TOP

QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」京子「喋った!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:15:17.88 ID:C7tWSCWbQ

結衣「ど、どうなってるんだ・・・?」

京子「クレーンゲームで取ってきたぬいぐるみ・・・のはずなんだけど・・・」

ちなつ「」ガクブル

あかり「・・・」ツンツン

QB「やめてよ、くすぐったいじゃないか」

結衣「・・・」

京子「・・・」


Dr.中島のクレーンゲーム攻略必勝法



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:18:21.84 ID:C7tWSCWbQ

京子「・・・綾乃達も呼んでみる?」

結衣「なんでだ?」

京子「だってこれホントだったらヤバいよ、世紀の大発見じゃん!」

QB「僕はわりといろんな所にいるはずなんだけどね、見えないだけで」

ガラッ!

綾乃「歳納京子ーーーーーっ!!!!!」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:22:28.42 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「ってあれ?」

綾乃「どうしてキュゥべえがここにいるのよ」

京子「キュゥべえ?」

QB「それが僕の名前だよ」

京子「なんかダサいな~」

結衣「こら、そういう事言っちゃダメだろ」

千歳「・・・?」

千歳「さっきから何言っとるん?」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:24:41.39 ID:C7tWSCWbQ

結衣「え?」

京子「ほら、そこに動くぬいぐるみがいるじゃん」

千歳「?」

QB「彼女には見えないみたいだね」

綾乃「そうね・・・場所を変えましょうか」

綾乃「千歳はここで待ってて」

千歳「えぇけど・・・」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:27:21.10 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「・・・さて」

QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」

京子「?」

綾乃「説明ぐらいしなさい」

QB「わかったよ」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:31:27.45 ID:C7tWSCWbQ

~説明後~

京子「へぇ・・・」

結衣「・・・本当なのか?」

QB「そんなに信用できないのかい?」

結衣「だって・・・普通ありえないし・・・」

QB「じゃあ、実際に見てみればいいと思うよ」

京子「?」

QB「綾乃、変身してみてくれないかな」

綾乃「わ、わかったわ・・・」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:53:25.86 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「で、でも・・・その・・・」チラッ

京子「?」

綾乃「ま、まぁ?どうしても見たいって言うなら・・・」チラッチラッ

京子「??」

QB「早くしてくれないかな」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 18:58:12.09 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「わ、わかったわよ!やればいいんでしょやれば!」

QB「最初からそう言ってるじゃないか」

綾乃「・・・」ギュッ

パァァァァッ・・・・・・!!!!!

綾乃「・・・///」

結衣「・・・」

京子「変身したぁーーーっ!!!」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:02:47.55 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「・・・ど、どう?」

京子「うん!すごくかわいい!」

綾乃「なっ・・・!?」

京子「さぁさぁちなつちゃん!早速変身してリアル魔女っ娘ミラクるんに・・・!」

ちなつ「嫌です!」

結衣「そんな理由で契約する馬鹿がいるか!」

綾乃「まぁ、契約するかどうかは自由だけど」

綾乃「・・・願い事は、ちゃんと考えなさいよ」

QB「24時間365日、いつでも契約受付中だよ」

綾乃「キュゥべえ、戻るわよ」

QB「仕方ないね」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:05:48.80 ID:C7tWSCWbQ

QB「綾乃」

綾乃「何よ」

QB「さっき他にも素質がありそうな子がいたんだけど、声をかけてみてもいいかな」

綾乃「別にいいわよ、っていうかあなたの自由でしょ」

QB「それもそうだね、じゃあ行ってくるよ」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:07:44.63 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「あぁ~・・・暇だぁ~・・・」

向日葵「先輩達、来ないですわね・・・」

櫻子「もう帰ろっか?」

向日葵「そうしましょうか」

QB「ちょっと待った」

櫻子&向日葵「「!?」」

QB「僕と契約して、魔法少女になってよ!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:10:00.30 ID:C7tWSCWbQ

~説明後~

向日葵「胡散臭いですわね・・・」

QB「みんな同じような事ばかり言うね」

櫻子「ねぇ、向日葵・・・」

向日葵「どうしましたの?櫻子」

櫻子「私、契約する!」

向日葵「は?」

櫻子「だってさ!どんな願いでも叶えられるんでしょ?」

QB「そうだよ」

櫻子「だったら・・・!」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:10:57.13 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「頭が良くなりたい!!!」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:17:00.27 ID:C7tWSCWbQ

QB「契約は成立だ」

向日葵「えっ」

QB「さぁ、解き放ってごらん」

QB「新しい力を・・・・・・」

向日葵「意味深っぽく言ってますけどなんかアクセサリーっぽいのが出てきただけですわよ」

QB「これはソウルジェムだってさっき説明したじゃないか」

櫻子「すげー!キラキラしてるー!」

QB「君も契約するかい?」

向日葵「私は・・・まだいいですわ」

QB「そうかい?じゃあ僕は行くよ」

櫻子「バイバーイ!」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:20:23.47 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「というわけで、今度のテストで勝負だ向日葵!」

向日葵「ふん、いくら魔法を使っても櫻子は馬鹿だという事を証明して見せますわ」

櫻子「魔法の力を見せてやるーっ!」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:24:58.85 ID:C7tWSCWbQ

~数日後~

向日葵「えっ・・・・・・?」

『第一位 大室櫻子 500点』

向日葵「そ、そんな・・・!?」

櫻子「あはははは!向日葵に勝った勝ったー!」

向日葵「ぐぬぬぬ・・・!」

櫻子「向日葵のバーカバーカ!おっぱい馬鹿魔神ーっ!」

向日葵「こ、こんなのマグレですわ!」

櫻子「そういうのを負け犬の遠吠えって言うんだぞー!あはははは!」

向日葵「も、もう帰る!」グスッ



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:28:04.40 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「あれ?帰っちゃった」

櫻子「まぁいいや!あはははははははは!!!」

あかり「櫻子ちゃんすごーい!」

ちなつ「どうやったらこんな点数取れるの?」

櫻子「こんなの楽勝楽勝~!満点取れない方がおかしいって~!」

ちなつ「(うわぁ・・・ウザっ)」

あかり「そ、そうだね・・・アハハ・・・」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:29:26.83 ID:C7tWSCWbQ

あかり「な、なんか今日の櫻子ちゃん変だったね・・・」

ちなつ「・・・もしかして」

あかり「?」

ちなつ「契約、したのかな・・・?」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:31:40.70 ID:C7tWSCWbQ

QB「というわけで、新入りだよ」

櫻子「よろしくお願いしま~す!」

綾乃「・・・ちゃんと説明したんでしょうね」

QB「説明はしたさ、願いは単純だったけどね」

綾乃「まぁ、いいわ」

綾乃「それじゃ、ついて来て」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:34:12.65 ID:C7tWSCWbQ

京子「願いかぁ・・・」

結衣「急に言われても、なかなか思いつかないよなぁ」

京子「私は、今のままでいいや」

京子「こんな楽しい時間が、ずっと続けばそれでいい」

結衣「・・・そっか」

京子「さて、今日も部室に行きますかー」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:41:22.31 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「え?こんなのもできないの?」


櫻子「あはは!みんな馬鹿だな~」


櫻子「才能無いんじゃないの?さっさと諦めた方がいいよ?」


櫻子「満点?余裕余裕~♪」


櫻子「あはははははははは!!!」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:44:04.11 ID:C7tWSCWbQ

「ねぇ、最近大室さんウザくない?」


「勉強ができるからって・・・調子乗りやがって」


「マジムカつくんですけど、あいつ死ねば?」


「だったら潰す?みんなでさ・・・」


「さんせーい!」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:46:32.16 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「・・・あれ?」

櫻子「うおっ!上履きの中に画鋲が入ってる!」

櫻子「誰だよもー!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

櫻子「えっ・・・?」

『死ね』

櫻子「つ、机に落書きしないでよー!こらー!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バシャッ!

櫻子「・・・」

「あ、ゴメ~ンw」

櫻子「う、うん・・・」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:47:51.54 ID:C7tWSCWbQ

向日葵「(櫻子・・・)」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:53:24.63 ID:C7tWSCWbQ

「ねぇ、大室さん」

櫻子「な、何・・・?」

「いいから来て」グイッ

櫻子「あっ・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

櫻子「痛いよぉ・・・もうやめて・・・」ウルウル

「は?調子乗ってんのが悪いんだろ」ドガッ

櫻子「うっ!?」

「あっ、ヤベっ!先生来た!」

「逃げろ逃げろっ!」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 19:57:18.21 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「・・・・・・」

QB「どうして変身しなかったんだい?」

櫻子「だって・・・魔女でもないのに・・・」

櫻子「普通の人にそんな事できないよ・・・」

QB「そんなに躊躇する必要は無いじゃないか」

QB「証拠なんてほとんど残らない」

QB「君が逮捕される事はまず無いと思うよ」

櫻子「でも・・・」

QB「僕にはよくわからないね」

QB「誰かが僕を呼んでいる気がするよ、じゃあね」

櫻子「うん・・・」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:01:04.49 ID:C7tWSCWbQ

QB「君かい?僕を呼んだのは」

向日葵「そ、そんな事はないですわ!」

QB「そうかい?なら僕の勘違いかな」

QB「じゃあね」

向日葵「待って!」

向日葵「願いっていうのは・・・他人のためのものでもいいの?」

QB「可能だよ、前例もあるしね」

向日葵「だったら・・・!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:01:46.47 ID:C7tWSCWbQ

向日葵「櫻子を・・・助けたい!!!」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:09:20.93 ID:C7tWSCWbQ

~数日後~

「櫻子ちゃ~ん、勉強教えて~」

櫻子「はいは~い」

「あ、ずる~い!私が先~!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

向日葵「人気者ですわね」

櫻子「え?そんな事ないって~!」

向日葵「(良かった・・・本当に良かった)」

櫻子「そういえば、向日葵も魔法少女になったんだって?」

向日葵「えぇ、まぁ」

櫻子「じゃあ今日の放課後、杉浦先輩と一緒に3人で魔女退治に行こうよ!」

向日葵「わかりましたわ」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:11:54.99 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「古谷さんもだいぶ慣れてきたわね」

向日葵「いえ、まだまだですわ」

櫻子「あっ!使い魔がいる!」

綾乃「今日は多いわね・・・」

向日葵「3人で何とかするしかありませんわ」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:15:44.39 ID:C7tWSCWbQ

向日葵「これで最後・・・ですわっ!!!」

ズドーーーーーン!!!!!

向日葵「ふぅ・・・やっと終わりですわ」

綾乃「じゃあ、戻りましょうか」

櫻子「あ~、疲れた~・・・」

綾乃「・・・!?」

綾乃「大室さん、危n・・・!!!」

櫻子「?」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:21:48.59 ID:C7tWSCWbQ

ザシュッ

櫻子「え・・・・・・?」

櫻子「向日葵・・・?」

向日葵「ホントに・・・馬鹿・・・ですわね・・・」

櫻子「向日葵!剣が刺さってる!!!」

向日葵「そんなこと・・・見ればわかりますわ・・・」

櫻子「なんで・・・私なんかを庇って・・・!」

向日葵「それが私の・・・願い・・・・だから・・・」

櫻子「嫌だよ!死んじゃ嫌っ!!!」

向日葵「早く・・・逃げて・・・」

櫻子「嫌・・・嫌だよ・・・!」

向日葵「早く逃げなさいっ!!!」

ドンッ!



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:27:16.07 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「向日葵っ!!!!!」

グサッグサッグサッグサッグサッ

櫻子「向日葵ーーーーーっ!!!!!」

綾乃「ひどい・・・こんなメッタ刺しにしなくても・・・」

櫻子「どこだよ・・・!どこにいるんだよ・・・!出てこいよぉ・・・!」

櫻子「あああああああああああああああ!!!!!」

ズドドドドドドドド!!!!!

綾乃「むやみに乱射してもダメよ大室さん!」

綾乃「敵は・・・上にいるわ!!!」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:30:24.36 ID:C7tWSCWbQ

??「・・・」

櫻子「そこかあああああああああああああああ!!!!!」

ズドドドドドドドド!!!!!

??「・・・」

櫻子「効いて・・・ない・・・?」

綾乃「敵が降下してくるわ!気をつけて!」

??「・・・」スタッ



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:31:35.03 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「!?」

綾乃「あ、あなたは・・・!!!」




りせ「・・・」




櫻子「か、会長・・・!?」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:36:06.80 ID:C7tWSCWbQ

りせ「・・・」

櫻子「どうして・・・!どうしてこんなことするの・・・!?」

櫻子「会長も同じ魔法少女でしょ!?なんで向日葵にこんなことしたんだよっ!!!」

りせ「・・・」

櫻子「答えろおおおおおおおおおお!!!!!」

ズドドドドドドドドド!!!!!



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:38:52.29 ID:C7tWSCWbQ

りせ「・・・」

櫻子「くそっ・・・!」

りせ「・・・」パキッ

綾乃「あっ・・・ソウルジェムまで・・・!」

りせ「・・・」



QB「そのぐらいで一旦終わりにしといたらどうだい?松本りせ」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:44:24.82 ID:C7tWSCWbQ

りせ「・・・」

QB「君の目的はまだわからないけれど、こちらとしてもむやみやたらと魔法少女を減らされるのは困るんだよ」

りせ「・・・」

フッ

綾乃「消えた・・・・・・?」

QB「どうやら今回は手を引いてくれたようだね」

櫻子「・・・」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:47:33.61 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「・・・向日葵は・・・?」

櫻子「向日葵はどうなるの・・・?」

QB「古谷向日葵は確かに死亡したよ」

QB「だけど、向こうで死ねば遺体も残らない」

QB「彼女はこっちの世界では永遠に行方不明のままさ」

櫻子「そんな・・・ひどすぎるよ・・・!」

QB「これが魔法少女の宿命さ」

櫻子「嫌だ・・・嫌だよ・・・!!!」

櫻子「うあああああああああああああああ!!!!!」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:49:39.51 ID:C7tWSCWbQ

とりあえず第一部完
ごらく部メンバーは第二部からが本番です

30分ほど休憩させてくれ



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 20:50:24.97 ID:dZiGGAta0

>>84
おkっここ



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:09:50.56 ID:C7tWSCWbQ

休憩といっても特にやることがなかったので再開
少しペース落ちるかもしれない



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:12:26.66 ID:C7tWSCWbQ

京子「結衣~♪」ギュッ

結衣「な、何すんだよいきなり・・・///」

京子「えへへ~♪」

結衣「全くもう・・・///」


ちなつ「・・・ずるい」ムスー



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:17:42.80 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「うぅ・・・京子先輩に勝てる気がしない・・・」

ちなつ「やっぱり幼なじみの絆には敵わないのかなぁ・・・」

ちなつ「はぁ~・・・」

ちなつ「無理だよ・・・奇跡や魔法でもない限り・・・」





ちなつ「・・・・・・魔法?」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:20:13.13 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「そうよ魔法よ!」

ちなつ「あのへんてこりんな珍獣と契約すれば・・・!」

ちなつ「・・・」

ちなつ「でもやっぱり、そういうのは・・・」

ちなつ「はぁ~・・・」



ちなつ「・・・ん?」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:21:58.66 ID:C7tWSCWbQ

京子「結衣、あーん♪」

結衣「あ、あーん・・・///」


ちなつ「」


結衣「恥ずかしいだろ!」

京子「いや~、ついつい」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:25:17.41 ID:C7tWSCWbQ

京子「ねぇ、結衣はごらく部の中で誰が一番気になる?」


ちなつ「!?」


結衣「うーん・・・」


ちなつ「・・・!」ドキドキ




結衣「京子かな」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:28:24.29 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「えっ・・・・・・」


ちなつ「そ・・・んなぁ・・・」


ちなつ「・・・」ダッ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結衣「いっつも騒がしいし、それでいて意外と繊細だし」

結衣「目が離せないよ」

京子「そういう意味じゃないってばぁ・・・」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:31:17.31 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「終わった・・・全部終わった・・・」

ちなつ「やっぱり・・・ダメだったよ・・・」

ちなつ「どうすればいいの・・・・・・?」


QB「契約すればいいと思うよ」


ちなつ「キュゥべえ・・・」

QB「さぁ、聞かせてごらん」

QB「君の願いを」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:32:23.29 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「・・・結衣先輩を我が物にしたい」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:34:37.92 ID:C7tWSCWbQ

~翌日~

京子「おーい!結衣ーっ!」

京子「なんで起こしてくれなかったんだよー!」

結衣「・・・は?」

京子「おかげで遅刻しちゃったじゃんかよ~」



結衣「お前何言ってんの?」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:37:01.64 ID:C7tWSCWbQ

京子「えっ・・・」

結衣「なんでお前を毎朝起こさなきゃいけないの?」

京子「結衣・・・?」

結衣「あと今度からはちなつちゃんと一緒に登下校するから」

結衣「京子なんかに用はないよ、さよなら」

京子「結衣ぃ・・・」ウルウル



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:39:46.98 ID:C7tWSCWbQ

結衣「うわぁ・・・何泣いてんのいきなり」

京子「なんで・・・だよぉ・・・」ポロポロ

結衣「あ、ちなつちゃん」

ちなつ「結衣先輩、お弁当作ってきたので昼休み一緒に食べませんか?」

結衣「もちろん」

結衣「楽しみだなぁ・・・ちなつちゃんのお弁当」

ちなつ「えへへ♪」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:43:04.03 ID:C7tWSCWbQ

京子「・・・もう帰る」

結衣「あっそ」

京子「結衣の馬鹿ぁ!!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京子「・・・」トボトボ

あかり「あれ?」

あかり「京子ちゃん、どうしたの?」

京子「あ、あかりぃ・・・」ウルウル

京子「結衣がぁ・・・結衣がぁ・・・!」ポロポロ

あかり「えっ?」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:47:15.27 ID:C7tWSCWbQ

あかり「結衣ちゃんがそんなこと言うなんて・・・」

京子「・・・私、結衣に嫌われちゃったのかなぁ」

あかり「そんなことないよ!きっと何かの間違いだよ!」

京子「でも・・・」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:49:40.10 ID:C7tWSCWbQ

あかり「京子ちゃん、家に着いたよ」

京子「ゴメンね、ここまで付き添ってもらって・・・」

あかり「お友達のためだもん、全然平気だよ」

あかり「また何かあったら言ってね、バイバイ」

京子「うん・・・バイバイ」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:53:03.68 ID:C7tWSCWbQ

~数日後~

あかり「(最近、みんな部室に来ないなぁ・・・)」

あかり「(京子ちゃんはずっと学校休んでるし、結衣ちゃんとちなつちゃんは2人でどこかに行っちゃうし・・・)」

あかり「どうしてこうなっちゃったんだろぉ・・・」

あかり「また、みんなで遊びたいな・・・」

QB「それは本当かい?」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:55:47.79 ID:C7tWSCWbQ

あかり「ぬいぐるみさん・・・」

QB「僕と契約して魔法少女になれば、1つだけ願いを叶えてあげられるよ」

あかり「・・・」

QB「もちろん、その願いは自分のためでなくてもいい」

あかり「・・・」

QB「さぁ、君ならどうする?赤座あかり」

あかり「私は・・・」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 21:56:38.56 ID:C7tWSCWbQ

あかり「結衣ちゃんを、元に戻したい!」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:00:45.57 ID:C7tWSCWbQ

京子「・・・」

ガチャッ

結衣「京子っ!!!」

京子「ゆ・・・い・・・?」

ギュッ

京子「ふぇ・・・?」

結衣「・・・ゴメンな、京子」

結衣「もう、ずっと離さない・・・!」

京子「結衣ぃ・・・うぅ・・・」ウルウル

京子「うわぁぁぁぁぁん・・・!!!」ポロポロ



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:03:40.70 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「・・・なんでよ」

ちなつ「どうなってるのよ・・・!?」

あかり「あ、ちなつちゃん!」

ちなつ「・・・あかりちゃん?」

あかり「えへへっ、あかりも魔法少女になったんだよ!」

あかり「一緒に魔女退治しようね!」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:06:59.32 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「・・・っざけんじゃないわよ・・・」

あかり「・・・えっ?」

ちなつ「ふっざけんじゃないわよ!!!」

あかり「ち、ちなつちゃん・・・?」

ちなつ「私の邪魔しないでよ!!!」

ちなつ「一度しか無いチャンスを使って、やっとの思いで叶えた願いを踏みにじりやがって!!!」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:11:00.13 ID:C7tWSCWbQ

あかり「えっ・・・・・・?」

ちなつ「許さない・・・!!!」

パァァァァァッ

ちなつ「・・・・・・殺す」

あかり「やめて・・・やめてよ・・・」

ちなつ「死にたくなかったら変身しなよ、あかりちゃんも」

あかり「嫌だよ・・・なんで戦わなきゃいけないの・・・?」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:15:52.12 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「変身しないんだ・・・じゃあ仕方ないね」カチャッ

あかり「ちなつちゃん・・・!」

ちなつ「死ね」

ズドドドドドドドド!!!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなつ「あかりちゃん・・・粉々だね・・・」

ちなつ「アハハハ・・・ハハ・・・」

ちなつ「・・・」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:19:11.48 ID:C7tWSCWbQ

ちなつ「・・・こんな事しても・・・何にもならない・・・」

ちなつ「・・・わかってる・・・けど・・・!」


ちなつ「こんなんだから・・・京子先輩に勝てないのかな」

ちなつ「もう、全部どうでもよくなっちゃった」


パキッ


ちなつ「さよなら・・・結衣先輩」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:25:08.75 ID:C7tWSCWbQ

QB「古谷向日葵、赤座あかり、吉川ちなつ」

QB「魔法少女たちが次々と脱落していってるようだね」

QB「これは、君の計画通りなのかい?」

QB「それとも・・・計算外なのかい?」

QB「・・・松本りせ」

りせ「・・・」

QB「大室櫻子が魔女化するのも時間の問題だろうね」

QB「君はどう動くつもりだい?」

りせ「・・・」

フッ

QB「さて、僕もあまりのんびりしている暇はなさそうだ」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:37:34.92 ID:C7tWSCWbQ

QB「さて、みんな集まったみたいだね」

綾乃「・・・」

千鶴「・・・」

QB「赤座あかりが、何者かに惨殺されたみたいだよ」

QB「体どころか、ソウルジェムまで粉々に粉砕されてね」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:40:45.28 ID:C7tWSCWbQ

QB「そして、犯人である吉川ちなつは魔女化した」

QB「かなり強い魔力を持っている魔女だからね、警戒しておいてほしい」

綾乃「それだけ?」

QB「あぁ」

綾乃「じゃあまず、その魔女を倒しに行くわよ」

千鶴「了解」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:45:33.63 ID:C7tWSCWbQ

櫻子「みんな・・・みんな死んじゃった・・・」

櫻子「どうすれば良かったのかなぁ・・・」

フッ

りせ「・・・」

櫻子「あぁ・・・会長・・・」

櫻子「殺すなら殺してよ、さぁ早く」

りせ「・・・」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:53:26.94 ID:C7tWSCWbQ

千鶴「・・・杉浦さん」

綾乃「何?」

千鶴「・・・どうして契約を?」

綾乃「・・・単純よ」

綾乃「小学校の頃はね、いじめられて不登校になってたのよ」

綾乃「それで、『もっと強くなりたい』ってキュゥべえに願ったの」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 22:56:38.27 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「それで、何とか不登校を克服して今に至るってわけ」

綾乃「でも、本当に強くなれたかどうかはわからない」

綾乃「魔法も、完璧じゃないのよ」

千鶴「・・・」

綾乃「さて、そろそろ魔女狩りの時間ね」

千鶴「・・・」コクン



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:02:44.88 ID:C7tWSCWbQ

りせ「・・・」

櫻子「・・・え?」

櫻子「どうして・・・殺さないの?」

りせ「・・・」

櫻子「・・・」

櫻子「・・・そっか」

櫻子「頭がいいのって便利だね」

櫻子「会長がやりたいこと、大体分かったよ」

りせ「・・・」

櫻子「私も・・・協力する」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:04:26.38 ID:C7tWSCWbQ

第二部完
次の第三部で終わりの予定

風呂入ってくる



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:12:59.37 ID:kz65Z9WE0

おっふろ~



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:29:03.65 ID:C7tWSCWbQ

再開するお

深夜にもなると人少ねぇな~
眠いけど頑張る



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:32:37.83 ID:C7tWSCWbQ

綾乃「これが・・・吉川さんの成れの果て・・・」

綾乃「・・・所詮、魔法少女なんてそんなもんよね」

千鶴「・・・」

綾乃「・・・行くわよ」

千鶴「了解」



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:40:46.07 ID:C7tWSCWbQ

QB「僕も、やっと君の目的が見えてきたよ」

QB「君はこの時間軸の人間じゃないね?」

QB「もっと言うなら、この町の人間ですらない」

りせ「・・・」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:47:43.32 ID:C7tWSCWbQ

QB「君はおそらく、時間に干渉する能力の持ち主だろうね」

QB「だとすれば、過去へ戻る事だって可能なはずだ」

りせ「・・・」

QB「君は超弩級の魔女に襲われ滅ぶ運命にある故郷を救うために、過去へ戻った」

QB「しかし何度やってもその魔女を倒せない」

QB「そこで、とある考えが頭に浮かんだ」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:51:58.14 ID:C7tWSCWbQ

QB「その魔女の誕生を阻止すればいいという考えがね」

りせ「・・・」

QB「そして更にタイムリープを繰り返した結果、この町がその魔女の誕生の原因である事を知る」

QB「この町には魔女候補がたくさんいるからね、それらが全て重なり合って生まれたのがその魔女だろう」

QB「だからこそ、この町の全ての魔女候補を消し去ろうとした」

QB「どうだい?僕の名推理は」

りせ「・・・」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/13(火) 23:57:09.26 ID:C7tWSCWbQ

QB「だけど残念だったね、りせ」

QB「仮にこの町での超弩級魔女誕生を阻止できたとしても、君の故郷の運命は変わらない」

QB「他の町に魔女誕生の役割が移っていくだけさ」

りせ「・・・!」

QB「君の故郷を襲った魔女の名前は『ワルプルギスの夜』だろう?」

QB「あれは破滅の運命そのものさ、どう足掻いたって無駄だよ」

QB「過去にも何度か誕生し、大規模な災害を引き起こしているよ」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:02:19.41 ID:/+sKcR0sQ

りせ「・・・!・・・!」

QB「君は大きな素質を持っているからね」

QB「そこから魔女が誕生すれば・・・エネルギーも大量に回収できるだろう」

QB「絶望に負けた君がどんな姿になるのか・・・興味深いね」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:05:12.86 ID:/+sKcR0sQ

綾乃「・・・あれは一体・・・?」

千鶴「・・・!?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

櫻子「会長・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

QB「さぁ、史上最悪の魔女の誕生だ」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:14:41.54 ID:/+sKcR0sQ

QB「さて、僕は残った二人に最終確認しに行こうかな」


QB「この状況で、どんな願いをするのか・・・少し気になるしね」



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:16:57.34 ID:/+sKcR0sQ

QB「やあ、二人とも」

結衣「キュゥべえ・・・!」

QB「櫻子あたりから聞いたのかな?全てを」

京子「私たちを騙そうとしてたんだな!」

QB「僕は聞かれれば素直に答えるよ?嘘はついてないはずだけど」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:20:13.63 ID:/+sKcR0sQ

結衣「だったら、答えてもらうよ・・・今、何が起こってるのか」

QB「じゃあ、今の状況を簡単に説明しておくよ」

QB「古谷向日葵、赤座あかりの二人は死亡、吉川ちなつは魔女化して消滅」

QB「そして今、魔女化した松本りせが大災害を引き起こそうとしている」

QB「おそらく、生き残った三人もいずれ死亡するだろうね」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:24:18.58 ID:/+sKcR0sQ

京子「そんな・・・!」

QB「これが事実だよ」

結衣「・・・契約、今からでもできるのか?」

QB「もちろん」

QB「さぁ、君達はこの状況で何を願う?」



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:30:41.60 ID:/+sKcR0sQ

京子&結衣「「楽しかったあの日々を、取り戻したい!!!」」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:42:13.94 ID:/+sKcR0sQ

QB「!?」

QB「そんな願いが叶うとしたら・・・それは時間干渉なんてレベルじゃない・・・!」

QB「君達にそこまでの素質があるというのか!?」

結衣「だからこそ、二人で一つの願いなんだ!」

京子「一人じゃ確かに無理かもしれないけど、二人でならできる!」

QB「ば・・・馬鹿な・・・!」

京子「さぁ、叶えてよ!」

結衣「インキュベーター!!!」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:46:17.11 ID:/+sKcR0sQ

京子「ちなつちゃーん!」ギュッ

ちなつ「やめてくださいよ京子先輩!」

結衣「ほら、そのぐらいでやめとけって」

京子「ちぇ~」

ガラッ

綾乃「歳納京子ーーーっ!!!」

千歳「お邪魔します~」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:49:21.28 ID:/+sKcR0sQ

京子「あれ?綾乃?」

綾乃「今度こそ部室を明け渡してもらうわ!」

京子「や~だね~」

綾乃「とにかく勝負よ!」

櫻子「おっぱい禁止ーっ!」

向日葵「うるさいですわ!」

千鶴「・・・」ダバー

りせ「・・・」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:52:18.82 ID:/+sKcR0sQ

りせ「・・・」

西垣「ん?世界再編に成功?」

西垣「・・・どうした松本、厨二病か?」

りせ「・・・」フルフル

西垣「あ、松本は中三だから厨三病か」

りせ「・・・」ペシッ

西垣「いてっ」



207:あかり「あかりはスルー!?」:2011/09/14(水) 00:55:54.34 ID:/+sKcR0sQ

京子「まぁなんにせよ、平和っていいね」

結衣「そうだな」









Fin



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:57:59.58 ID:/+sKcR0sQ

これで終わり

ラムレーズン食ってから寝ようかな



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 00:58:44.57 ID:+0vZczum0


だけど誰かいないwwww



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 01:04:47.89 ID:/+sKcR0sQ

深夜はやっぱり人少ないな~
9時ぐらいに完結するのがベストか?

定番の過去作晒し


結衣「あかり、ちなつちゃん、高校入学おめでとう」
http://elephant.2chblog.jp/archives/51778862.html
あかり「京子ちゃんと結衣ちゃんを同じ部屋に閉じ込めてみた」
http://elephant.2chblog.jp/archives/51786121.html
りせ「・・・///」西垣「えっ?好きな人ができた?」
http://elephant.2chblog.jp/archives/51786106.html
結衣「タイムリープ?」
http://elephant.2chblog.jp/archives/51780852.html
京子「飲むと直後に見た人を好きになっちゃう薬かあ……」(乗っ取り)
http://elephant.2chblog.jp/archives/51780848.html



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 01:05:36.03 ID:+D3E5ODk0

乙乙乙



とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc)とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc)
間島淳司,釘宮理恵,堀江由衣,野島裕史,喜多村英梨,長井龍雪

キングレコード 2011-12-21
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (7)

          • 1. 名無し
          • 2011年09月14日 14:08
          • 千歳があかり以上に空気だった…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月14日 15:42
          • 「二人で同じ願い事」って発想は面白いな
          • 3.
          • 2011年09月14日 16:53
          • つ、つまらん……
          • 4. 名無し
          • 2011年09月14日 20:06
          • みんなの魔法少女姿見てみたいな。あと、もっと展開に緩急があると嬉しかったかも。
            嫉妬に狂ったちなつVSあかりとか、身代わりになった向日葵とか、詳しく見たいところがたくさんあった。
          • 5. 名無し
          • 2011年09月14日 21:44
          • 急に終わらせた感が否めないが、もう少し捻れば面白くなった気がする

            個人的には結衣と綾乃の目の前で魔女化する京子とか、魔女化した千鶴を倒した後に彼女の遺体を抱きながら自らソウルジェムを砕く千歳とか…見てみたい
          • 6.
          • 2011年09月15日 17:58
          • 本家の焼き直しな上に終わらせ方があっさりだな
          • 7. ななし
          • 2011年09月16日 04:30
          • 会長はほむら本人なのか
            ただそのポジションなだけなのかが気になった

            後者だろうけど

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ