TOP

結衣「京子が頭打った」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:13:50.94 ID:6wf8Wo780

―娯楽部―

結衣「だ、大丈夫か?」

京子「」ピクピク

結衣「こんなとこで山狩りで山を追われた野性の熊ごっこなんかするから…」

京子「」ピクピク

結衣「ちょ、ちょっと京子!?おい!」グイ

結衣「し、白目剥いてる……京子!!!きょぉこぉ!!」ユサユサ

京子「ん…あれ?結衣?」

結衣「よ、よかった…吐き気とかないか?そ、そうだ今何か冷やす物取ってくるから」タッ

京子「…」

結衣「ほら、これ当てとけ。後今日はもう帰って病院に…」

京子「い、いいよぅ…」

結衣「じゃあ今日は家に泊まってけ、家のほうが病院近いし何かあったらすぐ連れてくからな。」

京子「で、でも」

結衣「つべこべ言わない!おじさんとおばさんには私が連絡しとくから、ほら、いくぞ!」


ホウレンソウ[報告・連絡・相談]の習慣が面白いほど身につく



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:16:03.62 ID:6wf8Wo780

―翌朝 1-2教室―

結衣「おーい、あかり、ちなつちゃーん」

あかり「あ、結衣ちゃんだ。昨日はあかり達行けなくてごめんねぇ」

ちなつ「結衣先輩~一体どうしたんですか?こんな朝から?」

結衣「今日は放課後は部室に行かないで私の家に来て欲しいんだ。その…大事な話があって」

あかり「大事な話?うんわかったよ」

ちなつ(結衣先輩が私に大事な話!?キャーどうしよう!まだ心の準備が…!)

結衣「じゃあ、放課後すぐ向かえに来るから…」

あかり「うん、また後でね~」

ちなつ(先輩!チーナは覚悟を決めていきます!!)キラキラ



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:21:01.89 ID:6wf8Wo780

―放課後 結衣宅―

結衣「さ、二人共上がって」ガチャ

あかり・ちなつ「おじゃましまーす」

あかり「あ、結衣ちゃん。京子ちゃんは?」

結衣「今病院に行ってるんだ」

あかり・ちなつ「えっ!?」

結衣「順を追って話すからとりあえず座ってて、お茶淹れてくるから」

ちなつ「うーん、私達がいなかった昨日の間に何か大変なことになってるみたいね」

あかり「う~、京子ちゃん心配だよ~怪我でもしたのかなぁ」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:26:13.92 ID:6wf8Wo780

結衣「おまたせ、はいお茶。…それで大事な話なんだけど…」

結衣「私も昨日の今日で色々混乱してるんだけど。…とりあえず何も言わずこれを食べてみて」

あかり「わぁ、シチューだぁ」

ちなつ「パク…おいしい…」

あかり「ほんとだぁ!すごぉいお店の味みたいだよ~!これ結衣ちゃんが作ったの?」

結衣「……いや、京子だ」

ちなつ「え?京子先輩って料理うまかったんですか…意外…」

結衣「下手ではないんだけど、こんなプロ顔負けのレベルじゃなかったんだ」

結衣「昨日だって…」

――――――――――――



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:29:08.04 ID:6wf8Wo780

――――――――――――

京子「♪~」

結衣「うわっ、な何してんの?エプロンなんか付けて…」

京子「何って、夕飯作ってるんだけど。もうすぐできるから待っててね」

結衣「め、珍しいな…雨でも降るんじゃ…あ、洗濯物取り込まないと」

京子「あ、洗濯物ならもう取り込んどいたわよ。お風呂ももうすぐ沸くと思うから先に入ってきたら?」

結衣「え!?…あ、うん」

……

結衣「お風呂空いたよ…ってええ!?」(なんだこの豪華な食卓は…)

京子「ご飯できたよ。ほら、冷めないうちに食べちゃおうよ」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:32:58.01 ID:6wf8Wo780

結衣「う、うん。じゃあ…いただきます…」パク

京子「…どう?」ジー

結衣「すごい…、すごくおいしいよ…これ」

京子「ほんと!?よかったぁ」パァァァ

結衣「…!?」ドキッ

京子「…?どうしたの?顔真っ赤だけど?ひょっとしてのぼせちゃった?」

結衣「い、いやなんでもない!それよりラムレーズン買ってあるから…後で食べなよ…」ドキドキドキ

京子「やったぁ!ありがとう結衣!」

――――――――――――

結衣「…というわけなんだ」

あかり「うーん、確かにいつもの京子ちゃんとは全然違うねぇ…」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:37:50.42 ID:6wf8Wo780

ちなつ「でも有り得なくはない話だとは思いますけど…」

結衣「そ、それだけじゃないんだ!昨日、夕飯の後に京子がラムレーズンを食べてたんだけど」

――――――――――――

京子「パク…パク…」

結衣「うまいか?」

京子「うん!」

結衣「そっか…」

京子「結衣?」

結衣「ん?」

京子「はい、あーん」

結衣「えっ///い、いいよ別にいらないよ」

京子「こんなにたくさん食べれないわよ、ほ~ら、あ~んして」

結衣「え…うん、あ~ん///」パク

――――――――――――



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:43:18.40 ID:6wf8Wo780

ちなつ(何か惚気話になってきてるんですけど…)イライラ

結衣「あの京子が!ラムレーズン1カップも食べれないなんておかしいと思わないか?」

あかり「う~ん、で、でもほら、たまたまお腹がいっぱいだったとか?」

結衣「いや!京子にとってラムレーズンは別腹な『ピンポーン』

結衣「!?京子が帰ってきた!!とにかく二人共!実際に見ればわかるから!」

ガチャ

京子「ただいま~結衣」

結衣「お、おかえり。検査どうだった?」

京子「うん、全部異常無し。」

結衣「そっか、よかった。今あかりとちなつちゃん来てるんだ。二人共心配してたから会ってあげてよ」

あかり「あ、京子ちゃんおかえり~」

ちなつ「京子先輩おかえりなさい」

京子「二人共心配かけてごめんね!私は全然大丈夫だから!」パァァァァ

あかり・ちなつ「……」ボー

京子「あ、そういえば帰りに美味しそうなお菓子と紅茶買ってきたの!皆の分すぐ用意するね。」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:48:10.81 ID:6wf8Wo780

結衣「…ね?」

ちなつ「な、何ですかあの女神スマイルは!?」

ちなつ「あんなの京子先輩じゃ有り得ないですよ!一瞬オトされかけたじゃないですか!」ドキドキ

結衣「だから言ったじゃない」

あかり「さっきの京子ちゃんすごい魅力的でなんだかあかりびっくりしちゃったよ///」

ちなつ「で、どうしてあんな風になっちゃったんですか?」

結衣「実は昨日部室で頭を打ってからあんな風になったっぽいんだ。」

ちなつ「つまり、頭を打った衝撃でスペックが引き上げられた…ってことですか?」

結衣「多分…それでもう一度衝撃を与えれば元に戻るんじゃないかって」

ちなつ「別に今のままでいいじゃないですか。私は前のうざい京子先輩より断然こっちの京子先輩のほうが…」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 21:53:18.48 ID:6wf8Wo780

結衣「確かに京子は我侭だけど…私は、やっぱり…いつもの京子に戻って欲しい…それでこれを」ゴト

あかり「うわ、なぁにこれ…」

ちなつ「バールのようなもの、鉄アレイ、7番ウッド…」

あかり「わわわ、こんなので叩いたら京子ちゃん死んじゃうよぉ~!!」アセアセ

結衣「例えばこの鉄アレイなんかで殴り続けたら元に戻るんじゃないかなって」スッ

あかり「ゆ、結衣ちゃん落ち着いて!目が怖いよ~」

ちなつ「無理に戻そうとするのはよくないんじゃないですか?」

結衣「で、でも」

ちなつ「ほらよく素人の人が故障したテレビを直そうと叩きまくって結局壊しちゃうとかあるじゃないですか」

あかり「京子ちゃんはテレビじゃないよ~」

結衣「じゃあ私は一体どうすれば…!」

ちなつ「しばらくこのまま様子みる他ないんじゃ…」

あかり「あ、でもでも。今の京子ちゃんって昔の京子に雰囲気似てるよね」

結衣「!?」



33:修正>>29:2011/08/28(日) 22:01:00.28 ID:6wf8Wo780

あかり「気弱だけど~おしとやかで~」

結衣「…」

あかり「あの頃の京子ちゃんがそのまま大きくなったらちょうど今みたいな感じになったりして…」

結衣「!!」

ちなつ「京子先輩にそんな時期があったんですか…意外ですね」

結衣「そ、そうだね二人の言うとおりもう少し様子見てみようか。確かに殴ればいいってものでもないしね」

京子「皆で何の話?」

結衣・あかり・ちなつ「うわぁぁぁぁぁ」

結衣「なんでもないよ、なんでも」(それ早く隠して!)

あかり「わ、わーお菓子おいしそー」サッ

ちなつ「わ、私もちょうど小腹が空いてたとこなんですー」サッ

京子「ほんと?よかったぁ」ニコ

結衣(まぁ今の京子もありっちゃ…ありだよな…)ドキドキドキ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:06:15.16 ID:6wf8Wo780

ちなつ「それじゃ、今日はもう私達帰りますね」

あかり「結衣ちゃん!京子ちゃんのこと叩いたらダメだからね!」ボソボソ

結衣「わ、わかってるって、大丈夫だから安心して」ボソボソ

京子「二人共また明日ね!」

あかり「それじゃばいばーい」

結衣「ふぅ~」

京子「どうしたの結衣?」

結衣「い、いやなんでもない」

京子「夕飯までまだ時間あるし宿題でもやっちゃおうよ」

結衣「え!?」

京子「ん?宿題まだやってないでしょ?」

結衣「ああそうだね…」(京子が自ら宿題をやろうだなんて…)



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:11:19.49 ID:6wf8Wo780

カリカリカリカリ

結衣「…」ジー(自力で解いてる…)

京子「何?私の顔何かついてる?」

結衣「え!?ううん!ど、どこか解らないとことかある?」

京子「ううん、大丈夫だよ」

結衣「そっか」カリカリカリ(宿題に集中しよう…集中…集中…)

京子「結~衣!」ヒョイ

結衣「な、何!?」ドキ

京子「今晩、何が食べたい?」

結衣「え、ああええと…じゃ、じゃあオムライス…で、おねがいします///」(顔覗き込むなんて反則じゃないか…)

京子「ふふっ、了解!それじゃ腕によりをかけて作るね☆」テヘヘ

結衣「う、うん」ドキドキ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:15:58.87 ID:6wf8Wo780

京子「じゃ~ん!京子特製オムライスで~す!…はい結衣の分」コト

結衣「あ、ありがとう」(ケチャップでハート書いてある…)

京子「それじゃ食べよっか、いただきま~す」

結衣「いただきます…」パク

結衣「こ…これは…」

京子「え!?お、おいしくなかった?」ソワソワ

結衣「いや、私が作ったのより断然おいしい…」(どうやったらこんな風にできるんだ…)



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:21:00.09 ID:6wf8Wo780

京子「よかった…あ、でも結衣のご飯だって」

京子「結衣が真心込めて作ってくれた料理なら何だっておいしいよ?」テヘヘ

結衣「!!?ごほっ…ごほっごほっ!!」

京子「ちょ、だ、大丈夫?水、水飲んでほら」

結衣「あ、ありがとう」ゴクゴク(上目遣いは卑怯だ…)

京子「平気?」

結衣「う、うんもう平気だよ」(さっさと食べてしまおう…)モグモグ

京子「あ、結衣じっとして」

結衣「え?何」ドキ

京子「えへへ、ほっぺたについてるよ」ヒョイ パク

結衣「あわわわ//////」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:22:51.77 ID:6wf8Wo780

結衣「ふぅ、ご馳走様」

京子「お粗末さま、ささ、片付けは私がやっとくから結衣は先にお風呂入っちゃって」

結衣「え、ああうん、じゃあそうさせてもらうよ」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:28:14.23 ID:6wf8Wo780

―風呂場―

ザパー

結衣「はぁ…今日は何て慌しい一日だったんだ…全く京子のやつ何考えてんだか」

京子「え?私がどうかしたの?」ガラッ

結衣「ぶっ…ちょ、京子お前なんで入ってきてんだ!?//////」カァァァ

京子「何でって…そりゃ一緒に入るついでに背中流してあげようかと…」

結衣「うわぁぁぁいらないいらない!自分で洗うから!!大丈夫だから!!」

京子「昔はよく一緒に入ってたじゃない、も~結衣は恥かしがり屋なんだから///」ニヤニヤ

結衣「わ、私もうすぐ出るから!だだだから大丈夫だから///」

京子「遠慮しない遠慮しない!はい貸して、ほら」ゴシゴシ

結衣「ちょ、やぁぁ///はぅぅ///うぅぅぅん…」バタッ

京子「えっ!?鼻血…ちょ、ちょっと結衣!?しっかりしてよ!結衣ってば!」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:36:06.65 ID:6wf8Wo780

――――

結衣「う…あれ?京子?私何で布団に?」

京子「あ、気が付いた?結衣ってばお風呂で倒れたんだよ、鼻血出して」クスクス

結衣「あれはお前が急に…って何これ膝枕…?」

結衣「わわわわわ///」ガバッ

京子「あ、急に起きないほうが」

結衣(落ち着け…冷静になるんだ…)スーハー

京子「まだ顔赤いけどだいじょぶ?水いる?」

結衣「大丈夫!大丈夫だから!明日も早いし今日はもう寝よう!うんそうしよう!」

京子「ぷ…クスクスクス」

結衣「…何で笑ってんの?」

京子「だってさ、今日の結衣ってば何か変だから、それが可笑しくて、ふふふ」

結衣(おかしいのはお前だっての…)ハァ

結衣「ほら!もう電気消すよ」カチ



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:41:22.34 ID:6wf8Wo780

京子「…ねぇ結衣もっとそっちいっていい?」

結衣「な///あ、暑いじゃないか引っ付くと」ドキドキ

京子「ムー!ケチー」

結衣「……今日だけだぞ」

京子「えへへ///」

京子「…あのね、結衣」

結衣「何?」

京子「……やっぱ何でもない」

結衣「早く寝ないと明日起きられないぞ」

京子「うん、おやすみ」

結衣「おやすみ」

……


京子「…大好き」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:50:40.06 ID:6wf8Wo780

―翌日昼休み 娯楽部―

結衣「…というわけで昨日はあれから散々だったんだ…今朝も腕組んで登校したがるし」

あかり「あはは…結衣ちゃん大変だったね…」

ちなつ「何か結衣先輩その割りに嬉しそうな顔してません?」ジトー
    (こんなに進展してるなんて予想外だったわ…)

結衣「な、何言ってんのさ!?そんなことないよ!だからこうしてお昼を食べながら二人に相談をだね…」アセアセ

京子「はい、皆お茶淹れてきたわよ」

あかり「わ~ありがとう京子ちゃん」(気が利く京子ちゃんって何か新鮮…)

ちなつ(う~ん…このフルスペックの京子先輩相手に守りに徹していてはまずいわ、ここは攻め時よチーナ!!)

ちなつ「結衣先輩!私食べさせてあげますね!はい、あ~ん」

京子「あぁ!ダメだよ!結衣には私が食べさせてあげるんだから!」

あかり(あぁ~何か修羅場だけどあかり置いてけぼりだよ~)



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 22:58:09.97 ID:6wf8Wo780

ちなつ「結衣先輩は渡しませんからね!!」グイ

結衣「ちょ、ちなつちゃん!?」

京子「あぁ、結衣を取らないで~」グイ

結衣「いだだだだだ、手がちぎれるって二人共」

ちなつ(ふふふ、こういう展開では痛がる結衣先輩の手を離したほうの勝ちなのよ)ニヤリ

ちなつ(結衣先輩への愛は私のものよ!)パッ

結衣「ちょ、急に離したら…」

京子「わっ」グラ

ゴッ

京子「づふっ!!!」

あかり「きょ、京子ちゃん!?柱の角にモロに当たったよ今!?」

京子「」ピクピク

結衣「あぁ!京子!おいしっかりしろ京子!!」パシパシ

ちなつ「ちょ、京子先輩!?白目剥いてる…」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:02:02.27 ID:6wf8Wo780

京子「ん?あれここどこ?」

結衣「気が付いた、大丈夫か?私が解るか?」

ちなつ「だ、大丈夫ですか!?私決して京子先輩を亡き者にしようとかそういうつもりはありませんから!」

京子「わぁぁ、ちなつちゃんが私の心配してくれるなんてついに私の愛が通じたんだね!!ちなつちゃ~ん」チュッチュ

ちなつ「うぇ!?ちょっと京子先輩!?」

結衣「お前、戻ったのか?」

京子「え、戻ったって何が?」

ちなつ「どうでもいいから離れてくださいよ~気持ち悪い」

京子「き、気持ち悪い…」ガーン

あかり「なんかわからないけど、いつもの京子ちゃんに戻ってよかったよ~」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:07:19.30 ID:6wf8Wo780

京子「お、今日のお弁当結衣とおそろいじゃん!結衣作ってくれたのか、いただきま~す!」モグ

京子「超うめぇ!!」

結衣(お前が作ったんだろ…)

結衣「ほら、京子。これで冷やしとけ」ピト

京子「あ痛、あれ?何で私たんこぶなんかあんの??」

ちなつ「何か色々記憶飛んじゃってるっぽいけど大丈夫なの」ボソ

あかり「う~んあかりに言われても…でも普段の京子ちゃんだし大丈夫じゃないかな?」

京子「何してんの皆?早く食べないと昼休み終わっちゃうよ?」

ちなつ「じゃあ結衣先輩早く食べちゃいましょう、はいあ~ん」

結衣「えぇ!?ちょ、ちなつちゃん」

京子「あーずるいぞ結衣ばっかり!ちなつちゃ~ん私も食べさせて~」

あかり(うぅ…結局状況が変わってもあかり置いてけぼりだよ~)



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:11:06.37 ID:6wf8Wo780

―その晩 結衣宅―

京子「はぁ~食った食った。結衣、ラムレーズンは?」

結衣「ちゃんと冷蔵庫にあるよ」

京子「やったぁ~流石は結衣様」

京子「やっぱ食後はラムレーズンだよね~」パクパク

結衣「食前にも食べてただろ…まったく」

結衣(よかった…でもなんだろうこの何とも言えない気分は…)



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:14:06.75 ID:6wf8Wo780

京子「ラムレーズンは別腹なんだよぉ。ほら、結衣も食べる?今日は特別に分けてあげよう」

結衣「それ元々私が買ったやつだろうが」

京子「まぁまぁ細かいことは気にしないで。ほれほれ、あ~ん」

結衣「…あーん///」パク

京子「うまい?」

結衣「…うん」(やっぱり京子はいつもの京子が一番だな…)

京子「あーそうだ、結衣。今日の宿題だけどさ、後で見せて」

結衣「…少しだけだぞ」

京子「え!?」ペタ

結衣「熱なんかねぇよ」


                          おしまい



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:15:25.92 ID:6wf8Wo780

以上で終了です。
給食設定はお弁当の日みたいな感じで脳内補完お願いします

支援してくれた方ありがとうございました。



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:16:01.75 ID:87JQyx4S0

ヤバい萌え死ぬ……乙



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:16:57.45 ID:KNuKs6db0

もっと完璧京子がみたかったけど乙



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:18:16.53 ID:3PjXJC+UP

終わりか・・・
面白かったからもう少し続けて欲しかったな



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:19:15.55 ID:mPup/X830

乙。

ラストだけど、たまには私がご飯の用意しようとか京子が言い出して…的なのが良かったなーとか言ってみる



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:20:43.37 ID:eOsPHrBl0

きょうこぉぉ 乙



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:21:31.72 ID:TcTDioLO0


原作読み直したら2巻で千歳が弁当発言してる謎


ゆるゆり 2巻



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:21:59.99 ID:M8WHQ4Qy0

素晴らしい京結をありがとう



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:23:32.78 ID:ywRdsv0b0


久々に普通の結京が見れてよかった



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:26:07.88 ID:1GFxAw6m0

乙乙



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 23:27:43.58 ID:5+JSnUT90


最高でした



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1.
          • 2011年08月29日 11:12
          • ごちそうさまでした
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月29日 12:41
          • 良かったけど不完全燃焼なんだろ? そうなんだろ? そうなんだよ
            本編、というか頭おかしくなってる部分がもう少し長ければ満足できた
          • 3. 名無し
          • 2011年08月29日 14:42
          • ふむ、こんな京結もいいな…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月29日 22:04
          • 学年トップの京子に対して結衣が宿題分からないところある?ってかなり違和感あるなw
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月30日 19:45
          • 京子はテストのときだけあたまいい
          • 6. ななし
          • 2011年09月13日 01:54
          • これ似たようなの原作にあったろ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月22日 08:37
          • 原作じゃなくてアニメだろ 一期の11話
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月20日 15:54
          • 京結なんてないないナイアガラよ!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月10日 13:57
          • 声つけたら棒になったわ…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 彡(゚)(゚)「えっ、ワイがスティールボールランレースに参加!?」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ