TOP

スライム「勇者があらわれた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/27(金) 23:35:17.56 ID:hisqjk1Q0

スライム(いきなり勇者と出会ってしまった……)

スライム(儚い人生だったな……)

女勇者「か……」

スライム「か?」

女勇者「可愛い!ぷにぷにしたい!!」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/27(金) 23:39:45.26 ID:hisqjk1Q0

女勇者「うー……可愛いなー……でも魔物だしなー」

スライム(……あれ?)

女勇者「私にはこんな可愛い子を殺すことはできない……でも魔物だし……」

スライム「……もういいのかな。えいっ」ぷにっ

ミス!勇者にダメージを与えられない!



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/27(金) 23:42:44.44 ID:hisqjk1Q0

スライム「くっ……だめだったか……」

女勇者「やっぱり……ぷにぷにだ!ねえそこのあなた!」

スライム「な、なに?」

女勇者「私の仲間にならない?」

スライム「えっ」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/27(金) 23:46:16.20 ID:hisqjk1Q0

女勇者「ねーいいでしょー」

スライム「いや……僕魔物だし」

女勇者「種類が違うだけで、同じ生物だよ!」

スライム「何の取り柄もないし」

女勇者「バカ!取り柄がなかったら誘うわけないじゃん!」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/27(金) 23:51:56.74 ID:hisqjk1Q0

スライム「取り柄ってなにさ」

女勇者「そりゃもうっ!その至高のぷにぷに感!それさえあれば十分だよ!」

スライム「……」

女勇者「あれ?どしたの?」

スライム「いや……それだとどうせ戦闘には使えないって言ってるようなものですし……」

女勇者「ちっちっち。甘いねスライム君。私に言わせてみれば、この世界のスライムは自分の力を生かせてないのよ。私についてくれば、その力を最大限に引き出せるけど……どうする?」

スライム「……」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/27(金) 23:57:59.56 ID:hisqjk1Q0

スライム「結局ついていくことにした」

女勇者「んー、柔らかいねえ。ぷにぷにー」

スライム「触りすぎです」

女勇者「えー、いいじゃん別にー。あ、言ってなかったけど、今からあの洞窟のドラゴン倒しに行くから」

スライム「えっ!ドラゴンを!?あいつはやめといた方がいいと思いますよ……ここら一帯では最強クラスです」

女勇者「知ってる。だからレベル上げしつつぼちぼち倒そうかな、って思ってたんだけど、スライム君がいれば大丈夫。勝てるわ!」

スライム「えっ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:03:12.92 ID:hEHBIQEL0

洞窟内部

女勇者「さて、ドラゴンがいる再深部までたどり着いたわけだけど」

スライム「本当に勝てるんですか?さっきの戦闘でも僕守ってもらってばっかりでしたし」

女勇者「大丈夫。勝てるわ。この洞窟の水部ってあそこだけなんだよね?」

スライム「そうですけど……」

女勇者「よし、スライム君、今から作戦発表するから、その通りにしてね」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:08:27.46 ID:hEHBIQEL0

ドラゴン「あー喉乾いた。そろそろ水飲みに行くか」のしのし

ドラゴン「」ゴクゴク

ドラゴン「ぐうっ!?何だ?苦しい……!」

女勇者「いまだ!とりゃー!」ズバッ

ドラゴン「グギャァー!」

女勇者「スライム君、そのまま暴れまくって!それ、もう一発!」ズバッ

ドラゴン「グ……グオォォォ……」

ドラゴンを倒した!



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:13:07.22 ID:hEHBIQEL0

女勇者「さて、ドラゴンの腹をかっさばいてっと……スライム君ー、大丈夫ー」

スライム「はい。大丈夫です。しかし勇者さんはすごいですね……僕を水に溶かして飲み込ませてから器官詰まらせるだなんて、僕には考えつきませんでした」

女勇者「えへ、そう?これぞ必殺、イッスンボウシ作戦よ!」

スライム「なんですかそれ」

女勇者「どっかの国の伝説」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:20:46.90 ID:hEHBIQEL0

女勇者「スライム君仲間にできたし、ドラゴン倒せたし、今日はいい日だなー」

スライム「よかったですね。ドラゴン倒せて」

女勇者「うん、よかったよ!しかしスライム君、これで自分はホントは強いってわかったでしょ?自信ついたでしょ?」

スライム「はい!ありがとうございました!なんか今までの自分は何だったのか、ってぐらい自信がわいてきてます」

女勇者「そうでしょそうでしょー。でも、まだこんなもんじゃないよ、スライム君の真の力は。改めて、これからもよろしくね!」

スライム「はい!よろしくお願いします!」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:23:33.91 ID:hEHBIQEL0

スライム「あっ……」

女勇者「どしたの?」

スライム「僕魔物だから町に入れない……」

女勇者「あっ……確かにそうだね。へんげのつえがあればいいんだけど……どうしよう……」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:28:27.70 ID:hEHBIQEL0

女勇者「あ、そうだ。スライム君、人型になれる?」

スライム「人型ですか?まあなれないこともないと思いますけど……ちょっと水分とってきますね」

女勇者「いってらー」



スライム「どうですか?」

女勇者「うわ上手っ!……でもこれ……私じゃん!」

スライム「ニンゲンは勇者さんしか見たこと無いので」

女勇者「あー、なるほど」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:33:17.83 ID:hEHBIQEL0

女勇者「まあいいや、人間にしては不自然な肌の色を隠すためにも、ローブきた方がいいし、それでごまかせるでしょ」

スライム「そうですね。では日も傾いてきましたし、今日はもう宿に行って寝ましょうか。」

女勇者「そうだねえ……宿か……スライム君、覚悟しといてね」

スライム「何を?」



38:さるった:2011/05/28(土) 00:47:32.36 ID:hEHBIQEL0

女勇者「それっ、ここか?ここもいいな……」ぷにぷに

スライム「んっ……やっ……そんなとこっ……」

女勇者「ふははっ、いやがっっても無駄さっ!そこにぷにぷにがあるかぎり、私はそれを求め続ける!」ぷにぷに

スライム「やっ……だめっ……こんなのっ……端から見たら……い、いやらしいことしてるように見えますっ……」

女勇者「……確かに」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:51:43.31 ID:hEHBIQEL0

女勇者「まあ別にいいんじゃない?私は百合の趣味はないけどね!しかし自分と同じ姿の人を襲うってのは不思議な感じがするなー」ぷにぷに

スライム「そんなあ……」


翌日

女勇者「う、うわあ!何これ!ベッド水浸し!」

スライム「ふわあ……おはようございます」

女勇者「ちっちゃ!」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:54:19.90 ID:gCaShTHAO

ゆうべはおたのしみでしたね



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:56:39.00 ID:X9tPVDzW0

スライム=かわいい を定着させたドラクエの罪は大きい



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 00:58:01.53 ID:hEHBIQEL0

スライム「昨日の勇者さんのせいで汗とかがでて縮んだんですね」

女勇者「うー……寝るたびにこうじゃおちおち寝てらんないなー……」

スライム「いや、勇者さんがぷにぷにしなけりゃいい話でしょう」

女勇者「えー……スライム君ぷにぷに要因として入ったんだからちょっとくらいいいじゃん」

スライム「いや、ちょっとならいいですけど、あれ明らかにちょっとじゃないですよね」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:02:31.73 ID:hEHBIQEL0

女勇者「さて、水分補給してスライム君の体が元に戻ったところで、次のターゲットを発表します」

スライム「何ですか?」

女勇者「ズバリ!東の塔にいる魔王です!」

スライム「ええー!?」

女勇者「なに?」

スライム「いや、いきなり……?」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:05:57.49 ID:hEHBIQEL0

女勇者「大丈夫!ドラゴンとか倒してレベル上がってるし」

スライム「上がってるって言ったってレベル10ぐらいでは話になりませんよ!」

女勇者「スライム君……自分のチートさにまだ気づかないの?」

スライム「!?」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:10:48.77 ID:hEHBIQEL0

女勇者「大きさは自由自在、溶けられる、ちぎれても再生可能、不安な攻撃力は気管に入ったりして動きを止めることでカバー。何というチート!」

スライム「た、確かにそうですけど……敵は魔王ですよ?魔物の王ですよ?私はただの魔物ですよ?」

女勇者「そこを利用するのよ!」

スライム「?」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:15:24.37 ID:ypCPzoyV0

頭脳派か



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:16:16.83 ID:hEHBIQEL0

側近「魔王様、魔王様にお届けものが」

東魔王「ほう、だれからだ?」

側近「南の魔王様からだそうです」

魔王「あー、あいつか。まあいいや、中身は?」

側近「酒でございます」

魔王「ほう!あいつにしては気の利いたものを持ってくるじゃないか!では、一杯もらおうかな」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:22:47.80 ID:hEHBIQEL0

魔王「」ゴクゴク

側近「美味しいですか?」

魔王「ああ、美味い……うぐっ!?」

側近?「ふふふ……作戦成功ね」

魔王「お、お前……だれだ?……ぐぅ……側近じゃ……ないな?」

側近?「ふっふっふ……はーはっはっは!その通り!」バッ

女勇者「私だ!」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:26:09.30 ID:+WEbUVe50

>>51
お前だったのか!



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:27:54.18 ID:hEHBIQEL0

女勇者「忍び込んで変化の杖手に入れて成り代わってた」

魔王「……酒に毒でも仕込んだか……?だが……私にこのような狡い手など効かぬ!」

女勇者「わかってるよ……素ライム君」

スライム「はい!」しゅわわわわわわ

魔王「!?」



57: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/05/28(土) 01:28:43.30 ID:dLoAerAl0

素ライム…



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:32:20.03 ID:hEHBIQEL0

魔王「な……何が起こっている!?」

女勇者「簡単だよ。体内にいるスライム君に水分を吸い取ってもらってるだけ」

魔王「な……何……だ……と……」

女勇者「さよなら。魔王」

魔王「ふ……ざ……」どさっ



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:33:46.80 ID:iYBQwkfCO

強すぎワロリンヌ



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:36:01.20 ID:hEHBIQEL0

女勇者「やった!勝った!」

スライム「こんな勝ち方でいいんですか?」

女勇者「いーのよ。結果が全てだから」

女勇者「このからっからの魔王、魔王のミイラとかって言って高く売れないかな」

スライム「やめてください!」



69: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/05/28(土) 01:40:11.99 ID:dLoAerAl0

短い旅だったな…



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:43:58.71 ID:hEHBIQEL0

魔物A「あっ、進入者!」

魔物B「貴様等!何をしている!」

スライム「普通に強い魔物の集団……どうしましょう……」

女勇者「余裕余裕。……魔物共よ!この通り、お前等を統べる魔王は死んだ!さっさと散るがいい!」

魔物C「ま、魔王様が……」

魔物D「魔王様倒すやつなんかにかないっこねえよ……」

魔物共「「「にげろー!」」」


女勇者「ほらね」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:48:22.42 ID:hEHBIQEL0

女勇者「さて、これからどうしよう?ほかの魔王でも倒す?」

スライム「あのー……女勇者さんはどうしてそんなに魔物を倒したいんですか?王様に頼まれたんですか?」

女勇者「んーん。ただの趣味だよ」

スライム「そ、そうですか……」

女勇者「っていうのは冗談でー、ちゃんと理由はあるんだよ。聞きたい?」

スライム「はい」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 01:56:09.09 ID:hEHBIQEL0

女勇者「私の両親は奴隷出身でね……その子供の私は小さい頃よくいじめられたんだよね。何かするたびに奴隷、奴隷ってね。下の身分の奴は何やってもできない、そんな感じだった」

スライム「……」

女勇者「奴隷出身だから親もろくな職につけない。だから金がない。そんなわけで金を稼ぐために王から出されたお触れ【君も勇者になろうキャンペーン】だっけ?モンスター倒して賞金ゲットって奴。あ、今考えたら一応王様に言われてしたことにもなるのかな」

スライム「……」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 02:02:26.68 ID:hEHBIQEL0

女勇者「まあそれでドラゴン倒そうとしてたわけで……でも、スライム君と出会って決めたんだ。たとえみんなから弱者と言われようと、やれば何でもできることを証明しようって」

スライム「……」

女勇者「あ、スライム君をぷにぷにしたかったのはホントだよ?」

スライム「勇者さん……」ぎゅっ

女勇者「な、何?いきなり人型になって抱きついて…………ひんやり……きもちいい……」ぎゅっ



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 02:08:17.73 ID:hEHBIQEL0

王「えー、ごほん。洞窟のドラゴン、東の魔王を倒したことにより、これを賞する」つ賞状

女勇者「賞金は?」

王「そうせかすな。お主には賞状を、そちらに賞金をとしほうがいいだろう」つ1000万G

スライム「ありがとうございます」

王「いやー、お主等は本当によくやってくれた。感謝しておるぞ」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 02:17:56.53 ID:hEHBIQEL0

スライム「よかったですね!1000万Gですよ!僕はお金使わないんで、勇者さんに全部あげますね。」

女勇者「ん、ありがとう。素直に受け取っとく。そうだ、スライム君私の家来る?家族に紹介しときたいな」

スライム「はい、行きます」

女勇者「ねえ、今まだ私の姿だけど、もう町だいぶ回ったから、男の姿になれるよね?」

スライム「はい、なれますね」

女勇者「私がスライム君を仲間にするときの言葉、覚えてる?」

スライム「何ですか?」

女勇者「人間も魔物も、種類が違うだけで同じ生物だって言ったんだよ。」

スライム「そうですか……ついこの間なのにかなり前に感じますね」

女勇者「てなわけで……改めてこれからよろしくね!」


おわり



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/28(土) 02:19:47.39 ID:ATWk3uGL0

ん……おわり?



おつ、愉しかった



81: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/05/28(土) 02:20:39.25 ID:dLoAerAl0


短いが面白かったお



ログ・ホライズン2 キャメロットの騎士たちログ・ホライズン2 キャメロットの騎士たち
橙乃 ままれ,ハラ カズヒロ

エンターブレイン 2011-05-30
売り上げランキング : 149

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年05月28日 08:46
          • 良い締めだったな
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年05月28日 09:05
          • 見た目はドラクエのスライムで能力はウィザードリーかおそろしや
          • 3. 名無し
          • 2011年05月28日 10:42
          • 魔道物語のスライムしか思い浮かばなかった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年05月28日 11:21
          • 1レスで読むのをやめた
            しょーもね
          • 5. ななし
          • 2011年05月28日 12:09
          • このしょうもない感じがいいというのにwww
          • 6. ソランザム!
          • 2011年05月28日 15:55
          • 4 広告の読みてぇ!!
          • 7. 名無し
          • 2011年05月28日 17:41
          • 女勇者が唯だった
          • 8. 愉快な名無しさん
          • 2011年05月28日 18:07
          • 5 良かった

            短くてサクサク読めた
          • 9. 島地黙雷
          • 2011年05月28日 19:57
          • 女勇者が死んで怒り狂ったスライムがマダンテを覚え、やがては魔王に君臨する展開はまだですか?
          • 10. 名無し
          • 2011年05月29日 01:19
          • 短めだったけど良かったよ!
          • 11. KK
          • 2011年09月19日 20:11
          • サブ~~~~~まだ?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月09日 22:40
          • まさか暗器とは思わなかった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月22日 04:09
          • 男に変身させようとする辺り、夜まで書かないで正解だったね
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月23日 12:10
          • 3 面白かった。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月21日 13:47
          • イイね!!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月27日 22:59
          • リムル?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月02日 23:55
          • 5 面白かった。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ヒナまつりSS】高校生ヒナちゃん日曜日のおつかい
        • モバP「イエーイ! 今日は俺の誕生日だぜ!」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        • 【アイマス】響「どうしよ」P「うーん……」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ