「え?ええ?」

まどか「ふふ、ごめん……なんか可笑しくて」

まどか「えと……改めて、よろしくね、暁美さん」

ほむら「よ、よろしくお願いします」

ほむら「……鹿目さん」

まどか「うんっ!」

ほむら「……えへ」

まどか「もうホントに大丈夫なの?辛かったりしない?」

ほむら「はい……もうだいぶ落ち着きました」

まどか「そっか、良かったぁ」

ほむら「ありがとうございます……色々と」

まどか「いいんだよっ!私保険係だしっ」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 23:08:40.26 ID:vzJ9L38R0

まどか「あ、そうだ。少しお話しても大丈夫?」

ほむら「は、はいっ」

ほむら「でも、授業、でなくて大丈夫なんですか?」

まどか「うーん……ホントはダメなんだけど……」

まどか「もう戻ってもほとんど授業受けられないから」

ほむら「あ、ごめんなさい……私のせい、ですよね……」

まどか「い、良いんだよ。暁美さんの役に立てたんだしっ」

まどか「それに、てぃひひっ!暁美さんとこうやって話せたんだもんっ」

まどか「全然おっけーだよっ!」

ほむら「そ、そうですか?そ、そう、ですか」

ほむら「えへ……」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 23:20:44.06 ID:vzJ9L38R0

まどか「私ねっ!いっぱい暁美さんに聞きたい事あるのっ」

ほむら「は、はい。なんでも……なんでも聞いてくださいっ」

まどか「うんっそれじゃあね……」

―――――――――

さやか(まどか……遅いな)

さやか(何やってんだろう……全くもう)

さやか(さやかちゃんがこんなに心配してるんだぞー?早くもどってきなさいよー)グデ―

さやか(……)

さやか(……途中で転校生が倒れて、それにまどかがあたふたしてるとか……ないよね)

さやか(いやぁさすがにそれはないかぁ!)

さやか(無い……よね?)

さやか「……」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 23:31:38.36 ID:vzJ9L38R0

キーンコーンカーンコーン

さやか(ついにチャイムなっちゃったじゃん……全くぅ)

「じゃあ今日の授業はここまで。また明日な」

<アリガトウゴザイマシター

仁美「結局お二人とも帰ってきませんでしたわね……」

仁美「ってあら?さやかさんどこへ行きますのっ?」

さやか「んー?我が嫁の迎えだよ」

仁美「迎えって……もうすぐお二人とも帰ってくるかもしれませんわよ?」

さやか「いいのいいの。さやかちゃんは一刻も早く嫁の顔を見たいのさ」

仁美「……そうですか。本当はさやかさんはまどかさんの事がお好きなんですわね」

さやか「おうっ大好きさっ!ほんじゃ行ってくるっ」タッ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 23:42:47.35 ID:vzJ9L38R0

<キマシタワー

さやか「全く……ここまで遅くなるなんて何やってんだか……」

さやか「まさか……まどかのやつ転校生といちゃいちゃしてんじゃないだろうね」

さやか「そんなのこの夫のさやかちゃんが許さないんだからっ!」

さやか「……まぁほんとはただの友達だけど」

さやか「……」


まどか『……』ぽけー


さやか「まさか、ね。あのシャイなまどかに人と自分から仲良くなるなんて……ないない」

さやか「さぁさっさと見つけ……て……」


まどか ほむら <きゃっ きゃっ



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/25(日) 23:52:37.55 ID:vzJ9L38R0

さやか「お……」

まどか「あっ!さやかちゃーんっ!」タッタッタ

さやか「お、おお……ど、どうした?」

まどか「てぃひひっ!あのねっ!暁美さんと仲良くなれたんだっ」

まどか「授業は……サボっちゃったんだけどね……てぃひっ!」

さやか「そ、そっか。良かったなーまどか」

まどか「うんっ!あ、暁美さんもこっちおいでよーっ!」

ほむら「は、はいっ!」

タッタッタ

ほむら「はぁ……はぁ……」

まどか「大丈夫?」

ほむら「う、うん。大丈夫……」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:05:16.46 ID:JKqBEE8s0

ほむら「えへ……」

まどか「あ、暁美さんはさやかちゃんの事知らないよねっ」

まどか「この人はね、美樹さやかちゃん。私の親友だよっ!」

ほむら「は、はいっ!」

ほむら「私は、あ、暁美、ほむらです。よろしく……お願いします」ペコ

まどか「てぃひひっ、暁美さんまたやってるー」

ほむら「え、え?で、でも自己紹介……」

まどか「朝一番にやったでしょー?さやかちゃん暁美さんの事知ってるよ?」

ほむら「あっ……」

ほむら「あ、さ、さっき鹿目さんが笑ったのも……」

まどか「てぃひひっ!」

ほむら「い、言ってくれればよかったのにっ!」

まどか「てぃひひ!ごめんっ」

ほむら「も、もうっ!」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:06:32.19 ID:IVqEr0X40

あー、これはきついわ



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:14:32.09 ID:JKqBEE8s0

さやか「い……」

さやか「いやぁ!二人ともちょっと見ないうちに仲良くなったねぇっ!」

さやか「さやかちゃん二人の中の良さに妬けちゃうよっ!」

ほむら「え、えへ……」

まどか「てぃひひっ!」

さやか「でも転校生さんっ!まどかは私の嫁なんだぞー?」ギュッ

まどか「ひゃっ」

さやか「私の許可なくまどかに手を出すことは許しませんからねっ!」

まどか「や、止めてってばぁっさやかちゃんっ!」

さやか「んーまどかぁ愛してるぞっ!」

さやか「こちょこちょー」

まどか「あ、あはっあはははは!」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:20:26.62 ID:0mgmN9qt0

きっと陰で泣くんだろうな…



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:23:18.09 ID:naXVmCCX0

3人仲良しでもええやん……



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:25:10.03 ID:JKqBEE8s0

ほむら「はー……二人とも仲良いんですね」

ほむら「……羨ましいです」

さやか「ぬっふっふ……まどかとは付き合い長いからねーこれくらい造作もない事よっ!」

さやか「ねー!まどかっ!」

まどか「さ、さやかちゃんっ!もう……」

さやか「ふっふーん!」

ほむら「……いいですね……。私も二人のようなお友達が欲しいです」

まどか「なろうよっ!」

ほむら「え……」

さやか「……」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:34:55.43 ID:JKqBEE8s0

まどか「せっかくこうして仲良くなれたんだしっ!暁美さんももっと仲良くなろうよっ!」

まどか「さやかちゃんも、仁美ちゃんもいれて皆でっ!」

ほむら「で、でも……わたし……鈍くさいし……体弱いし」

まどか「そんなの関係ないよっ!私は暁美さんと仲良くしたいっ」

まどか「仲良くしようよっ暁美さんっ!」

さやか「……そうだよ」

さやか「せっかく話もできたんだしさっこれからどんどん仲良くしようよっ!」

さやか「皆と……皆でさっ!」

さやか「それに暁美さんが私たちと仲良くすれば……」

さやか「さやかちゃんと愉快な仲間たちというグループが完成するんだよっ!」

さやか「これに転校生さんが入らない手はないっ!どうよっ!」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:37:48.19 ID:JKqBEE8s0

さやか「それに暁美さんが私たちと仲良くすれば……」 ×

さやか「それに転校生さんが私たちと仲良くすれば……」 ○



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:40:32.00 ID:3wIBycYQ0

>>132
そこは譲れないところか…



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:47:32.13 ID:JKqBEE8s0

まどか「私たちは愉快な仲間たちなのー……」ぶ―

さやか「ん?不満かー?なら『まどかと愛の戦士たち』でもいいんだよー?」

まどか「それは恥ずかしいよー……」

さやか「これも不満なの?全くわがままなんだから……まどかはー」

まどか「わがままとかそういう問題じゃないよっ」

ほむら「……ふふっ」

さやか「……お?」

まどか「暁美さん?」

ほむら「……ふふっふふふっ!」

ほむら「可笑しい……ふふふふっうふふふっ!」

まどか「てぃひひっ!」

さやか「……ははっ!」



156:SSを投下していたらいつの間にか画像スレになっていた…何が言いたいかというと保存した:2011/09/26(月) 00:58:21.59 ID:JKqBEE8s0

さやか「……お、そろそろ戻らないとお昼ご飯食べられなくなっちゃう」

まどか「そうだね。戻ろうっ暁美さん!」

ほむら「は、はいっ!」

まどか「暁美さん一緒にご飯食べようねっ」

ほむら「い、良いんですか?」

まどか「もちろんっ!」

ほむら「……は、はいっ!」

さやか「ほら、いちゃいちゃしてないで戻るよっ!ダッシュダッシュ!」タッ

まどか「あっさやかちゃんま、待ってよぉっ!」

ほむら「ま、待ってくださいっ……」

まどか「あっ暁美さん大丈夫?」

ほむら「だ、大丈夫です……」




さやか「……胸糞悪い」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:12:16.92 ID:JKqBEE8s0

教室

仁美「あら、お帰りなさい。遅かったですわね。もうすぐ昼休みが……」

さやか「……」

仁美「……さやか……さん?」

まどか「はぁ……はぁ……早いよぉさやかちゃん……」

ほむら「はぁ……はぁ……」

さやか「……遅いぞぉ二人ともっ!精進が足りないんじゃないのかぁっ!」

まどか「さやかちゃんが早いんだよぉ……」

まどか「はぁ……大丈夫、暁美さん?」

ほむら「はい……なんとか……はぁ……」

まどか「はぁ……よかった」

ほむら「はぁ………えへ……」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:24:12.68 ID:JKqBEE8s0

さやか「あ……ごめんね?転校生さん体弱いのに……」

ほむら「だ、大丈夫です……だから気にしないでください」

まどか「もう……暁美さん体弱いんだから合わせてあげなきゃだめだよっ」

さやか「ごめん!お腹すいちゃっててさっ!」

まどか「もー……これからはこんなことしちゃ駄目だよ?」

さやか「解ってるってばっ!ごめんって」

ほむら「も、もう私は大丈夫ですからっご、ご飯食べましょうっ」

まどか「むー」

さやか「ホントにごめんね。転校生さん」

ほむら「い、いえ……」

仁美「……暁美さんもこう言ってる事だし謝りはそこまでにして、ご飯にしましょうっ」

まどか「はーい」 さやか「うーい」 ほむら「は、はい……」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:38:24.63 ID:JKqBEE8s0

仁美「あ、そうですわ」

仁美「私、志筑仁美と申します。よろしくお願いいたしますわ。暁美さん」

ほむら「は、はい。私はあけ……あ」

ほむら「な、なんでもないですっ。よろしくおねがいしますっ」

まどか「てぃひひ……」

ほむら「も、もうっ!」

仁美「?」

仁美「それにしてもずいぶんとお二人仲良くなりましたわね……何かありましたの?」

まどか「ちょっとねっ!」

ほむら「えへ……」

さやか「も-……ずっとこれなんだよ。いちゃいちゃいちゃいちゃ……」

さやか「さやかちゃん、嫉妬で頭が沸騰しそうだよぉっ!」

仁美「その表現は使いどころがおかしいですわ……」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:47:22.05 ID:JKqBEE8s0

さやか「さ、それより弁当弁当っ!」

まどか「うんっ」

ほむら「……はいっ」

仁美「はいっそれじゃあ……」

「「「「いただきまーすっ!」」」」

さやか「それじゃあさっそく愛妻弁当を頂きましょうかぁっ」ヒョイっ

まどか「あっ私のから揚げっ!」

さやか「んー美味しいっ!やっぱり愛妻弁当は最高ですなぁ!」

まどか「もうっ私もさやかちゃんの貰うっ!」

さやか「温いっ!」

まどか「あー!」

さやか「私のハンバーグはたとえ嫁でも譲れんっ!」

まどか「さやかちゃんっ!」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:56:09.29 ID:JKqBEE8s0

まどか「もーいっつもそうやってぇ……」

ほむら「鹿目さん……私のあげる」

まどか「えっいいよっ!暁美さんのなくなっちゃうよ」

ほむら「わたしあんまり食欲ないから……どうぞ」

まどか「でも……」

さやか「ぬ?転校生さんがいらないならあたしが……」

仁美「さやかさん……」

さやか「じょ、冗談だよ……流石にまどか以外にはやらないって」

ほむら「はい」

まどか「あ……いいの?」

ほむら「うん」

まどか「ありがとう。……ん」

まどか「おいしいっ!美味しいよ暁美さんっ!」

ほむら「よかった……」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 02:07:07.11 ID:JKqBEE8s0

さやか「いちゃいちゃしやがってよう……なんだようっ!」

仁美「半分さやかさんのせいみたいなものでしょう……」

まどか「あ、じゃあこれ食べれる?」

ほむら「は、はい。好きです」

まどか「じゃあこれどうぞっ」

ほむら「いいんですか?」

まどか「うんっ!お返しだからっ!」

ほむら「ありがとう……ございます……ん」

まどか「美味しい?」

ほむら「はいっ!とってもっ」

まどか「よかったぁ……これパパが作ったんだっ」

ほむら「お父さんが……?」

まどか「うんっ。パパ専業主夫してるの。だからいっつもお弁当はパパが作ってるの」

ほむら「へぇ……お父さんなのにこんなにおいしいの作れるんですね……すごいなぁ」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 02:22:10.05 ID:JKqBEE8s0

まどか「てぃひひ……」

さやか「そうそう。まどかのパパも凄いよけど、ママも凄いよね、バリキャリだしさっ!」

まどか「ええー……ママ?」

さやか「うんっあたしもああいう人にになりたいもんだなぁ」

さやか「当然まどかを嫁に貰って」キリ

まどか「えへへ……」

さやか「ん、時間ないっさっさと食べちゃおうっ!」

ほむら「鹿目さんのお父さんとお母さんって、仕事が逆……なんですね」

まどか「うん。ちょっと変わってるけど……二人とも自慢の両親なの」

ほむら「なんだかカッコいいなぁ、私の親は普通の親ですから……」


さやか「……ごちそうさまっ」



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 08:48:19.46 ID:S2+QPlxHO

まどか「ごちそうさまっ」

ほむら「食べるの早いですね……」

まどか「てぃひっ!急いだからねっ」

ほむら「そ、それじゃあ私もごちそうさま……」

まどか「…大丈夫?半分くらいしか食べてないけど……」

ほむら「大丈夫です。私、こんなに食べれないので……」

まどか「食、細いんだねー……うらやましいような、そうじゃないような……」

まどか「私、美味しいものならいっぱい食べちゃうからっ」

ほむら「ふふっ!私はそれがうらやましいです……」

ほむら「私もいっぱい食べれるようになりたいなぁ……」

さやか「なってもまどかみたいに太っちゃうだけですぞー?」

まどか「私太ってないよぉっ!」



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 09:05:28.76 ID:S2+QPlxHO

さやか「ん?どれどれ?それならさやかちゃんが太ってないか確かめてしんぜようー!」

まどか「やっ……な、なにするのっ!」

さやか「んーお腹ぷにぷにー!良い腹してますなぁ!」

さやか「さてさておっぱいの方は……」

まどか「さ、さやかちゃん!?」

ほむら「……み、美樹さんっ!」

さやか「うぇへへー何だよー今良いとこ……」

ほむら「も、もう先生来てますよっ!」

さやか「……え?」

「……美樹……いくらもてないからって鹿目に……」

さやか「やっ、ちゃいますってっ!これただのスキンシップですってっ!」



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 09:20:02.62 ID:S2+QPlxHO

「まぁ冗談はさておき……ほらさっさと席付けよ。おまえら」

さやか「うーい」

まどか「はーい」

ほむら「は、はいっ!」

まどか「……怒られちゃったね」

ほむら「……はい」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「てぃひひっ!」

ほむら「えへへ……」

さやか「……」



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 10:31:12.42 ID:S2+QPlxHO

放課後

ほむら「ふぅ……」

まどか「お疲れさまっ暁美さんっ!」

ほむら「あ、う、うん……」ニコ

まどか「どうだった?今日一日は」

ほむら「とっ、とっても楽しかったですっ」

まどか「よかったぁ!それでね提案が……」


仁美「暁美さんにベッタリですわねー……まどかさん」

仁美「これは期待して良いのかしらっ!」

さやか「……無いでしょ」

仁美「……やっぱり気になりますの?」

さやか「……全然」



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 10:56:05.02 ID:S2+QPlxHO

さやか「……気になるよぉっ!嫁が、嫁が転校生にたぶらかされてるぅ!」

さやか「これは対策を考えないといけませんなぁ!うーん……ブツブツ」

仁美「ふふっ!ブツブツって口で言う事じゃないでしょう?」

さやか「なはははー」

さやか「……さ、帰りますか」

さやか「まどかー?帰るよ?」

まどか「あ、さやかちゃんっ。今暁美さんと話してたんだけどっ」

さやか「んー?どうした?」

まどか「この後暁美さん用事無いみたいだから、この町の事、案内しようって話になったのっ」

さやか「……」

まどか「だからねっさやかちゃんも仁美ちゃんも一緒に行かないかなってっ!」



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 11:35:13.24 ID:S2+QPlxHO

仁美「ごめんなさい。行きたいんですが……私、これからお稽古がありますの……」

まどか「そっかぁ……残念」

まどか「さやかちゃんは?」

さやか「……」

さやか「いやーゴメンねっ!私もこれから用事あってさ行けないんだっ」

まどか「そっかぁ……さやかちゃんもかぁ……」シュン

さやか「んんっ!なんだまどか寂しいのかぁ?」ニヤニヤ

まどか「そ、そうじゃないけどっ」

さやか「照らなくていいぞぉういやつめっ!」ギュッ

まどか「さ、さやっ」

さやか「さぁ!私と結婚しろーっ!」



295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 12:06:42.43 ID:S2+QPlxHO

さやか「ふぃー満足した」

さやか「まぁそういう事だから。あたしは行けないんだ」

さやか「ゴメンね。まどか」

まどか「う、うん……用事があるなら仕方ないよ」

ほむら「鹿目さん……?」

まどか「二人とも今日は駄目だって……どうする?」

ほむら「そうなんですか……それならお二人の都合がつく日でも……」

さやか「……二人で行ってきたら?」

ほむら「え?」

まどか「ええっ?」

仁美「あらまぁ」



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 12:42:41.56 ID:S2+QPlxHO

さやか「もっと仲良くなる良いチャンスじゃーん。いってきなよっ!」

まどか「ええっで、でもっ!」

まどか「あ、暁美さん、私とだけ、じゃ、嫌じゃない?」

ほむら「わ、私は鹿目さんがいいなら……」

まどか「……」

ほむら「……」

さやか「……嫌なら皆で行くときにしてもいいんだぞー」

まどか「……い、行く?」

ほむら「う、うん」

まどか「そ、それじゃあいこっか!」

さやか「嫌ならやめて良いんだぞー」

仁美「さやかさんはどうしたいんですの……」



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 12:51:02.87 ID:FGZtWWW90

なんだこの初々しいデートは……。



306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 13:00:56.55 ID:S2+QPlxHO

まどか「そ、それじゃあ行ってきますっ」

ほむら「い、行ってきます」


仁美「はい、いってらっしゃいませ」

さやか「嫌だと思ったらすぐ帰ってくるんだよー」

さやか「……」

仁美「お二人とも、なんだか可愛らしいですわね」

さやか「……」

仁美「……」

仁美「……さやかさん、行かせたくなかったんでしょう?」

さやか「……んー、いやぁ」

さやか「……」

さやか「シャイなまどかなら行かないと思ったんだけどなぁ……」



310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 13:13:20.53 ID:S2+QPlxHO

さやか「……帰るわ」

さやか「仁美、お稽古がんばってね」

仁美「……ええ、ありがとうございます」

仁美「それでは」

さやか「じゃーにー」


さやか「……」

さやか「もやもやするな……」

さやか「……」

さやか「女の子になに嫉妬してんだか……」

さやか「全く……」

さやか「……」

さやか「まどか……」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 13:23:15.87 ID:S2+QPlxHO

橋の上

さやか「……」ボー

さやか(あの二人はただ仲良くなりたいだけだよね)

さやか(それだけなんだ……)

さやか(……でも、まどかのあの顔……)

さやか「はぁ……」

グリ

さやか「んぐっ!?」

さやか「あたしにこんな事してくるのは……」

さやか「杏子っ!」

杏子「よーさやか」

杏子「食うかい?」スッ



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 13:33:13.42 ID:S2+QPlxHO

さやか「んむ」パク

杏子「ふふん」

杏子「あむ」パク

さやか「……」ボリボリ

杏子「……」ボリボリ

さやか「うまいね。そのプリッツ」

杏子「だろ?期間限定品何だぜ?」

さやか「ふーん……」

杏子「で?アンタはなんでそんなしけた面してんだよ?」

さやか「あんたには関係ない」

杏子「はっ、そうかよ」

さやか「……」

杏子「……」

さやか「……どっかいかないの」

杏子「んなのあたしの勝手だろ?」



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 13:43:34.63 ID:S2+QPlxHO

さやか「……」

杏子「……」

杏子「……あむ」パク

杏子「……」ボリボリ

さやか「はぁ……」

杏子「食うかい?」スッ

さやか「いい……」

杏子「罰当たりなやつ」パク

さやか「……てかあんたいつまでここにいるわけ?」

杏子「飽きるまで」

さやか「……あぁそう」

さやか「……じゃあさ、その飽きるまであたしの話聞いてくんない?」

杏子「ん」



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 13:56:32.96 ID:S2+QPlxHO

さやか「まぁ友達の話なんだけどさー」

杏子「……」パク

さやか「友達の話だよ?友達の」

杏子「いいから早く話せよ」ボリボリ

さやか「ああ、うん」

さやか「……最近、学校に転校生が来たんだよねー」

さやか「で、それでさぁ、その友達の友達がその転校生とスッゴく仲良くしてんの」

さやか「その友達はその友達の友達と転校生が仲良くしてるのを見てると嫌な気持ちになるんだって」

さやか「で、どうしたらいいのかって聞かれたんだけどさー……どうしたらいいと思う?」

杏子「知らねーよ」



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 14:26:42.04 ID:S2+QPlxHO

さやか「あんたさぁ……話し聞いてくれるって言ったじゃん」

杏子「聞いたぞ」

さやか「……あんたに相談した私が馬鹿だった」

杏子「なんだよ。ちゃんと話は聞いただろ?」

さやか「はぁ……」

さやか「こっちは本気で悩んでるってのに……」

杏子「……」

杏子「ていうかさぁ……あんたはどうしたいのさ」

さやか「……あたし?」

杏子「そうだよ」

杏子「大事なのはさ、どうしたらいいじゃなくて、どうしたいか、じゃねーの?」

杏子「さやかはどうしたいのさ?」



331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 14:37:58.18 ID:S2+QPlxHO

さやか「あたしは……」

杏子「飽きた」

さやか「は?」

杏子「帰る。じゃあなーさやかー」

さやか「ちょっ!杏子」

杏子「ほれ」ポイッ

さやか「わっ」パシ

杏子「やるよ」ニカ

さやか「あ、ああ……」

杏子「残すなよ?」

さやか「わ、わかってるわよ」

杏子「またなー」スタスタ

さやか「杏……」



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 15:19:36.90 ID:S2+QPlxHO

さやか「行っちゃったよ……」

さやか「全く、あいつはなにしに来たんだか……」

さやか「……」

さやか「……あたしがしたいこと、かぁ」

さやか「……」

さやか「私は……まどかと転校生を仲良くさせたく……ない」

さやか「でも、これはわがままなんだよね……」

さやか「……」

さやか「どうしたいか……。か、それが出来れば苦労はしないよ」

さやか「はぁ……」



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 15:30:15.52 ID:S2+QPlxHO

一方

まどか「これでこの町はこんなところかなぁ」

ほむら「なかなか広いんですね……」

まどか「うん、狭そうに見えて結構ね」

まどか「……色々連れ回しちゃったけど……疲れてない?」

ほむら「だ、大丈夫です……」

まどか(大丈夫って言ってるけど……少し顔色悪いみたい……)

まどか「ちょっと休もう?あそこにベンチあるし……」

ほむら「は、はい……」

まどか「あっ暁美さんは座ってて、私ジュース買ってくるからっ!」タッ

ほむら「えっ、そ、そんな……」

まどか「待っててーっ!」



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 15:38:35.35 ID:S2+QPlxHO

ほむら「あ……」

ほむら「ええと……座ってるのもなんだか……」

ほむら「……う」クラ

ほむら「うう……ごめんね。鹿目さん……」トサ

ほむら「戻ってきたら、お礼とお金、返さなきゃ……」

ほむら「……」

ほむら「鹿目さん……優しいな」

ほむら「こんなに人に優しくされたの、はじめて……」

ほむら「……」

ほむら「……ここに転校してきて、よかった……」



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 15:50:41.64 ID:g57PnAO20

魔法少女がいない世界か?



347: 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 :2011/09/26(月) 16:07:01.21 ID:yiPT9UGY0

まど神様まど神様



349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 16:11:39.95 ID:S2+QPlxHO

まどか「暁美さーんっ!」タッタッタッ

ほむら「あ、鹿目さん……」

まどか「はぁ……お待たせっ!はぁ……」

ほむら「は、走って来なくても良かったのに……大丈夫?」

まどか「うん……大丈夫っ」

まどか「えと……何買ってくればいいかわからなかったからお茶買ってきたけど……大丈夫だった?」

ほむら「だ、大丈夫だよ。ありがとう。鹿目さん」

ほむら「あ、お金……」

まどか「い、いいよっ!連れ回しちゃったお詫びと、お礼なんだからっ」

ほむら「で、でも……」

まどか「い、いいよっ」

ほむら「でも……」

まどか「い、いいってば」



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 16:20:20.59 ID:S2+QPlxHO

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「ふふっ」

まどか「てぃひひっ!」

まどか「ホントに気にしないでいいから、ね?」

ほむら「うん……ありがとう」

ほむら「いつかお返しするね?」

まどか「うんっ」

ほむら「それじゃあ……頂きます」

まどか「どうぞっ!」

ほむら「ふふ……んく……んく……」

ほむら「はぁ……美味しい」

まどか「てぃひ、よかったぁ」

ほむら「……あれ?鹿目さんの分は?」

まどか「わ、私は……えへへ……」



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 16:29:19.92 ID:S2+QPlxHO

ほむら「どうしたの?」

まどか「お金が……ちょっと厳しくて……えへ」

ほむら「っ!だったら尚更買わなくても良かったのにっ!」

まどか「つ、付き合ってくれたお礼したかったから……」

ほむら「私なんかの為にそんな……わ、私買ってきますっ」

まどか「い、いいってばっ!」

ほむら「ううんっ私っ買っ……あ……」クラ

まどか「暁美さんっ!?大丈夫っ!?」

ほむら「……うう……ごめんなさい……」

まどか「無理しないで……」



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 16:39:13.76 ID:S2+QPlxHO

ほむら(どうしよう……あ、そ、そうだっ)

ほむら「買ってくれたもの返すのもなんだけど……の、飲む?」

まどか「……えっ?」

ほむら「い、嫌なら……」

まどか「あ、え、あ、その……」

まどか(あ、暁美さんの口付け……)

まどか「……」

まどか「一口、だけ、もらって良、い?」

ほむら「う、うんっ!もちろん」

ほむら「はいっ」

まどか「あ、りがとう……」



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 17:32:28.42 ID:S2+QPlxHO

まどか「い、いただきます……」

まどか「……」ソロリソロリ

まどか「んく……」

ほむら(あ……これって……)

まどか(の、飲んじゃった……)

まどほむ(な、なんか恥ずかしい……)

まどか「お、美味しかったよっありがとうっあ、暁美さんっ」

ほむら「うんっ!い、いいよっ全然っ!」

まどか「う、うん……っ」

まどか「こ、これ、返すね」

ほむら「は、はいっ」



376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 17:41:06.11 ID:S2+QPlxHO

ほむら「……」

ほむら(な、なに意識してるんだろ。鹿目さん、女の子なのに)チラ

まどか「……な、なに?」ピクッ

ほむら「な、なんでもないです……」

ほむら(こ、こんな事思ってたら変な子だって思われちゃうよっ!)

ほむら(は、はやく飲んじゃおうっ)

ほむら「んく……んく……」

まどか「あ……」

ほむら「ぷは……お、美味しかったですっ!ごちそうさまでしたっ」

まどか「う、うんっ!てぃ、てぃひひ……」

ほむら「……」

まどか「……」



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 18:06:46.50 ID:S2+QPlxHO

まどか「あ、暁美さんっ!そろそろ帰らなくて、だ、大丈夫?」

ほむら「う、うん。そ、そろそろかえら、なくちゃっ!」

ほむら「きょ、今日はっ!とっても楽しかったっ、から、その……」

ほむら「あ、ありがとうっまた、明日……」

まどか「う、うんっ!また、明日……」

ほむら「……じゃ、じゃあねっ!」タッ

まどか「あ……」

まどか「うん……じゃあ、ね……」



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 18:12:40.01 ID:S2+QPlxHO

まどか「……」ぽけー

まどか「あっわ、私も帰らなくちゃっ」

まどか「……」スタスタ

まどか「……なんだかちょっと恥ずかしかったけど……楽しかったなぁ」

まどか「また、一緒にどこか行けるかな……」

まどか「てぃひひっ」



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 18:33:22.70 ID:S2+QPlxHO

ほむら「……はぁ……はぁ」

ほむら「ふぅ……」

ほむら「恥ずかしくて……なんだか逃げ出すみたいになっちゃった……」

ほむら「……鹿目さん、変に思ってないかな……」

ほむら「だ、大丈夫だよね、きっと」

ほむら「……」

ほむら「今日は楽しかったなぁ……」

ほむら「人と遊ぶのってこんなに楽しかったんだ……」

ほむら「……鹿目さんとだったからかな……なんてね」

ほむら「また、どこか行けるといいなぁ……」



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:18:10.94 ID:S2+QPlxHO

それからまどかとほむらは、ぎこちないながらも急激に仲良くなっていった

楽しく色々な事をお喋りし、昼食を共にし、勉強でわからないところは互いに教えあい……

まどかはほむらと時が許す限り常に一緒にいた

それほど、まどかにとって、ほむらと触れ合う時間は自分を夢中にさせるものだった

複雑な表情を浮かべる、親友に気にも止めないほどに

そんな、ほむらが転校してきて2週間程たった頃だった



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:31:11.84 ID:JKqBEE8s0

昼休み

さやか「んー疲れた腹減ったーっ!」

仁美「お疲れ様ですわ。さやかさん」

さやか「おー。よっしまどか飯……」

まどか「暁美さんご飯食べよっ!」

ほむら「うんっ」


さやか「あ……」

仁美「ホントにお二人とも仲良くなりましたわね……」

仁美「……いいんですの?」

さやか「……何が」

仁美「……いえ」

さやか「……まどかー!最近転校生にくっつき過ぎだぞーっ!私にもくっつけ―!」

ギュッ

まどか「ひゃんっ!」



428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:46:08.15 ID:JKqBEE8s0

さやか「んーやっぱりいい匂いだなぁ!まどかはー!」

まどか「さ、さやかちゃん……」チラ

ほむら「あ……」

さやか「……」

さやか「毎日抱きついてても飽きないっ!愛してるよー!」

まどか「さ、さやかちゃんこのままじゃご飯食べれないよー!」

さやか「ふう……仕方ない。今日はここまでで勘弁してやるかー!」

まどか「えへへ……」

まどか「暁美さん、今日はどんなお弁当なの?」

ほむら「今日はハンバーグ。自分で作ったんだよ」

まどか「自分で!?すごいなぁ!一口貰っていい?」

ほむら「いいよ」

まどか「いいの?ありがとうっ!」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 19:53:28.44 ID:JKqBEE8s0

ほむら「はい」

まどか「ありがとーっ!……んむっ」

ほむら「……おいしい?」

まどか「うんっ!とっても美味しいっ!」

ほむら「よかったぁ」ニコ


さやか「……」

仁美「……さやかさん?」

さやか「……ごめんっ!さやかちゃんお花つんできますのことよ!」

ほむら「お花?」

さやか「……トイレだよ。トイレ」

ほむら「あ、ご、ごめんなさい」

さやか「……いいよ。じゃあちょっくら行ってくるよん」



443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:06:25.34 ID:JKqBEE8s0

仁美(大丈夫でしょうか……)

トイレ

誰もいないトイレに入ったさやかは個室には入らず

洗面台の前に立って蛇口を水を流し、流れる水を眺め続けていた

妙な虚脱感のなか、何も考えず水を眺め続けていると

突然まどかの嬉しそうな笑顔をと、ほむらの幸せそうな笑顔が、さやかの頭に浮かぶ

次の瞬間、さやかは洗面台に強く拳を叩きつけていた

さやかの心を占めていた虚脱感が全て吹き飛び、代わりに嫉妬による苛立ちと、無力感がが心を占める

さやか「……」

さやか「……むかつく……」

ボソリと怨嗟の言葉を吐く

さやかの心は荒れに荒れ切っていた



450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:17:31.13 ID:JKqBEE8s0

さやか「でも……ほむらはまどかの友達、友達なんだ……」

さやか「突き、放すわけにはいかない……」

さやか「まどかが、悲しむ……」

さやか「あたしの、わがまま……」

さやか「でもさっ……」

激しい葛藤がさやかを苦しめ、心を荒れさせる

まどかを想う気持ちがさやかを追い詰めていく

さやかは行き場のない思いをぶつけるようにもう一度、洗面台に拳を叩きつけた

そしてさやかは自分の気持ちが落ち着くまで、水を眺め続けていた



451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:18:33.32 ID:qKM1Ok9h0

さやさや…



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:24:16.05 ID:JKqBEE8s0

教室

仁美「……遅いですわね」

まどか「さやかちゃん?」

仁美「ええ」

まどか「どうしたんだろうね……」

仁美「……」

さやか「やーお、ま、たっ!」

まどか「あ、お帰りなさいっ」

さやか「おーただいま我が嫁よ!元気にしてたかぁ?」

まどか「てぃひひ、うんっ」

ほむら「お帰りなさい」

さやか「……おー!ただいま」

仁美「……遅かったですわね」

さやか「ちょっと良い花見つけちゃってねっ!それを摘んでたのさ」



457:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 20:35:33.65 ID:JKqBEE8s0

まどか「てぃひひっ!なにそれっ」

さやか「言わせる気っ!まどかの変態っ!」

まどか「な、なんでっ!?」

さやか「……なーんつってね」

さやか「まぁただトイレから帰ってくる途中で他のクラスの友達に捕まってさ、ちょっと話してたんだよ」

ほむら「だから遅かったんですね……」

さやか「……そ」

さやか「お、もう昼休み終わるねっ急いで食べないとなっ」

さやか「いっただきまーす!」

まどか「えへへ……」



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:03:43.98 ID:JKqBEE8s0

まどか「あ、私、次の保健の授業で教材持ってくるように頼まれてたんだったっ」

まどか「ちょっと行ってくるねっ」

さやか「おー御苦労さんだねぇ」

まどか「てぃひひっ」

ほむら「あ、鹿目さんっ私も手伝うよ」

まどか「え?いいの?」

ほむら「うんっ手伝わせて」

まどか「暁美さんありがとー!」

さやか「あ、まどかわたしも……」

まどか「それじゃあこっちだよ!」

ほむら「うんっ!」

スタスタ

さやか「あ……」

さやか「……」



480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:10:42.96 ID:JKqBEE8s0

資料室

まどか「ここだよっ」

ほむら「うん」

ガラッ

まどか「わ、埃っぽい……」

まどか「暁美さんは入ってこない方がいいかも。埃凄いから……」

ほむら「で、でも……」

まどか「いいからっ」

ほむら「う、うん……」

まどか「えーと……これかな?よいしょっ……」

グラッ

まどか「え?わ、わっ!」

ほむら「っ!鹿目さんっ!」

ガシャン!



486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:22:59.41 ID:JKqBEE8s0

まどか「うう……っ!あっ暁美さんっ大丈夫!?」

ほむら「う、うん……大丈夫……あ……」

ほむらとまどかが衝撃から目を開けると互いの顔がすぐ目の前にあった

まどか「あ……」

ほむら「……」

それはほむらが倒れてくる教材からまどかを守るために、押し倒したことから起こった事だった

互いの距離の近さに互いの心臓が高鳴る

二人は心臓の高鳴りに何故か離れられないでいた

そんな時

ほむら「けほっ!」

まどか「あ、暁美さんっ!?」

ほむら「けほっ!けほっ!」

まどか「大丈夫!?暁美さんっ!暁美さんっ!」



488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:30:30.72 ID:JKqBEE8s0

まどか「埃、吸いすぎちゃったんだ……!」

ほむら「けほっ!けほっけほっ!」

まどか「こっち来てっ!」

廊下

ほむら「けほっ!けほっ!」

まどか「お、おさまんないよ……どうしよう……」

まどか「あ、ほ、保健室っ!保健室いこっ!」

ほむら「けほっ!だい……けほっ!」

まどか「お、おんぶするから!乗ってっ!」

ほむら「で、でも……けほっけほっ!」

まどか「早くっ!」



489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:34:36.19 ID:JKqBEE8s0

むら「う……」

まどか「よい……しょおっ!」

まどか「わ、わ……」フラ

まどか「ううっ!」

まどか「い、行くよっ!暁美さんっ!」

ほむら「けほっ!う、うん……」

まどか「うう……」ヨロヨロ

ほむら「……けほっ!」



490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:35:17.59 ID:JKqBEE8s0

むら ×

ほむら ○



491:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:36:32.14 ID:yAAG0muK0

八墓村思い出した



497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:47:53.10 ID:JKqBEE8s0

保健室

ほむら「はぁ……はぁ……」

まどか「……大丈夫?」

ほむら「う、うん……だいぶ……落ち着いた」

まどか「……ごめんね……私が、手伝ってなんか言ったから……」

ほむら「そ、そんなっ!謝るのは……私だよ……」

ほむら「私、重いのに保健室までおぶらせちゃって……それに次の授業の資料も……」

まどか「いいよっそのくらいっ!」

まどか「暁美さん軽かったしっ!資料は……多分、大丈夫だよっ!」

ほむら「……ごめん、なさい」

まどか「あ、謝らないで……」

ほむら「……」

まどか「……」



508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 21:59:29.86 ID:JKqBEE8s0

「……お前ら、仲良しこよしはいいから、元気な方は教室戻れ。授業あんだろ?」

まどか「は、はい……」

「元気ない方、どうすんだ帰るのか?」

ほむら「え、えと……」

「帰るなら親御さん呼ぶか?」

ほむら「今日は、親、いないんです……」

「そうか。んじゃどうする?元気な方の授業が終わるまで待って送ってもらうか?」

「ちなみに俺は送らねーぞ」

まどか「そうだよ!暁美さん。私が送るよっ!」

ほむら「で、でも……」

「元気な方もそう言ってるし。よし決定な」

「んじゃ元気ない方寝てろ」



512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:05:44.41 ID:JKqBEE8s0

まどか「先生もそう言ってるんだしそうしようよっ!」

まどか「それじゃあ、終わったら迎えに来るから待っててねっ!」

ほむら「あっ鹿目さんっ!」

ガチャ

ほむら「あ……」

ほむら「いっちゃった……」

「扉閉めてけよ……」

ほむら「……」

ほむら「はぁ……」

ほむら「ごめんね……鹿目さん……」



516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:16:52.21 ID:JKqBEE8s0

教室

さやか「遅いな……もう授業始まってるのに……」

さやか「資料室でなんかあったのかな……」

ガラッ

まどか「す、すいませんっ遅れましたっ!」

「鹿目さん遅いですよ」

まどか「ご、ごめんなさい……こ、これ資料です」

「御苦労さま。……はやく座りなさい」

まどか「は、はい……」

さやか「まどかどうした?埃だらけだけどなんかあったのか?」

まどか「ちょ、ちょっとね。後で話すよ……」

さやか「お、おお……」

まどか「……」ソワソワ

さやか(なーんかソワソワしてんな……こりゃ何かあったね……)



521:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 22:29:38.41 ID:JKqBEE8s0

キーンコーンカーンコーン

<アリガトウゴザイマシター

さやか「ま……」

まどか ガタガタ タッ

さやか「ちょ……はやっ!」

さやか「どうしたんだ……?まどか……」

さやか「……そういえば」

さやか「転校生が、いない」

さやか「関係……あるのかな」

仁美「さやかさん、まどかさんは……」

さやか「……いっちゃったよ」

仁美「どこに?」

さやか「……」

仁美「さやかさん?」



550:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:23:04.99 ID:JKqBEE8s0

保健室

ほむら(……)

ほむら(……鹿目さんには迷惑ばっかり掛けてるなぁ)

ほむら(来てくれたら……謝らないと……)

ほむら(……)

ほむら(鹿目さん……ホントに優しいよね……)

ほむら(どうして私なんかをいっつも助けてくれるんだろう)

ほむら(さっきだって……無理して……)

ほむら(……私にはもったいない友達だよ……)

キーンコーンカーンコーン

ほむら「あ……」

「なったぞ。ほら、帰る用意しろ」

ほむら「は、はい」

「多分、あの元気な奴、すぐ来るぞ」



555:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:31:00.75 ID:JKqBEE8s0

ほむら「え?」

コンコン

「きたぞ」

 ガチャ

まどか「はぁ……はぁ……失礼しまーす」

ほむら「え、か、鹿目さんっ!?」

「扉閉めろっつうの……」

まどか「お待たせっ暁美さんっ」

ほむら「は、走ってきたの?」

まどか「うんっ。待たせちゃ悪いなって思ってっ」

ほむら「そんな……迷惑掛けてるの私なのに……」

まどか「いいよっ暁美さんがこうなっちゃたの私の責任なんだからっ」

まどか「それじゃ、帰ろ?」



557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:36:21.80 ID:KTEZggic0

まどほむはいい、心が洗われるようだ



559:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:39:24.44 ID:JKqBEE8s0

ほむら「……うんっ」

まどか「てぃひひっ!」

ほむら「……あの、鹿目さん?」

まどか「なに?」

ほむら「……ありがとう。いつも……」

まどか「……こっちこそありがとうだよっ」

まどか「いっつも助けて貰ってるから」

ほむら「え?……私、何も……」

まどか「ううん。助けて貰ってるよ」

まどか「勉強教えて貰ったり、一緒にいてくれたり……」

まどか「ありがとうを言い切れないぐらい。助けて貰ってるもん」

ほむら「わ、私だってっ……」

「おい」



566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:49:22.01 ID:JKqBEE8s0

「いつまで青春してんだ。帰らねーのか」

まどか「っ!!せんせっ」

「なんで驚く……」

まどか「か、帰ります。あの、暁美さんのこと、あ、ありがとうございましたっ」カア

まどか「あ、暁美さん帰ろっ?」

ほむら「う、うんっ」

ほむら「あ、ありがとうございました……」ペコ

「おう……でよ、元気ない方の荷物はどうした?」

まどか「あ」

ほむら「い、いいよっ明日持って……あ、明日休みだ……」

まどか「と、取りに行ってくるっ!」

ほむら「い、いいよ私が……」

「一緒に行けよ……」



571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 23:57:26.15 ID:JKqBEE8s0

まどか「は、はい。行ってきます」

まどか「いこっか、暁美さんっ」

ほむら「う、うんっ」

まどほむ「失礼しましたっ」

「おう、じゃーなー。二度とくんなよ」

バタン

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら「女の人なのに凄い先生だね……」

まどか「うん……私もそう思う



578:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:09:57.09 ID:+YSowdQb0

教室

さやか「……よ。まどか、転校生」

まどか「あれ?さやかちゃんまだ帰ってなかったんだ」

さやか「まぁね。二人とも戻ってくるんじゃないかなぁっと思って」

さやか「それで転校生、どうしたの?」

まどか「あ、暁美さんね、資料運ぶ手伝いしてくれたんだけど……」

まどか「私がドジっちゃったせいで……埃たくさん吸いこんじゃって」

ほむら「あ、あれは、鹿目さんのせいじゃないよっ」

まどか「ううん、あれは……」

さやか「……いいから。それで?」

まどか「う、うん。それでね暁美さん具合が悪くなっちゃって、早退しようかって話になったんだけど」

まどか「暁美さんの家に両親ともいなくてそれで帰る時に一緒に送る事になったの」

さやか「ふーん……」



585: 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/09/27(火) 00:21:36.02 ID:+YSowdQb0

さやか「……なんか、見た感じ転校生元気そうだけどね」

さやか「まどかが送る必要ないんじゃない?」

まどか「で、でも……一回暁美さん倒れちゃったし……」

まどか「心配だもん」

さやか「優しいねーまどかは」

さやか「その心配は友達として、だよね」

まどか「……え?」

さやか「いや、なんか二人とも最近すごく仲良いいからさ、もしかしたらなーって」

さやか「ないよね?」

さやか「そうだったらさやかちゃんドン引きしちゃうなー」

さやか「だって女どうしなんて気持ち悪いもん」

さやか「ね、ないよね」

まどか「……ど、どうしたの……さやかちゃん……」



588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:22:53.60 ID:8V83Hsit0

いいですねー始まりましたね



590:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:23:25.56 ID:OPxoSLr60

ついに開戦か



593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:28:44.13 ID:+YSowdQb0

さやか「なんとなくそう思っただけだよ」

さやか「別に二人がそういう関係じゃなければ関係ない事だよ」

さやか「ないんでしょ?」

まどか「う、うん……」

さやか「……」

ほむら「……っ」ビクッ

さやか「そう」

さやか「そっか」

さやか「よかった」ニッコリ

まどか「……」



602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:38:31.89 ID:+YSowdQb0

さやか「いやぁさやかちゃん心配して損しちゃったっ!」

さやか「もう誤解を招く行動は止めてくれたまえよー?君たち?」

さやか「嫁の貞操の危機かと思って冷や冷やしたよーまったくぅ!」

まどか「え、えへへ……そんなわけないでしょ?さやかちゃんたらっ」

さやか「そうだよね。ごめんごめんっ!」

さやか「それじゃあ我が嫁よっしっかりと転校生を送って差し上げるのだぞー?」

まどか「う、うんっ!」

さやか「それじゃああたしは先に帰るよっ!用事もあるしねっ!」

さやか「じゃあね、まどかっ」

さやか「転校生」

まどか「うんっじゃあね、さやかちゃん」

ほむら「さ、さようなら……」

スタスタ



611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:49:27.93 ID:+YSowdQb0

まどか「……なんか……様子おかしかったね……さやかちゃん……」

まどか「どうしたのかな……」

ほむら「あ……」フラ

まどか「あ、暁美さん!?大丈夫!?」ギュッ

ほむら「ご、ごめんね。なんだか……その、さっきの埃が……」

まどか「やっぱりまだ辛いんだね……少し座っていく?」

ほむら「だ、大丈夫……帰ろう?」

まどか「うん……辛かったらいつでも言ってね?」

ほむら「ありがとう……鹿目さん……」

まどか「荷物まとめて……いこっか」

ほむら「うん……」



615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 00:57:43.74 ID:+YSowdQb0

帰り道

まどか「……」

ほむら「……」

『女どうしなんて気持ち悪いもん』

まどか(なんか……さやかちゃんの言葉意識しちゃうな……)

まどか(……)

まどか(あれ?)

まどか(私そうじゃないはずなのに意識してるの?)

まどか(……)

まどか(え……?)

まどか(私……)

まどか(暁美さんの事……?)

まどか(……)

まどか(えええええええええっ!!!)



622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 01:12:05.27 ID:+YSowdQb0

同時刻

ほむら「……」

まどか「……」

ほむら(美樹さん……なんであんなに怒ってたんだろう)

ほむら(確か……私と、鹿目さんが仲良くしてるのが気持ち悪いって……)

ほむら(……そういう筈じゃないのに……)

ほむら(でも……周りにはそう見えてるのかな?)

ほむら(私が、鹿目さん、がそういう、関係だって……)

ほむら(……)

ほむら(ちょっと嬉しいなんて、な、なに考えてるんだろっ私っ)

ほむら(こんなこと考えてちゃ鹿目さんに変な子って思われちゃうよっ)

ほむら(しっかりしなきゃっ!)



626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 01:23:36.31 ID:+YSowdQb0

まどほむ「あ、あのっ!」

まどか「な、なに?」

ほむら「あ、鹿目さんから……」

まどか「い、いいよぉっ!あけ、暁美さんからど、どうじょっ?」

まどか(か、噛んだ……)

ほむら(どうじょ?)

ほむら「えと……じゃあ……」

ほむら「今日は……ホントにありがとう」

ほむら「保健室まで送ってくれたり……こうやって送ってくれたり……」

ほむら「今日は……その、お礼に、ご飯、食べていかない?」

ほむら「私はが作るから……」

まどか「ええっ!う、あ、う、」



629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 01:34:54.61 ID:+YSowdQb0

ほむら「い、嫌だった……?」

まどか「う、ううんっ!そ、そんなことないよっ」

まどか「あ、ありがとうっ。暁美さん」

ほむら「よかった……」ニコ

まどか「……」ぽー

ほむら「?……どうかした?」

まどか「な、なにも、ないよっ、てぃひひっ!」

ほむら「そう……?」

まどか「うんっ!てぃひひっ!」

ほむら「あ、それで……鹿目さんの話したい事って?」

まどか「あ、うーん……えと……」

まどか「あ、暁美さんの家行くのは、初めてだなーって」



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 01:49:26.25 ID:+YSowdQb0

ほむら「そうだね……人を自分の家に入れるの初めて」

まどか「そ、そうなの?」

ほむら「うん、鹿目さんが第一号だよ」

まどか「そ、そっかぁ……なんか、嬉しいな……」

ほむら「そ、そう?」

まどか「う、うん……てぃひひっ」

ほむら「……えへ……」

ほむら「……あ、こ、ここ曲がったら私の家だよ」

まどか「う、うんっ」

まどか「……」

まどか「わぁ……おっきいマンション……」

ほむら「でっかいだけだよ。……こっちだよ」

まどか「う、うんっ」



640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 02:06:08.57 ID:+YSowdQb0

暁美家

まどか「お、おじゃましますっ」

ほむら「えと……いらっしゃい」

まどか「わぁ……綺麗だね」

ほむら「……ありがとう。お母さんが綺麗好きなの」

まどか「そうんなんだぁ。私のママはだらしないから羨ましいなぁ……」

ほむら「そうなの?」

まどか「うん。こう言う事はパパに全部任せっぱなし」

まどか「もうちょっとちゃんとしてくれればいいのにっ」

ほむら「ふふっ」

ほむら「あ、今お茶持ってくるからまってて?」

まどか「あ、ありがとうっ」



643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 02:16:20.64 ID:+YSowdQb0

まどか(ホントに広いなぁ……)きょろきょろ

まどか(あれ?これ……ちいさい暁美さんと……?)

ほむら「お待たせ。……あ、それ?」

まどか「ご、ごめん勝手に見ちゃった……」

ほむら「いいよ。……その人ね私のお父さん……らしいの」

まどか「らしい?」

ほむら「うん。その人ね、いっつも働いてるから家に帰ってこないの、病院にもずっと来てくれなかったし……」

ほむら「だから……よくわからないの……」

まどか「そうなんだ……」

ほむら「あ、お、お茶飲もう?もういれたから……」

まどか「う、うんっ」



647:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 02:28:31.96 ID:+YSowdQb0

―――――――

まどか「お茶もお菓子も美味しかったよっありがとね」

ほむら「お、お粗末さまでした……」ニコ

ほむら「そ、それじゃあ私ご飯作ってくるから、くつろいでて?」

まどか「ほ、ホントにご飯いいの?」

ほむら「うんっ。お礼だから……待ってて」

まどか「あ、だったら私も手伝うよっ!」

ほむら「え、わ、悪いよ……」

まどか「い、いいの、いいの。私、お父さんの手伝いとかしてるから結構自信あるんだよ」

まどか「ね、手伝わせてっお願いっ」

ほむら「……いいの?」

まどか「うんっ!」

ほむら「……ありがとう」

まどか「てぃひひっ!」



717:保守感謝します 続きをば :2011/09/27(火) 10:45:28.76 ID:+YSowdQb0

まどか「それで、何作るの?」

ほむら「えっと……ハンバーグと、サラダかな」

まどか「ハンバーグ?お弁当もハンバーグじゃなかった?」

ほむら「……えへ……うん……それしかまだ、上手く作れないから」

ほむら「……嫌だった?」

まどか「ううんっ!私ハンバーグ好きだから大丈夫だよっ」

ほむら「そっか……よかった」

ほむら「それじゃあ私ハンバーグの野菜みじん切りするから、鹿目さんはサラダお願いしていい?」

まどか「うんっ!任せてっ!」

ほむら「うん……お願いします」



726:途中でまた携帯に引越しします:2011/09/27(火) 10:57:47.37 ID:+YSowdQb0

ほむら「……」トントン

まどか「わぁ……暁美さん、上手いねっ」

ほむら「そ、そうかなっ……練習し始めてそんなにたってないから、まだうまくないかなぁと思うんだけど……」

まどか「ううんっ上手だよっ!……わ、私より上手いかも」

ほむら「え、そ、そんなことないよっ!」

まどか「ううん、私、包丁は下手なんだぁ……どうやったら、そんなにうまくできるの?」

ほむら「えと、わたしは本見て……見よう見まねで……」

まどか「私も本見たんだけどなぁ……」

ほむら「そうなの……?や、やって見せてくれない?」

まどか「うん。んしょ……んしょ……」とん……とん……

ほむら「あっ危ないよっそんな握り方したらっ」



730:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 11:05:25.22 ID:+YSowdQb0

まどか「あれっ?違ったっ?」

ほむら「うん……そのままやっちゃうと怪我しちゃう」

ほむら「えと、こうやるんだよ」トントン

まどか「こ、こう?」トン……トン……

ほむら「ち、違うよっこうやって……」ギュッ

まどか「あ……」

まどか(あ、暁美さんの手が……それに……暁美さん、近いよっ)

ほむら「こうだ……よ」

ほむら「あ……」

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「あ、う、うんっわ、わかった、よ!」

ほむら「う、うんっよ、よか、った」



737:携帯に引っ越し:2011/09/27(火) 11:40:51.60 ID:1RP5IX5lO

まどか(す、すごくドキドキする。やっぱり、私……)

ほむら(か、顔赤くなってないかな、だ、大丈夫だよねっ)

まどか「……」

ほむら「……」

まどか(暁美さんは……)

ほむら(鹿目さんは……)

まどほむ(私のこと、どう思ってるんだろう……)



739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 11:51:11.32 ID:1RP5IX5lO

ーーーーー

ほむら(ま、まだ落ち着かない、しっかりしなきゃ、駄目、なのに)

ほむら(落ち着かなきゃ……落ち着いて……落ち着いて……)
まどか(い、いい加減落ち着かないと、これから、ご飯何だから……)

まどか(すー……はー……)


ほむら「は、はいっハンバーグ、出来たよっ」

まどか「わ、私もっサラダ、出来たよっ!」

ほむら「そ、それじゃ、食べよっか?」

まどか「う、うんっ!楽しみだなぁっ!」

ほむら(だ、大丈夫だったかな……)

まどか(へ、変じゃないよねっ)



743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 12:05:06.99 ID:1RP5IX5lO

まどか「そ、それじゃあいただきまーすっ!」

ほむら「い、頂きますっ」

まどか「んむっ!……」

ほむら「ど、どう?ハンバーグ……」

まどか「とっても美味しいよっ!」

ほむら「よ、よかったぁ」

まどか「あ、暁美さんも私のサラダ食べてみてっ」

まどか「ちょ、ちょっと不格好だけど……」

ほむら「そ、そんなことないよっ!……あ」

ほむら(きゅうり……ちゃんと切れてないでつながってる……)

ほむら「い、いただきますっ!……あむ」

まどか「……どう?)

ほむら「……な、なんかしょっぱいね……」



748:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 12:15:47.17 ID:1RP5IX5lO

まどか「あ、あれ?塩入れすぎたかな?」

まどか「んむっ。……」

まどか「しょっ、しょっぱっ!」

ほむら「だ、大丈夫っ?は、はい、水っ」

まどか「あ、ありがとうっ!んく……んく……」

まどか「ぷは……ビックリしたぁ……」

ほむら「……ふふっ」

まどか「あ、わ、笑わないでよぉっ!」

ほむら「ふふふっ!」

まどか「あ、暁美さんっ!」



752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 12:27:18.17 ID:1RP5IX5lO

ほむら「ふふっ、ごめんっふふふっ!」

まどか「もー……」

ほむら「ふー……ご、ごめんね。今までご飯の時にこういう事無かったから」

まどか「だからってさっ」

ほむら「え、えと……」

まどか「……」

ほむら「か、鹿目さん?

まどか「……なーんてねっ!」

まどか「私を笑った罰だよっ私のサラダ全部食べてっ!」

ほむら「え、ええっ!?」

まどか「あはははっ!」



757:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 12:34:26.33 ID:1RP5IX5lO

―――――

まどか「お腹いっぱいっ!ごちそうさまっ!」

ほむら「ふふっご馳走でした」

まどか「ハンバーグとっても美味しかったよっ!ありがとうねっ」

ほむら「ううん。いいよ」

ほむら「私も、鹿目さんと夜ご飯一緒でとっても楽しかった」

ほむら「だ、だから、ありがとう」

まどか「うんっ……てぃひひっ」

ほむら「……えへ……」

まどか「あ、片付けは私がやるよっ!結局サラダ残しちゃったし……」

ほむら「あ、私も……」

まどか「いいからっ座っててっ!」タッ

ほむら「あ……」



761:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 12:46:25.24 ID:1RP5IX5lO

ほむら(鹿目さん……)

ほむら(……優しいな……)

ほむら(……)

ほむら(なんだろ……鹿目さんを見てるだけで……凄くどきどきする……)

ほむら(この気持ちがなんなのかよくわかんないけど……こんなの、おかしいよね)

ほむら(私と鹿目さんは……とも……)

ほむら「……けほっ!」

ほむら(あ……薬飲む時間……過ぎて……!)

ほむら「けほっ!けほっ!けほっ!」

ほむら(苦しい……あ……)



765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 13:00:54.81 ID:1RP5IX5lO

まどか「よいしょっと」カチャ

まどか「ご飯作ってくれたんだもん。洗うくらいはしないとねっ!」

「けほっ!」

まどか「え……暁美さんっ!?」

タッ

ほむら「けほっ!けほっ!」

まどか「暁美さんっ!?暁美さん大丈夫っ!?」

ほむら「けほっ!くす……けほっ!」

まどか「くす……薬だねっ!」

まどか「確か暁美さんはいつもここに……」

まどか「あったっ!あと水もってこないと……」



768:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 13:12:39.91 ID:1RP5IX5lO

まどか「はいっ水と薬っ!」

ほむら「けほっ!んく……んく……」

ほむら「けほっ!けほっ!」

まどか「落ち着かないのっ!?ど、どうしよう……」

まどか「と、とりあえず、ベッドに運ぼうっ!」

まどか「揺れるのは許してね……よ、いしょっ!」

まどか「えと……暁美さんの部屋はこ、こっちかな……」

まどか「ま、待っててね。暁美さんっ」フラフラ



771:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 13:31:19.15 ID:1RP5IX5lO

深夜

ほむら「……ん……私……」

ほむら「っ!」

ほむら「……あれっ?……咳が」

ほむら「それにここ……私のベッド……」

ほむら「どうして……」キョロキョロ

ほむら「……あ」

まどか「すー……すー……」

ほむら「そっか……鹿目さんが……」

まどかが自分をまた助けてくれた。
そう思うと、ほむらの中にまどかを想う暖かい気持ちが流れ込んできた


ほむらはベッドから這い出し、ベッドに寄りかかるように眠るまどかの前にいく

ほむら「寝てるの……?」

そっとまどかの頬に触れる。
まどかが起きている様子はなかった



780:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 14:20:01.14 ID:1RP5IX5lO

ほむら「鹿目さん……」

ほむらはそう呟くと頬から唇へと手を移す
まどかの唇は柔らかく、つるつるとしており、ほむらはその感触に物言えない愛しさを覚えた

トクントクン、とほむらの心臓が高鳴る
もっとまどかに触れたい。もっとまどかを感じたい。そんな思いがほむらの心を占めていく

ほむら「かなめさん……」

やがてそれは言葉となり、ほむらの口から無意識に零れ出る

ほむら「好きです……鹿目さん……」

その言葉を零した瞬間おぼろげだった思いにほむらは気付いた

自分はまどかの事を好きなのだと



782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 14:34:55.63 ID:1RP5IX5lO

ほむら「あ……」

途端、ほむらにまどかを愛しいという、明確な思いが、ほむらの頬を朱に染めた

まどかに対する愛しいという気持ちが、触れたいという気持ちがどんどんと強くなっていく

ほむら「かなめさん……」

そうしてほむらは愛しい気持ちのなか、両手をまどかの肩に置く

そして目を閉じ、ゆっくりと顔をまどかの顔に近付けていき

ほむら「ん……」

その唇を愛しい人の唇に触れさせた



789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 14:53:14.56 ID:1RP5IX5lO

途端、ほむらに痺れるような快感と、喜びが全身を駆け巡り、唇を震わせた

幸せにとろけた目を開き、ゆっくりと顔を離す

もっとまどかに触れたい。感じたい。
そう思った瞬間。ほむらはまた自分の唇をまどかの唇に触れさせていた

そして、再び駆け巡る、喜びと快感
ほむらはそれに酔いしれるように、何度もまどかに唇を重ねていった

ほむら(鹿目さん、鹿目さんっ鹿目さんっ!)

まどかに愛しさが届くようにと何度も心でまどかを呼び、唇を重ねる

もはやまどかが眠っていることは、ほむらの頭にはもう無かった



793:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 15:03:20.16 ID:1RP5IX5lO

ほむらが、今までのようなただ唇と唇を軽く触れ合わせるようなものではなく、長く、想いの籠もったキスをしようと顔を近付けた、そのとき

まどか「……暁……美さん?」

度重なるほむらのキスにまどかの目がついにゆっくりと開く
だが、その事にほむらは気付かず、目を閉じ、ほむらはまどかの首に手を回し、深く、まどかに口付けをする

まどか「っ!?!?」

まどかはそれに酷く驚いたが

まどか「……」

愛しい人が自分にキスをしている。その喜びがまどかの心を占めていった



800:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 15:15:12.46 ID:1RP5IX5lO

長いキスの後、愛しい人の顔を見ようと顔を少し離したとき

ほむら「あ……っ」

まどか「……」

完全に目が覚めたまどかと目が合う

ほむらは自分が今までしていたことを思い出し、弁解しようと体を離し、口を開こうとしたとき

まどか「ん……」

まどかに優しく抱きしめられ、唇を奪われた

ほむらは驚きに目を見開き、体を強ばらせたが、まどかの優しく、ぎこちないキスに、体の力を抜いていく



805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 15:27:06.31 ID:1RP5IX5lO

キスに満足したまどかは、ゆっくりと唇を離し、ほむらの顔を優しい瞳で見つめた

ほむらはまどかのキスと視線からの恥ずかしさで顔を伏せさせ、上目でまどかの様子を窺った
少しの沈黙。そして

まどか「……すき……」

沈黙を破るまどかの言葉。ほむらはその言葉の喜びと嬉しさに、瞳に涙を溜め

ほむら「わたしもすき、です」

そう、零した

その言葉を聞くと、まどかは優しくほむらへと抱き付いた



810:微エロカット入りまーす:2011/09/27(火) 15:42:44.28 ID:1RP5IX5lO

―――――

ベッドの中、まどかとほむらの二人は身を寄せ合っていた

服を着て

まどか「……」

ほむら「……」

まどか「てぃひっ」

ほむら「……えへ」

まどか「……ね、暁美さんっ?」

ほむら「な、なに?」

まどか「いつから私の事好きだったの?」

ほむら「ひ、ひみつ……」

まどか「えー?教えてよーっ」
ほむら「は、恥ずかしいもん……」



820:帰ってきたPC:2011/09/27(火) 16:00:10.15 ID:+YSowdQb0

まどか「あ、だったら私が教えたら、教えてくれる?」

ほむら「ええっ!…………うん」

まどか「てぃひひ!っ……私はね、多分、暁美さんと初めておしゃべりした時から好きだったと思うんだ」

ほむら「そ、そうなの?」

まどか「うん。……気付いたの今日だけどね」

まどか「さ、暁美さんの番だよっ」

ほむら「う、うん……私は」

ほむら「よく、わかんないの……」

まどか「えーっ嘘でしょ?」

ほむら「う、嘘じゃないよっ」

ほむら「……一緒に過ごしてる間にいつの間にか好きになってたんだもん」

まどか「っ!そっ、そっかぁ!てぃ、てぃひひ……」

ほむら「……」

まどか「……」



824:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 16:09:50.58 ID:+YSowdQb0

まどか「ね、ねぇ……あ、暁美さん」

ほむら「な、なに?」」

まどか「あのね……暁美さんの事……ほむら、ちゃんって呼んでいい?」

まどか「あの、す、好き、だから。あけ、みさんのこと……」

まどか「……だめ、かな?」

ほむら「い、いいよっ!もちろんっ」

まどか「あ、ありがとう、……ほむら、ちゃん」

ほむら「・……う、うん」

ほむら「そ、それじゃ、わ、わたしも……ま、まどかって……呼んでいい?」

まどか「う、うんっ」

ほむら「……ま」

ほむら「……まどか」

まどか「……」

ほむら「……」



826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 16:15:59.20 ID:+YSowdQb0

まどか「な、なんだか恥ずかしいねっ」

ほむら「う、うん……」

まどか「……」

まどか「ほ、むらちゃんっ」

ほむら「は、はいっ」

まどか「えと……」

まどか「好き……だよ」

ほむら「……」

ほむら「……私も……」

まどか「……」

まどか「……ほむらちゃん、ちゅー、していい?」

ほむら「あ……う、ん……んっ」

―――――――――



828:ラストスパート:2011/09/27(火) 16:25:18.66 ID:+YSowdQb0

翌日 橋の上

さやか「……」

さやか「……はぁ」

さやか「まどか……」

グリ

さやか「……」

グリグリ

さやか「ああっ!うっさいな!なんだよっ杏子っ」

杏子「無視すんじゃねーよ」

さやか「あんたに構ってる気分じゃないのよ」

杏子「なんだまだ引きずってんのか……女々しい奴」

さやか「うっさい……どっかいけ」

杏子「飽きたらな」

さやか「あんたね……」



830:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 16:34:25.05 ID:+YSowdQb0

さやか「はぁ……もういいわ。好きにしてよ」

杏子「おお」

さやか「……」

杏子「……」

杏子「なぁ」

さやか「なによ」

杏子「結局お前、したいようににしたのか?」

さやか「……あんたには関係ないでしょ」

杏子「したのか?」

さやか「……」

さやか「あんたにはわかんないような複雑な事情があんのよ」

杏子「そうやってぐだぐだ理由つけて逃げてんのか?」

さやか「……は?」



831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 16:43:08.43 ID:+YSowdQb0

杏子「あれだからこうだ、それだからこうだってよ」

杏子「ビビって逃げてんじゃねーの?」

さやか「……うるさい」

杏子「事情っていう理由つけて自分が傷つかないようにしてるだけじゃねーの」

さやか「うるさい」

杏子「んなことやってたら、欲しいものなんていつまでたっても手に入んねーぞ」

さやか「うるさいっ!」

杏子「とんだ臆病もんだな、さやか」

さやか「うるさいって言ってるでしょっ!!あんたになにがわかんのよっ!!」

さやか「なにも知らない癖にっ!!」

杏子「……」

杏子「あれ、お前の欲しいもんじゃねーの?」

さやか「え……」

杏子「……飽きたから帰るわ。じゃーな。さやか」



834:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 16:48:51.02 ID:+YSowdQb0

さやか「あ……」

杏子の指差した先、そこには仲良く笑い合い、手をつなぎ合う

まどかとほむらの姿があった

それを見た瞬間冷や汗が吹き出し、鼓動が急激に暴れ出す

周りの音が遠くなっていく

さやかは無我夢中で走りだしていた

まどかとほむらの元へ



835:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 16:56:16.29 ID:+YSowdQb0

まどか「どこいこっか、ほむらちゃん」

ほむら「……まどかの行きたい所なら、どこでもいいよ」

まどか「それじゃ困るよーてぃひひっ」

ほむら「ふふっ」


「なにしてんの」


ほむら「あ……」

まどか「っさ、さやかちゃん……」

さやか「なにしてんの」

まどか「え、えと……」

さやか「手繋いで何してんの」

ほむら「……」

さやか「笑いあって何してんの」

さやか「ねぇ!!!」



836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 17:02:34.31 ID:+YSowdQb0

まどか「……」

ほむら「……っ」ビクッ

さやか「デート?」

まどか「ち、ちが」

さやか「……気持ち悪い」

まどか「え……」

さやか「気持ち悪い」

さやか「気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪いっ!!」

さやか「あんたら気持ち悪いんだよ!!」

ほむら「……あ」

まどか「さ、さやかちゃ……」

さやか「来ないでよ!!気持ち悪い!!」

まどか「さやか……ちゃ……」

さやか「……っ」

タッ



837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 17:02:54.05 ID:gLTMd23k0

うわあああああああああああああああ



839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 17:12:58.32 ID:+YSowdQb0

まどか「……さやかちゃん」

ほむら「……あ」フラ

まどか「ほむらちゃんっ!?どうしたのっ」

ほむら「ご、ごめんね……。こ、怖くて……」

まどか「……大丈夫?」

ほむら「うん……」

まどか「……さやかちゃんに……ばれちゃったね……こう言うの嫌いみたいだったのに……」

まどか「……嫌われちゃったかな……」

ほむら「は、話せば、わかってくれるよっ大丈夫だよっ!」

まどか「う、うん……そう……」

まどか「……そうだよね」



844:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 17:22:30.00 ID:+YSowdQb0

翌日

まどか(結局あの後、さやかちゃんメールも電話もでてくれなかったな……)

まどか(やっぱり嫌われちゃったのかな……)

仁美「あ、おはようございます。まどかさん」

まどか「お、おはようっ!仁美ちゃんっ!」

まどか「……」キョロキョロ

まどか「……さ、さやかちゃんは?」

仁美「さやかさんは用事があるから先に行くそうですわ」

仁美「先程、メールで」

まどか「そ、そっか……」

仁美「何か、ありましたの?」

まどか「え、な、なにもないよっ。なにも……てぃひひ……」

仁美「……そう、ですか



850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 17:45:28.65 ID:+YSowdQb0

教室

まどか「え……」

教室に入った途端、まどかは、目に入ってきたものに言葉を失った

まどかの目に入ってきたもの。それは

『暁美ほむらはレズ』

ホワイトボードに大きく書かれたほむらへの中傷だった

まどか「だ、誰っ!!こんなこと書いたのっ!!」

まどかは大きな声で叫ぶ

だが、クラスメートはいきなり叫んだまどかに目を向けるだけで大した反応はなかった

そして何もなかったように、それぞれの友人達と、話し始めた

当然内容はほむらの事

まどかはそれに憤ったが、すぐに意味のない事だと悟った

そしてほむらの目に入らぬよう、ホワイトボードの字を消そうとした時

ほむら「……っ!!」

扉の開ける音と共にほむらが入ってきてしまった



854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 17:56:49.02 ID:+YSowdQb0

まどか「ほむら、ちゃ……」

教室に入ってきたほむらにクラス中の視線が集中する

ほむらはホワイトボードに書かれている事の内容によるショックと

クラスメート達の興味の視線に威圧されその場に動けなくなってしまった

まどかは慌ててホワイトボードの文字を消し、ほむらに駆け寄ろうとする

さやか「まどか」

が、その手をさやかに掴まれてしまう

まどか「さやか、ちゃん……」

さやか「転校生は、レズなんだよ?行ったら食べられちゃうかもよー?」

さやかの言葉に激しい怒りを覚え、まどかはさやかを睨みつける

まどか「はなしてよっ!」

だがさやかはまどかを見つめへらへらと笑うだけだった

まどかはほむらに視線を移す、するとほむらは顔面蒼白で、今にも倒れそうになっていた



863:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 18:10:10.70 ID:+YSowdQb0

さやかもそれに気付き、ほむらにワザとらしく話しかける

さやか「やや、転校生さん顔色が悪そうだねー?大丈夫?」

さやか「まどかに保健室、いや、危ないからやめよっかっ!」

さやか「二人とも最近凄く仲良いみたいだから、まどか襲われちゃうかもしれないしねー!」

周りからくすくすと笑いが起こる

ほむらはそれに身を固くし、まどかはそれに強い苛立ちを感じた

さやか「この転校生さんの友達であるさやかちゃんが送ってあげますよっ!」

さやか「さ、ついて来てー!」

さやか「あ、でもおさわりはダメよん!」

再びの笑い声

まどかはその笑い声にも、さやかのほむらに対する態度にも限界に来ていた

さやかに向かいどなり声を上げようとするまどか。だが



872:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 18:21:49.10 ID:+YSowdQb0

さやか「どうした?まどか?ほむらが心配?」

それに先手をとられるような形でさやかに声を掛けられる

さやか「まどかは友達思いだねー!うんうん」

さやか「あ、でもまさか……」

さやか「こんなにほむらの事心配するなんて、まさか、まどかも……」

さやか「なーんてねっ」

クラスメイト中の視線がまどかに集まる、まどかはそれに構わずどなり声を上げようとするが

仁美「さやかさん。早く暁美さんを保健室に連れて行ってあげてください」

仁美「本当に辛そうです」

仁美がまどかの肩を掴み、冷静な声でそう勧めた

そしてまどかの耳元で小さく囁く

仁美「落ち着いてください……まどかさんまでそう思われてしまいますよ」



874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 18:23:25.68 ID:EhmL5IqP0

                            ,へ、
               ,-、    ,へ、   _ _   /:::::::\   __
           /::::::\  /;>'´: : : : : : : : : `/:::::::::::::::} /´〉}__ノ
             /:::::::::::::::}/´: : : : : : : : : : : :/::::::::::ヽ::::i/-―'´ _/
         /:::::::::ヽ、/: : : : : : : : : : : : : : : \::::::::::::/´ ̄ ̄ ̄ `ニニ=‐
        ./:::::::::::::::/: : : : : : : : :|: : : : : : : : : :`ヽ、_{: : : : : : : : :  ̄`ヽ、
         `77 ̄/: : : : : : :/: : |: : : : : : : : : : : : :∧: : \: : : : : : : ヽ: :\_
          /;イ//: : : :.:.:|: :l : : :|: : : : : :\: : : : /:::::\: : :\: :.\: : : \⌒
       /イ/:::/:/〉: : : :|: :l : : :|: : :\: : : :\: 'ー┬i」'、: : :.:\: : \ヽ: :\
        /: :7ヽ{//|: :.|: :.|__ハ: : :!\: :.:|\:.メ´\: :.|: :| \: : : :ヽ;: : ヽ \: \
       ./:/}|: : `:ハ: :.! : |: l≧、ノi  \!.,イテ芯ハ}:.:.|ヽ'   ヽ;: :.|. \: :}   ̄`
      ノ´ ノ|: : : : |イ:.|: :.|: l〃'心  ー'´ .弋メ  | : |ノ⌒ ー‐、i:.:|  ヘ/     かまわんよ!
          |: : : : | !∧: |: lヽ ゞ' 、   """ |: /      }: | .    /j^i
           .八: : : | ' 八ノハ "" 、__ノ /ノメ、.     ∨    ./  ;!
           ヽノ     /⌒`>、_.`ー '´イiノ \ヘ乙乙)、,      / _/__,,..
                /      ヘ¨´  o<)) zV^'^  ヽ、   ./     ,__〕  
                                        /      ,_〕



885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 18:35:20.35 ID:+YSowdQb0

まどか「でもっ!」

仁美「怒ってしまえば……ほむらさんの噂を肯定してしまう事にもなりかねませんわ」

仁美「そうなってしまえばお二人とも……私はそんなの嫌ですわ」

まどか「……うぅぅ」

さやか「そうだねー辛そうだしそろそろ送らないとねー」

さやか「それじゃあ行ってくるわー!」

まどか「……」

無言でさやかを睨みつける、だが、さやかは意に介した風もなく、ほむらを連れて教室を出ていってしまった

出て行った後にちらちらと向けられるクラスメートのまどかへの視線。

仁美はそれを払う様にニコリと笑いながら周りを見渡し、その視線を散らせた

そして十分に視線を散らさせると、仁美はまどかを連れ、教室を出た



893:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 18:49:17.89 ID:+YSowdQb0

人気のない廊下

仁美「……大丈夫ですか?」

優しくまどかに声を掛ける、まどかの瞳には悔しさと怒りから涙が溜まっていた

まどか「うん……」

仁美「……あのホワイトボードに書かれた内容に何か心当たりはありますの?」

まどか「……」

仁美「……あるんですのね……よろしければ話していてだけませんか?」

まどか「……」

仁美「大方予想は付いていますわ。ですから……」

まどか「……うん……あのね」

そうしてまどかは自分とほむらが付き合っている事、そしてさやかにそれを見られ拒絶の態度をとられた事を話して言った

仁美は驚きはしなかったが、まどかの話に真剣な表情で聞いていく

そうして話が終わると納得といった表情で頷いた

仁美「そうですか……」



896:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 18:57:58.46 ID:+YSowdQb0

まどか「ねぇ仁美ちゃん……どうしてさやかちゃんあんな態度とったのかな……」

まどか「そんなに女の子と女の子とが付き合うのって気持ち悪いのかな……」

仁美「……いえ、そうでは、ないと思いますが」

まどか「だったらどうしてあんな……」

仁美「……それはさやかさんから聞いた方が良いですわね」

仁美「とにかく、あとでさやかさんとお話しましょう。私もついて行きますわ」

まどか「うん……ありがとう。仁美ちゃん」

仁美「いいえ。友達の為ですもの」

まどか「……ありがとう……」

仁美(……)

仁美(さやかさん……いくらなんでもこれはやりすぎですわ……)



900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 19:06:45.38 ID:+YSowdQb0

一方

さやか「……」

ほむら「……」

さやか「ね、転校生。ちょっと話あんだけど」

ほむら「は、はい……」

そうして二人は中庭へと足を向ける

そうして中庭に着くとさやかはほむらに振り返り、冷たい視線をぶつけた

さやか「あのさ、転校生とまどかって付き合ってんだよね」

ほむら「……」

さやか「皆には言わないから、てかもう知ってるし」

ほむら「……は、い」

さやか「そ、じゃあ別れてくんない?」

ほむら「え……」

さやか「聞こえなかった?別れてって言ったんだよ」



909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 19:34:43.89 ID:+YSowdQb0

ほむら「ど、どうして……」

さやか「……昨日も言ったでしょ?気持ち悪いからだよ」

さやか「まどかとあんたがいちゃいちゃしてるの見てると気持ち悪くなってくるのよ

さやか「ね、だから別れてよ」

ほむら「い、いや、です」

さやか「わかれてよ」

ほむら「い、いやですっ!」

さやか「……」

さやか「あんたさぁ……立場わかってんの?」

さやか「あんたあたしに弱み握られてるんだよ?」

さやか「あたしが一言言えばあんたは苛められるんだよ」

さやか「女の子しか愛せない変態野郎だって」

さやか「しかもそれに尾ひれも背ひれも付けられるんだよ?」



914:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 19:44:42.70 ID:+YSowdQb0

ほむら「……」

さやか「でも、まどかとさえ別れれば、そんな苛めは起きないよ」

さやか「あたしが今まで通りにしてあげる」

さやか「今の苛めもどきもなくしてね」

さやか「自分で言うのもなんだけど結構発言力あるんだ。あたし」

さやか「だからそこら辺は心配しなくていいよ」

さやか「どう?悪い条件じゃないでしょ?」

ほむら「……」

さやか「別れなさいよ」

ほむら「……い、いや………です」

ほむらのその一言にさやかは目を鋭くさせる

さやか「そう。じゃあんたは苛められても良いって言うんだ」

さやか「本格的な苛めを受けても」



919:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 19:57:19.62 ID:+YSowdQb0

さやかの目と言葉に恐怖を覚え体を震わせるほむら

ほむら「……」

さやか「言いたくなかったけどさ……苛めってさ本人だけに行くと思う?」

ほむら「……!」

さやか「あんたがレズって呼ばれる事になったきっかけを作った相手はどうなるかな」

ほむら「そ、それだけは止めて……っ」

さやか「嫌ならまどかを諦めてよ。簡単でしょ?」

ほむら「……」

さやか「諦めてよ」

ほむら「……」

さやか「諦めなさいよっ!!」

追い詰められ、まどかを諦めるか否かの葛藤に耐えられなくなってしまったほむらは

ついにその瞳から涙を流す



923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:05:18.97 ID:BbCLdhE10

愛を憎しみが凌駕したな



926:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:07:02.59 ID:+YSowdQb0

さやか「なんであんたが泣くのよ……!」

さやかはほむらの涙をきっかけに、溜めてきたものを遂に爆発させてしまう

さやか「あたしよりまどかと仲良くしといて!!」

さやか「あたしよりまどかと一緒にいといて!!」

さやか「あたしよりまどかと楽しそうにしといて!!」

さやか「あたしよりまどかと笑いあってて!!」

さやか「あたしの方があんたよりずっといたのにっあたしからまどかを取っておいて!!」

さやか「なんであんたが泣くのよぉッ!!!」

さやか「むかつく!むかつく!!むかつく!!!」

さやか「被害者ぶるなっ!!あんたが!!あんたが悪いんだ!!」

さやか「あんたなんか大っきらいだっ!!!」



935:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:17:59.91 ID:+YSowdQb0

いつしかさやかの瞳からも涙が流れ始め、顔をぐしゃぐしゃに濡らしてしまっていた

さやか「……あああっ!」

ほむら「み、美樹さんっ……」

さやかは自分の思いに耐えきれなくなりその場からほむらを置いて逃げ出してしまった

そうしてほむらはひとり中庭に取り残される

ほむら「美樹さん……もしかして……」

ほむらは一人、さやかの立っていた場所を見続けていた

さやかの抱えていた想いを、思いながら



937:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:22:48.03 ID:+YSowdQb0

いつもの橋の上、さやかはほむらから逃げ出した後、一人で膝を抱えていた

さやか「……」

グリ

さやか「……」

グリグリ

さやか「……」

グリグリグリ

杏子「なんだ、死んでんのか」

さやか「……生きてるわよ」

杏子「死にそうな顔してるけどな」

さやか「……」

杏子「……どうした?」



943:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:30:23.05 ID:+YSowdQb0

さやか「……」

さやか「……したい事、してきたよ」

杏子「すっきりしたか?」

さやか「……全然」

杏子「だろうな」

杏子「食うかい?」スッ

さやか「ん……」ポリポリ

杏子「……」ポリポリ

さやか「……あたし、最低な事してきちゃった」

杏子「……」

さやか「親友傷つけて……その親友の大事な人傷つけて……」

さやか「最低だよ……あたし……」

杏子「……」



948:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:38:42.57 ID:+YSowdQb0

杏子「よかったな」

さやか「……は?」

杏子「したい事、増えただろ?」

さやか「……それは良かったとはいわないってーの」

杏子「行けよ」

さやか「……でも、今更」

杏子「また理由づけか」

さやか「……」

杏子「お前、昔っからそうだよな、そうやって逃げて」

杏子「でももう逃げるのいい加減にしろよ?」

さやか「……」

杏子「無くなっちまうぞ。全部」

さやか「……」

杏子「行けよ」



953:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:44:53.40 ID:+YSowdQb0

さやか「……わかった。行くよ」

杏子「おう」

杏子「いってらっしゃい」

さやか「……行ってきます」


杏子「やれやれ……手間のかかるやつ」

杏子「……飽きたな。帰るか」

杏子「……あむ」

杏子「……」バリバリ



956:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:52:51.90 ID:+YSowdQb0

教室 休み時間

まどか「……」

ほむら「……」

仁美(あの後、暁美さんだけが教室に戻ってきた……)

仁美(わけを聞いても教えてくれないし……さやかさん、どこへ行ってしまったのでしょうか)

ガラ

さやか「……」

仁美「さ、さやかさんっ」

まどか「……」キッ

ほむら「……」

さやか「まどか、て、……暁美さんちょっと話、いい?」

まどか「……なに」

さやか「ここじゃなんだから……ちょっと来てほしいんだ」



957:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 20:57:20.15 ID:+YSowdQb0

まどか「……いいよ。私もさやかちゃんに話しあるから」

さやか「ありがとう。……暁美さんは?」

ほむら「……大丈夫です、私も、話があります」

さやか「ありがとう」

仁美「……私もご一緒しても?」

さやか「……もちろん。仁美には迷惑かけたから」

さやか「じゃあ、さっきの中庭で……」

中庭

まどか「……それで、話ってなに?」

さやか「うん……あの……」



963:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:05:33.94 ID:+YSowdQb0

さやか「ご、ごめんなさいっ!」

まどか「……え?」

ほむら「……」

さやか「二人に、あたし、酷いことした……だから」

まどか「……いきなり酷い事して、いきなり謝って……わけがわからないんだけど」

さやか「それもわかってる……ごめん」

まどか「……」

まどか「……どうしてあんなことしたの?」

さやか「……あの、ね……あたし……」

さやか「まどかと、暁美さんの仲に……嫉妬してたんだ」

まどか「し、嫉妬?」

ほむら「……」

仁美(やっぱり……)



975:もうちょいで終わりっす エロ抜きで予定どうり:2011/09/27(火) 21:16:16.71 ID:+YSowdQb0

さやか「う、うん……」

さやか「ずっと私だけがまどかと仲良くしてたのに……いきなり暁美さんが来てさ」

さやか「それからまどかずっと暁美さんとべったりで……それに付き合っちゃったりもしちゃうし」

さやか「それで……」

まどか「だ、だからってほむらちゃんに酷い事していいってことには」

さやか「わかってる。わかってる……」

さやか「だから、ごめん……」

まどか「……」

ほむら「……いいですよ」

まどか「ほむらちゃんっ!?」

さやか「……え?」

ほむら「私も美樹さんみたいな状況だったら……まどかを連れてったひとをすごく妬むと思います」

ほむら「だから、美樹さんの気持ち……凄くわかります」

さやか「……ごめんね……暁美さん」



979:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:25:31.96 ID:+YSowdQb0

ほむら「はいっ」

さやか「……ありがとう」

まどか「……」

さやか「まどか……」

まどか「さやかちゃん。私すっごく怒ってるんだからね」

さやか「わかってる……ごめん」

まどか「だから……」

ぺち

まどか「これで許してあげるっ!てぃひひっ!」

さやか「まどか……」

まどか「それと……」ギュッ

さやか「え……」

まどか「さやかちゃんの気持ち……気付いてあげられなくて……ごめん」



980:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:27:04.85 ID:AJkt1oTO0

…え?



981:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:27:39.39 ID:mPa7PF5c0

…ん?



983:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:28:36.54 ID:T6FCREE+0

だああああああいやあああああああ



984:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:31:01.78 ID:+YSowdQb0

さやか「あ……」

さやか「……」

さやか「……ごめん……ごめん……まどか……」ギュッ


ほむら「……」

仁美「……いいんですの?」

ほむら「はい。ちょっとだけなら……」

ほむら「……」

ほむら「たぶん、さやかさん、まどかに話したい事があると思うんです」

ほむら「二人だけに、してあげませんか」

仁美「……ええ」

ほむら「……」



987:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:38:10.38 ID:+YSowdQb0

帰り道

まどか「今日は色々あったねぇ」

ほむら「うん。ホントにね」

まどか「でも、さやかちゃんがほむらちゃんの噂もどうにかしてくれたし……さやかちゃんの本音も聞けたし良かったのかな

ほむら「うん」

ほむら「……ね、まどか」

まどか「なに?」

ほむら「あの後、美樹さん好きだっていわれたでしょ?」

まどか「な、なんで知ってるのっ?」

ほむら「なんとなく、ね」

まどか「てぃひひ……うん。いわれた」

まどか「あ、でもちゃんと断ったよっ!」

まどか「私が好きなのはほむらちゃんだもんっ!」

ほむら「うんっ!」



988:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:40:52.16 ID:+YSowdQb0

ほむら「私も……」



ほむら「大すきだよ……まどかの事っ!」





終わり



990:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:41:16.07 ID:ewyrv/nj0

このスレはエントロピーを凌駕した



994:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:42:05.26 ID:Q0mK0gn80

乙ー



995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:42:13.53 ID:EIeDIIHB0

>>1000ならティロ・フィナーレ



997:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:42:50.44 ID:ACAHAfXO0

乙を言い渡す
凄いよかった



998:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:42:50.17 ID:5LEa7ivT0





999:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:42:56.81 ID:1IUIaaGL0

                         ___     |::::::::::::::::::|
.       /`:.....、   ∧     -──- "       ` |::::::::::::::::::| /:::::::::::::::::|
      /:::::::::::::\/::::::'.,/                  人:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::/
       {::::::::::::::::::::\/                 \     \:::::::::::::::::ヽ ─- .._
.       ∨:::::::::_,,ノ"     /             \     \::::::::::::/   \─-=一
    ー=ニ二,           |        \           \ノ/\     \
         |::/        |         \      |      ∧:::::::\\  \
      ノ" /   /    | ∧    \___    |   ',  /∧:::::::::‘,ヽ  ',\
     //  /    |     /| | ', \  ´|\ \ ̄ ‐-     ! // |::::::::::::::':, \\:::/
    /´//:;     |      斗‐|  ',  l\ | \ |\ l     |//  i!::::::::::::::∧  .l\||
     /゙/ :::! !   |   / ! |ヽ{   \|  \ ァ==メ、`|     |/  ;}::::::::::::::::::::\,|:::::リ
.     ,.:'::::::::| | |  ,  / |、| __ \       ´  ノ ヽ\|     |ヘ/∧::::::::::::::::::/ij/
.    /:::::::::::::| | |  八  |ハ|ァュ、          {人_,.ハ.|    |ハ∧ i!:::::::::::/i| リ
   /:::::::::::::ノ! 八!    \ { 〃{ノ_∧        ゚     ノ|    |ノ } |八::::/ | |/       またSS書いてくれると嬉しいなって!
.   ̄~7フ::::{'::::::|    ヾ\{! ゙:  i          ` -‐'゙ , /    / /  'j| ',| リ i/
.     「゙Г!ヘ ̄'.,   ∧  乂_,ソ  、      """" //   /'´  / |!  ',| / /
      Ⅵ i! ゙   \ヘ. ∧ """"    _ .. -‐   //l  /// /|  |  ノ′
       乂.  ‘, }ハヘ ∧       〈     ノ /" ノ / /"_〈
.           Ⅵ 八\}>, ..     `   ´  /ノ/| ,//  ⌒ヽ、
           ‘}   ノ/´゙リ  -≧ ‐-  ... < ,,/ ノ゙ /       ∧
               /  /   >ァ个ー ''" ///        ∧
                /   / /   `ー ''"  {〈 /  /     \



1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/27(火) 21:43:07.17 ID:+YSowdQb0

おさまったーい!

大量の支援、保守、ありがとうございましたっ!

今度は多分エロ書くんであえたら会いましょう!

それではさいならー



1001:1001:Over 1000 ID:Thread

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://hibari.2ch.net/news4vip/





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



あの高速バス運転手のその後

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:46:32.61 ID:NqGYdHUCO

昨日は徹夜した後に関西~東京の往復を高速バス運転出来たけど
今日はさすがに寝るから朝まで残してくれたらそれはとっても嬉しいなって



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:47:06.75 ID:0mgmN9qt0

>>142
生きてたのか



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 00:48:18.56 ID:FGZtWWW90

>>142
フラグが折れておめでとう



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:00:26.45 ID:JKqBEE8s0

そして>>142の詳細を教えてくれるととってもう嬉しいなって

そう、思ってしまうのでした



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:02:55.90 ID:c9wbURiQ0

>>159
さやか「ほむらの机にまどかのパンツを置いてみたw」
http://elephant.2chblog.jp/archives/51793131.html
の>>481



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/26(月) 01:03:58.64 ID:JKqBEE8s0

>>166

把握した。サンクス



魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


グッドスマイルカンパニー 2012-02-28
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. あ
          • 2011年09月28日 01:26
          • さやかって、ほんとカス
          • 2. 名無し
          • 2011年09月28日 01:48
          • うーん、さすがに度が過ぎてるぜさやかさん
          • 3.
          • 2011年09月28日 03:03
          • ひょっとして魔法少女システムがない世界だとマミさんは事故から助からずに…?
          • 4. 名無し
          • 2011年09月28日 03:20
          • さやかすしねよ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月28日 04:08
          • ゴミきさやかすうざい
          • 6. ななし
          • 2011年09月28日 04:25
          • さやかにもっとやれ!と思ってしまう自分は異端なのか?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月28日 04:53
          • ※6
            否定はしないが、異端だなw
            まぁ、無難な所に納まり何よりです
          • 8.  
          • 2011年09月28日 07:44
          • マミさんは学年が違うから絡ませられなかったんだと思いたい
            マミさんェ…
          • 9. まどほむはせいぎ
          • 2011年09月28日 08:37
          • さやかすはカスのままでカスらしくまどかに見捨てられて自分がほむらにやったことと同じことされて絶望したまま終わるおわりかたが理想だったが、まぁまどほむが可愛いから良いわな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月28日 09:45
          • ※8
            コメント欄でのマミ厨の被害妄想が激しいからマミさんと無関係のSSしか更新しないことにしたんじゃないのww
          • 11. 名無し
          • 2011年09月28日 12:12
          • 頑張れさやか、まどかを取られるどころか、まだこのあと仁美に幼馴染みを奪われるイベントが待ってるぞw

            …完全にブッ壊れてあんこ巻き込んで取り返しのつかないことするんだろうな。
            ケータイ小説ばりに。
          • 12. な
          • 2011年09月28日 12:22
          • さやかちゃん報われなさすぎて泣いた(´;ω;`)
            あんこちゃん…さやかを救ってください…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月28日 13:20
          • さやかをさやカスにする必然性が感じられなかったから、さやかよりも作者に怒りを感じてしまった
            ぶっちゃけ作者、ただのアンチだろこれ
          • 14. 名無し
          • 2011年09月28日 14:17
          • ※13
            同感。
            そんなにさやかをカスに仕立てあげたいのかと思って折角のまどほむも霞んでみえたわ
            作者はさやかアンチを喜ばせるために頑張ったのかと思ってしまった
          • 15. 私はさやほむ派です
          • 2011年09月28日 14:39
          • アニメで実際そーいうキャラに描かれてんだから仕方ないんじゃないの。アニメのキャラに忠実で良いと思うけど
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月28日 18:38
          • 最近1000まで書く>>1いないよね
            その点では評価する
          • 17. あ
          • 2011年09月28日 19:26
          • 5 なんでさやかは杏子に惚れないんだよwww
          • 18. ななし
          • 2011年09月28日 20:15
          • BRSのOVAを思い出した
          • 19. 名無し
          • 2011年09月28日 20:39
          • 原作でもさやカスじゃん
            好きなやつはカスなところに惚れたんじゃないの?
          • 20. あ
          • 2011年09月28日 20:49
          • マジレスだけど、まどか、さやかがカスなSSで(したり顔で)まどカスとか、さやカスとか言ってるやつ頭がおかしい

            書いたのは作者で、キャラに罪はないだろうに

            あるいは、カス呼ばわりするところまでが正しいネタなのか?
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月28日 23:26
          • ※15、19
            ・さやかは上条に惚れてて、まどかにはあくまで友情
            ・仁美の件で分かるように、さやかは嫉妬心を持った自分を責めて泣くような臆病で潔癖な子

            どう考えてもアニメで描写されたさやかとキャラ違うんだが…
          • 22. 名無し
          • 2011年09月28日 23:54
          • 安定のさやカス。
            本当に作者がさやかアンチなら、ここまでカスっぷりを表現できない希ガス。
            本当にアンチなら登場すらさせないだろ?
            マミさんは学年違いだから出なかったと思っているけどナ。

            さやかアンチとして非常に胸糞悪い話ではあったが
            最後にまどほむが報われたのでイイ(・∀・)
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月29日 17:47
          • キャラクターの性格捻じ曲げすぎ。作者の性格の悪さがにじみ出ている。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月29日 18:39
          • タイトルと見せかけてさやかメインだったか
            相手は思春期の少女なんだし反省してきちんと謝れたんだから
            このくらいの気持ちの揺れ動きにいつまでもウダウダ言うなよ
            アンチのクズっぷりにはほむまどの俺でも引くわ
          • 25. 名無し
          • 2011年09月29日 22:42
          • 思春期(笑)自己紹介かよw
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 16:13
          • なんでまどかがほむらに惚れてるのか全く分からないな
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月02日 18:33
          • コレは二次創作で、
            内容は全て作者の思うがまま、
            この作品が気に入らないんだったら黙って
            違う、自身が気に入った作品だけを神だとか崇めてりゃいいだろ
          • 28. 名無し
          • 2011年10月04日 00:16
          • 思い込みが激しく猪突猛進で理想論ばかり語り剥離があれば現実に絶望する
            こんなじゃね?
          • 29. 思考停止
          • 2011年10月04日 21:53
          • 嫌なら見るな!嫌なら見るな!嫌なら見るな!嫌なら見るな!嫌なら見るな!嫌なら見るな!嫌なら見るな!嫌なら見るな!
          • 30.
          • 2011年10月05日 00:43
          • さやかちゃん…
          • 31. ゴミカスなんで死なないの?
          • 2011年10月06日 23:39
          • 1 やらかした事の責任くらい取れよ
            クラスメイトの前で思いっきり人格への攻撃して恥かかせたんだから
            最低でも同じ場で土下座から始めろよ
          • 32. 名無し
          • 2011年10月11日 01:56
          • お前らどんだけ批判好きなんだよ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月12日 19:25
          • 4 確かにさやかの行動に対する反省が足りない面はあるけど、
            それはあくまでほむほむとまどかがそれ以上の謝罪を求めなかったからの結果であってだな。
            さやかだって求められれば、「皆の前で土下座したり一発殴られたり」したと思うよ。
            教室での謝罪だってあくまでオオゴトにしない様にちょっと冗談が過ぎたぐらいで収めたんだろう。

            何が言いたいかといえば、これだけの事をやられても当たり前のように許せちゃう
            ほむほむとまどかがマジ天使ってことだな。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月08日 17:15
          • 1 普通にキモい
            キャラオタがハァハァしてた妄想を丸出しにして
            「俺って文才に溢れてね?」ドヤッ
            とか悦に浸ってる典型例だわ
            頭おかしいんとちゃう?
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月03日 21:22
          • 読了後のもやっと感がなんとも……(;´言`)
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月10日 05:00
          • ドロドロ嫌いだから先生のキャラを見てしまうwww

            厳しいwwwまあこんなもんだけどなwww


            保険室の先生女だったんかwww
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月27日 20:09
          • なんとなくブラックロックシューターに似てる気がすると思ったら既に書かれていたか
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月03日 01:22
          • 最低、しね
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月07日 12:29
          • 5 賛否両論あるみたいだけど私は好きだ
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月24日 21:55
          • さやかの気持ちもわかるしなぁ...
            ドロドロしたさやあん編はないんですか?!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • ガヴリール「神様ありがとう」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        • 【鉄血のオルフェンズ】マクギリス「管理釣り場…ここが俺の新しい職場…」三日月「うん。頑張って」
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ