TOP

唯「桜が丘にゃんにゃんパークへようこそ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:31:20.36 ID:rrCEyA4v0

唯「園長の平沢唯です」


澪「唯、今日は招待してくれてありがとう」

律「お前ここ数年みかけないとおもったら、こんなとこで働いてたのかよ」

紬「来週グランドオープンするんだっけ? たのしみねー」

唯「うん! 今日はまだ仮オープンだからみんなの貸切だよ!」

唯「それじゃあ園内をご案内いたします、どうぞー」






4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:35:46.45 ID:rrCEyA4v0

澪「へぇ、けっこう園内おしゃれなんだな。噴水なんかあっちゃったりして」

唯「誰でも楽しめるテーマパークを目指してるからねー」

律「レストランもあんの?」

唯「うん!」

紬「お金かけてるのね」

唯「私にとっては家みたいなトコだから」

唯「それじゃあまずはふれあい広場から」


唯「あ! きたきた。私がくるとよってくるんだー」


 ピョコピョコピョコ

梓「ユイセンパイユイセンパイ!」

唯「あずにゃんぎゅー」

梓「ユイセンパイユイセンパイ!」キャッキャ


澪「へぇ、これがあずにゃんかー、生でみるのは初めてだな」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:38:48.12 ID:rrCEyA4v0

梓「ユイセンパイユイセンパイ!」ペロペロ

唯「んもう、あずにゃんったら」

律「へぇー、ちいさくて可愛いな」

唯「この子はねーまだ子供なの。大きくなると150センチくらいまで成長するよ」

紬「かわいい~! ねぇちょっと抱かせて」

梓「イヤデス!」

唯「ちょ、あずにゃん……」

梓「イヤデスイヤデスイヤデス!」

紬「うぅ……」ションボリ

唯「ちょっとだけならいいよ。でも気をつけてね。あんまり人馴れしてない子だから」

紬「ありがと~」

フワッ

梓「ニギャーーー!」

紬「なんか叫んでるけど……」

唯「喜んでるのかな? あずにゃんよかったね」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:43:28.17 ID:rrCEyA4v0

梓「ガブガブガブガブ」

紬「な、なんかかまれてるけど……」

唯「んもうあずにゃんはすぐガブガブしちゃって可愛いなぁ///」

梓「ガブガブガブガブ」

紬「ちょ。ゆ、唯ちゃんこれどうしたら、すごい噛まれてるだけど!」

唯「あはは~あずにゃんだめだよ~。めっ! あはははは」

律「笑ってないでなんとかしてやれよ」

唯「そうだね。はいこっちおいであずにゃん」

ギュ

梓「ほふぅ……」

唯「どう? あずにゃんあったかかったでしょ! 当園自慢のふれあいゾーンだよ!」

紬「う、うん……」

紬(腕に歯型が……)



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:45:28.44 ID:jIPxMlyHi

あずにゃんがこのスレに興味をもったようです
      -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
   /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
 ノ:|::::/ ___レヘ:::::/ ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
. !:::{从rテ示  ∨ rテ示7 V::::::|::::::::/::::: |
/:::::::::リ ヒソ     ヒソ /::::::/::::::/:::::::::|
|:::::::: ′          /:::::::「`)イ::::::::::::|
|:::::::小、         /::::::::::r'´ |:::::::::::::|
|∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
    |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
    |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
    l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
    / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:46:20.20 ID:rrCEyA4v0

唯「澪ちゃんも抱く?」

澪「いや、いいっ! いいって、うわっ、近づけるな!」

唯「えー。こんなに可愛いのに」

梓「にゃうん」

澪「だって……怖いし」

梓「キシャー!」

澪「うわあああっ噛み付かれる!」

唯「そんなことしないよー」

律「どれ、私に任せろ」

唯「あ、りっちゃんいく? ほい」

律「よっと、どれ」ぎゅ

梓「……」

律「なんかすげー不機嫌そうな顔になったんですけど!」

梓「ニャーニャー!」ジタバタ ガリガリ

律「あ、暴れるしっ! おい、痛い痛い痛いひっかくなよお!!」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:50:42.54 ID:rrCEyA4v0

唯「わわっ、あずにゃんそれはダメだよ。りっちゃんこっちパス!」

律「お、おう、アタタタ」

唯「ごめんねりっちゃん」

梓「ほふぅ」

律「いんや。やっぱうまく抱いてやらないとだめか」

唯「あずにゃん、め! お客さんがぶがぶもガリガリもしちゃだめって教えたでしょ!」

梓「ふにゃぁ」

律「で、この子しかいないの?」

唯「おかしいなー。みんな自由に園内ぶらぶらしてるのかなー」

澪「そんなおそろしい……サファリパークか……」ブルブル

紬「檻とかないの?」

唯「えー! かわいそうだよー! それに他のあずにゃんは人馴れも多少してるし怖がったり襲ったりしないよ?」

律「ならいいんだけどさ」

唯「この子はちびにゃんだからね。ちょっと表に出すには早かったね」

梓「ニャオオ」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 18:56:38.11 ID:rrCEyA4v0

唯「じゃあちびにゃんはここに置いといて。探しにいこっか」

澪「う、うん……唯がいたら絶対の絶対に安全なんだろうな?」

唯「安心安全の桜が丘にゃんにゃんパークだよ?」

紬(入園5分で噛まれたんだけど……)



唯「あ、いたいた! やっほー!」

梓「!」 梓「!」

澪「お、アレは……」

唯「デブにゃんとオタにゃ~ん! もー探したよー!」

オタ「ドゥフフフwwwwこれはこれは園長殿wwww」

デブ「いやぁ、すいませんねぇ。ちょっとジュースを飲みに行ってて」ハァハァ

律「唯……こいつらは……」

唯「こっちの太ってる子がデブにゃんで、こっちの眼鏡かけてる太ってる子がオタにゃんだよ」

オタ「そういえば今日は仮オープンの日でしたなwww」

デブ「唯園長。お昼はまだですか?」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:01:59.63 ID:rrCEyA4v0

澪(なんかすごい動物の臭いがする……)

紬(こんな子もいるんだ……しらなかった)

オタ「園長殿wwwwこちらの美人の方々を紹介してほしいですぞwww」

デブ「園長はすみにおけないですねぇ、ハァハァ」

律(なんでこいつ息あがってんだ……)

唯「はーいじゃあ紹介します! みんなは私の学生時代からの友達でー……」

律「……え? そのあとセルフ!? あ、私田井中律。唯の友達でー、バンドやってたころのリーダーだ」

オタ「おおうwwwウチのボスのさらにボスktkrですwwwwwwww」

律「いやそういうんじゃないけど」

澪「秋山澪。一緒にバンドやってたんだ」

デブ「いやぁ美人ですねぇ」ジロジロ ハァハァ

紬「琴吹紬です。よろしくね、オタにゃんちゃんデブにゃんちゃん」

オタ「これからもにゃんパーをよろしくですwwwww」

唯「勝手に略さないでよー!」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:06:19.72 ID:rrCEyA4v0

唯「じゃあさっそくふれあう? たっぷりふれあっちゃう?」

澪「え゛」

オタ「ドゥフフフフフwwwwww」

デブ「ハァハァハァハァ、ヒューヒュゥ」

律(こ、こいつらに抱きつけってか!!?)

唯「えへへ~ふたりとも超あったかくてふわふわ! 当園自慢のあずにゃんだよ~!」

紬(やめて! その笑顔は卑怯よ!)

唯「ほら、どっちいく! ふんす!ふんす!」

オタ「コポォwwwww」

律「……腹括るか」

デブ「お腹すいたです。何か食べ物もってませんか?」

澪「え、ああ……クッキーが鞄のポケットに」

デブ「!!」ガサガサガサガ

澪「ひぃぃいいいい!! やめろやめろおおお!!」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:11:41.21 ID:rrCEyA4v0

唯「あははは、デブにゃんは食べ物に目がないねぇ」

デブ「サクサクサクサクサク、ごふ、そうですね。サクサクサクサク」

澪「うぅ……なんか鞄があぶらっぽくなった」

紬「……」ポンッ

澪「なぐさめるなっ!」


唯「で、りっちゃんは?」

律「……」

オタ「オウフwww突き刺さるような視線が痛いですwwwww」

唯「ほら、だきついちゃえだきついちゃえ! ウチもオープンしたら人でごった返すだろうからなかなか機会ないよー?」

オタ「そういうことですなwwww」

律「……よ、よーし! おりゃー!」ガバッ

オタ「フォwwwww痛いでござるwww拙者もっとwwwやさしく扱ってwwwほしいwww」

律(やべぇ、暑苦しい……しかも若干臭ぇ……)

唯「あったかいでしょー!」ニコッ



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:15:46.23 ID:rrCEyA4v0

……


律「じゃ、そゆことで……」

唯「次いこー! 次!」

オタ「田井中氏wwwwまた来て欲しいでござるwwww」

澪「気に入られてるぞ、よかったな律」

律「おう……」

デブ「またお菓子くださいねー!」ブンブン

紬「澪ちゃんやるぅ!」

澪「うるさいなぁ……」

唯「ふたりとも可愛かったでしょ?」

律「ぅ゛……うーん、まぁ」

紬「あずにゃんってすごい個性的なのもいるのねー」

唯「生まれや環境によってそりゃもうさまざまだよ。その辺は人間と全然かわらない」

唯「だから私はあずにゃんが好きなんだ!」ニコッ



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:18:07.48 ID:rrCEyA4v0

唯「次はねーどんなあずにゃんが見たい?」

律「お、あそこにいるじゃん」




           -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、        γ⌒ヽ
        /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、 、、    .i   )
, ー- 、 || r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\      ゞ__ノ
(   )   |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
`~´    !:l:::::::/ノ|:::::::::://\|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ 
      ノ:|::::/   レヘ:::::/   V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
     . !:::{从     ∨  r  u V::::::|::::::::/::::: | 
     /:::::::::リイ三ミ    イ三ミ /::::::/::::::/:::::::::| || 
     |:::::::: ′/// ,     、/// /:::::::「`)イ::::::::::::|
⌒ , || |:::::::小、u  '-=-'    /::::::::::r'´ |:::::::::::::| 
  、  |∧:::| l::> .. _ U   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
  )   l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::| ||
 '        |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
   ビクビクッ |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
         l;' /  `⌒´  ( {、  u  |:::::::::::::| ブルルッ



唯「あ。あの子は……」

澪「なんか震えてるぞ? 大丈夫か?」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:22:11.43 ID:rrCEyA4v0

唯「……」ソローリソローリ

律「おい何で逃げようとしてんだ」

唯「ちょっ、大声ださないでよ!」

 
 「!」ピキン

 テケテケテケテケテケ


唯「うわああああ! シコにゃんまってぇえええ!!」

シコ「唯えんちょ~~~っ!!!」ガバァ

唯「うわああああっうわあああ!!」

澪「なんだなんだ」

シコ「唯園長唯園長///」カクカク

唯「ぎゃあああ!」

律「おーい、腰ふられてるぞー」

紬「らぶらぶなのね~」

シコ「唯園長唯園長////  うっ……」ビクビク、ブルルッ



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:27:09.52 ID:koSE167e0

マジキチ



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:28:15.88 ID:rrCEyA4v0

シコ「ふぅ……あ、こんにちは。どうもようこそ」

律「急に冷静になったぞ」

唯「あうあう……ネトネトだよぉ……」

澪「あははは、唯ズボン真っ白、あはは」

唯「これなかなかとれないから……んもー」

シコ「すいません。つい、唯園長を想うとムラムラして」

紬「この子はお名前なんていう子なの?」

唯「シコにゃんだよ。日がな一日ずっとシコシコしてるからシコにゃん」

律「うわぁ……」

シコ「唯ニーは最高ですね。三度の飯より唯ニーですよ」

紬「唯ニーってなぁに?」

律「きかんでいい」

唯「こら! お外でしちゃだめ! っていったでしょ! また『めっ』されたいの!?」

シコ「いやしかしですね。こう天気がいいとつい。雲の流れとかみてるとしたくなりません?」

唯「なりません! ちょんぎるよ!!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:34:04.52 ID:rrCEyA4v0

シコ「唯園長はわかってません。もっとこう私たちのことを思ってくれたらいいのに」

唯「えぇ……なんか不満があるっていうの?」

シコ「ありますよぉ! 隠れるところがないと、お客さんがきたら私唯ニーできないじゃないですか」

唯「しなくていいよぉ……」

シコ「じゃあ私なににゃんになるんですか。言ってみてください!」

唯「……」

シコ「ほらねーーー!! やっぱり答えられない」

シコ「シコらないと私自身何者なのかわからないんですよ!」

唯「……すいません」

シコ「もういっていいですよ。このやりとりも何回目ですか」

唯「うん……改善します」


唯「ってわけなんだ!!」

律「お前飼育員じゃないのかよ!」

唯「だってぇ……どうしても手のかかる子とか、手のつけられない子はいるんだよ」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:37:09.84 ID:c6LCamr30

シコにゃん賢者すぎワロタ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:39:28.07 ID:rrCEyA4v0

唯「手のかかる子といえば……あわわわわ」

澪「どうした?」

唯「みんな逃げてーー!!」

紬「ど、どうしたの!?」

唯「ほらあそこ!」

律「お、またあずにゃんだ。ここって一体全部で何匹いるんだよ」

唯「うわああああああ!!」

澪「うるさいなぁ、なんなんだ」


 「唯先輩唯先輩唯先輩!!」ドドドドド
 「唯先輩唯先輩唯先輩!!」ドドドドド


唯「ぎゃああああ!!」

 「「つかまえました!!」」ニコニコニコニコ


唯「エロにゃん……レズにゃん……」ガクガクブルブル



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:44:36.68 ID:rrCEyA4v0

エロ「んまぁ唯先輩ったら。またシコられたんですか」

レズ「んちゅ……唯先輩は可愛いですからねぇ」

唯「園長って呼びなさい……」

エロ「唯先ぱぁい、んちゅ、ちゅる」

唯「うげ……こらー! お客さんの前でしょ!」

レズ「じゃあ、お客さんの前じゃなかったらしていいんですか? にゃふふふ」

唯「うぅ、違う……違うのぉ……」

エロ「さぁ、デートしましょうね」

レズ「だめですよお、いまから私とするんですから!」

唯「えぇ……しないよ。みんなを園内案内してるんだから」

エロ「んちゅ」

レズ「ちゅっ、ちゅるるっ」

唯「もがふが、助……け……」


澪「なんか、大変だろうけど。頑張れよ。どうなっても、私たちずっと友達だから」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 19:49:18.31 ID:rrCEyA4v0

唯「みんな帰っちゃうの!?」

律「じゃあな唯。グランドオープンしたらまたくるから、たぶん、きっと」

紬「応援してるわ~」

唯「まだ紹介したいあずにゃんが……ちゅる、あちょ、こらぁ」

エロ「クチュクチュ///」

レズ「ちゅるちゅる///」

唯「ひーん、みんなまってよぉ~~~!!」




閉園後


唯「……ただいま……」

憂「あ、お姉ちゃんおかえり! みんなのご飯できてるよ!」

唯「うーーいーーー」

憂「どうしたの?」

唯「私、ほんとにこのままでやっていけるのかな……オープンして大丈夫かな」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:23:20.93 ID:rrCEyA4v0

憂「不安なの?」

唯「一部あずにゃんがいうこと聞いてくれなくて」

エロ「くんくん///」

レズ「スーハースーハー///」

憂「そ、そうだね……でも大丈夫。みんなお姉ちゃんのこと大好きだから。悪いようにはならないよ」

唯「そっかなー」

エロ「おまかせください!」

レズ「私たちにだって理性はありますし!」

シコ「そういうことです!」

唯「そっかぁ……みんなありがとう」ナデナデ

シコ「うっ……」ビクンビクン

唯「……」


唯「みんな食堂によんでくるね」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:26:33.02 ID:rrCEyA4v0

……


コンコン

唯「はいっていいー?」



 飯はそこ置いとけです!



唯「……ヒキにゃん……でてきてよ」



 うるせーです!



唯「みんなで一緒にご飯食べようよ」

ヒキ「……」

唯「……来週にゃんにゃんパークオープンするんだよ?」

ヒキ「無理です……私は人間も外も嫌いなんで……」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:34:09.34 ID:rrCEyA4v0

唯「私のことは?」

ヒキ「唯園長は……嫌いではありません。拾ってくれた恩もありますし」

唯「そっかぁ、ありがとぅ。……ねぇ、どうしても食堂これない?」

ヒキ「無理ですよ……私は他とは相容れない存在なんです。一人がいいんです」

唯「みんな……いつでもまってるからね?」

ヒキ「……」


唯(ヒキにゃん……)

唯(どうしたらいいのかな……)

唯(私、頭悪いからわかんないよ。ごめんね……ごめんなさい)


唯「あ、他の子のとこもいかなくちゃ」

唯「いそがしいそがし」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:39:09.44 ID:rrCEyA4v0

コンコン


唯「はいりまーす」ガチャリ

唯「うわぁ……酒臭……もうっ、また飲んだの?」

唯「お酒はダメっていったでしょクズにゃん!」

クズ「んなこといわれましてもねぇ……ウィック、でへへ」

クズ「どれ、唯先輩ちょっとこっちきて、ここ座って座って」

唯「なに? お酒は注がないよ? あとおつまみも没収です!」

クズ「にゃ!!」

唯「だめでーす。いまから晩ご飯だよ?」

クズ「チッ、ケチくさいです」

唯「憂が怒っちゃうよー」

クズ「別に怖くないですし」

唯「クズにゃんお願いだからきてよー」グイグイ

クズ「にゃー! 引っ張らないでください!」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:44:54.26 ID:rrCEyA4v0

唯「こんな酒くさい汚い部屋にいるからだめになるんだよ、ほらいくよ!」

クズ「嫌ですー! 私ここでずっとだらだらテレビみて過ごすんですー!」

唯「ご飯運ぶのだって大変なんだからきなさい!」

クズ「えーーん」

唯「さて、あとは……」


……

コンコン


「はぁーい、どうぞ」

唯「あずにゃん。ご飯だよ」

梓「もうそんな時間ですか」

ちび「ワァ、ゴハンデス!」

唯「ちびにゃんの相手してくれてたの?」

梓「えぇ、まぁ」

唯「ありがとー。ほらちびにゃんもいくよー? 抱っこしてあげるね」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:51:33.29 ID:rrCEyA4v0

廊下


梓「そうですか。園長やるのもおもったより大変なんですね。わかりきってましたけど」

唯「もー、ヒキにゃんもクズにゃんも手がかかってしかたないよ」

梓「でもみんな唯が拾ったんだから」

唯「うん……そうだね、ごめん」

梓「弱気にならないで。大丈夫ですよ。あなたはアズニャンに世界一詳しいんですから」

唯「だよね……私が無理ならだれにもどうにもできないか」

ちび「?」

唯「なんでもないよ。いい子いい子。ちびにゃんはほんといい子だねー」

梓「最近私にはそれしてくれませんね」

唯「え゛っ! してほしかった?」

梓「い、いえ……別にいいですしっ」

唯「……」ナデナデ

梓「あふっ……」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 20:57:54.75 ID:rrCEyA4v0

食堂


憂「みんなー席ついてー!」

デブ「おほぉ! 特大オムライスwithカレーです!!」

オタ「ヌホホwwwたまらん匂いですなwwww」

クズ「……ふぁ、おーい憂ー、ビールはー?」

憂「だめ」

エロ「園長の隣は私ですー!」

レズ「いえ私です! これだけは譲れないです!」

シコ「まぁまぁ。落ち着いて。じゃんけんできめたらいいじゃないですか」

唯「みんなそろってるね。ヒキにゃん以外」

梓「相変わらず騒がしいですね」

ちび「オイシソウデス!」


唯「それじゃあみんな、いただきます♪」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:02:59.71 ID:rrCEyA4v0

唯「さてと」

ちび「ドコイクノー?」

唯「ヒキにゃんにご飯もってくんだよー」

梓「ちびは私が食べさせときますからいってください」

唯「うん、よろしくね」


クズ「おいハム一枚くれです」ヒョイッ

デブ「ヌホォwww一人二枚しかないんですぞwwwwやめてくださいwww」

憂「こらーそこ喧嘩しない!」



……



唯「……もってきたよ、入っていい?」

ヒキ「……どうぞ」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:09:40.68 ID:rrCEyA4v0

ヒキ「あれ、園長の分も……」

唯「うん、もってきちゃった。一緒にたべよ!

ヒキ「……」

唯「「ねぇヒキにゃん。まだお外は怖い?」

ヒキ「怖いです。悪いやつがいっぱいいます」

唯「……そうかもしれないねぇ。私のちからが足りないから」

ヒキ「園長は……アズニャンの保護に走りまわったんですよね? そう聞きました」

唯「あずにゃ……梓にきいたの?」

ヒキ「はい」

唯「うん。私ね、はじめてアズニャンと心を通わせた人なんだって」

唯「だから私には役目があるの、アズニャンは怖くないぞって世間に教えて挙げなきゃ」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:16:22.87 ID:rrCEyA4v0

ヒキ「それでこんな公園を?」

唯「アズニャンをたくさん保護するうちに、お金たりなくなっちゃって。ごめんね、見世物にするようなことして」

唯「アズニャンの研究費だけなら降りるんだけどね……私研究者でもあるし」

ヒキ「……いまでも怖い夢を見るんです」

唯「……」

ヒキ「たくさんの人に追いかけられて、つかまって、狭いところに閉じ込められます」

ヒキ「私の仲間もたくさん……たくさんそこにいて……」

唯「ごめん……」

ヒキ「でも、唯園長は救いだしてくれました」

ヒキ「もっと広くて明るいところに行こうって手をのばしてくれました」

ヒキ「あ、でも結局こんな薄暗い部屋にいたら意味ないですよね……せっかく助けてくれたのに……」

唯「ヒキにゃん」ギュ

ヒキ「……園長」

唯「私にとってアズニャンはみんなみんな大事な子だよ。

唯「だからいつか絶対アズニャンが笑ってくらせる世の中をつくるからね」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:20:14.83 ID:wCcBI/E60

なんだこの設定は



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:22:22.20 ID:rrCEyA4v0

ヒキ「……楽しみにしてます」

唯「このテーマパークはその足がかりだよ」

唯「アズニャンは怖くない。とっても可愛くていい子だって、みんなきっとわかってくれるはず」

ヒキ「……」

唯「ヒキにゃんもいい子だもんね!」ナデナデ

ヒキ「にゃふ……」

唯「私がいつでも側にいるからね? ここにもゆっくり慣れればいいよ」

ヒキ「はい……」


唯(なんとしても、このテーマパークを成功させなくちゃ……)

唯(世界中のアズニャンのためにも……)

唯(だからみんな……力を貸して……)



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:32:32.76 ID:rrCEyA4v0

……


唯「じゃあちょっとちびにゃんお風呂いれてくるね」

憂「うんおねがーい」

エロ「じゃあ私も」イソイソ

レズ「しかたないですねー。入ってやりますよ一緒に」

唯「だめ!」

梓「はい、ふたりとも片付け手伝ってー」ガシッ

エロ「うぅ、リーダーには逆らえません」

梓「やれやれ、ほらさっさと入ってきてください」

唯「ほーい」

ちび「にゃっにゃっ」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:37:08.79 ID:rrCEyA4v0

お風呂


唯「ちびにゃんもおっきくなったねぇ」

ちび「?」

唯「もうすこししたらぐんぐん成長するよ」

唯「他のアズニャンみたいに流暢にしゃべれるようになるだろうし、体もおっきくなるよ」

ちび「ソウデスカ」

唯「ちびにゃんはいい子のままでいてねー。絶対エロにゃんみたいになっちゃだめだよ?」

ちび「ハイデス」

唯「えへへ」ゴシゴシ

ちび「♪」

唯「お歌を歌おっかー」

ちび「にゃあにゃあ♪」


唯(ほらこんなに可愛い。危険なことなんてない。アズニャンはみんな天使だよ)



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:38:17.95 ID:c6LCamr30

こ、これは…



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:43:30.29 ID:rrCEyA4v0




唯「さぁちびにゃん。おねんねしましょうね」

ちび「うー、ネルデス-」

憂「お姉ちゃん」

唯「あ、うんわかってるちびにゃん寝かしつけたらすぐ書類まとめるよ」


唯「……さぁおやすみちびにゃん」ナデリナデリ

ちび「……スゥ、スゥ」

唯「可愛いなぁ……あずにゃんにもこんな時期あったなぁ」

梓「いまは可愛くないっていうんですか?」

唯「うわっ! あずにゃん!」

梓「驚かないでください。にしてもちびは寝付くの早いですね」

唯「うん、ちびにゃん眠くなったらすごーく体あったかくなるんだよ」

梓「いつまでもちびちび呼んでられませんよ。私たちの成長があっという間ですから」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:47:37.76 ID:rrCEyA4v0

唯「……」ナデリナデリ

ちび「スゥスゥ……」

唯「もう大丈夫かな」

梓「いきましょ。リビングで憂が待ってます」

唯「うん」


……


オタ「ドゥフォwwwwこのままでは負けられませんぞwww」ガチャガチャ

デブ「オタにゃんなんかには負けません!」ガチャガチャガチャガチャ

唯「こらー! いったい何時だとおもってるの! ゲームは一日一時間までだよ!」

デブ「すいません! すぐに寝ます!」アセアセ

オタ「ヌフォwwwこれは失敬wwww時間を忘れるほど熱中してたでござるwww」

唯「憂もしかってくれなきゃ」

憂「ごめーん。ついうとうとしてて」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 21:53:04.10 ID:rrCEyA4v0

唯「憂つかれてる? 大丈夫?」

憂「大丈夫だよ。お姉ちゃんの仕事の手伝いだもん」

唯「無理しないで休んだほうがいいよ」

憂「寝る前に、はい。これ渡しとかなきゃ」

唯「ん? あぁ……管理局から手紙か……」

憂「和ちゃん。まだ管理局で働いてる?」

唯「うん。中身はその和ちゃんからだった」

憂「なんて書いてあるの?」

唯「うんっとねぇ……明日局まで来てだってさー。なんだろ」

憂「……悪いことじゃないといいけど」

唯「大丈夫だよ。きっとアズニャンのことで聞きたいことでもあるんじゃないかな」

憂「そうかな」

梓「……」

唯「じゃあ起きたらいってくるよ。お昼までに戻れたらいいんだけど」

憂「うん、みんなでお留守番しとくね」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:01:36.93 ID:rrCEyA4v0

……


唯「きたよー。和ちゃーん」

和「唯!」

助手「平沢博士!!」

唯「ほえっ! 何々どうしたの!? なんでそんな慌ててるの」

和「聞いて頂戴。実はね……先日……」


唯「えっ、アズニャンが人を襲った!?」


和「襲ったというよりも傷つけてしまった」

唯「うそー……あちゃー……」

助手「これまた推進部の風当たりが……やばいですよ」

唯「それどころか、にゃんにゃんパークがオープンできるかわからないよねそれ……」

和「そうよね……こんなタイミングで……」

和「被害にあわれた方が今日いらっしゃってるわ。面会してほしいの」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:07:43.94 ID:rrCEyA4v0

唯「まいったなぁ……で、襲ったアズニャンは?」

和「管理局で預かってるわ。いまは檻の中」

唯「ひどいよー」

和「とうにわかってるでしょうけど、人を傷つけてしまったアズニャンは……」

唯「……」

助手「平沢博士。どうするんですか」

唯「……」

助手「これじゃアズニャン保護運動が停滞してしまいますよ」

唯「わかってるよ。わかってる。とりあえず被害にあわれた方に会ってお話するよ」

唯「私を呼びつけたってことは、話はまだ大きくなってないんでしょ?」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:12:29.68 ID:rrCEyA4v0

和「説得できるなら説得してほしい。そうすればコレ以上話は広がらないわ」

唯「私あんまりそういうの得意じゃないんだけど……和ちゃんのほうが得意じゃない?」

和「私は一応局の人間よ。悪いことしたアズニャンを捕まえるのが仕事」

唯「はぁ……だよねぇ。いってくる……」

和「応援してるわ唯。あなたならきっと世の中のアズニャンに対する認識をかえられる」

和「……そう信じてるわ」

唯「いつもありがとね和ちゃん。私がこんな立場になれたのも和ちゃんのおかげだよ」

和「あなたはアズニャンにであってから変わった」

和「ただのプー同然だったあなたがここまで熱意をもって働いている」

和「私それだけで感動ものよ?」

唯「アズニャンは可愛いからねー」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:22:26.51 ID:rrCEyA4v0

……


唯「おまたせしました」

さわ子「遅いわよ。もうっ、どうなってんのこの管理局ってのは」

唯「あ……」

さわ子「あら? あなた……平沢唯ちゃん?」

唯「先生……」

さわ子「なによその白衣。ところで、えらーい博士さんとやらはまだ?」

唯「あの、それ……私です」

さわ子「えっ」

唯「さわちゃ……山中さんが、今回アズニャンに危害を加えられた方ですか?」

さわ子「唯ちゃん……」

さわ子「そ、そうなのよ! 急にガブーってかまれて!」

唯「怪我のほどは」

さわ子「そこまで重症じゃないけど……」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:28:25.49 ID:rrCEyA4v0

唯「……傷、みせてくれませんか?」

さわ子「なんかあなたが敬語つかってるのって気持ち悪いわね、あはは」

唯「んもー、まじめな話なんだよ?」

さわ子「はい、どうぞ。この腕のところよ」スッ

唯「……」

唯「じゃれあおうとして噛んだ傷だ……」

さわ子「なんでそんなことわかるのよ?」

唯「私は、アズニャンにであって、アズニャンに興味をもって、勉強してアズニャン学の第一人者になった……」

さわ子「あの怠け者の唯ちゃんが……」

唯「たくさんたくさんのアズニャンを見てきた」

唯「数年で、いっっっぱい噛まれた、えへへ」

さわ子「……やっぱり危険よ。だってアズニャンよ? 国が指定した危険生物じゃない」

唯「そんなことないよ! アズニャンはみんなみんな遊ぶのが大好きで、悪いことだってしないよ頭もいいの」

さわ子「唯ちゃんがかばう気持ちはわかるけど……そう簡単に人になつくものだとは思えないわ」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:34:59.48 ID:rrCEyA4v0

唯「きちんとした愛をもって接すれば。アズニャンは応えてくれるよ」

唯「ただ人が自分の都合で可愛がろうとしたらダメなの」

唯「物じゃないから……」

唯「アズニャンは人の言葉も理解するし、心も読み取る。だから扱いは難しいかもしれないけど」

唯「とってもとっても優しくていい子なんだよ?」

さわ子「……そう力説されても」

唯「いまさわちゃんを噛んだアズニャンがこの建物にいるよ」

さわ子「え?」

唯「もうすぐ、睡眠薬を投与されちゃうの……それが国と局の決まりだから」

さわ子「……」

唯「……しかたないの」

さわ子「殺されちゃうってこと……? 知らなかった……私、そんなつもりじゃ……」

唯「……ううん、それが普通」

さわ子「ただもうすこし局の見回りとかを厳しくしてくれたらなって思って……」

さわ子「だって、街中でもたまにみかけるし……」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:40:29.31 ID:rrCEyA4v0

唯「アズニャンは頭がいいからね。人里だとご飯があることもしってる」

さわ子「ねぇ……ほんとに殺されちゃうの!?」

唯「……見送るのも、私の仕事だよ……」

唯「救えなかったアズニャンもたくさんいるよ……」

唯「だからもうこれ以上悲しい子が増えないように私は尽力してきた……」

さわ子「唯ちゃん……」

唯「さわちゃん。来週ね、テーマパークがオープンするの」

さわ子「?」

唯「アズニャンだけのテーマパーク。みんなにアズニャンのことをもっともっと知ってもらおうと思って」

唯「局の人と一緒に、いろんなとこに頭さげてまわって。許可とって、ようやく念願のオープンを迎えるの」

さわ子「……」

唯「桜が丘にゃんにゃんパークっていうんだ。とっても明るくていいところだよ」

さわ子「桜が丘……」

唯「さわちゃんはいまも桜が丘高校で教師してる?」

さわ子「いまは違うところよ……ずいぶんと懐かしい名前ね」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:46:42.33 ID:rrCEyA4v0

唯「私は桜が丘が一番好きだから。アズニャンたちと暮らすならそこがいいなって」

さわ子「アズニャンと一緒にいると幸せなのね」

唯「うん!」

さわ子「唯ちゃん、なんだかキラキラしてる。高校生のときはパッとしなかったのに」

唯「えー、そう?」

さわ子「すごく、大人になったわね。一人でそんなに大きい責任抱え込むなんて」

さわ子「教師なんて、あなたからしたらちっぽけなものよね……」

唯「そんなことないよ。大人を図るものさしは責任の大きさだけじゃないよ」

さわ子「……」

唯「私ね、夢があるから頑張れるの」

さわ子「夢……」

唯「武道館ライブはもうなくなっちゃったけど。大事なものはいつも近くにある」

唯「アズニャンたちのよりよい未来を築きたい」

唯「それが私の夢。使命」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:53:29.82 ID:rrCEyA4v0

さわ子「……ねぇ唯ちゃん」

唯「なぁに?」

さわ子「唯ちゃんの夢を妨げるようなことをしてごめんなさい」

唯「そ、そんな! さわちゃんはなぁーんにも悪くないって!」

さわ子「……ほんとごめんなさい。その、アズニャンのことも……」

唯「……」

さわ子「知らなかったでは許されないよね。勝手すぎるわよね……」

さわ子「でも、殺しちゃうなんて……あんまりよ……ぐす、グス……」

さわ子「そりゃ怖かったし、痛かったし、アズニャンはそんなに好きじゃないけど」

さわ子「殺すなんて、そこまで悪いことしたかしら……こんな傷、すぐ治るのに……」

唯「私がアズニャンを飼い始めたころに、言われたこと」

唯「アズニャンが危険なのは、知能が高すぎるから。人がなにか調教して仕込むことで、兵器にもかわりうる」

唯「だから危険だって認識は、あながち間違いじゃない」

唯「だけどね。それ以上にアズニャンは愛らしくて、いい子で優しいから。結局は近くにいる人しだいなんだよね」

唯「私はアズニャンたちを変えるんじゃなくて、人の世を変えたいんだ」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 22:57:16.67 ID:rrCEyA4v0

さわ子「ほんと……ごめ……なさ……」

唯「……アズニャンに会ってみない?」

さわ子「え……」

唯「最後に、アズニャンに……」

さわ子「……」コクリ



……



檻「にゃーにゃーにゃー!」ガシャンガシャン

和「ほんと手がつけられないわね」

助手「どうしましょう。投薬は明後日予定ですが……」

和「あら、唯。お話は終わったの?」

唯「……アズニャン元気してそうだね」

さわ子「……」

和「先生……」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:02:10.38 ID:rrCEyA4v0

和「先生、怪我は平気ですか?」

さわ子「えぇ……大した怪我じゃないから」

和「……そうですか」

助手「博士ー。どうも興奮状態にあるみたいで」

檻「にゃーにゃーにゃ!!」

唯「そりゃあ私だってこんなとこ入れられたら怒るよ」

唯「鍵は?」

さわ子「えっ、開けるの? 平気なの!?」

和「唯は大丈夫です。一応先生は離れといてください」

助手「あけますね」


カチャ キィ…


梓「にゃあ!」ピョン

唯「えへっ、こんにちは~」ギュ

梓「にゃーにゃー!! にゃあああ!!」ジタバタ



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:05:23.19 ID:rrCEyA4v0

唯「おーよしよし、怖かったねー」

梓「にゃああ!! にゃああ!!」ジタバタ

唯「あはは、元気元気。ヒキにゃんもこれくらい元気あればいいのにな」

梓「がぶ!」

唯「んぐっ……」

助手「博士!」

唯「ッ……痛いよぉあずにゃん」ナデナデ

梓「……」ガジガジ

唯「ねーこれ痛いよ?」

梓「にゃあ!」

唯「めっ」

梓「にゃうぅ……」

唯「ほら、ちょっと血でてるよ。見てごらん、これ痛いんだから。わかる?」

梓「にゃあ……」

唯「えへへ、もうわかったよね? いい子いい子」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:10:37.62 ID:rrCEyA4v0

唯「もう噛んだりしないよねー?」

梓「……」ペロペロ

唯「うんうん」

和「あっという間ね。さすが博士」

唯「このあずにゃんも怖がってただけだから」

唯「本当にいい子なんだよ」

さわ子「……」

唯「さぁあずにゃん。一旦お休みしようねー」

梓「にゃあ?」

唯「いい子いい子」ナデナデ

梓「ふにゃあ……にゃふ……zzz」


唯「私って悪魔だよね」

唯「この子にこんな光をみせておいて、愛を与えて……こんな仕打ち……もう、何日も命はないのに……グス」

唯「えへへ、何度やっても、これだけは慣れないや」ポロポロ



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:15:11.47 ID:rrCEyA4v0

和「唯。あなたはよくやってるわ」

助手「そうですよ。博士のおかげですくわれた命だって数えきれないほどなんですから」

唯「うん……ありがと」

さわ子「ね、ねぇ唯ちゃん……」

唯「? あ、そうだ。わかってくれた? あずにゃんって可愛いでしょ?」

唯「ほんと寝顔は天使だよー。ねー?」ナデナデ

梓「zzz」

さわ子「あのっ! 私っ! なにしにここにきたんだっけ?」

唯「えっ」

さわ子「あらやだ。もうボケたのかしらまだ三十代だってのにあはは」

和「先生?」

さわ子「なにもなかった。私はなにもなかった。いいわね?」

助手「山中さん……」

さわ子「だからその、ね? その子、大丈夫……よね?」

唯「……さわちゃん……先生……」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:15:32.67 ID:i2m+PQIC0

切ないやないか・・・



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:21:55.97 ID:rrCEyA4v0

和「……管理局への対処願いを撤回、するということですか?」

さわ子「最初からなにもなかった! そういうこと!」

助手「でも山中さん、あなたの傷はたしかに」

さわ子「んもう! これ以上しらないわよ! ああこれ? 転んだの転んだだけ!」

唯「さわちゃん……さわちゃん」

さわ子「……これで、良かったのよね?」

唯「……この子は、幸せにします」

唯「もう決して誰も噛まないように……笑顔で暮らせるように」

さわ子「だから私は噛まれてませーん、うふふ」

唯「こういうのもなんだけど、さわちゃんで良かった……きっとさわちゃんがいなかったら、代わりに他の人を……」

さわ子「ふふ……ほら、もう帰っていい? 教師の休みは貴重なの」

唯「はい……ありがと、ほんとにありがとうさわ子先生」

さわ子「いい顔になったわ。唯ちゃん、かっこいい」

さわ子「オープンしたら遊びにいくからね。その子、抱かせてね。ちゃんとしつけとくのよ?」

唯「……はい! 待ってます! 絶対きてね!!」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:27:44.83 ID:rrCEyA4v0

和「よかったわね。上に話が行く前で」

唯「ほぉ~~」グッタリ

助手「大丈夫ですか」

唯「いや、なんか力抜けちゃって……」

和「そりゃそうよね。この件は一応パークの存亡にも関わってたし」

唯「助かった……和ちゃん、ぎりぎりまで話止めておいてくれてありがと」

和「どういたしまして」

唯「よかったねぇあずにゃん」

梓「zzzz」

和「その子はどうするの?」

唯「そりゃあねぇ。ウチで引き取る以外、局は納得してくれないでしょ?」

和「そうね、また賑やかになるわね」

唯「この子ちびにゃんと同じくらいかなー。仲良くなれたらいいねー」ツンツン

梓「にゃむ? ……zzz」

唯「うふふ」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:30:02.35 ID:19tEzu1x0

琵琶湖わんわん王国ってあったな・・・



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:33:32.48 ID:rrCEyA4v0

……


唯「というわけで! 今日からまた新しい仲間が増えましたー!」

唯「オープンまであとちょっと! みんながんばろうね!」

梓達「おー!」

オタ「ドゥフフフフwww可愛いですなwww」

エロ「この子なんて名前なんです?」

唯「うーん、うーん?」

レズ「あー、ちびにゃん二号とかどうです?」

唯「えー。それは変だよー」

クズ「ゴミにゃんなんていいんじゃないです? デスデスデスwww」

唯「ひどいなー。とってもいい子だよ?」

唯「あ、そうだ! さわちゃんにつけてもらおっと!」

梓「結局なにかあったんですか?」

憂「心配してたんだよー?」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:36:42.26 ID:rrCEyA4v0

唯「んーん。全然なんにも! この子を引き取りに行っただけかな」

ちび「あうー?」

唯「ほらちびにゃん! ちびにゃんのお友達だよー?」

ちび「ウレシイデス!」

唯「よしよし」

エロ「さて園長」ガシッ

レズ「待ってました」ガシッ

シコ「にゃふふ」ガシッ

唯「ほえ!?」

エロ「今日は、私たちと一緒に寝る日ですよー?」

唯「えええ! 嘘! 嘘だよ!!」

レズ「そこのローテーション表みてくださいよ!」

唯「ひっ! あうあうあうあう……なんでこんなことに」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:39:51.24 ID:rrCEyA4v0

梓「ずいぶん愛されてますね」プイッ

唯「あーん、あずにゃん怒らないでー」

梓「今夜はお楽しみですねー」

唯「えーん、なんとかしてよぉ」

憂「お姉ちゃんってほんとアズニャンからモテモテだね」

梓「なんででしょうね? こんなぐだーっとした人なのに」

憂「ときどき、かっこいいからじゃないかな!」

梓「そう? まぁ、壇上で論文読んでる時は、ちょっとかっこいいかな?」

憂「うふふ」


唯「ねーあずにゃんもいっしょにきてよー」

梓「はいはい。私はこの子たちのリーダーですからね。リーダー権限発動です」

エロ「チッ」

レズ「邪魔だてを……」

梓「……はいもう寝るよー」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:43:25.14 ID:rrCEyA4v0

ベッド


唯「……」

エロ「にゃむにゃむ……唯えんちょ……」

レズ「んちゅ、ちゅ……」

シコ「狭……くるひ……うっ」ビクンビクン


唯「……」ソローリソローリ

梓「どこいくんですか?」

唯「あ、うん。ちょっと夜風にあたりに」

唯「あと今日きたアズニャンの様子も見に行こうかなって」

梓「私もいきます」

唯「いいよー寝ててー」

梓「一人でがんばりすぎですよ」

唯「そっかなー。でも大好きなみんなのためだもん。無限に力が湧いてくるよ」

梓「唯がたくさん想ってくれるから。私たちも信じてついていけるんです。ありがとうございます」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:48:38.42 ID:rrCEyA4v0

唯「私、あずにゃんに出会えてよかったな」

梓「そのあずにゃんはどっちのあずにゃんですか?」

唯「梓!」ビシッ

梓「指ささないでください」

唯「最初にあずにゃんに出会ったから、いまの私があるんだよ」

梓「なんだか照れますね」

唯「これからもよろしくね」

梓「いまさらです。もう何年の付き合いだとおもってるんですか」

唯「えへへ、だね。いまさらか、ごめんごめん」

梓「辛くなったらいつでも言ってくださいね。なんでも聞きますよ」

唯「うん! ありがと!」

梓「私たちも唯に出会えて、拾ってもらえて、幸せなんです。これ以上ないってくらいに」

梓「恩返し、たくさんしたいです」

唯「ほふぅ……もっともっと世の中に幸せなアズニャンが増えたらいいな……」

梓「優しいんですね。唯は」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:54:18.17 ID:rrCEyA4v0

そして……


唯「遂にこの時が……緊張するね……」

梓「ですね……」

憂「偉い人もいっぱいきてるんだよ……みんな大丈夫かな」

唯「初日が肝心……初日が……客入り……評判……あわわわ」

梓「足ふるえてます」


和「みなさん長らくおまたせしました。テープカットの時間です」

唯「えー、ごほん。 ……こんにちは! 当園の園長をつとめている平沢唯です!」

唯「本日は遠いとこからのご来園、誠にありがとうございます」

唯「可愛いアズニャンたちが皆様をお出迎えいたします。それでは! たくさん楽しんでってくださいね!」


唯「桜が丘にゃんにゃんパークへようこそ!」

チョキン


おしまい。



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/28(木) 23:54:55.59 ID:4Ow7jXt10

琵琶湖わんわん王国が潰れたのは何年前だっけか・・・



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 00:10:16.94 ID:nIgzSUl60

なかなか面白かったよ



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/29(金) 00:24:15.30 ID:thZ331ev0

乙乙



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (19)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年07月29日 02:02
          • いつもの人……だよな? 相変わらず面白いSSを書くでやんす。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年07月29日 03:56
          • これは・・
            話は良かったんだけど、
            アズニャンがどういう姿で現れるのかが気になって仕方ない
            やはりzなのか?
          • 3. 名無し
          • 2011年07月29日 04:26
          • ゴキにゃんだけは可愛がれる自信がない
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年07月29日 05:33
          • まさにマジキチだな
          • 5. 名無し
          • 2011年07月29日 06:32
          • 綿の国星のネコみたいな感じかな
          • 6. な
          • 2011年07月29日 06:57
          • 夏やでえ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年07月29日 08:40
          • 俺には理解出来なかったよ
          • 8. 名無し
          • 2011年07月29日 08:44
          • ごめんアズニャンすっげー殴りたくなったなんかごめん
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年07月29日 09:30
          • これなんかの後編だろ
            タイトル忘れたけど
          • 10. に
          • 2011年07月29日 13:51
          • イイハナシダナー(;∀;`)
          • 11. 名無し
          • 2011年07月29日 19:35
          • もうクズにゃんと名付けてる時点で更正の予知がねぇだろw
          • 12. あ
          • 2011年07月29日 19:57
          • ぶっとばしたい
          • 13. あ
          • 2011年07月30日 04:37
          • 5 冷やしあずにゃんを思い出したけど同じ人かな?
          • 14. ま
          • 2011年07月30日 12:25
          • 4 やっぱり安定してるな、あずにゃん異人(?)化シリーズ。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月19日 12:33
          • こんな良い話になるとは思わなかった。
            猫好きな俺には単純に読み捨てる事は出来ないなぁ・・・
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月22日 15:45
          • どうかあずにゃん学に関する科研費が増えることを期待する
          • 17. 猫男爵
          • 2012年02月05日 13:46
          • 5 オタにゃんやシコにゃんが出てきた時はどうなることかと思ったけど、いい感じに綺麗にまとまっててよかったです。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月06日 11:17
          • いい話でワロタ
            各アズニャンの容姿が気になる
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月29日 00:33
          • まだ見てる人おるー?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ