TOP

萌郁「私のルートが無い……」岡部「……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 14:12:21.74 ID:37sUmA5hO

萌郁「ねえ、岡部君……どうして……?」

岡部「俺に聞くな」

萌郁「私も、岡部君と……」

岡部「な、何を言っている!」

萌郁「キス、したくせに……」

岡部「なっ!あ、あれはだな!!」

萌郁「言い訳、するの……?」

岡部「あ、あれは……近所のおばさんがっ!!」

萌郁「必要、あった……?」

岡部「し、仕方なかろう!貴様の口を塞ぐためだ!」

萌郁「キス……」

岡部「えぇい!!何度も言うでない!!」


みたいな感じでおなしゃす!!



2: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/08/16(火) 14:14:01.59 ID:bbz92C2r0

私からもお願いします。


キスはなしでお願いします



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 14:25:18.69 ID:6+0QVOTU0

>>1が書くわけじゃねえのかよ
てめーなんぞ比翼恋理のだーりんやってろちくしょう!



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 14:24:42.50 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部君……」

岡部「な、なんだ……?」

萌郁「……」

岡部「よ、呼んでおいて黙るでない!」

萌郁「で、デート……してほしい……///」

岡部「…………は?」

萌郁「……」

岡部「いや、待て待て待て……意味が解らんぞ?」

萌郁「キス……したから……」

岡部「だからあれは……」

萌郁「責任……、とってほしい……」

岡部「なぁっ!せ、責任、だと……?」

萌郁「……///」コク

岡部「いや、しかしだな……」

萌郁「1日だけ……。ダメ……かな?」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 14:29:10.40 ID:37sUmA5hO

岡部「い、1日だけと言うなら……よかろう」

萌郁「本当……?」

岡部「し、仕方なかったとはいえ、き、キスした事は事実だしな……///」

萌郁「嬉しい……」

岡部「い、1日だけだぞ!1日だけ……」

萌郁「うん……、ありがとう……」

岡部「お、おう……」

萌郁「じゃあ、明日……」

岡部「あ、明日だな……よし……」

萌郁「楽しみ……」

岡部「そ、そうか……」

萌郁「……」コクコク



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 14:35:00.31 ID:37sUmA5hO

~翌日~


岡部「待ち合わせ時間までまだ10分あるな……」

岡部「しかし、なぜ上野なのだ」

萌郁「ま、待ったー……?」

岡部「……?」

萌郁「お、遅れて、ごめーん……」

岡部「お前は何をしているんだ?」

萌郁「あ……えと……」

岡部「そもそも待ち合わせ時間にはまだ早いぞ」

萌郁「あの……か、書いてあった……から……」

岡部「……? 良く解らん奴だな。まぁ良い行こうではないか」

萌郁「うん…………」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:06:36.21 ID:37sUmA5hO

岡部「まずは何処に行くんだ?」

萌郁「あの……動物……園」

岡部「まぁ上野でデートと言えばそこか」

萌郁「イヤ……だった……?」

岡部「そんな事は無いぞ、定番であることが悪だなどという考えこそが悪だと俺は……」

萌郁「良かった……//」

岡部「……、ほら、行くぞ」

萌郁「……」コク


~園内~

キーキー!キーキー!

岡部「ぬぅあーはっはっは!!愚かな猿共め!!」

萌郁「……」

岡部「どうだ?この知性の詰まった脳みそが羨ましくて仕方がなかろう!!」

萌郁「サル……」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:12:44.94 ID:37sUmA5hO

岡部「はっ!?つい浮かれて良く解らない事を口走ってしまった……」

萌郁「楽しそう……」

岡部「あ、ああ、そう言う貴様はどうなのだ?」

萌郁「私は……岡部君が居れば……それで良い……」

岡部「なっ!!何をバカな事をっ!///」

萌郁「ごめんなさい……///」

岡部「つ、次の動物を見に行くぞ///」

萌郁「……」コク


………………

岡部「ん?ヤマアラシ?」

萌郁「……?」

岡部「ヤマアラシと書いてあるが、ただの木ではないか」

萌郁「あ……あそこ……」

岡部「ん?」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:16:53.14 ID:37sUmA5hO

萌郁「あそこに、何か……居る……」

岡部「ん?どこだ?」

萌郁「!!」

萌郁(ちちち近い!!岡部君がすっごく近い!!かかかか顔が!!顔が!!!)

岡部「おお!!あれか!ヤマアラシっ!!」
萌郁「……」

岡部「ん?どうした?」

萌郁「はっ!?な、なんでも……ない……」

岡部「それにしても、普通の木で動物を展示するとは……なかなか考えたな……」

萌郁「……」コクコク

岡部「ふむ、なかなかエキサイトしてしまったな」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:25:04.45 ID:37sUmA5hO

萌郁「そろそろ、お昼……」

岡部「む、そうだな……では売店にでも行って……」

萌郁「作ってきた……」

岡部「ん?」

萌郁「お弁当……、作ってきた……」

岡部「なんと!なかなか気が利くではないか!」

萌郁「そんなこと、ない……で、デート……だから……///」

岡部「む……そ、そうか……/// で、ではさっそく食べようではないか!」

萌郁「……」コク

岡部「め、メニューはなにか……」パカッ

萌郁「……」

岡部「シャイニングフィンガーよ……」

萌郁「?」

岡部「これは…………何だ?」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:33:32.42 ID:37sUmA5hO

萌郁「まだ……ケバブは作れないから……」

岡部「いや、意味が解らんが……なんで牛丼なんだ……?」

萌郁「岡部君が……好きそう、だったから……」

岡部「いや、嫌いでは無いが……弁当箱に牛丼とは……」

萌郁「ダメ……だったかな……?」

岡部「あ、いや、少し驚いただけだ」

萌郁「そう……」シュン

岡部「あ!いやいや!本当に驚いただけだぞ!?弁当箱の中身が茶色一色だったから驚いただけだ!!」

萌郁「紅生姜も、ある……」

岡部「あ、あぁ……準備がいいのだな」

萌郁「食べて……」

岡部「うむ……」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:41:34.78 ID:37sUmA5hO

岡部「む、これは……」

萌郁「どう……かな……?」

岡部「美味いじゃないか!」

萌郁「良かった……///」

岡部「うむ、色合いに驚きはしたが、これはなかなかの物だぞ!!」

萌郁「……///」

岡部「ん?どうした?」

萌郁「……嬉しい」

岡部「お、おう……///」


……………………



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:46:47.97 ID:37sUmA5hO

岡部「さて、腹も膨れたし、次は何を見ようか」

萌郁「あっちに、ペンギンが居る……」

岡部「ん?あぁ、そうだな」

萌郁「……」コク

岡部「ペンギンが好きなのか?」

萌郁「別に……特に好きな訳じゃ……ない」
岡部「…………、ぺ、ペンギンは水族館にも居るよな」

萌郁「……」コク

岡部「水辺の生き物だからというのは解るが、どちらか一方で統一しても良いと思うがな……」

萌郁「そう……かな……?」

岡部「いや、どうでも良いか……」

萌郁「?」

岡部(えぇい!何を話せば良いのだ!!昼飯を食ったら話す内容が無くなってしまったぞ!?)

萌郁「……」

岡部「……」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 15:54:44.21 ID:37sUmA5hO

萌郁「あの……岡部……君……」

岡部「な、なんだ!?シャイニングフィンガーよ!!」

萌郁「あの…………その…………」

岡部「?」

萌郁「な、名前……」

岡部「名前?」

萌郁「名前で……呼んで欲しい……」

岡部「なっ!!」

萌郁「ダメ……かな……?」

岡部「あああ、いや……その……」

萌郁「……」シュン

岡部「あっ、と……もも……、萌郁……///」

萌郁「!! …………はい……///」

岡部「きょ、今日は……で、デートだからな……///」

萌郁「ありがとう……///」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:01:56.74 ID:37sUmA5hO

岡部「れ、礼など要らん……///」

萌郁「……」コク

岡部「い、行くぞ……萌郁……///」

萌郁「……///」コク

……………………

岡部「さて、一通り回ったようだな……」

萌郁「……」コク

岡部「この後の予定は決まっているのか?」

萌郁「あの……」

岡部「ん?」

萌郁「私の……ああ、あぱ……」

岡部「どうした?」

萌郁(いいい、言えない!言えないよ~!恥ずかしいし、はしたない娘だと思われちゃうかも知れないし……)

萌郁(あ~でもでも、今日は一日デートなんだし思い切って……きゃーでもやっぱり言えない~///)

岡部「ど、どうしたのだ?」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:08:09.82 ID:37sUmA5hO

萌郁「!!」

岡部「ん?」

萌郁「あ、あの……わ、私の……」

岡部「私の?」

萌郁「……!!」カタカタ

岡部「え?いやいや!言いかけて途中からメールだと!?」

ブーンブーン

岡部「……、仕方ない……」


件名:次の予定をお知らせします☆
「動物園楽しかったね♪
この後の予定なんだけど……
実は何も決まってないの~(´Д`)
そ・こ・で♪
岡部君を私のお家にご招待しちゃおうと思いま~すo(≧∇≦o)
はしたない娘だと思わないでね?
これでもドキドキなんだから~(≧∇……

岡部「……」

萌郁「……」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:14:50.18 ID:37sUmA5hO

岡部「シャイニン……いや、萌郁よ」

萌郁「!!」

岡部「お前の家に遊びに行くと言うのは解ったがしかしな……」

萌郁「あ、あの……」

岡部「なんなんだこのメールは!?あまりにもキャラが違いすぎるぞ!?」

萌郁「あ、えと……」ビクビク

岡部「なんだ?これが本心なのか?お前は今日一日、心の中ではずっとこんなテンションだったのか?」

萌郁「あ、の……だっ、だって…………」

岡部「?」

萌郁「だって……嬉しかったから…………///」

岡部「なっ!!」

岡部「ったく///」

萌郁「……///」


岡部「ほら、行くぞ……萌郁……///」

萌郁「!!」コクコク



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:20:30.05 ID:37sUmA5hO

~萌郁宅~

萌郁「あがって……」

岡部「お、おう……」

萌郁「今……お茶淹れるから……」

岡部「ああ……」(この部屋は相変わらずだな……)

萌郁「はい……」コト

岡部「ああ……」

萌郁「……」

岡部「……」

萌郁「……」

岡部「……」ズズ

萌郁「……」フーフー

岡部「な、なあ……」

萌郁「……」ビクッ!

萌郁「な、なに……?」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:24:26.81 ID:37sUmA5hO

岡部「あ、いや……」

萌郁「……?」

岡部「その……」

萌郁「……」

岡部「あの時は…………悪かったな…………」

萌郁「……」

岡部「お、俺も……焦っていたとはいえ……その……き、キスなどして……しまって……」

萌郁「……」

岡部「い、イヤだっただろ……?」

萌郁「…………」

岡部「すまなかった……」

萌郁「別に……良い…………少し、驚いたけど…………」

岡部「……」

萌郁「平気…………だから…………」

岡部「…………」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:30:20.60 ID:37sUmA5hO

岡部「そ、そうか…………それなら……良いんだが……」

萌郁「……」コク

岡部「……」

萌郁「……」

岡部(き、気まずい……気まずいぞ……)

萌郁「あ……お茶……」

岡部「ん?」

萌郁「お茶のおかわり……淹れるね…………」

岡部「あ、ああ……頼む……」

萌郁(どどどど~しよう……!!岡部君からキスの話されちゃったよ~///きゃー///思い出しちゃって顔見れないよ~)

萌郁(それにそれに岡部君が「悪かったな」だなんて///あんな真剣な顔で謝られたら怒れる訳ないじゃない!!あ~も~恥ずかし~><)

岡部「……」

萌郁「…………」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:37:52.05 ID:37sUmA5hO

岡部「ん?」

萌郁「はい……お茶……」

岡部「あぁ、ありがとう……所でこれは……」

萌郁「……?…………っ!!」

岡部「何やら色々書いてあるが……」

萌郁「あ、あの!!それだ……!!っダメ……!!」

岡部「?」

萌郁「見ちゃっ……!!」


「明日のデートプラン♪

明日は上野でデート♪
待ち合わせ時間には少し早く行って
岡部君を待ち伏せしちゃうんだから♪
本にも書いてあったテクニックで岡部君をメロメロにしちゃうぞ♪
岡部君が来たら「も~遅~い」って可愛く拗ねてみちゃったりして☆
恥ずかしいけど頑張るぞ~」

岡部「…………これは…………」

萌郁「……」オドオド



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:44:22.16 ID:37sUmA5hO

岡部「……」

萌郁「……」

岡部「えっと……」

萌郁「……」ビクッ

岡部「待ち伏せ……出来なかったのか……?」

萌郁「……」

萌郁(見られちゃった!見ちゃった~!!言えない……言えないよ!!)

萌郁(実は三十分前には到着してたけど、恥ずかしくてなかなか出ていけなかったなんて言えない!!)

萌郁(そればかりか、遅れて到着した場合の可愛い出方に途中から切り替えただなんて、死んでも言えない!!)

岡部「あ、すまん……見てはいけなかったようだな……」

萌郁「…………」

岡部「すまん……」

萌郁「いろいろ……失敗した……」

岡部「そ、そうか……」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:50:26.88 ID:37sUmA5hO

萌郁「……」

岡部「……」

萌郁(ど~しよ~、何だか気まずい雰囲気になっちゃったよ~!)
萌郁(どうにかして話を盛り上げなきゃ!せっかく掴んだチャンスなんだから!!岡部君を誘い込んだ意味が無くなっちゃう!!)

萌郁「お、岡部君……」

岡部「な、なんだ?」

萌郁「その……そろそろ、遅いから……」

岡部「ん?あぁそうだな、すっかり長居してしまったそろそろ」

萌郁(て、バカ~違う違うの!!そうじゃなくて!!そう言う意味じゃなくて!!)

萌郁「あ、あの……夕御飯……食べて行って……」

岡部「ん?あぁ、そういうことか……じゃあ、頂いていこう」

萌郁(よ~し、なんとかなった!!なんとかなった~!!)

萌郁「じゃあ、作る……」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 16:58:09.31 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部君は……何か食べたいもの……ある……?」

岡部「いや、何でも構わないぞ、気にするな」

萌郁「そう……」

萌郁(よし!!ここで岡部君をメロメロに!!)

岡部「何か手伝おうか?」

萌郁「!!」

萌郁(これは……!!新婚さんイベント!!)

岡部「……」

萌郁「に、ニンジンの皮……剥いてほしい……」

岡部「あぁ、ニンジンだな……」

萌郁(キター!!隣!!と・な・り!!言うぞ!!言ってやるぞ!!)

萌郁「な、何だか新婚さ……」岡部「痛っ」

萌郁「あ……」

岡部「俺とした事が指を切ってしまった……」

萌郁(orz)



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:07:05.01 ID:37sUmA5hO

岡部「しまったな……」

萌郁「あ、まって……絆創膏……」

岡部「ああ、頼む……」

萌郁(新婚さんイベントが……新婚さんイベントがぁぁぁ!!)

萌郁(いや、待てよ?指を切ったって事は……はっ!!これは!!)

萌郁「あれ……な、無い……(棒)」

岡部「ん?無いか?ならティッシュでも……」

萌郁「な、無いから……仕方ない……」

岡部「おう、ティッシュを……って!」

萌郁「消毒……しなきゃ……」ドキドキ

岡部「お、お前は何をして……」

萌郁「ち、血を……止めて……」ハァハァ

岡部「いやいや!待て待て待て!!」

岡部「はう!!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:09:07.01 ID:37sUmA5hO

萌郁「……」ペロペロ

岡部「うあ!!」

萌郁「……あむっ」チューチュー

岡部「な、やめっ……」

萌郁「……」レロレロ

岡部「や、やめ……あ……!」



萌郁「……止まった……?」

岡部「あ、あぁ……」

岡部(ど、ドキドキして余計に……)

萌郁「良かった……」ドキドキ

岡部「あ、あぁ……ありがとう…………」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:13:13.73 ID:37sUmA5hO

萌郁「あ、絆創膏……あった……」

岡部「あ、ああ……」

萌郁「ま、巻いて……あげる……」

岡部「え、ああ……頼む……」ドキドキ

萌郁(これは完璧!!完璧だった!!)

萌郁「後は私がやるから……岡部君は……休んでて……」

岡部「あ、あぁ……すまんな……」

萌郁「平気……」

岡部(な、なんなんだこの感覚は……頭が痺れるような……体の奥から何かが沸き上がるような……)

萌郁「……」

岡部「……」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:19:00.92 ID:37sUmA5hO

萌郁「できた……」

岡部「あぁ……」

萌郁「……」

岡部「……」

萌郁「…………美味しい……?」

岡部「あ!?あぁ……」ビクッ!

萌郁「良かった……」

岡部「料理……するんだな……」

萌郁「練習…………した…………」

岡部「そ、そうか……」

萌郁「お、岡部君の……ために…………///」

岡部「なっ!!なにを!!」

萌郁「……///」

岡部(何なのだこの状況は!?頭が沸騰しそうだ!!くそ!!)

萌郁(きゃー///私ってば!私ってば~!!)



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:23:28.90 ID:37sUmA5hO

岡部「さ、さて……もう遅いし流石に……」

萌郁「あ……」

岡部「ん?」

萌郁「…………」

岡部「どうした?」

萌郁「…………送って、行く…………」

岡部「いや、流石にそれは悪いだろ。もう暗いし……」

萌郁「で、デート……だから……」

岡部「しかしな……」

萌郁「送らせて……ほしい……」

岡部「仕方ない……」

萌郁「……」コク

……………………



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:31:19.47 ID:37sUmA5hO

岡部「ここまでで良いぞ」

萌郁「…………」

岡部「どうした?随分と暗いな……」

萌郁「…………」

岡部「今日はずっと一緒に居たんだ、それくらい解るぞ。どうした?」

萌郁「あ、あの……」

岡部「ん?」

萌郁「今日は……楽しかった……?」

岡部「なんだ、そんな事か……楽しかったぞ」

萌郁「……それなら、良かった……」

岡部「あぁ、そうだな」

萌郁「あの……」

岡部「ん?」

萌郁「できれば…………また…………」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:35:15.77 ID:37sUmA5hO

岡部「そうだな……た、たまにならな……///」

萌郁「……」コク

岡部「じゃあ……俺は帰るぞ」

萌郁「あ…………」

岡部「ん?まだ何かあるか?」

萌郁「……………………」

岡部「どうした?」

萌郁「キス…………」

岡部「なっ!!何を!!」

萌郁「あ……ちが……くて……」

岡部「?」

萌郁「その…………あの時の、キスは……」

萌郁「あの時キスは…………少しイヤだった…………から…………」

岡部「あ…………、すまん」

萌郁「……そうじゃ……なくて……」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:37:39.94 ID:37sUmA5hO

岡部「??」

萌郁「ちゃんと…………」

岡部「……」

萌郁「ちゃんと、してほしい…………」

岡部「…………」

萌郁「あ……、ごめん……なさい…………」

岡部「……まったく…………」

萌郁「!!」

岡部「良く解らん奴だな……///」ナデナデ

萌郁「///!!!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:43:36.80 ID:37sUmA5hO

岡部「だがダメだ!!」

萌郁「?」

岡部「あんなどさくさ紛れのキスなどキスでは無い!!お前も気にするな……」

萌郁「あ……」

岡部「すまないことをしてしまったけどな……あんな事を理由に好きでもない男とキスなんてするものじゃない」

萌郁「…………」

岡部「じゃあ、俺は帰るぞ」

萌郁「……」コク

萌郁(行っちゃった……。岡部君の…………バカ…………)

萌郁「……」


萌郁「…………」


萌郁「……、」カタカタ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:45:52.75 ID:37sUmA5hO

ブーンブーン

岡部「ん?」

岡部「シャイニ……萌郁からか…………」


件名:








      後ろ」

岡部「ん?後ろ?……!!」



萌郁「……」チュ



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:48:41.71 ID:37sUmA5hO

岡部「なっ!!何を!!」

萌郁「私は…………岡部君が……好き…………」

岡部「は、はぁ?な、何を!!言ってっ!!」

萌郁「二回目のキスは……私から…………」

岡部「ななな、何を訳の解らない事を!!」ドキドキ

萌郁「じゃあ……ね」


岡部「………………」ドキドキ

岡部「なんだと言うのだ…………」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 17:55:50.25 ID:37sUmA5hO

…………………………
次の日から、まゆりと紅莉栖がラボに来なくなった。


~三日後~

萌郁「……♪」

岡部「な、なあダル」

ダル「ん~?」

岡部「まゆりと紅莉栖は、今日は来ないのか?」

ダル「僕が知るわけないっしょ。オカリンの方が何か知ってるんじゃないん?」

岡部「いや、何も聞いてない……」

萌郁「…………♪」

岡部「…………」

ダル「それより桐生氏は何しに来たん?」

萌郁「…………岡部君に……用事…………」

ダル「あ、そうですか……はいはい、リア充爆発爆発っと」

岡部(なんだ……?なんだこの状況は…………)



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:00:46.03 ID:37sUmA5hO

更に三日後、ダルまでも居なくなった。


岡部「どう……なっているんだ……?」

萌郁「……」♪

岡部「お、おい、萌郁よ!お前、なにか……」

萌郁「……?」

岡部「知らない……よな……」

岡部(いったい何が起こっている……?)

岡部(そうだ!ダルに電話!!)

岡部「……」プルルルルプルルルル

岡部「出ない……まゆりは……」プルルルルプルルルル

岡部「まゆりも……じょ、助手!!」プルルルルプルルルル

岡部「どうなって…………」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:00:48.38 ID:l6HvVq550

まさかな・・・



92: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/08/16(火) 18:05:11.68 ID:ORNz703Q0

一気にヤンデレ臭くなりました



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:05:41.85 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部……君……」

岡部「!!」

岡部「あ、ああ……なんだ、どうした?」

萌郁「あの……顔色……悪いから……」

岡部「あ、ああ、いや、何でもない。考えすぎだろう……」

萌郁「そう……」

岡部(普段居るはずの奴らが居なくて、普段あまり居ないはずの萌郁が居る……)

岡部(まさか世界線が移動して……? いや、リーディングシュタイナーは発動していない……だとすると……)

萌郁「岡部君……大丈夫……?」

岡部(あいつ等に何か、何かがあったのか……?)



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:14:00.79 ID:37sUmA5hO

岡部(何が……何があったというのだ…………)

萌郁「岡部君……?」

岡部(何かの事故……いや、三人同時なんてあり得ないだろう……)

萌郁「ねえ……岡部……君……?」

岡部(何かがおかしい……何かが、俺の知らない何かが起こっている……?)

萌郁「岡部君!!」

岡部「!!」ビクッ

萌郁「あ……ごめんなさい……」

岡部「あ、あぁ、こっちこそすまん……考え事をしていた……」

萌郁「ううん……大丈夫……?」

岡部「あ、ああ……、お前も大きな声が出るんだな……」ハハハ

萌郁「…………」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:18:07.74 ID:37sUmA5hO

岡部「な、なぁ萌郁よ……」

萌郁「……?」

岡部「俺は少し出掛けようと思うのだが……」

萌郁「どこ……行くの……?」

岡部「あ、あぁ、他の奴等がどうしているか、気になってな……」

萌郁「私も……行く……」

岡部「あ、いや、わざわざそんな……」

萌郁「私も……気に……なるから……」

岡部「そ、そうか……あぁ、そうだな…………」

萌郁「……」コク

岡部「じゃ、じゃあ、行こうか……」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:25:23.86 ID:37sUmA5hO

~メイクイーン+ニャン2~

フェイリス「凶真~!久しぶりだにゃ!」

岡部「あ、あぁ、久しぶりだ」

フェイリス「なかなか来てくれなくて寂しかったにゃ~。にゃにゃにゃ?そちらのお方は……」

萌郁「……」

岡部「あ、あぁ、着いてくると言うのでな……」

フェイリス「ナイスバディーにゃ~」

岡部「そんな事はどうでもいい、聞きたい事がある……」

フェイリス「にゃにゃ?なにかにゃ?」

岡部「まゆりは……最近バイトに来ているか?」

フェイリス「ん~そう言えば来てないにゃ~」

岡部「ダルは?」

フェイリス「ダルにゃんも最近見ないにゃ~、にゃにゃ!まさか凶真!機関がついに二人を!!」

岡部「いや、そうか。ありがとう……」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:30:31.53 ID:37sUmA5hO

岡部(メイクイーン+ニャン2にも来ていない……フェイリスも何も知らないと言う……)

岡部(まさか事故?ダルとまゆりの二人が同時にと言うのはあり得る……しかし紅莉栖は……?)

岡部(紅莉栖までもが同時に事故と言うのは……そもそも先に姿を見なくなったのはまゆりと紅莉栖だ……)

萌郁「岡部君……」

岡部「ん?なんだ?」

萌郁「あの……さっきの人……」

岡部「ん?フェイリスの事か?」

萌郁「……」コク

岡部「あれはダルのお気に入りでな、俺もまゆりとの関係上仲良くさせてもらってる」

萌郁「そう……」

岡部「どうした?」

萌郁「ううん……平気みたい……」

岡部「?? そうか……」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:42:59.48 ID:37sUmA5hO

三人が消えて二週間が経った……


~ラボ~

岡部(いったいどこに行ったというんだ……既に警察も動いているらしいが、まだ発見はおろか、手掛かりすら……)

萌郁「岡部君……」

岡部「ん?」

萌郁「ドクペ……」

岡部「あぁ、ありがとう……お前は今日もここに居るな……」

萌郁「……岡部君が……居るから…………」

岡部「な、何を言っている///」

萌郁「……///」

岡部「それより三人の事が心配だ……何かがあったのは確実……いったい何が……」

萌郁「…………」

岡部(鈴羽やルカ子にも聞いてみたが、何も知らないと言う……)

岡部(まるで三人共、世界から突然消えてしまったかのように、まったく手掛かりが掴めていない……)



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:44:03.63 ID:37sUmA5hO

萌郁「……岡部君……」

岡部(なんだ……何かがひっかかる……何か……)

萌郁「岡部……君……」

岡部「え?あ、あぁ、すまん、また考え込んでしまっていたな……」

萌郁「…………」

萌郁「……ちゃんと……」

岡部「ん?」

萌郁「……ちゃんと……私を見て…………」
岡部「は?いや、見てはいるが……」

萌郁「ちゃんと…………私を……私を…………」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:50:21.10 ID:37sUmA5hO

岡部「どど、どうしたと言うのだ?いったい何を……」

萌郁「岡部君は……」
岡部「な、なにを?」

萌郁「岡部君…………」

岡部「ちょ、ちょっと待て!!突然なんだと言うのだ!!」

萌郁「……」

岡部「ややや、やめろ!落ち着け!!ちちち近い!かかか顔が近いから!!」

萌郁「岡部君……」

岡部「ぅむっ……!!」

萌郁「岡……岡部君……」チュッチュッ

岡部「や、やめっ!」
萌郁「岡部君……岡部君……!!」チュッチュー

岡部「やめろ!!」ドガッ!



萌郁「岡部……君…………痛い……痛いよ……?」

岡部「な、なんなんだ一体!!何を……何がしたいんだお前は!!」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 18:55:02.39 ID:37sUmA5hO

萌郁「何で……?何で私を…………岡部君……?」

岡部「いっ!!近寄るな!!」

萌郁「何で……何で……何で何で何で何でっ!!」

岡部「ひっ!!」

萌郁「どうして!?何で見てくれないの!?どうして!?何で私を!!」

岡部「お、落ち着け……な……?落ち着いて……」

萌郁「もういや……何で…………もう…………」

岡部「…………」

萌郁「私を……見てよ…………」

岡部「萌郁……?」

萌郁「……………………」

萌郁「………………」

萌郁「…………」



112: 【東北電 85.7 %】 :2011/08/16(火) 18:57:48.62 ID:rfPR4wABi

どうしてこうなった



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:02:19.76 ID:37sUmA5hO

萌郁「ちゃんと……したんだよ……?」

岡部「は……?」

萌郁「ちゃんと岡部君の言う通りに……全部……全部やったのに……」

岡部「は、は?な、何を……」

萌郁「全部全部全部……!!なんで私をそんな目で見るの!?全部やったのに!!なんで頭を撫でてくれないの!?」

岡部「な、何を言っているんだ……?」

萌郁「全部岡部君の言った通りにやったよ!?椎名まゆりも!牧瀬紅莉栖も!!橋田至だってやったよ!?なのに……なんで……?」

萌郁「岡部君……」



岡部「お前は……何を…………」

萌郁「……岡部君が……メールしてくれたんじゃない…………あいつ等を殺せって……」

萌郁「邪魔だから殺せって…………二人の邪魔だって…………」

岡部「な、俺はそんな事……」

萌郁「全部……岡部君が…………」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:09:22.24 ID:37sUmA5hO

岡部「な、何を……おお、俺はそんな事、そんなメール送ってない!!何を言って…………」

萌郁「……何で?……何で?岡部君……何で?」

萌郁「だって……メールで……ほ、ほら、メール、ちゃんとここに…………」カタカタ

萌郁「ほ、ほら!メール!!沢山!!ね!?」



萌郁の差し出す携帯電話の画面には、何も書かれていなかった。
そこにはただ、黒い画面と、それを覗き込む俺の顔が反射しているだけだった。


岡部「萌郁……」

萌郁「ね?ちゃんと……だから……頭……撫でて欲しいな……岡部君……岡部君……ね?」

岡部「あぁ、もう、もう良いから……良いから……」ナデ

萌郁「あ……///」

岡部「もう、休んで良いから…………」

萌郁「うん……岡部……君…………」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:22:03.13 ID:37sUmA5hO

萌郁に見えていたらしいメールは俺から送られたもので
そのメールには二人の邪魔をする者は殺せと書かれていたらしい。
けれど、俺はそんなメールを送ってはいないし、萌郁の携帯電話は電源すら入って居なかった。

「殺せ」と言われていた三人は萌郁の部屋で発見された。
全員酷く衰弱していたものの命に別状は無く
ダルにいたっては少し体重が減った程度だった。
「餓死させる」という事で架空のメールでの命令を完遂させようとしたのだろう。



岡部「萌郁……差し入れ持ってきたぞ……」

萌郁「…………」

岡部「何が良いか解らなくてな……とりあえず桃とバナナ」

萌郁「……」

岡部「もう夏も終わるな……」

萌郁「……」

岡部「そうだ、この前まゆりがな…………」

岡部「ダルの奴……助手に殴られてな…………」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:27:02.04 ID:37sUmA5hO

岡部「みんな……元気だよ…………」

萌郁「……」

岡部「お前だけだぞ……足りないのは…………お前だけだ……」

萌郁「……」



萌郁は何も喋らなくなった。
真っ白な部屋で。ただ携帯電話を握りしめて、来るはずもない
俺からのメールを待っている……
そんな彼女を見ていると、どこかから聴こえてくる気がする
低く耳につくブーンというメールが届く音が。



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:28:04.26 ID:37sUmA5hO

こんな感じでおなしゃす!!



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:35:54.64 ID:k+iqfhDw0

>>125
     ノ´⌒`\           ∩___∩    ━┓     /  
  γ⌒´     \          | ノ\     ヽ.   ┏┛   /
 .// ""´ ⌒\ \       /  ●゛  ● |   ・    /.    ___   ━┓
 .i /  \   ,_ i )\      | ∪  ( _●_) ミ     /     / ―  \  ┏┛
  i   (・ )゛ ´( ・) i,/ \    彡、   |∪|   |    /     /  (●)  \ヽ ・
 l u   (__人_).  | .   \ /     ∩ノ ⊃  ヽ /     /   (⌒  (●) /
_\  ∩ノ ⊃ /  ━┓\  ∧∧∧∧∧∧∧/     /      ̄ヽ__) /
(  \ / _ノ |  |.  ┏┛  \<         >    /´     ___/
.\ “  /__|  |  ・     <   ━┓   >    |        \
―――――――――――――<.   ┏┛   >―――――――――――――
      ___    ━┓     <    ・     >.          ____     ━┓
    / ―\   ┏┛     <         >        / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)\  ・       /∨∨∨∨∨∨\      /ノ  ( ●)  \   ・
. | (●)   ⌒)\      /            \     | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄  |    /    / ̄ ̄ヽ  ━┓  \   |   (__ノ ̄   /
  \        /   /    / (●) ..(● ┏┛   \  |            /
    \     _ノ  /      |   'ー=‐' i  ・      \ \_   ⊂ヽ∩\
    /´     `\/        >     く          \  /´    (,_ \.\
     |      /      _/ ,/⌒)、,ヽ_         \ |  /     \_ノ
     |     /         ヽ、_/~ヽ、__)  \        \



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:38:13.79 ID:ndxkcynp0

なるほどこれは前書きか
本編も楽しみにしてるぞ>>1



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:42:22.57 ID:szGKSl67O

もえいく√つくるとしたらどんなんだろ
四年前の自殺寸前の萌郁にDメール送って依存の対象をオカリンにすり替えてメンヘラに付きまとわれるエンドとか



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:44:48.81 ID:37sUmA5hO

>>134
考えて書くんじゃない
書いてから考えるんだ!!



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:56:43.89 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部……君……ん……」ピチャピチャ

岡部「ふん……」

萌郁「岡部君の……熱い……///」レロレロ

岡部「下手くそ!!」ドゴッ!

萌郁「あうっ!!」

岡部「もっと上手くやれ!」

萌郁「ごめん……なさい……」ハァハァ

岡部「ふん……」

萌郁「あぅ……ん……ぁむ……」

岡部「もっと上手くだ……」

萌郁「ん……ふぁい……」ピチャピチャ



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:58:10.10 ID:1xKWQsvA0

>>140
ムチャしやがって……うっ……ふぅ……



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 19:57:51.67 ID:37sUmA5hO

岡部「ふん……」

ブーンブーン

岡部「ん?電話か……?」

岡部「……!!」


0.0135289


岡部「は!!」

萌郁「ん……ふぁ……」ムグムグ

岡部「なっ!桐生萌郁!!何を!!」

萌郁「?……ムグムグぁん……」レロレロ

岡部「な!おい!や、やめろ!!」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:01:13.36 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部……君……?」

岡部「や、やめろ!近寄るな!!な、なんでお前が……!!」

萌郁「岡部君……?ごめんなさい……私……下手だった……?」

岡部「な、何をやって……?下手……だと……?」

萌郁「ごめんなさい……ごめんなさいごめんなさい……」

岡部「やめろ……あ、謝るんじゃない!何なんだお前は!!」

萌郁「あ……いや……ごめんなさい……もっと上手くやるから……ごめんなさい……」

岡部「何を……言って…………」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:06:59.17 ID:37sUmA5hO

岡部「い、いいから胸を!胸を!!」

萌郁「胸?あ……ぱ……パイズリ……する……?」

岡部「ぱ!?ななな何を言って……!?」

萌郁「胸……使うから……使う……」

岡部「や、やめろ!!待て!!」

萌郁「!! はい……」

岡部「!?」

萌郁「……」

岡部「あ……、メール……そうだ!メールを!!メールを覚えているか!?」

萌郁「……?」

岡部「どうした?答えられないのか?」

萌郁「…………」

岡部「裏切れないって事か……よし……」

萌郁「はい……岡部……君……」ヌギヌギ

岡部「な!?何故脱ぐ!?お前は何を……!?」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:12:31.18 ID:37sUmA5hO

萌郁「……ワン」

岡部「……?」

萌郁「……ワンワン」

岡部「な、何を……」

萌郁「ご主人様……」

岡部「な、ご主……」

萌郁「な、何をしますか……?」

岡部「な、何をって……」

萌郁「何でも……何でもしますから…………」

岡部「何でも……だと……?」

萌郁「岡部……君……?」

岡部「お前が……お前が俺に何でもするだと!?」

萌郁「はい…………」

岡部「ふざけるな!!お前が!!お前なんかが!!」

萌郁「!!」ビクッ!



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:15:54.86 ID:37sUmA5hO

岡部「まゆりを殺したお前が!!俺に何をするってんだ!!」

萌郁「私が……殺した……?」

岡部「あぁ、そうか……そうだよな……お前は何も知らない……だけどなぁ!!」

萌郁「」ビクッ!

岡部「お前は人を殺すんだよ!!まゆりを!!まゆりを殺すんだよ!!FBとか言う奴の命令で!!お前がっ!!」

萌郁「F……B……?」

岡部「な、知らないとでも言うのか?」

萌郁「……」コク

岡部「な、どういうことだ……、なんだ?何が起こっている?」

萌郁「……?」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:20:36.46 ID:37sUmA5hO

岡部(まさかDメールが?いや、おかしい……タイムリープする前は何も……)

萌郁「岡部……君……?」

岡部「お前は……ラウンダーじゃ無いのか?」

萌郁「ラウン……なに?」

岡部(ラウンダーを知らない!?なんだこの世界線は……いったい何が……)

萌郁「岡部……君……」

岡部「なんだこれ……何なんだこれは……!」

萌郁「岡……」岡部「ラボ!!そうだラボに行けば紅莉栖達が!!」ダッ

萌郁「……部君…………」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:25:22.58 ID:37sUmA5hO

~ラボ~

岡部「紅莉栖!!」ハァハァ

助手「なっ!岡部?」

岡部「っく……紅莉栖!世界線が!!世界線がおかしい!!」

助手「は?何を言って……ってさっきからアンタ私の事……」

岡部「Dメールだ!誰かがDメールを!!」

助手「は?」

岡部(あ……そうか……紅莉栖は世界線の移動を認知できない……だからDメールが送られた事も……)

岡部「あ、いや……良いんだ……すまなかった……」

助手「はぁ……、それよりアンタ、桐生さんは良いの?」

岡部「は?」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:29:59.53 ID:37sUmA5hO

助手「は?じゃ無いわよ、桐生さんに会いに行くって出ていったんでしょーが」

岡部「俺が……?」

助手「まーたどうせイヤらしい事してたんでしょ、あーやだやだ」

岡部(なんだこの世界線は……俺はタイムリープしたんじゃ無いのか?)

岡部(タイムリープしたと思ったら桐生萌郁に……フェ……フェラチオされていた……)

岡部(どうして……?一体何故世界線が移動した……?)

ブーンブーン

岡部「!?」

岡部「桐生萌郁か……」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:33:28.93 ID:37sUmA5hO

件名:さっきはごめんなさい

「私が下手だったから岡部君を怒らせてしまいました
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいご
めんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいご
めんなさいごめんなさいごめんなさいごめ
んなさいごめんなさいごめんなさいごめん
なさい」

岡部「ひっ!!」

助手「んー?何かあったの?桐生さんと……」

岡部「いや……良いんだ……それよりも……」

…………………………

助手「世界線が変わってる?」

岡部「あぁ、俺はタイムリープしたはずなんだが……気付いた時には既に世界線が変わっていた……」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:39:16.28 ID:37sUmA5hO

助手「そんなはず……だってアンタはタイムリープしただけなんでしょ?」

岡部「あぁ、そのはずだった……そのはずだったのだが……」

助手「じゃあ何で……」

岡部「それが解らんのだ……タイムリープした瞬間にリーディングシュタイナーが発動した……」

助手「そんな……そんな事って……」

岡部「俺にも訳が解らん……いったいどうして……」

助手「そうね、考えられる事は二つ」

助手「まず、一つめは、タイムリープマシンの故障、若しくは理論の間違い。まぁこれは信じたくないけど」

助手「そして二つめ、アンタがタイムリープした瞬間に、何者かがDメールを送った……」

岡部「何者か……」

助手「今のところはこんな感じかしら」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:44:30.94 ID:37sUmA5hO

岡部「その何者かとは……」

助手「何者かってのはあくまでも仮説よ?」

岡部「いや、しかしお前の作ったタイムリープマシンは完璧だった、そう考えると……」

助手「そ、そう///」

岡部「ん?何を赤くなっているのだ?」

助手「赤くなってない!うるさい!!バカ岡部!!」

岡部「まぁよい……とにかく今は誰がDメールを送ったかだ……」

岡部(くそ……またしても不明なDメールが出てきてしまった……)



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:51:49.93 ID:37sUmA5hO

岡部(何者か……いったい誰が……)

ブーンブーン

岡部「えぇいうるさい!!」

ブーンブーン
ブーンブーン
ブーンブーン

岡部「また桐生萌郁か!!」

件名:ごめんなさい
件名:ごめんなさい
件名:ごめんなさい
件名:ごめんなさい

岡部「なっ!なんなのだアイツは……」

助手「ほら、やっぱり桐生さんと何かあったんでしょ?この世界ではアンタと桐生さんは恋人なんだから、行ってあげなさいよ……」

岡部「は?こ、恋人!?」

助手「あぁ、そうか……解らないのよね…………」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 20:52:52.84 ID:37sUmA5hO

助手「あ、アンタは……桐生さんと付き合ってるの!」

岡部(俺が……桐生萌郁と……?)

ブーンブーン

件名:ごめんなさい

「もっと上手くやれるように頑張るから……
だから……お願い……戻ってきて……
岡部君が居ないと……私……
死んでしまいそうなの…………」

岡部「な、なんなのだ……これは……?」

ブーンブーン
ブーンブーン
ブーンブーン
ブーンブーン
ブーンブーン



168:サルった:2011/08/16(火) 21:00:13.44 ID:37sUmA5hO

助手「ほら……早く行ってあげなさいよ……」

岡部「へ?あ、ああ……」

岡部(桐生萌郁が恋人……ラウンダーではなく……FBも知らない?)

岡部「とにかく考えるのは後だ……助手よ!お前はタイムリープマシンを調べておいてくれ!俺はDメールを調べる!!」

助手「はいはーい」

…………………………

萌郁「岡部君……岡部君……岡部君……岡部君……岡部君……
岡部君……岡部君……岡部君……岡部君……
岡部君……岡部君……岡部君……」

萌郁「岡部君……どうして…………返事……して……岡部君……」

萌郁「メール……返して……岡部君……岡部君……」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:03:05.88 ID:szGKSl67O

怖えぇ…

FBはよくこんなメール攻撃に耐えられたな



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:08:33.84 ID:VhYdEB3G0

でもあんな美人になら……やっぱ恐い!



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:09:33.04 ID:37sUmA5hO

岡部「とりあえずタイムリープの直前の行動を検証するか……」

岡部(俺は桐生萌郁のDメールを調べるために桐生萌郁の家に行った)

岡部(そして桐生萌郁と争ったすえ、携帯電話を奪取……そしてDメールを送り失敗……)

岡部(そしてなんやかんやあってタイムリープして現在へ……ん?失敗……?)

岡部(いや、確かにあの時は失敗した……リーディングシュタイナーも発動しなかった……)

岡部(しかし、もしあれが失敗していなかったなら…………)

岡部(まさか…………)

岡部(成功していたのか?あのDメールが?そんな……まさか……な)

岡部(Dメールによる書き換えが失敗していたとして……その事に俺が気付いたとしたら……)

岡部(まさか!桐生萌郁のDメール取り消しの失敗に気付いた別の世界線の俺がDメールを……?)



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:15:49.05 ID:37sUmA5hO

岡部(リーディングシュタイナーは俺の主観だ……)

岡部(ならば別の世界線での……未来での俺がDメールを送り、その結果、現在の主観と統合され今の世界線になっていたと考えれば……)

岡部「まさか……Dメールを送ったのは……未来の俺なのか……?」

岡部「あり得なくは……無い……未来の俺が桐生萌郁のDメールを消そうとして……その結果が今の世界線だとしたら……」

ブーンブーン

件名:岡部君、返事をしてほしい

「岡部君……ごめんなさい
何度もメールするのは禁止されてるけど……
私はもう……岡部君無しでは居られないから……
どうか、返事を下さい
返事をして下さい……
返事を下さい……」


岡部「桐生……萌郁……」



182:オチくらい考えてから書けば良かった……:2011/08/16(火) 21:19:23.75 ID:37sUmA5hO

岡部「俺だ……」

萌郁『岡部君!!』

岡部「今からそっちに行く……」

萌郁『メール!!メール見てくれたの!!』

岡部「あぁ……」

萌郁『あ……えっと……ごめんなさい……何回も、メールして……』

岡部「いや……いいんだ……」

萌郁『待ってる……から……』

岡部「あぁ……」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:25:43.73 ID:37sUmA5hO

岡部(未来の俺がDメールを送ったとしたら……この世界線では……まゆりは……?)

岡部(それになぜ俺はタイムリープをした瞬間合わせてDメールを……)


~萌郁宅~

岡部「桐生萌郁……聞きたい事がある」

萌郁「岡部君……!!」ダッ

岡部「えぇい!抱きつくでない!!」

萌郁「岡部君……岡部君……ごめんなさい……岡部君……」スリスリ

岡部「桐生萌郁……お前、メールを受け取らなかったか?」

萌郁「メール……?メールなら……いつも……」

岡部「違う!未来からのメールだ!!」

萌郁「」ビクッ!

萌郁「ご、ごめんなさい……未来から……未来から……ごめんなさい……」

岡部「解らない……か……」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:30:03.32 ID:37sUmA5hO

萌郁「私は……岡部君からしか……メール……来ないから……」

岡部「なに?そうなのか?」

萌郁「それだけで……良いから……」

岡部「あ、いや……」(なんだこれは……)

萌郁「岡部君からのメールで……救われたから…………」

岡部「なに!?」

萌郁「」ビクッ!

萌郁「わ、私が……屋上……から…………メール……岡部君が…………」

岡部「なんだ?なんの事だ!?」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:32:48.75 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部君からの……間違いメールで…………」

岡部(間違いメール……Dメールの事か……?)

萌郁「と、友達に……なりませんかって…………」

岡部「俺が……?」

萌郁「」コクコク

岡部「そんなメールだけで……この世界線を……」

萌郁「?」スリスリ

岡部「えぇい!スリスリするな!!」

萌郁「」ビクッ!



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:38:52.92 ID:37sUmA5hO

岡部(なぜ俺はそんなメールを……?まゆりを助けるためか……?)

岡部(まゆり!?そうだ、まゆりは……?)

岡部「すこし電話をしてくる……」

萌郁「……はい」


岡部「……」プルルルルプルルルル

まゆり『もしもし』

岡部「まゆりか?今どうしてる?どこにいる?」

まゆり『あ、オカリン、トゥットゥルー』

まゆり『まゆしぃは今ジムに来てるのです』

岡部「ジム……?」

まゆり『今日の腹筋ちゃんはぴちぴちだよ~』

岡部「まゆ……?は……?」

まゆり『あ、次のメニューの時間だから切るね、じゃ~ね~』

岡部「え?は?」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:42:43.90 ID:37sUmA5hO

岡部「」プルルルルプルルルル

助手『ハロー』

岡部「くくく紅莉栖!!大変だ!!まゆまゆ、まゆりがジムに!!」

助手『は?当たり前でしょ?まゆりなんだから……』

岡部「当たり前ってお前!!まゆりはだって……もうすぐ死んで……」

助手『は?まゆりが死ぬわけないじゃない……核でも使わなきゃ死なないわよ……』

岡部「あ?へ?あの……」

助手『もう……しっかりしてよね、じゃーね……』

岡部「あ、ああ……」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:46:40.82 ID:37sUmA5hO

岡部(まゆりが……死なない?なんだこれは……核でも使わなきゃ死なないだと?)

岡部(これが……まゆりを生かす方法だとでも言うのか?)

岡部(俺が……俺がDメールで……?まゆりをマッチョに?)

萌郁「岡部……君……電話……終わった……?」

岡部「あ、ああ……」

萌郁「あの……する……?」

岡部「は?何を……?」

萌郁「続き……私は……したい…………」

岡部「は?つ、続き……?」

萌郁「……」コク

岡部「なんの……?」

萌郁「せ、セックス……///」

岡部「は?」



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:51:16.40 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部……君……」ピチャピチャ

岡部「……」

萌郁「今度は……ちゃんと……」レロレロ

岡部「これが……誰も死なない世界……」

萌郁「む、胸も……使うね……」ムニムニ

岡部「良いのか?こんなので……」


~一方その頃~

まっちょしぃ「私の拳が世界線を超えた!!」

まっちょしぃ「光などカトンボのように遅く感じるわ!!」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 21:56:59.65 ID:37sUmA5hO

岡部「そうか……これが誰もが幸せな世界か……」

萌郁「ハァハァ……んっ……い、いれて……いいよね……?」

岡部「あぁ……世界は幸福に満ちているんだな……」

萌郁「あ、あぁっ!!岡部くっ岡部君のがっ!!」

萌郁「はいって……あっ!岡部君っ!!岡部君っ!!」

岡部「桐生萌郁……」

萌郁「殴っても……良いよ……?く、首……絞める……?」ハァハァ

萌郁「んんっ!ああっ!!いつもみたいに!!私を……っ!!」ニチャニチャ


~一方その頃~

助手「……」カタカタ

助手「ふっwww ワ・ロ・タっと……」カタカタ

助手「はぁ……岡部……か……」カタカタ



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:04:56.41 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部君っ!!も、もうっ!!あっ!ダメっ!イッちゃ……イッちゃうっ!!」

岡部「あぁ……存分にイクが良い……俺の上で幸せになるが良い……」

萌郁「あ゛ぁ!!だめ゛ぇ!優し、優しすぎる゛ぅぅぅあ!ぁあ゛ぁ!!」ビクビク

萌郁「あ゛っあぁ……」

岡部「そうか……イッたか……」

萌郁「あ゛……おかべくん……ごめん……なさい……私……だけ……先に…………」

萌郁「頑張るがらぁっ頑張るからぁ……」

岡部「桐生萌郁……良いよ……十分だ……今日はもう……寝よう……」

~一方その頃ラボでは~

ダル「これスゲー超絶興奮しちゃうだろこれは!!」

まっちょしぃ「私の筋肉並みに興奮する?」

助手「別の所でやれ!変態!!」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:10:13.54 ID:37sUmA5hO

萌郁「スゥスゥ」

岡部「これが……セックスか……」

萌郁「ん……」ダキッ

岡部「体は慣れたものだなな……」

萌郁「スゥスゥ」

岡部「セックスによる肉体的快感よりも、こうして安らかな気持でいる方が、圧倒的に気持ちいい……」

岡部「これが……俺の求めた世界……か……」

萌郁「岡部……君……」

岡部「ん?なんだ……寝言か……」ナデ

岡部「これは……いいものだな……」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:17:47.87 ID:37sUmA5hO

~翌朝~

岡部「ん……」

萌郁「」ピチャピチャ

岡部「なっ!!」

萌郁「あ……岡部……君……」レロレロ

岡部「なにをっ!!」

萌郁「? おはおう……ん……」ヌポヌポ

岡部「ぬぁっ!あっ!!ああっ!!」ビクビク!

萌郁「はひ……ん」ッコク

岡部「な……飲ん……」

萌郁「……ちゃんと……溢さず、飲めた……///」

岡部「あ……あぁ」ナデナデ

萌郁「……///」

萌郁「おはよう……岡部君……///」

岡部「あぁ……おはよう……」



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:18:45.30 ID:37sUmA5hO

萌郁「///」スリスリ

岡部(あっ、む胸が……ムニムニ胸胸で)ムクムク

萌郁「!?」

岡部「あ……///」

萌郁「もっと……する……?」

岡部「あ……あぁ……///」



こんな感じでおなしゃす!!



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:21:03.85 ID:ORNz703Q0

>>233
おう、こんな感じで続き早くしろや



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:24:05.92 ID:37sUmA5hO

でもだって!俺の親指はもう限界なんですよっ!!
それに萌郁さんのえっちな画像が全然無いじゃないですか!
そんなの無理ですよ!!



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:29:35.22 ID:szGKSl67O

まゆり「>>1リン!」パシッ
>>1「なに…を…」
まゆり「>>1リンは……途中で諦める人じゃないよ……」



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:30:53.53 ID:1xKWQsvA0

RS発動前のクズリンも読みたかった
どんなプレイしてたんだよ



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:38:11.10 ID:37sUmA5hO

>>249
最初は普通だったけど、萌郁があまりにも依存してくるので
途中でうざく感じたオカリンが萌郁を殴打
しかし萌郁はそれさえも受け入れ依存する
そんな萌郁を見てオカリンにSが目覚める
その後セックスをする度に言葉責め・暴力といったプレイを超えたプレイが行われる
みたいな設定はあった



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:39:42.10 ID:YHiQeJwQ0

>>252
書いて、どうぞ(迫真)



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:44:23.19 ID:37sUmA5hO

~ラボ~

助手「」カタカタ

岡部「……」

まっちょしぃ「ふんっ」ブォン!

ダル「ふぃーあつー」

助手「」カタカタ

岡部「……」

ブーンブーン

岡部「?」



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:47:56.90 ID:YHiQeJwQ0

>>257
まっちょしぃの怖さは異常



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:49:34.28 ID:37sUmA5hO

件名:今日は来る?

「岡部君、昨日は忙しくて来てくれなかったけど
今日は来てくれるかな?
私、寂しくて……
岡部君が居ないと、上手く眠れないの(´・ω・`)」

岡部「あいつ……」ニヤニヤ

助手「……」カタカタ カタ

岡部「」カタカタ

件名:一昨日は行っただろ

「昨日はごめんな
今日は少し遅くなるけど行けるよ
ケバブでも用意して待っていてくれ」


岡部「」ニヤニヤ



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 22:56:06.76 ID:37sUmA5hO

ブーンブーン

岡部「……ぷっ、あいつは……」ニヤニヤ

助手「」イライラ

ブーンブーン

岡部「……」カタカタ

ブーンブーン

助手「」イライラ

ブーンブーン

岡部「……解ってるよ」ニヤニヤ

助手「」ブチッ!

助手「だーぁもー!さっきからブツブツブツブツ言いやがって!!メールでいちゃつくんじゃない!鬱陶しい!!」

岡部「ん?あぁ、すまん……」カタカタ

助手「謝りながらメールを打つな!!」

ダル「牧瀬氏、今更だろ……」

まっちょしぃ「幸せなのは良いことなのです」ムキィ!



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:00:03.77 ID:Rj3i7U0H0

            .‐‐く:.:.:.:.:.:.:.:`:...、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. :.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
        .':.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.i   Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        i:.:.:.:.:l:.∧:.:.l:.:} ─‐l‐:.:.:.':.:.:.:.:|
        У:.从ャェォソノ ィェォァ:./:.:.:./:.:l
       .':.:./::::l{ ̄ }⌒{ ̄ }¨l/:.:.:./:.:.:.!
       {:./:.:::∧ ̄′  ̄ /:.:.:./:.:.:.:ハ
         ゝ:.:.:.:.:::\ ‐   /:./:::{:.:.:.{:... _\
     _ ノ:.:.:.:.:.:lヽ  ー匕:.∧. ハ `/ '´   `丶、
    f:.:.:.:.イ:.:.:.:./l/,...ヽ.._ /:.(/, ′        iヽ`ヽ
    .斗:.:":.:.:.:.;  / ヽ ‐、 / ヘ:.ヽ/           ! ',:.:!
  / 乂:.:.:/:.::. ,.イ  l \   /_Y:.}        ,'   i_人____
      才゙.:.://   !| ., ' ´ ノ:ノ         /  亅.`く ̄ ̄`ヽ
    /人-'ァ‐==ニ_‐-v′ー=彡'ヘ       /    ,′.:.:∧
    {/  /-     ._ 〃,     ',    _,.イ    /:.:.:.:.:.:.:}
    /   ハ`     ミ {/      〉   ´  i  !イl:.:i:.:.:.:.:/
   i  ,イ`       _,,.t'      /      亅 ノ ! ',.:ゝ:.:.:(__
  ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′      .' /  |.:.\「 ̄`ヽ
    v'  / ヽ     -_込._   {       ' ,   j:.:ノ厂 ̄`
  /  丨  \__,,.. ァ'´  { `¨¨¬     /  /  /_ノ
  ,′ !   ',  ヘ._,. 个、___,,. }__ー‐'´   v'  /
  {     ',   ハ  ノ    ,、,.-‐'´    )   V//
  ∨  ,ハ.  / ,{  ヽ-‐'/      /     {/



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:03:09.89 ID:37sUmA5hO

>>272
なるほど、まっちょいくか……
まっちょしぃとまっちょいくのガチバトル……
考えとく……



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:04:33.30 ID:1xKWQsvA0

>>272
おいばかおまえ余計なことを!



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:01:25.89 ID:37sUmA5hO

助手「あぁーもームカつく!!」

ダル「こうして助手はヤンデレとなるのであった」

助手「うっさい!!」

岡部「なんだぁお前ら、仲良いな」

助手「うっさい!別に普通よ!」

岡部「ふーん」カタカタ

助手「……」フンッ!

岡部「あ、そろそろ帰るわ」

まっちょしぃ「じゃあまゆしぃも帰ります」

ダル「あーじゃあ僕もそろそろ……」

助手「え?あ、わた、私は……もう少し残るわ……」

岡部「そっかーじゃあまた明日なー」

ダル「じゃあ、また明日なんだお」

まっちょしぃ「うむ」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:07:52.29 ID:37sUmA5hO

岡部「……」トコトコ

ブーンブーン

件名:もう着く?
添付:ケバブ

「早く岡部君に会いたいな♪
ちゃんとケバブも用意してあるよ(^_^)
二人で食べようねChu!(^3^)」

岡部「萌郁め……」ニヤニヤ

ブーンブーン

件名:

「バカ岡部」

岡部「ん?助手か、なんだアイツ、最近機嫌悪いな……」

岡部「お前も早く帰れよっと」カタカタ

ブーンブーン

件名:
「はいはい」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:12:21.64 ID:37sUmA5hO

岡部「おーす、来たぞー」

萌郁「岡部君!!」ダキッ

岡部「こらこら、まずは靴を脱がせろ……」

萌郁「ごめんなさい……寂しかったから…………」

岡部「よしよし」ナデナデ

萌郁「……///」

岡部「昨日はごめんなー、いろいろと予定が込み入ってて……」

萌郁「ううん……平気…………」スリスリ

岡部「なんだよー俺は寂しかったんだぞー」ウリウリ

萌郁「私も……いっぱい、我慢した…………」スリスリ

岡部「萌郁」

萌郁「岡部君……」

チュッチュ



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:16:23.72 ID:37sUmA5hO

ブーンブーン

萌郁「?」

岡部「ん?またメールか……」

件名:ごめん

「なんか、八つ当たりしちゃった
ごめん
もう桐生さんの家に着いた?」

岡部「なんだ助手か……」

萌郁「牧瀬さん……?」スリスリ

岡部「あぁ、なんかアイツ最近機嫌悪いんだよ」

萌郁「大変……だね……」

岡部「まぁ、一時的なものだろ」カタカタ

件名:
「何だか知らないが、ダルやまゆりに気を使わせるなよ
萌郁の家には今着いた所だ」

…………………………ブーンブーン

助手「…………そっか……」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:18:49.40 ID:37sUmA5hO

萌郁「岡部君……はい……ドクペ……」

岡部「おぉ、さんきゅー」

萌郁「えへへ……」スリスリ

岡部「萌郁は相変わらず甘えん坊だなぁ」ナデナデ

萌郁「岡部君……大好き、だから…………」

岡部「俺も好きだぞー」ナデナデ

萌郁「……///」スリスリ


ブーンブーン

岡部「ん?また助手か……」



295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:21:52.79 ID:37sUmA5hO

件名:
「」

岡部「ん?間違いメールか?」

萌郁「どうしたの……?」

岡部「いや、助手から間違いメールみたいだ」ナデナデ

萌郁「そっか……」スリスリ

ブーンブーン

岡部「ん?」

件名:
「ごめん、手違い」

岡部「ったく、解ってるっての……」カタカタ

件名:
「気をつけろよ」

…………………………
助手「私、嫌な娘だな……」



299: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/08/16(火) 23:24:32.38 ID:bbz92C2r0

あれ? 助手が可愛い



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:26:21.12 ID:37sUmA5hO

萌郁「ケバブ……食べる……?」

岡部「あぁ、そうだな」

萌郁「温めるね……」

岡部「あぁ、頼む」

萌郁「」コク

ブーンブーン

件名:そろそろ帰るね

「ラボの鍵、いつもの場所に置いとくから」

岡部「ん?……なんだ、まったく、律儀な奴だな」

萌郁「また牧瀬さん、から……?」

岡部「あぁ、鍵を置いとくとさ、律儀な奴だよ、まったく」

萌郁「いい、人…………」

岡部「そうだな」


……………………

助手「自己嫌悪だ……」



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:31:31.06 ID:37sUmA5hO

萌郁「はい、ケバブ……」

岡部「おぉ、ありがと」

萌郁「いただきます……」

岡部「いただきまーす」

萌郁「美味しい?」

岡部「あぁ、美味しいぞ」

萌郁「良かった///」

岡部「ん?」

萌郁「実はそれ……作ってみた……」

岡部「え!そうなのか?すごいじゃないか萌郁」ナデナデ

萌郁「……///」

岡部「萌郁はやれば何でもできるな」ナデナデ

萌郁「岡部君が……喜ぶなら……やる……」スリスリ

岡部「嬉しいぞ萌郁」ナデナデ

萌郁「……///」



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:33:11.76 ID:YHiQeJwQ0

>>307
かわいい



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:35:26.70 ID:37sUmA5hO

岡部「ふぅ、ごちそうさま」

萌郁「ごちそうさま……」

岡部「美味しかったぞ」

萌郁「また、作るね……///」

岡部「おう」

萌郁「ん」スリスリ

岡部「さてさて、美味しいケバブも食べたし……」

萌郁「?」

岡部「次は旨そうな萌郁を食べようかなー」ガオー

萌郁「……///」キャー


…………………………

助手「桐生さん……可愛い人……私じゃ、敵わないよな…………」



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:40:21.39 ID:37sUmA5hO

萌郁「シャワー……浴びよう……」

岡部「あぁ、一緒に入るか」

萌郁「……///」コク

……………………

助手「はぁ……」

……………………
シャワシャワシャーワー

萌郁「きゃっ…………くすぐったい…………」

岡部「萌郁はここが弱いもんなー」コチョコチョ

萌郁「岡部君は……ここ…………」コチョコチョ

岡部「あ!やめ、ずるいぞ!」

萌郁「岡部君も……弱い…………」

岡部「なにをー」コチョコチョ

萌郁「あ、だめ……ぁん…………」

ラブチュッチュ



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:47:08.65 ID:37sUmA5hO

岡部「萌郁……」

萌郁「岡部……君……んっ……」チュッチュ

岡部「大好きだよ、萌郁……」チュッチュ

萌郁「ふぁ…………私も……岡部君…………んっ……」

岡部「萌郁……もう……」

萌郁「んっ……」コク

萌郁「はむっ……」ムグムグ

岡部「あぁ、良いよ……」

萌郁「んっ……」チュパチュパ

岡部「あぁ、もえっ……あ」

萌郁「おはへくん…………んっ」レロレロ

岡部「あ、最高だ……もう……うっ!!」ドクドク

萌郁「……んんっ!」コクコク

萌郁「けほっ」

岡部「大丈夫か萌郁!?」



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:52:49.70 ID:37sUmA5hO

萌郁「ん……平気……昨日の分も……出たね……///」ペロ

岡部「萌郁……///」ダキッ

萌郁「岡部君の……大好き…………だから……」

岡部「萌郁はえっちだな……///」

萌郁「岡部君だから……えっちに…………なる…………///」

岡部「萌郁……///おいで……」

萌郁「んっ…………」スリスリ

萌郁「入れても……いい……?」

岡部「あぁ、良いぞ」

萌郁「んっ……///あはっ……岡部君の……はいってっ……きたぁ……///」

岡部「萌郁っ!!一気に……そんなっ……!!」

萌郁「岡部君っ……!!岡部君のが……!!んんんっ!!」ビクビク

岡部「挿れただけでイッたのか?」

萌郁「だ、だって……昨日……できなかった、から……んっ……」



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/16(火) 23:59:20.86 ID:37sUmA5hO

萌郁「あ゛!!岡部君っ!!岡部君っ!!」ガクガク

岡部「萌郁っ!!激しっ!!う、ぁ、!!」

萌郁「岡部君っ!!岡部、君っ!!」ニチャニチャ

岡部「あぁ、最高だっ……萌郁っ!萌郁もうっく!!」

萌郁「だひてっ!!膣内にっ!!だひてぇっ!!」ガクガク

岡部「うっ……出るぞ!!萌郁っ!!膣内に!!膣内にっうぁぁ!!」ビュクヒュ゙ク

萌郁「あ゛ぁあ゛ぁっ…………」

岡部「萌郁……」

萌郁「岡部君……」

チュッ



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:03:02.54 ID:4ckACHJPO

岡部「すっかり長風呂してしまったな……」

萌郁「少し……寒い……」

岡部「だな……ほら……」ギュ

萌郁「暖かい…………」スリスリ

岡部「そろそろ寝るか……ん?」

萌郁「?」

岡部「風呂に入ってるうちにメールが来てたみたいだな……」カタカタ

件名:
「桐生さんに迷惑かけるんじゃないわよ」

岡部「なんだ、今更……」

萌郁「?」

…………………………

助手「返事、来ないな……」



324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:10:23.97 ID:4ckACHJPO

~翌日ラボ~

助手「」カタカタ

助手「プギャー……」カタカタ

岡部「…………」

助手「」カタカタ

岡部「また@ちゃんねるか……?」

助手「おかっ!!」

助手「うう、後ろから突然現れるな!!」

岡部「隙だらけの貴様が悪い」

まっちょしぃ「うむ……」

助手「まゆりまでっ!?」

岡部「まったく、お前はヒマになるとすぐに@ちゃんねるなのだな」

助手「うう、うるさいバカ岡部///」

岡部「まぁ良い、それより何なのだ?昨日のメールは」



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:13:04.56 ID:4ckACHJPO

助手「はぁ?メール?何が?」

岡部「昨日の貴様のメールだ、何通も送りおって」

助手「あ、あぁ、メールね、うん……ごめん……」

岡部「まったく、お前は萌郁か!!」

助手「なっ!!違うわよっ!! 違う、わよ……」

まっちょしぃ「むむ?」

岡部「まぁ、貴様は平坦だからな……」

助手「……?……なっ!!変態!!バカ岡部!!」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:16:04.58 ID:4ckACHJPO

助手「……」

岡部「……」カタカタ

まっちょしぃ「じゃあ私はジムに行ってくるよ☆」

岡部「おう……」カタカタ

助手「…………」

岡部「……」

助手「……ね、ねえ」

岡部「ん?」

助手「今日って橋田は?」

岡部「あぁ、なんか、ライネットがなんとかって言ってたな」

助手「そ、そうなんだ……」

岡部「?」



330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:17:24.80 ID:llbLQmKW0

まっちょしぃちょくちょく出でくるなwww



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:19:09.84 ID:4ckACHJPO

助手「あ、あのさ岡部……」

岡部「なんださっきから?」

助手「あ……えっと……なんでもない……」

岡部「変なやつだな……」

助手「……」

岡部「……」



助手「……桐生さんとは……どんことしてるの……?」ボソッ


岡部「はぁ!?な、何を急に!!」

助手「あ、いや、何でもない!!何でもないから!!」ジタバタ

岡部「……」

助手「……」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:24:06.03 ID:4ckACHJPO

助手「もう……え、えっちとか、した?」ボソッ

岡部「……///」

助手「そっか……したんだ……」ボソボソ

岡部「さささ、さっきから何なのだ貴様は!?発情期か!?」

助手「あ!いや、何でもない!!ちょーっと気になったから……」

岡部「……ふんっ、よく解らん奴め!!」

助手「ごめん……」

岡部「いつもしている……」

助手「へ……?」

岡部「会うたびにしていると言ったのだ」

助手「へっ?はっ?ひへっ?///」

岡部「ふん、むっつり女め」ニヤニヤ

助手「なっ!うるさい!!変態岡部!!」



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:29:30.27 ID:4ckACHJPO

岡部「なんだ、聞いてきたのはそっちだろう」

助手「ううるさい!!バカ!変態!!」

岡部「ふん、どっちが変態かっ!!他人の性生活に興味を持ちおって」

助手「……///」

岡部「そんなに気になるなら彼氏の一人でも作れば良いだろう」

助手「!! ……バカ」シュン

岡部「なぁ!?」

岡部「何なのだいったい……」

ブーンブーン

助手「メール……」

岡部「解ってる!!」

助手「……」



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:31:30.04 ID:4ckACHJPO

ちょっと飯食うわ昼から何も食ってなかった

この後は少女漫画みたいな展開にしようか
昼ドラ鬱展開にしようか迷ってるから
好きな方教えてくれ



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:32:26.51 ID:bPZc4IEA0

両方書いてください!!!!!!!!!



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:33:49.98 ID:ur2DsrBQP

少女漫画がどんなのか気になるのでそっちで



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:37:05.75 ID:y6PZ3HU/0

もえいくさんが可愛い方でお願いしたい



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:47:15.76 ID:4ckACHJPO

人居ねーでやんの
まぁ良いやハーフ&ハーフで書く



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:53:00.94 ID:4ckACHJPO

件名:今日も来てくれるんだよね?

「昨日はすっごく幸せだったよ(>_<)
今日も来てくれるって言うから今からドキドキ♪
早く帰ってきてねダーリン
なんだか新婚さんみたいで恥ずかしいー(ノ>д<)ノ」


岡部「」ニヤニヤ

助手「……」

岡部「」カタカタ

助手「……ねぇ」

岡部「ん?」カタカタ

助手「桐生さんの、どこが好きなの?」

岡部「は?」



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:56:16.31 ID:4ckACHJPO

助手「あ、ごめん……」

岡部「いや、構わんが……そうだな……」

助手「あ、いや、良い聞きたくない」

岡部「なんだ、訳の解らん奴だな」

助手「他人のノロケなんて聞きたくないの」

岡部「ふん、ならば言わん」

助手「はいはい、変なこと聞いて悪かったですね」

岡部「なんなのだ……」ボソッ

助手「……」

岡部「……」カタカタ

助手「…………」



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 00:59:43.60 ID:Gt13+VC30

すでに少女漫画っぽい空気?



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:00:24.43 ID:4ckACHJPO

岡部「さて、と」

助手「あ、帰るの?」

岡部「ん?まぁそんな所だ……」

助手「また桐生さんの家?」

岡部「そうだが?」

助手「そう……なんだ……」

岡部「?」

助手「……あーあ、私も帰ろっと」

岡部「おう ……?」

助手「あ!ねぇ、途中まで一緒に帰って良い?」

岡部「別に構わんが……」

助手「ん……」

岡部「?」



371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:03:49.46 ID:4ckACHJPO

岡部「……」トコトコ

助手「」トコトコ

岡部「……」トコトコ

助手「」トコトコ

岡部「助手よ……」

助手「!!」

岡部「何かあったのか?」

助手「へ?あ、いや……特にないわよ……?」

岡部「そうか……ならいいんだが……」

助手「……」



岡部「じゃあ、俺はこっちだから」

助手「あ、うん……じゃあね……」

岡部「あぁ、また明日な」

助手「……」



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:06:30.93 ID:4ckACHJPO

萌郁「おかえり……岡部君……」

岡部「あ、あぁ、ただいま……///」

萌郁「あ、あの…………」

岡部「ん?」

萌郁「おかえりの……ちゅー…………」

岡部「なっ!」

萌郁「ダメ……?」

岡部「……ただいま」チュ

萌郁「うん……///」



377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:11:08.54 ID:4ckACHJPO

萌郁「今日も……泊まっていける……?」

岡部「あぁ、いや……今日は流石に帰ろうかと……着替えも無くなったしな……」

萌郁「そう、なんだ……」シュン

岡部「あ、いや、でもな、ギリギリまで居るつもりだぞ?」

萌郁「……うん///」

岡部「まったく……///」

萌郁「岡部君……」

岡部「ん?」

萌郁「大好き……」ギュー

岡部「こらこら、突然どうした?」ナデナデ

萌郁「いつも……大好き……」スリスリ

岡部「まったく……」ナデナデ



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:15:18.10 ID:4ckACHJPO

萌郁「えっち……する……?」

岡部「お前は突然何を言ってるんだ」

萌郁「だって……岡部君……喜ぶから…………」

岡部「いや、確かに嬉しいが……今日はやめておこう……」

萌郁「……そう…………」

岡部「今日はのんびり一緒に居よう……」

萌郁「ん……///」



岡部「……」

萌郁「……」

岡部「……」ナデナデ

萌郁「……///」スリスリ

岡部「萌郁……」チュッ

萌郁「……んっ」チュッチュ



386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:18:41.59 ID:4ckACHJPO

萌郁「岡部君……大好き…………」

岡部「あぁ、俺も……」

ブーンブーン

萌郁「?」

岡部「ん?メールか?」

萌郁「私じゃ……ない……」

岡部「知ってる」チュッチュ

萌郁「……んっ……見なくて……良いの……?」

岡部「あぁ、今は良い……」

…………………………

助手「メール……返ってこないな……」

助手「やっぱり……迷惑、だよね……」



391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:21:24.06 ID:4ckACHJPO

助手「ホテルに一人……」

助手「岡部は……桐生さんと……」

助手「…………」

助手「胸とか、触るのかな……?」

助手「…………」

助手「って!私は何を考えとるんだ!!」ブンブン

助手「まったく、発情期じゃあるまいし……!!」

助手「…………」

助手「はぁ……シャワー浴びてこよう……」



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:25:18.14 ID:4ckACHJPO

岡部「そろそろ寝るかな……」

萌郁「帰っ、ちゃうの……?」

岡部「そんなに悲しい顔するな……」ナデナデ

萌郁「ん……」

岡部「明日もまた来るから……」

萌郁「本当に……?」

岡部「あぁ」

萌郁「岡部君……」ギュ

岡部「ほら、そろそろ寝るぞ」

萌郁「……」コク

岡部「じゃあな」

萌郁「また……明日……」

岡部「あぁ、また明日な」



395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:28:58.56 ID:4ckACHJPO

岡部「やれやれ、萌郁のデレデレにも参ったものだな」トコトコ

岡部「そういえば、メール来てたな……ってまたクリスティーナか」

件名:お腹空いた

「お腹空いたから何か買ってきて~」

岡部「?」

岡部「誤爆か?」カタカタ

件名:Re:お腹空いた

「どうした空腹少女よ
空腹のあまり誤爆したか?」



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:34:15.49 ID:4ckACHJPO

助手「……」

ブーンブーン

助手「!!」

助手「」カタカタ



助手「空腹少女ってなによ」クスッ

助手「良いから何か買ってこいっと」カタカタ

…………………………
ブーンブーン

岡部「ん?クリスティーナか?」

件名:今日はありがとう

「今日も来てくれてありがとう♪
沢山撫でて貰って頭が幸せ(^^)
明日も来てくれるって言ってけど、泊まっていってくれると嬉しいな……///
なんて♪わがままは言いませんよヽ(´ー`)ノ
ずっと大好きだよ。おやすみ♪」

岡部「萌郁め……///」



401:>>394間違えた「そろそろ帰るかな……」:2011/08/17(水) 01:38:41.95 ID:4ckACHJPO

助手「……♪」カタカタ

助手「…………」

助手「……」

助手「」

助手「返信こない……」

…………………………

岡部「……」カタカタ

件名:おやすみ

「明日も沢山可愛がってやるから覚悟しておけよ」

岡部「まったく……可愛い奴め」

…………………………
ブーンブーン

萌郁「岡部……君……///」



402:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:43:04.41 ID:4ckACHJPO

助手「……」チラッ

助手「……」ウロウロ

助手「……」チラッ

助手「あぁ!もう!気にしない!寝る!!」

…………………………

岡部「さて、寝るかな……」

ブーンブーン

岡部「ん?」


件名:バカ岡部!!

「寝るからな!!」

岡部「なんなのだ?」



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:49:42.81 ID:4ckACHJPO

~翌日~

ダル「オカリ~ン、フェイリスたんがたまには来いだってさ~」

岡部「ん?あぁ、そう言えばしばらく行ってないな……」

ダル「まったく、彼女なんていう謎の生物に浮かれすぎだお」

岡部「いや、謎ではないだろ」

ダル「フェイリスたんと彼女、どっちが大切なんだお!!」

岡部「いや、質問がおかしいだろ……」

助手「橋田、いくら言っても無意味よ、そいつは年中浮かれてるんだから……」

ダル「まったく、リア充はこれだから困るお!!」

まっちょしぃ「たまにはまゆしぃにも会いにきて欲しいのです☆」

ダル「そうだお!まったく!!」



406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:53:02.91 ID:4ckACHJPO

岡部「まぁ、そのうちな」

ダル「絶対だお!?」

岡部「あぁ」

まっちょしぃ「待ってるよ~☆」

助手「……」

ダル「あれ?牧瀬氏どったの?」

助手「え?なにが?」

ダル「何だか暗い顔でオカリンを見てたけど」

助手「べ、別にそんな事!!」

ガチャ

ダル「ん?」



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:55:11.02 ID:74rcLjde0

まっちょしぃってっ原作であったっけ?



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:57:19.22 ID:3M05yeEC0

>>409
トゥルーエンド後に初めからやると隠し√



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:01:53.72 ID:74rcLjde0

>>411
まじかよちょっと最初からやってくる



412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 01:57:51.59 ID:4ckACHJPO

まっちょしぃ「あ、萌郁さん!」

助手「え……?」

岡部「ん?」

萌郁「……」

岡部「おぉ、どうした萌郁よ」

萌郁「岡部君が……忘れていった……」

岡部「ん?おぉ!我が財布ではないか!お前が持っててくれたのか!!」

萌郁「……」コク

岡部「いやー助かった!!」

助手「……」

まっちょしぃ「萌郁さんは出来た女房だねぇ」

萌郁「……恥ずか、しい……///」

まっちょしぃ「このこのぉ♪」

岡部「ちょ、まゆり止めろって危ないから……///」



416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:01:44.21 ID:4ckACHJPO

ダル「そうだよまゆしぃ、力入れすぎたら危ないお」

まっちょしぃ「は~い☆」

助手「あ、今飲み物出すから、ソファにでも座ってて」

萌郁「……ありがとう」

助手「いいえ~♪」

岡部「萌郁よ、わざわざすまんな」

萌郁「いい……、私も……会いたかったから……」

ガシャーン

助手「あわわっ!!」

ダル「もー牧瀬氏ドジっ子属性かお?」

助手「うっさい!!」

まっちょしぃ「片付け手伝うよ~」



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:18:31.42 ID:4ckACHJPO

萌郁「……私も……手伝う……」

助手「あ、平気だから、座ってて」

まっちょしぃ「危ないから紅莉栖ちゃんも座ってて」

助手「え……?」

まっちょしぃ「邪ッ!!」

ダル「相変わらず一瞬だね、凄いね、まゆしぃは~」

まっちょしぃ「えへへぇ~」

助手「……」

萌郁「……」

岡部「まったく、なにをやっとるんだクリスティーナよ」

助手「ごめん……」

岡部「……」



426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:31:35.36 ID:4ckACHJPO

助手「……」

岡部「……」

萌郁「……」

助手「今日は帰る……」

岡部「え、あぁ」

助手「じゃ……」

岡部「あぁ……」

萌郁「さようなら……」

助手「……」

ガチャ

岡部「……」

ダル「あれ、牧瀬氏帰ったん?」

岡部「あぁ」

まっちょしぃ「えー今日こそはコスプレ着てもらおうと思ってたのにー」



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:36:22.14 ID:4ckACHJPO

萌郁「私も……帰る……」

岡部「あ、あぁ、じゃあ、後でな……」

萌郁「うん……」

ガチャ

ダル「何だか一気に静かになってしまったお」

まっちょしぃ「そうだねー」ムキィッ

ダル「ちょ、まゆしぃ筋肉鳴ってるおwww」

まっちょしぃ「えへへぇ」

岡部「……」

ブーンブーン
ブーンブーン

件名:お家で待ってるね♪

「お届け物終了です☆
私はちゃんとお家で良い子にしてるから
早く帰ってきてね♪」
岡部(萌郁……///)



430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:39:56.58 ID:4ckACHJPO

…………………………

萌郁「……」カタカタ


ブーンブーン

萌郁「……」

件名:すぐ行くよ

「財布ありがとうな
今日はすぐに行くから、良い子にしてろよ」

萌郁「……///」

…………………………

助手「」カタカタ

助手「……」

助手「……」

助手「……」

助手「……」カタカタ



432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:41:40.69 ID:4ckACHJPO

…………………………
ブーンブーン
ブーンブーン

岡部「……」カタカタ

件名:は~い(^-^)/

「待ってるね♪」

件名:公園に来て

「待ってるから」

件名:

「必ず、来て」



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:44:34.04 ID:4ckACHJPO

岡部(ん?クリスティーナから?)

岡部(何だ?待ってるって……)

岡部「悪い、ちょっと出掛ける」

ダル「なんだオカリンもか~」

まっちょしぃ「なんだか寂しいのです」

岡部「悪いな」

ダル「いってらっしゃーい」

まっちょしぃ「気を付けてね~」

岡部「ああ」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:49:13.66 ID:4ckACHJPO

助手「……」

助手「……はぁ」

助手「返信くらい、しろよな、バカ岡部」

…………………………

ブーンブーン


件名:今日の晩御飯は何が良い?

「肉じゃがか麻婆豆腐にしようかと思ってるんだけど
岡部君はどっちがいいかな?」


岡部「」カタカタ

ブーンブーン

件名:了解!

「じゃあ麻婆豆腐にするね♪」

…………………………

助手「…………なにやってんだろ」

助手「バカは私だ……」



438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:53:59.60 ID:4ckACHJPO

岡部「おい、バカよ」

助手「!!」

助手「なな、なんでここに!!」

岡部「いや、お前が呼んだのだろう」

助手「あ、そ、そうね。そうだったわね……」

岡部「で、何の用だ?」

助手「あ、えっと……」

岡部「ん?熱でもあるのか?顔が赤いぞ?」

助手「ない!ないから!!覗き込むなぁ!!」

岡部「あ、ああ、すまん」

助手「…………」

岡部「?」

助手「あ、あの……」
岡部「何だ?」

助手(どどどどうしよう、寂しくてなんとなく呼んだなんて言えないどどどど)

岡部「なんなのだ?」



440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 02:57:08.75 ID:4ckACHJPO

助手「そそそその、えっと……ごめん……」

岡部「は?」

助手「あ、いや、さっきは、空気悪くして、ごめん」

岡部「悪くなったのか?」

助手「え!いや、だって……」

岡部「お前は何が言いたいのだ?」

助手「だ、だから……その、桐生さんが……」

岡部「萌郁が……?」

助手「私が桐生さんに……嫌な態度だったかなぁって…………」

岡部「そう……なのか?」



444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:02:34.45 ID:4ckACHJPO

助手「……………………うん」

岡部「そうか……しかし、なぜそんな態度を……?」

助手「え!!あっえっと……」

岡部「別に仲が悪いって訳でもなかろう?萌郁が何かしたか?」

助手「ちが……私が……その……」

岡部「お前が萌郁に何かしたのか?」

助手「だから!違うの!!」

助手「私が!」

助手「私が岡部の事、好きだから……」

岡部「え?」

助手「だから、桐生さんだって……気付いてるから…………」

岡部「は……?」




ブーンブーン



447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:06:08.88 ID:4ckACHJPO

岡部「お前が……?」

助手「…………」

ブーンブーン

岡部「俺を?」

助手「…………見ないで…………」

岡部「は?」

助手「今は顔!見ないで!!」

岡部「あ、いや、しかしだな……」

助手「いいから!!あっち向いてて!」グスッ

ブーンブーン

助手「ほら!さっきからメール!!」

岡部「え?あぁ」

萌郁「…………」



448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:06:43.13 ID:7ZjKlzhPO

うん、これは少女漫画だ



453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:13:37.14 ID:4ckACHJPO

岡部「!!」

萌郁「岡部君……」

助手「……」グスッ

岡部「萌……郁……」

助手「え?」

萌郁「牧瀬紅莉栖……」

岡部「萌郁……なんでここに……」

助手「桐生さん……どうして……」

萌郁「メール…………返事……無かったから……」

岡部「え、あぁ、すまん」カタカタ



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:15:28.79 ID:4ckACHJPO

件名:忘れ物しちゃった(´・ω・`)

「今から取りに行くね」

件名:まだ居るよね?

「今から行くよ♪」

件名:どこに居るの?

「返事くれないとわかんないよ~(>_<)」

萌郁「牧瀬氏、紅莉栖……」

助手「え、あの、違うの桐生さん……私は……」

萌郁「……」

萌郁「岡部君は……私の……恋人……」

助手「え?あ、うん解ってる、解ってるよ?」



455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:16:30.14 ID:O1Hr9w630

比翼恋理やると、萌都まじかわいいよな



457:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:18:43.40 ID:4ckACHJPO

萌郁「だめ…………取らないで…………」

助手「うん、解ってるから…………」

萌郁「岡部……君……」

岡部「も、萌郁?」

萌郁「いや…………取らないで…………取らないで………………」

萌郁「だめ……だから…………」

助手「…………」

岡部「萌郁?」

萌郁「岡部……君…………」

萌郁「岡部君…………」

萌郁「岡部君……岡部君…………」

助手「桐生さん、違うの、落ち着いて……」



460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:22:10.61 ID:4ckACHJPO

岡部「そ、そうだぞ萌郁、俺はこんな助手に……」

助手「こんなって何よ!!」

岡部「あ、いや、すまん……」

助手「何よ!バカ岡部!!」ポカポカ!

萌郁「いや……岡部君に……岡部君に……」

助手「え?」

萌郁「岡部君に…………触らないで…………岡部君に…………」

萌郁「岡部君…………こっち…………きて……?」

萌郁「岡部君……?こっち……ね……?」

岡部「萌郁?何を……」

萌郁「早く、その女から……離れて…………離れて!!」



463:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:25:38.64 ID:y6PZ3HU/0

ヤンデレ具合がたまらん



465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:26:03.17 ID:FPcXlvHv0

110817074051_465_1




466:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:26:08.38 ID:4ckACHJPO

萌郁「なんで?なんで取るの?」

萌郁「私の恋人なのに!!なんで?どうして!!」

萌郁「私には岡部君しか居ないのに!!取ろうとしないで!!」

萌郁「岡部君……?ほら……見て……?これ……大切な写真…………」

萌郁「岡部君と初めて会った時の……写真……メールだって」

萌郁「沢山、沢山沢山沢山!!岡部君……ね?好き……大好きなの……」

萌郁「岡部君……あ、ほら、えっちしよう?私なんだって上手にやるよ?ね?」

萌郁「岡部君……ほら、早く行こうよ……ね……?」

萌郁「岡部君……岡部君……岡部君……!!」



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:30:11.21 ID:4ckACHJPO

岡部「萌郁……落ち着け、俺は何もコイツとは」

助手「……」

萌郁「牧瀬氏紅莉栖……消えて……消えて……よ……ね……?」

萌郁「牧瀬氏紅莉栖……邪魔……しないでよ…………」

助手「なんで……」

岡部「!?」

助手「なんでアンタみたいなのにそんな事!!」

助手「私の事なんて何も知らないくせに!!」

助手「なんでそんな事言われなきゃならないのよ!!」

助手「私がだって岡部が好きなの!!」

助手「でも、アンタが居たから……だから友達でいようとしたのに…………なんで…………」



476:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:34:47.70 ID:4ckACHJPO

萌郁「もう…………いい…………」

萌郁「牧瀬氏、紅莉栖は……邪魔…………っ!!」

岡部「萌郁!!」

ガッ

萌郁「あ……」

助手「ひっ!!」

萌郁「……岡部……君……?」

萌郁「岡部君……どうして…………頭……血が…………」

萌郁「岡部君……ごめんなさい、私、そんなつもりじゃ……石…………血が…………」

助手「岡……部……?」

助手「岡部……?ねぇ岡部!?」ユサユサ

萌郁「いや、ダメ……やめて!触らないで!!私の岡部君に触らないでよ!!」



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:38:28.33 ID:4ckACHJPO

助手「アンタまだそんなっ!今はそれどころじゃ!!」

萌郁「だめ!やめてよ!!岡部君に触るな!!触るな!!触るな!!触るなっ!!」

助手「は、早く救急車……」

萌郁「やめて……触ら……ないで……」

萌郁「やめて……よ…………」



…………………………

岡部「ん……?」

岡部「あれ……」



483:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:46:01.31 ID:4ckACHJPO

岡部「俺は……」

助手「気付いた!?」
岡部「クリスティーナ……ここは……」

助手「病院だよ……岡部、石で頭を殴られて……」

岡部「え?あぁ、そうか……萌郁……は?」

助手「桐生さんは向こうで手当受けてる……爪が割れた程度だから、平気」

岡部「そうか……良かった……」

助手「うん……」

…………………………

萌郁「岡部君!!」

岡部「あぁ、萌郁……」

萌郁「岡部君ごめんなさい!!私、私が!!」

岡部「バカ……良い子にしてろって……言っただろ……」ナデナデ

萌郁「岡部君……」グスッ

岡部「バカだな……」



485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:49:29.04 ID:4ckACHJPO

岡部「あれ、紅莉栖は……?」

萌郁「さっきまで……居たけど……」

岡部「俺がまた眠ってる間に、帰ったか……薄情な奴だ」ハハハ

萌郁「岡部君……」

岡部「萌郁……俺が好きなのは……萌郁だけだぞ……」

萌郁「うん……」





助手「………………バイバイ」



489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 03:55:18.11 ID:4ckACHJPO

最初から、敵う訳も無かった
アイツは目を覚ました時に、真っ先に桐生さんを心配して……
それがアイツの本心なんだって、知ってたけれど……
やっぱり、少し悲しかった……

そもそも無理があったのよ
桐生さんは年上だし、胸も大きいし……
物静かで、男ってああいうの好きだから……

でも、やっぱり悔しい……

負けるのは、悔しい……

アイツを好きだって気持ちは……
負けてないんだけどな……


…………………………

岡部「で、お前は何処へ行こうと言うのだ?」

助手「岡部……!」

岡部「まったく、薄情者め、俺を置いてさっさと帰りおってからに」

助手「桐生さんがいるんだから良いじゃない」



490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 04:00:03.72 ID:4ckACHJPO

岡部「萌郁が居るのは嬉しいし助かるがな!!お前は俺の助手なのだ!!勝手に帰るんじゃない!!」

助手「う、うっさいわね、良いでしょ、元々長居する予定、無かったし……」

岡部「だがしかーし!!お前にはまだまだやってもらう事があるのだ!!」

岡部「失恋なんぞに現を抜かしている場合では無いぞ!!」

助手「なっ!!誰が失恋だ!!」

岡部「それにな……アメリカ行きの飛行機は当分飛ばないぞ……」

助手「え?」

岡部「滑走路にまゆりが居るからな…………」


           おわり



500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 04:10:26.37 ID:4ckACHJPO

皆さんお疲れさまでした
まっちょしいが居なければこんなに長く書けませんでした

普段は早朝からマミさんにティロティロしてもらってるくせに
慣れない事はするもんじゃないね
14時間って……

そんな感じで

誰かおなしゃっす!!



501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 04:11:21.35 ID:8seeTpWii

お疲れ様。たのしかったよ



506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 04:21:52.62 ID:FmvUNISm0

おまけ

110817074051_506_1



508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/17(水) 04:58:04.43 ID:rbB4WYWV0

乙乙




魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」 特典 生フィルムコマ&特製カスタムテーマセット付き
魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版)
「限定契約BOX」 特典 生フィルムコマ&特製カスタムテーマセット付き
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 名無し
          • 2011年08月17日 12:45
          • 萌郁も最初に出会ったのがオカリンなら....
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月17日 13:35
          • 出会ったのがオカリンなら・・・
            こんな風に周りを巻き込んであちこちで病んだ光景が
          • 3. 名無し
          • 2011年08月17日 14:16
          • まっちょしいが最後イケメン過ぎた

            やっぱり萌郁可愛いなぁ
            綺麗に終わって良かった、乙
          • 4.
          • 2011年08月17日 15:09
          • 唐揚げ食べてるもえいくさん可愛いよね
          • 5. 名無し
          • 2011年08月17日 16:08
          • 助手がかわいく潔い人だからなんともいえない気分だが
            最後爽やかでよかった

            まっちょしぃさん反則です
          • 6. 名無し
          • 2011年08月17日 21:00
          • 萌郁さんとのらぶちゅっちゅが見れて僕は幸せです
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月18日 20:53
          • おなしゃす!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月20日 00:28
          • オチに笑った
            途中時系列がよくわからんかったけど面白かったからいいや
            もえいくSSではメールのかわいさが重要だなぁと思った
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月05日 01:34
          • 最後のまっちょしぃがwwwwwww
          • 10. な
          • 2011年10月25日 01:10
          • おもろかった
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月19日 11:36
          • 所々まっちょしぃ☆が活躍してて面白いw

            もえいくさんが可愛いのは確か。
            放置してた比翼恋理やってくるかな……。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月07日 11:50
          • 面白かったです、そしておなしゃすは決め言葉w
            124-129には笑わせていただきましたw
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月15日 11:16
          • 面白かったけど途中からぐだり出してったな。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月15日 22:30
          • この萌郁が恋人ならこれ以上に爛れた日常を過ごす自信がある。つーか美人で料理上手で工口ボディで一途に工口い年上とかチート過ぎるだろ?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月08日 21:38
          • まっちょしぃマジマッチョシィ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 【ミリマス】篠宮可憐「いちばん言いたい恋心」
        • 『ごちうさ臨時政府』関連ニュースまとめ
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • 女友達(♀)「情けないわね。男のくせして、なにかあるたびすぐ泣きついてきたりして…。」
        • ( ´Д`)離れ小島の提督さんのようです
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの暖冬【SS】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ