TOP

勇者「冒険の書が完結しない」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:47:46.99 ID:Xd9Fqp7N0

王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「……」

勇者「えっ?」

戦士「この戦いも大詰めだな! 後は魔王を倒すだけだ!」

賢者「今の私たちであれば、勝機は十二分にあると思われます」

僧侶「気を引き締めていきましょうね、勇者様!」

勇者「みんな」

勇者「何を言ってるんだ」



勇者「魔王はもう倒したじゃないか」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:49:51.03 ID:Xd9Fqp7N0

戦士「ああ? 何を寝ぼけてるんだ勇者!」

賢者「夢ですね。しかし口に出しても現実のなんの足しにもなりませんよ」

僧侶「でも決戦前夜に魔王を倒す夢をみるなんて縁起がいいですね!」

勇者「待ってくれ」

勇者「ちょっと混乱してる。整理させてくれ」

勇者「冒険の書は……」

戦士「おいおい、そいつを確認しないと今日の日付けもわかんねーのか!」

賢者「決戦前で気持ちは分からないでもないですが、勇者さんらしくないですね」

僧侶「み、皆さん、最後の戦いの前なんですよ? 誰だって緊張くらいしますよ!」

勇者「……そう、最後の戦いの……前……」

勇者(冒険の書は、魔王城突入前で終わっている)

勇者(だけどオレには間違いなく、この手で魔王を倒した記憶がある)

勇者(これは一体……)



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:52:24.64 ID:Xd9Fqp7N0

【宿屋】

勇者「ちょっと賢者」

賢者「はい」

勇者「突然ですまないけど……『時の砂』という道具は、時間を巻き戻すんだってな」

賢者「はい。ただその存在はあくまで文献によるもので、この世界には現存しないはずです」

勇者「賢者の読んだ文献の範囲でいい、その時間ってのはどのくらい巻き戻すんだ?」

賢者「そう長い時間は巻き戻せないようです。ある本では魔物との一戦ほどとありました」

勇者「そっか……。ちなみに賢者」

賢者「はい」

勇者「なんていうか、時間が丸一日以上さかのぼるような呪文なんてないよな?」

賢者「はい。ラナルータの昼夜逆転は半日を往復するのでそれ以上は伸びませんし――」

賢者「パルプンテの効果でもそのような実例は聞いたことがありません。ただし唱えた後に何の効果もなかった場合」

賢者「実際は時間が巻き戻っていながら、術者が知覚できていないというケースは考えられなくもありません」

勇者「……まぁでも、パルプンテは戦闘中しか唱えられないし、あくまで戦闘にしか影響を及ぼさない呪文だよな」

賢者「はい。私の知る限りでは」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:54:27.01 ID:Xd9Fqp7N0

勇者「……」

戦士「なぁ勇者、どうしちまったんだよ!」

勇者「……そうだな。戦士たちからみればオレだけがどうかしてるように見えるんだよな」

賢者「そろそろ説明してくれませんか? 時間の大切さはあなたがよく分かっているはずです」

僧侶「勇者様……」

勇者「分かった。整理がついた」

勇者「まず前提として、これから話すことに一切の冗談はないことを信じてくれ」

戦士「おー勇者がそうやって勿体ぶるたぁ相当だな!」

賢者「意味のある前提と取っていいんですね」

僧侶「ここまで来たんですもの、いまさら勇者様を疑ったりしません!」

勇者「ありがとな。で、さっそく本題なんだけど――」



勇者「なぜか今のオレには、これから倒しにいくはずの魔王を、すでに倒した記憶がある」

勇者「その後訪れた平和な世界も、一時だが過ごした記憶がある」

勇者「分かりやすく言ってしまえば、時間が巻き戻ってしまっている」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:56:32.01 ID:Xd9Fqp7N0

戦士「そりゃーおめー勇者! さすがにすぐにゃー信じらんねーよ!」

賢者「非常に興味深い話ではあります。真実であれば」

僧侶「じ、時間が巻き戻るなんて恐ろしいですね……。魔族の仕業なのでしょうか?」

勇者「まったく分からない。分からないが、今話したことを擬似的に確かめる方法はある」

賢者「でしょうね。もし本当に時間が巻き戻っていることを知っているなら」

戦士「どういうこと?」

賢者「つまり、勇者さんはこの先起こることを全て知っているわけですよ」

勇者「オレの体験した出来事だったらな」

戦士「ふーん? てことは?」

僧侶「じゃ、じゃあ平和を取り戻したあとのことも?」

勇者「少しだけな。まぁとにかく、今は目の前の魔王相手にだな」

戦士「なるほど俺にも分かってきたぜ。くらえ勇者!」

勇者「あいた何をする!」

戦士「あれー勇者おまえ先のこと予知できるんじゃないのか?」

賢者「ちょっとかしこさ足りない人はおとなしくしててください」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 23:58:36.86 ID:Xd9Fqp7N0

勇者「まず『魔王城の構造』だ。簡易マップを書いてみよう」

勇者「最初に門を入って……小部屋……階段……宝物庫……大広間……」

戦士「ほえーさすが勇者だな! これ全部本当かよ!」

勇者「仮にもパーティーを率いる長だからな。一度歩いたダンジョンの土地勘くらい強くないと」

僧侶「そんな勇者様だから、みんな安心してついていけるんですよっ」

賢者「……なるほど、やはり城内すべてを練り歩いたのですね」

勇者「もちろんだ。ダンジョンをしらみつぶしに探索しないヤツなんて冒険者じゃない」

賢者「探索後、魔王城から出ることはできなかったのですか?」

勇者「いやできたはず。でも欲をかいて開けてしまったんだよな、最後の扉を」

戦士「魔王が待ち構えてたんだな!」

勇者「さすがに逃げられなかったから戦った。結果は勝ち。大接戦だったけどな」

賢者「そのあとは?」

勇者「あとは……城に戻って……王に謁見して……。……すまない、そこからはよく憶えていない」

僧侶「そ、その後が肝心なんですが! 平和になって勇者様はどうなったのですか!」

勇者「な、なんだよ。だからよく憶えてないって」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:01:23.16 ID:cK6dvDWr0

賢者「宝箱の中身は?」

勇者「呪われた武具と回復アイテムがいくつか。うちわけはこんな感じだ」
 
戦士「なんか中身が分かると興ざめだぜ!」

商人「ミミックも混じってるじゃないですか。中身を知っている方が回収効率がいいでしょう」

勇者「そうだな。オレの記憶だと戦士はザキで二回死んだ」

戦士「マジでか!」

僧侶「ということは私が二回生き返らせたんですね! 戦士さん感謝してくださいねえっへん」

戦士「マジか! ありがとう!」

勇者「まぁ中身を見る限り、最低限必要なアイテムは宝物庫に寄るだけで事足りる」

賢者「となると最短ルートはこう、こんな感じですか」

勇者「そんな感じだが、ただ今回は確かめたいことがあるから、宝箱はすべて回収する」

賢者「確かめたいこと?」

勇者「まぁそれはおいおい話す。とにかく魔王城内のマップについては以上だ」

勇者「こいつをしっかり頭の中に入れといてくれ、戦士」

戦士「あーっまた俺だけバカ扱いしやがって!」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:05:26.14 ID:cK6dvDWr0

勇者「次に、出現する魔物だ。絵は苦手だけど」

勇者「こんなのとか、こんなのとか、こおんなドラゴンが出る」

戦士「うわ絵へてぇ!」

僧侶「でも可愛いですねっ! 特にこれとか!」

勇者「そいつはイオナズンを連発してくる」 僧侶「えっ」

賢者「どれも外見は今まで見たことがあるモンスターばかりですね。上級亜種ですか?」

勇者「待ていま色をつける」

賢者「あっいえ結構ですインクの無駄です。確認したのはこの数種類だけですか?」

勇者「ああ。でもあの時はしらみつぶし態勢だったし、これで全部だと思う」

勇者「で、特に注意すべきモンスターはこいつとこいつと……全部だな。さすがに最後のダンジョンだ」

勇者「ただ何を仕掛けてくるかは分かっているから、最初から対策ができる分だけマシだろう」

戦士「というか勇者の絵が下手なおかげで、ずいぶん楽な相手にみえるな!」

僧侶「和みますね!」

勇者「こいつら凶悪なんだぞ。実物見てショック受けても知らんぞ」

賢者「勇者さん、次は魔王についてお願いします。ちなみに絵は変に手ごころ加えなくて結構ですので」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:08:26.35 ID:cK6dvDWr0

勇者「これが魔王だ」

戦士「Oh……」

勇者「そしてこれが魔王の最終形態だ」

僧侶「わあ……」

賢者「それで攻撃パターンは?」

勇者「最初は二回行動だ。通常攻撃、ブレス攻撃、上級呪文、いてつく波動をじゅんぐり」

勇者「最終形態は三回行動。やることは大して変わらなかったが、技の威力が強くなっている」

賢者「さすがに魔王ですね。本気でかからなければ」

勇者「あっちょちょ待てなんでしれっと絵を消す」

戦士「でもよ、こんだけ素性が丸ハダカにされりゃ魔王も楽勝だろ!」

僧侶「そうですねっ、それに加えて勇者様の的確な指示があれば恐いものなしです!」

賢者「まぁ勇者さんの言うことが正しければ、ダンジョンを探索し尽した状態でも倒せちゃったようですし」

勇者「ああ。とりあえず魔王はなんとかなるんだけどな」

賢者「例の時間の巻き戻しですか」

勇者「そうだ。それだけが気がかりなんだ……」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:10:39.58 ID:cK6dvDWr0

勇者「じゃあ今から魔王城まで乗り込むけど」

勇者「今回は宝箱を回収しきった時点でいったん引き返す」

戦士「なんで!?」

勇者「宝箱が置かれてるなら貰っておく。その上で、魔王戦は万全の状態で臨みたい」

僧侶「魔王戦……私たちにとっては未知の最終決戦なんですよね……」

賢者「探索の他の目的は何ですか? 先ほど勇者さんは確かめたいことがあると言ってましたが」

勇者「その時になったら話す。今はとりあえず魔王城攻略が成功してからだ」

賢者「分かりました」

戦士「装備は今使っているやつでいいのか?」

賢者「呪文の作戦はどうしましょうか?」

勇者「適当で大丈夫だ、なんとかなる。正確にはなんとかなった」

賢者「前の記憶の突入時刻なんかを合わせたりはしないのですか?」

勇者「しなくていいや。欲をいえば自分の体験を丸々再現できれば少しは楽なんだろうけど、そりゃほぼ不可能だしな」

戦士「よーしなんかよく分からんがいよいよだな! なんか張り切ってきたぜ!」

僧侶「みんなで頑張りましょうねっ」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:13:26.03 ID:cK6dvDWr0

【魔王城城門】

戦士「おーっし城だ! 入城だ!」

僧侶「禍々しい魔力が溢れています……皆さん気を付けてくださいね」

勇者「……」

賢者「どうですか勇者さん」

勇者「とりあえず間違いなく、この門には既視感がある」

賢者「では例の可能性は」

勇者「まだ分からないさ。よし、乗り込むぞ」

戦士「門は任せろ! オラオラ開けこの!」

魔物『ガーッ!!』

戦士「どうわっ! いきなり魔物の群れぐはっ」

勇者「右のヤツを殴れ! 僧侶は回復! 賢者は補助を!」

僧侶「ゆ、勇者様の絵とぜんぜん違う! ぜんぜん違います!」

勇者「いや……似てる!」

賢者「僧侶さん回復早く!」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:16:09.72 ID:cK6dvDWr0

【魔王城内】

――

勇者「……やはり……」

賢者「勇者さんが書いたものとほとんど同じでしたね。地図は」

戦士「マジかよ! やるじゃねーか勇者!」

僧侶「ということはやっぱり、勇者様は本当に一度魔王を倒しているのですね!」

勇者「ああ、そうらしい。……」

賢者「次の小部屋の宝物庫で、探索はいったん終了ですね」

戦士「おー山ほど宝箱あるじゃねーか! どら!」

賢者「あ待ってくださいその宝箱は」

たからばこは ミミックだった!
ミミックは ザキをとなえた!
せんしは しんでしまった! ▼

勇者「あーもう余計なことだけ再現しやがって!」

僧侶「い、今生き返らせます!」

勇者「いい! 先に片付けるぞ!」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:18:14.27 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「……この扉の向こうが、魔王の間だ」

戦士「まおうのま……ふっ!」

僧侶「す、凄まじく強大な魔力を感じます……」

賢者「でも勇者さん、今回は」

勇者「分かってる。魔王め、そこで大人しくしてろよ」

ゆうしゃは リレミトをとなえた! ▼



戦士「で。どうすんだ」

勇者「とりあえず宿屋に泊まろう。魔王は明日倒す」

僧侶「明日……」

賢者「ところで勇者さん、確かめたいこととは結局なんだったのでしょうか」

勇者「ああ、忘れていたわけじゃないけど、先にそっちの用を済ませておくか」

戦士「用って?」

勇者「『冒険の書』だ。王のところへ行くぞ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:21:50.24 ID:cK6dvDWr0

【王の間】

――

王「――そなたらの たびのせいかを この ぼうけんのしょに きろくしても よいかな?」

勇者「はい」

王「……」

王「しかと きろくしたぞよ」

王「どうじゃ? また すぐに たびだつ つもりか?」

勇者「はい」

王「では ゆくがよい! ゆうしゃよ!」

戦士「前から思ってたけど、わざわざ王様の前でコレ記録するのになんの意味があんのかねえ!」

勇者「えっ?」

戦士「だってそうだろ? そんなもん俺らで勝手に書けばいーじゃん!」

僧侶「儀礼的な様式美ですよっ。今までだって欠かさずやってきたことでしょう?」

賢者「まぁ無骨で大ざっぱな戦士さんには縁遠い話ですが」  戦士「なにおう!」

勇者「…………」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:24:39.57 ID:cK6dvDWr0

【宿屋】

勇者「――明日は魔王との決戦だ。このあとはしっかり休んでくれ」

戦士「分かったおやすみ!」

勇者「あっ、待……たなくていいや戦士だけは。おやすみ」

賢者「妥当な判断です。では本題に入りますが」

賢者「結局今日の一連の行動はなんだったのですか? 私には分かりかねましたが」

勇者「それは……これまた突飛な話になるけど。冒険の書だ」

僧侶「冒険の書? どういうことでしょうか?」

勇者「仕掛けはよく分からないが、おそらくこの冒険の書は」

勇者「オレが体験した時間の巻き戻しに関係している」

賢者「どうしてそう思うのですか?」

勇者「明確な根拠は二つ。前の記憶では、魔王を倒したあと冒険の書が一度も更新されなかったこと。と、」

勇者「自分が巻き戻しによって送られた時間が、最後に冒険の書を記録した瞬間だったことだ」

僧侶「そ、そうなんですか?」

勇者「ああ。偶然にしてはできすぎだと思ってな」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:26:52.22 ID:cK6dvDWr0

賢者「冒険の書とはそれほど大層な代物なんでしょうか? 単なる日記帳みたいな認識でしたが」

勇者「オレも最初は同じだったさ。だけど気になりだしたら止まらなくなってな」

僧侶「か、仮に時間の巻き戻しに関わりがあるとしたら……その冒険の書の正体は……」

勇者「それまでの時間を刻み、その時点を巻き戻しの着地点にするという、とんでもない代物だ」

勇者「名づけるなら、賢者なら何て呼ぶ?」

賢者「……時の……保存書。でしょうか」

僧侶「時の保存書? 今まで当たり前のように使ってきたそれが、ですか?」

勇者「ああ。時間を保存するアイテム。そう考えると一番しっくりくるんだ」

賢者「……その仮説が正しいとして、最後に時間を保存したのはつい先刻になりますね」

勇者「そう。魔王城攻略後、魔王討伐前。ここだ。真の決戦前夜だ」

賢者「ようやく私にも、勇者さんが確かめたいことの意味が分かりました。もし本当に冒険の書がカギならば」

賢者「これからさき再び巻き戻しが発生した場合、その巻き戻される時点は」

賢者「最初に勇者さんが記憶の食い違いを自覚したという時点よりも、後とということになるというわけですね」

僧侶「ええっと……は、はい、なんとか分かりました?」

勇者「僧侶でこうなら戦士は頭爆発してるな」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:29:25.17 ID:cK6dvDWr0

僧侶「で、でも勇者様」

勇者「ん?」

僧侶「『時の保存書』が本物なら……魔王を倒した後にでも、記録を残せばいいだけじゃないですか?」

賢者「もっともな意見ですね。その時点その時点をこまめに刻めば、巻き戻されるリスクも少なくなります」

勇者「……それは……」

僧侶「な、何か不都合があるのでしょうか?」

勇者「……よく憶えていないけど、それは無理だった気がする」

賢者「何がですか?」

勇者「魔王を倒した後は、記録の保存は無理だ。なぜなら……」

勇者「なぜなら……。……すまない、思い出せない。前の記憶では、何かが起こったんだ」

僧侶「な、何かとは何でしょう?」

勇者「それが思い出せない。何か……オレにとって、とても恐ろしいものだったような気がする……」

賢者「どうも不確定要素が多いですね」

賢者「この際だからはっきり言いますと、私はまだ勇者さんの話を信じ切れていません」

僧侶「ちょ、ちょっと賢者さん?」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:31:32.10 ID:cK6dvDWr0

賢者「興味深いと思って付き合ってきましたが、いくらなんでも荒唐無稽に過ぎます」

賢者「全てが真実だとして、魔王討伐後に記録すればいいだけの部分でどうしてお茶を濁すのですか」

賢者「そもそも魔王城の構造や出没モンスターの件は、あらかじめ知る方法がないとは言いきれませんし」

僧侶「賢者さん!」

勇者「いや当然だ。オレ以外にとってははじめから理解のしようがない話だからな」

勇者「むしろ鵜呑みにされるのも不安だったところだ。賢者みたいな批判的思考は逆に欠けてはならないと思う」

僧侶「えっええっ」

勇者「ただ賢者、これだけは信じてくれ」

勇者「オレの行動理念は、世界中の人々はもちろん、この場の仲間全員にも」

勇者「満足に平和な日々を送らせること。にある。それ以外の無意味な行動は一切していないつもりだ」

賢者「……その割には、モンスター闘技場では馬鹿みたいに手に汗にぎっていましたけどね」

僧侶「ぱ、ぱふぱふのお姉さんに一人でついていったりもしました!」

勇者「い、いやその話はもう! だからあれは!」

賢者「……」

勇者「こら賢者いま笑ったな!」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:34:01.20 ID:cK6dvDWr0

賢者「とにかく時の保存書が機能するのは、魔王討伐前のみという前提で考えるべきですか」

勇者「あ、ああ。そういうことだな。いいのか? 信用して」

賢者「実は少しゆさぶってみただけなんです。申し訳ありません」

賢者「もとより勇者さんがどう答えようとも、私は平和な世が訪れるその日まで貴方に従う所存です」

勇者「賢者。ありがとう」

僧侶「わ、私もですよっ!」

勇者「ああ、僧侶もありがとう」

僧侶「は、はいっ。あ、い、いえっ」

賢者「では話を戻しますが、明日はどうするつもりなのですか」

勇者「まずは魔王を倒してからいろいろ試す」

賢者「わかりました」

僧侶「あ、あの勇者様、私たちは魔王と戦うのは初めてなんですけど、その」

勇者「大丈夫。一度は勝った全く同じ相手と、もう一戦交えるだけだ」

勇者「明日の魔王戦はいつもと同じように命令させてくれればいい。今のオレ達なら勝てるからな。大丈夫だ」

僧侶「は、はいっ!」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:36:12.26 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「おはようみんな、準備はいいか」

僧侶「大丈夫です!」

賢者「いつでも」

戦士「待てちょっと筋肉痛が」

勇者「よしいざ出陣だ」

ゆうしゃは ルーラをとなえた! ▼



【魔王城】

勇者「今回は魔王を倒すつもりで乗り込むけど、みんな無理だけはしないでくれ」

賢者「といっても一度ガサをいれたダンジョンなど恐るるに足りませんが」

僧侶「神よ、どうか我らにご加護を……」

戦士「うーん肩だ。あと腰も少し……」

勇者「よし、みんな行くぞ!」

勇者(しかし本命が魔王討伐後に控えてるとなると、どうもこれ前座気分が拭えないな)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:36:30.11 ID:pzg3AXkZ0

先が予想できない話は面白いな



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:38:20.63 ID:cK6dvDWr0

【魔王の間・扉】

賢者「さしたる消耗もなしにここまで来れましたね」

僧侶「勇者様のおかげですねっ」

勇者「みんなのお陰だよ。それじゃ開けるぞ」

賢者「どうぞ」 僧侶「えっちょっ、ちょっと」 戦士「おいちょっと待て!」

勇者「なんだ? ああそうか、みんなはこの先は初めてだったな」

僧侶「そ、そうですね。心の準備がまだ……」

戦士「さすがに最終決戦だからな! 気合入れなおすぜ!」

賢者「しかし勇者さんは一度倒してるのですよね? 気楽に構えていいと思いますが」

勇者「さすが賢者は違うな」

僧侶「わ、私はもう大丈夫です!」

戦士「俺もなぜか筋肉痛完治したぜ!」

勇者「よしそれじゃ開けるぞ。念のため言っておくが一度開けたらもう引き返せないからな」

戦士「おいなんだそりゃ聞いてね」

勇者「もう開けた」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:40:33.71 ID:cK6dvDWr0

【魔王の間】

魔王『ゆうしゃよ。よくぞここまできた……』

勇者「魔王!」

僧侶「ま、魔王……なんて膨大な魔力……」

戦士「こいつが魔王か! なんか勇者の書いた絵にニュアンスが似てるな!」

賢者「印象付けされているとどうも緊張感に欠けますね」

魔王『おまえのながいたびも ここでおわりだ。わがまりょくによって ほろびるがよい!』

勇者「やはり一字一句変わらないのか」

僧侶「き、きます!」

戦士「魔王おおうううおおおお!!」

戦士のこうげき! まおうに××のダメージを あたえた! ▼

勇者「また勝手に始めやがった! 僧侶はフバーハ、賢者はバイキルトを!」

僧侶「は、はいっ」

賢者「次の形態が控えてます。体力魔力ともに温存しながら戦いましょう」

勇者「いくぞ! お前をいま一度打ち倒し、今度こそ平和な日々を手に入れてやる!」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:42:48.58 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「これがとどめだ!」

ゆうしゃの こうげき!
まおうに ××のダメージを あたえた!
まおうを たおした!! ▼

真魔王『ぐおおおっ。おのれにんげんどもめ』

真魔王『だが このからだくちようとも わがたましいはえいえんにふめつ。ぐふっ』

勇者「……」

僧侶「……終わったのですね。私たち、本当にやりとげたんですね!」

戦士「っしゃあああ! これで世界が救われたぜ!!」

賢者「さすがに呆気なかったとは言いませんが、絶妙な物足りなさでしたね」

僧侶「勇者様がひとつも無駄な指示を出さなかったおかげです!」

戦士「っしゃあああ勇者最高! ってどうした勇者! もっと喜べよ!!」

勇者「あ、ああ、すまない。でもオレからしてみればここからが正念場だからな」

賢者「時間との戦いというわけですか」

勇者「ああ。そこが決着しない限り、今のこの瞬間もすべて無駄になってしまうからな」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:46:11.55 ID:cK6dvDWr0

ゆうしゃは ルーラをとなえた! ▼



僧侶「? こ、ここは隣国の城?」

戦士「おい勇者どこ行くんだよ! 俺たちの城はここじゃないだろ!」

勇者「分かってる。だがいま優先すべきは、冒険の書――いや、時の保存書だ」

勇者「前回は確か、まっすぐ自分たちの王のもとへ向かった。もちろん魔王を倒したことの報告も兼ねてだが」

勇者「あの時のオレは、王と話して新たな記録を刻もうとしていたはずだ。だがそれが叶っていない」

勇者「最後に途切れた記憶もあわせて考えると、いまオレたちの王に会いに行くのはまずい気がする」

賢者「それで別の王のもとで冒険の書を更新するというわけですね」

勇者「ああ」

戦士「ちぇーなんでえ! カッコよくガイセンする気満々だったのに!」

僧侶「そうですよっ、魔王を倒したんですよ? もう何も憂いはないはずじゃないですか」

勇者「すまないな。まだ戦いは終わってないんだ。それどころかもしかすると」

勇者「魔王とは比べ物にならないほどの強大な敵を相手にしているのかもしれない」

勇者「だが安心してくれ。必ず勝つ。そしてみんなで平和な日々を過ごそう」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:49:02.87 ID:cK6dvDWr0

【隣国の王の間】

隣国の王「そなたこそ まことのゆうしゃよ!」

勇者「ありがとうございます。あのところで、冒険の書の記録をしたいのですが」

隣国の王「冒険の書……? はて、それは?」

勇者「これです。あなたにも記録して頂いたおぼえがあるのですが」

隣国の王「なんの話であろうか? ワシは知らんぞ?」

勇者「えっ? ですからこれです! お忘れになったのですか?」

隣国の王「ふむ、見せてみよ。……ううむ、やはり見覚えがないな」

勇者「そんなはずは」

隣国の王「この……冒険の足跡が刻まれた日記帳が、どうしたというのだ?」

勇者「日記帳? 日記帳ですって? まさか――」

勇者(まさか冒険の書本来の効力が失われて、本当にただの日記帳になってしまったのか!?)



僧侶「勇者様、おかえりなさい! どうでしたか? 用事は済みましたかっ?」

勇者「……まだだ。ルーラをとなえる。こうなったらアテは全部回るからな」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:51:13.69 ID:cK6dvDWr0

――

賢者「結局どこもダメでしたか」

勇者「……念のため、形だけでも記録の手順を演じてもらったが、間違いなく効果はないだろう」

勇者「分かるんだ。いつもの手ごたえというか感触というか、そういうのでな」

賢者「他に記録してもらえる場所は残っていませんが、これは八方塞がりですか?」

勇者「どうもそうらしい。……だが、一応他の方法も考えてみて」

戦士「おい、いい加減にしろ!」

勇者「!」

戦士「なんだって魔王を倒したってのにあちこち道草しなきゃなんねーんだよ!」

戦士「打ち倒す魔物はもういないんだろ! いま、平和ってやつなんだろ!」

戦士「こんなおあずけ状態、ガマンできねーぜ! とっとと帰って、王様からたんまりご褒美もらっちゃおうぜ!」

僧侶「……わ、私も戦士さんに賛成です。勇者様、顔に疲れが出てます……早く帰りましょう?」

賢者「みなさん、勇者さんはただ」

勇者「いや、いい。冒険の書が機能しないんじゃ、もうほとんどお手上げ状態だしな」

勇者「帰ろう。……言うとおり、もう疲れたしな……」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:53:02.82 ID:gqhslrT30

ゲームの中の世界って怖いよな・・・



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:54:17.66 ID:cK6dvDWr0

ゆうしゃは ルーラを となえた! ▼

【城下町】

戦士「よっしゃー帰ってきたぜ俺らの本拠地! テンション上がってきた!」

僧侶「早く王様に挨拶を済ませて、ゆっくり休みましょうね、勇者様」

勇者「ああ……。……」

町人A「あっ勇者様だ! 勇者様がやっと帰ってきたぞ!」

町人B「あまりに帰りが遅いから、王様は本人なしで勇者様を称えるところだったんですよ!」

町人C「無事に帰ってきてよかった! 勇者様ばんざい! 魔王を打ち倒した勇者様ばんざい!」

戦士「ほらみろ。主役がいないのに勝手に式を挙げられるところだったんだぜ!」

勇者「式を……勝手に……?」

賢者「また何か気がかりが?」

勇者「……ここに来なかったら、勝手に式を挙げられていた?」

僧侶「そ、そうですよ! そんなこと、納得いきませんよねっ」

戦士「ほらーとっとと城に行くぜー!」

勇者(……もしオレの予想が正しければ……魔王を倒した時点でもう……)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 00:58:09.18 ID:cK6dvDWr0

【城】

兵士「あなたこそ まことの ゆうしゃ!」

兵士「さあ おうさまが おまちかねですぞ!」

戦士「へへ、城の中も歓迎ムードだな!」

僧侶「平和になった実感がわいてきますね!」

勇者「……」

僧侶「勇者様……?」

勇者「あ。ああ、確かに平和だな。確かに、今この瞬間は平和だ……」

賢者「足取りが重いようですね」

勇者「そんなことは」

賢者「勇者さんの話では、このあと何か恐ろしいことが起こるとのことですが」

勇者「憶えていたか。ま、たぶん大丈夫さ! 今は……この一時をみんなで味わおう」

賢者「……はい。勇者さんがそう言うなら」

僧侶「……勇者様……」

兵士「さあ おうさまが おまちかねですぞ!」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:01:24.13 ID:cK6dvDWr0

【王の間】

王「ゆうしゃよ よくぞ だいまおうを たおした!」

王「こころから れいを いうぞ! そなたこそ まことの ゆうしゃ!」

王「そなたのことは えいえんに かたりつがれてゆくであろう!」

戦士「よっしゃー凱旋だー!」

賢者「……別に何かが起きる様子も……」

僧侶「あ、あの勇者様、勇者様はこれから、その」

勇者「待て」

勇者「みんな」







 そして でんせつが はじまった!







45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:04:55.56 ID:cK6dvDWr0

 THE END



47: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2011/07/30(土) 01:06:05.32 ID:+1FZMFT50

え?



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:06:58.94 ID:cK6dvDWr0

王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「……」

勇者「えっ?」

戦士「前から思ってたけど、わざわざ王様の前でコレ記録するのになんの意味があんのかねえ!」

戦士「だってそうだろ? そんなもん俺らで勝手に書けばいーじゃん!」

僧侶「儀礼的な様式美ですよっ。今までだって欠かさずやってきたことでしょう?」

賢者「まぁ無骨で大ざっぱな戦士さんには縁遠い話ですが」

戦士「なにおう!」

勇者「…………」



勇者「王様」

勇者「少しお話があるのですが」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:10:03.92 ID:cK6dvDWr0

――

【宿屋】

勇者(王は冒険の書の『記録方法だけ』をなぜか知っている。結局得られた情報はそれだけだった)

勇者(由来も仕組みも作用も知らないとなると……王様すらこの見えざる力の駒に過ぎないのだろうか……)

賢者「勇者さん、一体どうしたのですか?」

戦士「なんだって王様にあんな妙なことばっかり聞いたんだよ?」

僧侶「勇者様、疲れてるみたいです……」

勇者「ああ、すまない」

勇者「今から全部話す……」

――

賢者「冒険の書の正体が『時の保存書』……? 本当に私が名づけたのですか?」

僧侶「に、二回も魔王を倒しているなんて。間違いないのですか?」

勇者「オレ視点では証明された。もうみんな魔王城というダンジョンは攻略済みなんだろ?」

勇者「一番最初に巻き戻しが起こった時点から、時間が進んでいる。冒険の書の効力は決定的だ」

戦士「Zzz」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:13:50.40 ID:cK6dvDWr0

勇者「前回の魔王討伐で、いくつかの重大なヒントを得た」

勇者「まず魔王を倒してしまった後は、冒険の書はその時点以降は効力を失う。王様たちまで影響してな」

勇者「そして魔王討伐後にオレたちの王に謁見すると……時間が巻き戻されてしまう」

勇者「……は正しくないな。正確には、『始まってしまう』だ」

僧侶「な、何が始まってしまうのですか?」

勇者「分からない。分からないけど、『それ』が始まってしまうと、オレたちにはもうどうしようもない」

勇者「どうしようもないから、時間が巻き戻るしかない……という理屈が出来上がってる気がする」

賢者「言ってる意味がよく分かりませんが」

勇者「要するに『王への魔王討伐報告』が巻き戻しの引き金、って認識でいいと思う」

賢者「……でしたら魔王を倒した後、我々の王に会わなければいいだけの話ではないですか?」

僧侶「えっ!」  戦士「なんで!」

勇者「さすがに真っ先にそれは考えたけど……どうも上手くいかない気がする」

賢者「なぜですか?」

勇者「勘だ。はっきりした根拠はない。――だから今回は、実際にその線を検証してみるとする」

戦士「Zzz」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:16:54.25 ID:cK6dvDWr0

僧侶「ちょ、ちょっと待ってください」

勇者「ん?」

僧侶「なにもかも話が急すぎて……私と賢者さんと戦士さんは、まだ魔王に会ったことすらないんですよ?」

勇者「ああ、まだ絵に描いてなかったっけ? ちょっと待ってくれ」

賢者「いえ勇者さんの絵はもういいです。それより、私にも僧侶さんが言いたいことは分かります」

賢者「突拍子がなさすぎるのです。私たちはまだ、勇者さんの過ごしたという未来の時間を、一片も経験していません」

僧侶「そ、そうです。魔王を倒したあとの世界なんて、簡単には想像できないんですよう」

勇者「……そうか。そうだな」

僧侶「あっでもっ、決して勇者様を信じてないわけではっ!」

勇者「いや、オレの配慮不足だった。『ここまで』の流れで全部鵜呑みにしろってのも無理があるよな」

勇者「そもそも魔王城の構造や出没モンスターの件は、あらかじめ知る方法がないとは言いきれない。だろ、賢者」

賢者「えっ。まあ。はい」

勇者「だから今度は、より信用に足る情報を伝えようと思う。まぁ結局未来予知の形になるけどな」

僧侶「そ、それはっ!?」

勇者「な、なんでそこで乗り出すんだよ。ただの魔王のデータだよ」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:20:32.69 ID:cK6dvDWr0

勇者「これが魔王の体力だ。大体このくらいだ」

僧侶「戦士さんの通常攻撃で45~50回分……?」

勇者「そしてこれが魔王の攻撃力・防御力・素早さ」

賢者「この数値は?」

勇者「オレを基準の100として表してみた。魔王は大体そのくらいだ」

勇者「これが二回の魔王戦で、魔王が取った各行動の大体の回数」

僧侶「す、すごいっ」

勇者「見て分かる通り、形態が変わってからはブレス攻撃の頻度が高くなってるな」

勇者「だがその分、いてつく波動の割合が少なくなってる。真魔王戦は積極的に補助呪文を使うべきだ」

僧侶「さ、さすが勇者様ですっ! もう魔王は倒したも同然ですね!」

勇者「二回も倒したから分かるんだけどな」

賢者「……とても信じられませんが、全てがもしこの通りであれば、勇者さんの話を信じてもよさそうです」

勇者「明日証明されるさ」

勇者(それにしても毎回これ解説するの面倒だな。何か考えとくか)

戦士「Zzz」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:22:43.03 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「おはようみんな、準備はいいか」

僧侶「ばっちりです!」

賢者「いいですとも」

戦士「待てちょっと風邪気味だ」

勇者「よしいざ出陣だ」

ゆうしゃは ルーラをとなえた! ▼


【魔王城城門】

勇者「よしちゃっちゃか行くぞ、すぐやるぞ」

賢者「昨晩のデータが真実であれば、魔王など恐るるに足りませんが」

僧侶「神よ、どうか我らにご加護を……」

戦士「うーん喉も腫れてる。あと鼻水も少し……」

勇者「よし、みんな行くぞ!」

勇者(しかし魔王を倒すという本来の目的が、すっかり冒険の書検証の手段になってしまったな)



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:26:06.78 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「これがとどめだ!」

ゆうしゃの こうげき!
まおうに ××のダメージを あたえた!
まおうを たおした!! ▼

真魔王『ぐおおおっ。おのれにんげんどもめ。だが このからだくちようとも』

勇者「わがたましいはえいえんにふめつ」

真魔王・勇者『ぐふっ」

僧侶「……終わったのですね。私たち、本当にやりとげたんですね!」

戦士「っしゃあああ! これで世界が救われたぜ!!」

賢者「さすがに呆気なかったですね」

僧侶「勇者様がひとつも無駄な指示を出さなかったおかげです!」

戦士「っしゃあああ勇者最高! ってどうした勇者! もっと喜べよ!!」

勇者「さすがに三度目ともなると達成感がないや」

賢者「ではこのあとは?」

勇者「ああ。みんなで逃避行といこうか」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:31:01.23 ID:cK6dvDWr0

――

【孤島の小屋】

戦士「だーかーらー! なんで城に戻んねんだよお!」

勇者「昨晩そういう話だったんだよ。爆睡していたお前が悪い」

戦士「だって俺ら、魔王倒した英雄なんだぜ? なんだってこんなコソコソ隠れる必要があんだよー!」

賢者「城に戻れば、『何か』が起こって時間が巻き戻ってしまう……信じられない話ですが」

賢者「勇者さんの魔王攻略データは驚くべき精度でした。もはや疑おうにも反論が用意できません」

僧侶「わ、私たちはしばらくここで暮らしていくのでしょうか? 誰にも見つからないようにしながら……」

勇者「そうなる。あるいはそれが正解なのかもしれない」

戦士「なんで!?」

勇者「だが、おそらく上手くいかない。きっと半日も経たず分かるさ。あいや、みんなは分からないか……」

賢者「勇者さんの勘だと、また巻き戻しが起こるのですね」

勇者「ああ。でもま、もし起こればまたヒントが増える、起こらなければ御の字。楽観的に考えてるさ」

戦士「俺だけでも解放してくれよおっ!」

勇者「ダメ。一人も城に戻らせない。今回はそういう実験だからな」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:33:42.72 ID:cK6dvDWr0

者「ところで時間のあるうちに、みんなにやって欲しいことがあるんだが」

戦士「ヤダ!」 勇者「めいれいさせろ!」 戦士「ヤダー!」

僧侶「や、やって欲しいことってなんでしょうか?」

勇者「ああ、実は巻き戻しが起こるたびに、逐一みんなの信用を得るのが面倒になってな」

勇者「それに今回は魔王の情報だったけど、それで確実な信用を得るためには実際に魔王と戦わないといけないだろう?」

勇者「おそらくこのループを解決するには、『魔王を倒す前』に何か行動するしかないと思うんだよな」

賢者「何が言いたいのですか?」

勇者「要するにてっとり早く信用を得られるような、みんなの『呪文』を教えて欲しいわけだ」

戦士「俺は死ぬまでMPないぞ!」

勇者「キーワードってことだ。今から、オレがそれを言えばすぐに信用してもらえるような『呪文』を紙に書いてくれ」

勇者「次に巻き戻しが起こったときに、それぞれにその呪文を言う。そうすれば冒険の書攻略がやりやすくなる」

僧侶「え、えっとつまり何を書けばいいのですか?」

勇者「極力自分しか知り得ないようなことだよ。何でもいい、秘密とか、思い出とか」

戦士「なんでお前にそんなこと教えなきゃいけないんだよ!」

勇者「教えてくれたらこの30万ゴールドはお前のものだ」  戦士「よしきた!」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:35:55.50 ID:cK6dvDWr0

勇者「ちなみに呪文を書いた紙は、当然ながら過去の時間に持ち込めないからな」

勇者「オレがその呪文を覚えるしかない。つーわけで書いたらオレのところまで持ってきてくれ」

僧侶「ええっ。い、いまここで確認するのですかっ?」

勇者「じゃないと間違えていたとき後々面倒になるしな」

僧侶「え、ええっと。ええっと……」

戦士「うがー思いつかねえ!」

賢者「できました」

僧侶「ええっ」

勇者「さすが賢者早い、どれどれ。……? これが呪文か?」

賢者「まぁ呪文です。多分過去の私は分かります」

勇者「はぁ。お前にとっては何か意味深いものなんだろうな」

賢者「ちゃんと今の私からのメッセージであることを伝えてくださいね」

勇者「分かった」

賢者「また、その呪文はできるだけ練習はしないでくださいね」

勇者「? 分かった。……うーんやっぱり分からん。賢者の考えることは」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:38:43.97 ID:yqXPpD5vO

この戦士、嫌いじゃない



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:40:11.97 ID:cK6dvDWr0

僧侶「……ゆ、勇者様、できました!」

勇者「おし見せてみろ」

僧侶「は、はいっ」

勇者「よし覚えた。ちなみにこれ、何が?」

僧侶「あ、や、やっぱり分かりませんよね?」

勇者「まぁオレが知らない方が都合がいいけどな」

僧侶「そ、それでいいんです!」

勇者「で、戦士。あとはお前だけだが」 僧侶「えっ終わり……」

戦士「んーこれしか思いつかなかった!」

勇者「あまり凝ったのは期待してないが見せてみろ」

勇者「……。お前これは誰の言葉だ?」

戦士「親父の遺言だ! 俺と親父しか知らんはずだ!」

勇者「そうか……それならそうと事前に言ってくれりゃよかったのに」

戦士「膳立てはいらねえ! 自分の実力じゃねーとな!」

勇者「そうか。お前はバカだけど、いいバカだな」  戦士「あんっ!?」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:43:06.68 ID:cK6dvDWr0

勇者「約束の30万ゴールドだ。これ全部お前のな」

戦士「ほほーい! こんだけありゃ当分暮らしには困らねぇ!」

賢者「それで勇者様、今後どうするのですか」

勇者「考える。もしまた巻き戻しが起こってしまった場合を想定して」

賢者「もし起こらなければ?」

勇者「……そのときも考えなくちゃならない」

勇者「さすがに一生ここに住む訳にもいかないし、かといって城に戻るのもはばかられるし」

賢者「私は別にここに骨をうずめても構いませんが。賢者の隠遁生活など珍しくないですから」

僧侶「わ、私も……皆さんが残るなら、私も残ります!」

勇者「ありがとう。まあでも、とりあえず一日ぐらい様子をみてからの話だな」

勇者(何事も起こらなければ、それで冒険の書は暫定的ながら攻略成功だ)

勇者(正解は魔王討伐後の王への謁見を回避することだった、ということになる)

勇者(……けれど、どうもそんなことで決着がつくとは思えないんだよな)

戦士「あ!? ここから出してもらえないんじゃーこんな大金意味ねーじゃん!」

戦士「意味ねーじゃんっ!!」  勇者「うるさい静かにしろ」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:46:13.65 ID:cK6dvDWr0

賢者「勇者さん、一つ提案があります」

勇者「なんだ?」

賢者「その前に確かめておきたいのですが、今回巻き戻しが起こらなかったとして」

賢者「勇者さんはこれからここで暮らしていくことに抵抗はないのですか?」

僧侶「!」

戦士「そうだよ! なんで救世主ご一行がこんなヘンピなトコでひっそり暮らさないといけないんだよ!」

賢者「どうなのですか勇者さん」

勇者「そうだなぁ。オレはこれから先、平和な時間が過ごせればそれで満足だよ」

勇者「そりゃーオレだって帰るべき場所はあるよ? でも、時間を巻き戻される方が嫌なんだよな」

勇者「おかげで魔王との戦いはずいぶん楽になったけど、全部パァになるってのに慣れた訳じゃない」

勇者「なにより『今この場で』語りあっているみんなと別れるのが辛いよ。だから現状が保てるなら、それでいいんだ」

僧侶「勇者様っ……!」

戦士「勇者……お前……もう一回説明してくれ! いいこと言ったんだろうが、よく分からんかった……!」

賢者「分かりました。提案というのは大したことではありません」

賢者「その冒険の書、いっそのこと焼き払ってはいかがでしょうか?」 勇者「!」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:49:27.79 ID:cK6dvDWr0

賢者「冒険の書が巻き戻しのカギというなら、今その根源を断ってしまえばいいのでは?」

賢者「勇者さんは今後再び、時間の巻き戻しが起こる可能性を危惧しているようにみえますが」

賢者「その憂いも冒険の書がいつまでも手元にあるせいかもしれません」

勇者「なるほど……」

賢者「もちろん、冒険の書を抹消することも巻き戻しの引き金だった、などの危険はないとは言い切れませんが」

賢者「少なくとも『今』の冒険の書は、各地の王の反応から分かるように効力を失っています」

賢者「よってさしたる影響はないと私は思います。それは無意味の裏返しですが、試してみる価値はあるかと」

勇者「冒険の書の……抹消。その発想には至れなかったな」

勇者「オレは冒険の書を完結させることばかり考えていたが、こいつはもともと完結し得ない物なのかもしれないな……」



僧侶「勇者様!」

勇者「どうした?」

僧侶「そろそろご飯にしませんか? この島、身体にいい薬草がたくさん生えているんですよっ」

戦士「腹減った! 魚獲ってきた! 食う!」

勇者「ああ……頼む!」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:55:50.08 ID:cK6dvDWr0

ゆうしゃは メラを となえた! ▼

ぼうけんのしょは あとかたもなくもえつきた! ▼



勇者「……何も起こらないな」

賢者「はい。これでループ問題が解決したかどうかは分かりませんが」

僧侶「みなさん出来ましたっ」

勇者「おおっ早いな」

戦士「魚! 焼いた! みんなで食う!」

賢者「先ほど島の周りを軽く調べてみましたが、この気候が続けばしばらくは生活に困らないですね」

僧侶「じゃあこれから皆さんは、そっそのっ……家族ですねっ」

勇者「家族……そういえば賢者も僧侶も孤児だったな」

僧侶「はいっ、だから私、嬉しくてっ」  賢者「家族。遠い言葉です」

戦士「家族!? はっ、俺は今まで一体何を! かあちゃん……」

勇者(……ここで生活していくのに先行きの不安もなさそうだ)

勇者(……本当にこれで終わりなのか……?)



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 01:59:05.18 ID:cK6dvDWr0

――

【王の間】

王「ふむ……勇者一行はいまだ帰らぬか……」

兵士「予定の式典はいかがしましょう?」

王「いたしかたない、敢行せよ。後日勇者が報告に参じた暁に、改めて式を執り行えばよい」

兵士「はっ! では……」

王「うむ。皆のもの!」

王「この度は勇者の活躍によりついに魔王は打ち倒され、害悪な魔物なき平和な世が訪れた!」

王「もはや魔王の歴史は終わった! 人の子の勝利に祝福せよ! 勇者を称えよ!」

王「そうじゃ、この大役を果たした勇者を称えよ! そしてその記憶を末代まで刻み続けるがよい!」

ワー ワー ワー 勇者バンザーイ ワー ワー ワー 



 そして でんせつが はじまった!







86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:01:08.00 ID:cK6dvDWr0

 THE END



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:03:24.93 ID:cK6dvDWr0

王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「……。……みんな……」

勇者(……直接王様との関わりがなくても、強制的に巻き戻されるのか。結局一日ももたなかった……)

戦士「前から思ってたけど、わざわざ王様の前で冒険の書に記録するのになんの意味があんのかねー」

戦士「だってそうだろ? そんなもん俺らで勝手に書けばいいじゃん」

勇者「それでは意味がないんだ」  戦士「ああ?」

勇者「役目を与えられた者が記録しなければ、冒険の書は機能しない」

僧侶「えっ? 勇者様?」

賢者「……王様が、何者かに役目を与えられているというのですか」

勇者「ああ。そしてオレ達にも役目が与えられている。それを果たしてしまうと、どうあがいても物語は終わってしまう」

戦士「おい勇者! もっと分かりやすく教えてくれ10文字くらいで!」

勇者「まずはやどにむかおう」  戦士「お前そりゃぴったり10文字だけども!」

勇者(燃やしたはずの冒険の書が手元にある。過去の冒険の書なんだから、考えてみれば当然か)

勇者(さて、そろそろ打つ手に窮してきたな……)



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:08:28.41 ID:UaSUyPyk0

エンドレスエイトみたいだな

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002JPC9CG/2logelephant-22/ref=nosim/



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:20:20.28 ID:cK6dvDWr0

――

【宿屋】

勇者「てっとり早く話そう。実はオレはもう、三度も魔王撃破を経験している」

戦士「は?」  僧侶「えっ?」  賢者「なんですって」

勇者「そしてさきほど王様の前で記録した瞬間をスタート地点として」

勇者「魔王撃破後の(おそらく)王の祝典をゴール地点に時間が巻き戻されるという、ループ状態に遭っている」

勇者「元凶はこの冒険の書だ。このループを脱出するには――」

戦士「ちょちょちょちょっと待て! 完全に意味が分からん!」

僧侶「そ、そうですよっ、勇者様が何を言ってるのか私にはさっぱり……」

賢者「言っていることは理解できますが、話の見通しがありません。根拠となる材料を」

勇者「あ、ああそうだった。すまない、いつの間にか焦っていたみたいだ」

勇者「まずはオレの言っていることを信用してくれ。そのための『呪文』は用意してある」

戦士「呪文ん?」

勇者「ああ。未来のみんながオレに教えてくれた合言葉だ」

勇者「一人ひとり違うから……これから一人ずつ別室にきてくれ。プライバシーは守ろう」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:22:44.10 ID:cK6dvDWr0

【別室】

勇者「まずは賢者、お前からだ」

賢者「未来の私が、勇者さんに妙なことを吹き込むほど切羽詰ってなければいいのですが」

勇者「さすがに状況の飲み込みが早いな。だがお前の『呪文』はとびきり妙だぞ」

賢者「どうぞ」

勇者「よし言うぞ……『赤メダパニ青メダパニュ黄ミェダパニュ』」

勇者「すまん間違えたもう一回。『赤メダパニ青メダアパニ黄メダパン』」

勇者「『赤メダパニ青メダパヌ黄メダパム』。『赤メダパニ青メダパニュキメーダパニ』あーくそ!」

賢者「なるほど」

勇者「な、何笑ってんだ! お前からもらったメモは『できるだけ早く』なんて注釈までついてたんだぞ!」

賢者「失礼しました。勇者さんがすでに魔王を倒したという話、確かに信じましょう」

勇者「ど、どういうことなんだ?」

賢者「勇者さんが早口言葉が大の苦手であることを知っている人間も、そう多くはないということです」

賢者「それに普段は凛々しい勇者さんのおちゃめな一面も独り占めできましたし私は満足です」

勇者「な、なんだって? 早すぎてよく聞き取れなかったもう一回」  賢者「では次は僧侶さんを呼んできますね」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:26:15.68 ID:cK6dvDWr0

【別室】

僧侶「あ、あのう勇者様。わ、私はどうすれば……」

勇者「『全部で100回』」

僧侶「!!」

勇者「という言葉に心当たりはあるか?」

僧侶「ど、どうしてそれを……正確には96回ですけど……」

勇者「いや。これは未来の僧侶から教えてもらった言葉で、意味までは教えてくれなかったんだが」

僧侶「あ、ああそうなんですねっ。ま、まさか勇者さんも一緒に数えていたのかと思ってびっくりしました!」

勇者「何を?」

僧侶「えっ? ほ、本当に大したことじゃないんですよっ。勇者様のことは信じますので今のは忘れてください」

勇者「気になるからできたら教えて欲しい」

僧侶「ダ、ダメです! そ、その、恥ずかしい……ですから……」

勇者「恥ずかしい96回? ??」

僧侶「ちっ違いますっ! 違いますよっ!! 神に誓ってそういうコトじゃないです!!」

勇者「はあ。もう面倒くさいからいいや」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:28:36.76 ID:cK6dvDWr0

【別室】

戦士「おい勇者! 早く魔王を倒しに行こうぜ!」

勇者「いいか。お前だけかしこさが2ケタあるのか不安だからよーく聞け」

勇者「オレはお前の親父の遺言を知っている。なぜなら未来のお前に聞いたからだ」

戦士「未来の俺……?」

勇者「『魔王に初めて傷を与える男になれ!』」

戦士「お……おおお!」

戦士「おおおおおおお! なんでお前がそれを知っているんだ!?」

勇者「お前に教えてもらったからだ。いいな、これからオレの言うことは全て信じろ。そして」

勇者「大人しくしていてくれ。事態は深刻だ。くれぐれも邪魔をしないよーに」

戦士「そんなわけに行くか! 魔王を倒さねーとお袋に合わせる顔がねーよ!」

勇者「……お前30万ゴールドもありゃ暮らしに困らないって、お袋のか?」

戦士「な、なんだそりゃ? そりゃそんだけの金がありゃラクできるだろうけどな!」

勇者「そうか。……待ってろ。すぐにその生活、叶えてやるからな」

戦士「あたりめーだ!」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:33:19.68 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「――というわけなんだ」

賢者「時の保存書……」

僧侶「そんな……いくら頑張っても時間が巻き戻されるなんて……」

戦士「やっぱり理解不能だったぜ!」

勇者「巻き戻しの条件は一つ。オレたちが魔王を倒すこと」

勇者「いや、たぶん正確には違うな。俺たちがこの物語の、役目を終えることだ」

僧侶「物語? なんだかロマンチックですね」

賢者「王の時も少し話しましたが、その役目を与えているものというのは何者なのでしょうか?」

勇者「分からない。分からないが――オレたちの概念を遥かに超越した存在だ」

僧侶「……神……でしょうか?」

勇者「さあな。けれど、僧侶が崇拝しているような存在とは別のものだと思う」

勇者「支配者……いや……創造主……?」

勇者「とにかくそれが定めた縛りがある限り、このループから抜け出すことはできない」

戦士「Zzz」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:36:56.66 ID:cK6dvDWr0

勇者「前回は巻き戻しが起こる直前に、冒険の書をメラで燃やした。だが」

勇者「この通り効果はなかった。だから今回はこの冒険の書を」

勇者「『魔王を倒す前』に燃やそうと思うんだが、どう思う? 賢者」

賢者「そうですね……時の保存書としての効力は残っているとはいえ、やはり同じ結果になると思います」

賢者「いくらこの時点で冒険の書を抹消しても、過去の記録がある以上は巻き戻しの呪縛は解けないでしょう」

勇者「オレもそう思う。だから今回は、そこからさらに一歩進めてみようと思う」

賢者「といいますと?」

勇者「その前にまず、もう一度冒険の書に記録をしよう」

僧侶「またお城に戻るんですか?」

勇者「ああ。今まで単に機会がなかったが、みんなの信用を得た『今』を記録すれば、今後同じことをする手間が省けるからな」

賢者「――しかしながら、勇者さん視点でしか本質を理解できないセリフですね。我々には未知の領域です」

僧侶「そ、そうです。私たちはまだ、魔王に会ったことすらないんですよ?」

勇者「大丈夫、なんとかなる。それにしてもこのギャップにも大分慣れてきたな」

勇者「よし起きろ戦士。もう一度城に行くぞ。ほら!」

戦士「ぶあっくしょおおおい!」  勇者「いいからもう」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:40:06.64 ID:cK6dvDWr0

【王の間】

王「――そなたらの たびのせいかを この ぼうけんのしょに きろくしても よいかな?」

勇者「はい」

王「……」

王「しかと きろくしたぞよ」

王「どうじゃ? また すぐに たびだつ つもりか?」

勇者「いいえ」

王「では しばし やすむがよい! また あおう! ゆうしゃよ!」

勇者「お休みなさいませ」



勇者「これでよし。宿屋で一晩明かして明日魔王を倒すぞ」

戦士「え? 終わり? 何しにきたの!?」

賢者「やはり当事者でなければ、意味のある行為には見えませんが」

僧侶「勇者様のすることにきっと間違いはありませんよっ」

勇者(だといいんだけどな……)



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:42:11.15 ID:cK6dvDWr0

【宿屋】

ゆうしゃは メラを となえた! ▼

ぼうけんのしょは あとかたもなくもえつきた! ▼

勇者「よし」

戦士「おおおおおいおいいいのかよこれえええ」

僧侶「う……分かってはいましたが、今までの冒険の足あとがこんな簡単に……」

賢者「勇者さん。先の勇者さんの話も織り込み済みで言わせていただきますと」

賢者「私たち視点では、勇者さんがいきなり訳の分からない理由で冒険の書を燃やしたようにしかみえないのですが」

勇者「『永遠に平和な日々を過ごせない』リスクと天秤にはかけられない。どうかここはオレを信じてくれ」

僧侶「し、信じます!」

賢者「勇者さんがそこまで言うのなら」

戦士「もう俺には訳が分からんよ!」

勇者「さて……寝るぞ! 明日は決戦だ!!」

戦士「そうそれ! そういう分かりやすい流れにしてくれよ!」

勇者(……効力のあるうちに冒険の書を抹消……果たしてこれで『何者か』の呪縛を解いたことになるのだろうか……)



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:44:32.23 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「おはようみんな、準備はいいか」

僧侶「いつでもオーケーですっ」

賢者「特に異常は」

戦士「眠い! 寝不足だ! だが気合でカバーできるぜ!」

勇者「よしいざ出陣だ」

ゆうしゃは ルーラをとなえた! ▼


【魔王城城門】

勇者「よしちゃっちゃか行くぞ、すぐやるぞ」

賢者「昨晩勇者さんがまくし立てたデータが真実であれば、魔王など軽く丸腰ひねるがごとしですが」

僧侶「神よ、どうか我らにご加護を……」

戦士「う~ん眠い! だが! 気合でカバーできるぜ!!」

勇者「よし、みんな行くぞ!」

勇者(うまくいかなかったときの時間のロスが精神的に惜しい。今回は最速タイムを弾き出すつもりでいこう!)



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:46:52.85 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「あと一発! これで終わり!」

ゆうしゃの こうげき!
まおうに ××のダメージを あたえた!
まおうを たおした!! ▼

真魔王『ぐおおおっ。おのれにんげんどもめ。だが このからだくちようとも――』

勇者「よし、城に帰るぞ!」

賢者「魔王がまだなにか言ってますが」

勇者「後で聞かせてやる、すぐに帰還だ」

僧侶「えっ……終わっ……えっ? えっ?」

戦士「ん……んん!? 倒した? もしかしてもう倒しちゃったのか? っしゃあああああ!!」

賢者「我々のここまでの苦労をあざ笑うかのような瞬殺っぷりでしたね」

僧侶「勇者様の天才的な指示の賜物です!」

戦士「っしゃあああ勇者最高! ってどうした勇者! もっと喜べよ!!」

勇者「いいから帰るぞ! 王に会いにいく!」

戦士「なにイライラしてんだよ!」  勇者「もう飽きたんだよ!」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:56:55.72 ID:cK6dvDWr0

――

【王の間】

王「ゆうしゃよ よくぞ だいまおうを たおした!」

王「こころから れいを いうぞ! そなたこそ まことの ゆうしゃ!」

王「そなたのことは えいえんに かたりつがれてゆくであろう!」

戦士「よっしゃー凱旋だー!」

賢者「展開が早すぎて順応に時間がかかります」

僧侶「あ、あの勇者様……勇者様?」

勇者(……さて、果たして呪縛は解かれているか?)

勇者(どうなる? これでダメだったら……)





 そして でんせつが はじまった!







129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:58:58.41 ID:cK6dvDWr0

 THE END



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:00:34.79 ID:3YprRZb/0

さあどうなる



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:01:40.52 ID:cK6dvDWr0

王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「…………」

僧侶「勇者様?」

戦士「どうした勇者ぼーっと突っ立って!」

賢者「……この、今の地点に巻き戻されたのですか?」

勇者「……ああ……」

僧侶「え? い、今、戻ってきたんですか?」

勇者「……ああ。四回目の、魔王討伐を、終えたところだ」

戦士「何言ってんだ、魔王はこれから倒しに行くんだろ!」

勇者「…………」

勇者(効力がある状態の冒険の書を抹消しても、過去の冒険の書の記録がある限り、全て無意味……)

勇者(残している手段は……)

勇者(気が進まないが……他に試す手も思いつかない……)



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:05:18.80 ID:cK6dvDWr0

ゆうしゃは メラを となえた! ▼

ぼうけんのしょは あとかたもなくもえつきた! ▼



戦士「あっ!?」

僧侶「えっ!?」

賢者「!?」

勇者「王様」

勇者「もう一度、冒険の書に記録をお願いします」

僧侶「ちょ、ちょっと勇者様何を言って……」

戦士「おいコラ! 気でも狂ったのかよ!」

賢者「皆さん、ここは勇者さんに任せましょう」

勇者「……」

勇者(冒険の書を消滅させた上で、王に冒険の書の記録を要請……)

勇者(これがどうなるのか少し気になっていた)

勇者(解決策とは思えないが、何か手がかりくらいは掴めるかもしれない……)



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:10:34.85 ID:cK6dvDWr0

王「――そなたらの たびのせいかを この ぼうけんのしょに きろくしても よいかな?」

勇者「お言葉ですが王様、冒険の書はもうこの世にありません」

王「――そなたらの たびのせいかを この ぼうけんのしょに きろくしても よいかな?」

勇者「いえですから、冒険の書は」

賢者「勇者さん、様子が!」

王「この  ぼうけんの   しょ    にに     に     」

戦士「おい勇者、こいつぁ いうこ  ん よ  !」

僧侶「      者   様 」



勇者(そ、そうか……本来あるはずのアイテムがないために、王は与えられた役目を果たせない!)

勇者(ルールに露骨に干渉したことで、世界を保つ歯車が狂ってしまったのか!?  れ   は  もう  わりなの   ?

王「ゆう  111111111111
 
p;ぉきじ ゅ  hygt frですぁ q  、きんmjふんbhgybhvgtvgfrd
あzs xdcfvgb hんjmk  くぁsぜrdfctyghぶhyjにおkm、
%%%%%583790%%%%%4%%%%%%% 24222%王「%%% %%1%%%

、。;@:。、。;・:。・;@;【。@p^¥@「:。。;p;:。。。。。。。;@「^¥-@



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:11:15.65 ID:3YprRZb/0

バグったwwwwwwww



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:12:32.41 ID:WezyyfA4P

うわぁぁああああああああ



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:13:41.31 ID:GcWz3AyH0

カセットふーふーしないとな



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:13:42.64 ID:Jag9Qe5a0

冒険の書のコピーは出来ないのか



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:15:36.49 ID:WezyyfA4P

>>146
お前は自分のクローンがいたら自殺してもいいと思うか



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:21:54.18 ID:cK6dvDWr0

なぜか次の投下書き込めないtest



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:23:55.63 ID:G9bpqUYqO

>>154
バグったな



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:21:59.71 ID:y1upx5qA0

こえええええええええ



160:(本編):2011/07/30(土) 03:24:24.92 ID:cK6dvDWr0

ヴ――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――












 
プツン



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:26:39.73 ID:cK6dvDWr0

王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「!?」

勇者「……た、助かったのか……?」

僧侶「勇者様! ど、どうしたのですか!? 顔が真っ青です!」

戦士「いきなりに貧血でフラつくたぁ勇者らしくねーぜ!」

賢者「勇者さん、大丈夫なのですか」

勇者「…………みんな」


勇者「すまない」

勇者「分からない」

勇者「さっぱり分からないんだ」

勇者「どうあがいてもこのループから抜けられない。頭がおかしくなりそうだ」

勇者「平和な日々が目の前に吊り下げられてるのに、いくら手を伸ばしてもつかめないんだ」

勇者「オレは、いやオレ達は永久に……役目を超えた世界に落ち着くことを……許されないんだ……」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:29:22.14 ID:cK6dvDWr0

【宿屋】

僧侶「え……今夜は解散ですか?」

賢者「冒険の書の攻略は?」

勇者「……今日はもういい。今、わりと精神的に参っているんだ。少し休ませてくれ……」

僧侶「勇者様、大丈夫ですか? 本当に顔色が悪いですよ……」

勇者「一晩休めば大丈夫だ。ほら、みんなも疲れただろ。今夜はもう寝よう」

勇者「って言う前に寝てる奴もいるけどな」

戦士「Zzz」

勇者「明日は……予定通り魔王戦だ。それに備えてしっかり体力を回復しておくように」

勇者「以上、解散。おやすみ」

賢者「……分かりました。勇者さんがそう言うなら」

僧侶「あ、あの! なにか気分が悪くなったりしたらいつでも私を起こしてくださいね!」

僧侶「私、すぐに飛び起きますから!」

勇者「ありがとう。だけど大丈夫だ。心配いらない。大丈夫だから……」

勇者「……今日はもう……休ませてくれ……」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:31:36.11 ID:cK6dvDWr0

【寝室】

勇者「…………」

勇者(この世界は誰かが創ったものだ。それはいわゆる神とか創造主とか、通俗的で漠然としたものじゃない)

勇者(何者かは分からない。どこにいるのかも分からない。もちろん目的だって分からない)

勇者(ただ、オレみたいな『駒』なんかでは抗えないような強固なルールを敷いている)

勇者(魔王を倒す……つまりこの世界での最後の役割が果たされると、強制的に『終わる』)

勇者(終わったあとは……最後に冒険の書に記録した時点からの、再スタートになってしまう)

勇者(この事実に気がついているのは、おそらくこの世界でオレだけだ。なぜか。……いや今はそんなことはいい)

勇者(オレしか気がついてないなら、オレが何とかしなければならない。世界を真の平和に導くために)

勇者(しかし……どうやって……明日だって何をすればいいのか、まだ見通しもついていない……)

勇者(もう一度魔王と戦って……何が得られるのか……)

勇者(とりあえず明日考えよう……今は眠って頭をすっきりさせないと……)

勇者「…………」

勇者(…………)

勇者(眠れない)



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:35:52.58 ID:cK6dvDWr0

【宿屋・別室】

僧侶「スー スー 」

勇者(よく眠っているな)

勇者(僧侶はいつもオレのことを気にかけてくれるんだよな)

勇者(そしていつもオレのことを勇者「様」だなんて呼んでるけど)

勇者(オレはそんな大層な器じゃない。現にこの世界一つ救えてないからな)

僧侶「……ん……勇者様……」

勇者(!)

勇者(ど、どんな夢見てるんだろうな!)

僧侶「スー スー 」

勇者(……)

勇者(そういえば僧侶のキーワードだった『100回』……いや96回って何の数だったんだろう)

勇者(オレが一緒に数えてるかと思ったとか言ってたけど)

勇者(オレと僧侶が一緒に数えられて、かつ今まででそのくらいの回数のものといったら……)

勇者(思いつかないな! ……まあ……いいか別に……)



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:37:56.26 ID:cK6dvDWr0

【宿屋・待合室】

勇者「んっ?」

賢者「勇者さん。まだ起きてらしたんですね」

勇者「賢者の方こそ。こんな時間まで何をやっているんだ」

賢者「冒険の書について考えていました」

勇者「えっ?」

賢者「いえ。勇者さんをそこまで憔悴させるという難題に興味がわきまして」

勇者「そうか。でも賢者は一度もループを体験していないはずなのに、考察できるのか?」

賢者「もちろん全て想定です。勇者さんの話を鵜呑みにした上で考え込んでいました」

勇者「そうか。で、塩梅はどうだ?」

賢者「……私の考えですと、勇者さんの言うループから解放されるには」

賢者「やはりカギであるその冒険の書を、『完結』させるか『消す』かのどちらかしかないと思います。そして」

賢者「未だそのどちらも、具体的な方法が思いつきません。やはり難しい。役に立たず申し訳ありません」

勇者「とんでもない。一緒になって考えてくれるだけでも心強いよ」

賢者「そう言ってくださると幸いです」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:38:49.01 ID:UaSUyPyk0

さすが賢者



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:40:06.47 ID:cK6dvDWr0

賢者「ただ、極めて個人的な意見ですが、冒険の書を『消す』方法が正解であることが望ましいですね」

勇者「なぜ?」

賢者「シャクだからですよ。高みから定められた運命のままに流されるなど、我慢なりません」

賢者「相手はあるいは万物の神かも分かりませんが、少なくとも冒険の書というギミックに関しては一矢報いたいところです」

勇者「はは。賢者は冷静に見えて、結構根に持つタイプなんだな」

賢者「それはあなたも同じではないですか? 勇者さん」

勇者「ああその通りだ。オレもどちらかといえば、冒険の書を『呪縛』ととっている」

勇者「何度も何度も同じこと繰り返す羽目になって、いったい何人の」

勇者「何人の仲間たちと別れざるを得なかったというんだ」

賢者「……」

勇者「冒険の書は、『消す』。まずはその方針で思いつく限りの総当たりをかけてみよう」

賢者「はい、私もできる限りの助力に努めます。何かあったらいつでもご相談を。……では、私はそろそろ眠ります」

勇者「賢者。お前なりの気遣い、確かに受け取った。ありがとうな」

賢者「別に私はただ。……いえ」

賢者「どういたしまして。おやすみなさい、勇者さん」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:44:19.25 ID:cK6dvDWr0

【町の外】

戦士「ふんっ! ふんっ!」

勇者「どこにもいないと思ったら、こういうことだったのか」

戦士「ぬっくせもの!」

勇者「うわっ! バカ、オレだ!」

戦士「ぬううこやつできる! ん、待て今の声は!」

勇者「お前な。決戦前ぐらいしっかり休んでろよ」

戦士「おい! 勇者じゃねーか! おい!」

勇者「だから筋肉痛になったり風邪引いたり寝不足になったりするんだよバカ」

戦士「いやー明日がついに最終決戦だと思うと、身体を動かさずにはいられなくてな!」

勇者「気持ちは分からんでもないが、お袋に孝行してやりたいんだろ? なら、なおさら無理をしちゃダメだ」

戦士「そうか……そうだな! なら寝るか! あと少し魔物を倒したらな!」

勇者「しょうがない熱血バカめ。……行くぞ。少しだけ付き合ってやる」

戦士「お? おおう! それでこそ俺の認めた男!」

勇者(身体動かしたら、少しは寝つきもよくなるだろ。それにしても戦士のヤツめ、なかなか憎めないぜ)



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:51:44.66 ID:cK6dvDWr0

戦士「出たぞスライムだ!」

勇者「あいよ」

戦士「わらわら出やがってこの! 一撃! この!」

勇者「戦士うしろだ」

戦士「痛っ! この! 跳ね回りやがって! そらカウンターだ!」

勇者(昔はこんなスライム集団にも苦戦させられていたな……)

戦士「勇者! スライムは飛び上がっているときが絶好のチャンスだ! この!」

勇者(そうそう、戦士がそれを教えてくれるまでは、ただがむしゃらに追いかけてたな)

戦士「どりゃ! どりゃ!」

勇者(スライムは飛び上がっているときが無防備だから、その瞬間を見定めれば……)

勇者「…………」

戦士「魔物の群れを! やっつけたぜ! よし次行こうか!」

戦士「ん? どうした勇者! この調子でレベル上げるぞ!」

勇者「戦士」

勇者「お前のおかげで、この世界は救われるかもしれない」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:54:09.07 ID:cK6dvDWr0

【翌朝・王の間】

――

戦士「だーかーら! 今日は魔王を倒しに行くんじゃなかったのかー!?」

勇者「まー待て。これがうまくいけば魔王は倒しにいくさ」

賢者「勇者さん。その顔は何かつかみましたね」

勇者「ああ」

僧侶「えっ? 賢者さん? えっ?」

勇者「……」

勇者(スライムが一直線にピョンピョン飛び跳ねて、進んでいくイメージ)

勇者(スライムを冒険の書に見立てると、着地ごとに新しい記録を刻んでいく)

勇者(呪縛を解くために、オレはそのスライムを倒さなければならないが、とどまっているスライムをやっつけようとしても)

勇者(直前にいた場所に一歩引っ込められて倒せない。まあ厳密には違うが)

勇者(肝心なのは、スライムを確実に仕留めるには、飛び跳ねている瞬間を攻撃すればいいということ)

勇者「王様」

勇者「冒険の書に記録をお願いします」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:56:14.10 ID:cK6dvDWr0

王「そなたらの たびのせいかを この ぼうけんのしょに きろくしても よいかな?」

勇者「はい」

王「 」

勇者「ここだ」

ゆうしゃは メラを となえた! ▼

冒険の書は 跡形もなく燃えつきた!!

王「のわっち!!」

兵士「何をする!!」

勇者「王様。冒険の書を記録をお願いします」

王「ぼ、冒険の書? なんじゃそれは! ワシはそんなものは知らぬぞ!」

勇者「王様、まだ魔王は倒されていないのですよ。冒険の書の記録をお願いします」

王「わ、訳の分からぬことを言うない! それよりいきなりメラを放つとはワシが何かしたか!?」

勇者「……あの時のように世界が狂ったりしない」

勇者「冒険の書という概念が存在しなくなったからだ」

勇者「……多分、これが唯一ループを脱出する方法だったんだ……」



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:58:09.58 ID:HyTCpRZZ0

セーブ中になんてことを。。
しえん



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:58:18.85 ID:cK6dvDWr0

――

賢者「勇者さん、つまりどういうなのでしょうか」

勇者「つまり……時の保存書で新たに記録を上書きする瞬間だ」

勇者「最後に記録した時点と、新しく記録する時点の境目ということは、すなわち……」

賢者「なるほど。どこにも時間を保存する点が存在しない可能性がある」

僧侶「宙ぶらりんの状態というわけですね?」

勇者「そこを射抜く。その瞬間もし、賢者の言うとおり時の保存点が存在しなかったとしたら、どうなる?」

賢者「『過去の冒険の書』という存在もありませんから……おそらく因果関係は断ち切られ、完全にこの世から消滅しますね」

勇者「そう、完全に呪縛から解き放たれる。だからあの時みたいに世界がおかしくなったりしなかったんだ」

賢者「あの時?」

勇者「ああいやこっちの話だ。それより、後は魔王を倒しに行くだけだ」

戦士「それ! それだよ! やっと俺にも分かる言葉が出てきた!」

僧侶「ま、魔王を倒しに行くだけ、ですか。私たちはまだ会ったこともないのですが……」

勇者「大丈夫だ、もう何度も戦って勝っている。あとは消化作業みたいなもんさ」

勇者「やっとこれで……平和が訪れる……」



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:00:35.92 ID:cK6dvDWr0

――

【魔王の間・扉】

勇者「よしよし、あとは楽勝だ」

賢者「気楽そうですね」

勇者「事前に渡した魔王のデータ、確認したろ? 取るに足らない相手だよ」

僧侶「わあ、頼もしいですっ」

戦士「どんな相手だろうと全力でぶっつぶすのみ!」

勇者「はいはい、魔王への初撃はくれてやるよ」

戦士「この野郎!」

賢者「勇者さんの言うとおりでしたら願ったりの展開ですが……少し気がかりが」

勇者「何がだ?」

賢者「冒険の書はこの世から消えてしまいましたが、もしそのお陰で本来守られている一面があったとしたら」

勇者「大丈夫だって考えすぎだろう」

僧侶「ではこの扉、開けちゃいますよう?」

勇者「よーしやるか! 本当の最終決戦!!」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:01:08.72 ID:FgE9mIeP0

これは・・・



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:03:09.54 ID:cK6dvDWr0

【魔王の間】

魔王『……』

勇者「魔王!」

魔王『……お前は何者だ?』

勇者「えっ? 勇者に決まっているだろう! お前を倒しにきたんだ!」

魔王『勇者……勇者よ。余は何者だ?』

勇者「!? お、お前は魔王じゃないのか?」

魔王『魔王? 余は……魔王……。魔を統べる王……。……そうか……。……』

賢者「勇者さん、どうも様子がおかしくありませんか?」

僧侶「ど、どうなっているのでしょう?」

戦士「魔王め!」

勇者「ま、待て! そうか……冒険の書がなくなった影響か……」

魔王『余は……魔王。魔王。魔王!!』

魔王『そうか。余は魔王なのだな! 余は、魔族の王!! 魔族に仇なす人間共を滅ぼす魔王!!』

勇者「やっぱりこうなる流れか! みんな、戦闘体勢だ!」



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:05:18.01 ID:cK6dvDWr0

戦士「うおおおおおおおっ!」

戦士の攻撃!
魔王は剣を受け止めた!

勇者「なっ!?」

戦士「く、くそっ、放しやがれ!」

魔王『この漲りゆく力は、人間を滅ぼすためのものか!』

魔王の攻撃!
戦士は衝撃とともに壁に叩きつけられた!

戦士「がっはっ」

僧侶「か、回復を!」

勇者「な、なんだこいつは……! オレの知っている魔王じゃないぞ!」

賢者「勇者さん、指示を!」

勇者「くそっ! 賢者はバイキルト、僧侶は回復を軸にフバーハを! 戦士、立てるか!」

戦士「たりめーだ! こんくらいで!」

勇者「みんな集中しろ! 全力でかかるぞ!」



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:08:00.98 ID:cK6dvDWr0

僧侶はフバーハをとなえた!
賢者はバイキルトをとなえた!

魔王『余は魔王……余は……』

魔王の指先から凍てつく波動がほとばしった!
魔王は呪文の効力を全て消し去った!

魔王『余の意義を全うするのみ!』

魔王はこごえる吹雪を吐いた!
魔王ははげしい炎を 吐いた!
魔王はイオナズンを唱えた!

戦士「うおおおっ!?」

僧侶「きゃっ!」

賢者「くっ」

勇者「バ……バカな……僧侶、回復はいい、補助を!」

勇者はベホマズンを唱えた!
パーティーの体力が回復した!

勇者(まるで枷が外れたような強さだ……これが本来の魔王の力なのか!?)

勇者「ひるむな! 戦士は攻撃、僧侶は回復、賢者は補助を軸に立ち回れ!!」



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:10:13.13 ID:cK6dvDWr0

戦士「魔王おおおおおおっ!」

勇者「待て戦士! 今はうかつに飛び込むな!」

魔王『余は魔王……絶対の覇者……』

魔王の攻撃! 戦士はダメージを受けた!
魔王の攻撃! 戦士はダメージを受けた!
魔王の攻撃! 戦士はダメージを受けた!

勇者「戦士!」

戦士「ぐぼっ! こっ、これしきでこの野郎おおおおああああっ!」

戦士の攻撃! 魔王にダメージを与えた!

魔王『ぐおっ!? ……余に……傷がっ……!!』

戦士「みっ見てるか親父! あんたの息子はバカだけど、遺言くらい守れるんだぜ!!」

勇者「戦士」

戦士「ほら勇者お前も加勢しやがれ! 二人で一太刀ずつ浴びせるんだよ!」

勇者「ああっ! 僧侶、回復を頼む!!」

僧侶「は、はいっ!」

勇者(戦士……もしかすると、今やお前の方が勇者なのかもしれないな)



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:13:00.83 ID:cK6dvDWr0

僧侶はベホマを唱えた!
戦士の傷が回復した!

魔王『癒しの術……あの小娘か!』

魔王の攻撃!

僧侶「あっ……」

勇者「危ない!!」

勇者は僧侶をかばった! 痛恨の一撃!
勇者は大ダメージを受けた!

僧侶「勇者様!」

勇者「ぐっ……下がれ……回復だ……」

僧侶「は、はい! あ、あのっありがとうございます!」

勇者「今はそんなことはいい、早く陣形を整えろ!」 僧侶「は、はい……」

僧侶はベホマを唱えた! 勇者の傷が回復した!

勇者「……なぁ。これで97回目なんだろ?」

僧侶「えっ?」

勇者「行くぞ戦士、援護しろ! 賢者はそのまま補助を徹底! ここから押し返すぞ!!」



264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:14:40.65 ID:dmMT4+0M0

勇者イケメンすぎ濡れた



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:15:46.49 ID:cK6dvDWr0

魔王『人間共め……人間共めええ!!』

魔王はこごえる吹雪を吐いた!
魔王ははげしい炎を吐いた!
魔王はイオナズンを唱えた!
魔王の攻撃!
魔王の攻撃!

戦士「ぐあああっ!!」

勇者「くそっ規格外の猛攻だ……今まで戦ってきた魔王はなんだったんだ……」

賢者「規格内の魔王だったんですよ。勇者さん視点では、さしずめ冒険の書の亡霊といったところでしょうか」

賢者はベホマラーを唱えた!
パーティーの体力が回復した!

賢者「ですが勇者さん、好機です。いま魔王は攻撃ばかりに専念しており、凍てつく波動を使ってきません」

賢者はバイキルトを唱えた!
勇者の攻撃力が2倍になった!

賢者「勇者さんの知らない未来を勝ち取るのでしょう。後方支援は任せてください」

勇者「賢者」

賢者「大丈夫です。勇者さんには私がついています」

勇者「……ああ! やっぱり賢者は最後まで頼りになる!!」



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:18:33.23 ID:cK6dvDWr0

――

魔王はこごえる吹雪を吐いた!
魔王はイオナズンを唱えた!
魔王はイオナズンを唱えた!
魔王ははげしい炎を吐いた!
魔王の攻撃! 魔王の攻撃!

僧侶はベホマラーを唱えた!
賢者はベホマラーを唱えた!
勇者の攻撃!
戦士の攻撃!
勇者の攻撃!

――

魔王『おお……おおおお……』

戦士「ハァ……ハァ……見ろ! 魔王のヤツ、息が上がってるぜ!」

僧侶「お、終わりが近いのでしょうか……」

賢者「しかし我々も消耗しています。魔力もアイテムもジリ貧です」

勇者「ここが正念場だ! 今までのペースを崩すな!」

勇者(そう、ここで倒れたら……全滅したら……おそらくもうオレ達に再起の機会はない)

勇者(オレ達も……世界も終わりだ。何としてもこの場で果たし遂げなければならない!!)



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:21:35.93 ID:cK6dvDWr0

――

勇者「うおおおおおっ!!」

勇者の攻撃!
会心の一撃!!
魔王を倒した!!

魔王『ぐおおおおおおおオオオオオオ!!』

勇者「や、やった!」

僧侶「……終わったのですね。私たち、本当にやりとげたんですね!」

戦士「っしゃあああ! これで世界が救われたぜ!!」

賢者「間違いなく今まで遭った中で最大の強敵でした。しかしこれで」



魔王『グオオオオオオオ! オノレ……ニンゲン……余ハ……余ハ……』

魔王『余ハ……何ノ為ニ……余ハ……』

勇者「!? ま、まずい! 戦士、一緒に追撃だ! 形態が変わる前に――」

魔王『オオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!』

魔王の姿が変貌していく!!



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:25:06.29 ID:cK6dvDWr0

勇者「うわあっ!」  戦士「ぐあっ!」

僧侶「そ、そんな……」

賢者「も。もうほとんどアイテムも残っていません」

*『……人間共め……もはや微塵も容赦はせぬ……』

真・魔王が現れた!!

真魔王『勇者! お前だけは全力で屠ってやろうぞ!!』

真魔王『出でよ我が眷属たち! 全霊をもってかかれ!!』

真魔王は仲間を呼んだ!
魔物の群れが現れた!
魔物の群れが現れた!
魔物の群れが現れた!
魔物の――

戦士「……う、うそだろ……なんつー数だ……」

賢者「勇者さん。どうしますか。勇者さん」

勇者「……馬鹿な……冒険の書は正しかったというのか……」

僧侶「……。…………皆さん」



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:27:16.30 ID:O1HNB64zP

やめろぉおおおおおおお!!
駄目だ、それだけは使っちゃいけない!!!



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:27:52.18 ID:cK6dvDWr0

僧侶「皆さん! 少しの間だけでいいです! 時間を作ってください!」

僧侶「私が後ろの扉の結界を破ります!」

戦士「!」

賢者「確かに、一か八かの逃げに賭けるしか!」

勇者「分かった! 僧侶、頼んだぞ! 残った三人は応戦だ!」

真魔王『おおお……力が……力が溢れてくる……来るがよい!!』

戦士「言われなくてもそのつもりなんだよ!」

戦士の攻撃!
真魔王は剣を受けとめ、その刃を折った!

戦士「なーっ!?」

真魔王『くだらぬ……』

真魔王はかがやく息を吐いた!
真魔王の攻撃! 真魔王の攻撃! 真魔王の攻撃!

戦士「げふっ……バカ……強すぎんだろ……」

戦士は死んでしまった!

勇者「戦士! くそおおっ!!」



304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:27:53.84 ID:vtTMDYJi0

やめろぉぉぉぉぉぉ!!!!



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:31:23.76 ID:cK6dvDWr0

魔物の攻撃! 魔物の攻撃! 魔物の攻撃!

賢者「くっ。とてももちません」

勇者「く、くそっ! 僧侶! まだか!?」

僧侶「まだです……いま……私の持ちうる全ての魔力を注いでいます……」

勇者「必ず開けてくれ! 賢者、僧侶の援護はできないのか!」

賢者「負の魔力に満ちた扉です。聖なる力に長けた僧侶さんの方が適しています」

賢者「そう。僧侶さんの方が――つっ」

勇者「賢者! 待ってろ、いまベホマを」

賢者「いりません。勇者さん。伏せてください」

賢者はメガンテを唱えた!
自己犠牲の爆発が 魔物の群れを一掃した!
賢者は死んでしまった!

真魔王『小癪な真似を!!』

勇者「賢者! 賢者! く、くそ、もう世界樹の葉がない!」

僧侶「勇者さん……け……結界が解けました……」

勇者「!!」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:32:34.69 ID:VJu+mAcr0

まさか賢者の方にメガンテフラグが建ってたとは思わなかった



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:33:42.32 ID:FgE9mIeP0

無茶しやがって・・・



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:33:47.64 ID:cK6dvDWr0

勇者「よくやった僧侶! ここは一旦引くぞ!」

僧侶「私はいいです……もう、疲れました。……勇者様だけでも……勇者様……」

勇者「ふざけるな! 背負ってでも連れていくからな!」

真魔王『勇者よ。どこへ行く』

真魔王『この魔王の間を、この魔王城を、この世界から逃げられると思ってか?』

勇者「くっ……」

真魔王『絶望せよ。お前の長い旅もここで終わりだ。我が魔力によって滅びるがよい』

勇者「う……くそ……」

勇者(今思えば冒険の書のお陰で、魔王はオレ達が打倒し得る強さに抑えられていたんだ……)

勇者(……やはり冒険の書を消し去ったのは間違いだったのか……?)

勇者(オレは延々とループに飲み込まれていた方が正しかったのか……?)

勇者(平和な日々を得たいなんて……高望みだったのか……?)




真魔王『終わりだ。永遠の眠りにつくがよい』

勇者「あ……――」



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:34:23.53 ID:31DSclbJ0

うわあああああ



324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:36:50.17 ID:cK6dvDWr0

*「おっ開くぞ! 急げ!!」



魔王の間の扉が開かれた!



勇者「!?」



兵団「「うおおおおおおおっ!!」」

兵士の集団がなだれこんできた!
兵士の集団がなだれこんできた!
兵士の集団がなだれこんできた!

兵士「魔王だ! 勇者殿もいるぞ!」

兵士「魔王を倒せ! 勇者殿をお助けしろ!!」

隊長「勇者殿! ご無事ですか!?」

勇者「こ、この軍勢は……」

隊長「我々は王に派遣された者です!」

隊長「我々のみならず世界各地の兵団が、続々と勇者殿の応援へと駆けつけております!」



331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:38:10.53 ID:FgE9mIeP0

なん・・・だと・・・



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:38:54.57 ID:cK6dvDWr0

勇者「な……なぜ……」

兵士「魔王は、地上に住まう全ての人々の仇敵です!」

隊長「『勇者が魔王を討ち果たす』という伝承など、誰のどんな権限で決め付けられたのでしょうか!」

兵士「勇者殿に丸投げするわけにはいきません! 我々も戦います!!」

戦士「勇者!」

賢者「勇者さん!」

僧侶「勇者様っ!」

勇者「みんな! 生き返ったのか!」

隊長「蘇生や魔力回復などの貴重な道具を、数多く持ち寄りました! 優秀な人材も集結しております!」

隊長「さあ勇者殿! まだ力を振り絞れるなら、我々と共に――」

兵士「ぐあああああああっ!」

隊長「!?」



真魔王『何ゆえ……何ゆえにお前達は、己が使命を見出せるのだ……かくも克明に……』

勇者「魔王っ……!」



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:41:02.93 ID:UaSUyPyk0

展開熱すぎるwwwwwww



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:41:49.74 ID:cK6dvDWr0

真魔王『余は数多の眷属を従える魔王……万物の魔を統べる唯一……』

真魔王は仲間を呼んだ!

魔物の群れが現れた!
魔物の群れが現れた!
魔物の群れが現れた!

隊長「増援だ! 迎えうてーっ!」

\オオオオオオオーッ/

勇者「オレ達は本命を叩くぞ! 仲間を見失うなよ!」

戦士「おおっ!」

僧侶「はいっ!」

賢者「まずは陣形を固めましょう。いったん補助呪文をかけ直します」

勇者(まさかこんな流れになるとは思わなかったが……これで負ける気がしない!)

真魔王『余は倒れる訳にはいかぬ……余という存在ある限り……』

真魔王はベホマを唱えた! 真魔王の傷が回復した!
真魔王は仲間を呼んだ! 魔物の群れが現れた!
真魔王は仲間を呼んだ! 魔物の群れが現れた!

勇者「それがどうした! みんなこれが最後だ、全力で行くぞっ!」



348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:42:35.42 ID:ZDPXunei0

ベホマとかもうね



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:43:02.08 ID:+OgbfnZ+0

魔王チート杉わろえん



352: 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 【東電 53.9 %】 :2011/07/30(土) 04:43:14.59 ID:0O4+hhf40

ベホマはいかんよ…



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:44:29.66 ID:cK6dvDWr0

真魔王は仲間を呼んだ!
魔物の群れが現れた!
  魔物の攻撃!
  兵士の攻撃!
  兵士の攻撃!
勇者の攻撃!
戦士の攻撃!
真魔王の指先から凍てつく波動がほとばしった!
賢者はバイキルトを唱えた!
僧侶はフバーハを唱えた!
  兵士は倒れた!
  魔物を倒した!
  兵士の攻撃!
真魔王はかがやく息を吐いた!
真魔王の攻撃!
真魔王はイオナズンを唱えた!
勇者はベホマズンを唱えた!
  兵士の攻撃!
  魔物の攻撃!
  魔物を倒した!
賢者は祈りの指輪を使った!
僧侶はスクルトを唱えた!
  魔物の攻撃!
  兵士の攻撃!
真魔王はかがやく息を吐いた!
真魔王はかがやく息を吐いた!
戦士の攻撃! 会心の一撃!
賢者はベホマラーを唱えた!
勇者の攻撃! 会心の一撃! 



371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:49:26.35 ID:cK6dvDWr0

――

真魔王『余は……解せぬ。何もかも……』

戦士の攻撃!
戦士の攻撃!

真魔王『余は……何ゆえここに在るのか……』

賢者は○○を唱えた!
賢者は○○を唱えた!

真魔王『我が魂は……永遠に……不滅……なのか……?』

僧侶は○○を唱えた!
僧侶は○○を唱えた!

勇者「うおおおっ!!」

勇者の攻撃!
会心の一撃!!

真魔王『ぐ……愚問か……ふっ……不思議なものだ……何も……』

真魔王『何も感じぬ……感じられぬ…………』



真魔王を倒した!!



377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:50:57.80 ID:GhNDUE+VO

倒したあああああああああ



382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:52:33.55 ID:cK6dvDWr0

兵士「む……急に魔物どもの動きが鈍くなったぞ」

兵士「見ろ! 魔王が! 勇者殿が魔王を討ちとったんだ!!」

兵士「勝った! 我々は勝ったんだ!!」

\オオオオオオオーッ/



僧侶「……今度こそ、終わったのですね。私たち……今度こそ本当にやりとげたんですね!」

戦士「っしゃあああ! これで本当に世界が救われたぜ!!」

賢者「生涯使うつもりはなかった自己犠牲呪文を私に使わせるほどの難敵でした」

僧侶「勇者様! 勇者様! ああ……本当によかった……」

戦士「っしゃあああ勇者最高! ってどうした勇者! もっと喜べよ!!」

勇者「……賢者」

賢者「はい」

勇者「魔王は……『冒険の書の亡霊』なんかじゃなかったさ」

勇者「魔王もまた『犠牲者』だったんだ。あんな目には遭ったけど、全てが終わった今となっては……」

勇者「世界中の誰もが喜んでも……オレだけはヤツに同情するよ」



387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:53:20.56 ID:G3Ot7kKX0

そして、伝説が始まった…



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:56:13.14 ID:cK6dvDWr0

――

【王の間】

王「勇者よ! よくぞ魔王を倒した!」

王「心から……心から礼を言うぞ! そなたこそ真の勇者じゃ!!」

王「そなたのことは、人々の間で永遠に語り継がれてゆくであろう!!」

王「さて、今宵は盛大な祝賀を開こうぞ! 勇者への褒美もすでに考えておる!」

勇者「恐れながら王様」

王「ぬ?」

勇者「この度の褒賞は、わたしの仲間と、魔王城へ攻め入ったすべての兵士に分け与えください」

勇者「わたしめには僭越ながら、たった一つの望みさえ叶えて下されば結構です」

王「な、なんと。申してみよ」

勇者「はい。一日も早く国を発展させ」

勇者「新たな発見を重ね、学術を深め――世の文明を次なる域へと進めてください」

勇者「それが今におけるわたしの、生涯の望みへと繋がります。どうかなにとぞ、お願いします」

王「なんと無欲な! そなたの望み、しかと聞き入れたぞ! 何か困ったことがあればいつでも申すがよい!」



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 04:58:23.52 ID:cK6dvDWr0

――

勇者(そうだ。魔王を倒したことで、また新たな目的ができた)

勇者(『冒険の書』)

勇者(結局不透明のままだ。このままオレの中だけの過去に埋もれるのは気に入らない)

勇者(人に役割を与える? いたずらに時間をループさせる?)

勇者(魔王討伐後に共に過ごした、別の未来の仲間たちはどうなった? 魔王の無念は蚊帳の外か?)

勇者(神のつもりか。もしくは神そのものなのか。どちらが相手でも、このまま収まらせる訳にはいかない)

勇者(必ず)

勇者(その正体を暴いてやる)

勇者(たとえ途方もない年月をかけても――)



戦士「あーっ、見つけた! 勇者ーっ!」

僧侶「勇者様!」

賢者「勇者さん」

勇者「みんなっ? もう祝賀会は始まってるはず……」



410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:00:27.41 ID:cK6dvDWr0

僧侶「私決めました! 一生勇者様についていきます!」

勇者「ええっ」

賢者「まだやることが残っているのでしょう。決して邪魔はいたしません、どうか私もお供を」

勇者「ええっ」

戦士「悪いが俺は、これからお袋を助けにゃならんからついていけねえぜ!」

勇者「ええっ……あ、それでいい。それがいい」

戦士「だが、困ったときはいつでも頼ってくれ! 俺たちは生涯の仲間だぜ!」

勇者「ええっ」  戦士「なんでだよ!」

僧侶「勇者様、会場に戻りましょうっ。みんな待っていますよっ」

賢者「私も賛成です。例えば、何かを大衆に伝えるとするなら、今が好機ではないですか?」

勇者「……そうだなぁ」

勇者「とりあえずしばらくは、念願の平和な世界に落ち着くとしようか」





TRUE END



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:02:03.00 ID:/Jtf/eGHi

乙!



425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:02:15.30 ID:O1HNB64zP

大層乙であった



433:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:02:49.54 ID:cK6dvDWr0

明け方までお付き合い頂きありがとうございました
物足りない方もいるでしょうが、これで完結です
無理していた方は体調不良を起こしませんように。では



439:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:03:08.55 ID:u9EPVE2k0

>>1
面白かった!



440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:03:15.83 ID:1NyAh9DoO

>>1
怖かったけど楽しかったぜ



442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:03:34.22 ID:qxE2L5Q50

イヤッホオオオオオイ!

>>1
久しぶりに面白いSSに出会えたぜ!



449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:04:17.81 ID:kZRPrR390

素晴らしかった、乙です



462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:09:23.48 ID:0kgukGH+0


最高だったぜ。久しぶりに清々しい気分になれた



464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:10:19.89 ID:wW3OipQH0

ラジアントヒストリアがまたやりたくなった

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003YXYU92/2logelephant-22/ref=nosim/



465: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/07/30(土) 05:11:22.91 ID:UaSUyPyk0

>>464
俺も俺も
あれ名作だよな



474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:18:34.06 ID:UOeML+mf0

これはすごい
おつ!



475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 05:18:55.80 ID:84lgQ5m/0


めちゃめちゃ面白かったです!



502:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 06:12:18.47 ID:LRsmiDSl0

久々に良いSSを見た。



504:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 06:21:21.01 ID:KcAUEv010

ええSSだった
>>1おつかれちゃま



514: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/07/30(土) 07:15:08.01 ID:MlU2h2750

>>1先生の次回作にご期待ください!



518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 08:05:29.55 ID:MoEtXO850

>>1
ここ最近のSSの中でも群を抜いて面白かったよ



545: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/07/30(土) 11:20:30.47 ID:VXHwdFkp0

乙!
すげぇ面白かった!



552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 12:04:27.42 ID:VEmNb/YEO

素晴らしかた



553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 12:07:00.80 ID:qTbtiYf3i


楽しかった



569:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 13:26:50.42 ID:AwixNqkc0

乙でしたっ



570:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 13:34:03.58 ID:nEWoIHpR0

乙!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 49. あ
          • 2011年07月31日 15:21
          • なんだこれ、面白すぎる。読んで良かった。
          • 50. 名無し
          • 2011年07月31日 21:35
          • 読んで良かった…
          • 51. 名無し
          • 2011年08月01日 00:31
          • ほりいゆうじ えにつくす どらごくえすとだよ
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月01日 07:02
          • 5 これは面白い 起承転結の転が熱い
          • 53. あ
          • 2011年08月01日 15:07
          • 最後の魔王の猛攻はターン制が廃止されたから?
          • 54.  
          • 2011年08月02日 15:00
          • 5 夏休み、このSSのように良作なSSがもっと増える事を願う。
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月07日 21:57
          • バッドエンドばっかり想像してたけど
            最後の展開熱くていいねえ
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月10日 07:12
          • 素晴らしい作品だったぜ!!

            それにしても、なるほどな…
            今まで俺の「ぼうけんのしょ」が何度も消えてたのは
            勇者たちが無限ループから開放されててた証だったんだな…
            幼い頃の思い出が今になって胸熱
          • 57. せんにん
          • 2011年08月18日 03:44
          • 5 素晴らしい
            大変面白かった
          • 58. あ
          • 2011年08月21日 01:58
          • 面白かった。バグったところが怖かった
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月29日 22:11
          • 最終的にみんなが自由になったのが一番の満足。
            でもこれみたら勇者達かわいそうでドラクエができない。
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月29日 23:54
          • 「かいけつゾロリのテレビゲームききいっぱつ」
            を想起した。
            あれ今思えばバッドエンドやん
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年09月10日 23:28
          • 久しぶりだ、こんな良スレ・・・1!次も頼むぜ、お前は世界一の勇者だ!
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月08日 15:54
          • DQ3で冒険の書に記録する瞬間に
            (FC版では「きろくしてもよいかな?」に「はい」と答えた直後)
            リセットボタンを押すと、必ず冒険の書が消える。

            この物語は、そういう風にプレイヤーが知り得ない展開で、
            そういう意味で上手いと思った。
            でもそういうのより、その展開が熱くて良かった。
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月16日 15:28
          • なんかプレイヤーが悪みたいな感じだな
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月25日 15:42
          • 何が面白いのかまったくわからん
            素人のオナニーくさすぎる
          • 65.  
          • 2011年10月25日 16:50
          • めちゃくちゃ面白かった
            素人が書いたとは思えない
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月28日 00:10
          • バーン「大魔王からは逃げられない!」
            みたいなメタ的な話好きだなあ 面白かった
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年10月28日 12:38
          • このSS書いた人見覚えあるな 多分過去にモンハンのSS書いた人だ
            あいかわらず面白いわw
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月11日 00:44
          • 5
            ちょっと怖い!おもしろい!
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月14日 21:10
          • 5 感動した!!
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月18日 15:35
          • 5 なんか頭の中でひっかかってたけど思い出した
            これ、僕と魔王の設定に似てるんだ

            でも評価は5付けちゃう

          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月19日 16:03
          • 5 最後データ消えて最初からになるのかと思ってちょっとびびってたぜ
            でも気持ちよく終わってよかった
          • 72. G
          • 2011年11月23日 17:54
          • これで97回目だろ?
            のところで泣いた
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月23日 19:46
          • アイテムもたせたままボックスに入れて、セーブの途中で電源をきることで
            ポケモンがアイテムごとコピーされれる裏技並みにウルテクだなww
            発想に脱帽
            全体的に新の敵が目的ごと不透明なのが良かった
            不明なまま終わったのも良かった
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月23日 20:17
          • 5 四人それぞれが自由への脱出へ貢献してるのが最高だ…ありがとう!!
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月23日 22:28
          • 終わりが
            「THE END 」
            だから電源落ちてまた電源つけたらセーブがないからすべての記憶がないまま今度は初めからやり直し、また同じループになる。
            プレイヤーの観点からいえば
            「ラスボス飽きたからもう一回最初からやり直すか。」
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年11月28日 00:10
          • 5 すごい話だった

            なんで僧侶の回数はオナヌーの回数じゃないんだよ!!
            (⊃Д`⊂)゙'';
          • 77. あ
          • 2011年11月29日 18:15
          • パッと思いついたのは鈴木光司のループ
            面白かった
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月03日 23:03
          • おきのどくですが・・・の裏でこういう冒険があったのかと思うと
            じゃあ仕方ないな、と納得できるくらい面白かった。
            他のお話も読んでみたい!
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月07日 12:55
          • 今年面白かった「SS」教えてで一番に載ってたのに納得したわ
            起承転結がここまではっきりしてるSSってのも逆に珍しいな
            やはり王道には王道のよさがある
          • 80. ザヒト ハザマ
          • 2011年12月13日 12:50
          • 5 素晴らしいな。胸が打たれた。だから、俺達も世界を救おう。手始めに「理想の未来像」を県でも市でも個人(一般人)でも作れ!!複雑に見える事案でも優先順位があるし。並列化して保留、最善策で妥協。というケースも有るだろうが
            「生活や人生内の不満の補完=到達点=ゴール」が明確に見えていれば、最短距離でそこに至る事が出来る。日本人意外の人にも実践して欲しい。そして「その平和を支える物を堅守」して欲しい。更に「次の時代を呼ぶ"揺らぎ"を見据えて」欲しい。後、後進の人材を育てろよな。
            近々バラされるかも知れないが、「まも●」のせいでこの国が悪しきに堕ちたと知り書き遺そうと思った。最期に。
            必死すぎ、僧侶かわええ......嫁にしたい。
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月20日 20:48
          • 面白かった。興奮した。あとモンハンのssて何処にある?見てみたい。
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 01:10
          • おきのどくですが(ry に悪意を感じれなくなるSSだった
          • 83. 名無し
          • 2011年12月29日 22:53
          • いやぁ面白いね
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月02日 06:33
          • 5 おもろかった。
            いいものに出会えた
          • 85. よっしー
          • 2012年01月15日 18:11
          • 5 久々に良SSを見た!
          • 86. ななし
          • 2012年01月17日 01:07
          • 5 何回読んでもおもしろい!!
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月07日 21:56
          • 5 自分の中の理想の勇者、戦士、僧侶、賢者像だった
            マジ乙
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 08:04
          • 着眼点が素晴らし過ぎるだろ
          • 89. 七草粥
          • 2012年04月04日 11:50
          • 5 感動した!勇者パーティーの未来に幸あれ
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月09日 04:10
          • 5 セリフが全てひらがなになっている部分は「神」の干渉を受けていた部分ということか。面白かった
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月12日 13:56
          • 5 絶対に お気の毒ですが冒険の書はry で〆られるのかと思った。
            TRUEでよかったよかった・・・
          • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 20:22
          • 5 読んでた途中なんか怖くなって鳥肌がたった・・・だけど、おもしろくて最後まで見てしまったwww
          • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 14:59
          • 途中でバグるのは予想していたし、そうなったw
            しかし、途中で冒険の書を対処するために頑張って頑張ってそしてセーブが消えて最初からやり直しとかじゃなくて良かったと思うw後は最後は仲間と違えて一人で魔王と戦ったり等の欝展開あるか?と思ったがなかったぜw
          • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月24日 22:46
          • ※4 41 64が嫉妬ちゃん
          • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月26日 23:11
          • めちゃオモロかったです★
          • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月04日 11:09
          • ※93と同じこと思った。
            良かったーこれで開放されるって思って最初の地点に戻されて勇者一人だけ「…え?」ってなる感じのバッドエンド。
            ぶっちゃけ最後まで一番最初のとこまで巻き戻されないかハラハラした。
          • 97. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月19日 02:05
          • 面白かった。一カ所だけ商人がいるのが気になる…彼はどこに行ったんだ?
          • 98. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月17日 21:03
          • 5 おもろかったあああああああ
            これはつまりこのゲームをやってる第三者が全リした後にセーブせずに電源を切ったっていうことか?
          • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月23日 00:18
          • 5 バグのところがめっちゃ怖かったが、とても面白かった。
          • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月04日 00:14
          • 100コメント いただきまする!
          • 101. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 06:46
          • 面白かった〜
            moonを思い出した
          • 102. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月27日 01:40
          • 5 ゲームをクリアするといつも思うんだ
            魔王を倒してエンディングをむかえると、これが終わったら、魔王を倒す前に戻っているんだよね・・・
            だから一生平和な世界になることはないんだな・・・。

            エンディングを終えると魔王討伐前に戻されることからウチでは、恐怖のエンディングと呼んでいる。
          • 103. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月05日 04:53
          • 5 本当に面白い稀に見る良作だったわ…冒険の書をどうにかする中盤辺りからwktkが止まらなかったぞ…つか騒いでるキチガイ3人消え失せろよ、何が素人のオ○ニーとかホントキチガイは低俗で気持ち悪いことしか言えないんだな
          • 104. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月22日 07:30
          • 朝っぱらからいいSSが読めた。
            今まで見た勇者モノの中でいちばん気に入ったわ…。
          • 105. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月25日 03:44
          • 5 このSSみたいな感じで、セーブデータを犠牲に真ボスとトゥルーエンドへ至る(無論その後セーブ出来ず一発勝負な)ゲーム、出ないかなぁ・・・
            勇者系SSの中でも最高レベルの完成度だと思う。最期に素晴らしい作品に出会えて良かった・・・!勇者達よ、お幸せに!!
          • 106. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月27日 20:36
          • 5
            まぁゲームみたいに製作者が居て、見えないルールに縛られたり
            『向こう側』から監視される世界ってアイデアは前からあった。
            けど、それの料理の仕方が逸脱すぎる。
            展開もうますぎ。
            ループからの抜け出し方とか、抜け出した後の魔王との戦いとか、
            ピンチになってからの加勢とか最高だった。
            批判のしようが無い。
          • 107. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月28日 00:49
          • 一方スターオーシャン3はボロクソに叩かれた
          • 108. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月31日 14:31
          • 上手いなあ
            俺も似たような空想をした事があるけどこんなにきっちり書けないよ
          • 109. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 19:37
          • 後半で二転三転するのが巧みだよなあ
            最後まで飽きさせない
          • 110. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月18日 16:21
          • 5 今まで見たSSの中で一番興奮した!
            記念カキコ
          • 111. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月18日 16:43
          • 怖い作品集みたいなスレから来らからバッドエンドかと思ったけどいい最後で安心したw
          • 112. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月11日 06:34
          • 5 あけましておめでとう!時が経つっていいもんだな。
            なによりその後勇者は僧侶を選んだのか賢者を選んだのか気になる
          • 113. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 04:33

          • ゲーム愛を感じた良いSSだった。


          • 114. バロテッリ
          • 2014年02月03日 04:19
          • これレベルのssは、ポケモンの「ミカンがジムリーダーになうの」シリーズとカイジ×ポケモンシリーズ、進撃のちょっとこわいss書く人のやつくらいだな!

            それにしても作者のセンスが半端ないって

            他にこのレベルのあったら誰かコメントに紹介してくれ!!

            まじでおもしろかった、グラッツェ!!
          • 115. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月21日 17:24
          • 面白かったです

            僧侶選んどけ僧侶
          • 116. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月26日 14:56
          • ※45に泣いた

            このSSには、金を払うべきだと思うんだ!
          • 117. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月31日 06:02
          • 5 これは面白い!
            一気に読んでしまったわ。
            くそー、これのおかげで睡眠不足だぜ!
            だがそれでもいい!いいもの見れた。
            漫画化かアニメ化希望だわ。
            どっちでも見るわ!
          • 118. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 01:05
          • 最高のSSでした!!
            12時には寝る予定だったのにラスト気になって眠れんかったわww
            1乙!
          • 119. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月14日 08:33
          • 5 賢者の性別はどっちだろう
          • 120. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年06月26日 03:04
          • ループ系はおもろい!!
          • 121. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年07月06日 11:47
          • 5 ものすごく面白かったぜ バグこええ
          • 122. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月01日 13:40









          • 123. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月01日 13:44
          • おきのどくですがはセーブデータのバグなんかじゃなかったんだ。
            ○○(ひらがなの自分の名前)は真の魔王と戦ってたんだ。
          • 124. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月17日 22:22
          • 5 最高に熱く、楽しい物語でした。
            ループものなのにここまで清々しい終わり方をするとは・・・。
          • 125. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月25日 23:51
          • いいね
            面白かった
          • 126. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月26日 17:37
          • ラスボス終了後→エンディングまでの間にセーブできない仕様が悪い
            ラスボスクリア後にセーブして、エンディングだけ何回も見れるようにしてくれてもいいのよ?
          • 127. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月24日 19:05
          • 5 最高。
          • 128. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月06日 03:12
          • 5 すっげーよかった
          • 129. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月19日 00:52
          • 5 これはいいそげぶ。一つの物語から数多の物語が生まれる真理をこのSSは指摘している。
          • 130. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月27日 20:39
          • 稀に見る斬新な作品だったと思う。意表を突く展開の連続だった。
            冒険の書が消える事が、向こうの世界にとっては呪縛からの解放とか、その発想は微塵も無かった。恐れ入った。冒険の書の謎を更に探求し続ける勇者達は、いずれプレイヤーや開発者の世界に辿り付くのだろうかと思うと、少しじわじわ来る怖さが…。
            これが面白く無い言ってる人は逆に何が面白いのか気になるな。恋愛小説に対して「バトル要素が無いから駄作!」とか言っちゃう系?
          • 131. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月03日 20:43
          • 5 素敵。一気に読んでしまった!(^^)!
            勝手に悪い結末を想像してたんだけど、うれしい結末になって良かった(^'^)
          • 132. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月12日 19:18
          • 3 結局「完結しない」を技術的に説明できてないんだし、ただ>>1の都合のいいように展開してるだけだな
            暇潰し以上にはなったけどね
          • 133. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月18日 05:25
          • 僧侶の「これで96回目…」
            の台詞はどっかで見たことある

            同じ作者かなぁ
            それとも影響されただけなのかな
          • 134. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月04日 23:02
          • 4 面白かった!

            そっか。セーブってよく考えたら今までのデータを消してから、書き込んでるってことだもんね(システム的にはわからんけど)。そのデータを消した瞬間を狙ったってわけかぁ。
            勇者視点だと、最新の記録の一つ前の記録までは戻る効力を発揮しない。書き込み中は最新も戻る効力を発揮しなくなる状態になるって感じ?その時に書き込みを消せばループ先を作られず、かつ前の書き込みは効力をはっきしないと。
            …なんか、同じこと書いてる気がしてきた。
          • 135. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月10日 17:31
          • 久しぶりに読んだけどやっぱりいいね

            ssにハマるきっかけになった名作だわ
          • 136. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月24日 13:46
          • なるほど、「おきのどくですが ぼうけんのしょ○は きえてしまいました」は俺の手を離れて勇者達が戦っていたのか
          • 137. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月01日 00:04
          • 5
            途中ゆうしゃが魔王の今際の際のセリフに被せてるのでグラウンドホッグ・デー(恋はデジャ・ブ)を思い出した。
            途中は上にも出てたけど最初から一回やり直すかと思ってドキドキしてた。
            いい感じでまとまってて大好き。
          • 138. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月24日 00:01
          • 5 なんともスンバラスィーSSを読ませてもらった。感謝するぜ

            一つ思ったんだけど、SFC時代のドラクエとかLr20とか30とかで消えてた記憶があるんだが、それだと規格内魔王すら永遠に倒せなくなるんだろうか・・・((((;゜Д゜)))
            これからは最強装備、最高Lr、おまけに賢者(♀)と僧侶(♀)を引き連れさせた上でデータを消しとこう。
            思い出に残れば、記録など不必要なのさ
          • 139. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月18日 14:18
          • もう4回くらい読んだかな

            やはり面白い
          • 140. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月22日 17:56
          • 後半の熱い展開良いね!

            ラスボス強化イベント→手の付けられない強さになったラスボスって流れでスターオーシャン2の真ガブリエル思い出したわ。
            あれも高速で移動しながら呪文を詠唱するとかいう規格外な行動してくるし
          • 141. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月08日 22:17
          • これと強くてニューゲームはたまに読みたくなるわ
          • 142. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 14:30
          • どんなに強力な戦闘力を持つ勇者といえどもリセット&冒険者の書は消えました、で全てひっくり返る。

            プレイ中バツン!(停電)・・・・・40分後回復、さぁプレイ再開ぽちっとな
            「デロデロデロ冒険者の書が消えました」ノオオオオオッ!
            ・・・・・こんな感じで。(飼い猫のリセットボタンをぽちっ!も止めてクレメンス)
          • 143. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月24日 03:25
          • 5 こんなSSもあったのか❗面白かったー
          • 144. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月06日 17:43
          • コピペサイトも評論家ごっこもだれにでも出来るけど

            本文は本人にしかかけないんだよなぁ……
          • 145. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月28日 13:33
          • 5 すごい。
            ちょっと想像のつかない話の展開だった。
            この発想は才能だと思う。
            それをSSで書いてしまうのが、さらにすごい。
            結末もよくまとまっていて好感を感じる。
          • 146. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月03日 22:37
          • また読みたくなったから来た
          • 147. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月22日 21:41
          • 5 何回読んでも楽しめるね。
          • 148. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月24日 04:31
          • 何回か読んでる筈なのにラストバトルの部分は毎回覚えてないんだよなぁ、逆に楽しめるからいいんだけどbadendもののSSかと勘ぐってしまう。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【エグゼイド】駆け抜けるSonic!【ソニック】
        • 【モバマス】みく「りーなチャンが変な仮面つけてからおかしいにゃ」
        • 【モバマス】みく「りーなチャンが変な仮面つけてからおかしいにゃ」
        • 偉い人「パチンコの客離れが申告だ、何かいい案はないものか」部下「いいの考えました」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • モバP「ちゅーちゅーあいり」
        • 【モバマス】ガチレズ女Pとロリコン男P
        • 【モバマス】志希・フレ・かな子「とんでいっちゃいたいの」
        • 【ミリマスSS】ある日の女子会の風景
        • 【ミリマスSS】ある日の女子会の風景
        • 【ミリマスSS】ある日の女子会の風景
        • 【ミリマスSS】ある日の女子会の風景
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ