TOP

銀 「くっついていい?」 黒 「ああ…」 蘇芳 「……」イライラ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 00:59:46.67 ID:ASzFAvSz0

蘇芳 「あのとき死ねばよかったのに」

猫 「こらこら、そんなこと言うもんじゃないぞ」

蘇芳 「僕の頭が東京エクスプローションしそう」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:07:02.60 ID:ASzFAvSz0

黒 「これからどうする?」

蘇芳 「え?」

黒 「東京にたどり着き、家族にも会えた もうお前と一緒にいる理由もなくなった」

蘇芳 「へ、黒はどうなのさ……?」

銀 「黒は、私と一緒」

蘇芳 「私も一緒についていっていいっ!!?」

黒 「…………」エーッ

蘇芳 (あらかさまに嫌そうな顔しないでよ……)



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:08:03.97 ID:ASzFAvSz0

ミスった
あからさまだ



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:14:01.84 ID:ASzFAvSz0

蘇芳 「えっと、ロシアに帰りたい」

黒 「そうか、それじゃあな」スタスタ

猫 「またなー」スタスタ

銀 「」スタスタ

蘇芳 「ちょ、ちょっと待ってよっ! 僕ここで置いてけぼりっ!?」

黒 「嫌か」

蘇芳 「嫌だよ! ってかお金ないしっ!!」

黒 「稼げばいい」

蘇芳 「どうやってさっ!? 僕子供だy…ぶげぇっ!!?」バキィッ!!

黒 「甘えるな」

蘇芳 (あれぇー、出会ったころのDV黒になってるや……)



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:20:12.78 ID:ASzFAvSz0

蘇芳 「……あ、そうだ 黒たちって行くあてないんだよね?」

黒 「そうだな」

蘇芳 「僕の家のご近所に住まない? それならこれからも顔合わせられるしさ」

黒 「これ以上お前と馴れ合うつもりはない」

蘇芳 「ま、猫は?」

猫 「猫だとロシアの寒さは厳しいなあ……」

蘇芳 「ジュライは?」

ジュライ 「いい、よ」

蘇芳 「銀は……別に聞かなくていいや ……ってぶぎゃぁっ!?」バキィッ!!

黒  「甘えるな」

蘇芳 (理不尽……)



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:31:04.95 ID:ASzFAvSz0

黒 「ジュライを連れて、お前らだけで帰れ」

蘇芳 「だから旅費ないんだって」

黒 「……」ハァ

蘇芳 「何さそのため息……」

猫 「腐れ縁ってやつだ、ちょっくら蘇芳の旅費を東京で稼ぐとしようぜ黒?」

黒 「しかたない」

蘇芳 (やった、まだもうしばらく黒と一緒にいられるっ!!)




パーセル 「あ、お前ら 何してるんだこんなところで?」

黒 「パーセルか」

蘇芳 (誰?)



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:36:40.67 ID:ASzFAvSz0

銀 「」

パーセル 「あ、お前また彼女連れなのかよ ドール冥利に尽きるねぇ」

黒 「ここで何をしている?」

パーセル 「この前起きたゲート事件のいざこざの後処理と調査……が終わってぶらぶら散歩」

猫 「知り合いか?」

黒 「パンドラお抱えの空間移動能力者だ」

パーセル 「お、おい、ばらすなよ」

猫 「なんだ、そりゃちょうどいいじゃないか蘇芳?」

蘇芳 「え?」

猫 「こいつに送ってってもらえよ」

蘇芳 「……え?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:44:56.88 ID:ASzFAvSz0

蘇芳 「やだよっ! 絶対嫌っ!!」

猫 「またどうして?」

蘇芳 「わかってて言わないでよ猫っ!」

猫 「見当つかないなぁ…よもや、恋心ってわけでもあるまいし?」

蘇芳 「猫っ!」

黒 「頼めるか?」

パーセル 「どこまで?」

黒 「ロシアの■■のパブリチェンコ邸まで、だ」

パーセル 「おー、いいぞ」

蘇芳 「タンマっ! タンマっ! 待ってへっ……」シュッンッ!!



黒 「」

猫 「邪魔者消えてたまらなく嬉しそうな顔してるな、黒」

黒 「まさか」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:46:35.91 ID:ASzFAvSz0

DTBでギャグ無理
かといってシリアスなDTB書けるはずないし誰か頼む



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:48:16.86 ID:XVsZppRw0

おもしろいから続けろ
頼むから続けろ



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:51:52.23 ID:sReO7CX10

黒「甘えるな」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:58:33.36 ID:ASzFAvSz0

猫 「……さっきの眼鏡の子、帰ってこないな」

黒 「帰るぞ」

ジュライ 「」コクッ

猫 「ま、パンドラ勤務ってことはあんなナリして多忙なんだろうな……」テクテク

黒 「……」

猫 「……」

ジュライ 「……」

黒 「……なぜ、ジュライがここにいる?」



~ ロシア ~

パーセル 「離せっ! 俺、仕事あるんだよっ!」

蘇芳 「絶対嫌っ! 帰ったら黒たちここに連れてきて、銀お持ち帰りしちゃうんでしょっ!?」

パーセル 「知らねーよっ!」

銀 「黒……」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 02:05:49.13 ID:ASzFAvSz0

蘇芳 「もし東京に戻ったらその綺麗お顔を吹っ飛ばしちゃうよ?」ジャキッ

パーセル 「わかったからそれ(戦車砲)下ろせって……」

蘇芳 「うん」

銀 「」

パーセル 「……そのドールだけはあいつの元に戻してやりてぇんだけど」

蘇芳 「だめっ! 駄目だよね!?」

銀 「駄目、じゃない……」

蘇芳 「ほら、銀も駄目だって言ってるよっ!」

パーセル 「お前最低だな あいつの大事な思い人なんだろ?」

蘇芳 「私の大事な人質でもあるしっ!」

パーセル 「人質て」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 02:15:07.44 ID:ASzFAvSz0

蘇芳 「能力使ったら銀を撃っちゃうからねっ!」

パーセル 「わーった、わーった」(面倒だけどこいつに付き合ってやろ…危なっかしいし)

蘇芳 「契約者らしい合理的な判断っ!」

パーセル 「どこがだよ」

銀 「寒い」

パーセル 「とりあえず暖とろうぜ」

蘇芳 「私の家行こっか?」

パーセル 「近くなのか?」

蘇芳 「うん」




~ 成田空港 ~

猫 「結局ロシアまで行くのな……まったく、お前ほど合理的な判断とはほど遠い契約者はいないだろうよ」

黒 「出発まで時間がある 仮眠でも取っておけ」

ジュライ 「」コクッ

俺 「」コクッ



47: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/06/01(水) 02:40:19.06 ID:Aea+pIZX0

続きがない・・・



68: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/06/01(水) 13:10:45.84 ID:Nl+UEVzP0





69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 13:44:27.99 ID:CuH197ZJ0

しゅ



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 16:40:59.78 ID:OBv7JxkGO

いいか

書くんだ!



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 20:36:09.19 ID:Ep+BtX5U0

これ続くの?保守



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:15:24.38 ID:+edi9rS00

続きまだー



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:17:27.08 ID:ASzFAvSz0

逃げたんじゃね
誰か続き書けば済む話



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:18:46.71 ID:GWqLjmH00

>>93
ほら、レスが欲しかったんだろ?

これでおkだろ?



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:20:56.62 ID:ASzFAvSz0

>>95
ちげーよ
マジで初めとオチしか考えずにスレ立てたから続き書けねえんだよ
誰か書いてくれよ頼むから



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:22:39.85 ID:GWqLjmH00

>>97
とりあえず一行目に

なんやかんやで

って書いてオチいっとけよ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:30:25.22 ID:ASzFAvSz0

>>98

なんやかんやで
蘇芳、ロシアで黒たちと馴れ合い
蘇芳、黒に相手にされない
蘇芳、ギシギシアンアン聞いちゃう

黒と銀が結局日本に帰る

蘇芳、ヤンデレ化
蘇芳、組織に入って黒追いかけること決意
蘇芳「いつのまにか僕が黒の死神になっちゃってたや、えへ」 ← 上手いこと言ってss終了

実は向こうの世界の蘇芳が見た夢オチ
蘇芳「そうか! 僕に足りないものって恋愛だったのか!」 
蘇芳、向こうの世界のジュライと付き合う → ハッピーエンド



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 21:42:18.11 ID:+edi9rS00

>>99
面白そうだな早く書け



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 22:12:21.61 ID:OBv7JxkGO

おい早くしろ
案は面白いんだ

合理的に考えて>>1が続けてみんなハッピー



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 23:26:30.28 ID:ER6F91YA0

誰でもいいから書いてよ
銀myLOVEとか



113:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/01(水) 23:28:13.09 ID:VZrmKNta0

俺が銀ちゃんのギシアンなんて書けるわけないじゃないか!



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 00:16:19.74 ID:fXc9L/1Z0

まだですか?



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 23:44:07.67 ID:FkShFC220

>>38の続き

蘇芳  「ここだよ。私の家」

パーセル 「へー、なかなかいい家じゃん」

蘇芳 「もう住む人がいないし、寂しくなちゃったけどね・・・・・・」

パーセル 「そういうなよ、あの契約者もいるだろ」

蘇芳 「そうだね、とりあえず中入ろう」

パーセル「おじゃましまーす」


こんな感じですか?わかりません><



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 23:47:45.59 ID:8nunuk7+0

>>120
黒「お前が決めろ。 書き手としてここに残るか、それとも…」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 23:48:45.39 ID:ER6F91YA0

>>120
お願いします



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:10:34.20 ID:QfweH7s10

黒「銀……」

銀「黒……」

猫「おいやめろ。お嬢ちゃんが可哀想だろ」

蘇芳「」グスッ

黒「なるほど……なら、向こうにいくか、銀」

銀「黒がそう言うなら……」

猫「………………」

蘇芳「」グスッ



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:13:15.89 ID:QfweH7s10

猫「……本当にいっちまったな……」

蘇芳「………………」

猫「ま、まあ、そう落ち込むなよ、蘇芳。黒以外にも、男はいくらでもいるんだ」

蘇芳「………………」

猫「あー…………」

蘇芳「………………」

猫「………………」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:17:03.70 ID:QfweH7s10

蘇芳「よしっ!」

猫「?」

蘇芳「猫! 男ってどうやったら落とせるの!?」

猫「ど、どうしたいきなり」

蘇芳「僕、決めたよ……」

猫「な、何を……?」

蘇芳「銀から、黒を寝取る!」

猫「イヤ無理だろ」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:22:11.47 ID:QfweH7s10

蘇芳「な、なんで!?」

猫「なんでって、合理的に考えてみろ。寝取るってことは、肉体的な魅力がまず必要だ」

蘇芳「………………」

猫「それに、自分が優位な状態でコトをシなければならない。つまり経験は必須。お前のようなおぼこ娘にゃあ、到底無理なコトだな」

蘇芳「猫…………」

猫「わかったか? 分かったなら、さっさと諦めるんd」

蘇芳「経験って、なんの?」

猫「」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:26:53.64 ID:QfweH7s10

猫「そりゃあ……アレだな……うん」

蘇芳「?」

猫「……ちなみに、寝取るって、何をするか知ってるのか?」

蘇芳「え、えっと……一緒に寝て、抱き心地の良さを知ってもらうとか……?」

猫「…………」

蘇芳「??」

猫「…………はぁ」

蘇芳「な、なんで溜息つくのさ!?」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:32:28.64 ID:QfweH7s10

猫「いいか、寝取るってのはだな……耳をかせ……」 ゴニョゴニョ

蘇芳「………………」

猫「わかったか? お前には無理なんだよ」

蘇芳「………………」

猫「(刺激が強すぎたか……ま、仕様が無いか。現実を知ってもらわないとな)」

蘇芳「………………」

猫「………………」

蘇芳「………………」

猫「…………? 蘇芳?」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:39:39.44 ID:QfweH7s10

蘇芳「きゃーーーーーー!!」

猫「!?」

蘇芳「無理無理無理無!! 僕にはそんなコト出来ないよぉーー!」

猫「す、蘇芳!?」

蘇芳「猫のバカバカ変態エッチ!! 変なコト教えないでよぉーー!!」ブンブン

猫「お、俺はだな、お前の勘違いを正してやろうと……」

蘇芳「もーやだぁーー!! じゃあどうすればいいって言うんだよぉーー!! このままじゃ銀に勝てないぃーー!!」 ジタバタ

猫「だから諦めろt」

蘇芳「そんなの無理だぁーー!! 僕には黒しかいないんだもんーー!! ぅう~~~!!」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:46:41.35 ID:QfweH7s10

蘇芳「ぅなぁーーーーーー!!」

猫「そ、それより良い加減叫ぶのをやめろ! なんか知らんが恥ずかしいから!」

蘇芳「ぅう~~……」ジワッ

猫「はあ……わかった……一緒に考えてやるから……泣くのはやめてくれ」

蘇芳「ほんと……?」 グスッ

猫「あぁ……」

蘇芳「ありがと……」 グシグシ

猫「(どうしてこうなった……)」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:51:27.84 ID:QfweH7s10

猫「まず、さっき言った肉体的な魅力のコトだか……」

蘇芳「え、エッチ!!」

猫「違うわ! 話を聞け!」

蘇芳「わ、わかったよぅ……」

猫「はぁ……いいか? これは俺主観の話だから、黒には通じないかもしれんが……」

蘇芳「うんうん」

猫「お前の『足首』は、悪くない」

蘇芳「………………」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 01:53:52.26 ID:zAoJH0O+0

さすが猫さんやで



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:05:00.80 ID:QfweH7s10

蘇芳「え?」

猫「足首だよ足首。悪く無いどころか、なかなか良いとも言えるだろう。あの母親の血を継いでいるだけはある」

蘇芳「………………」

猫「程よく引き締まった踝より少し上のライン。ここはもう完璧だと言わざるを得ない。しかし、お前は全体的に肉付きが薄いため、踝が少し出過ぎている感がある。
まあそこは、成長と共に皮下脂肪が増えることで程よくなるだろう。そしてアキレス腱から踵にかけてのラインだが、ここもなかなかだ。足が細すぎると腱が浮きすぎて不健康的な感じがしてしまうが、お前は足が細いのにその不健康さが無い。
これは踵までのラインがより美しい者にのみ許されるものだ。つまり総じて、お前の足首は絶妙なバランスの上で成り立っている、希に見る美しさを誇っていると言えよう」

蘇芳「………………」

猫「? どうした?」

蘇芳「いや……猫って……思ってたより、気持ち悪いんだなあと思って……」

猫「な!?」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:11:25.61 ID:QfweH7s10

蘇芳「だって……胸とか、鎖骨? とかなら聞いたことあるけど……足首……」

猫「ば、バカにするな! いいか!? 足首と言うのはな、人体を支え、なおかつ脚部で最も細く、しなやかで、運動機能も支える重要な部分だ!
言わば大黒柱にして美しい踊り子! 人体で最も美しいのは、胸でも、鎖骨でも、うなじでもなく、足首なんだ!」

蘇芳「………………」

猫「わかったか!?」

蘇芳「ぅゎぁ…………」

猫「ちくしょぉーーーー!!」



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:19:22.95 ID:QfweH7s10

~~~~~

蘇芳「ま、猫~、機嫌直してよ~。僕が悪かったからぁ~」

猫「知らん。もー知らん」

蘇芳「ごめんってば~。許して~」

猫「」 ツーン

蘇芳「ぅ~……あ、わかった! 僕の足首舐めさせてあげる!」

猫「喜んで!」 グリン!

蘇芳「(キモッ)」

猫「ほ、本当か? 本当に舐めてもいいのか?」 ハァハァ

蘇芳「ちょ、ちょっとだけね?」

猫「じゃ、じゃあ……」 ゴクリ

蘇芳「ぅ…………」

猫「」 ペロッ



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:27:39.87 ID:QfweH7s10

猫「」

蘇芳「は、はいおしまい!! こ、これで機嫌直ったでしょ?」

猫「まだまだぁ!!!」

蘇芳「!?」

猫「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」 ペロペロペロペロペペロペロペロペ

蘇芳「き、きゃあああああああああ!!」

猫「ハァハァハァハァハァハァ」 ペロペロペロペロペペロペロペロペ

蘇芳「た、助けてー! 黒ーーー!!」

猫「ハァハァハァハァハァハァ」ペロペロペロペロペペロp(ガッ!)

ジュライ「………………」

蘇芳「ジュライ……!」

猫「じゅ、ジュライ。ははは、こ、これは違うんだよ。て言うか、お前、いつからいた?」

ジュライ「……最初から」

猫「そ、そうか……で、でも違うんだ。今のは、ほ、他の契約者に操られて……」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:33:50.14 ID:QfweH7s10

ジュライ「そんな言い訳は通用しない……それに」

猫「……?」

ジュライ「黒もいる」

黒「猫……お前、何をしてるんだ……」

猫「」

蘇芳「黒ーー! 怖かったよぉー!!」 ダキッ

黒「そうか……すまない」

猫「ははは、へ、黒。いつからいたんだ?」

黒「お前が、蘇芳の足首むしゃぶりつく前からだ」

猫「(はい終わったー)」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:35:55.32 ID:QfweH7s10

眠くてキャラ崩壊がやばい
起きて残ってたらもうちょい書く



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:41:53.36 ID:zAoJH0O+0

>>162
猫のキャラとか良かったよ
とりあえず乙、保守は任せろ



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 02:42:35.65 ID:fXc9L/1Z0


保守がんばるよ



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 09:52:08.04 ID:QfweH7s10

~~~~~

猫「」 チーン

黒「………………」

蘇芳「怖かったぁ……」 グスッ

黒「大丈夫か……」 ポン

蘇芳「黒…………ん?」 クンクン

黒「…………?」

蘇芳「………………銀の匂いがする」

黒「」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 10:02:25.00 ID:QfweH7s10

蘇芳「しかも、結構強く残ってる……」

黒「い、いや……それは……」

蘇芳「ぅう~……!」 ギュゥー

黒「お、おい。もう離れろ……」

蘇芳「やだぁ~……!」 ギュゥー

黒「は、早く離r」

銀「………………黒」

黒「」



猫「(修羅場か……逃げたい……)」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 10:09:53.33 ID:QfweH7s10

銀「………………」

蘇芳「銀…………」

銀「……黒から離れて」

蘇芳「やだ!」 ギュッ

銀「………………」

蘇芳「ぅぅ~……!」

銀「………………」

蘇芳「………………」

銀「…………黒」

黒「!?」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 10:14:22.79 ID:QfweH7s10

銀「………………」 ジー

黒「あ、いや……」

銀「………………」 ジー

黒「ぅ……あ……」

銀「………………」 ジー

黒「す、すまない…………」

銀「……なにが?」

黒「」



猫「(こえー!)」



ジュライ「空気…………」



186:銀のキャラ崩壊がやばいけど気にしない:2011/06/02(木) 10:40:41.53 ID:QfweH7s10

銀「黒…………?」

黒「いや、だ、たから……」

銀「黒……?」

黒「そ、その……」

銀「黒?」

黒「と、途中で抜け出して……わ、わるかっt」

銀「……他には?」

蘇芳「や、やめてよ!」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 10:44:25.95 ID:QfweH7s10

銀「………………」

蘇芳「へ、黒をいじめないでよ!」

銀「………………」

蘇芳「だ、だいたいおかしいよ! 銀が怒るなんて! だっ、だって!」

黒「おい、蘇芳!」



蘇芳「ドールのくせに!」



黒「蘇芳!!!」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 10:53:08.32 ID:QfweH7s10

蘇芳「ぁっ…………」

銀「………………」

黒「銀…………」

銀「……そっちこそ……コピーのくせに……」 ボソッ

蘇芳「!!」

黒「銀!?」

蘇芳「な…………なにさぁーー!!!」 ダダダダダダダ…

黒「蘇芳!?」

銀「………………」

黒「銀……言い過ぎだ……」

銀「………………」 プイッ

黒「銀……?」

銀「………………」 スタスタ

黒「………………」


猫「(あーあ……)」



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 11:32:33.92 ID:eYxPgBMF0

黒「…………」

猫「………………」

黒「…………はぁ」

猫「まったく罪作りな男だな、黒」

黒「………………」

猫「しかもどっちも泣かせちまって……甲斐性の無い男だ」

黒「猫……」

猫「さて、これからどうするんだ? 二人とも選ぶってのは、無理だろうけどな」

黒「そもそも……お前のせいだがな」

猫「(あ、流石に無理か)」



194:なんであいでー変わるんだ? さっきからコロコロ変わるんだが:2011/06/02(木) 11:37:49.38 ID:eYxPgBMF0

~~~~~

猫「」 チーン

黒「はぁ…………」

ジュライ「どうするの」

黒「……とりあえず……飯でも作るか」

ジュライ「………………」

~~~~~

銀「………………」

蘇芳「………………なにしてんの」

銀「……この布団は、私の布団」

蘇芳「違うよ!! それは黒の布団!! 銀のは向こうにあるでしょ!!」

銀「いつも、ここで寝てるから……同じコト」

蘇芳「ぅぐっ…………」



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 11:59:54.50 ID:eYxPgBMF0

銀「………………」

蘇芳「………………」

銀「…………入る?」

蘇芳「ええ!? い、いいの!?」

銀「別に…………」

蘇芳「え、あの、じゃあ……お邪魔します…………ん?」 モゾモゾ

銀「…………?」

蘇芳「な、なにこれ…………ぱぱぱ……」

銀「あ」



蘇芳「パン……ツ?」 ピローン



~~~~~

黒「何がいい?」

ジュライ「ペリメニ」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 12:08:12.74 ID:eYxPgBMF0

蘇芳「な、なんで!? っていうか、銀! 今、パパパンツ履いてないの!?」

銀「と、途中だったから……」

蘇芳「と、途中!? なんの途中!? い、いや!言わないで! やっぱり言わないで!」

銀「からd」

蘇芳「どーせエッチなことしてたんでしょ!? この布団の中で!! 黒も銀もエッチだぁーー!!」

銀「し、してない」

蘇芳「僕はどうすれb……え?」

銀「え、エッチなコト……なんて……してない」

蘇芳「……じゃ、じゃあ、このパンツは何!?」



202:保守あり:2011/06/02(木) 13:15:11.57 ID:eYxPgBMF0

銀「それは……(近い……)」

蘇芳「何!?」 ズズイ

銀「身体……」

蘇芳「身体!?」

銀「身体……拭いてもらってた……」

蘇芳「え?」

銀「最近……お風呂はいってないから……」

蘇芳「ぁ~……」

銀「臭うから……」

蘇芳「え? も、もしかして僕も!?」

銀「知らない」

蘇芳「ちょっ、確認して!」 グイッ

銀「いいけど……」



203:保守あり:2011/06/02(木) 13:16:44.85 ID:eYxPgBMF0

~~~~~

銀「別に臭くない」クンクン

蘇芳「良かった……銀も、別に臭く無いよ?」 クンクン

銀「そう」

蘇芳「うん。っていうか、なんだかんだで上は下着だけになっちゃったね……」


黒「おい蘇芳、ちょっとペリメニの材料を買いに行っt……」


蘇芳「」

銀「」

黒「」

ジュライ「」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 13:23:28.04 ID:eYxPgBMF0

ジュライ「は、はだ……」 ボタボタボタボタ

蘇芳「じゅ、ジュライ!? 鼻血が大変なコトに!!」

銀「黒…………」

黒「ワザとじゃない!」

蘇芳「っていうか黒!? なにしてんの!?」

黒「俺はペリメニの材料を買いに行くのを頼もうと……」



銀「黒…………」

蘇芳「出てけーーー!!」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 13:41:08.16 ID:XM75/Bsci

希望があればちょい役になると思うけど書く



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 13:42:23.93 ID:XM75/Bsci

またあいでー変わった
なんなん?

上は希望のキャラがいればってコト



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 13:51:19.29 ID:XM75/Bsci

蘇芳「………………」

銀「………………」

ジュライ「………………」

猫「………………」

黒「……俺の分は」

蘇芳「覗きさんの分はありません!」

猫「俺n」

蘇芳「変態は黙って!」

猫「………………」

黒「………………」

ジュライ「……僕の分、あげようk」

銀「甘やかしちゃ、ダメ」

猫「………………」

黒「………………」

ジュライ「………………」



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 13:53:10.62 ID:a+0byLcr0

未咲さんだしてください



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 13:56:22.30 ID:fXc9L/1Z0

大塚さんもでたらうれしいです



211: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 14:02:11.67 ID:XM75/Bsci

黒「………………」

猫「…………黒」

黒「ああ…………ジュライ、来い」

ジュライ「わかった」

蘇芳「……どこいくの?」

黒「散歩だ」

銀「…………気をつけて」

黒「……ああ」

蘇芳「…………?」



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 14:06:03.64 ID:fXc9L/1Z0

iPhoneはしかたない



214: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 14:10:14.07 ID:XM75/Bsci

~~~~~

「………………」

「どうしたんですか?」

「……私、急用ができたから、先に帰ってていいわよ」

「? はい、じゃあ、そうします」

「うん、気をつけて」

「じゃあ、お疲れ様でしたー」

「ええ、お疲れ様」



「………………」

~~~~~



216: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 14:20:03.31 ID:XM75/Bsci

「………………」

黒「………………」

「久しぶりね」

黒「そうだな」

「あら? もう猫かぶりはやめたの?」

黒「……何をしにきた--霧原、未咲」

霧原「別に。 非番だったから、元部下と一緒にブラブラしてたのよ。そしたら、偶然キミを見つけたわけ」

黒「………………」

霧原「……逃げないのね、仮面は付けたままだけど」

黒「理由がない」

霧原「私を、殺すの?」

黒「かもな」

霧原「そう…………でm「あーー!!!」!?」

大塚「あの時の、鎖骨の人!」

霧原「!?」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 14:26:00.08 ID:fXc9L/1Z0

大塚さんきたああああああああああ



220: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 14:32:33.66 ID:XM75/Bsci

大塚「課長! この人とお知り合いなんですか!?」

霧原「さ、先に帰れって言ったのに……」

大塚「そんなの、するわけないじゃないですか。課長はいっつも一人で無理しようとするんですから! それで、この人とお知り合いなんですか?」

霧原「それより、鎖骨の人ってなによ」

大塚「えっと……いつかのお花見の時に助けてもらって……その時に見た彼の鎖骨が、もう、超ーセクシーだったんですよー! あ、覚えてますか!? あの時はありがとうございました!」

黒「………………(覚えてないな)」

霧原「はぁ…………」

大塚「で、彼は誰なんですか、一体!」

霧原「彼は……メシエコードBK201」

黒「……元組織の契約者だ」

大塚「!!」



221: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 14:35:31.85 ID:XM75/Bsci

大塚「貴方が……貴方が、あのBK201……」

霧原「彼の能力は電気を操ること。不用意に近づくと」


大塚「課長の、想い人ってやつですね!」


霧原「は、はあ!?」

黒「………………」



224: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 14:58:43.76 ID:XM75/Bsci

大塚「えー、でも、石崎主任が言ってましたよー。課長はBK201にゾッコンだって」

霧原「か、かなみの言うことなんていちいち真に受けちゃダメよ! 」

大塚「えーでもー、現職の頃もBK201のことばっか調べてたしー。斎藤さんがホント可哀想でしたよー」

霧原「? 斎藤がどうした?」

大塚「……ホントに、ぞっこんなんですね」

黒「……もう行ってもいいか?」

霧原「ダメよ!」

大塚「」 ニヨニヨ

霧原「~~~っ!」



225: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 15:02:11.71 ID:XM75/Bsci

ちょいアレなんで2時間ぐらい離れる
霧原さんちょい役じゃなくなるかも……



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 15:13:23.24 ID:fXc9L/1Z0

待ってます
美咲好きなひとなんているの?



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 15:22:45.13 ID:U586enNoO

ババァかわいいだろうがディスってんじゃねえぞ



257: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 18:23:56.01 ID:XM75/Bsci

~~~~~

黒「………………」

銀「………………」

蘇芳「………………」

ジュライ「………………」

霧原「………………」

大塚「………………」

猫「(なんだこのカオス)」

蘇芳「…………黒、それ誰?」

黒「…………」 チラッ

霧原「……警察庁の、霧原未咲です」

大塚「えっと……元部下の、大塚真理です」

蘇芳「警察!?」



259: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 18:41:31.40 ID:XM75/Bsci

猫「そして、現在裏社会で新たに組織と呼ばれている機関の、重要メンバーだ」

蘇芳「組織!?」

霧原「猫!? どこに行ったのかと思っていたら李君と……」

猫「成り行きさ」

黒「猫、あまり余計なコトは言うな」

猫「あぁ、そっちの嬢ちゃんは一般人だったか……ま、組織が上手くやるだろう」

大塚「………………も」

霧原「あ、コレは猫って言って……」

大塚「モモンガが喋ってるーー!!」

蘇芳「驚くトコそこ?」

黒「一般人からすれば、十分驚くだろう……」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 18:42:17.91 ID:lIoGzPKO0

蘇芳がババアの事知ってないって時系列どこだ



263: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 18:52:57.58 ID:XM75/Bsci

>>260
ごめん、霧原は銀との面識ないと思って挨拶させた……みたいな

そのうちアンバーも出す



264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/02(木) 18:56:39.50 ID:lIoGzPKO0

>>263
アンバー出るのかそうかそうか
アンバー出るなら細かい事はどうでもいいです支援



262: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 18:49:52.13 ID:XM75/Bsci

~~~~~

霧原「お、落ち着いた?」

大塚「は、はい……」

霧原「はぁ……なんか、ごちゃごちゃになっちゃったし、今日は帰るわ」

黒「ああ」

霧原「………………ま、またねっ!」

大塚「課長やっぱり……」

霧原「い、行くわよ!」

~~~~~



265: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 19:26:19.46 ID:XM75/Bsci

銀「………………」

蘇芳「………………」

黒「………………」

ジュライ「………………」

猫「…………(流石にもう慣れたな)」

蘇芳「で、黒」

黒「………………」

蘇芳「なんで、霧原さんを連れてきたわけ?」

黒「……成り行きだ」

銀「………………」

蘇芳「…………銀」

銀「…………」 コクリ

蘇芳「黒、次のご飯も抜き」

黒「………………」



270: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 19:53:54.82 ID:XM75/Bsci

~~~~~

黒「腹……減ったな……」グゥー

黒「………………」

…………………………

『黒、久しぶり』

黒『? 誰だ?』

『あはは、酷いなー。私のコトなんか忘れちゃった?』

黒『どこかで……どこかで聞いた声だ』

『あはは、イイよ別に。なんだか知らないけど、今の黒は幸せそうだし』

黒『………………』

『私には、出来なかったけどね……やっぱり、あの娘達に任せて正解だった!』

黒『お前……は』

黒『-----!』

…………………………

黒「………………」 パチッ



271: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 20:03:08.95 ID:XM75/Bsci

黒「(夢か……)」コツッ

黒「……ゆで卵……と、書置き……?」 カサッ


雨霧から教えてもらって作ったよ
夜食にどうぞ♡


黒「………………」

黒「………………」パクッ

黒「………………」 モグモグ

黒「…………美味い」



281: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 22:46:37.33 ID:XM75/Bsci

蘇芳「(なんかいろいろあって忘れてたけど)」

蘇芳「(僕ってもともと銀から黒を奪うつもりだったんだよね……)」

蘇芳「(黒と猫のせいでメチャクチャだけど)」

蘇芳「(だからこそ今がチャンスかも!)」

蘇芳「黒~……よし、寝てる……」 ソーッ

蘇芳「よいしょっと……」 モゾモゾ



282: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 22:50:45.05 ID:XM75/Bsci

「……なにしてる」

蘇芳「」 ビクッ

蘇芳「(ば、ばれた! で、でもこれは逆にチャンスかも!)」

蘇芳「へ、黒……僕、一人じゃ寂しくって……だから一緒に--ってあれ? 黒?」

黒「zzz」

蘇芳「寝てる……ってコトは……」



銀「なにしてるの……」

蘇芳「……そちらこそ」



286: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 22:58:22.19 ID:XM75/Bsci

銀「私は、いつも通りここで寝るところ……蘇芳はなにしにきたの」

蘇芳「ぼ、僕だって寝るところだよ」

銀「いつもは別々に寝てるのに?」

蘇芳「きょ、今日は夜冷え込むって聞いたから、暖かそうなところにきただけだもん」

銀「………………」

蘇芳「………………」



288: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 23:19:56.94 ID:XM75/Bsci

銀「」 ツネリッ

蘇芳「ふぎっ」

銀「」 ギュー

蘇芳「ひたいぃ~、ほっへふねるなぁ、はなふぃてぇ~」 ペチペチ

銀「」 ギュー

蘇芳「ふぎゅ~……ふにゅっ!」 ツネリッ

銀「!」 ギュー



289: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 23:26:06.57 ID:XM75/Bsci

蘇芳「ふぎぃ~」 ギュー

銀「」 ギュー、プルプル

蘇芳「ふー……」 ギュー

銀「」ギュー、プルプル

蘇芳「んゔ~」 ギュー

銀「…………」 パッ

蘇芳「ふぎゅっ」 パッ

銀「…………涙目」 ヒリヒリ

蘇芳「……そっちこそ」 ヒリヒリ



291: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 23:32:20.41 ID:XM75/Bsci

銀「…………」

蘇芳「…………」

黒「…………(一体どうなっているんだ……)」

銀・蘇芳「「黒」」

黒「」 ビクッ


銀・蘇芳「「どっちと寝たい?」」



292: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/02(木) 23:37:33.32 ID:XM75/Bsci

~~~~~

猫「で、朝まで睨み合ってた……と」

黒「ああ……」

銀「」 スー

蘇芳「」 スヤスヤ

猫「お前は寝不足でも朝メシまで作ったってのに、当の二人はお寝んねか……」

黒「ああ……」

猫「まったく……お前も大変だな……」



ジュライ「…………いただきます」



300: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 00:12:23.62 ID:ao4tfVtXi

蘇芳「へぃ~…………」 ムニャムニャ

銀「…………黒……」 ムニャ

黒「はぁ……」

猫「ま、自分でなんとかするこったな」

黒「わかってる……」



ジュライ「黒」



302: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 00:15:31.28 ID:ao4tfVtXi

黒「…………?」


ジュライ「蘇芳を泣かせたら、許さないから」


猫「…………ほぉ」

黒「……わかった…………」

ジュライ「…………ごちそうさま」

猫「なかなか、ジュライも男だな」

黒「……はぁ……」



305: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 00:44:00.27 ID:ao4tfVtXi

~~~~~

蘇芳「ん…………?」 パチッ

銀「………………」 スー

蘇芳「ん…………トイレ」

~~~~~

蘇芳「ぅ~……」 ガチャッ

Qtplf


黒「」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/03(金) 00:52:13.76 ID:KMHCYvhQ0

>>305
10000000000000000回保存した



309: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 00:50:17.74 ID:ao4tfVtXi

蘇芳「」

黒「………………」

蘇芳「きゃ(ry

~~~~~

蘇芳「見られた……見られた……見られた……黒に見られた……」 グスグス

黒「すまん…………」

蘇芳「ぅ~…………」 グスグス

銀「…………黒」

ジュライ「…………黒」 ゴゴゴゴゴゴゴ…

猫「(黒……ドンマイ)」



314: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 00:58:27.33 ID:ao4tfVtXi

寝落ちしたらごめん

~~~~~

ジュライ「」 ジー

黒「………………」

ジュライ「」 ジー

黒「なんだ……ジュライ」

ジュライ「監視」 ジー

黒「アレは俺のせいじゃない……鍵のないトイレで、ノックもせずに下着まで脱ぎながら入ってきた蘇芳が悪い……」

ジュライ「でも見た」

黒「……見てない」

ジュライ「嘘」

黒「見てない」

ジュライ「嘘 吐 か な い で よ」

黒「」



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/03(金) 00:59:48.75 ID:yPfdMQ1qO

ジュライ…おまえ…………



317: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 01:03:32.37 ID:ao4tfVtXi

黒「………………」

ジュライ「ホントは?」

黒「……一瞬だけだ」

ジュライ「…………」

黒「…………」

ジュライ「…………どうだった?」

黒「? どう、とは?」

ジュライ「…………だから」


ジュライ「綺麗だったとか可愛かったとか美しかったとか芸術的だったとかあどけないとか思いの外成熟してたとか毛は生えてたかとか足の付け根はどうだったとか太腿はどうだったとかいいいいろいろあるでしょ」 ボタボタボタボタボタボタボタボタ


黒「」



319: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 01:07:55.81 ID:ao4tfVtXi

黒「じゅ、ジュライ……」

ジュライ「いいいから教えてよどうだったのどうだったのどうだったの」 ボタボタボタボタボタボタボタボタ

猫「おーい黒……ってうお!? どうしたジュライ!?」

黒「いや、い、いきなり」

ジュライ「黒キチンとだよ全部だよ何もかも一つ残らず僕に僕に僕に教えてよおおおおおお」 ボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタ

黒「」

猫「ジュライが壊れたーー!!」



320: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 01:11:39.61 ID:ao4tfVtXi

~~~~~

ジュライ「」 チーン

黒「はぁ……」

銀「ジュライ……どうしたの?」

黒「別に……ただの、貧血だ」

猫「まあ確かに、血は足りてないよな……」

黒「…………蘇芳は?」

銀「? 知らない」

~~~~~



322: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 01:18:17.19 ID:ao4tfVtXi

ごめん寝る
残ってたら昼前には再開する



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/03(金) 01:20:01.20 ID:yPfdMQ1qO

おうまかせろ



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/03(金) 05:47:57.75 ID:VqJaD/hk0

      _/      ∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ. 
 _ -‐ ´/  ,   -‐´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}  
   ̄ フ´,  /             丶\::V| |      Vl      
.  //./                   `Vヽl |      ヽ ' .   
  / ,イ/                    Ⅵ/,       ヽ.\  
  |/ /       |               ∨ヘ.      ト、 \_ 
.  /     /  /  l:     /  l           ∨i    、   |  ̄  
  l│  /  イ  ,イ.    l  ト、ヽ     / | :l :|   |  l   
  | |   l_メ、」_,;./l     L  l V   ∧ /  :|/   ハ.  ト、   
  | ト.  |.____ ヽ    l´ヽ{ _⊥イ イ /   /    / l/⌒ヽ  
  | | ヽ | 、i┘::::i  \  | r┬┬‐┬ァ V  ,∧.   ,'  ´    
  レ   ヽ!  ゝ- '   \l  i,.┘:::::iノ / ,/〉│ :| {    
.      7/l/l/   、     `'ー‐ ' ∠≠r'ノ:jノ :| |      
     λ     `ーー-- '  /l/l/l ∧‐'.:|:::|  ハ ',     
      `、               ,/| ::| :|:::| ./ ヽ_>     
        ` = 、         ,.イ∧'|:l.:/l:::|´           
              `>-r  =ニi´、.,_`::: |:| { |:::l
          _,.イ´ヽ.7   /  /:\;八:V:ノ                
       /7:::::!  ○O'´  /::::::::/ヽ.



344: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 10:18:49.14 ID:ao4tfVtXi

蘇芳「はぁ……」

蘇芳「黒に見られた……」

蘇芳「…………変じゃなかったよね?」

蘇芳「(ぅう~…………どうせならもっとロマンチックな時にちゃんと……)」

蘇芳「って! なにを考えてるんだ僕は!」

蘇芳「ぅあぁ~……黒の顔もう見れないよぉ…………」

猫「おう蘇芳、ここにいたのか」



345: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 10:24:40.08 ID:ao4tfVtXi

蘇芳「猫?」

猫「黒が心配してるぞ。朝飯もあるし、早く来い」

蘇芳「だってぇ~……」

猫「ま、今朝は災難だったな。だが、寝ぼけてたお前も悪い。ウチのトイレには鍵はないってきちんと教えたろ?」

蘇芳「そうだけどぉ…………」

猫「はぁ……チラッと見られただけじゃないか。そんなんじゃ銀には勝てないぞ?」

蘇芳「べ、別に銀だって大したコトしてないじゃん」

猫「蘇芳……わかってないな」



352: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 12:45:56.15 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「?」

猫「黒の覗き疑惑の話だが……銀は、身体を拭いてもらおうとしてたんだよな?」

蘇芳「うん」

猫「てことはだ……銀は、黒の前で裸になった可能性がある!」

蘇芳「ああーーーーー!!!」

猫「そう、銀は、お前よりずっと積極的なんだ!」



353: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/03(金) 12:48:04.15 ID:aBuf92tZ0

な、なんだってー!



355: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 12:50:54.67 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「こうしちゃいられない! いってくる!」

猫「頑張れよー(黒ざまぁwwww)」

~~~~~

銀「黒」

黒「どうした?」

銀「昨日の続き……」

黒「昨日……?」

銀「……身体をh」

蘇芳「ちょぉぉっと待ったぁーーーー!!!」 バーン!



357: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 13:10:55.29 ID:Rk/9WyL80

銀「………………」 チッ

黒「? どうした、蘇芳」

蘇芳「えっとえっと! あ、あの……!」

蘇芳「(え!? どうしよう! 銀の企みは阻止したみたいだけど、この後どうするか考えてない!)」

黒「なにもないならもういいか? ……で、銀、なんだ?」

銀「からd」

蘇芳「うあーーーー!! そう、ご飯!ご飯はなにがいいかなと思って! 僕が作るよ!」

黒「いちいち叫ぶな……お前に任せる」

蘇芳「そ、それじゃあダメ! ちゃんと考えて!」

銀「………………カレー」



359: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 13:17:45.64 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「え?」

銀「カレーが食べたい」

黒「ん、そうか。じゃあカレーにしてくれ」

蘇芳「か、カレーかぁ。分かった! じゃあ、黒手伝って!」

黒「お前が作るんじゃないのか?」

蘇芳「え!? あ、火! 火使うのがちょっと不安だから! だから手伝って!」



360: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 13:24:40.17 ID:Rk/9WyL80

銀「!(しまった……)」

黒「……分かった。作る時に呼んでくれ」

蘇芳「い、今から作ろうよ!」

銀「………………」

黒「い、今からか?」

蘇芳「そ、そう! カレーは熟成した方が美味しいって言うじゃん?」

黒「しかし……早すぎないか?」

蘇芳「い、いいからいいから! ほらっ!」 グイッ

黒「引っ張るな……」



銀「待って」



362: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 13:59:56.16 ID:Rk/9WyL80

銀「私も手伝う」

黒「銀が?」

蘇芳「(もうちょっとで二人っきりだったのに!)べ、別に三人もいらないんじゃないかなー、なんて……そ、それに、銀は目が見えないんだし!」

銀「観測霊がある」

黒「危なくないか」

蘇芳「そ、そうだよー。自分の目で見ないとさ」

銀「大丈夫」

黒「……わかった」

蘇芳「………………」 チッ

銀「………………」



364: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 14:51:23.97 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「……じゃあ、買い物行こうか。ルーないし」

黒「ああ、任せる」

蘇芳「うん……ってええ!?」

銀「いってらっしゃい」

蘇芳「なっ!? なんで!? 僕一人!?」

黒「最近買い出しは蘇芳が行ってただろ」

銀「いってらっしゃい」

蘇芳「へ、黒も一緒に行こうよ!」

黒「買い出しは一人でできるだろう」

蘇芳「で、できるけど……」



365: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 15:17:54.14 ID:Rk/9WyL80

黒「じゃあ行って来い」

蘇芳「いやでも! どのルーが良いのかとか僕よくわかんないから!」

黒「適当で良い。どれも同じだ」

蘇芳「で、でも! でも……でも…………」

黒「………………」

蘇芳「…………黒……お願い……」

黒「………………わかった……」

蘇芳「やった! ありがと!」 ダキッ

黒「はぁ……」



銀「………………」



372: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 17:24:29.40 ID:Rk/9WyL80

~~~~~

蘇芳「…………で……」

黒「………………」

銀「………………」

蘇芳「なんで銀もいるの?」

黒「二人も三人も変わらないだろう」

蘇芳「そういうことじゃ……」

銀「わたしも…………」

黒「銀……?」

銀「私も、買い物したい」

黒「………………」 ナデナデ

銀「………………」

蘇芳「………………」



375: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 17:50:24.11 ID:Rk/9WyL80

~~~~~

黒「ついたか」

銀「……ここは?」

黒「デパートだ。はぐれるなよ」

蘇芳「………………」 ムスッ

黒「どうした?」

蘇芳「別に」

銀「黒……?」

黒「ああ、すまない……こっちだ」ギュ

銀「!」

蘇芳「………………」

黒「蘇芳、行くぞ」

蘇芳「うん…………」



382: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 19:10:02.02 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「……手……繋ぐんだね」

黒「ああ、デパートには水はあまりないからな」

蘇芳「ふーん…………」

銀「…………あっ」 ドン

黒「銀……もっと俺の方に来い」 ギュ

銀「うん……」

蘇芳「………………」

銀「………………」

黒「ここで野菜を買う。いいか?」

銀「………………黒」

黒「なんだ」

銀「…………なんでもない」

黒「?……そうか」

蘇芳「………………」

銀「………………」



384: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 19:51:49.02 ID:Rk/9WyL80

~~~~~

黒「買うものは買ったな……帰るか」

蘇芳「うん…………」

銀「………………」

黒「行くぞ、銀」ギュ

蘇芳「………………」

~~~~~



386: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 20:03:22.34 ID:Rk/9WyL80

銀「………………」

黒「………………」

蘇芳「………………」

銀「……黒」ギュ

黒「なんだ?」

蘇芳「………………」

銀「荷物、重い?」

黒「いや……」

銀「重い?」

黒「?……まぁ……」

銀「袋、二つとも貸して」

黒「?……ああ……」



387: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 20:04:38.06 ID:Rk/9WyL80

銀「……蘇芳」

蘇芳「……!」

銀「一つ、持って」

蘇芳「う、うん……」

黒「? 俺は持たなくていいのか」

銀「蘇芳」

蘇芳「え?」


銀「手、もう一つ空いてる」


蘇芳「えっ……」

銀「早く」

蘇芳「う、うん…………黒?」

黒「なんだ?」

蘇芳「手……繋いでも、いい?」

黒「…………ああ」 ギュ



396: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 21:26:23.58 ID:Rk/9WyL80

~~~~~

蘇芳「…………」

黒「…………」

銀「ただいま」

猫「おう……おう?」

ジュライ「……おかえり、蘇芳」

蘇芳「た、ただいま……」

銀「………………」

蘇芳「………………銀」

銀「?」

蘇芳「……ありがと」 ボソッ



399: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 21:46:49.73 ID:Rk/9WyL80

~~~~~

黒「………………」

猫「? なんだ、晩飯はどうした? 蘇芳達と一緒に作るんじゃなかったのか?」

黒「知らん、追い出された」

猫「?」

~~~~~

蘇芳「……包丁とって」

銀「はい」

蘇芳「……あ、りんごそれくらいでイイよ」

銀「うん……次は?」

蘇芳「うーん……灰汁とりできる?」

銀「灰汁?」

蘇芳「うん、あのね、このおたまで……コレ、この泡みたいなのを取るの」

銀「わかった」



402: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 21:58:13.97 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「………………」

銀「!……蘇芳、コレ、どんどん出てくる……」

蘇芳「あ、うん大丈夫。そういうもんだから、どんどんとっちゃって」

銀「そう……」

蘇芳「……銀、サラダはドレッシングなにかける?」

銀「わからない……なにがあるの?」

蘇芳「えっと……ごまと、イタリアンと、中華風がある」

銀「……かして」

蘇芳「? うん」

銀「………………」 ペロ

蘇芳「!? な、なにしてんの!?」

銀「……しょっぱい」

蘇芳「そりゃそうだよ! サラダにもかけずに舐めたらしょっぱいよ!」



403: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 22:13:53.00 ID:Rk/9WyL80

銀「ぅ…………」

蘇芳「まったく……あ、コンロの火弱めて」

銀「……うん」

蘇芳「もうちょっと強くてもイイよ。そしたらルー入れて」

銀「わかった」

蘇芳「トマト食べれるよね?」

銀「うん」

蘇芳「キュウリは?」

銀「食べれる」



407: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 22:33:51.83 ID:Rk/9WyL80

~~~~~

蘇芳「いただきまーす」

銀「いただきます」

ジュライ「」 モグモグ

黒「」 モグモグ

蘇芳「ど……どうかな…………」

銀「………………」

ジュライ「おいしい」

黒「ああ……美味い」

蘇芳「! やった!」

銀「!」ギュ



409: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 22:34:56.03 ID:Rk/9WyL80

蘇芳「! 銀?」

銀「!」 パッ

蘇芳「………………」

銀「…………」 プイッ

蘇芳「…………あはっ」

銀「ん……」 モゴモゴ

MNeDx


蘇芳「」 ズキューン‼



411: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/03(金) 22:40:35.84 ID:Rk/9WyL80

ちなみに座席は

銀 蘇芳
[ 机 ]
黒 ジュライ

って感じで



432: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 00:42:10.65 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「…………」 クンクン

銀「…………」 クンクン

蘇芳「…………臭う、かな」

銀「…………」 コクリ

蘇芳「流石にね……今日は出かけたりしたし」

銀「…………黒にお願いする」

蘇芳「! そそそそそれって……!」

銀「身体を……拭いてもらう……!」



433: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 00:46:16.84 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「………黒……居る?」

黒「……なんだ」

蘇芳「あのね……」 モジモジ

銀「身体を」

蘇芳「ふ、拭いて欲しいんだけど……」

黒「」

ジュライ「」



434: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 00:55:33.47 ID:YK4RWIdn0

蘇芳「へ、変な意味じゃなくてね? ちょっと汗かいたから……」

銀「さっぱりしたい」

黒「…………二人でやればいい」

蘇芳「いや、それだと時間かかるから!」

銀「黒」

黒「………」

銀「……お願い」

黒「………………わかt」


猫「てか、銭湯とか行けばいいんじゃないか?」


蘇芳「」

銀「」



435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 01:08:25.15 ID:M72Y3FyV0

猫きさまああああああああ



436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 01:27:15.82 ID:vLXNgpSs0

逆に考えるんだ・・・
入浴シーンが増えたと考えれば



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 01:34:09.80 ID:M72Y3FyV0

>>436
お前が天才か



439: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 02:29:06.43 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「…………コレが」

銀「銭湯」

ジュライ「……大きい」

黒「ほら、入る



450: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 08:03:02.38 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「…………コレが」

銀「銭湯」

ジュライ「……大きい」

黒「ほら、入るぞ」

蘇芳「はーい」

~~~~~

黒「上がったらさっきのロビーに来い」

銀「わかった」

蘇芳「………」 ワクワク

黒「じゃあ、後でな」



452: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 08:26:22.01 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「銭湯って、別れて入るのに、仕切りの上の方が隙だらけだね」

銀「………………」

蘇芳「銀?」

銀「………………」

蘇芳「銀~?」

銀「! な、なに?」

蘇芳「?どうしたの? 顔真っ赤だよ」

銀「そ、そんなコトない」

蘇芳「いや、真っ赤っかだよ……まだお湯にも浸かってないのに逆上せたの?」 アハハ

銀「…………」

蘇芳「……いーんー」

銀「…………黒」

蘇芳「黒?」

銀「! ……なんでもない」



453: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 08:30:04.37 ID:YK4RWIdn0

蘇芳「黒がどうかしたの?」

銀「なんでもない」

蘇芳「……まあいいや、足元気をつけてね。観測霊があるっていっても…………!!!」

銀「………………」

蘇芳「銀………………観測霊は?」

銀「! ……こ、ここにいる」

蘇芳「いやいや、それたった今出てきたよね……銀」

銀「…………知らない」

蘇芳「………………覗きしてたでしょ、観測霊で」

銀「」 ビクッ



455: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 08:33:27.37 ID:YK4RWIdn0

蘇芳「いーん~~?」

銀「そそそそんなことしてない」

蘇芳「とにかく、覗きなんかしちゃダメっ!」

銀「………わかった………」

蘇芳「まったく……」

銀「………………羨ましい?」

蘇芳「なっそっ、そそそんなことななぁいよ!?」

銀「……見たい?」

蘇芳「え!? 僕にも見せるなんて出来るの!?」

銀「無理」

蘇芳「………………」

銀「………………」



456: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 08:37:55.10 ID:YK4RWIdn0

[[[[[壁の向こう]]]]]

このー!
や、やめっ
きゃー!銀だいじょうぶー!?

黒「(うるさい)」

黒「まったく……ジュライ、まずは湯船にはいる前に…………?」

黒「………………?」 キョロキョロ

黒「……ジュライ?」

黒「いない…………!」

黒「(まさか……)」



457: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 08:53:26.00 ID:YK4RWIdn0

[[[[[壁のこっち側]]]]]

銀「………………」

蘇芳「ねぇ、僕の身体おかしいところない?」

銀「………………」

蘇芳「ねえってば、なんでこっち見てくれないの? 見てくれないとわかんないよ?」

銀「…………なんで……」

Kia6M


蘇芳「ねえ~、ジュライ~、こっち見て~」

ジュライ「………………」

銀「(なんでジュライがここに?)」

蘇芳「もー……なんなのさー」

ジュライ「…………僕は分からないから、銀に聞くとイイ」

銀「………………」

蘇芳「そっか……てことで銀、僕の身体、おかしくない?」



458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 08:57:20.56 ID:JmyYbklZ0

\   \\   \  \\  , ェェェェェェ、\  \\ \
\\   \\   \  \,ィ三三三三三三ヽ.  \\ \
\\\   \\, -‐≦三三三三三三三三三ヽ   \\
  \\\    /   ィエミ ヾ三三三ツ" ̄`ヾ三ヲ\   \\
\  \\\  l     !三リ  ヾ三ヲ'   ヽ、  \  \   \
  \  \ f三ミ        /三三     `ヽ.、 \  \
\  \  ` ヾ三        ヾ三三    ,ィ全、 \ \  \
\\  \  \.゛l    f≧  ノ三三  ./三三、   ヽ. \
  \\  \    、 fn,  ~   /三三".  ,'三三三、.  l  \
\  \\  \  .i≧ュ __,、 /三三"  ,'三三三三、 ノ
  \  \\  \ |三ミ≧≠三彡"    l三三三三三「\\
   \  \\  `!三三三リー - 、._ !三三三三三   \\
\   \  \\ }三三彡 \\\  ヾ三三三彡"≧,   \
  \   \  \.ノ三三リ\  \\\     ヾ三三ミ、
━━━━━━━{三三彡━━━━━━━━━━ ̄━━
            ̄ ̄
ケ  ケ   /\      ー―≠―   ー―≠
┼┼┼ /┌┴┐\      /       /
│└┘   [ 二 ]   ー 、   |       ー― 、
└──   レ`く_   _)  \_    くZ_ノ 
  |二二|  /\   |  | |       _|           ||
┼└─┘/__ \ .|  | |         |/⌒ヽ     ||
┴ 7二二 ┌─┐  |     ー十十ヽ /|  _ノ 二   ||
  / / / /  |__|   ヽ_ノ     .|  ノ  |  (_ノヽ /乙  。



459: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 09:53:16.66 ID:YK4RWIdn0

銀「おかしくない」

蘇芳「そう? よかった~」

銀「でも」

蘇芳「ん?」

銀「残念」

蘇芳「んなっ! じ、自分だって残念なくせに!」

銀「残念」

蘇芳「な、なんだよー!」 ペチペチ

ジュライ「………………」



461: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 10:09:18.28 ID:YK4RWIdn0

蘇芳「…………ていうか、スベスベだね」 サワサワ

銀「んっ………………」

蘇芳「羨ましいなー……肌も真っ白だし」 サワサワ

銀「……ん…………蘇芳も」 サワサワ

蘇芳「んぁっ…………そ、そう?」 サワサワ

銀「ん…………スベスベ」 サワサワ

蘇芳「ん……くすぐったいよ~」 サワサワ

銀「……んっ…………」 サワサワ




ジュライ「もうムリ」 ボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタ



463: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 10:43:59.30 ID:YK4RWIdn0

蘇芳「うわ!? ジュライ!?」

銀「鼻血」

ジュライ「す、蘇芳、こっち来ないで」 ボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタ

蘇芳「で、でも、すごく顔も赤いし……逆上せたの? もう上がろう?」 ピトッ

ジュライ「」

蘇芳「? 止まった?」

銀「蘇芳、離れた方g」



ジュライ「」 ブッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア



[[[[[壁の向こう]]]]]

黒「…………噴水?」



466: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 12:17:23.91 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

黒「ふぅ…………」

銀「黒」

黒「銀か……蘇芳達は?」

銀「向こうで涼んでる……ジュライが鼻血を出しすぎたから」

黒「そうか」

銀「それと……」

黒「?」

(ガシッ)

黒「!?」 クルッ



大塚「さ、鎖骨……舐めてもイイですか」



黒「」



469: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 12:29:25.57 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

大塚「」 チーン

黒「なぜこいつがここに……」

銀「たまたまここにいて、ジュライをココまで運んでくれた」 ゴクゴク

蘇芳「なんか、『鎖骨が!』とか言って黒に突撃して行ったんだよ」 ゴクゴク

銀「………………」 ゴクゴク

黒「……それは?」

蘇芳「コーヒー牛乳。知らないの?」

黒「そんなことは知ってる。どうしたんだ、それ」

銀「この人が、買ってくれた」

黒「…………なるほどな」

蘇芳「うん、おいしいよ」



470: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 12:31:20.25 ID:YK4RWIdn0

銀「…………飲む?」

黒「いらん」

銀「飲む?」

黒「……一口もらう」

銀「はい」

黒「ん…………」 ゴクッ

銀「…………」

黒「? どうした?」

銀「………………間接キス」 ボソッ

黒「げほぉっ!」 ブホッ

蘇芳「黒!? 大丈夫!?」

黒「ああ…………どこでそんな言葉を覚えた……」

銀「キコが、教えてくれた」



473: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 13:20:29.25 ID:YK4RWIdn0

大塚「今キコって言った?」 ムクリ

銀「うん」 コクリ

大塚「ピンク髪の?」

銀「うん」 コクリ

大塚「あなた、あの娘と知り合いなの?」

銀「うん」 コクリ

大塚「じゃあ、あなたがキルシィちゃんなのね!」 ガシッ

銀「違う」

大塚「そーかそーk……え!? 違うの!?」

銀「私は、銀」

大塚「あぁ……そっかそっか、キルシィちゃんって言うと、怒るんだっけ」

銀「銀」

大塚「うん、じゃあ、あなたが銀ちゃんなのね! あの娘からいつも聞いてるわ! 同志だって!」

銀「うん」 コクリ

黒「………………こいつもか……」



474: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 13:36:00.42 ID:YK4RWIdn0

銀「!…………もしかして」

大塚「ん?」

銀「まゆまゆ?」

大塚「え? あぁ聞いてたんだ……実はそうなの。それであの娘とも仲良くなっt(ガシィッ‼)ぅえ!?」



銀「ファンです」 キラキラキラキラキラ



黒「はぁ……」

蘇芳「?」

ジュライ「」 チーン



476: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 14:09:59.53 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

銀「♪」

黒「上機嫌だな、銀……楽しかったか?」

銀「うん」

蘇芳「…………(そういえば、僕って……友達、いないな……)」

黒「………………」

蘇芳「(前はいたけど……もう、会うこともないだろうし……)」

黒「蘇芳」

蘇芳「(独り……か……)」

黒「………………」 ポン

蘇芳「? 黒? なに?」

黒「……安心しろ……俺達は、仲間だからな」

蘇芳「ぁ…………」



蘇芳「うんっ!!」



477: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 14:15:33.06 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「ただいま~!」

銀「ただいま」

ジュライ「ただいま」

猫「ずいぶん遅かったな」

黒「ちょっとな……」

猫「?」

蘇芳「黒、僕達、もう寝るね」

銀「おやすみ」

ジュライ「おやすみ」

黒「ああ……おやすみ」

猫「湯冷めしてるんだし、あんまり薄くして寝ると風邪引くぞ~」

蘇芳「はいはい、猫はおじいちゃんだね」

猫「お、おじっ……!?」

蘇芳「冗談! おやすみっ!」



479: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 14:54:20.78 ID:YK4RWIdn0

『ジュる……ジュる……ごくっ』

黒『対価か……』

『黒か………………そうさ、おぞましいか?』

黒『……そうだな』

『はは……仕様がないのさ、この、対価ってやつはね』

黒『そうだな……』

『…………お前は優しいな、黒』

黒『俺は…………俺は……黒の死神だ』

『…………なあ…………笑って…………見せてくれ……』

黒『……なぜ』

『わからない……でも、今はその哀しそうな顔より、お前の笑顔が見たいんだ』

黒『……………………』

『……………………やっぱり……お前は優しいよ』

黒『………………』

『……じゃあな、黒…………いずれ、地獄で……』



481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 15:24:38.33 ID:GMVaYMRC0

ハヴォックさん



482: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 15:33:10.51 ID:YK4RWIdn0

黒「……またか」 ムクリ

黒「…………朝飯でも作るか」

~~~~~

蘇芳「あ、おはよー」

銀「おはよう」

黒「………………」

蘇芳「黒? どうしたの?」

黒「今……何時だ?」

銀「六時三十分」

黒「……随分と早いな」

蘇芳「昨夜銀と話して決めたんだけどね、毎朝黒も大変だから、これからは早起きして朝ご飯作ろうってことになったの」

銀「黒は寝ててイイ」



483: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 15:34:42.76 ID:YK4RWIdn0

猫「くぅ~、泣かせるじゃねえか。お言葉に甘えるとしようぜ、黒」

蘇芳「猫おはよー」

銀「おはよう」

猫「おはようさん」

黒「…………任せて大丈夫なのか」

蘇芳「大丈夫! コレでも、日本に来る前は家事とか結構してたんだから!」

銀「任せて」

黒「そうか……じゃあ任せた。俺はゴミを捨てて来る」

銀「もう出した」

黒「……じゃあ、洗濯でm」

蘇芳「洗って干してあるよ~」

黒「………………」



484: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 15:40:54.41 ID:YK4RWIdn0

>>481
こんな登場のさせ方で申し訳ない
他に方法がなかったんだ……


~~~~~

黒「ご馳走様」

蘇芳「ごちそーさまっ」

銀「こちそうさまでした」

ジュライ「こちそうさま」

黒「……皿は俺が洗う」

蘇芳「おねがいしまーす」

銀「黒、シーツ洗うから、部屋に入っていい?」

黒「それなら俺が持っt」

銀「いい、黒はお皿」

黒「わ、わかった。持ってきてくれ」

銀「うん」



486: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 16:36:41.02 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

銀「………………」

銀「黒の…………シーツ……」 ギュ

銀「………………」 ドキドキ

蘇芳「………………」

銀「………………」 クンクン

蘇芳「…………また?」

銀「…………うん」 クンクン

蘇芳「…………」

銀「…………?」 クンクン

蘇芳「いややめなよ! なに堂々とクンクンしてんの!?」

銀「?」 クンクン

蘇芳「え? あ、あの……僕が間違ってるの?」

銀「?…………うん」 クンクン

蘇芳「いやそんなはずないよ! 間違ってるのは銀の方だよ!」



487: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 16:43:31.17 ID:YK4RWIdn0

銀「だって、いい匂い」 クンクン

蘇芳「い、いい匂いって……そんなに?」

銀「うん……すごく」 クンクン

蘇芳「………………」

銀「……嗅ぎたい?」

蘇芳「ぅ……うん」

銀「はい」

蘇芳「いいの?」

銀「うん」

蘇芳「じゃ、じゃあ…………」 クンクン

蘇芳「ふぁ…………(コレは……確かに……)」 クンクン

蘇芳「(くせになるっ……!)」 クンクン

蘇芳「銀……これは確かn」 クンk

銀「」 スーー…ハーー…スーー…ハーー…

蘇芳「」



490: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 16:47:57.00 ID:YK4RWIdn0

蘇芳「ま………………」

銀「」 スーー…ハーー…スーー…ハーー…

蘇芳「(まくらっ!?)」

銀「」 パタリ

蘇芳「!? 銀!?」

銀「ふにゅ…………」

蘇芳「まさか…………」



蘇芳「まくらは、気絶するほどいい匂いなのっ!?」



猫「(いや酸欠になっただけだろ)」

銀「」 キュゥ



492: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 16:52:19.01 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

黒「………………」

猫「………………」

黒「…………猫」

猫「なんだ?」

黒「どうして二人とも、俺の部屋で気絶してるんだ」

猫「二人とも変態だからさ」

黒「……そうか…………いやそれより」

猫「………………」



黒「どうしてお前は、二人の足首を舐めてたんだ?」



猫「俺が……紳士だからだ」

~~~~~

猫「」 チーン



493: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 16:53:16.50 ID:YK4RWIdn0

猫がどんどん変態に……



497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 18:04:04.40 ID:GMVaYMRC0

良心のジュライ



499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 19:00:38.18 ID:19De3AvU0

ジュライも変態の部類だろww



501: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 19:11:06.24 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「…………ヒマだね」

銀「うん」

蘇芳「…………最近昼は暑いし……」

銀「うん」

蘇芳「そのワンピース……涼しそうだね……」

銀「うん」

蘇芳「はー……久々にプールとか…………」

銀「プール」

蘇芳「それだぁー!!」

銀「」 ビクッ



502: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 19:25:03.12 ID:YK4RWIdn0

ドタドタドタドタ

蘇芳「黒ーーー!!」

黒「!?」

銀「プール」

黒「……なに?」

蘇芳「プール行きたい!」

黒「……どうしてだ」

蘇芳「暑いし、ヒマ!」

銀「プール」

蘇芳「プール!」

黒「………………」

猫「まあイイじゃねえか、黒。最近蘇芳と銀は、何かと頑張ってるみたいだしよ。その対価みたいなもんだと思えば」

黒「…………わかった………」

~~~~~



504:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 19:40:48.68 ID:rnRVhrfK0

プールプール!



505: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 19:44:50.92 ID:YK4RWIdn0

黒「………………」

蘇芳「ついた!」

銀「プール」

ジュライ「…………(水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着水着)」

黒「……ところで、水着は持ってるのか」

蘇芳「あ」

銀「持ってない」

ジュライ「( ° Д ° )」

黒「はぁ……買いに行くぞ」

銀「!」

蘇芳「ホントに!?」

黒「ああ……」

蘇芳「やったー!」

ジュライ「(`・ω・´)=3」

~~~~~



508: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 20:29:00.08 ID:YK4RWIdn0

~~水着購入後~~

蘇芳「ひゃっほー!」

銀「……つめたい」

蘇芳「黒とジュライも入りなよー! 気持ちーよー!」

ジュライ「(水着蘇芳蘇芳水着水着水着水着水着水着水着水着水着蘇芳水着水着蘇芳蘇芳蘇芳蘇芳水着水着蘇芳水着水着水着水着蘇芳水着水着)」

黒「……俺はいい」

蘇芳「ほらそんなこと言わないでさー……よいしょっ」

iUp8c


ジュライ「」 スタスタスタスタ

蘇芳「え? あれ? ジュライも入りなよー」

ジュライ「……トイレ」 ボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタボタ

蘇芳「」



510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 20:32:01.15 ID:qliaYpHW0

image898




513: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 20:50:29.83 ID:YK4RWIdn0

黒「………………」

銀「黒」

黒「…………どうした」

銀「……黒?」

黒「なんだ」

銀「こっち見て」

黒「…………」 クルッ

>>510

黒「なんで……アヒルなんだ」

銀「泳げないから……似合う?」

黒「なんでアヒルなんだ」

銀「似合う?」

黒「なんで、アヒルなn」

銀「似 合 う ?」

黒「………………あぁ、似合ってる」



514: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 20:52:11.48 ID:YK4RWIdn0

しまったこれひよこか?
銀ちゃんのことしか見てなかった上にテンション上がりすぎで視覚がヤバイ



517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 21:26:58.93 ID:s6RDX73t0

俺の白鳥もアップを始めました



519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/04(土) 22:01:15.94 ID:TBS67LSL0

>>517
スズメはお帰りください



520: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/04(土) 22:02:08.41 ID:YK4RWIdn0

~~~~~

蘇芳「はーっ、楽しかったー!」

銀「うん」

黒「そうか」

蘇芳「ジュライは気絶したまんまだけどね……」

ジュライ「」 チーン

~~夜~~

黒「蘇芳、銀」

銀「なに?」

黒「銀だけか、蘇芳は?」

銀「トイレ」

黒「そうか……なら、蘇芳が部屋に来たら呼んでくれ」

銀「わかった」



541: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 02:43:49.76 ID:0mneTpor0

蘇芳「黒ー。なにー?」 トタトタ

銀「」 トタトタ

黒「話がある。すこに座れ」

銀「うん」

蘇芳「はなし?」

黒「猫と話し合ったんだ……今のままでいいのかと」

蘇芳「………………」

黒「お前達は最近何かと頑張っている……だからこそ、今の生活のままでいいのか」

銀「………………」

黒「それにお前達も年頃の娘だ……つまり」

蘇芳「」 ゴクリ

銀「………………」

黒「風呂のある物件に引っ越すぞ」



543: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 02:56:44.22 ID:0mneTpor0

~~引っ越しました~~

銀「ひろい」

黒「一人ひとりの部屋もあるぞ」

蘇芳「こんないい物件、高かったでしょ?」

黒「いや……相場よりかなり安い」

銀「どうして?」

黒「ああ、蘇芳とジュライは知らないだろうが、この家は元々篠田千晶という女の実家だ」

猫「ここで篠田の両親が殺された事実は人々の記憶にはない。だが記憶はなくなっても、噂だけが残ることもある」

蘇芳「噂?」

黒「ああ」

猫「ここにはな……出るんだってよぉ~、篠田の殺された両親がぁ……枕元でぼそぼそっと何かをつぶやくんだってよぉ~」

蘇芳「………………」

銀「………………」

ジュライ「………………」

猫「…………つまらん奴らめ」



544: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 03:06:24.63 ID:0mneTpor0

蘇芳「合理的に考えて、幽霊なんかいるわけないでしょ。バカみたい……ねー? 銀、ジュライ」

銀「……うん」

ジュライ「………………」

蘇芳「? ジュライ?」

ジュライ「………………」

蘇芳「…………怖いの?」

ジュライ「こわくなひっ……!」

蘇芳「…………(噛んだ)」

黒「俺はリビングで寝る。部屋割りは三人で話して決めろ。丁度三部屋だしな」

銀「!」

蘇芳「え!? 黒、リビングで寝るの!?」

黒「不満か?」

蘇芳「や、そうじゃないんだけど……リビングじゃ、寒くない?」

黒「幸いこれから暑くなる……寒くなってからのことはこれから考えるさ」

蘇芳「そ、そっか……」



545: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 03:12:59.11 ID:0mneTpor0

蘇芳「(どうしよう……)」

銀「(このままじゃ……)」



蘇芳・銀「(夜中に、黒の部屋に忍び込めない!)」



猫「(またアホなこと考えてるな……)」

ジュライ「…………猫が嫌らしい顔してる」

~~~~~

黒「部屋割りが決まったら、荷物を片付けておけ。いいな」

蘇芳「あれ? どっか行くの?」

黒「ああ、小動物用の罠をな」

猫「!?」



549: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 07:17:53.27 ID:0mneTpor0

黒「一人ひとりの部屋を分けるのを異常に推してきたのはお前だからな……何か企みがあるんだらう?」

猫「そっ、んなコトは……」

黒「猫…………」

猫「………………」

黒「………………」

猫「…………はい」

蘇芳「黒、すごい!」



550: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 07:33:45.71 ID:0mneTpor0

~~~~~

黒「大体片付いたな……」

蘇芳「うん」

銀「うん」

ジュライ「……まだ……重いから」

黒「そうか、手伝うぞ」

ジュライ「うん」

銀「………………」

蘇芳「ん~……僕達は昼ご飯でも作ろっか」

銀「……うん」



551: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 07:51:05.11 ID:0mneTpor0

~~~~~

黒「本が多いな……」

ジュライ「うん……アルバムもある」

黒「アルバム?」

ジュライ「うん」

黒「そんなものあったのか……MI6の頃のか」

ジュライ「…………僕達が、出会ってからの……」

黒「…………そうか」

ジュライ「うん」

ヒラッ

黒「!……ジュライ、一枚落ちたぞ」

ジュライ「ぁっ……」

safDd


黒「………………」

ジュライ「…………」 プイッ



552: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 07:59:32.70 ID:0mneTpor0

黒「ジュライ……これは蘇芳か?」

ジュライ「………………」

黒「隠し撮りってわけじゃないだろうな……」

ジュライ「………………」

黒「……見せてみろ」 グイッ

ジュライ「………………」 グイ

黒「………………」 グイ

ジュライ「だめ」 グイ

黒「………………」

ジュライ「だめ」

黒「………………」バッ!

ジュライ「ぁっ……!」

黒「…………」 ペラッ



553: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 08:00:29.98 ID:0mneTpor0

29uoJ


jZ1gD


7RRYk




黒「」



562:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 10:57:05.45 ID:cw41VTIkO

>>553
キコの写ってるやつが記憶にないんだけど何話?



563: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 11:23:27.89 ID:RSjFioC20

>>562
コレ公式じゃないからpixivで拾った
蘇芳が風邪引いて倒れたのは9話



555: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 08:53:31.86 ID:0mneTpor0

黒「………………」

ジュライ「………………」

黒「……いつ、どこで撮った?」

ジュライ「……蘇芳が風邪引いたとき、このピンクの人のウチで」

黒「ああ……あの頃か……」

ジュライ「………………」

黒「…………コレは……無かったということで……」 パタン

ジュライ「…………うん」



556: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 09:02:07.68 ID:0mneTpor0

~~~~~

蘇芳「じゃーん! 今日はチャーハンでーす!」

ジュライ「美味しそう」

黒「そうだな」

蘇芳「えへへ……あ、猫にはひまわりの種買ってきたからねー」

猫「おう、ありがとよ」





カンケーないけどモモンガが可愛すぎたので貼って行く

doiOG




557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 09:06:49.35 ID:Dkhy0xX40

カンケーないけど超カワイー



565: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 12:03:17.48 ID:RSjFioC20

黒「腕を上げたな」 ナデナデ

蘇芳「そう? えへへ……」

猫「ま、黒の方が上手いがな」

蘇芳「うるさい! そんなコトわかってるよ!」 ベシッ

猫「いてッ! なにすんだ!」

蘇芳「余計なコト言うからでしょ!」 ペシペシ

猫「いてっ、いてっ!」

ジュライ「……早く」

蘇芳「え? あ、そうだね」

黒「…………銀はどこだ?」

蘇芳「あ、銀なr」

ガシャン!

黒「!!」



566: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 12:11:46.04 ID:RSjFioC20

黒「銀!!」

蘇芳「あ、待って! 今銀は……!」

黒「銀!!!」 ガチャッ!!


銀「黒……!?」

64jYB



黒「」

銀「…………黒……」

黒「」

銀「……おしおき」

黒「ぐぁっ!」 ビリビリビリ



567: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 12:19:07.44 ID:RSjFioC20

~~~~~

黒「………………」

銀「………………」 ツーン

黒「…………すまん」

銀「………………」 ツーン

黒「……銀…………わざとじゃないんだ」

銀「………………」 ツーン

黒「…………すいませんでした……」

銀「………………」 ツーン



猫「黒の土下座なんて初めてみたぜ」

ジュライ「………………」

蘇芳「自業自得~」 プンプン



569: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 13:05:48.31 ID:RSjFioC20

~~~~~

黒「………………猫」

猫「なんだ?」

黒「銀が許してくれない……」

猫「……ま、精々ご機嫌取りでもしてるんだな」

黒「ご機嫌取り…………」

~~~~~

黒「銀」

~~~~~

黒「銀」

~~~~~

黒「銀」

~~~~~



571: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 13:22:54.52 ID:RSjFioC20

黒「………………」zzz

猫「ついに諦めて不貞寝しやがった」 プラーン

蘇芳「………………」

猫「なにお前もふて腐れてるんだ」 プラーン

蘇芳「別に~」

ジュライ「………………」

猫「なんかジュライも俺の尻尾掴んだまま離さないしよ」 プラーン

蘇芳「……ふん」


銀「………………」



573: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 13:30:28.09 ID:RSjFioC20

~~~~~

黒「………………」

黒「……2時か……早く寝過ぎたな」

黒「………………はぁ……」

黒「………………」 ゴロン

ガチャッ

黒「…………?」

銀「黒…………起きてる?」

黒「……あぁ…………」

銀「………………」

黒「……どうした……眠れないのか?」

銀「うん……布団……はいっていい?」

黒「…………あぁ……」

銀「………………」



574: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 13:34:10.80 ID:RSjFioC20

銀「………………」

黒「………………」

銀「黒……」

黒「……なんだ?」

銀「…………」

黒「………………?」

銀「くっついていい?」

黒「………………」

銀「………………」

黒「あぁ……」




蘇芳「………………」



577: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 14:10:23.97 ID:RSjFioC20

黒「………………」

銀「…………黒……」

黒「なんだ?」

銀「ごめんなさい……」

黒「?」

銀「ホントは……そんなに怒ってなかった…………黒が困ってるのが…………可愛くて……」

黒「そうか……」

銀「…………怒ってる?」

黒「怒ってない……悪いのは俺だ」

銀「…………黒……こっち見て」

黒「…………」 クルッ

銀「抱き締めて……」

黒「あぁ…………」

STcjl




578: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 14:14:31.09 ID:RSjFioC20

銀「黒…………」

黒「銀…………」



蘇芳「待ったーーーー!!」



黒「」 ビクッ

銀「」 チッ



588: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 16:39:31.77 ID:RSjFioC20

蘇芳「なにやってnモガモゴ」

黒「お前こそ、今何時だと思ってる……!」

蘇芳「フゴー!!フゴー!!」

銀「………………」

黒「……静かにしろ」

蘇芳「」 コクコク

黒「離すぞ……」 パッ

蘇芳「ぷはっ……はぁ……」

銀「……なにしにきたの」

蘇芳「えっと……ふ、二人がエッチなコトしてるから……!」

銀「……まだしてない」

蘇芳「……まだ?」

銀「」 プイッ

蘇芳「ダメなの……! この家には僕もジュライもいるんだから……!」

銀「………………」



590: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 16:49:37.44 ID:RSjFioC20

銀「じゃあここじゃなければいい」

蘇芳「そういうコトじゃなーい……!」

銀「じゃあ、どういうコトなの」

蘇芳「! そ、それは……」

銀「私は…………」 ギュ

黒「お、おい……」

蘇芳「…………!」



銀「私は、黒が好き」



蘇芳「僕だって、黒のコト好きだもん!」



591: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 16:53:44.86 ID:RSjFioC20

黒「…………!」

銀「…………」

蘇芳「ぁっ………………!」 ダッ

黒「蘇芳…………!?」

銀「黒」 ギュ

黒「銀……!」

銀「ここにいて」

黒「蘇芳は……」

銀「私が連れて来る。だから、黒はここにいて」

黒「だが……」

銀「黒、お願い」

黒「…………わかった」



592: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 17:06:29.98 ID:RSjFioC20

~~~~~

ザァーーーーーー…

蘇芳「…………雨……」

蘇芳「黒…………」

蘇芳「…………黒……どうして……」

蘇芳「…………黒のあんな顔……見たくなかった……」

蘇芳「僕じゃ…………ダメなの…………?」

蘇芳「黒…………黒…………」

蘇芳「………………」 グスッ



597: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 18:11:00.51 ID:RSjFioC20

銀「…………蘇芳」

蘇芳「………………」

銀「………………」

蘇芳「………………」

銀「蘇芳は、卑怯」

蘇芳「っ……なにがだよ! 僕のなにが卑怯だって言うんだ!」

銀「蘇芳は、自分から黒に好きって言ったコトがない」

蘇芳「うるさい! 銀にはわかんないよ! 僕は怖いんだ! 嫌われるのが怖い! さっきだって黒に! 黒に……!」

銀「怖かった……!」

蘇芳「!?」

銀「私も怖かった……! 黒に嫌だって言われたら……許さないって言われたら……嫌われたら……怖い……!」

蘇芳「………………」



602: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:04:41.25 ID:RSjFioC20

>>599訂正

銀「でも、私は黒に言った。好きだって、本気で」

蘇芳「………………」

銀「蘇芳は……黒のコト」

蘇芳「……好きだよ」

銀「なら言って。黒に、自分で」

蘇芳「………………」

銀「………………」

蘇芳「…………うん……」

~~~~~



603: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:11:33.00 ID:RSjFioC20

蘇芳「ただいま……」

猫「お、戻ったか」

蘇芳「猫? 起きてたの?」

黒「……あれだけ騒いだら起きるだろう」

銀「ただいま」

蘇芳「…………ただいま……」

黒「ああ……おかえり」

蘇芳「………………」

銀「…………蘇芳」

蘇芳「うん……」



605: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:19:17.47 ID:RSjFioC20

黒「?」

蘇芳「黒…………話があるから……ちょっと来て」

黒「……わかった」

~~~~~

蘇芳「………………」

黒「………………」

蘇芳「………………」

黒「………………」

蘇芳「……黒……僕…………初めは、黒のコト……嫌いだった」

黒「………………」

蘇芳「黒は無愛想だし……今は違うけどアル中だったし……銀ばっかり見てる……」

黒「………………」



608: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:36:43.63 ID:RSjFioC20

蘇芳「でも優しくて……強くて……温かい……」

黒「………………」

蘇芳「僕…………僕は……紫苑が作ったコピーかもしれないけど!」

黒「………………」



蘇芳「僕、黒のコトが好きだ! 銀にも負けないぐらい! 黒が僕は僕だって言ってくれた時から……ずっと好きだった!」



黒「蘇芳」

蘇芳「っ!」

黒「蘇芳…………俺は、お前に応えられないかもしれない……蘇芳……それでも……」

蘇芳「うん……好きだよ……」 ギュ

黒「そうか…………」



609: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:43:43.49 ID:RSjFioC20

蘇芳「黒…………黒…………」

黒「蘇芳……前にも言ったが……お前がなんだろうと関係ない……俺が知っているお前は、お前しかいないんだからな……蘇芳……」

蘇芳「黒…………」 ギュ

黒「二度と自分を……コピーなんて言うな」

蘇芳「黒っ……!」 ギュウッ…!

黒「………………」



銀「黒」



黒「銀…………」

蘇芳「銀!?」



610: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:49:24.60 ID:RSjFioC20

蘇芳「銀……僕、言ったよ」

銀「うん……コレで」

蘇芳「…………」

銀「蘇芳は、私のライバル」

蘇芳「!」

銀「負けない」 ギュ

蘇芳「僕だって……負けない!」 ギュ



黒「(当事者なのに、蚊帳の外……?)」

蘇芳・銀「」 ギューーー



612: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 19:58:22.23 ID:RSjFioC20

~~~~~

蘇芳「あ、そこはもうちょっと細かく」

銀「こう?」

蘇芳「うん……あ、目玉焼き焼けたかな」

銀「私は硬い方が好き」

蘇芳「えー? 半熟の方が美味しいよ」

銀「そんなコトない」

蘇芳「じゃあ、醤油?ソース?」

銀「ソース」

蘇芳「あ、そこは一緒か」

ジュライ「僕はマヨネーズ、半熟」

蘇芳「マヨネーズ!? 初めて聞いた」

銀「そう?」

ジュライ「美味しいよ」



613: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 20:14:08.13 ID:RSjFioC20

猫「……前より仲良くなってないか?」

黒「……そうかもな」

猫「全く、モテる男は辛いもんだな、黒」

黒「………………」

猫「ま、精々悩んで決めるんだな」

黒「…………そうだな」



銀「黒」

蘇芳「ご飯できたよ!」






ジュライ「空気…………」



614: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 20:15:05.19 ID:RSjFioC20

おわり


なんか後日談的希望あれば書くかも



620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 20:39:35.87 ID:aJIk8OGz0

>>614
ババア忘れないでババア!!



616: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/05(日) 20:24:03.39 ID:5sTZEGUPO

おつ



617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 20:24:42.60 ID:omzhELlqO


よく完結した



621:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 20:40:34.39 ID:9z6eaQZn0

おつです



622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 20:43:26.65 ID:HlH/Kk3F0

乙!
余力あれば蘇芳がジュライのアルバム発見するの巻を是非



627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 22:02:39.43 ID:AG+j7gR60

次は三十路に近い未咲ちゃんの出番です



628: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 22:27:21.04 ID:RSjFioC20

>>620>>627ババア書く

~~~~~

ジュライ「………………」

霧原「あの……李君は……」

大塚「ていうか、この子ってMI6の……」

霧原「ジュライ君よ……」

ジュライ「………………」

大塚「なんでこの子黙ってるんですか……」

霧原「知らないわよ……あの、ジュライ君、李君は?」

ジュライ「…………」

大塚「この子、こんな街中で独りなんて、やっぱり迷子なんじゃ……」

霧原「この子はドールだから、迷子になるはずは……」

ジュライ「あ、そうだ……」

霧原「え?」

ジュライ「観測霊使えばいいんだ……」



631: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 22:50:03.31 ID:RSjFioC20

霧原「………………」

大塚「………………」

ジュライ「ありがとう、ミサキ」 スタスタ

霧原「え? あ、ちょっとジュライ君!」

ジュライ「?」

霧原「一人でここまで来たの?」

ジュライ「黒と蘇芳と銀と来た」

大塚「で、逸れたの?」

ジュライ「………………」 プイッ

大塚「…………反抗期? ドールなのに……」

霧原「最近はドールも自分の感情を出す個体が少なくないとは聞いていたけど……」

ジュライ「じゃあ、さよならミサキ、まゆまゆ」 スタスタ

霧原「あっ………………まゆまゆ?」

大塚「えっ」



632: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 22:51:03.27 ID:RSjFioC20

霧原「………………まゆまゆって、なに?」

大塚「え? あ、あだ名みたいなものですよ、課長、あはは……」

霧原「………………4697」

大塚「635……あっ!」

霧原「私のパソコンの履歴に変なものが昔残ってたから見てみたんだけど……そのサイトの管理人の名前が……まゆまゆ」

大塚「……さ、さすが……」

霧原「大塚…………」

大塚「や、やめてくださいっ! そんな蔑みの目で私を見ないでっ!」



637: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 23:24:12.46 ID:RSjFioC20

霧原「………………」

大塚「あっ、あの子、見失っちゃいましたよ!」

霧原「あ、そういえば……」

大塚「いいんですか? せっかくBK201……李君でしたっけ?に会えるチャンスだったのに」

霧原「まあ、いいわ……きっといずれ……ね……」

大塚「そんなコトだから行き遅れるんですよー」

霧原「なっ……大塚!!」

大塚「やばっ……!」 ダッ

霧原「あ、大塚!? ……はぁ……」



638: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/05(日) 23:26:32.81 ID:RSjFioC20

行き遅れるのババアと腐女子編おわり
次は>>622書くかも



644: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:15:40.04 ID:cs+zyJQQ0

どうせなら>>1000まで行きたい
というわけで>>622



645: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:27:12.45 ID:cs+zyJQQ0

ジュライ「蘇芳?」

蘇芳「あ、ジュライ」

ジュライ「どうして、僕の部屋に」

蘇芳「ゴミを捨てておこうと思ってね」

ジュライ「……僕がやっておくから、他の部屋に……」

蘇芳「もうジュライの部屋で最後だから、
別にイイよ」

ジュライ「じゃあ、僕がゴミまとめて捨てるから……」

蘇芳「え? イイよ別に」

ジュライ「じゃあ…………」

蘇芳「あれ、これなに?」 ヒョイ

ジュライ「蘇芳!」

蘇芳「え!?」 ビクッ

ジュライ「………………こっちに来て」

蘇芳「な、なに?」

ジュライ「それを置いて……こっちに来て」



647: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:35:05.29 ID:cs+zyJQQ0

蘇芳「な、なんで?」

ジュライ「お願い、蘇芳」

蘇芳「わ、わかったよ……」

ジュライ「」 ホッ

蘇芳「と見せかけてっ!」 バッ

ジュライ「!」 ダンッ!

蘇芳「!? ジュライ!?」

ガッシャーン!

蘇芳「いったぁ~……ジュライ、だいじょうb」

ジュライ「」ダダダダダダダダダ

蘇芳「もー……なんだったんだよ~…………ん?」



648: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:41:02.80 ID:cs+zyJQQ0

~~~~~

ジュライ「一枚……無い……」

ジュライ「さっき……蘇芳から無理矢理奪った時に……」

ジュライ「……………………」

ジュライ「嫌われる…………」

蘇芳「ジュライ!」

ジュライ「!!」

蘇芳「これなに!?」

ジュライ「(終わった)」



蘇芳「すごいねジュライ! こんな写真いつ撮ったの?」



ジュライ「…………え」



649: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:49:41.38 ID:cs+zyJQQ0

蘇芳「ほら!」

QJlg7


ジュライ「これは…………」

ジュライ「(前に、衝動的に撮ったやつ……忘れてた)」

蘇芳「いつか覚えてないけど、こんなの撮れるなんて、ジュライも写真好きなんだね!」

ジュライ「うん……」

蘇芳「じゃあ、今度一緒に写真撮りにいこうよ! ね!」

ジュライ「うん……!」



黒「(蘇芳が掃除する前に回収しておいて良かった……)」



651: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:52:29.23 ID:cs+zyJQQ0

ジュライのアルバム回収編
黒さんが回収したのはジュライが奪還したやつ以外で
もっとヤバイやつです



652: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 00:56:11.77 ID:cs+zyJQQ0

1:30から2:00頃にまた来る
白かイチャイチャかはまだ考えてない



653: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/06(月) 01:00:14.62 ID:e2vo1JsS0

ワッフルワッフル



657: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 01:42:37.68 ID:cs+zyJQQ0

いくお



658: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 01:46:53.64 ID:cs+zyJQQ0

銀「………………」 ガチャ

黒「………………」zzz

銀「…………黒」

黒「…………」zzz

銀「…………」 モゾモゾ

黒「………………」zzz

銀「黒…………」 ギュ

黒「………………」zzz

銀「ん…………」 スリスリ

黒「………………」

銀「…………ん」 チュ

黒「………………」

銀「…………」 チュ、チュ

黒「………………」



659: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 01:51:19.61 ID:cs+zyJQQ0

銀「ん…………」 ギュゥ

黒「………………」

銀「黒………………」 スッ…

黒「…………」

銀「おやすみ……」 チュ

黒「………………」

銀「………………」 ガチャ、パタン…

黒「………………」

黒「(首……跡残らないとイイが……)」



660: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 02:00:45.01 ID:cs+zyJQQ0

~~~~~

銀「黒、肩もむ?」

黒「……別に凝ってないg」

銀「もんであげる」

黒「……ああ、頼む」

銀「ん……」 モミモミ

黒「………………」

銀「ん……気持ちいい?」 モミモミ

黒「ん……いいぞ」

銀「…………黒」 モミモミ

黒「なんだ?」


銀「首、跡残らなくて良かった……」 チュ…


黒「!!」



662: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 02:08:23.01 ID:cs+zyJQQ0

蘇芳「あーーー!」

銀「!!」 ビクッ

蘇芳「銀! 今黒になんかしたでしょ!!」

銀「……もんでただけ」

蘇芳「な、なにを!?」

銀「肩」

蘇芳「え、あ、あぁ……そうなの?」

黒「…………あぁ……」

蘇芳「………………」 ジー

黒「………………」

ジュライ「…………蘇芳」

蘇芳「あ、ジュライ。なに?」

ジュライ「おなかすいた」

蘇芳「あ、そうだね。そろそろご飯にしよっか。銀、手伝って」

銀「うん」



663: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 02:13:53.76 ID:cs+zyJQQ0

イチャイチャというか銀の小悪魔化が進行中みたいな

寝る
残ってたらまた書く
できれば>>1000行きたい!

Lx3Me




HBTH2


hFPMf (1)




669:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 04:47:39.35 ID:E71kCDHY0





670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 05:35:14.00 ID:fefAi/e20





671: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/06(月) 07:08:23.57 ID:e2vo1JsS0





672: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 07:17:03.04 ID:cs+zyJQQ0

ぱゔりちぇんこー
あと一時間半ぐらいしたらまた来る

gZArp




674: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/06(月) 08:18:11.60 ID:2r6HJBkO0





676: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 09:10:23.47 ID:cs+zyJQQ0

………………

『どうしたの?』

いや……いいんだ
やらなければお前がやられていた

『どうして……どうしてそんなこというの?』

『……わたしね、怖いの……』

『だからね……たくさん、たくさん星を流すよ』

『今までも……これからも……』

『………………きっと、いつか一人になると思う』

………………?

『でもきっと、あの人が導いてくれる……だから…………あの人のコト信じてあげて……』

なんのことだ……?

『もう……わたしのために頑張るコト無いんだよ』

お前は…………

『幸せにね…… 』



677: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 09:18:13.07 ID:cs+zyJQQ0

黒「………………」

銀「……黒?」

黒「………………」

蘇芳「黒、どうしたの? せっかくのお出かけにボーっとして」

黒「いや…………銀……蘇芳」

銀「?」

蘇芳「なに?」

黒「…………これからも……よろしく」

pKkMV


銀「………………」

蘇芳「……い……言われなくっても、僕達ずっといs」

銀「傍にいる、黒の傍に」

蘇芳「……っもー! 僕のセリフにかぶせんなー! いいこと言おうとしたのに!」

銀「」 プイッ


黒「…………ふっ……」



678: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 09:23:03.49 ID:cs+zyJQQ0

白さんの出番1レスしかねえ
死者を蘇らせる契約者とかいねえかな
次はだーれだ



687:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 14:03:51.14 ID:9tcohcPc0


猫主役で何か書いておくれ



688: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 14:17:23.38 ID:N6rXvMb60

蘇芳「………………」

銀「………………」

蘇芳「………………」

銀「………………」

蘇芳「ふっ…………あはっ、あはははははははは!」

銀「また私の勝ち」

蘇芳「ていうかズルいよ! にらめっこなのに表情一つ変えないなんて!」

銀「そんなコト無い」

蘇芳「ずーるーいーよー!」

ジュライ「蘇芳、どうしたの」

蘇芳「あ、ジュラ……そうだ!」

~~~~~



690: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 14:58:09.28 ID:N6rXvMb60

猫「……さっきから、なにやってんだ?」

銀「………………」

ジュライ「…………にらめっこ」

猫「いや、お前らじゃあ終わらんだろうが……」

ジュライ「僕が勝つ」

銀「………………」

黒「銀…………」 ボソボソ

銀「………………」 コク

ジュライ「?」

銀「http://i.imgur.com/ZYAxQ.jpg

猫「……降参ってことか?」

蘇芳「や、やったよジュライ!」

ジュライ「………………」


ジュライ「(負けた気分……)」



691: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 14:59:13.36 ID:N6rXvMb60

SoftBank電波途切れやすすぎだよ
次は猫さん
1時間ぐらいしたらまた来る



693: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 15:33:03.96 ID:N6rXvMb60

猫「………………」

黒「………………」

猫「…………黒」

黒「なんだ」

猫「まさか本当に…………罠を仕掛けているとは思わなかったぜ……」

黒「だろうな」

猫「だが待ってくれ。俺は別に疚しい気持ちで蘇芳の部屋に行こうとしてたわけじゃない」

黒「………………」

猫「ただちょっと足首を見に行こうとしていただけd」

~~~~~

猫「」 チーン



694: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 15:40:48.23 ID:N6rXvMb60

猫「くそぅ……黒のヤツ……」

蘇芳「」 キャッキャ

猫「眼の前にこんなに素晴らしい足首があるってのに……」

蘇芳「」 アハハハハハ

猫「(なにもせずに黙っていろだなんてっ……!)」

蘇芳「」 エヘヘヘヘヘ

猫「(まだ幼さの残る顔立ち……)」

蘇芳「」 ネーヘイー

猫「(発展途上の肢体……)」

蘇芳「」 インー!?

猫「そしてそれらと艶やかな足首とのコントラスト!」 グッ!



695: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 15:47:16.85 ID:N6rXvMb60

猫「どうして……どうしてなんだ、黒!」

猫「俺はただ、この溢れ出リビドーを無理矢理ぶつけようってわけじゃない!」

猫「ただ……ただ……っ!」

猫「ペロペロしたいだけなんだぁーーー!!」

~~~~~

ジュライ「………………」

猫「………………」

ジュライ「なにか言うことは?」

猫「じ、ジュライ……お前、本気で怒ると……恐ろしいな…………」

ジュライ「」 ブンブンブンブン

猫「や、やめろジュライ! 振り回すなああああああああ!!」 グルングルングルングルン

ジュライ「なにか言うことは?」

猫「ハー……ハー……」



700: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 16:45:41.79 ID:N6rXvMb60

猫「………………ふふ……」

ジュライ「…………?」

猫「ジュライ……どうして怒っているんだ?」

ジュライ「それは……」

猫「お前は蘇芳のコトが好きだろう?……ならば……」

ジュライ「………………」

猫「俺に協力しろ……そうすれば、新しい世界を見せてやr」

ジュライ「あ」

黒「………………」

猫「」

~~~~~

猫「」 チーン



701: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 16:48:49.92 ID:N6rXvMb60

猫さんの変態っぷりに拍車が掛かってる

次なに書こうか募集中



702:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:11:51.38 ID:hlirnQWd0

黄でなんかお願いします



708: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 18:11:16.25 ID:N6rXvMb60

>>702



710: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 18:34:31.49 ID:N6rXvMb60

『黒』

黒『なんだ?』

『おめー、なんで銀を助けた。ただのドールだろうが。いくらでも、替えはきくんだぜ』

黒『………………』

『……へっ……わかんねえってか? 合理的にしか物事を考えられない化物の答えとしちゃあ、些かおかしいんじゃねえのか?』

黒『…………そうかもな』

『……じゃあよ、なんであの嬢ちゃんを助けたんだ? おめーが憎んで止まない契約者……しかも生まれた時からの純正品が作り出した、コピーだぜ?』

黒『…………俺が知っているのは、あいつだけだ……コピーがどうとか、契約者がどうとか……そんなものは関係ない』

『ほう……でもよ、あの嬢ちゃん自身も、契約者になっちまってるじゃねえかよ』

黒『あいつはもう二度と、私利私欲のために、対価を支払うことはない』

『なんで言い切れる? おめーも言ってただろうが。契約者ってのは、嘘吐きなんだぜ』

黒『それでも……俺はあいつを信じる』

『…………そうかい……』

黒『ああ…………』



711: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 18:40:46.79 ID:N6rXvMb60

『……へっ、最期に別れた時より、よっぽど人間らしくなりやがって……忌々しいヤツだな……まったくよ』

黒『………………』

『じゃあ最後に聞くがよ…………おめー、今の生活をどう思ってんだ? ……猫は変態街道驀進中だし、銀と嬢ちゃんはよくわかんねーし、もう一人のガキは反抗期だし……そんな今の生活を、どう思ってんだ』

黒『…………そうだな……』

『………………』


黒『…………楽しいに、決まってる』


『…………そうかい……』

黒『………………』

『まったく……おめーらの近況報告聞くなんて……俺も丸くなっちまったもんだぜ』

黒『………………』

『あばよ、黒。いつか地獄で会えるのを楽しみにしてるぜ……ま、そんときゃ一杯引っ掛けようや』

黒『あぁ…………じゃあな』

『………………おう』

Az70k




712: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 18:42:18.62 ID:N6rXvMb60

黄さんかっけえええええ!
ってなる一期最終話
漢気溢れる最期は、見事な散り様でした



714: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 19:04:14.61 ID:N6rXvMb60

できるだけ多くレスが稼げそうなものを
そうすれば>>1000なんてあっという間だ
DTBスレが>>1000まで行くところを見たいんだ!



716:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:07:05.97 ID:bLMLhPP30

あえての11さんを是非!



720: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 19:13:48.36 ID:N6rXvMb60

>>716で回想編みたいな



727: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 20:45:38.17 ID:N6rXvMb60

~~~~~

11「……ぶぇっふ! げふぉっ! ぁ~……」

04「ほーんと、難儀ーな対価よね~……ごっきゅごっきゅごっきゅ……ぷぁは~」

11「ったく……エイプリル、それくれ」

04「だーめ。あたしの対価なんだから」

11「はぁ……羨ましいよまったく……」

ジュライ「ノーベンバー」

11「ジュライか、どうした」

ジュライ「………………」 スッ

11「おっ、灰皿か、気が利くなぁ。ありがとう」

04「……ドールでも、成長することなんてあるのかしら」

11「ま、ドールだって、ゲートが出現する前はただの人間だったんだ。十分あり得ることさ」

ジュライ「………………」

04「そういえば……ジュライってなかなかの美少年よね~」

11「ん? まあそうだな」



728: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 20:47:05.86 ID:N6rXvMb60

04「……ちょっとジュライ、服買いにいこうか」

11「おいおい……いつ次の任務がくるかわからないんだぞ? エージェントとしての自覚をもっともて」

04「大丈夫よ。それにもし来たとしても、ノーベンバーがなんとかしてくれるでしょ?」

11「お前なぁ……」

04「ね、ジュライ。服、買いにいこうか」

ジュライ「…………ノーベンバー……」

11「…………っはぁ~……行って来い。ただし、ほどほどにして帰って来るんだぞ」

ジュライ「わかった」

04「はいはい」



729: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 20:47:57.17 ID:N6rXvMb60

~~~~~

11「ずいぶんと……たくさん買ったな」

04「お金は有り余ってるもの。いくらでも買えるわ」

ジュライ「………………」

11「それにジュライにこんな少女趣味の服なんか着せて……可哀想だろ」

04「そう? 可愛いわよ? 」

ジュライ「…………重い…………」

~~~~~

蘇芳「あれ? ジュライ、この服なに?」

ジュライ「………………思い出」



730: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 20:48:53.01 ID:N6rXvMb60

ジュライは女装趣味じゃ無いんです
ただ仲間想いなだけなんです



732: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:28:09.51 ID:N6rXvMb60

霧原「あ、李君!」

黒「…………またお前か……」

霧原「なっ……その言い方は無いんじゃない?」

黒「俺にこだわって何になる……いい加減付きまとうのはやめろ」

霧原「………………」

黒「…………?」

霧原「……じゃあ……今日だけ! 今日だけ付き合って!」

黒「……俺にメリットが無い……他を当たれ」

霧原「望遠鏡!」

黒「…………」

霧原「望遠鏡……買ってあげるわ。どう?」



733: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:28:57.86 ID:N6rXvMb60

黒「…………今日付き合えば、付きまとうのは辞めるんだな?」

霧原「ええ、約束するわ」

黒「いいだろう……」

霧原「!(やったっ………………!)」

黒「……で、どこに行くんだ」

霧原「あ、えっと…………」

~~~~~

黒「」 モグモグガツガツズルズルモグモグガツガツゴクン

霧原「………………」



734: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:29:31.33 ID:N6rXvMb60

黒「?……なんだ」

霧原「いえ……ホントによく食べるのね……」

黒「……普段ならもっと多い」

霧原「え、コレより? ていうか、遠慮しなくても……」

黒「…………今日はお前に付き合う約束だからな」

霧原「ぁ…………そ、そっか。うん……」

黒「?……ごちそうさま」

霧原「あ……じゃあ次は……」

~~~~~



735: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:30:06.39 ID:N6rXvMb60

霧原「う~……」

黒「………………」

霧原「どれがいいかしら……ね、李君」

黒「眼鏡なんてどれも同じにしか見えん……」

霧原「ダメよ、変な眼鏡かけていくと、マダム・オレイユにバカにされるから」

黒「いまのじゃあダメなのか……」

霧原「今かけてるのはスペアのやつで、本当は度が合ってないの。でもこの前買ったヤツは壊しちゃって……」

黒「……まだ、契約者を追ってるのか」

霧原「そうね。まあ、警官ではないけれど」

黒「そうか……」



736: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:30:59.04 ID:N6rXvMb60

霧原「あ、これなんてどうかしら」

黒「………………」

霧原「?……どう?」

黒「それもいいが、俺はコッチのほうがいい……」 スッ

霧原「ぁっ……じっ、自分で……」

黒「……どうだ?」

霧原「……え? ああ、そうね。コッチのほうがいいかも」

黒「ああ……」

霧原「ぁ……あの、じゃあ、買ってくるね!」

黒「………………」

~~~~~



737: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:31:35.79 ID:N6rXvMb60

霧原「………………」

黒「……フッ……!」 バコーン

ぺれれぺっぺぺー!ホームラン!

黒「ふぅ…………」

霧原「す、すごいわね……20球連続……」

黒「弾丸より早く動ける契約者もいる……この程度を見切れなければ、とっくに死んでいる……」

霧原「なるほど……」

黒「…………フンッ」

ぺれれぺっぺぺー!ホームラン!

霧原「(それにしてもやっぱり……)」

黒「………………」



740: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:39:13.09 ID:N6rXvMb60

霧原「かっこいい……」 ボソ

黒「ぶはっ!」 スカッ

霧原「え!? あ、あれ!? 私、なにを……!?」

黒「………………はぁ……」

霧原「ぅぁ……う~……」

~~~~~

霧原「こ、ここに来るのも……久しぶりね」

黒「そうだな……」



741: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:39:54.67 ID:N6rXvMb60

霧原「ね、前もここに来た時、なにを話したか憶えてる?」

黒「…………あまり、憶えてないな」

霧原「私は憶えてるわ……あの時は周りが信じれなくなって……だから、なにを信じればいいのか分からなくて……」

黒「………………」

霧原「でも、李君が……自分の直感を信じろって言ってくれて…………アレがなければ、今の私はなかったかもしれない」

黒「………………」

霧原「ありがとう、李君……今まで頑張ってこれたのは、貴方のおかげよ」 ギュ

黒「………………」 スッ

霧原「ぇ……ぁっ…………」

黒「………………」

霧原「(そういえば、キス……初めt)」



742: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:42:20.74 ID:N6rXvMb60

pipipipipipipipi

霧原「………………」

霧原「ぇ……夢……?」

霧原「………………」

霧原「っ……はぁ~~~……」 ガックリ

霧原「……この歳にもなって…………」

霧原「ぁああ~~~~~~!!」 ゴロゴロゴロゴロ



743: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 21:42:52.25 ID:N6rXvMb60

妄想乙



744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:47:40.98 ID:FjaJhWbo0

いいねいいねー



745:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 22:14:15.34 ID:bOJkTGraO

これは鬱になるwwwwww

そろそろバーガーさん、もといゴランの出番をだな……



746: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 22:21:09.85 ID:N6rXvMb60

>>745
ゴランでなに書けって言うんだwww



751:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 23:01:14.32 ID:OZv8PCfb0

ボケっと見てたけど雨で蜂の巣とかどういう原理なの



753: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:11:33.47 ID:N6rXvMb60

>>751
物体の面積が小さくて力が大きいほど圧力も大きくなる
ゴランのスピードが弾丸以上の速度ってことはマッハを超えてるわけだから
相対的な速度として雨粒はマッハでゴランにぶつかる
雨粒の大きさと質量から、多分人体に穴をぶち抜く程度は余裕
実際雨粒がマッハで落ちて来たら地上の生物は全滅する



754:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 23:13:31.26 ID:OZv8PCfb0

>>753

なるほど、納得した



758: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:17:00.06 ID:N6rXvMb60

銀「これは?」

蘇芳「うん、シンプルでイイかも……でもコッチのほうが僕は好きだな」

銀「…………」

蘇芳「銀は今までシンプルなワンピースとゴスロリ見たいな服しかほとんどきてないでしょ? 新しいタイプもためしてみれば?」

銀「……うん」

蘇芳「よし、じゃあ行こっか」

銀「うん」

~~~~~

蘇芳「うーん……コッチのフリフリしたのは?」

銀「試してみる」

蘇芳「うん、試着室はこっちだよ」

銀「うん」



759:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 23:20:05.62 ID:oNSU1Exd0

そうだっけなら無理だな
しかしエイプリルは一人ではどうやって戦うのか水で窒息死とかか?



761: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:24:22.03 ID:N6rXvMb60

>>759
なんか気流も操れるっぽいけどどうなんだろ
天候操作だからものすごいスコールとかで足止めして
やっぱ窒息させんのかなぁ



760: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:22:19.38 ID:N6rXvMb60

銀「」 ゴソゴソ

蘇芳「…………」

銀「……………?」

蘇芳「きれた?」

銀「ここ……どうするのかわからない」

蘇芳「え? どこ? 入るよ?」

銀「うん」

蘇芳「あーっとコレは……あ、ここ、こうやってベルトみたいに穴に通して巻くんじゃないかな」

銀「なるほど」

蘇芳「うん、可愛いよ!」

銀「ありがとう……蘇芳は?」

蘇芳「ん? あ、じゃあ、僕のも見てもらっていい?」

銀「うん」



763: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:30:39.63 ID:N6rXvMb60

蘇芳「うーん……コレは違うし……」

銀「これ」

蘇芳「ん? え、こんなの似合うかなぁ~」

銀「大丈夫」

蘇芳「ん~、まあ試着するのはタダだし……」

銀「……………」

蘇芳「んしょっ……あれ、太ったかも……」

銀「そう?」

蘇芳「んー、前はこのサイズで良かったんだけど……あ、ここ開けるのか」

銀「大丈夫?」

蘇芳「うん大丈夫~……よしっ、どう?」

銀「可愛い」

蘇芳「そう? えへへ、こういうのあんまりきないけど、たまにはイイかもね」

銀「うん」



764: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:37:00.42 ID:N6rXvMb60

~~~~~

蘇芳「ただいまー」

銀「ただいま」

猫「おう。どこに行ってたんだ?」

蘇芳「ちょっと服見てきたー」

猫「へえ、いいのあったか?」

銀「うん」

蘇芳「気に入ったのを二着ずつ買ってきたんだー」

猫「へえ、どんなのだ?」

蘇芳「えっと僕は……ロングスカートのヤツと、いつものホットパンツのヤツ、どっちも上下セットだったし、そんなに高くなかったから」

銀「私はフリフリとワンピース」

猫「ほお、今度見せてほしいもんだな」

銀「ダメ」

蘇芳「えへへ……黒に見せるために買ってきたんだから、猫が先に見たら意味ないでしょ?」

猫「そりゃ残念だな」



765: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:40:07.54 ID:N6rXvMb60

蘇芳「ま、今度見せてあげないこともないかな」

ジュライ「僕にも……」

蘇芳「ん? もちろん、ジュライにも見せてあげるよー」

銀「黒、ただいま」

黒「ああ……どこに行ってたんだ?」

蘇芳「えへへ~……ナイショっ!」

銀「ナイショ」

黒「?」



猫「(ま、黒は護衛でつけてたから、全部知ってるけどな)」



766: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:40:55.77 ID:N6rXvMb60

なんか日常かきたくて
あんまりうまく書けない
DTBは難しい



767:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 23:41:59.73 ID:CS9cWrsD0

>>766
登場人物のほとんどが死ぬアニメだから
仕方ないじゃない、頑張れ



768: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/06(月) 23:46:26.17 ID:N6rXvMb60

とりあえず画像貼る
お題プリーズ

52GKB
ht9SZ
fzrZA



770:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 00:12:18.17 ID:OeRz2CZM0

そろそろ夏だし・・・・
浴衣夏祭りとか?



772:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 00:17:06.93 ID:G3Kj40ZOO

学パロとか何か季節のイベント(正月、バレンタインとか…)
キボン



776:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 00:27:57.63 ID:vLBphOfM0

ジュライが蘇芳のパンツクンカクンカするシーンまだー?



779:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 00:47:04.88 ID:mOwpPIIj0

寝てる間に霧原さんルートが・・・
やっぱかわええわ



784: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:06:07.23 ID:xXwm4rYG0

ジュライ「……………」

ジュライ「どうしよう……」

ジュライ「……………」

~~~~~

ジュライ『黒、蘇芳は?』

黒『風呂だ』

ジュライ『わかった』

シャアアアアアアアア…

ジュライ『蘇芳』

蘇芳『ん?ジュライ?』

ジュライ『パジャマ、廊下に落ちてたよ』



785: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:07:35.96 ID:xXwm4rYG0

蘇芳『え? ホント? じゃあそこに置いといて~』

ジュライ『わかった』

蘇芳『ありがとね、ジュライ』

ジュライ『うn……!』

ジュライ『(これはっ……!)』

~~~~~

ジュライ「つい……………」

ジュライ「どうしよう……蘇芳のパンツ……」

ジュライ「しかも……」

ジュライ「使用済み……」



788: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:15:42.86 ID:xXwm4rYG0

ジュライ「………返した方が……」

ジュライ「……………でも」

ジュライ「……………」

ジュライ「? しみ……?」

ジュライ「…………おしっこ?」 ドキドキ

ジュライ「………………」 ドキドキ

ジュライ「でも…………」 ドキドキ



789: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:17:52.43 ID:xXwm4rYG0

ジュライ「か、確認しないと……」 ドキドキ

ジュライ「」 クンクン

ジュライ「……しょっぱい臭いと……ちょっと甘い……?」 クンクン

ジュライ「おしっこじゃないかも……」 ドキドキ

ジュライ「………………」 ドキドキドキドキ

ジュライ「…………か……確認、しないと……」 ドキンドキンドキンドキンドキンドキン

ジュライ「」 ペロッ…

ジュライ「わ、かんない」 ハァハァハァハァハァハァハァ

ジュライ「」 ペロペロ…

ジュライ「はぅ…………」 ブルルッ

ジュライ「こ、これは…………」 ハァハァハァハァ

ジュライ「でも……これ以上は…………」

ジュライ「…………」

ジュライ「も、もうちょっt」



792:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:19:51.29 ID:Kup4pBDL0

どうしてこうなった



794: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:23:51.83 ID:xXwm4rYG0

蘇芳『ジュライ?』 コンコン

ジュライ「!?」 ビクッ

蘇芳『開けていい?』

ジュライ「なっ、まっ、ちょっ、待って……!」 ワタワタワタワタ

蘇芳『? うん』

ジュライ「(どうしようどしようどうすればどうなるどうなればどうするあbbbbbbbbbb)」

蘇芳『もういい? 入るよ?」 ガチャ

ジュライ「FREEEEEEEEZ!」

蘇芳「!?」 ビクッ

ジュライ「…………まっ、まって、もう少し、外で」

蘇芳「ぇ……あ、わ、わかった……」 パタン

ジュライ「」 ズーン



796: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:30:42.49 ID:xXwm4rYG0

蘇芳『あの、ジュライ?』

ジュライ「……も、もう、いいよ……」

蘇芳『そう? じゃあ、お邪魔します」 ガty

ジュライ「(パンツは隠した。大丈b)」

ジュライ「ダメだよ蘇芳開けゴマって言わないと!」

蘇芳「えぇ!?」

ジュライ「(まだアルバム隠してない……!)」

蘇芳「え、えっと……開けゴマ?」

ジュライ「そ、外で言わないとダメ」

蘇芳「わ、わかった……」

ジュライ「(いまだッ!)」シュバッ!

蘇芳『開けゴマ!……これでいい?』

ジュライ「う、うん」

蘇芳「もー……いきなりおっきい声出すからビックリしたよ……」



797: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:35:15.69 ID:xXwm4rYG0

ジュライ「ご、ごめん」

蘇芳「別にいいけど……お邪魔します」

ジュライ「な、なに? 蘇芳」

蘇芳「あ、えっと……僕の……アレ知らない?」

ジュライ「あああ、あれれれあれあれ?」

蘇芳「え!? なに!?」

ジュライ「な、何でもない」

蘇芳「あの~……アレだよ……女の子にとってとっても大事な……」

ジュライ「(やばい)」

蘇芳「し、知らないかな?」

ジュライ「(謝r)知らない」

蘇芳「あ、そう……」

ジュライ「」



798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:36:21.52 ID:mOwpPIIj0

wktk



799: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:40:28.67 ID:xXwm4rYG0

蘇芳「知らないならいいんだけど……ま、ジュライが持ってるわけないしね……」

ジュライ「うん(どうしよう)」

蘇芳「……実は隠してるとか……無いよね?」

ジュライ「……!!」

蘇芳「ん?……もしかして持ってるの?」

ジュライ「しら知らなひっ……」

蘇芳「ねえジュライ、ホントに持ってない?」

ジュライ「ご、ごごごごm」


黒「蘇芳、髪紐ならここだ」


蘇芳「え? あ、ホントだ!」

ジュライ「……かみひも」



802: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:46:42.54 ID:xXwm4rYG0

蘇芳「はー……良かった見つかって……どこにあったの?」

黒「ソファの上だ」

蘇芳「あー……さっき寝てた時にほどけたのかぁ……」

ジュライ「………………」

黒「気をつけろ」

蘇芳「うん、ごめんなさい……ジュライも、疑ってゴメンね?」

ジュライ「……大丈夫」

蘇芳「じゃ、お休み、ジュライ」

ジュライ「…………おやすみ……」



ジュライ「…………ごめんなさい……」



803: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 01:47:44.97 ID:xXwm4rYG0

ジュライは順調に変態が進行中
まともと言えるのは最早黒のみというカオス



804:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 01:59:29.41 ID:mOwpPIIj0

黒が風邪を引くとかどうですか?



805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 02:05:59.26 ID:oyb1HqRd0

インディアンポーカーとかの周りの表情とかを気にするゲームをやってあまりに周りが強すぎて
蘇芳が負け続けるとか



821: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 08:55:34.27 ID:yuSaIlgQ0

>>805 インディアンポーカーよくわからんから『ダウト』でいくわ



807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 02:17:49.74 ID:yRh4txEz0

銀と蘇芳が酒飲んで酔っ払って黒にあれやこれやの



810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 02:53:07.17 ID:mOwpPIIj0





812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 03:38:48.20 ID:mOwpPIIj0

しゅ



823: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 09:27:06.01 ID:yuSaIlgQ0

銀「6」

ジュライ「7」

蘇芳「は、はち!」

銀「ダウト」

蘇芳「ぅあーー! なんでぇー!?」

ジュライ「わかりやすい」

蘇芳「もー! 次いくよ次!」

銀「9」

ジュライ「10」

蘇芳「11」

銀「12」

ジュライ「……13」

蘇芳「ダウト! Kは全部僕が持ってるもんね~」

ジュライ「……ジョーカー」 ペラッ

蘇芳「」



824: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 09:36:24.81 ID:e61f0d1p0

蘇芳「ぅ~……じゃあババ抜き! ババ抜きしよう!」

ジュライ「……ババ抜き?」

蘇芳「知らない?」

銀「Old Maid……抜くのはジョーカー」

ジュライ「……わかった」

蘇芳「よしっ……でも三人じゃ少ないね」

銀「……黒を呼んで来る」

蘇芳「はーい」

~~~~~

黒「…………」 スッ

蘇芳「ぇっ……」

黒「…………上がりだ」 3位

銀「…………」1位

ジュライ「…………」2位

蘇芳「ぅう…………」



825: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 10:28:21.11 ID:e61f0d1p0

蘇芳「………………もー! みんな強すぎぃー!」

ジュライ「………………」

黒「蘇芳……お前はもう少しポーカーフェイスを意識しろ」

銀「わかりやすい」

蘇芳「もー! ポーカーフェイスとかむりぃー!」

黒「…………」

ジュライ「…………concentration」

蘇芳「……え?」

黒「……それなら表情は関係ないな……」

銀「日本語で神経衰弱」

蘇芳「! 神経衰弱! それ! そうしよう!」

銀「…………」

~~~~~



826: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 10:34:51.70 ID:e61f0d1p0

蘇芳「…………」

黒「…………蘇芳、お前……」

ジュライ「…………」 ポン

銀「トランプゲーム……向いてない」

蘇芳「…………」 グスッ…



828: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 11:01:13.45 ID:e61f0d1p0

次は>>807



829: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 11:12:42.07 ID:qMbUQmTvi

銀「…………黒」 フラッ

黒「なんだ?」

蘇芳「…………黒」 ユラァ…

黒「どうした」

蘇芳「ん…………」 ズイ

黒「?」

蘇芳「だっこぉ……」 ギュ

銀「黒……黒…………」 ギュ

黒「!? どうしたんだ二人とも……?」

蘇芳「か…………」

銀「身体が熱くて……」

黒「」

ジュライ「」



831: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 11:50:24.31 ID:uwsAPXwW0

ジュライ「………………」

蘇芳「黒ぃ~……」 スリスリ

銀「黒…………」 チュ

蘇芳「んぅ…………」 スリスリ

黒「! お、お前ら……酒くs」

蘇芳「んー! 銀ばっかずるい!」 グイッ

銀「ぁっ……」

黒「!!」

蘇芳「ん…………」 チュゥー

銀「ん…………」 ペロペロ

黒「ぅ……お前ら……酔って……」

蘇芳「よってらぃよぉ……ん」

銀「黒…………」 ペロ…チュゥ

黒「(銀……強く吸い過ぎると跡が……)」

蘇芳「ん~……暑い……」 シュル…パサ…



833: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 12:49:43.24 ID:uwsAPXwW0

蘇芳「んー……すずしぃ……」 ギュ

銀「……あかくなってる……ん……」 ペロペロ

蘇芳「黒…………ん」 チュゥ

銀「黒……こっちも」 チュ

蘇芳「んっ…………」 チュ

銀「……ん…………」 チュゥ

黒「お前ら、いい加減に……!」

銀「………………」

蘇芳「………………」

黒「………………?」

銀「…………」 スヤスヤ

蘇芳「…………」 スースー

黒「………………はぁ……」


ジュライ「…………止まらない」 ボタボタボタボタボタボタボタボタ



834: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 12:50:54.78 ID:uwsAPXwW0

俺にエロはムリだとわかった



837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 13:23:31.92 ID:SAw60klAO

黒銀がくっつくまで保守をやめない
にゃんこが出て来る話が読みたいです><



839: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 13:28:26.04 ID:woK6S1CE0

>>837
黒と銀がくっついちゃうと蘇芳が出番なくなるんで、このスレ内ではそれはしない



840:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 13:43:05.19 ID:piLuNzYp0

蘇芳と銀がふたりでテレビドラマ見てたらラブシーンだらけであたふたする的な



842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 15:06:10.49 ID:JW7WKaVe0

また未咲ちゃんと下着売り場で鉢合わせ



851: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:25:21.05 ID:DlPyNCvvi

銀「黒」

黒「………………」

銀「黒……こっち見て」

黒「どうして俺を連れてきた……」

銀「黒に選んでもらいたいから」

黒「蘇芳でもいいだろう……」

銀「黒じゃなきゃ意味ない」

黒「…………なんで俺を連れてきt」

銀「黒、こっち見て」

黒「………………」 クルッ

銀「どっちの方g」

霧原「あなた達……こんなところでなにをしているの……?」

黒「」

銀「」 チッ



852: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:34:29.46 ID:DlPyNCvvi

霧原「李君……あなた……」

黒「違う……銀に連れてこられただk」

銀「黒が私の下着を選びたいって」 ギュ

黒「!?」

霧原「な…………」

銀「黒が自分の好きな下着をつけて欲しいって」

黒「銀……!?」

霧原「な……な…………」

銀「その方が興奮するって」

黒「銀!?」

霧原「な……あ、あなた達……そんなところまで……進んで…………」 ヨロッ…

銀「そう、この後も……」

黒「銀! やめろ!」 ガシッ

霧原「あうあうあう」

銀「黒……本当のことでしょ? この前もあんなに……」



853: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:40:55.01 ID:DlPyNCvvi

黒「銀! いい加減にしろ!」 ガシッ!

銀「……!」 ビクッ

霧原「そ、そんな……そんなところまで……あぁ……」 フラフラ

黒「…………行くぞ、銀」

銀「……わかった……」

~~~~~

黒「…………どうしてあんな嘘を吐いた」

銀「ごめんなさい……」

黒「……あんなことを言う必要は無かったはずだ」

銀「……あの人は、黒のコトが好き……だから……」

黒「えっ」

銀「え?」



855: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:48:21.60 ID:DlPyNCvvi

黒「………………なんのコトだ?」

銀「気付いてなかったの……?」

黒「あいつは元警官だ。追い追われる……それだけの関係だ」

銀「……違う……あの人は黒が好き……見てればわかる」

黒「………………」

銀「でも気にするコトない……黒……」 スッ

黒「銀……外でそう言うコトをしようとするのはやめろ」

銀「大丈夫……周りに人はいない……」

黒「……そういうことじゃない」

銀「……それに家だと蘇芳に邪魔さr」

蘇芳「そりゃ邪魔するよ!」

黒「!?」

銀「!!」



856: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:55:23.65 ID:DlPyNCvvi

蘇芳「ていうかこんなとこでなに黒を襲おうとしてんの!? 銀!」

銀「どこから……」

蘇芳「ずるいよ! 僕もしたい!」

黒「!?」

銀「…………」

蘇芳「黒…………」 ギュ

銀「黒……ん……」 ギュ

黒「……………………くっ……!」 ヒュッ

銀「あっ…………」

蘇芳「逃げた!」

銀「………………蘇芳」

蘇芳「…………銀」

がしっ!

銀・蘇芳「黒……逃がさない……!」



858: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:57:09.99 ID:DlPyNCvvi

>>840



857: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 18:56:19.89 ID:DlPyNCvvi

俺未咲さんあんま好きじゃないんだなと気がついた



859:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/07(火) 18:57:41.91 ID:Yju29xfh0

>>857
未咲ちゃんの可愛さがわからないとはまだまだひよっこだな



862: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 19:20:48.02 ID:DlPyNCvvi

>>859
いや漆黒の花読んで可愛いコトは理解したんだよ
昨夜も黒の契約者、外伝、流星の双子ってぶっ通しで見て
ああ、ここも可愛いなぁとか思ってたんだよ

でも好きかどうかと聞かれたらそうでもないなと



863:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/07(火) 19:22:07.71 ID:Yju29xfh0

>>862
可愛い≒好きではないのね
この感じ・・・女か



867: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 20:53:27.37 ID:DlPyNCvvi

蘇芳「銀、お風呂上がったよー」

銀「…………黒、先に入って」

黒「俺は最後でいい」

銀「私はやることがあるから……入っていい」

黒「……じゃあジュライ、先に入れ」

ジュライ「もう入った」

黒「そうか……銀、時間かかるのか」

銀「うん」

黒「手伝うか?」

銀「大丈夫、先に入って」

黒「…………わかった」



869: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:05:47.80 ID:DlPyNCvvi

~~~~~

銀「………………」

蘇芳「銀、どうしたの? 顔赤いよ?」

銀「………………」

蘇芳「…………銀?」

銀「………………」

蘇芳「…………おっきい?」

銀「うん……あっ」

蘇芳「…………やっぱり」

銀「…………」 プイッ

蘇芳「銀?」

銀「」 プイッ

蘇芳「銀、覗きは」

銀「」 プイッ

蘇芳「ダメだって」



870: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:12:46.15 ID:DlPyNCvvi

銀「」 プ(ガシッ)

蘇芳「言ったよね?」 ググッ

銀「…………」 ググググググ…

蘇芳「…………」 ググググググ…

銀「…………あっ」

蘇芳「?」

銀「…………見つかった」

蘇芳「えっ」

銀「…………蘇芳のせい」

蘇芳「なっ、ぼ、僕のせい!?」

銀「蘇芳が邪魔するから……」

蘇芳「そりゃ覗きしてたら誰でも邪魔するよ!」



872: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:13:25.03 ID:DlPyNCvvi

ジュライ「どうしたの、蘇芳」

蘇芳「あ、ジュライ。覗きしてたら、誰でも止めるよね!」

ジュライ「…………」 チラッ

銀「…………」

ジュライ「…………覗きってなに?」

蘇芳「そっか、ジュライは知らないのか……」

銀「…………」 グッ

ジュライ「…………」 コク

蘇芳「?」



873: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:19:21.04 ID:DlPyNCvvi

蘇芳「いい、ジュライ。覗きはね、サイテーなんだよ」

ジュライ「」 ザクゥッ!

銀「…………」

蘇芳「卑怯で、エッチで、変態のするコトなんだよ!」

ジュライ「」 ドスッ、ザクッ、ドシュッ‼

蘇芳「絶対にそんなコトする大人になっちゃダメだからね!」

ジュライ「」 ドッ‼‼

蘇芳「わかった? ジュライ」

ジュライ「…………」

蘇芳「? ジュライ?」

ジュライ「」 パタリ

蘇芳「えっ!? じゅ、ジュライ!?」

銀「……(ジュライ、可哀想)」



875: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:41:34.50 ID:DlPyNCvvi

黒「銀!」 バンッ!

銀「」 ビク

蘇芳「黒!!」

黒「銀! なにかあったのか!?」 ガシッ

銀「…………?」

蘇芳「ど、どうしたの? そんなに慌てて……」

黒「観測霊をとばしただろう! 何かあったんじゃないのか!?」

銀「ぁ…………」

蘇芳「………………」

ジュライ「………………」



876: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:43:09.50 ID:DlPyNCvvi

銀「黒…………」 グスッ…

黒「……!?」

蘇芳「はぁ…………」

銀「ごめんなさい…………」 グスグス

黒「……危険なコトが起きたんじゃないのか?」

銀「ぅん……違う……ごめんなさい……」 グスッ、グスッ…

黒「ならいい……お前に何もなくて良かった……」 ギュ



蘇芳「ま、銀はただ覗きしてただけだけどね……観測霊使って」

銀「」

黒「………………」



877: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/07(火) 21:49:06.82 ID:DlPyNCvvi

黒「…………」

銀「…………」

黒「…………蘇芳、本当か」

蘇芳「ホント」

黒「銀」

銀「…………」 コクリ

~~~~~

銀「……ん…………黒」 ピリピリ

黒「…………」

銀「……黒……まだ?」 ピリピリ

黒「あと1時間だ」

銀「…………」 ピリピリ



蘇芳「正座三時間はキツイよね……」

ジュライ「………………」



894: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 00:45:54.99 ID:SgauEoHQi

俺の名は凱
しがない私立探偵だ
今日もありとあらゆる事件を解決する
迷子探し、旦那の浮気調査、親探し……ホトケさんの出る事件に首を突っ込んだ事もある
そして今日もまた、奇想天外奇妙奇天烈な事件に立ち向k

キコ「ボス、邪魔ですよ。換気するんだから窓の目の前てのほほんとしないでくださいよ」

凱「はいはい」

こいつはキコ
なんの因果があってか、俺の元で助手なんぞをやっている
アニメをこよなく愛する、所謂オタクと言うヤツらしい
だか俺はそんな事で人間を判断したりしない
味がある人間ほど、大きな事を成し遂げられると思うからだ
その点、こいつは常人とは一味も二味も違う
俺の元で助手を務めるに足る人材ではある

キコ「てゆーかボス、めっちゃ臭いですよ。お風呂入ってますか?」

凱「うるへー。男なんてみんなこんなもんだっつーの」

キコ「いやどんな偏見ですかそれ、ありえないですよ」



895: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 00:54:05.24 ID:SgauEoHQi

凱「だいたいこんな雨の日に限って出勤するヤツがあるかよ。こちとら昨日はクッソ暑い中、犬っころ探して駆けずり回ってたってのによぉ」

キコ「しょうがないですよ、昨日は新刊の発売日だったんですから。さっさと買っとかないとなくなっちゃうんですから」

凱「ったく、相変わらずだなぁ……おめーはよ」

キコ「それに雨の日だからって、依頼が来ないとは限りませんよ。案外でっかぁーいヤマが転がり込んでくるかも……」

凱「ねーよ」

キコ「いえいえ、わかんないですよ。今にもこう、どっかーんとそのドアをぶちやぶっt」

どっかーん!

凱「!?」

キコ「きゃ!?」

やれやれ、本当にドアをぶち破って来るヤツがあるかよ……

~~~~~



899: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 01:09:11.73 ID:SgauEoHQi

訂正

完全完璧なこの俺にも、苦手なものはある
鋭い爪と牙を持ち、大きな瞳には獰猛な光を宿し、恐ろしいスピードで獲物を狩る……そう……

凱「猫…………かぁ」

今回の依頼は猫探し
この俺が唯一弱点とする四つ足のケダモノを捕獲しろと言うものだった

キコ「なんでそんなに猫が嫌いなんですかねぇ……猫ですよぬこですよニャンニャンですよ? 可愛いじゃないですか」

凱「そういう問題じゃねぇっつーの。全く女ってのは可愛いっていえば自分も可愛くなれると勘違いしてやがるから困るんだよな」

キコ「可愛いものが嫌いな女の子はいませんよーだ。だいたい、それもただの偏見じゃないですか」

凱「女の子ぉ? よく言うぜ、腐ってるくせによ」

キコ「なんなんですかさっきから。お茶ぶっかけたの、まだ怒ってるんですか? さっきから何度もあやまってるじゃないですか」



902: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 01:15:32.47 ID:SgauEoHQi

凱「謝って済むコトじゃねーんだよ。ったく、俺の一張羅をずぶ濡れにしやがって」

キコ「くっさい身体が洗えてちょうど良かったじゃないですか」

凱「もっと年寄りを労われバカヤロー」

今日の依頼人はやたらと恰幅のいいババアだった
入り口の手前で転んだらしく、ドアをぶち破って転がり込んできたわけだ

キコ「でも、オスの三毛猫なんてそうそういないですよ言われてもどうすればいいですかね。見た目はメスと変わんないわけですし」

凱「ま、地道にやってくしかねえわな」

キコ「はぁ~……しょうがないですね、頑張りますか!」



903: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 01:17:44.89 ID:SgauEoHQi

やっべねむい
ごめん寝る
起きたら再開する

K3H4Z






907:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 02:49:44.43 ID:3bLrqLVx0

ほあああああああああああああああ



908:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 03:02:48.34 ID:7rqErC4n0

あああああああああ



943: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 18:30:24.12 ID:J6EIrzVci

凱「つってもなぁ……いくら金積まれても猫なんて……」

キコ「まだ言ってんですかボス。いい加減腹括って下さいよ」

凱「バカおめーそんなこと言ってんじゃねぇよ……猫なんて自由気ままなもんだ。餌がありゃそっちにホイホイ行っちまうんだからな……どこ行ったかなんて検討もつかねぇよ」

キコ「んー……そうですよねぇ……またチラシでも作ります?」

凱「チラシもイイけど……なんか簡単に見つけられる方法がねーかなぁ……」

キコ「千里眼でもあればいいんですけどねぇ」

凱「そんなもん契約者って連中でも無い限り、ムr……あ、そうか!」

キコ「な、なんですかイキナリ」

凱「いやーキコ、やっぱ俺ってヤツは天才かもしんねぇ……」

キコ「なんですかさっさと言って下さいよ。ボスのそういうやたらと勿体ぶるとこ、私キライです」

凱「ふふふ……契約者っつったら、もう一つ思い浮かぶ存在があるだろーが……」

キコ「……まさか」

凱「そう……ドールだよキコ」



944: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 18:41:46.90 ID:J6EIrzVci

キコ「…………」

凱「どうよキコ! この天才的な閃き! 尊敬しても……いいんだぜ?」

キコ「で、当てはあるんですか」

凱「え」

キコ「…………」

凱「それはその……」

キコ「はぁ……しっかりして下さいよ、マツキチ」

凱「ま、マツキチって呼ぶな! 俺の名は久良沢凱だ!」

キコ「私だって考えましたよ、ドールってヤツを使うコトぐらい。でも、私ドールにも契約者にも会ったコトないですよ」

凱「むぅ……いい考えだと思ったんだがなぁ……」

キコ「まあ、マツキチにしてはなかなかいい思いつきでしたけど、詰めが甘かったですね」

凱「マツキチって呼ぶなっつーに!」

キコ「まぁ、今回もガキ共使って地道にやるしかないですね」

凱「そうだな……キコ、ガキ共に変なコトすんじゃねぇぞ」

キコ「ボスこそ、死に急がない様にして下さいよね」



949: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 20:42:20.82 ID:J6EIrzVci

~~~~~

凱「あ~……みっつかんねぇなぁ~……」

キコ「そうですねぇ……もうどっかで車にでも撥ねられて死んじゃってるかもしんないですね……」

凱「おいおいそりゃかんべんだぜ……今回前金ねえんだからよぉ」

キコ「わかってますよ……でもガキ共も見つけられなかったって言うし……どこ行っちゃったんですかねぇ」

凱「はぁ……」

キコ「私、もう一回聞き込み行ってきますね」

凱「あいよ~、頑張ってくれ~」

~~~~~

キコ「出てきたはイイけど、どこに行けばいいんですかねぇ~……」

……ポツ、ポツ

キコ「……げ、雨降ってきた……最悪……」

ザァアアーーーーー……

キコ「……雨宿り雨宿り……」

キコ「はぁー……ついてないなぁ……」



950: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 20:51:38.83 ID:J6EIrzVci

キコ「最近ジメジメしてて気持ち悪いんですよね~……早く止めー! ……ん?」

銀「あ」

蘇芳「あ」

キコ「あー! 奇遇ですね二人ともー!」

銀「キコ」

蘇芳「ひ、久しぶりですね」

キコ「そんな他人行儀なー! って言うか二人とも友達だったんですね~」

蘇芳「ま、まあ」

キコ「お買い物ですか?」

銀「そう」

蘇芳「夕飯を買いに行くところなんだ」

キコ「え、ってコトは、二人とも同棲してるんですか!? 百合ktkr?」

蘇芳「ど、同棲って……」

キコ「あの……二人の愛の巣にお邪魔させてもらってもイイですか!?」

蘇芳「えっと……」



951: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 20:56:52.14 ID:J6EIrzVci

銀「いいよ」

蘇芳「え!? い、いいの?」

キコ「あ、やっぱり迷惑ですか?」

蘇芳「そ、そんなコトは無いんだけど……」

銀「大丈夫」

キコ「やったぁー!」

~~~~~

銀「ただいま」

蘇芳「ただいま」

キコ「お邪魔しまーす」

ジュライ「おかえ……り?」

猫「おう帰ったか」

蘇芳「猫バカっ……!」

猫「腹が減ってしかt……あ」

キコ「…………い、今のって……」



952: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:02:52.36 ID:J6EIrzVci

蘇芳「え、えっと……(猫のバカっ!)」

銀「…………」

ジュライ「…………」

猫「…………」

キコ「い、銀ちゃん……今、確かにこのムササビが……」

銀「…………それは」

黒「…………」 ヒョイ

キコ「えっ」

猫「(黒!? なにを……!)」

黒「腹話術です。ビックリしましたか?」 ニッコリ

キコ「え……あ、ああー!! 腹話術だったんですかー!?」

黒「はい~、上手いもんでしょう? 最近練習中で……」

蘇芳「…………」

キコ「すっごいんですねー! 全然わかりませんでしたー!」



953: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:11:25.49 ID:J6EIrzVci

黒「そうですか? えへへ……ありがとうございます。 えっと……二人とも……お友達?」

銀「うん」

キコ「キコっていいます!」

黒「ああ……あなたが……銀から話は聞いてます。とっても面白い子だって」

キコ「そうですか? えへへ……」

蘇芳「…………」

黒「今日はどんなご用件で……?」

銀「私たちの家が見たいって言うから」

キコ「そうなんですー。お邪魔してもいいですか?」

黒「……はい、大丈夫ですよ」

銀「夕飯も食べて行って」

キコ「え!? そんなの迷惑じゃ……」

黒「…………大丈夫ですよ。四人も五人もたいして変わらないし……作るのはこの子達ですから」

キコ「え!? 銀ちゃん達、自分で料理できるんですか!?」



956: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:20:30.12 ID:J6EIrzVci

銀「うん」

蘇芳「するよ」

キコ「わ、私も手伝ってイイですか?」

蘇芳「僕はイイけど……」 チラッ

黒「………………」

銀「大丈夫」

キコ「やった! じゃあやらせてもらいます!」

~~~~~

蘇芳「銀、ピーラーどこ?」

銀「右の引き出し、上から二番目」

蘇芳「あったあった、じゃあ、コレでジャガイモの皮剥いてください」

キコ「了解しました!」

銀「………………」

蘇芳「ん~……マヨネーズもうちょっといれた方がイイかなぁ……」



957: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:29:10.38 ID:J6EIrzVci

キコ「ふんふ~ん♪」 ムキムキ

銀「……キコ、なんであんなところにいたの?」

キコ「え? ああ、猫探しですよ。依頼で、猫探さなきゃなん無いんですけど、見つかんなくって困り果ててたんですよ」

蘇芳「依頼? 探偵の?」

キコ「はい、やたらと恰幅のいいババアが事務所に転がり込んできて、見つけたら50万出すって言うんで探してるんですけど……オスの三毛猫だって言うんで、ぜんっぜん見つからないんですよー」

銀「…………そう」

キコ「あ、ジャガイモの皮、全部剥きましたよ」

蘇芳「じゃあ、そこのボールの中にいれてすりつぶしてください」

キコ「え、全部ポテトサラダにでもしちゃうんですか?」

蘇芳「うん、黒ってすっごく大食いなんだ。だから一杯作らないと」

キコ「へぇー…………あ、あの人どっかで見たと思ってたら、あのラーメン屋で見かけたですよ」

銀「ラーメン屋?」



960: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:39:14.30 ID:J6EIrzVci

キコ「はい、ホウムラン軒ってトコなんですけど、ラーメン一人で20杯も30杯も食べてて、あれはかなりインパクト強かったです」

蘇芳「そうなんだ」

キコ「はい……それと……鎖骨ですね」

蘇芳「…………え?」

キコ「鎖骨ですよ鎖骨! あの微妙なエロスを醸し出す鎖骨が、忘れられなくて、夜も眠れない時期があったんです!」

銀「………………」

蘇芳「…………類友……か」

キコ「?」

~~~~~

キコ「今日はありがとうございました。なんだか長々とお邪魔しちゃって」

黒「いえいえ、この子達も楽しそうでしたから。全然気にしないでください」

キコ「ありがとうございます」

銀「キコ、また」

蘇芳「またね」



962: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:44:05.27 ID:J6EIrzVci

ジュライ「………………」 フリフリ

キコ「はい、またお会いしましょう。腹話術、また見せてくださいね」

黒「あはは、機会があったら、いつでもお見せします」

キコ「では、お邪魔しましたー!」

~~~~~

キコ「はー……楽しかったですねー」

キコ「(それにあの鎖骨……ジュる…………おっと)」

キコ「(それにしても、国際色豊かな一家でしたねー。多分血は繋がってないんだろうなー)」

キコ「(ジュライ君も相変わらず可愛かったし、今日はいい日でした!)」

キコ「あ、ボスにメールしないと……このまま、か、えり、ます……っと」

キコ「はー……そういえば、猫探しの途中でしたねー……早く見つかるとイイな~」

~~~~~



963:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 21:52:56.45 ID:yQBas0mNO

マツキチの為にも銀ちゃんが代わりにみつけてやって……



964: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:54:30.72 ID:J6EIrzVci

凱「おーいキコー! ちょっと来てくれ~!」

キコ「なんですかボス~。猫でも降って来ましたかー」

凱「そうなんだよ! 何故か事務所の玄関に放置されてんだ! はやくしてくれー!」

キコ「うっそでしょ!? あれだけ探しても見つからなかったのに、どうやったんですか!?」

凱「わっかんねーけどよ……チラシ見たどっかの誰かが、ワザワザ持って来てくれたんじゃね~の?」

キコ「めっちゃいい人ですねそれ……でもこの広い街でどうやって……」

凱「さぁなー。案外、親切などっかのドールが見つけてくれたのかもな」

キコ「そんなわけないでしょ。何言ってんですか、マツキヨ」

凱「マツキチ言うn……マツキヨ!?」

キコ「でも見つかって良かったですよね」

凱「……そうだな…………キコ、今から焼肉でもいくか?」

キコ「どうしたんですかイキナリ気持ち悪い」

凱「いや……お前は頑張ってくれたみたいだし……たまには、な」

キコ「あ、じゃあじゃあ、友達も誘ってイイですか?」

凱「しゃーねーなー……今回、だけだぜ?」



965: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 21:56:33.39 ID:J6EIrzVci

おわり

>>963
時空操作系の契約者らしいですはい

あともうちょいしかないけど、まだ書くのか、スーパー画像タイムになるのか



966:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 22:01:10.26 ID:zBvV01Wg0

半端にするより画像タイムでいんじゃね?



968:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 22:02:16.18 ID:RaBRxVyK0

1307538108_1
1307538108_2
1307538108_3
1307538108_4
1307538108_5
1307538108_6

やっぱりこの面子が好き



969:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 22:15:09.94 ID:RaBRxVyK0

1307538885_1
1307538885_2
1307538885_3

アンバーは幼女が一番可愛い



970:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 22:17:55.45 ID:RaBRxVyK0

1307539056_1
1307539056_2
1307539056_3


キルシーちゃん可愛いなあ



978: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 22:45:40.85 ID:J6EIrzVci

cLGqs




979:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 22:46:44.19 ID:5JWanMqJ0

乙すぎる



981: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 22:55:54.85 ID:J6EIrzVci

x5QqH
gyFbq
vhzcF




983:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 23:30:39.23 ID:RaBRxVyK0

1307543431_1
1307543431_2




984:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 23:37:59.94 ID:RaBRxVyK0

1307543865_1
1307543865_2
1307543865_3
1307543865_4
1307543865_5
1307543865_6


ロリアンバーちゃん可愛い!



985:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:38:39.58 ID:yQBas0mNO

埋まる前に言っておこう
◆cQ3kgzhcys4F 乙

銀も蘇芳も可愛いよぉ!!!!!!!



987:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 23:41:20.30 ID:RaBRxVyK0

1307544071_1
1307544071_2
1307544071_3




988:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:44:02.35 ID:zBvV01Wg0

◆cQ3kgzhcys4F
改めて、乙でした



989:銀myLOVE ◆YINbe/LOVE :2011/06/08(水) 23:45:51.36 ID:RaBRxVyK0

1307544333_1
1307544333_2
1307544333_3
1307544333_4
1307544333_5
1307544333_6


乙!



991:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:48:38.18 ID:Pc1PZWAU0

>>1000なら3期決定



992:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:48:56.57 ID:JoTdO5DV0

1000



993: ◆cQ3kgzhcys4F :2011/06/08(水) 23:50:11.18 ID:J6EIrzVci

DTBスレが>>1000までいくなんて
まるで夢の様だ



994:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:50:23.94 ID:BfTYmaKt0

1000ならバーガー主役のスピンオフ制作決定



995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:51:18.32 ID:Pc1PZWAU0

他にも>>1000いってるDTBスレ何個かあるよな
妹がDTB借りてきたみたいなやつとか



999:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:52:59.90 ID:zBvV01Wg0

>>1000ならDTB映画化



1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 23:53:02.90 ID:ffT6zmCA0

>>1000ならDTB第3期放送決定



1001:1001:Over 1000 ID:Thread

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://hibari.2ch.net/news4vip/





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



黒は私にぞっこん・・

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:10:54.21 ID:phuUGZAIP

             j//     /\ヽ∨//∠ヽ.    \\. \
          _/     ∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
      _ -‐ ´/  ,  -‐´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
        ̄ フ´,  /            丶\::V| |      Vl
.       //./                  `Vヽl |     ヽ ' .
      / ,イ/                   Ⅵ/,       ヽ.\
      |/ /         |              ∨ヘ       ト、 \_
       /    / /  l:    /  l        ∨i     、   |  ̄
       l│  / ,イ  ,イ     l  ト、ヽ    / |  l :|    |  |
       | |   l/‐},≦、l    L  l_V   ∧/   :|/    ハ.  ト、
       | ト.  |__ ヽ    |´ヽ{─ l  イ /   /     / l/⌒ヽ
       | | ヽ |、.{:::::于^.\  | r┬─┬ァV   ∧   ,'  ´
       レ   ヽ{ `ー┴' ,  \l 弋::::ノノ /  /〉│ |  {   黒は私にぞっこん・・
             l      ノ       ̄^∠≠'r' ノ:jノ |  |
.             '.     ヽ.    `rn   ∧‐' |:::|  ハ ',
               \     --一'´ .| |  /| ::|. |:::|. / ヽ_>
               ` 、      │|<∧/|:l. /l:::|´
               >、_..,-<|. l:::::::::::::|:| {│:l
          _ -‐ ´ }ヽ├'─-` |__:::-::'^>、V:ノ
            /::::::::::::::::::::\:Г二   }_ /:::::::``:..、
        /::::::::::::::::::::::::::::{ r、   |::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,':::::::::::::::::::::::::::::└ 7     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          l:::::::i:::::::::::::::::::::::::::::l     {::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::`.
          |:::::::|::,:::::::::::::::::::∠」   /l::::::::::::::i:::::::,'::::::::::::::::::::l
          |:::::::l/:::::::::::::::/lヽ_ヽ-'´/∧::::::: |::::/::::::::::::::::::::::l
          |:::::::l::::::::::::/: : ゝ'7ヘ‐´ /::∧::::: ∨:::::::::::::::: :::::,'
          |:::::::|::::::/: : : : : :/:::::l/::::::::::∧:::::/::::::::::::::::::::::/
          |:::::::|/: : : : : : :<: ̄:::::::::::::::: :::∧/::::::::::::::::::::::/



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 01:12:26.76 ID:8nunuk7+0

>>12
俺もゾッコンだよハァハァ



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/01(水) 09:19:33.20 ID:2x0zScGG0

>>13
お前はロリコンだよ



854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/07(火) 18:42:24.75 ID:ZzMvkfhj0

>>58
俺は評価する



896:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/08(水) 01:02:45.77 ID:y//kr5hr0

>>58
ワロタ



DARKER THAN BLACK-漆黒の花-(4)(完) (ヤングガンガンコミックス)DARKER THAN BLACK-漆黒の花-(4)(完) (ヤングガンガンコミックス)
岩原 裕二,BONES,岡村 天斎

スクウェア・エニックス

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (8)

          • 1. 名無し
          • 2011年06月09日 09:34
          • まだ途中だが楽しいな
          • 2. キシリクリスタル
          • 2011年06月09日 10:08
          • 5 DTBのSSとか珍しい。
            そしてこれをまとめにのせてくれて感謝する!


            うおぉすおうかわいいよぉ
            蘇芳おおおお!
            銀はちょっと黙っててくれたのむ!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年06月09日 11:16
          • 黒が鬼畜でわろwwwww

            三期マダカナー
          • 4.  
          • 2011年06月09日 11:52
          • おもんないな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年06月09日 15:07
          • これは珍しい
            あんまおもしろくなかったけど>>1000までいかせた頑張りと画像を評価する
          • 6. 名無し
          • 2011年06月10日 13:20
          • 存在が空気だからとはいえ
            キャラ付けでジュライまで変態になってしまったのは残念だったなぁ…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月26日 14:40
          • 黒の契約者かな?珍しい
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月26日 17:13
          • 銀って生きてんのかな?                                                                                                                               3期やってくれんかな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ