TOP

勇者「みんなで幸せになろう」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:26:11.85 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「王への挨拶は済ませた。少ないが支度金も貰った。あとは、仲間だな」

勇者は ルイーダの酒場を おとずれた

ルイーダ「いらっしゃい」

勇者「魔王討伐に協力してくれる仲間を捜してる」

ルイーダ「三人なら、すぐに紹介できるわよ」

勇者「頼む」

ルイーダ「ちょこっと待ってね」

勇者は ちょこっと まった!



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:28:01.77 ID:ZJ8XCM0vO

ここは アリアハンのまち
ここから 勇者のぼうけんが はじまる!

戦士「お前が勇者か。よろしくな」

勇者「強そうだな、前衛は任せるぞ。よろしく」

魔法使い「レベル1ですが、よろしくお願いします」

勇者「俺もレベル1だ。一緒に頑張ろう」

僧侶「……あの、あの」

勇者「ん?」

戦士「ああ、こいつは僧侶だ。俺の幼馴染みなんだ。内気な奴だな才はあるから仲良くしてやってくれ」

僧侶「……褒められた」

勇者「うん。よろしくな」

僧侶「は、はい」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:29:24.11 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「よし、じゃあ支度して、旅に出よう」

戦士「めざすは魔王だな」

勇者「ああ、魔王を倒してみんなで幸せになるんだ」

戦士「フッ」

勇者「なんだよ」

魔法使い「みんなで、というのが勇者様らしいですね」

僧侶「くすくす」

勇者「なんだよーお前ら、なんだよー」

戦士「褒めてんだよ。ほら行くぞ」

勇者「ちくしょーなんか恥ずかしいなー」

勇者は たびのなかまを えた!

そして よにんのたびが はじまった!



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:31:25.45 ID:ZJ8XCM0vO




【町の外】


スライムAがあらわれた!
スライムBがあらわれた!
スライムCがあらわれた!

勇者「きたぞ」

戦士「町を出てさっそくか」

勇者「初戦闘、まずはみんなの力を見せてもらおうか」

戦士「よーし」

戦士の こうげき!
スライムAに 15のダメージ!
スライムAを たおした!
勇者「つよっ」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:33:29.73 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「……では」

魔法使いは メラのじゅもんを となえた!
スライムBに 27のダメージ!
スライムBを たおした!

勇者「つよっ」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:35:01.71 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶「こわいこわいこわいこわいこわい」

僧侶の こうげき!
ぽかっ!
スライムCに 1のダメージ!

勇者「よわっ」

スライムCの こうげき!
僧侶に 7のダメージ!

僧侶「いたいいたいこわいいたいホイミホイミホイミ」

僧侶は ホイミのじゅもんを 3かい となえた!
僧侶の HPが むだに かいふくした!

勇者「お、おい戦士」

戦士「あん?」

勇者「僧侶は戦いに向いてないんじゃ?」

戦士「……はっ。まあ見てろよ」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:38:02.77 ID:ZJ8XCM0vO

スライムCは ニヤニヤ わらっている
スライムCの れんぞくこうげき!

僧侶に――

戦士「僧侶、よけろ!」

僧侶「ッ!」

なんと 僧侶は しゅんじに スライムの はいごにまわった!

勇者「はやっ」

戦士「たたけ!」

僧侶「とおおおおおおおお!」

僧侶の こうげき!
ぽかっ!
スライムCは くだけちった!

勇者「うわっ」

戦士「な? すごいだろ?」

僧侶「ふぅ……ふぅ」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:40:21.71 ID:ZJ8XCM0vO

勇者たちは たたかいに しょうりした!
なんぼかの けいけんちを てにいれた!

魔法使い「どうでしたか? 勇者様」

勇者「強いな、みんな」

僧侶「……てへへ」

戦士「僧侶は命令されると異常に強くなるんだ」

勇者「面白いな」

僧侶「……た、たいしたことないです」

戦士「じゃ、次の戦闘では勇者の力を――」

勇者「ああ、先に言っておく」

戦士「?」

勇者「俺は、弱い」

戦士「……は?」

勇者「俺は、戦いが嫌いなんだ」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:43:23.44 ID:ZJ8XCM0vO




――なんだ、このけん。かせよ。

――あ、か、かえしてよぅ!」

――やーだね! くやしかったらとりかえしてみろよ!

――こ、このぉー!

――なんだよ、いだいなゆーしゃさまが、かよわいおれさまをなぐるのかよ?

――う、うぅ。

――げへっ、くらえ!

ぽかすか ぽかすか

――いたいよぅ。いたいよぅ。

――よわむしのうえになきむしゆーしゃ! ままのおっぱいすってろよー。

――ぐすん。ぐすん。



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:45:18.00 ID:ZJ8XCM0vO




【夜、ある町の酒場にて】

戦士「魔法使いも僧侶も眠ったぞ」

勇者「そうか」

戦士「さあ、聞かせてもらおうか」

勇者「……なにを?」

戦士「戦いが嫌いな理由、だよ」

勇者「……嫌いなだけさ」

戦士「理由になってない」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:48:49.06 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「……なんだろうな。魔物も、人間も、傷付けたくない」

戦士「あ?」

勇者「魔物もどこかから産まれてくるんだろ? なら、親がいるんだろ?」

戦士「まあ、そうだな」

勇者「悲しむじゃないか。親が」

戦士「バカだろお前」

勇者「よく言われる」

戦士「お前の云う“幸せ”ってなんだ?」

勇者「みんなが笑っている世界」

戦士「魔物が溢れかえっている今の世の中、誰も傷付けずにそんな世界が作れるとでも?」

勇者「無理だろうね」

戦士「なら魔物を倒すしかないだろう」

勇者「いやだ」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:50:18.84 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「……なんなんだよお前は」

勇者「うるさい」

戦士「お前は勇者なんだろ? 英雄の息子であるお前は選ばれた――」

勇者「それだよ」

戦士「あ?」

勇者「俺、なんにもしてないよ? ただ産まれただけだよ? 親父の顔も知らないよ?」

戦士「……」

勇者「それのなにが立派なのさ。俺はただのんびり暮らしたいだけさ」

戦士「ならなぜ仲間を集めた? なぜ旅に出た?」

勇者「俺が勇者だからさ。みんなが俺に希望を託して、魔王を倒せばみんなが幸せになれるから」

戦士「でも魔物は倒したくないとか、わけわかんないな」

勇者「俺もだよ。力も無い、形だけの勇者ってなんなのかよくわからない」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:53:09.03 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「だったらもうやめちまえ」

勇者「え?」

戦士「旅なんかやめとけ、お前には無理だ。アリアハンに戻って畑でも耕してこい」

勇者「……それもいいな」

戦士「――ッ!」

戦士の こうげき!
勇者は なぐられ はでに ふっとんだ!

勇者「……いってぇ」

店主「おいおい、揉め事はよしこちゃんだよ」

戦士「傷付けたくない……って言ったよな?」

勇者「は?」

戦士「お前みたいな弱虫が、魔物を傷付けられるとでも思ってんのか?」

勇者「……」

店主「ちょっと、そこの二人、聞いてる?」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:55:11.66 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「なんにもできないんだろ? 弱いんだろ? さっきのスライムすら、お前には倒せない」

勇者「……どうだろうね」

戦士「思い上がるなよクソ勇者が。勇者風吹かして調子に乗ってるのはお前じゃないか」

勇者「……なに?」

店主「ちょっと、ねぇ。ねぇってば!」

戦士「俺は魔王を倒す。勇者じゃなくてもな。誰も俺には期待してないが、それでもいい」

勇者「……」

戦士「俺が魔王をサクッと片付けてやるから、弱虫な勇者様は帰ってママのおっぱいでも吸って――」

勇者の こうげき!
戦士は なぐられ ふっとんだ!

戦士「……あー、口の中切った」

店主「ああ……酒のタルが」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:56:51.15 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「弱虫に殴り飛ばされてりゃ世話ないな、戦士様」

戦士「あ? 誰も傷付けたくないとか抜かしながら挑発されただけで手を出してんのは、テメェだろーが!!」

戦士の こうげき!

勇者「うるせぇうるせぇ!」

勇者の こうげき!
戦士の こうげき!
勇者の こうげき!
戦士の こうげき!
勇者の こうげき!

あわれ みせのなかは くっちゃくちゃに なった!

店主「ぐすん。やめてよぅ……もうやめてよぅ」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 03:58:58.55 ID:ZJ8XCM0vO

【翌日】

魔法使い「おはようございますー」

勇者「おはよう」

戦士「おう」

勇者「……ああ」

魔法使い「?」

戦士「あーあ、弱いとか言いながら本当は俺と同じくらい強い勇者様がいるから旅は安泰だなー」

勇者「お前が弱いだけだろう」

戦士「あん?」

勇者「あ?」

魔法使い「なにか、あったんですか?」

戦士「さー?」
勇者「さー?」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:00:29.15 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「なんでもいいですが、僧侶ちゃんが怯えてます」

僧侶「……」

戦士「あー、わりぃ」

僧侶「……喧嘩は、ダメだよ」

戦士「そうだな」

勇者「あーあー、戦士様は女には甘いんでちゅ――」

勇者の せなかに とがったものが つきたてられた!

魔法使い「ゆうしゃさま? ねぇ、ゆうしゃさま?」

勇者「な、なに?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:03:08.22 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「女のわたしでも扱える武器。尖った針の様な武器はなんですか?」

勇者「ど、どくばりです」

魔法使い「正解です! さすが賢いゆうしゃさま☆ わかりますね? 賢いゆうしゃさまなら、わかりますよね?」

勇者「はい、はい。わかりました」

魔法使い「うん。いい子」

勇者「い、行こうか、みんな」

よにんのたびが さいかいした!



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:04:36.47 ID:ZJ8XCM0vO




バブルスライムAがあらわれた!
バブルスライムBがあわれた!

戦士「やっちゃってくださいよ勇者様」

勇者「うっせ。お前は勝手にガンガンやってろ。命令させんな無能が」

戦士「ひでーな」

戦士の こうげき!

勇者「魔法使いは防御だ! ここは俺と戦士で充分」

魔法使い「はい!」

勇者「僧侶は――」

バブルスライムBの こうげき!

勇者「僧侶、よけろ!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:07:29.32 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶「え?」

僧侶に 12のダメージ!

勇者「あれ? 僧侶、たたけ!」

僧侶「は、はい! てやあああああ!」

僧侶の こうげき!
ぽかっ!
バブルスライムBに 1のダメージ!

僧侶「あわわわわ」

勇者「……あれ?」

僧侶は ちらちらと 戦士のほうを みている!

勇者「あー、なるほど。おい、戦士!」

戦士「なんだよ、今こうげき中だ」

戦士の こうげき!
バブルスライムAに なんぼかのダメージ!

勇者「僧侶に命令してやれ。お前じゃないと無理だ」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:08:52.65 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「なに?」

勇者「いいからはや――あぶない!」

バブルスライムBは 魔法使いに なんか よからぬ えきたいを ぶっかけた!

勇者「くっ!」

勇者は 魔法使いを かばった!
勇者に 10のダメージ!

勇者「わっ、服が溶けた!」

魔法使い「あ、ありがとうございます」

バブルスライムBは なんか くやしそうに している!

戦士「まったく……僧侶、たたけ」

僧侶「はい!」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:11:05.04 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶の こうげき!
バブルスライムBに 9000なんぼかの ダメージ!
バブルスライムBは たたきつぶされた!

勇者「ダメージおかしいだろ」

戦士「僧侶だから」

勇者「納得できない」

勇者たちは たたかいに しょうりした!
けいけんちの びょうしゃが めんどくさいので いこうは かつあい!

戦士「……なんで攻撃しなかった?」

勇者「ん?」

戦士「バブルが魔法使いを狙ってる間にお前がバブルを斬ればすぐ終わったじゃないか」

勇者「あー」

魔法使い「勇者様は私を――」

勇者「いや、いいんだ魔法使い。戦士の云うことは正しい。でも、俺は……」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:13:52.75 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「あー、わかったわかった。お前はそうやって戦え。それがお前の中の正解だ」

勇者「……戦士」

戦士「俺は俺のやり方を曲げないがな。仲間を守ってる暇があったら敵を倒した方が早い」

勇者「否定しないよ俺は。お前はそれでいいよ」

戦士「まあ、魔法使いの服が溶けても困るしな」

魔法使い「もうっ」

勇者「喜ぶ人もいるだろう」

戦士「えっ」

魔法使い「えっ」

勇者「いや、なんでもない。それより僧侶は?」

戦士「あ、忘れてた」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:15:31.12 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶「とおおおおおおお! やあああああああああ!」

僧侶は バブルスライムBのしがいを たたきつづけている!
なんども なんども!
いまはなき バブルスライムBは なきたくなった!

戦士「俺が止めないと、ずっとああなんだ」

勇者「大変だなお前も」

魔法使い「可愛いです」

戦士「もういいぞ、僧侶」

僧侶「あ、は、はい!」

僧侶は 戦士のもとへ かけよった!



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:18:12.99 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「二人は仲が良いですね」

僧侶「……てへへ」

勇者「お似合いだよ」

戦士「幼馴染みだからな」

勇者「それだけじゃないだろ?」

戦士「ばッ! 違うし! ただの幼馴染みだし! 別に可愛いとか思ってないし! ど、どどどど童貞ちゃうわ!」

勇者「言ってないよ」

魔法使い「くすくす」


勇者たち よにんのたびは まだまだ続く!



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:20:03.02 ID:ZJ8XCM0vO




【とある村】

戦士「あ、ここは」

勇者「ん?」

僧侶「……私と戦士くんの、故郷です」

勇者「そうなの? アリアハン出身じゃないのか」

戦士「……ああ」

魔法使い「随分と静かな村ですね」

戦士「誰もいないからな」

勇者「え?」

僧侶「私のママもパパも、戦士くんの両親も、みんな……魔物に」

僧侶は なきそうに なった!



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:22:23.43 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「……そうか」

戦士「何も無い村だ、先を急ごう」

勇者「いや」

戦士「?」

勇者「今日はここで一泊しよう」

戦士「なんで?」

勇者「あれ見てみろよ」

勇者が さしたほうには たくさんの おはかが あった

魔法使い「お墓?」

勇者「荒れ放題じゃないか。綺麗にしてやろう」

戦士「でも、俺達は」

勇者「うっさい黙れ賢さ一桁の無能戦士! 俺は勇者だぞ! 俺に従えウスラトンカチのウズラの卵!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:23:38.60 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「なに怒ってんだよ――ん?」

僧侶が 戦士のかたを つついた!

僧侶「きっと勇者様の優しさ、だよ?」

戦士「……めんどくせーやつ」

魔法使い「くすくす」





ごそごそ ごそごそ

勇者「きったねーなー」

戦士「……」

魔法使い「ゴミが沢山」

僧侶「私のママのお墓……少し、壊れてる」

戦士「……」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:25:57.10 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「戦士、なに黙ってんの?」

戦士「勇者、ちょっと、来い」

勇者「?」


【村のはずれ】


勇者「なんだ?」

戦士「……あのさ」

勇者「うん」

戦士「あれは、人間のしわざだ」

勇者「え?」

戦士「あの荒れようは魔物じゃない、人間がやることだ」

勇者「そんなまさか」

戦士「バカかお前、人間の中にも心の汚い者はいるさ」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:28:10.36 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「信じたくないな」

戦士「ほんとに甘いなお前は。そんなんだといつか――」

そのとき だれかの ひめいが きこえた!

勇者「――ッ! 行くぞ!」

戦士「ああ!」

勇者と 戦士が かけつけると そこには すうにんの かげがあった!

????「女だ! 女がいるぞ!」

雑魚A「ぐへへ」

雑魚B「きしし」

魔法使い「……あなた達」

勇者「おい、どうした!」

戦士「あっ!」

戦士の めせんのさきに たおれた 僧侶のすがたが!



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:30:15.73 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶「うぅ……」

戦士「僧侶! 大丈夫か!」

????「頭をぶっ叩いただけさあ。傷つけちまうと後で困るからな。げへへ」

雑魚A「おやぶんは女の綺麗な肌が好きですからねぇ」

雑魚B「その後はオイラ達にも――」

戦士の こうげき!
雑魚Bを きりさいた!
雑魚Bは しんでしまった!

勇者「お、おい戦士!」

戦士「うるせーぞクソ勇者。僧侶を殴ったコイツらを、俺は生かして帰さない」

????「勇者ぁ!?」

勇者「?」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:32:20.01 ID:ZJ8XCM0vO

????「お前、勇者かよ。へ、へへへ。あの弱虫勇者か。げへ、げへへ」

勇者「なんだ?」

????「覚えてないのかい? お前がチビん時、俺様が散々イジメてやったのによぉ!」

勇者「……まさか、お前!」
????「そうだよ。俺様はお前が大好きなカンダダ様だよ勇者ちゃん」

勇者「……」

カンダダ「ひさしぶりだなぁ? ママのおっぱいは美味しいかい? 泣き虫勇者ちゃん?」

戦士「知り合いか?」

勇者「アレはお前だと思ってたんだけどな」

戦士「あ?」

勇者「こっちの話」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:34:43.20 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「げへへ、げへ、げへへへへへ」

魔法使い「隙あり、です」

魔法使いは メラミのじゅもんを となえた!

カンダダ「あちっ」

しかし カンダダには きかなかった!

魔法使い「え?」

カンダダ「あちーなこのクソアマがああああ!」

魔法使い「きゃっ!」

カンダダの こうげき!
おのが ふりおろされる!
魔法使いは――

勇者「よっ、と」

勇者は 魔法使いをかばい カンダダのこうげきを つるぎでうけとめた!

魔法使い「あっ」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:36:46.14 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「こいつチビの時からやたらマッチョだからな。不細工だがそこそこは強い」

カンダダ「げへ、言ってくれるじゃねぇか勇者ちゃん。げへへ」

魔法使い「わたし、余計なことを」

勇者「大丈夫だ。コイツはそこそこ強いが――」

勇者は カンダダのおのをはじき くびすじに つるぎをつきつけた!

勇者「今の俺はコイツより、ずっと強い」

カンダダ「な、なんだと……」

勇者「お前みたいな不細工に負けるかカス」

戦士「俺の方が強いがな」

勇者「やかまし」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:39:19.21 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「て、てめぇ」

雑魚A「おやぶん!」

なんと 雑魚Aは メラゾーマの じゅもんを となえた!

勇者「えっ?」

戦士「バカ! よけろ!」

メラゾーマは 勇者に ちょくげきした!
勇者は たおれてしまった!

魔法使い「ゆ、勇者様!」

戦士「くそがっ!」

戦士の こうげき!
雑魚Bに 394のダメージ!
あと なんかいか きられて とーたる 2000ぐらいのダメージ!
雑魚Bは しんでしまった!

カンダダ「ひ、ひぃー!」

カンダダは にげだした!

戦士「ちくしょう、待ちやがれ!」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:41:27.30 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「い、い……ほっ……とけ……」

魔法使い「き?」

戦士「下手なギャグ飛ばしてる場合か!」

魔法使い「つ、つい」

戦士「大丈夫か勇者」

勇者「そこそこ……熱い」

僧侶「……ベホイミ」

僧侶は ベホイミのじゅもんを となえた!
勇者の きずが かいふくした!

勇者「僧侶?」

魔法使い「もう大丈夫なんですか?」

僧侶「はい、ごめんなさい」

戦士「謝るな」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:45:41.03 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「ありがとう、僧侶」

僧侶「……てへへ」

勇者「しっかし、なんなんだアイツ」

戦士「盗賊っぽいな」

勇者「落ちぶれたなぁ」

戦士「知り合いなんだろ?」

勇者「まぁ、な」

魔法使い「あれ?」

僧侶「どうしました?」

魔法使い「あそこに、誰かいる」

魔法使いは 村の真ん中で うずくまる 少女をみつけた!



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:47:51.58 ID:ZJ8XCM0vO

なぞの少女は ねつにうなされていた

よにんは 少女のかんびょうをしながら

かわりばんこに ねむりについた


そして


よが あけた!



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:50:27.16 ID:ZJ8XCM0vO




少女「……ん」

勇者「あ、起きた」

魔法使い「おはよう」

少女「……」

勇者「はら、へってないか?」

魔法使い「戦士さん達を起こしてきますね」

魔法使いは 戦士たちを よびにいった



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:52:37.46 ID:ZJ8XCM0vO

少女「……」

勇者「……」

少女「……」

勇者「……」

戦士「お、起きたのか」

僧侶「おはようございますー」

魔法使い「もう熱は引いてますね」

勇者「何も喋らない」

戦士「喋れないのかもな」

勇者「え?」

戦士「だってこんな滅んだ村のど真ん中で倒れてたんだぜ? 何かあったに違いない」

勇者「何か?」

僧侶「魔物に襲われた……とか」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:54:43.19 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「まだ子供なのにな」

少女は いらっと した!

魔法使い「親が殺されてしまったのかもしれませんね」

勇者「魔法使いの発想が怖い」

僧侶「こんなに小さいのに、可哀想」

少女は さらに いらっとした!

勇者「とにかく何か食べさせないと」

魔法使い「そうですね。携帯用で味気無いですが、わたしが何か温かいものでも作りますね」

勇者「魔法使いのメシは旨いから、きっとコイツも元気になるよ」

魔法使い「……えへへ」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 04:58:18.15 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「俺も食いてーな魔法使いのりょう――」

僧侶の こうげき!
戦士の おなかに こぶしが くりーんひっと!

戦士「ごふっ!」

僧侶「私が、つくる」

勇者「だとさ」

戦士「……ははは」

僧侶「なにが、食べたい?」

戦士「堅くないやつ」

勇者「なんだそれ」

戦士「アホかお前、僧侶の料理はダイヤモンドより――」

僧侶「……ぐすん」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:03:26.10 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「あー、食べる食べる。うまいよ。うん。僧侶の作るメシはうまい」

勇者「アツいねーお二人さん」

戦士「ばッ! 別にそんなんじゃねーし! 別にさ! そんなんじゃねーから! おめーの席ねーから!」

勇者「いらねーよ」

僧侶「……子供が、見てるよ」

勇者「あ」

戦士「お前、子供の前で余計な事を言わすなバカ! 教育に悪いだろうが!」

ぷちっと おとがした!

少女「……じゃない」

勇者「ん?」

少女「あたしは! 子供じゃない!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:09:03.78 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「なんか言ってるぞ、子供が」

勇者「ああ、子供がよく言うあれだな」

僧侶「背伸びしたい年頃」

少女「な――」

勇者「まあまあ、子供の言うことなんか――」

少女の こうげき!
勇者の てくびに かみついた!

勇者「いたい!」

少女「ふがふが! ふがふが!」

勇者「いたいいたいいたい! おい戦士! なんとかしてくれ!」

戦士「お前さ、調味料とかちゃんと使ってんのか?」

僧侶「使ってる」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:14:20.23 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「味にムラがありすぎるんだよ。なんでそうなる?」

僧侶「てきとー」

戦士「料理覚えろ」

僧侶「いやだ」

戦士「魔法使いの料理食っちまうぞ?」

僧侶「もう戦士とはしゃべらない」

戦士「なっ! 卑怯だろ! おい」

僧侶「しーらない」

戦士「おい、僧侶! おい! 無視すんな! うん、悪かった。俺が悪かったからさ! な?」

僧侶「くすくす」

戦士と 僧侶は きゃっきゃうふふと たわむれている!
りあじゅうに わざわいあれ!
いおなずん!
しかし なにもおこなかった!
ちくしょー!



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:19:45.68 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「なんだあのときめきメモリアルな二人」

少女「ウザいね」

勇者「そうだな――ってお前なぁ!」

少女「うっさい! あたしは子供じゃない!」

魔法使い「はい、クリームシチューができましたよ」

勇者「わっ、うまそうだなぁ」

魔法使い「子供向けに、甘さたっぷりです☆」

少女「ぬ、ぬわーーーー!」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:25:14.89 ID:ZJ8XCM0vO




少女「……」

勇者「はー、旨かった」

魔法使い「戦士さんと僧侶ちゃんは?」

勇者「ほっとけよあんな青春バタフライなチキンカツでメロンパイな二人」

魔法使い「ちょっとなに言ってるかわかりません」

少女「……」

戦士「お、メシ食ったのか」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:29:44.82 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「お前にはやらねーぞ。魔法使いのメシは俺のもんだ」

魔法使い「え? それってどういう」

戦士「お前、大胆な奴だな」

勇者「いや、え? あ、あれ?」

僧侶「くすくす」

少女「……」

戦士「また喋らなくなったな」

勇者「わけわかんないな」

少女「……し……った」

戦士「あん?」

少女「……おいしかった」

少女は ぼそりと つぶやいた!



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:33:24.25 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「そりゃよかったな。ガキ向けの味付けだからうまいだろ?」

魔法使い「勇者様もうまいうまいって言って食べてましたよね?」

勇者「う」

戦士「ガキだな」

勇者「うぅ」

少女「だから! あたしは子供じゃない!」

勇者「まだ言ってるよ」

僧侶「何歳ですか?」

少女「15だ!」

よにんは とても おどろいた!



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:37:30.42 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「はあああ? 俺の一つ下だ」

戦士「俺や僧侶の一つ下だな」

勇者「戦士って俺と同い年かよ! 気色悪い」

戦士「知るかよ」

魔法使い「わたしの三つ下です」

勇者「魔法使いは年上だったのか」

戦士「姉さん女房だな」

勇者「やかまし」

魔法使い「もうっ」

戦士「しっかし、こんな小さいのになー」

少女「うるさい!」

勇者「で、そんなお前はこんなとこでなにしてた?」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:43:07.48 ID:ZJ8XCM0vO

少女「なんでもいいだろ!」

勇者「よくないだろバカ。危ないだろバカが」

少女「うるさい!」

魔法使い「デザートにプリンがあるよ?」

少女「プリン! 食べる!」

勇者「なら言え。なにしてた?」

少女「うー」

勇者「俺のプリンもやるから」

少女「ほんと!?」

勇者「ああ」

少女「あたしは、盗賊だ!」

戦士「あ?」

僧侶「盗賊?」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:49:55.98 ID:ZJ8XCM0vO

盗賊「あのカンダダって奴を追ってきた!」

魔法使い「どうして?」

盗賊「あいつは、あたしの大切な物を奪ったんだ」

勇者「あらやだ、エロい」

戦士「時々お前みたいな奴がが勇者なんだなって不安になるよ俺は」

勇者「なんで?」

戦士「自分の胸に聞けよ」

盗賊「親の形見のペンダントだ! それを盗まれた!」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 05:55:43.74 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「そうなの。ご両親は亡くなったの?」

盗賊「わからない。どこかにいる……かもしれない。あたしを捨てて、どこかへ行った」

勇者「ひどい親だな」

盗賊「うるさい!」

勇者「な、なんだよ」

盗賊「あたしはずっと一人で生きてきた! 物を盗んで、食べて、汚く生きてきた! 親だけがあたしの希望なんだ!」

勇者「……悪かった」

盗賊「もうほっといてよ!」

魔法使い「……」

戦士「どうする?」

勇者「うーん」

盗賊「プリンはやくちょうだい! 食べたらもう行く」

魔法使い「……」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:01:23.33 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「魔法使い?」

魔法使い「勇者様、わたし、この子を旅に連れて行きたいです」

勇者「どうして?」

魔法使い「……可愛いから」

盗賊「なッ! 誰が川井だ! あたしは盗賊だ!」

勇者「可愛いって言ったんだよ」

盗賊「か、河合でもないぞ! 盗賊だ!」

戦士「俺、なんとなくコイツの性格がわかった」

勇者「似てるからだろ」

戦士「誰がだよ」

僧侶「くすくす」

魔法使い「一緒に、行かない?」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:06:39.78 ID:ZJ8XCM0vO

盗賊「あ、あたしはこんなに、汚いんだぞ!」

魔法使い「一緒にお風呂に入ろう、ね?」

盗賊「いやだ! うるさい! いかないぞ! あたしはずっと一人なんだ!」

僧侶「プリン、あげますよ?」

盗賊「行く!」

勇者「単純だ」

魔法使い「可愛いなあ」

盗賊「か、Cawaii!なんて知らないぞ! あたしはそんなファッション雑誌読んだことなんか――」

戦士「どこから突っ込めば」

勇者「だからエロいって」

魔法使い「……」

僧侶「……魔法使いさん」

魔法使い「はい」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:11:25.91 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使いは 勇者の くびすじに どくばりを つきさした!

勇者「がはっ!」

勇者は たおれてしまった

盗賊「なにやってんの?」

戦士「薄々気付いてたが、こいつ変態だ」

僧侶「こわい」

魔法使い「……まったく」

さーびす たいむ!
魔法使いは 勇者を ひざまくらした!

勇者に ひざまくらかな?

ひざまくら されたことないから ひょうげんが わからない!
ちくしょー!

魔法使い「起きるまで待ちましょうか」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:18:18.50 ID:ZJ8XCM0vO

盗賊「めんどくさいやつだなー」

僧侶「くすくす」


とうぞくが なかまになった!

たびのなかまが ふえ みんな よろこんだ!



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:21:04.25 ID:ZJ8XCM0vO

しかし――


それはどうじに


なかまとの


わかれのあいず


でもあった!


戦士「……」


せんしは ひとり なにかをおもい とおいそらを あおいでいた――



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:23:59.23 ID:ZJ8XCM0vO




【早朝、宿屋にて】

戦士「俺はここで抜けさせてもらう」

勇者「は?」

魔法使い「え?」

とある町にたどりついた 勇者たち そこでつげられた しょうげきのことば!

勇者「なにいってんだ?」

魔法使い「そうですよ。なにを――」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:27:12.59 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「なにも、聞かないでくれ」

勇者「そうはいくかよ。とにかく僧侶と盗賊を――」

戦士「やめろ!」

勇者「な、なんで?」

戦士「盗賊はともかく、僧侶は起こすな」

魔法使い「なぜ? それすら教えてはくれないのですか?」

戦士「あいつは、俺に依存してるから。俺がいないとダメだから」

勇者「だったらお前がいないと」

戦士「それは違う。戦いなんて、誰がいつ死ぬかわからないだろう? だから――」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:32:41.65 ID:ZJ8XCM0vO

勇者の こうげき!
戦士は なぐられ ふっとんだ!

魔法使い「ゆ、勇者さま!」

勇者「ちゃんと説明しろよ。意味がわからん」

戦士「お、お前が」

勇者「あ?」

戦士「お前が、メラゾーマをよけなかったから」

勇者「は?」

戦士「あんな雑魚が放つわけわからんメラゾーマ。よけれたはずだろ? なぜよけなかった?」

勇者「それは……」

戦士「言ってやろうか? もしお前がアレをよけたら、あの村の墓がめちゃくちゃになったからだ」

勇者「ッ!」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:38:04.05 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「だから――」

勇者「それがなんの関係がある!」

戦士「俺は! あの村が大切なんだ!」

勇者「……」

戦士「諦めてたんだ、俺。一度滅んだ村は再建できないって。でも、そんな村をお前は守ってくれた。だから俺も」

勇者「魔王はどうすんだ? お前がアッサリ片付けるんじゃないのか?」

戦士「村を滅ぼした魔王が憎いから、そう決めてた。だけどお前を見てると、な」

勇者「……なんだよ」

戦士「なにかを、誰かを、守るのも悪くないなって思った」

勇者「……」

戦士「頼むよ、勇者。誰かを憎むんじゃなく、誰かを守る道を俺は選びたい」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:46:25.43 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「勇者様」

勇者「…………わかったよ」

戦士「ありがとう、勇者。次にお前が来る時は、ピカピカにしておいてやるよ」

勇者「……期待、しとく」

魔法使い「でも僧侶ちゃんが」

戦士「そうだ。それがもう一つの頼みだ」

勇者「頼み?」

戦士「俺から離れた僧侶を、お前が一人前にしてやってくれ」

勇者「なんで?」

戦士「この先、もしも俺が死んだとしたら、その時は僧侶も死ぬだろう。そんなんじゃ駄目なんだ」

勇者「重いな」

戦士「たのむ」

勇者「……わかった」

戦士「ありがとう」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:51:06.61 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「お前がしおらしいのは気持ち悪い」

魔法使い「くす」

戦士「相変わらずひでーな」

勇者「もういいよさっさと行けよバカ」

戦士「はいはい」

戦士は 宿屋のとびらを ゆっくりと ひらいた

戦士「また、な」

勇者「……ああ」

そして とびらは とじられた

魔法使い「……いっちゃいましたね」

勇者「……ふん」

魔法使い「僧侶ちゃんにはどう説明しましょう?」

勇者「そうだなあ」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 06:57:09.35 ID:ZJ8XCM0vO

勇者と 魔法使いが かんがえている そのはいご

だれのしかいにも はいらない ものかげに


僧侶「……」


僧侶の すがたがあった


僧侶「……ひ……ひぐっ……え……んっ……」


僧侶は ものかげにかくれ こえをころして ないた

ながしたなみだは せんしとの おもいでのかずだけ



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:02:56.51 ID:ZJ8XCM0vO




僧侶「おはようございますー」

盗賊「……ねむい」

勇者「お、おはよう」

魔法使い「そ、僧侶ちゃんおはよう。あの、あの」

勇者「いい、俺が話す。あのな僧侶、落ち着いて聞いてくれ。戦士がだな――」

僧侶「戦士? 誰ですかそれは?」

勇者「え?」

魔法使い「え?」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:08:06.36 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶「そんな人のこと、私は、し、知りません。はやくいきましょう」

勇者「あ、ああ」

かいわもなく わかれたふたり

そのわかれをとおして 僧侶はすこし つよくなった!

盗賊「……ねむい」

たびは どんどんと かこくになってゆく



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:12:51.79 ID:ZJ8XCM0vO




【とある洞窟にて】

がいこつけんしAがあらわれた!
がいこつけんしBがあらわれた!

勇者「まずいな、MPがもうない」

勇者のこうげき!
がいこつけんしAに 67のダメージ!

勇者「僧侶! 魔法使いにスカラだ!」

僧侶「はい!」

僧侶は スカラのじゅもんを となえた!
魔法使いの 守備力があがった!

がいこつけんしBの こうげき!
魔法使いに 51のダメージ!



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:17:14.91 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「くっ」

勇者「守備力上げてもそんなにか」

僧侶「……負けません!」

僧侶の こうげき!
がいこつけんしBに 270のダメージ!
がいこつけんしBを やっつけた!

勇者「俺よりつよっ」

僧侶「負けられません! バカなどこかの誰かさんにビンタしてやるまでは、負けられません!」

勇者「……ああ、そうだな!」

盗賊「よいしょ」

盗賊の こうげき!
盗賊は がいこつけんしAの かんせつを ぬいた
がいこつけんしAは くずれさった

勇者「わ、すごい」

盗賊「骨だから、抜いちゃえばいいんだ」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:21:21.95 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「賢いな」

盗賊「か、かしこ。っていうのは主に女性がつかう文章の締めだぞっ!」

勇者「無理くりボケんな。突っ込めない。魔法使い、こっちに来て」

魔法使い「はい?」

勇者「ホイミ」

勇者は ホイミのじゅもんを となえた!
魔法使いの きずが かいふくした!

魔法使い「あ、ありがとうございます」

勇者「最後の残りっ屁だ。もうすぐで洞窟を抜ける。頑張ろう」

魔法使い「はい!」

僧侶「いいなぁ」

盗賊「ウザいね」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:25:04.21 ID:ZJ8XCM0vO

ゆっくりとだが かくじつに 勇者たちは つよくなった!

そうして たどりついたのは 魔王バラモスのしろ!

ちなみに このものがたりは げんさくには あまりそっていない おりじなるだ!

いろんなものを すっとばしているが ごかんべんを!



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:30:26.04 ID:ZJ8XCM0vO




【バラモス城】

勇者「ここが、魔王の城か」

魔法使い「薄暗いですね」

僧侶「こわい」

盗賊「大丈夫大丈夫! ぽぽーんとやっつけよう!」

勇者「暢気な奴だな。でもいいのか? もしかしたら死ぬかもしれないんだぞ?」

盗賊「みんな同じじゃないか」

勇者「俺達は魔王を倒すという目的があって旅をしてきた。でもお前は」

盗賊「うるさい! あたしはあたしの決めたように生きる」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:35:43.68 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「でもな――」

盗賊「うるさいうるさい! あたしは皆といるのが楽しいんだ! 悪いか!」

勇者「……ははっ、悪くないよ」

魔法使い「行きましょうか」

僧侶「頑張りましょうね」

盗賊「うん!」

勇者「よし、行くぞ! みんな、生きて帰るんだ!」

勇者たちは まおうのしろへ のりこんだ!



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:40:42.58 ID:ZJ8XCM0vO




【城内】

うごくせきぞうの こうげき!

勇者「くっ」

勇者は 僧侶を かばった!

勇者「僧侶、たたけ!」

僧侶「はい!」

僧侶の こうげき!
うごくせきぞうは くだけちった!

勇者「やっぱ俺より強い」

盗賊「あ! はぐれメタル!」

はぐメタ「ぎくっ!」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 07:46:43.88 ID:ZJ8XCM0vO

勇者があらわれた!
魔法使いがあらわれた!
僧侶があらわれた!
盗賊があらわれた!

はぐメタ「く、くそー」

勇者「よしきた!」

魔法使い「みんなで攻撃を!」

勇者「一斉に!」

僧侶「はい!」

勇者「踏めええええええええ!!」

勇者たちは いっせいに はぐれメタルを ふみふみ した!



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:02:30.72 ID:ZJ8XCM0vO

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「ぐっ」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「まだまだァッ!」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「くっそおおおお」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「まだだッ! まだ終わらんよッ!」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:06:16.95 ID:ZJ8XCM0vO

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「メタスラとは違うのだよ! メタスラとは!」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「貴様らにもあるだろうっ!」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「守りたい人! 愛する人がッ!」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「私にはそれが無い? 否ッ!」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「この命に換えても守りたい! 大切なものが私にもあるッ!」

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「その意志をッ! この身が果てるまで貫いてみせようぞッッッ!」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:09:45.07 ID:ZJ8XCM0vO

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!
ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!
ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!
ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!
ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「……ここまでか」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:12:30.16 ID:ZJ8XCM0vO

ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!
ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!
ふみふみ
はぐれメタルに 1のダメージ!

はぐメタ「さらばだ……ブルマ(妻)トランクス(息子)……そして、カカロット(人参)
ちなみに人参は私の好物だ」


はぐれメタルは メガンテのじゅもんを となえた!


勇者「わっ!」

はぐれメタルは くだけちった!

盗賊「あああ!! 経験値が!!」

勇者「……やられた」

魔法使い「残念ですね」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:17:54.00 ID:ZJ8XCM0vO

僧侶「ふみふみふみふみふみふみふみふみふみふみふみ」

勇者「僧侶、もういいぞ」

僧侶「あ、は、はい」

盗賊「先へ進もう! サクサク行こう!」

勇者「そうだな」

????「さあて、それはどうかなあ?」

勇者「……お前はっ!」

カンダダ「よう、元気かくそったれども」

盗賊「あー!! お前は!!」

カンダダ「なんだお前」

盗賊「ペンダント返せこら!」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:22:42.93 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「ペンダント?」

盗賊「あたしのペンダントだ!」

カンダダ「しらねえな」

勇者「どうしてお前がここに?」

カンダダ「俺様はなあー魔王様のしもべになった」

勇者「は?」

カンダダ「人間をやめたんだ――よッ!」

とつじょ カンダダの すがたが かききえた

魔法使い「えっ?」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:24:32.40 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「メラミのお返しだ! 死ねクソアマ」

カンダダは 魔法使いのはいごに あらわれた!

勇者「まずいっ!」

勇者が かけだすも そのあしは おそい

カンダダ「死ねやあああああああ!」

カンダダは おおきなおのを 魔法使いめがけて ふりおろした!

魔法使い「――きゃあああああ!」

カンダダの するどいいちげきは 魔法使いの からだを きりさいた!



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:29:45.43 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「魔法使い!」

僧侶「魔法使いさん!」

盗賊「お、お姉ちゃん!」

カンダダ「おっと、動くなよ? 少しでも動けば、コイツの首と身体がオサラバだぜ?」

カンダダは たおれた魔法使いを ふみつけ くびすじに おのをつきつけた!

魔法使い「ぎゃっ……あ」

勇者「お前……お前……」

カンダダ「悔しいか? なあ勇者ちゃん? 悔しいのかよ? げへっげへへ」

僧侶「ひどい」

カンダダ「お前らだってなあ、俺様の子分を殺したじゃないか」

勇者「あれは……戦士が」

カンダダ「あぁん? 仲間を売るとはとんだ勇者様がいたもんだなあ? げへへっ」

勇者「ちっ!」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 08:34:15.32 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「そうだ。そこの小娘」

盗賊「……あたし?」

カンダダ「このペンダント」

盗賊「あっ! あたしの!」

カンダダ「げへっ、違うね。これはなあ、俺のなんだよ」

盗賊「え?」

カンダダ「昔、ガキを孕んで頼んでもないのに産みやがった女がいてな」

盗賊「なに? なに?」

カンダダ「俺様が気付いた時には、ガキを産んだあとだった」

勇者「……まさか」

カンダダ「さすが勇者ちゃんは賢いでちゅねー! その小娘はなあ、俺様の娘なんだよ」

盗賊「――ッ!」

カンダダ「信じられねぇよなあ? でも、事実なんだぜ? げへっ」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:03:00.16 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「ほぅら、パパでちゅよー」

盗賊「――ッッッ!」

勇者「本当に?」

カンダダ「そうだぜえ? このペンダントがなによりの証拠だ!」

勇者「……」

カンダダ「俺様はその小娘のパパなんだ。パパでちゅよー盗賊ちゅわーん!」

勇者「嘘つくな。あの頃、小さかっただろお前」

カンダダ「ガキでも子供は産めるんだぜえ?」

勇者「でまかせを! おい、盗賊! コイツは――」

盗賊「おかあさん、おかあさんは!?」

勇者「……盗賊?」

カンダダ「げへ、げへ、げへへへへへへ。ほらな、狂ってるよなあ? 俺もコイツもさあ」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:08:48.91 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「カーチャン? お前のカーチャンはどんな顔してたかなあ? げへへ」

勇者「くっ、おい盗賊! コイツの言ってることは――」

盗賊「おかあさんは、いきてるの!? どこにいるの?」

カンダダ「見ろよあの目、飛んじまってるぜえこの小娘」

勇者「テメェ……」

カンダダ「お前のカーチャンは、そうだなあ。殺したよ。こんな風に――なッ!!」

カンダダは おので 魔法使いの おなかを きりつけた



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:11:16.80 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「がっ……」

勇者「おい! テメェ!」

僧侶「魔法使いさん!」

カンダダ「げへへへへっ! 汚れちまった。もういらねーわこんな女」

カンダダは 魔法使いを けとばし 勇者のまえに ころがした

勇者「魔法使い! 僧侶、回復を!」

僧侶「はい!」

僧侶は 魔法使いのきずを いやしはじめた!

勇者「……切り刻んでも足りないくらいだ、お前は」

勇者は つるぎを かまえた!

カンダダ「カッコイイねえ勇者様は」

カンダダは へらへらとわらっている!



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:13:22.75 ID:ZJ8XCM0vO

盗賊「……おかあさん……おとうさん……どこ?」

勇者「盗賊……俺が、すぐ終わらせてやる」

勇者の こうげき!
カンダダに 194のダメージ!

カンダダ「げへっ」

勇者の こうげき!
カンダダに 215のダメージ!
勇者の こうげき!
カンダダに 261のダメージ!

カンダダ「げへへへへっ」

カンダダは へらへらと わらっている

勇者の こうげき!
カンダダに 372のダメージ!
勇者の こうげき!
カンダダに 401のダメージ!

カンダダ「いてぇなーいてぇなー」

勇者「なぜ、倒れない!」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:15:47.99 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「魔物だから」

勇者「納得できるか!」

勇者の こうげき!
カンダダに 569のダメージ!
勇者の こうげき!
カンダダに 699のダメージ!
勇者の こうげき!
カンダダに 738のダメージ!

カンダダ「ぐっ……」

勇者「効いた!?」

勇者の こうげき!
カンダダに 977のダメージ!

カンダダ「がっは!」

勇者の こうげき!
カンダダに 1012のダメージ!

カンダダ「待て! ま、待ってくれ!」

勇者「あ?」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:20:48.69 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「と、盗賊! 助けてくれ! お前の父さんが死にそうだ!」

勇者「な、なにを」

カンダダ「俺様は本当はお前を愛していたんだ!」

勇者の こうげき!
カンダダに 1070のダメージ!

盗賊「……?」

カンダダ「本当だ! お前は、花のように可愛かった! 何度も何度も、抱っこしたさ!」

勇者「もう喋るなよお前は!」

勇者の こうげき!
カンダダに 1200のダメージ!

盗賊「……」

勇者の こうげき!
カンダダに 1251のダメージ!

カンダダ「盗賊、頼む! 勇者とそこの女を殺してくれ! お前の“父さん”が死にそうなんだ! げへっ!」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:22:40.24 ID:ZJ8XCM0vO

勇者の こうげき!
カンダダに 1346のダメージ!

カンダダ「が……盗賊! た、助けてくれ! 盗賊!」

勇者「聞くなっ! 盗賊!」

勇者の こうげき!
カンダダに 1346のダメージ!

勇者「……盗賊?」

勇者が ふと ふりかえると

盗賊「あ……あああああ」

盗賊が てにしたナイフで 僧侶の せなかを つきさしていた

僧侶「――」

こえもなく 僧侶は くずれおちた

カンダダ「げへ、げへへへへげへへへへへへへへへへ!」

勇者「僧侶!」

カンダダ「やりやがったぜコイツ! さすがは俺の娘だあ!」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:28:04.27 ID:ZJ8XCM0vO

盗賊「あああああああああああああああああああああああああああ!」

盗賊は くるったようにさけび 勇者に きりかかった!

勇者「やめろっ! やめてくれっ!」

カンダダ「ぎゃはははははは! いけねえ、笑い方忘れちまった。もういいや、シメといこうか」

勇者「え?」

カンダダ「おう、我が娘よ」

盗賊「あああああ……あ?」

カンダダ「僕ちんはお前なんかのパパじゃないですよーだ! べろべろばーのおしりぺんぺーん! ペンダントはあとで美味しくいただきます!」

盗賊「あ……あああああああああああああああああああああああああああ!!」

盗賊は てにした ナイフを みずからのくびに つきさした!

勇者「――ッッッ!」



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 09:30:15.84 ID:ZJ8XCM0vO

カンダダ「ぎゃはははははは!! 完全勝利だぜえ! これでお前の仲間はもう――」

勇者の こうげき!
カンダダに 8648のダメージ!
カンダダを やっつけた!

勇者「……ちくしょう! みんな!」

勇者は 仲間のもとへ かけよった!

勇者「今、回復を!」

僧侶「……だ、だめ……です」

勇者「僧侶?」

僧侶「この先には……魔王が。魔王が……いるんです。倒して……魔王……を」

勇者「僧侶!」

僧侶は しんでしまった!



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:00:18.90 ID:ZJ8XCM0vO

勇者は はいごにある おおきなとびらを みた

勇者「魔王……」

魔王使いの なきがらが ある

勇者「魔法使い……」

盗賊の なきがらも

勇者「盗賊……」

勇者は ふっと いきをはいた

勇者「仲間が死んで平和になる世界なんて、俺はいらない!」

勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし 僧侶は いきかえらなかった
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし 魔法使いは いきかえらなかった
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし 盗賊は いきかえらなかった

勇者「な、なんで」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:06:15.04 ID:ZJ8XCM0vO

勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!

しかし だれも いきかえらなかった

勇者「なんでだなんでだなんでだ!」

勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし MPがたりない!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし MPがたりない!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし MPがたりない!
勇者は ザオラルのじゅもんを となえた!
しかし MPがたりない!



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:09:29.81 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「ちくしょう! ちくしょう!」

????「悔しいか、勇者よ」

勇者「え?」

勇者の はいごの とびらが ゆっくりと ひらいた

そして あらわれた

勇者「お前が……魔王か」

魔王、バラモス!

バラモス「蘇生呪文なんぞ、無駄だ」

勇者「なに?」

とつじょ バラモスのめが まばゆいひかりを はなった!

勇者「――ッ!」

魔王使いの からだは くだけちった!
僧侶の からだは くだけちった!
盗賊の からだは くだけちった!

勇者「……あ……あああ」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:15:41.47 ID:ZJ8XCM0vO

バラモス「人間とは、かくも弱き者。どうだ、お前も魔物にならぬか? お前が魔物になれば――」

勇者は こしをひくくおとし かまえたつるぎで まっすぐに バラモスを ついた!

勇者のつるぎは バラモスのノドを つらぬいた!

バラモス「が……あ……」

勇者は そのまま つるぎをねじり バラモスを まっぷたつに ひきさいた!
バラモスをやっつけた!

勇者「……あ」

勇者「……あああああ」

勇者「……………わああああああああああああああああああああああああ!!!!」

勇者は さけび あばれ バラモスのしろを めちゃくちゃに した!



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:17:50.81 ID:ZJ8XCM0vO

こうして


いくつものぎせいをかさね

勇者の たびは


おわりをつげた――



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:22:17.22 ID:ZJ8XCM0vO

【アリアハン】

村人A「勇者様だ! 勇者様が帰ってきたぞ!」

勇者「……」

村人B「英雄だ! 彼こそ、この世界の英雄だ!」

勇者「……」

母「ああ、おかえりなさい勇者。こんなにボロボロになって」

勇者「……城」

母「え?」

勇者「城に、行ってくる」

母「そうね、わかったわ。終わったらすぐに帰ってきなさいね」

勇者「……」

勇者は なにもいわずに しろにむかって あるきだした



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:26:42.71 ID:ZJ8XCM0vO

母「……どうしたのかしら」

爺「無理もない。疲れておるのじゃろう」

母「そうね、何か美味しいものでも――」

勇者「……」

勇者の あゆみはおそく まるで しにんのような それ



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:30:01.02 ID:ZJ8XCM0vO

【アリアハン城内】

王様「よくぞ、よくぞもどってきた! 勇者よ!」

大臣「勇者さまはこの国の英雄じゃ!」

王様「なんと、一人で魔王を倒したのか?」

勇者「……?」

王様「素晴らしい! そなたにはアリアハンに伝わるこの剣を与え――」

勇者は だまって 王様のかおに ひとふりのナイフを さしだした

王様「な、なんじゃこれは?」

勇者「俺の、仲間だ」

王様「仲間? まさか?」

勇者「……」

大臣「なんと……しかしこれからこの国は」

勇者「あ?」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 10:33:55.38 ID:ZJ8XCM0vO

勇者は こおりつくような つめたいめで 大臣を にらみつけた!

大臣「ひッ!」

勇者「それで終わりか? 俺の仲間に対して、それで、終わりか?」

王様「す、すまぬ勇者よ。そなたにはなんでも褒美を」

勇者「だったら仲間を生き返らせてくれ」

王様「遺体は?」

勇者「無い」

大臣「それでは……」

勇者「ちっ」

勇者は しろを たちさろうとした!

王様「待て! 勇者よ! 宴の準備が!」

勇者「そんなもん、いらない」

勇者は しろから たちさった!



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:01:51.19 ID:ZJ8XCM0vO

王様「勇者よ、不甲斐なき王を許してくれ」

大臣「難しいものですな。勇者という生き物も」

王様「大臣!」

大臣「しかしですな! 政治というものは――」

王様「黙れと言うとるに! 衛兵にその首をはねさせるぞ!」

大臣「……失礼を」

王様「どうか、勇者の行く道に、悪意無き光が降り注ぎますよう――」

そして そのひ いらい 勇者は アリアハンのまちから すがたをけした

母「勇者ったら、まだかしら」

あさも ひるも よるも
母はずっと 勇者のかえりを まちつづけた



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:09:10.18 ID:ZJ8XCM0vO




【とある村】

戦士「おらぁ!」

戦士の こうげき!
あらくれものを やっつけた!

戦士「ちくしょう次から次へと! この村には何も無いぞ!」

戦士は あれいらい むらを まもっている

戦士「勇者達はそろそろ、魔王城についたころかな?」

勇者たちの しょうりをねがう せんし
そんな せんしの はいごに かげ

勇者「……戦士」

戦士「ん、おお!? 終わったのか?」

勇者「……ああ」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:17:16.86 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「そうか。よく頑張った。それで、他のみんなは?」

勇者「しんだ」

戦士「え?」

勇者「みんな、みんな、しんだ」

戦士「僧侶も、か?」

勇者「ああ」

戦士の こうげき!
勇者に 1のダメージ!

勇者「いたくないよ」

戦士「……ちくしょう」

戦士の こうげき!
勇者に 1のダメージ!
戦士の こうげき!
勇者に 1のダメージ!
戦士の こうげき!
勇者に 1のダメージ!
戦士の こうげき!
勇者に 1のダメージ!



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:23:57.74 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「もっとほんきでやってくれ。ころしてくれ、おれを」

戦士「――ッ!」

戦士の こうげき!
勇者に 175のダメージ!

戦士「ちくしょう、ちくしょうちくしょうちくしょうちくしょうちくしょう!」

勇者も 戦士も ただただ なみだをながすばかり だった



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:30:10.34 ID:ZJ8XCM0vO




【日が暮れて】

戦士「落ち着いたかよ?」

勇者「ああ」

戦士「どんだけ殴らせるんだ。手が痛い」

勇者「ごめんな」

戦士「もう、殺してくれとか情けないこと言うなよ?」

勇者「ああ」

戦士「よし、じゃあ行くぞ!」

勇者「……どこに?」

戦士は にやりとわらって じめんを ぽんぽんと ふんだ

戦士「この下」

勇者「は?」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:36:50.88 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「でっかい穴がどっかにあって、飛び込んだ先に別の世界が広がってる。そこにも、魔王がいる」

勇者「ほんとに? なんで知ってんの?」

戦士「色々調べたんだ。倒すぞ、そいつを」

勇者「なんで?」

戦士「なんでって、魔王がいなかったら僧侶は死なずに済んだ」

勇者「でも、バラモスとは違うんだろ?」

戦士「細かい事情は知らん。知りたくもない。けどな、勇者」

勇者「なに?」

戦士「俺は、魔王が気に入らない。それだけだ」

勇者「わかりやすいな」



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:41:50.51 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「一緒に行ってくれるか?」

勇者「もちろん」

戦士「じゃ、行くか」

勇者「二人だけで?」

戦士「一人で充分だがな」
勇者「言ってろ。行くぞ」

戦士「ああ」

勇者と 戦士
ふたりのたび

戦士「あ、その前に」

勇者「ん?」

戦士「ダーマ神殿に寄るぞ」

勇者「?」

そして さいごのたびが はじまった!

もうちょっとだけ つづくんじゃ!



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:45:47.68 ID:ZJ8XCM0vO




【ダーマ神殿】

神父「転職したいのか?」

戦士「ああ」

勇者「転職?」

戦士「ちょっと黙ってろ」

神父「なんの職業に?」



戦士「賢者だ」



神父「は?」

勇者「は?」



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:49:53.45 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「賢者にしてくれ」

神父「さとりのしょ、は?」

戦士「なんだそれ」

神父「賢者になるために必要なアイテムじゃ」

戦士「どこにある?」

神父「どっかの塔」

戦士「知ってるか?」

勇者「いろんなものをすっとばしたから知らないな」

戦士「おい、魔王を倒した勇者様が知らないって言ってるぞ? そんなアイテム無いんだろ? 嘘つくなハゲ」

神父「なっ!」

勇者「おいおい」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:52:49.18 ID:ZJ8XCM0vO

戦士「なあ頼むよ、俺、どうしても賢者になりたいんだ。頼むよ、じいさん」

神父「……仕方がないのう。もう魔王もいないし。いいか」

戦士「やった!」

勇者「ごり押しだ」

神父「では戦士よ、賢者の――」

戦士「そういうのはいい。変身すりゃいいんだろ」

神父「むぅ、わしの楽しみを奪うとは……それっ」

とつじょ 戦士のからだが ひかりつつまれ

戦士「お?」

戦士は

戦者「おおお?」

賢者になった!

賢者「よっしゃあああああ!」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 11:56:15.97 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「むさっくるしいのが美青年になった! 転職こわい」

賢者「ありがとなハゲ!」

神父「は、はははハゲちゃうわ! 剃ってんねん!」

賢者「そりゃ悪かった。ほんとありがとな!」

神父「ほ、ほんとだよ! ほんとに、ほんとに剃ってるんだからねっ!」

勇者「なにがどうしてそんなキャラ」

賢者「行こう」

勇者「あ、うん」

勇者と 戦士 あらため 賢者は ダーマしんでんを あとにした



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:00:15.24 ID:ZJ8XCM0vO




【どこかの大穴】

勇者「なんだこれ」

賢者「この下にいるんだ。憎たらしい魔王がさ」

勇者「そうか」

賢者「あ、そうだ!」

勇者「ん?」

賢者「その、僧侶をだな、刺した……盗賊のナイフは、どこにある?」

勇者「ここに」

賢者「かせ」

賢者は 勇者の てから らんぼうに 盗賊のナイフを もぎとった



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:07:14.87 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「俺の武器はこれでいい」

勇者「盗賊向けの武器だぞ。軽いが弱いぞ」

賢者「いいんだ。戦士の強さに、僧侶と魔法使いの心。そして盗賊のナイフだ。どんな敵にも負けはしない」

勇者「それで賢者になりたかったのか。あー、あのさ、盗賊を、責めないでくれよ?」

賢者「わかってるよ。盗賊はなにもわるくない。悪いのは不細工なくそったれだ」

勇者「そっか。前から思ってたけど」

賢者「ん?」

勇者「お前ってロマンチストだよ」

賢者「はっ、良い仲間に囲まれたお前はしあわせものだ。ばーか」

勇者「言ってろ。行くぞ」

賢者「ああ」

勇者と 賢者は 大穴に とびこんだ!



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:13:32.76 ID:ZJ8XCM0vO

【アレフガルド】

勇者「なんだ、ここ」

賢者「暗いな」

勇者「城がある」

賢者「行ってみるか」

勇者と 賢者は しろにむかって あるきだした

そのあいだに たくさんの まものをたおし

賢者のレベルが ぐーーんとあがった!





【ラダトーム】

ラルス「何者だ?」

賢者「そっちこそ」

ラルス「余はラダトームの王、ラルスである」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:18:29.48 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「勇者です」

ラルス「勇者とな!?」

勇者「え、はい」

ラルス「勇者とな!?」

勇者「な、なに?」

ラルス「言いたかっただけ。二回も言ってやったもんねー!」

勇者「なんなのこの王様」

賢者「魔王倒したいんだけど」

ラルス「ゾーマのことか、町を出ると見える島におる」

勇者「すっとばすか。駆け足で」

賢者「そうだな、アイテム集めるのめんどくさいし、サクサクいきたい」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:22:01.01 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「行ってきます!」

ラルス「お、おい。ゾーマにはこの光のたまを――行っちゃった」

なぜか ラルス王が ひかりのたまを もっていた!

しかし 勇者と賢者は それにきづかなかった

ちめいてきな ミス!





【外】

勇者「あそこかー」

賢者「橋がないじゃないか」

勇者「なんかアイテムがいるんだろう」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:30:50.21 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「とりに行く?」

勇者「やだ」

賢者「なら、どうする?」

勇者「………………泳ごうか」

賢者「えっ」

勇者「ほら、行くぞ」

賢者「ええええええええ!?」

勇者と 賢者は
ゾーマのしろまで

なんと およいでいった!

だれかさん みたいに!



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:36:23.07 ID:ZJ8XCM0vO




【ゾーマの城】

勇者「着いた」

賢者「が……は……死ぬかと思った」

勇者「余裕だろ」

賢者「お前なんかおかしいな」

勇者「バラモス倒してから覚醒した気がする」

賢者「頼もしい限りだな」

勇者「行くぞ」

賢者「はいはい」

勇者と 賢者は
ゾーマのしろに 乗り込んだ!



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:43:56.57 ID:ZJ8XCM0vO

【城内】

賢者「敵がウヨウヨだ」

勇者「そういやギガデイン覚えたんだ」

賢者「すげーな」

勇者「試し打ち。ギガデイン!」

勇者は ギガデインのじゅもんを となえた!
どこかの敵をやっつけた!

勇者「一撃だ」

賢者「ぽぽーんとやっつけよう」

勇者「盗賊みたいなこと言ってるぞ」

賢者「あいつ可愛かったから、悪い気はしないな」

勇者「変態かよ」

賢者「お前に言われたくない」



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:50:38.33 ID:ZJ8XCM0vO

などと ざつだんを しながら
勇者と 賢者は てきを なぎたおしていった!

そして――

勇者「あれ、誰かいる」

勇者の まえには はんらの だれかさんがいた!

賢者「変態かよ」

だれかさんは つよそうなまものと たたかっている!

勇者「助けよう」

賢者「ああ」

だれかさんは たおれた!

勇者「あっ」
賢者「あっ」



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 12:52:59.71 ID:ZJ8XCM0vO

????「な、なんだ。そこに誰かいるのか?」

勇者「大丈夫ですか?」

賢者「回復しよう」

????「無駄だ。もう何も見えない。わたしの名はオルテガ」

勇者「オルテガ? まさか!」

オルテガ「ああ、どこかの誰かさん。もしアリアハンに住む勇――」

賢者「オッサン、なんで半裸なの? 半裸で魔物に勝てると思ったの?」

オルテガ「ぐふっ」

オルテガは しんでしまった

勇者「あ……」

賢者「なんだ? 知り合いなのか?」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:00:11.24 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「たぶん……俺の親父」

賢者「は? ってことは、あのオッサンが英雄かよ!」

勇者「なんか、夢が壊れた。ていうかお前、親父の最後のセリフ奪ったろ?」

賢者「怒ったのか?」

勇者「いや、正直変態っぽいから助かった」

賢者「俺はお前がアレの息子だとわかって得心がいった」

勇者「……先へ進もう」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:07:43.83 ID:ZJ8XCM0vO




勇者「ここかな?」

ゾーマ「びくっ!」

賢者「あ、なんかいる」

ゾーマ「ちょっと待って、誰?」

勇者「勇者と賢者」

ゾーマ「ちょ、ちょっと待ってね!」

ゾーマは ばたばたと たたかいの じゅんびを している

ゾーマ「急な来客はやめてよねー。こっちはリラックスしてたんだからー」

勇者「ごめんなさい」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:14:36.59 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「ちょっとー、バラモスゾンビー! クシが無いんだけど! 髪ボサボサ!」

勇者「……バラモス?」

バラモスゾンビ「へい、クシをお持――」

勇者の こうげき!
バラモスゾンビの のうてんを かちわった!
バラモスゾンビをやっつけた!

賢者「えっ」

勇者「つい条件反射で」

ゾーマ「あー! バラゾンちゃんが!」

勇者「略した」

ゾーマ「ブロス! ブロスや! ちょっと来――」


勇者の こうげき!
ブロスとよばれただれかを やっつけた!

ゾーマ「つよい」
賢者「はやい」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:22:00.52 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「あんたら強いね? 弱くはないよ、アイツら。えっと――」

勇者「まだいるのか?」

ゾーマ「いるんだけど、誰だっけ?」

賢者「知るわけないだろ」

ゾーマ「だよね。ねえ、戦うの? この、ゾーマと?」

勇者「そのために来た」

勇者は つるぎを かまえた!

ゾーマ「本当に?」

賢者「いまさら戻れない」

賢者は 盗賊のナイフを かまえた!

ゾーマ「……わかった」

勇者「来るぞ」

賢者「最後の戦い、だな」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:27:01.29 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「最初っから本気出す」

ゾーマの まわりに すさまじい ちからが あつまってくる!

勇者「生きて帰るぞ、必ず」

賢者「ああ」

ゾーマ「残念、それ無理ね」

ゾーマの てのひらに きゅうそくに まりょくが あつまる!

ゾーマ「マダンテ!!」

勇者「え?」
賢者「え?」

すさまじい まりょくのはどうに 勇者と 賢者は ふきとばされた!

ふたりは かべにぶちあたって ゆかにくずれおちた

ゾーマ「あー、飛んだ飛んだ。城壊しちゃったし反則技だけどいいよね。さて、魔法の聖水を」

ゾーマの MPが かいふくした



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:29:51.67 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「ぷはぁっ! まずい――お?」

勇者「いっ……てぇ」

なんと 勇者が たちあがった!

ゾーマ「お、おおおお?」

賢者「なんだ……いまの」

なんと 賢者が たちあがった!

ゾーマ「凄いね! 君たち凄いよ! ゾーマの全魔力だよ? 耐えたんだよ? 凄い!」

勇者「……死にそうだ」

賢者「今度はこっちの番だ」

賢者は メラゾーマのじゅもんを となえた!
賢者は イオナズンのじゅもんを となえた!
賢者は ベギラゴンのじゅもんを となえた!
賢者は マヒャドのじゅもんを となえた!
賢者は バギクロスのじゅもんを となえた!



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:32:49.17 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「おお凄い凄い。花火だ花火。楽しいなー」

勇者は ギガデインの じゅもんを となえた!

ゾーマ「あーピリピリする。肩こりが治る。素敵」

勇者のこうげき!
ゾーマに 12のダメージ!

勇者「かたっ」

ゾーマ「やみのはごろも、あるからね。光の玉持ってないの?」

賢者「なんだそれ」

ゾーマ「知らないの? じゃあ絶対無理だわ。つまんない」

ゾーマは メラゾーマのじゅもんを となえた!



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:36:42.32 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「負けるか!」

賢者は メラゾーマのじゅもんを となえた!

ふたつの メラゾーマが ぶつかり――

賢者の メラゾーマが かききえた!

賢者「なっ!」

賢者に メラゾーマが ちょくげきした!

賢者「か……は……」

勇者「賢者!」

勇者は ベホイミのじゅもんを となえた!

賢者「ゆ、勇者。コイツ……ヤバい。わりと本気で、死ぬぞ俺たち。くそったれ!」



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:36:58.62 ID:VGNADt6V0

ゾーマかわいいな



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:41:23.01 ID:ZJ8XCM0vO

賢者は たちあがり ゾーマに むかって かける!

ゾーマ「お? まだやんの?」

賢者「盗賊のナイフは小さくて軽いからな。やってやるさ!」

ゾーマ「なにが来る? わくわく」

賢者「ジャーーーン拳! グーーーーー!」

賢者は 盗賊のナイフを キラキラとかがやく ゾーマのひとみに ぶっさした!

ゾーマ「ギャアアアアアアアアアア!!」

賢者「へ、ざまーみろ。なんちゃらのころもも、目は守れなかったようだな。右目はもう見えないな」

勇者「作品が。あとそれグーじゃない」

賢者「言うな。アイツも反則したんだ。俺だって」

ゾーマ「貴様ァァァァ!! 貴様ァァァァ!!」

勇者「次は俺が」



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:45:42.53 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「次は俺が」

ゾーマ「フン、剣など――」

勇者の こうげき!
ゾーマに 274のダメージ!

ゾーマ「ギャッ!」

勇者の こうげき!
ゾーマに 425のダメージ!

ゾーマ「グッワッ!」

勇者の こうげき!

ゾーマ「やめてくれ! やめてくれ!」

賢者「おい、勇者」

勇者「ん?」

勇者は こうげきを やめた

賢者「こいつ、まだ遊んでる」

勇者「え?」



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:52:28.35 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「ねえねえ、そっちのロン毛くん?」

賢者「俺?」

ゾーマ「さっきのやって。左目にも、刺して」

賢者「は?」

ゾーマ「あれー? できないのー? あ、ビビってるんだー。そーかそーか」

賢者「だ、誰がビビるか!」

ゾーマ「なら、おいでよ、ほら」

ゾーマは 賢者を ちょうはつ した!

勇者「お、おい」

賢者「黙ってみてろ」

賢者は ゾーマにむかって かけだした!

賢者「左目にもサヨナラだ!」

ゾーマ「わくわく」



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:57:29.07 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「ジャーーーーン拳! チョーーーーキ!!」

盗賊のナイフが ゾーマの ひだりめに つきささった!

ゾーマ「があああああああああああああああ!!」

ゾーマは いたみに のたうちまわる!

賢者「へ、調子に乗るからだ」

しかし――

ゾーマ「なーんちゃって☆」

賢者「え?」

ゾーマ「ベホマ」

ゾーマは ベホマのじゅもんを となえた!
ゾーマの きずが かんぜんに かいふくした!

賢者「は、反則だろ」

勇者「賢者! 逃げろ!」



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 13:59:42.69 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「逃がさないよーだ。痛かったんだから!」


ゾーマのこうげき!
賢者に 489のダメージ!

賢者「げはっ」

勇者「賢者!」

勇者は ギガデインのじゅもんを となえた!
勇者は ギガデインのじゅもんを となえた!
勇者は ギガデインのじゅもんを となえた!
勇者は ギガデインのじゅもんを となえた!

ゾーマ「青い青い!」

なんと ゾーマは じゅもんを はねかえした!

勇者――ではなく ギガデインは 賢者へ

賢者「ぐあああああ!!」

賢者に 804のダメージ!
賢者は しんでしまった!

ゾーマ「まだまだああああ!」



248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:03:52.65 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマのこうげき!
ゾーマのこうげき!
ゾーマのこうげき!

ゾーマ「あれ? あ、もう死んでるんだ。はい、あげる」

ゾーマは 賢者を ごみのように なげすてた!

勇者「ザオラル!」

なんと 賢者は いきえった!

ゾーマ「おお! すごい!」

勇者「よし!」

賢者「ぐ……う……」

ゾーマ「でも、死んだままの方がよかったかもよ?」

ゾーマは メラゾーマのじゅもんを となえた!
ゾーマは メラゾーマのじゅもんを となえた!
ゾーマは メラゾーマのじゅもんを となえた!

ゾーマ「三つ、あげる」

勇者「くっ!」



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:11:13.27 ID:ZJ8XCM0vO

勇者は 賢者をかばい――

賢者「どけっ!」

しかし 勇者をつきばした 賢者に みっつの メラゾーマが ちょくげきした!

賢者「へ……へへ」

ゾーマ「耐えた! すごい!」

賢者「なあ勇者?」

勇者「ん?」

賢者「俺さー、僧侶の事が大好きだった」

勇者「知ってるよ」

賢者「恋とか愛じゃなく、もうね、半身、右腕、相棒って感じ」

勇者「そうか」

ゾーマは メラゾーマのじゅもんを となえた!



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:17:51.27 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「賢者! よけろ!」

賢者「でもッッッでも、さーでもさーでもさーでもさーでもさーでもさーでもさー」

勇者「賢者?」

賢者「クソ魔王のせいでだよ? 僧侶、死んじゃった。この怒り、誰にぶつければいい?」

勇者「なに言ってんだお前」

賢者「そこの不細工なクソ魔王様にだよ!」

賢者は ふらふらとしたあしどりで ゾーマにちかづいた

ゾーマ「不細工って言った! いま不細工って言った!」

ゾーマの こうげき!

勇者「ちっ」

勇者は 賢者を かばい――

賢者「だから邪魔すんなハゲ!」

やはり 勇者は つきとばされてしまった!



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:22:56.04 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「な、なんなんだよお前は」

ゾーマ「あれあれー? 仲間割れかなー?」

賢者「いてぇいてぇ」

こうげきを くらいながらも 賢者は ゾーマに ちかづく

ゾーマ「ちょっと、さすがに気持ち悪いんですけど」

ゾーマの こうげき!
しかし 賢者は たえた!

ゾーマ「体力どんだけあんの?」

じょじょに じょじょに 賢者は ゾーマに 近付く

ゾーマ「あああ! 気持ち悪い!」

ゾーマが てをかざすと 賢者の みぎうでが ふきとんだ!

賢者「がああああッッッ! いてぇなああああちくしょおおおおがああああ!」



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:27:13.73 ID:ZJ8XCM0vO

ゾーマ「こわいこわいこわいこわい!」


賢者「なあ勇者!」

勇者「なんだよ、どうしたんだよお前」

賢者「良いもんやる」

勇者「え?」

賢者は フバーハのじゅもんを となえた!
賢者は スカラのじゅもんを となえた!
賢者は ベホマのじゅもんを となえた!

賢者「大好きな相棒、僧侶がいて」

賢者は バイキルトのじゅもんを となえた!

賢者「優しい魔法使いがいて、それから――」

賢者は 盗賊のナイフを 勇者に なげわたした!

賢者「もっと多くの人に愛されるはずだった盗賊がいた」



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:32:59.99 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「お前、なにをする気だ!」

賢者「白状すると、俺さ、魔王なんかどうでもいいんだ」

勇者「え?」

賢者「駆け足でさ、光の玉? だっけ? もとらず、サクサクとクソ魔王様の所まで来たけどさ」

賢者は ゾーマの すぐめのまえまで きた!

賢者「僧侶はさ、バラバラになったんだっけ?」

勇者「あ、ああ」

賢者「俺がやりたいのは、一つだ」

賢者は にやにやと わらっている

賢者「俺も、バラバラになろうかなー、なーんて」

勇者「――まさかっ!」

ゾーマ「バラバラになって消し飛んじゃえば生き返らないの? ヒントをありがとう! もう殺す!」

勇者「ちぃッッッ!」



259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:39:04.01 ID:ZJ8XCM0vO

勇者の こうげき!

ゾーマ「遅い遅い」

しかし はじかれてしまった

ゾーマ「そうだ、あんたからにしよう。あんたはつまんないからもういいよ」

ゾーマは 勇者にてをかざし――

賢者「そうそう、これも一回やってみたかった」

賢者が 勇者を かばった!

勇者「――なッ」

賢者「勇者、みんながお前の事を見てるんだぞ。カッコ悪い事、するなよ」

勇者「け、賢者!?」

ゾーマ「死ねえええええええ!!」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:44:04.19 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「おせえよ! バラバラには、自分からなってやるよ!」

賢者は ゾーマの ふところにもぐりこみ

賢者「メガンテ!!!!」

メガンテの じゅもんを となえた!

賢者は くだけちった!

そして――

ゾーマ「ぎゃああああ!!」

ゾーマの やみのころもが はがれおちた!



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:48:38.99 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「……なに、やってんの?」

ゾーマ「ちくしょおおおお! 許さねぇ! 絶対許してなんかやらねぇ!」

ゾーマの こうげき!
勇者に 17のダメージ!

勇者「なにそれ」

ゾーマ「はああああああああああ? なんでそんな堅いんだよクソが!」

勇者「お前が弱ったんだろうが」

ゾーマ「やみのころもが無くたって! 勇者の一人や二人」

勇者の こうげき!
ゾーマに 823のダメージ!

ゾーマ「ぎゃあ!」

勇者「どいつもこいつも俺を置いて死んでいった!」



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 14:53:25.43 ID:ZJ8XCM0vO

勇者の こうげき!
ゾーマに 718のダメージ!

勇者「俺が望む世界は、みんなで幸せになる世界だ!」

勇者の こうげき!
ゾーマに 987のダメージ!

ゾーマ「あ……ああ……あ」

勇者「なあゾーマ? 知ってるか?」

ゾーマ「……な……に」

勇者「俺はバラモスを、一撃で倒した」

ゾーマ「……は?」

勇者「魔王をだ。ありえないだろう? なんでだと思う?」

ゾーマ「知るか!」

ゾーマの こうげき!
勇者に 1のダメージ!



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:02:28.88 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「わからないだろうなあ。仲間の大切さを、失った時の悲しみを。お前はなんにも知らないだろう」

ゾーマの こうげき!
勇者は ダメージを うけなかった!

ゾーマ「なんなんだ、なんなんだお前は」

勇者「勇者、なんだってさ」

勇者の こうげき!
ゾーマに 941のダメージ!

ゾーマ「が……」

勇者「勇者ってなんなのか、余計わかんなくなったけどね」

勇者の こうげき!
ゾーマの からだを まっぷたつに ひきさいた!

ゾーマを やっつけた!



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:07:40.46 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「……賢者がいなけりゃ、勝てなかったなあ。いや、いなくならなけりゃ……か」



勇者「仲間が死なないと強くなれないんだってさ。とんだ勇者様だ」



――あーあ。



さいごに そうつぶやいて
勇者は ゾーマのしろを あとにした



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:14:17.10 ID:ZJ8XCM0vO

【ラダトーム】


ラルス「よくやった! そなたに勇者ロトの称号を――」

国民「勇者様バンザーイ! バンザーイ!」

勇者「……あーあ。明るいとこんなに綺麗な町なのか」

勇者は どこかを さまよい あるく


勇者「アリアハンにも帰れないんだって……寂しいなあ」

そして

みんなが

しあわそうなえがおをうかべる

そんなラダトームから

勇者は すがたを けした



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:20:24.17 ID:ZJ8XCM0vO

みんなでしあわせになる せかい

かれがのぞむせかいは

さいごまで

かなうことなく

とだえてしまった


こうして

勇者の

ながいながいたびは

ほんとうに



おわりをつげた――



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:24:38.11 ID:ZJ8XCM0vO

――と おもいきや


【天上界】

勇者「来ちゃった! ていうか、来れちゃった!」

勇者は 天上界に いた!

勇者「ゾーマ倒したら空飛べるようになったよ俺。もう人間じゃないだろ」

勇者「ここに、なにか強い奴がいるんだよな?」

勇者は 天上界を ねりあるいた!



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:30:15.95 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「魔物しかいない。弱いからいいけど――あっ!」

そのとき 勇者は そらをかける トカゲを 見つけた!

勇者「あいつっぽいな! おーい!」

??「ん?」

トカゲは そらをとぶ にんげんを みつけた!

??「なんだあいつこわい」

勇者「こんにちは! 俺、勇者!」

??「な、なんのようだ」

勇者「ここに、強い奴がいるって聞いて」

??「そうか、それは私のことだ」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:36:55.27 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「あんた誰?」

??「私はしんりゅう。なんでもできる凄い竜だ」

勇者「なんでも? 願いを叶えることは?」

神竜「できるぞ」

勇者「しぇんろん!」

神竜「?」

勇者「なんでもない。じゃあ、願いを叶えて」


神竜「よかろう。私が倒せたら――」

ぽかっ!
勇者は げんこつで しんりゅうを なぐった!
しんりゅうは きぜつ した!

勇者「あっ! なんか俺めちゃくちゃ強くなったんだ」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:44:09.19 ID:ZJ8XCM0vO




神竜「うぅ……」

勇者「おはよう。さ、願いを叶えて」

神竜「私を一撃で倒すとは、さすがは勇者だな。よかろう。願いを言え」

勇者「仲――」

神竜「具体的には、このどちらかで頼む」

・オルテガをいきかえらせて!
・エッチなほんをちょうだい!

勇者「」

神竜「さ、願いを言え」

勇者「おいこら延長コード」

神竜「えんちょっ……なん、なんだって?」



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:51:44.91 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「親父はまだしもエッチなほんってなんだ。尻にどくばり刺してやろうか」

神竜「いやだこわい」

勇者「仲間を生き返らせてくれ」

神竜「仲間?」

勇者「賢者、魔法使い、僧侶、盗賊の四人だ」

神竜「なぜ?」

勇者「仲間だからだ」

神竜「では、お前の仲間ではない、魔物に殺された者達はどうなる?」

勇者「じゃあみんな生き返らせて」

神竜「それは無理だ」

勇者「じゅあ仲間を生き返らせることはできるんだな! やってくれ!」

神竜「ダメだ」

勇者「なんでさ」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:53:31.16 ID:ZJ8XCM0vO

神竜「命とは、個人の感情で操って――」

勇者「あーうるさいうるさい! いいからやれよ! 俺は勇者だぞ!」

神竜「……お前にとって、勇者とはなんだ?」

勇者「……」

神竜「どうした?」

勇者「仲間が死んで俺が強くなった時から、おかしかったんだ。今じゃ空も飛べる」

神竜「ん?」

勇者「なあ神竜? きっとさ、勇者って死なないんだろう?」

神竜「……」

勇者「なにがあったって、最後には魔王を倒せるって仕組みなんだろ?」

神竜「そのとおりだ。勇者は死なない。正確には何度でも蘇る」

勇者「だったらさ?」

神竜「……ん?」

勇者「なんで仲間は死んだのさ? 死ななくてよかったじゃん」



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 15:58:26.76 ID:ZJ8XCM0vO

神竜「そうだな」

勇者「だから、生き返らせて。代わりに俺の命をあげるから」

神竜「なぜそこまで?」

勇者「俺、思ったんだ」

神竜「?」

勇者「俺を含めたみんなで幸せにはなれないなら、俺以外のみんなが幸せになればいいやって」

神竜「ほう」

勇者「だからさ、お願いだよ。一つくらい、ワガママ聞いてくれよ」

神竜「……よかろう」

勇者「やった!」



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:05:36.43 ID:ZJ8XCM0vO

神竜「ただし、条件がある」

勇者「なに?」

神竜「私と戦え、私の気が済むまで」

勇者「弱いのに?」

しんりゅうは しゃくねつのほのおを はいた!

勇者「あついあついあついあつい」

神竜「本気を出せばお前なぞ」

勇者「よーし! やってやろうじゃん!」


勇者と 神竜の たたかいは みっかみばん つづいた!

ころすため ではなく どこか たのしむように

ひとりと いっぴきは たたかいつづけた



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:11:57.39 ID:ZJ8XCM0vO

勇者「いっやー楽しいなあ! 殺されかける度に俺はどんどん強くなる!」

神竜「どこかの戦闘民族だな」

勇者「……なあ、もういいだろう?」

神竜「そうか。わかった」

とつじょ 神竜が まばゆいひかりを はなち
よっつの ひかりのたまを うみだした!

勇者「わお」

神竜「挨拶はいいのか? これこそが、お前の仲間達だぞ」

勇者「うーん」

神竜「はやく」

勇者「お幸せに!」



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:17:39.21 ID:ZJ8XCM0vO

とたん ひかりのたまは いっせいに ちじょうへと おりていった

神竜「これでお前の仲間は生き返った」

勇者「どこで?」

神竜「ラダトームだ」

勇者「そうか、ありがとう。神竜」

神竜「では、お前の命をいただくぞ」

勇者「ああ、もってけ。これでもなかなかに悪くない人生だった」

神竜「お前は気持ちの良い奴だな」

勇者「竜に褒められるとか気持ち悪い。はやくやって」

神竜「では」

神竜が つぶやくとどうじ

勇者の からだがひかりにつつまれ

たかい たかい そらへ

すいこまれていった



304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:23:17.10 ID:ZJ8XCM0vO

神竜「……」

――ひとつ、聞いておこう。

――なに?

――お前の仲間が生き返った時、まずなにをすると思う。

――うーん、仲間との再会を喜ぶだろうな。

――ふっ……殊勝な奴よ。

神竜「……本当に、気持ちの良い人間であった」


こうして


勇者は


このせかい そのものから


きえた



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:26:05.74 ID:ZJ8XCM0vO

勇者が

さいごに たくした

ねがい――


【ラダトーム】


賢者「う……ん?」

魔法使い「あ」

僧侶「え?」

盗賊「……あれ?」

それがいま

このばしょで

かたちとなった!



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:30:58.87 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「そ、僧侶! 僧侶か!?」

僧侶「だ、だれですか?」

賢者「俺だよ! 戦士だよ!」

僧侶「え? え?」

賢者「僧侶、たたけ!」

僧侶「やあああああああああ!」

賢者「ほらな!」

僧侶「あ……あ……」

あるものは あいするひとを だきしめて

盗賊「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

あるものは ひたいから ちがでるまで あやまりつづけた

そして――

魔法使い「……勇者様」

あるものは そらをあおいで



309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:34:27.79 ID:ZJ8XCM0vO

賢者「これは、勇者の装備品?」

僧侶「なぜここに?」

盗賊「謝りたいよぅ勇者ぁ」

すこしおくれて

みんなが かれを おもう

とおい とおい そらに

かれの すがたを かさねてみては



310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:37:20.32 ID:ZJ8XCM0vO

【天上界】


神竜「どうやら一人だけ、最初にお前を思い出した人間がいたようだ」

神竜の ひとみにうつるのは

かなしそうな 魔法使いの えがお

神竜「……なかなかに悪くない人生であった、だろうな」


神竜は ひとつ わらって


どこかへと とびさった――



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:43:34.57 ID:ZJ8XCM0vO

【エピローグ】


――アレフガルドにある、小さな村。

戦士「よーし、今日はこのくらいだな」

僧侶「お疲れさま」

 いつもいつも仲の良い、夫婦の姿。

戦士「今日は毛皮が沢山とれた」

僧侶「いつもありがとう」

戦士「なんのこれしき! もうすぐ子供が産まれるんだからな」

僧侶「頑張ってね、パパ」

 二人はついに故郷へ帰ることはできなかったが、この場所にささやかな幸せを見つけていて。



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:46:43.78 ID:uHKZMLnsO

また転職しとるww



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 16:48:56.78 ID:ZJ8XCM0vO

――どこかの、高原。

盗賊「はやく行こうよ姉ちゃん! おとうさんとおかあさんがどこかで――」

魔法使い「わかってるわかってる」

 緑が広がる大地を駆ける盗賊の後を、少しだけ大人っぽくなってみせた魔法使いが追う。

 二人は、盗賊の両親をさがしている。
 そしてその道すがら、勇者ロトの生涯を、語り歩く。



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:01:10.10 ID:ZJ8XCM0vO

盗賊「あたし、全然背が伸びない!」

魔法使い「良い風ねー」

盗賊「無視すんな!」

魔法使い「あら、お花が」

盗賊「姉ちゃんには似合わない」

魔法使い「プリンあげないよ?」

盗賊「わ、わーまるで姉ちゃんに食べてもらうために咲いてる花達だー」

魔法使い「花は食べ物じゃありません」

 きっと、アレフガルドに盗賊の両親はいない。それを想って、盗賊はこっそり涙をこぼす。

 きっと、勇者には二度と会えない。出会った人々に勇者ロトの生涯を聞かせる度に、魔法使いは一滴だけ、涙を地に落とす。

 そんな二人だから、気が合ってしまい旅に出た。



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:06:14.18 ID:ZJ8XCM0vO

魔法使い「戦士さん達は元気かなあ?」

盗賊「元気でしょ。むさっくしい戦士に戻ったんだし」

魔法使い「また、会いに行こうね」

盗賊「うん!」

 一瞬、強い風がその場を通り抜けた。

魔法使い「……あ」

盗賊「どうしたの?」

 髪を靡かせながら、魔法使いは立ち止まり、そっと忍ばせたソレを空に翳す。



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:08:05.98 ID:ZJ8XCM0vO

 にこりと笑って。一つ、言ってみせる。

魔法使い「わかりますね? どくばり、です。はやく……会いに来てくださいね」

 途端、一陣の強い風が、ごおっとなって、空へと舞い上がった。

魔法使い「あ、逃げた。もぅっ」


盗賊「一人でなにくっちゃっべんの? キモいよ?」

魔法使い「う、うるさい」

 もう一度だけ、空を仰ぎ見て。

魔法使い「きっとですよ、きっと」

 優しい声と柔らかい笑顔をその場に残し、また、歩き出した。



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:09:48.22 ID:ZJ8XCM0vO

――勇者の仲間が、街の人々に語る。

「勇者ロトは――」



――教会の神父が、子供達に聞かせる。

「勇者ロトは――」



――そして、遠い未来の語り部達は、彼をこう呼んだ。



「伝説の勇者、ロト」



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:11:23.97 ID:ZJ8XCM0vO

 高原を駆ける二つの影。この場所、この時間から、勇者ロトの英雄譚は、語り継がれる――



そして でんせつが はじまった!



勇者「みんなで幸せになろう」


改め


勇者「みんなが幸せだったらそれでいいや」



【おしまい】



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:11:53.51 ID:7Fir8k5x0

おお
おつかれさま、楽しませてもらったよ



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:14:00.11 ID:ZJ8XCM0vO

終わったあああああああ!よっしゃあああああああああ!
どえらい時間かかったけど、楽しかった!
さるなどで迷惑かけてごめんなさい!
ありがとうございました。

おやすみ!



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:16:38.57 ID:8SdrFtwA0


面白かった



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:16:50.51 ID:FFScCGXe0

お疲れ
12時間以上よく粘ったな。
お前はよくやったと思うよ。
ゆっくり休め。



348: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2011/08/01(月) 17:31:58.97 ID:z526I5gH0

面白かったよ
おつおつ



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 17:39:45.55 ID:bSUmbvj60

な、なかなか良かったじゃねーか



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 18:14:27.36 ID:ZfNETNJw0

乙~
おもしろかった!



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/01(月) 18:33:01.20 ID:Bnl0IU3w0

乙!



ラグナロク~光と闇の皇女~ プレミアムボックス
ガンホー・オンライン・エンターテイメント (2011-10-27)
売り上げランキング: 308
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (55)

          • 1. あ
          • 2011年08月01日 23:20
          • 久しぶりに途中で読むの断念した
            ノリがウザい。
            人と会話したことない非リアぼっちが受けると思って書いてるんだろうけど、生理的に受け付けない
          • 2. 名無し
          • 2011年08月01日 23:25
          • ※1
            コメントで自己紹介すんなよww
          • 3. 名無し
          • 2011年08月01日 23:46
          • 何と言うか……第三者視点?
            まったく入れない
            あといちいちうざい
          • 4. さぶろう
          • 2011年08月01日 23:54
          • 微妙
            雰囲気があまり…

            ※2
            わざわざ煽る必要はないと思うぞ
          • 5. 名無し
          • 2011年08月02日 00:03
          • おもしろい。なにがおもしろいかって?コメ欄が荒れそうでおもしろい。

            SS自体は最初っから破綻してるからつまらん
          • 6. 名無し
          • 2011年08月02日 00:17
          • 同じ奴が米してるみたいに見えるわ

            バブルスライムには好感が持てたと言いたい
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 00:22
          • 元スレにも夏厨湧いてたけどまとめ記事にも夏厨って沸くんだな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 00:30
          • すっげー面白かった、面白すぎて一気に読んだ、気持ちも晴れた。
            オレも明日(日付かわってた、今日)決戦なんだ(ハロワ)

            >>1さん、ありがとう。
          • 9. 名無し
          • 2011年08月02日 00:38
          • つまらない ただただつまらない
          • 10. 名無し
          • 2011年08月02日 00:53
          • 自己紹介吹いたwwww
          • 11. 泥濘
          • 2011年08月02日 01:24
          • みんな幸せじゃないじゃん勇者死んだし



            勇者は死ぬのが幸せだったのか
          • 12. 名無し
          • 2011年08月02日 02:24
          • なんかいたたまれなくなるつまらなさ
            多分俺がSS書いたらこんな感じになるんだろう
          • 13. いやはや
          • 2011年08月02日 04:42
          • いいSSだった!

            つまらないSSなんか読むなら他のことした方がいいと分からせてくれた、貴重な作品


            >>1のコメに概ね賛成だが、①SS以外読んだことがないであろう稚拙な文章と、②ネットすらコミュ障を隠せない、という類い稀な作者だった、と付け加えたい
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 05:24
          • 俺の評価と全然違うww
            俺はけっこう面白かったよ
          • 15. あうあう
          • 2011年08月02日 06:51
          • 1 つまんねーなコレ。まとめに載せるなよ
          • 16. -
          • 2011年08月02日 08:47
          • くっそつまんねえ。
            全部読んだが30分無駄にしたわ。
            他の勇者SSにあやかろうとしてるのが見え見え。
          • 17. 名無し
          • 2011年08月02日 09:20
          • 1 つまんね
            もうこの>>1はSS書くなよ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 09:49
          • 1 つまらないと書くと嫉妬してるだの言ってくるのは何なのだろう
            無料だから 嫌なら見るなってことかな
            つまりロンドンブーツの淳みたいなもんかな
          • 19. ロト
          • 2011年08月02日 10:27
          • 良かったぞ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 10:37
          • つまんないと思ったらそこで見るのやめればいいじゃんwww
            なんで最後まで読もうとするのかねえ ドMのくせに最後に文句言うの?wwww
            ここのブログだけでもたくさんSSはあるんだからつまらないと思ったら別のを読めばいいwww
            かく言う俺もつまらないと思ったから今から別のSSを読むところなんですけどねwwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 10:39
          • ※18 嫉妬なんて誰も書いてないよ。君には目がついてないのかな。

            お前たち、面白くないって最初に気づけなかったのがダメだったんでしょ。
            普通に最後まで読んだ人にはコメントなんて最後に目に付くものだし
          • 22. あ
          • 2011年08月02日 11:03
          • 作者の自己満SS。設定が色々と崩壊してるからドラクエ好きは見ないことをオススメする。
          • 23. 名無し
          • 2011年08月02日 13:47
          • ※2涙目ww作者乙w

            最近の勇者SSがレベル高かったの抜きにしてもつまんねーわ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 14:03
          • 平仮名とスペースキーだけで構成された部分が恐ろしいほど直接胸に響いた。
            これで全体の構成も良かった最高だった。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 15:20
          • プロット練ってから書こうぜ
            ちょっと酷過ぎるから
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 16:15
          • 1 ゴミSS
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月02日 23:58
          • これ微妙だな
            最初と最後だけ読んだが色々と鼻につく

            コメント荒れてるが好き嫌い分かれるタイプだなこりゃ
          • 28.  
          • 2011年08月03日 02:01
          • まとめられているSSの中じゃトップクラスの人物描写の稚拙さだ
          • 29. 名無し
          • 2011年08月03日 02:56
          • 感想を書く以上、全て読んでから書く方がいいかなと思い、全て読んだ

            苦痛だった
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月03日 04:30
          • 驚きの酷さ 序盤から気持ち悪い
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月03日 09:16
          • 魔法使いかわいかった
          • 32. あ
          • 2011年08月03日 13:12
          • 書き上げるのは大変。
            仕上げたのは偉かった
            さぞ頑張ったんだろう
            でも読んで損した…時間を無駄にしたと思っちゃったよ…
            次はもっと頑張ってくれ
          • 33. プリン
          • 2011年08月03日 13:49
          • もう書かないで欲しい
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月03日 16:37
          • 批判コメ多いけど、批判してる奴らがもしSS書いてもこんなもんだろ

            つーかまとめに乗っただけマシなレベル
          • 35. あ
          • 2011年08月05日 00:30
          • 久々に残念
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月05日 19:42


          • まー・・・・※欄含めみんな幸せそうだからいいんじゃね?
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月10日 06:24
          • ※13
            何こいつ気持ち悪い
            演劇部とかに居そう
          • 38. 名無し
          • 2011年08月10日 13:33
          • スレタイで後藤隊長かと思ったじゃない
          • 39. 名無し
          • 2011年09月04日 00:17
          • これ面白いか?と思ってたけど
            コメント欄も似たような意見で安心したわ
          • 40. -
          • 2011年09月14日 09:53
          • 勇者SSのおすすめにこの記事があったから見たけど、全然面白くなかった。
            他の勇者SSは面白いものばかりなのに・・・これを薦める管理人の意図がわからない。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月16日 22:58
          • 途中で投げかけした感じかな
            おおまかなプロットだけ作ってたけど細部はまったくつめてない感じの奴

            で、悪趣味な部分とかの妙な部分だけ細かいっていう典型的な…
          • 42.
          • 2011年12月02日 04:45
          • アンチがねちねちキモイなww
            おもしろかった
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月12日 23:58
          • 微妙かと思ったけど最後は結構良かった
          • 44. 名無し
          • 2012年02月25日 03:47
          • 途中まで読んだから惰性で読んだ感じだ
            最後まで読んで微妙なら文句も言いたくなるわ
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月04日 07:38
          • おもしろかった。
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月16日 09:37
          • つまんないって言う人は自分で書いてみろって話。

            シンプルで面白かったけど、与ダメが
            倍々になったり4桁いったのはちょっと
            ドラクエじゃないなーとおもた。
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月23日 03:06
          • 5 文章はクソだったが雰囲気や想像のしやすさはあった


            コメント1の自己紹介のほうがつまらなかった
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月16日 22:26
          • うざすぎだお
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 07:32
          • SSよりコメ欄の方が面白いという
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月22日 04:55
          • 普通に面白かったよ

            魔法使いさんに幸あれ
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月09日 20:05
          • 所々光るところはあったんだけどなぁ…
            全体で見たら凡作ってところか…
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月20日 09:44
          • >>36まで読んだとこで、あまりの駄作臭に思わず※欄みてしまったが、どうも読むのやめて正解みたいだな
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月30日 22:15
          • くっさいし文章も糞
            だがそれがいい
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月30日 16:31
          • 素人ssならこんなもんだろ

            たまに本当に作家かってレベルで凄い人がいてそっちと比べるから批判ばかりになるのでは?
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月06日 23:33
          • 戦いは嫌い。
            でも仲間が倒すのはいいよ。
            何この勇者。無理でした。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ