TOP

翠星石「愛って何ですか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:14:57.36 ID:l7kxzPnW0

翠星石「真紅なら知ってると思ったんですが……」

真紅「いきなり過ぎて意味が分からないのだわ」

翠星石「だ~か~ら~、愛について知りたいんですぅ!」

真紅「そうね、愛とは大切に思う暖かい感情、人を慕う心。一般的には異性に対する気持ちとして知られているのだわ」

翠星石「そんな辞書から引っ張り出したような言葉じゃなくて、もっと、こう、どういったものなのかが知りたいんですよ」


ID:fikmlJaG0



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:17:25.03 ID:fikmlJaG0

>>1
代行ありがとうございます

真紅「どうしたの?一体全体そんなことを翠星石が言うなんて」

翠星石「……私達が人形なのは誰しもが知っている事実です」

真紅「もちろん。私達はお父様が作った誇り高き薔薇乙女だわ」

翠星石「今更その事実にどうこう言うつもりはないです。だからこそ、私達はいくら何かを思おうが、何かを起こそうが、それはまがい物じゃないかって」

真紅「どうして?」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:18:27.55 ID:fikmlJaG0

翠星石「だってそうじゃないですか!私達は高望みしようが、所詮は人形!!……生きている者じゃないんですから」

真紅「……」

翠星石「……つまらんことを言っちまったようです。忘れてください、真紅」

真紅「そんなことないのだわ」

翠星石「え?」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:19:28.49 ID:fikmlJaG0

真紅「確かに私達は行きている者達とは違って、本来は動かざる者。こればかりはどうしようもない」

翠星石「じゃあ」

真紅「でもそれを気にする必要はあるのかしら?私達は自分で考え、自分で行動し、そして衣食住を持っている。何ら人間と変りないのだわ」

翠星石「……そうですね。それじゃ、私達にとって愛ってなんなのですか?人間とは明らかに違う。けれど人間とどこか似ている」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:20:30.03 ID:fikmlJaG0

真紅「こればかりは私も分からないのだわ」

翠星石「手詰まりですね」

真紅「……そうだわ。私達じゃ分からないのなら、他の姉妹に聞けばいいのだわ!」

翠星石「Great!そいつは名案です!!」




蒼星石「で、僕の所に来たのかい」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:21:32.56 ID:fikmlJaG0

翠星石「蒼星石なら何か知ってるんじゃないかと思ったんです」

真紅「普段からぶっ飛んでる蒼星石なら、ね」

蒼星石「失敬だなあ。それにしても愛、ねえ。中々難問だと思うよ」

翠星石「どうしてですか?」

翠星石「まずこの手の精神的なものには明確とした答えがないっていうのが一つ。千差万別、一人一人答えが違うのだから明言することが出来ない」

真紅「確かにそうなのだわ」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:22:34.79 ID:fikmlJaG0

蒼星石「それともう一つ。これは案外皆気付いていないけれど、愛やら恋なんて曖昧なものは実は自分でもよく分かっていないんだ」

翠星石「そんなこと有り得るんですか?だって自分のことですよ?」

蒼星石「それが有り得るんだよ。二人はツンデレっていう言葉を知ってるかい?」

翠星石「知らんです」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:23:37.25 ID:fikmlJaG0

真紅「普段ツンツンしてるけど、時たまデレーっとなってしまう女の子のことでしょう。ジュンが好きそうなタイプだわ」

蒼星石「そう、そのツンデレ。一概には言えないけれど、あれって本当は好きなのについつい素っ気なく当たってしまうことだよね」

翠星石「理解できんですぅ。好きならドーンッとぶつかりやがれですよ!!」

蒼星石(おまえが言うな)



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:24:40.65 ID:fikmlJaG0

蒼星石「ああいうのって自分の気持ちに整理がついていないからそうしてしまうんだ。勿論端から見れば、どう思っているのかは分かる。けれど」

真紅「本人は自分の本当の気持ちに気付いていない」

蒼星石「その通り。これに限ったことではないけど、紳士な幼女好きのお兄さんが実は熟女好きだった、ってことは珍しくもなんともない」

翠星石「なるほど……」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:25:42.52 ID:fikmlJaG0

蒼星石「この通り人の考え、感情なんて意外とコロコロ変わるものさ。だからこういったあやふやな気持ちを言葉にするのは簡単じゃないよ」

真紅「それで敢えて聞くけれど、蒼星石は愛とはどういうものと考えているのかしら?」

蒼星石「そうだね。僕は愛っていうのはコインのようなものだと考える」

翠星石「コイン?」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:26:46.88 ID:fikmlJaG0

蒼星石「ここに百円玉がある。聞くけど、二人はこの百円玉のどちらを見て百円玉と判断する?」

翠星石「この100が見えるところですよ。だって100円ですから」

真紅「こっちの桜がみえる方だわ。造幣局だって便宜上年号の記された面を「裏」としているし」

蒼星石「どちらも正解だね。どちらも百円玉として違いはないんだから」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:27:50.40 ID:fikmlJaG0

蒼星石「表で判断する人もいる。裏で判断する人もいる。もちろん表裏で判断する人もいるだろうし、百円というくくりなら十円玉十枚でもいいはずだ」

蒼星石「こういうふうに皆違った解釈をし、そして皆の解釈を受け入れる。それが愛なんじゃないのかな」

翠星石「なるほど。流石蒼星石、言うことが違うです」

真紅「勉強になったわ」

蒼星石「はは、どういたしまして」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:28:55.33 ID:fikmlJaG0

翠星石「それで、蒼星石は百円をどう判断するんですか?」

蒼星石「僕は横を見て判断するのさ!!ギザギザがたまらないよっ!!ハアハア!!」

真紅「……」

翠星石「……流石蒼星石ですぅ」




水銀燈「蒼星石の次に私のとこに来たわけ?私も暇じゃないんだけど」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:30:03.36 ID:fikmlJaG0

真紅「万年暇人娘が何を言ってるのだわ」

翠星石「毎度毎度アリスゲーム、ごくろうさんです」

水銀燈「ジャンクにするわよォ!?」

真紅「ま、そんなことはどうでもいいのだわ。水銀燈、愛について貴方はどう思うの?」

水銀燈「調子狂うわね……。そうねえ、強いて言うなら、自分の欲求を満たす口実?」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:31:05.26 ID:fikmlJaG0

翠星石「……うわあ」

水銀燈「何よ!言いたいこと言っただけじゃない!!」

翠星石「水銀燈は薔薇乙女としての自覚はないんですか!?」

真紅「翠星石、言いたいことは分かるけれど水銀燈の言っていることも一理あるわ。ただ欲望に忠実すぎるだけで」

水銀燈「一言多いわよ!でもそうじゃない?愛っていう言葉で隠しているだけで、その言葉自体に何かを求めてはいない」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:32:22.21 ID:fikmlJaG0

翠星石「ううむ、水銀燈のくせに言うことはいっちょ前ですね」

真紅「キスをしたい、セックスをしたい、お金が欲しい、高価なものが欲しい……。愛の後ろにはそういった欲望が少なからず含まれている」

翠星石「そう言われれば……」

水銀燈「でもそういうのは間違いじゃないわよ。元々欲っていうのはどんな生物にも存在するのだし」

翠星石「それを言ったら元も子もないですけどね」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:33:24.45 ID:fikmlJaG0

水銀燈「だから私達も例外じゃないんじゃないの?ああ、お父様に関する私の愛は無論本物よ」

真紅「でもお父様って、いわゆるペディオフェリアの類よね?」

水銀燈「いいのよ。それはそれで」

翠星石「もはや狂信のレベルですね」

真紅「心中お察しするのだわ」

水銀燈「ジャァアンクにしてやるわああああ!!」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:34:26.69 ID:fikmlJaG0

ジュン「最後が僕か」

真紅「正直ジュンには期待してないのだわ」

翠星石「チビ人間の考えを笑ってやるのもいいかと思って来たんです」

ジュン「それなら僕のところに来るなよ……。第一、僕に愛とか分かると思うのはおかしい」

翠星石「童貞の意見も尊重すべきですよ」

ジュン「僕ぐらいの歳なら当たり前だ!!」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:35:33.49 ID:fikmlJaG0

真紅「どうかしら。家から出ることもろくに叶わない引きこもりがどうして童貞を卒業できるの?」

ジュン「ええい、うるさいなあ!!いいんだよ、そんな将来のことなんて!!」

真紅「そんな甘いこと言っていられるのも今のうちよ。のりがお嫁に入ったらチェックメイトなのだわ」

翠星石「し、真紅!そんなことばかり言ってるとジュンが立ち直れなくなるですよ!?」

真紅「たまにはいいのだわ。もっとしっかりしてもらわないと」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:37:11.49 ID:fikmlJaG0

ジュン「もういいだろ……。僕の主観で語るぞ?」

翠星石「とびきり爆笑できるのを期待してます」

ジュン「ご期待には添えないだろうけど。僕は愛っていうのは認められるものだと思う」

翠星石「認められる?」

ジュン「ああ」

真紅「どういうこと?」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:38:14.35 ID:fikmlJaG0

ジュン「人っていうのは誰かに認めてもらいたい生き物だろ?まあ、それはお前達も例外じゃないけど」

翠星石「水銀燈の執着ぶりは目を見張るものがありますからね……」

真紅「本当にいい加減にしてほしいのだわ」

ジュン「水銀燈もそうだけど、お前達はアリスになってお父様に会うために頑張るんだろ?それはどうしてだ?」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:39:23.05 ID:fikmlJaG0

翠星石「そりゃお父様に認め……。なるほど」

ジュン「そうだよ。結局行き着く先がお父様に認められることだ」

ジュン「これがアリスじゃなく、究極のごますり器になったらお父様に認められるって言われてもお前達は頑張るだろうな」

真紅「私達の目的は最終的にアリスになることじゃなく、お父様に認められること?」

ジュン「そういうことになるな。とりわけ水銀燈はその願望が強いからアリスゲームにハッスルするんだよ」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:40:24.98 ID:fikmlJaG0

翠星石「ほお。チビ人間にしてはいいこと言うです」

ジュン「そいつはどうも。多分人間もそうなんじゃないか?告白しようにもできない人は自分の思いが否定されるのが怖いから出来ない」

真紅「けれど認めて欲しいのもあるから余計悩む……」

ジュン「そんな感じじゃないかな。僕はそういった経験がないからよく分からないけれど」

真紅「……そうかしら?」

ジュン「なんだって?」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:41:28.70 ID:fikmlJaG0

真紅「愛ではないけれど、ジュンにもそういった経験はあるはずよ」

ジュン「……そうかもしれないな」

真紅「心配しなくてもジュン、貴方を認める人はたくさんいる」

ジュン「お前達に認められても嬉しくないよ」

翠星石「またチビ人間は強がり言って」

ジュン「う、うるさいよ」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:42:29.86 ID:fikmlJaG0

翠星石「少しだけ分かったような、分からないようなって感じですよ」

真紅「それでいいと思うのだわ。聞いた皆はあくまで自分の主観を言っていただけなのだから」

翠星石「翠星石も自分で探せってことなんですかね?」

真紅「そうかしらね」

翠星石「やれやれ、疲れたですよ。でも私達にとって愛なんていうのは、大して人間と変わらないみたいですね」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:43:34.49 ID:fikmlJaG0

真紅「ええ。よくよく考えれば当たり前のことなのだわ」

翠星石「そうですか?」

真紅「私達は確かに人間と違って本来動かざる者。けれど、そんな私達を作ったのは他ならぬ人間、お父様なのだわ」

翠星石「人間が作ったのだから、人間に似ていて当然?」

真紅「おそらくは。だからこうして愛という人間特有の考えについて深く考えることが出来るのだし、それぞれの考察により自分の考えを導くことが出来る」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:44:43.43 ID:fikmlJaG0

翠星石「おお。最後に真紅がまとめに入るとは」

真紅「ようするに」

翠星石「ようするに?」

真紅「考えても仕方のないことだわ」



誰も見てないみたいだし、ここで終ってもいいかな……?



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:50:19.78 ID:fikmlJaG0


次の日

翠星石「それにしても……。意外でしたね。まさか真紅にも分からないことがあるなんて」

雛苺「うゆ?真紅にも分からないこと?」

翠星石「雛苺にはもっと分からないと思うです」

雛苺「そんなことないもん!まだ何かすら分かってないのよ!」

翠星石「いや、分からんと思いますが……。愛ですよ」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:52:35.43 ID:fikmlJaG0

雛苺「藍?」

翠星石「違うです!!愛ですよ!I LOVE YOUの愛!!」

雛苺「愛?翠星石は好きな人でもいるの?」

翠星石「うっ……。鋭いところをついてきましたね」

雛苺「ヒナにも教えてー」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:55:35.00 ID:fikmlJaG0

翠星石「お子様苺には関係ないことです。翠星石の愛と雛苺の愛は違うですよ」

雛苺「どうして?愛っていうのは誰でも同じニュアンスじゃないの?」

翠星石「ふっふっふ。これだから雛苺はお子様なんですよ。いいですか?愛は人それぞれなんです」

雛苺「どういうことー?」

翠星石「人を好きになるのは皆が皆同じじゃないんですよ」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:53:32.83 ID:ZJvEGGt20

金糸雀がでるまで粘る



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 13:59:17.69 ID:fikmlJaG0

>>33
もうすぐ出ます。原作しか知らんからアニメとノリ違うかも


雛苺「分かんないのー。ヒナはジュンも好きだし、真紅も翠星石も金糸雀も好きなのよ?」

翠星石「雛苺の愛と私の愛は重みが違うんです」

雛苺「どうして?好きと愛しているはどう違うの?」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:03:07.76 ID:fikmlJaG0

翠星石「それは……」

雛苺「苺大福だって好きなのよ?それは愛じゃないの?」

翠星石「いや、愛っていうのはそういうんじゃなくてですね、もっと深いというか、好きのもう一つ上なんですよ」

雛苺「……確かに好きと愛してるは違う気がするの。ジュンだって一昨日の晩『愛してる、愛してる、愛してるッ!!』って叫んでたの」

翠星石「……それでどうなったんですか?」

雛苺「ティッシュ箱が一つ消えたのよ」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:06:07.91 ID:fikmlJaG0

翠星石「……幻滅ですぅ」

雛苺「それをジュンに聞いたら『あ、ああ!!新手の儀式を始めたんだ!全く、これが日課になっちゃって困っちゃうよ』って言ってたの」

翠星石「流石はチビ人間、言い訳も女々しいですね……。じゃ、なくて!愛についてですよ!!」

「その答え、教えてあげるかしら!!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:08:35.28 ID:ZJvEGGt20

金糸雀キター



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:05:25.21 ID:wjRbx1z30

これだけSSしかないSSスレ初めて見たわ
ローゼンって本当にオワコンなんだな



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:08:53.86 ID:fikmlJaG0

>>38
確かに……。自分の文章力がないからかもしれませんがね


翠星石「お、お前は!!」

金糸雀「華麗に登場かしら!!」

雛苺「窓の外から言われても全然華麗じゃないのよ」

金糸雀「ううっ。窓を開けて欲しいかしら……」

翠星石「はいはい、今開けますよ」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:13:08.16 ID:fikmlJaG0

金糸雀「ふう。ありがとうかしら~」

翠星石「全く、いつもいつも勝手に入ってくるくせに、今日に限ってどうしたんです?」

金糸雀「鍵が閉まってたの。ちゃんと開けておいて欲しいわ!!」

雛苺「ふてぶてしいのね金糸雀」

金糸雀「雛苺に言われるのはショックかしら……。まあいいわ。それで、さっき面白いこと話してたようね」

翠星石「割と収集つかない話ですけどね」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:17:00.20 ID:fikmlJaG0

金糸雀って人気なんだな……。書きやすくていいけど


金糸雀「カナが思うのに、愛っていうのは優しさのことじゃないかしら」

翠星石「優しさ?これはまた素っ頓狂な言葉を……」

金糸雀「今日は大真面目よ。カナのマスター、みっちゃんのことだけど、カナはみっちゃんを愛してる。それは異性に向けての意味じゃないけれど」

雛苺「ヒナと同じような感じ?」

金糸雀「そうかも」

翠星石「小癪なことに雛苺の意味が全然分からないです」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:21:59.38 ID:fikmlJaG0

金糸雀「それはみっちゃんが優しいからかしら。みっちゃんは残業とかで忙しいのにも関わらずカナにいつも笑顔を振りまいてくれる」

翠星石「金糸雀のマスターは人が良さそうですからね」

金糸雀「それは本当に金糸雀が大切じゃないと難しいと思う。みっちゃんだって腹がたつときもある。いらいらしていることもあるかしら」

雛苺「そんな時金糸雀はどうするの?」

金糸雀「いつも通り声をかけるかしら。そうしたらみっちゃんも『金糸雀、どうしたの?』って声をかけてくれる」

翠星石「なるほど、確かに優しいですね」

金糸雀「だからこそカナもみっちゃんが大切だし愛してる。これは好きの一つ上、やっぱり愛ってことじゃないかしら?」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:25:00.02 ID:fikmlJaG0

翠星石「それも一つの愛ってことですか」

金糸雀「カナはそう思うかしら」

雛苺「じゃあヒナの好きも?」

金糸雀「もちろん愛ね。胸を張って言えばいいかしら」

翠星石「金糸雀の考え、共感しました。けれど、それじゃますます愛について分からなくなったですよ」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:27:19.22 ID:fikmlJaG0

金糸雀「どうして?さっき翠星石言ってたじゃない。愛は人それぞれって」

翠星石「そりゃいいましたよ。でも、その中の人に私は含まれていません」

雛苺「どうしてなの?」

翠星石「……私の愛が何なのか、よく分からないからです」

雛&金「……」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:31:44.93 ID:fikmlJaG0

翠星石「今まで聞いてきたのはどれも愛に関することです。けれど、それらは異性に対するものではなく、愛そのものの本質に対する答だったんですよ」

金糸雀「難しいことを言うかしら……。でも、そうかも。カナもそれについてはよく分からない」

雛苺「そもそもローゼンメイデンは恋なんかしたことないのよ」

翠星石「別に誰かが決めたわけではないんですが、私達は恋愛というものを一種のタブーにしていた節があると思うんです」

金糸雀「人間と結ばれていいはずがないと思っていたから……」

翠星石「馬鹿馬鹿しい話ですが、皆そう思っていましたからね」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:35:21.72 ID:fikmlJaG0

金糸雀「……いや、誰しもそうじゃないかしら?」

翠星石「はて?おかしなことを言いますね」

金糸雀「人間だってそうかしら。誰しもアドバイスをもらったりするけれど、最初は皆何も分からないまま、初々しいまま恋愛をするわ」

雛苺「そうなの?」

翠星石「なるほど」

金糸雀「私達が知らないのも無理ないわ。だって人間でさえ知らない人たちもいるもの」

翠星石「どこぞのチビ人間もそれっぽいですしね」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:38:04.10 ID:fikmlJaG0

金糸雀「だから何を言いたいのかっていうと」

翠星石「習うより行動しろってことですか」

金糸雀「ああん!!それカナが言いたかったかしら~!!」

雛苺「ご愁傷様なのよ金糸雀」

翠星石「でもアドバイスが欲しいところですね。……いいこと思いついたですよ」

金糸雀「何かしら?」

雛苺「ヒナも聞きたいのよ」

翠星石「いいですか?」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:40:13.51 ID:fikmlJaG0

翠星石「ごにょごにょ……」

金糸雀「何々、水銀燈を?……面白そうこの上ないかしら!!」

雛苺「いっぱいくわせることができるのよ!!」

翠星石「ちと恥ずかしいですが、これで決まりです。まずはジュンの部屋に行くですよ!」

雛&金「ラジャ」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:43:38.77 ID:fikmlJaG0

ジュンの部屋にて


翠星石「ジュンは図書館、真紅はジュンについて行ったですし、作戦は完璧」

雛苺「これがジュンのパソコンなのよ」

金糸雀「これ、使えるのかしら?」

雛苺「任せといて!使い方はジュンのを見てだいたい憶えているのよ!」

翠星石「……いっつも見てたんですか?」

雛苺「それは言わない約束なのよ」

ガサゴソガサゴソ



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:41:33.98 ID:ZJvEGGt20

案外長いのな



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:47:40.43 ID:fikmlJaG0

>>58
途中から即興ですから多分すぐ終わるかと


翠星石「……イッパイフォルダ分けされててどれがどれだか分からんです」

金糸雀「ガードは固いかしら……」

雛苺「この『グロ画像』フォルダから『スプラッター映画』に入り、『お気に入り映画』に入るとあら不思議」

翠星石「……女体盛りですね」

金糸雀「お、男の人って凄いかしら……」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:52:19.74 ID:fikmlJaG0

雛苺「ジュンはいっつもこれを見てるのよ」


「らめ、らめらめらめ、イッチャウっー!!」

翠星石「病院を主題とした作品みたいですね……」

金糸雀「……これは恐ろしい変態かしら……。このオジサン、鬼畜というか……」

翠星石「こんなアブノーマルなもんいいですから、もっとノーマルのを!!」

雛苺「うゆ~。シリーズ全部パソコンに入ってるのに」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:48:11.13 ID:sWYuYsBY0

復興を狙うなら今流行のジャンルとのクロスモノを書くといいぞ
今ならまどかとかISとかがおすすめだ

VIPじゃ禁書も既に下火になりつつあるから気をつけるこった
京アニ作品とか西尾作品なんかは既に終わってるから避けたほうがいい



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:55:04.11 ID:fikmlJaG0

>>63
まどかは今人気だけれど、自分の文章じゃうまくできませんから……。


――そして


翠星石「ま、まあ、知識はついたです」

金糸雀「役に立つことは一生無いと思う」

雛苺「張り切って水銀燈のところへ行くのよ!!」

緑&金「お~」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 14:57:53.91 ID:fikmlJaG0

――水銀燈の元



水銀燈「どうしたのよ。また何かあったわけ?」

翠星石「いや~。ちょっと愛について聞きたいと思って」

金糸雀「一番上のお姉さんならもっと詳しく知ってると思ったのかしら」

水銀燈「目の付け所がいいじゃない。いいわ、何でも聞いてあげる」

(かかった!!)



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:00:09.30 ID:fikmlJaG0

雛苺「水銀燈は愛をどう考えてるの?」

水銀燈「そんなの決まってるじゃない?欲望を満たすものよ」

雛苺「セックスでも?」

水銀燈「は?」

雛苺「それがセックスでも?」

水銀燈「え、ええ、そうね。それがセックスでもよ」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:04:50.92 ID:fikmlJaG0

少し前



翠星石「いいですか?水銀燈でさえ色恋沙汰には無縁なんです」

金糸雀「それはそうかしら。そもそも水銀燈が男の人と付き合うなんて想像も……」

金糸雀「……それはそれで出来ちゃうかしら」

翠星石「ですから、からかう機会には丁度いいです。そういう経験がないウブのプライドの高い女にそういう刺激の強い話をすればどうなるか?」

雛苺「面白そうなのよ」

金糸雀「ちょっと軽めの性知識を振ってやると途端に慌てるかしら?」

翠星石「もちろん!」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:08:29.71 ID:fikmlJaG0

――現在


雛苺「水銀燈はお姉ちゃんだし、そういう知識に詳しいの?」

水銀燈「も、もちろんよぉ」

翠星石(うまい。相手を立てた上で相手を自分のペースに持ち込んでいる)

金糸雀(自分の立場を十分熟知した素晴らしい戦略かしら)

雛苺「じゃあ、聞くけど」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:16:37.33 ID:fikmlJaG0

雛苺「スカトロプレイって愛なの?」

水銀燈「は?え、ちょっと待って?」

雛苺「食べるのもいいけれど、塗りたくるのもありだと思うのよ。確かに行為自体は人道と大きくかけ離れているけれど、それをお互いが認知すればいいの?」

雛苺「世間的には間違っているし、ましてや糞という汚物を人間が食すなんてどうかしているけれど、それも愛の行為?」

水銀燈「ちょ、え?翠星石?金糸雀?」

緑&金「……」

水銀燈「何?ス、スカト?よく分からないんだけど?」

雛苺「けれども人道的というのは社会、そして文化によて形成されるのだからそれら特有の習慣があるはず。けれど多くの文化圏はそれを認めようとしない」

水銀燈「……私にどうしろっていうのよぉ……。うう、全然分かんないわぁ……」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:22:18.14 ID:fikmlJaG0

雛苺「そもそも非人道とされる食人行為は太古の昔には平然と行われていたはずなの。しかもそれは英雄的行為だったはず。じゃあ、敗者の文化として食糞行為もまた正しいのではないかと……」

水銀燈「翠星石ぃ~。私じゃ全然ついて行けないのよぅ。シクシク、私が何をしたっていうのよぉ」

翠星石「……安心しやがれです。水銀燈は何も悪くないんですよ」

金糸雀「……ヤクルトあげるからうちに来ないかしら?みっちゃんも喜ぶわ」

水銀燈「ヤクルト、行くぅ」

雛苺「その行為が生まれたのはやはりアダムとイブが……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:25:19.49 ID:fikmlJaG0

みっちゃんの家




翠星石「スマンです。まさか雛苺があんなマニアだったとは」

水銀燈「未だに寒気がするわ……。愛って、深い……」

金糸雀「それは断じて愛じゃないかしら。はい、ヤクルト」

水銀燈「ありがと。それにしても、アンタのマスターは?」

金糸雀「みっちゃんはまだお仕事かしら。もうすぐ戻ってくるだろうけど」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:29:26.24 ID:fikmlJaG0

翠星石「それじゃ、金糸雀のマスターが帰ってくるまで何かしますか」

金糸雀「ゲームでもしようかしら」

水銀燈「いいわね。私、あんまりそういう機会なかったし」

金糸雀「どういうジャンルがいい?みっちゃんとはシューティングばかりしてるけど」

翠星石「うちもチビ人間と結構やってますしね。うーん、シュミレーションゲームなんかどうですか?」

水銀燈「何それ?」

翠星石「擬似恋愛のことですよ。もてない男がするんです」

金糸雀「みっちゃんがだいぶ前にはまってたのならあるかしら」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:32:35.34 ID:fikmlJaG0

翠星石「ふむふむ。……これは野球のゲームじゃないんですか?」

金糸雀「よく分からないけれど。でもみっちゃんが『これはもはやギャルゲーよ!』って言ってたから間違いないかしら」

水銀燈「何でもいいわ。早くやるわよ!」

翠星石「主人公がホームレスとはまた斬新なゲームですね……」

金糸雀「小学生を助けるなんて、男が出来てるかしら!」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:36:24.87 ID:fikmlJaG0

しばらくしたのち



金糸雀「この子、この子がみっちゃんおすすめっていってたかしら!」

翠星石「この武美っていう娘ですか?なーんかパッとしないですねえ」

水銀燈「そうよ。こんなおっさんとなんか釣りあわないわ!」

翠星石「なんか水銀燈、ノリノリですね」

水銀燈「こういうのってなんかいいわぁ」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:40:43.66 ID:fikmlJaG0

また少し後


みっちゃん「ただいま~。金糸雀?」

「もう、ヘタクソですね!ちょっと任せろです!」「ああ~、カナが華麗に決めたかったのに~」
「アンタも中々ヘタクソじゃない……。私がやるわ」「水銀燈が上手すぎるだけですぅ!」

みっちゃん「聞こえてないみたいね。夕飯、作っちゃおうかな」

翠星石「この眼帯野郎、ムカつくですよ!」

金糸雀「助っ人ってずるいかしら!」

水銀燈「主人公もそうでしょうに……」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:46:34.01 ID:fikmlJaG0

――そして


『くやしいなぁ、くやしいなぁ』
『泣けないなんて、悔しいよぉ……』

翠星石「この、この娘に助かる道はなかったんですか!?こんなのって……」

水銀燈「嘘よ。嘘よ嘘よ嘘よ嘘よ!!この娘、頑張ったじゃない!!あんなに好きだったのに、あんなに深く愛していたのに、そんなのってあんまりよっ!!」

金糸雀「あきらめちゃダメかしら!!きっと、きっとどこかで生存する方法があるかしら!!」

水銀燈「探すわよ!」

翠星石「おお!です」

みっちゃん「ふふ。その前に、晩ご飯食べる?」

金糸雀「食べる!」

翠星石「勿論」

水銀燈「体力付けとくわぁ」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:49:52.64 ID:fikmlJaG0

翠星石「よかったよかった……」

水銀燈「この二人はいつまでも結ばれるのよ……」

金糸雀「凄く疲れちゃったかしら……」

翠星石「これも立派な愛ですよね?」

水銀燈「ええ。二人の仲を応援する、この清々しさ。並のラブじゃなかった」

金糸雀「水銀燈、凄く臭いセリフかしら」

水銀燈「う、うるさいわね。ふんっ、私だってこういう時もあるのよ」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:53:02.51 ID:fikmlJaG0

みっちゃん「そろそろ寝る?」

翠星石「げ。もうこんな時間ですか」

金糸雀「熱中しすぎて時間がたつのが早いかしら」

みっちゃん「ジュンくんにはもうお泊りするかもって伝えといたわ。どうする?」

翠星石「うーん……」

水銀燈「たまには鞄の外でも良いんじゃないの?」

翠星石「……そうですね。お言葉に甘えるですよ」

金糸雀「お泊りかしら~」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 15:57:57.64 ID:fikmlJaG0




翠星石「水銀燈、起きてるですか?」

水銀燈「何よ」

翠星石「昨日、今日はいろんなことがあったです。まだ私の気持ちは分かりませんが、愛について少しだけ考えさせられるようになりましたよ」

水銀燈「そうねえ。……アンタ、好きな人いるでしょ?」

翠星石「うっ……。そのネタを振られたのは二度目ですよ……」

水銀燈「他の姉妹は中々疎いからねえ。ちょっと話してごらんなさい」

翠星石「うう、少し恥ずかしいというか」

水銀燈「なに言ってるの。私はアンタの姉よ?悩み事なら話しなさいよ」

翠星石「だ、誰にも言うなですよ――」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:00:46.24 ID:fikmlJaG0

――朝


翠星石「水銀燈、昨日の事は忘れろです!!」

水銀燈「嫌ぁよ。だれがあんな面白い話、忘れるもんですか」

翠星石「水銀燈に話したのは生涯の恥です!!」

金糸雀「カナにも教えて欲しいかしら~」

みっちゃん「はいはい、ご飯よ」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:02:21.76 ID:qPRJtHClO

銀様
カナ


真紅

だっけ?



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:04:13.84 ID:U6AO11bPO

>>87
雪華綺晶「……」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:08:38.88 ID:qPRJtHClO

>>89
七番目だろ
それまでの姉妹の順番があやふやでな…



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:04:39.00 ID:fikmlJaG0

――よく分からないのは、正直今もですけど。異性に対しての愛は、まだ。

けれど、大切な人を思う愛。家族であり、姉妹である者達に対する愛は、彼女たちが教えてくれました。

アリスよりも、時に愛おしくなる者達。その者達と平穏に暮らす。これが、愛じゃないですかね。

私の愛はこんなものです。

では聞きます。




貴方の愛って、何ですか?



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:06:05.84 ID:fikmlJaG0

追いついた方、すみません。一応お終いです。

ただ、真紅と蒼星石の登場が少なかったんで、要望があれば書きます。


雪華綺晶は、ね。



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:10:55.34 ID:qPRJtHClO

>>91
蒼星石お願いします
蒼の子かあいい蒼の子



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:10:21.38 ID:ZJvEGGt20

すごく読みやすかった
また書いてくれ



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:15:30.54 ID:PlNPSQ4K0

翠星石が可愛すぎて生きるのが辛い



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:17:06.46 ID:fikmlJaG0

ただいま
蒼星石メインで良いのかな?



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:21:58.54 ID:fikmlJaG0

とりあえず書きます

蒼星石「やあ真紅。翠星石は?」

真紅「帰ったら居なかったのだわ。……ハブられたようね」

蒼星石「そうかもしれないな。でも、中々ないよね。真紅と二人になるなんて」

真紅「確かにそうね。あまり話す機会もなかったし」

蒼星石「この際、お互い腹を割って話してみようか」

真紅「ええ」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:27:05.38 ID:fikmlJaG0

蒼星石「君は色恋はしないの?」

真紅「……冗談は顔に出るわよ」

蒼星石「はは、まあエイプリルフールだからね」

真紅「聞き返すけれど、貴方は色恋をしないのかしら?想い人はいるんでしょ?」

蒼星石「……それはご想像にお任せするよ」

真紅「普段から酔狂な貴方だけど、義理はきっちり返す真面目なドール」

蒼星石「そうでもないよ?僕の場合、義理とかそんな縛りじゃない」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:31:06.14 ID:fikmlJaG0

真紅「そうかしら?それで線引きをしてそれ以上近づかないように思えるけど」

蒼星石「そんなことはないよ」

真紅「じゃあ、ああ、翠星石ね」

蒼星石「いやいや。君が何を勘違いしてるのかは知らないけれど、僕は翠星石に遠慮なんかしてない」

真紅「それじゃ、どうしてかしら?」

蒼星石「……だって、翠星石のほうが僕より女の子らしいじゃないか」

真紅「蒼星石だって魅力的だわ」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:36:14.11 ID:fikmlJaG0

蒼星石「僕はこれでボーイッシュな感じだからさ」

真紅「自分のことをボーイッシュなんて言える人、はじめて見たわ」

蒼星石「でもね真紅。それで受ける人なんかごく僅かなんだよ。皆カワイイもの好きなんだよ」

真紅「いいえ。蒼星石、貴方は自分が思ってる以上に女性的で美しいのだわ。それは翠星石にも負けないくらい」

蒼星石「……そうかな?」

真紅「もちろん。蒼星石には蒼星石の魅力があり、それは十分美しい」

蒼星石「ありがとう、真紅」

真紅「……結局想い人はいるのね」

蒼星石「しまった!!」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:43:53.93 ID:fikmlJaG0

真紅「誰なのだわ?」

蒼星石「教えないよっ!」

真紅「好きな料理は?」

蒼星石「ビーフストロガノフ!」

真紅「好きな色は?」

蒼星石「翠!」

真紅「好きな陸軍戦車は?」

蒼星石「T-80(軽戦車)!」

真紅「お気に入りのバンドは?」

蒼星石「凛として時雨!」

真紅「好きな人は?」

蒼星石「ジュンく……。しまったああああああ!!」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:50:26.56 ID:fikmlJaG0

蒼星石「ひどいや真紅っ!人の気持ちを弄んで!!」

真紅「勝手に自爆したのは蒼星石だわ。それにしても蒼星石がねえ」

蒼星石「いいじゃないか。僕だって好きになる男性の一人や二人いるさ」

真紅「立ち直りが早過ぎる……」

蒼星石「翠星石じゃないんだ、潔く認めるよ」

真紅「それで?」

蒼星石「それでって?」

真紅「翠星石はいない。ジュンは部屋に一人。後は決まってるのだわ」

蒼星石「……ゴクリ」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 16:54:05.29 ID:fikmlJaG0

蒼星石「って、ごくりじゃないよ!何もしないよ!!」

真紅「そうね、確かに今のままじゃいけないわ。蒼星石、もう少し恥らいを持ちなさい」

蒼星石「なに言ってるの真紅。今更恥らいなんか持ったって仕方ないよ」

真紅「いい?世の中にはギャップというものが存在するのだわ」

蒼星石「ギャップ……?」

真紅「そう、ギャップ。ツンデレもこの部類に入るけれど、男はギャップに弱いのだわ」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:01:07.44 ID:fikmlJaG0

真紅「手始めに蒼星石、スカートを履きなさい」

蒼星石「そんなの持ってないよ……。しかもこのルックスでスカートは似合わないと思う」

真紅「そんなことないのだわ。ここに金糸雀のマスターが作ったワンピースがある。それを身につけると……?」

蒼星石「何これ!?」

真紅「ワンピース」

蒼星石「そうじゃないよ!!やたらフリフリだし、スケスケじゃないか!!僕は夜伽にでも行くのかい!?」

真紅「丁度いいじゃない。つべこべ言わず着なさい」

蒼星石「いやだ、って、ちょ、ちょっと!!じゅ、ジュンくーん!!」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:07:49.49 ID:fikmlJaG0

――そして

真紅(これは、ちょっとやりすぎたかしら……?)

蒼星石「うう。こんなのってないよ……」

蒼星石の今のルックスはまるでヴィーナスのようであった。その美しくも艶めかしい肢体は、男の思考を凍りつかせ、女の嫉妬を燃え上がらせる。
それに加え球体関節が怪しく光り、一見するとミステリアスでもある。また、普段の蒼星石からは感じられない恥らいが垣間見えた。
このような、まるで神が丹念を込めたような体を見て劣情などという浅ましく愚かしい感情は生まれない。
あるのは、神に対する感謝だけである。

真紅(お父様、やはりあなたは素晴らしい)



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:10:55.14 ID:fikmlJaG0

蒼星石「真紅?」

真紅「あ、ええ、行ってくるのよ」

蒼星石「もうヤケクソだよ。これでおかしなことになったら真紅を呪うからね」

真紅「大丈夫、私を信じるのだわ」

蒼星石「ならいいんだけど……。行ってくる」

真紅「検討を祈ってるわ」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:13:50.55 ID:fikmlJaG0

コンコン

「ジュンくん?蒼星石だけど、入るよ?」

ジュン「ああ、どうぞ」


蒼星石の今のルックスはまるでヴィーナスのようであった。その美しくも艶めかしい肢体は、男の思考を凍りつかせ、女の嫉妬を燃え上がらせる。
それに加え球体関節が怪しく光り、一見するとミステリアスでもある。また、普段の蒼星石からは感じられない恥らいが垣間見えた。
このような、まるで神が丹念を込めたような体を見て劣情などという浅ましく愚かしい感情は生まれない。
あるのは、神に対する感謝だけである。

ジュン(こ、こいつは恐ろしい夢だ……。僕の目の前にミロのヴィーナスに匹敵するような女神が立ってるんだからな)



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:17:03.13 ID:fikmlJaG0

蒼星石「ジュンくん?」

ジュン「な。なんだよヴィーナス?じゃなかった、蒼星石」

蒼星石「……?」

ジュン「そ、そんなことよりどうしたんだ?何か僕に用か?」

蒼星石「い、いや、そういうわけじゃないけど……」

ジュン「じゃないけど?」

蒼星石「……用が無ければ、来ちゃいけないのかい?」

ジュン「そんなことはない」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:19:45.96 ID:fikmlJaG0

蒼星石「でも、用という用はないんだ。ごめんね」

ジュン「いや、いいよ。何もないけどゆっくりしていくといい」

蒼星石「何も無いなんてことはないさ」

ジュン「そうかな?僕の部屋にこれといって楽しめるものはないよ」

蒼星石「ううん、だってさ」

ジュン「だって?」

蒼星石「ジュンくんがいるじゃない」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:23:58.18 ID:fikmlJaG0

ジュン「お、おおおう。そうだね、僕がいるよ」

蒼星石「……ちょっと恥ずかしかったんだから、もう少し気の利いたセリフが欲しかったな」

ジュン「そ、そうか。それはすまない」


ジュン(コイツは一体どういうことだ?あの蒼星石がこんなセクシーな服を着て恥ずかしがりながら甘いセリフを言ってくれる)

ジュン(どうやら僕の死期も近いのかもしれない)

蒼星石「そうだね、何かしようか」

ジュン「ああ。でもすることもないし……」

蒼星石「そうだ。ジュンくん、耳掃除やってあげるよ」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:26:46.70 ID:fikmlJaG0

ジュン「耳掃除だって!?」

蒼星石「……そう驚くことかな?あ、昨日やっちゃった?」

ジュン「いや、まだだけど……。いいの?」

蒼星石「うん。こういう時に何かしておきたいからね」

ジュン「分かった。じゃあ、このベッドに寝転がるから適当にやっておいてくれ」

蒼星石「適当だなんて。ちゃんと丁寧にやるよ」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:30:49.66 ID:fikmlJaG0

ジュン「ああ、いいよ、蒼星石……」

蒼星石「っん……。はあ、はあ、気持ちイイ?ジュンくん」

ジュン「いい、いいよ、最高だ」

蒼星石「そう、それは、良かった……。ああん、っく、はあ……」

ジュン「あんまり無理するなよ?」

蒼星石「いいんだ、このくらい。逆に清々しいよ……」

ジュン「ああ、気持ちいい。最高だよ……」

蒼星石「じゃ、次は反対の穴ね」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:33:15.30 ID:fikmlJaG0

――その後


ジュン「ありがとな、蒼星石」

蒼星石「どういたしまして。スッキリしたでしょ?」

ジュン「蒼星石のおかげだな」

蒼星石「はは。……一つ聞いておきたいんだけど」

ジュン「なんだ?」

蒼星石「ジュンくんは僕の事、好き?」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:36:46.04 ID:fikmlJaG0

ジュン「……いきなりどうしたんだ?」

蒼星石「いきなりじゃないんだよ。今日だってそうさ。ずっと前から僕は好きなんだ」

ジュン「……」

蒼星石「困惑するのは分かるよ。でも、答えて欲しい。僕だって人形とはいえ、一応女の子なんだ。焦らされるのは辛い」

ジュン「蒼星石……」

蒼星石「……やっぱり、ドールじゃ無理なのかな……?」

ジュン「……僕は」

蒼星石「……」

ジュン「僕だって好きだ」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:40:47.89 ID:fikmlJaG0

ジュン「でもこの好きは愛なのか、それともただの好きなのかは分からない」

ジュン「でも、そうだな、家族とか、他のドール達の好きよりも、もう一つ上の、好きだ」

ジュン「えーと、だから」

蒼星石「……ふふ。今はそれだけでいいよ」

ジュン「蒼星石」

蒼星石「でも、いつかはちゃんと答えてもらうよ?そうじゃないと嫌だからね」

ジュン「ああ。いつか、ちゃんと答える」

蒼星石「だから、今はこれだけ」


――チュ。

蒼星石「ほっぺだけね!」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:47:43.62 ID:1WP8yu3RO

規制食らった……




真紅「どうだった?」

蒼星石「いや~。失敗だったよ。やっぱりなれないことはするんじゃないね」

真紅「そう。また次があるわよ」

蒼星石「そうだね。また、次がある。……そろそろ僕は帰ろうかな」

真紅「また今度聞かせて欲しいのだわ」

蒼星石「うん。じゃあね」



また今度、今日の成功報告を、ね。



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 17:50:20.19 ID:1WP8yu3RO

と、いうわけでお終いです。最後の最後に規制食らうとは思わなんだ……。


やっぱり蒼の子より翠の子のほうが書きやすいですね。

即興のSSでここまでいくとは思いませんでしたが、なんとか繋いだと思います。ありがとうございました。



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:09:32.54 ID:l7kxzPnW0





128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:10:05.94 ID:Tu469bH/0

 僕の目には、翠星石の持っているものの全てがとても魅力的に見えた。
彼女が手に持つ花やじょうろ、彼女を飾る衣装、
その全てが、美しくあったり、たおやかであったり、愛らしくあったり思えた。

 しばらくは指をくわえて見ているだけだったけれど、
あまりにもうらやましかったから、恥を忍んで『貸してくれ』と頼んでみたこともあった。
ダメでもともとのつもりで言ったのだけれど、彼女は僕の頼みをこころよく受け入れてくれた。
それどころか、彼女は僕に『そんなに欲しいのならあなたにあげる』とまで言ってくれた。
僕は、少なくとも彼女のことを欲深な人物だと思っていたのに。



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:11:56.17 ID:Tu469bH/0

 あの時、彼女の人格をはなから決め付けていた自分を、ひたすらに恥ずかしく思った。
僕が劣等感に溺れるようになったのも、その頃からだったかもしれない。
 しかし、それでも彼女の持ち物を手に入れたことは本当に嬉しかった――はずだったのに。
彼女の物が僕の手に渡ったとたん、それは何の輝きも示さなくなった。
あれ以来、僕は彼女に物を乞うようなことはしなくなった。
遠くで眺めているのが一番良く見えると思ったから。

 実際に、それは確かなことのはず。そう、わかっているのに。
最近、また欲求が抑えられそうになくなってきている。翠星石のとなりにいる彼がたまらなく気になる。
しかし、今回ばかりは、翠星石に頭を下げて頼み込んだとしても、貰うことはできないだろう。
だから、今日も彼をまぶたに焼き付けるため、nのフィールドを通って翠星石の居場所へと向かっている。



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:15:03.13 ID:Tu469bH/0

 今日、彼はどうしているだろうか。期待に胸が膨らむ。少し足早になっているのも否めない。
やがて、nのフィールドと現実世界を繋ぐ扉が前方に視認できた。目的地は目と鼻の先。
気が付くと僕は扉へ全力で駆け出していた。やはり、楽しみでならなかった。
そして、扉を開けて鏡の外へ出ると――いかがわしげな物品が、ところ狭しと並べられていた。
変わり映えのない物置だ。ほこりは積もっているし、扉が閉ざされているせいで薄暗く、足元が見えづらい。
下手に動くとほこりが舞って、お父様から頂いた大切な服にからみついてしまいそうだ。
思わしくない状況にため息していると、扉が勢いよく開き、物置部屋に光が差し込んだ。
一瞬目がくらんだが、どうやら汚れずには済むようだ。



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:16:10.57 ID:fikmlJaG0

期待



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:18:08.21 ID:Tu469bH/0

「やっと来やがったですか。遅いですよ」
「遅い? おかしいな、予定通りのはず……」
「蒼星石ならもう十分は早く来ると思っていたですぅ」
 あっけらかんとした表情で言うものだから、少し癇に障った。
「呆れるよ。僕が招待したときは君が三十分以上遅刻するのが常だというのに」
「いやー、面目ねーですぅ」
 彼女は自分の頭に軽くげんこつをして僕に謝るけれど、到底、反省しているようには見えない。
「……まあいいか。ところで、今日は妙に静かな気がするのだけど、何かあったのかい?」
「今日はみんなどこかに行ってしまって、今は翠星石しか居ないですからねぇ」
「え」
 今の言葉は聞き捨てならない。

「君のご自慢のマスターも?」
「自慢じゃねぇです。身も心も小さいチビ人間を自慢する価値なんてこれっぽっちもねぇです!」
 そんなことを聞きたいのではないのだけれど。得も知れない、何かモヤモヤとした感情が渦を巻く。



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:21:44.73 ID:Tu469bH/0

「あいつならまだ二階でダラダラと寝てやがりますですよ」
 よかった。それなら今日も
「よかった? あいつになんか用でもあるですか?」
「あ、いや、ちょっとね」
 不覚を取った。知らない間に声に出してしまっていたようだ。
「へぇ……まっ、別にどーでもいいですけどねぇ……」
 と、彼女は言いつつも、いぶかしげな目で僕を見つめてくる。なんとか話しをそらさなくては。
「そんなことより、もう正午をまわっているけど、彼を起こさなくていいの?
あまり乱れた生活を送っていると、身長の伸びも期待できないよ」
 彼は、自分の背丈を気にしているようだった。翠星石にあんな呼ばれ方をしているのだから当然のことかもしれない。
「おっと、そう言えばそろそろ起こしてやろうと思ってたところでした。
さっさと起こさないと生活リズムが狂ってしまって、
ただでさえ低い背丈がありんこサイズまで縮まっちまうですからねぇ」
 そんなことがありえるのだろうか。しかし、簡単にごまかせたのでよかった。



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:25:29.81 ID:Tu469bH/0

「あ、蒼星石も一緒にチビ人間のマヌケ面おがみに行きますか?」
 このうえなく興味がそそられる。僕にとって、願ってもない申し出だった。
だけど、なんとも意地の悪い話だ、そう易々と了承するわけにもいかない。
「いや……彼が可哀想だよ。やめたほうがいい」
「いいからさっさと行くですよ!」
 彼女は僕の背を押して無理矢理に階段へと連れていく。そう、ひどく無理矢理に。

――人の顔を見て笑うなんて悪趣味だろう。
――大丈夫ですぅ。
――彼が気を悪くするかもしれない。
――大丈夫ですぅ。

 階段を登りながらも、僕は翠星石を必死にとがめた。もちろん、彼の名誉のためだ。
しかし、彼女はいっこうに聞く耳を持たない。



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 18:34:24.60 ID:Tu469bH/0

 そうこうしている内に彼の部屋の前に着いてしまった。そこで僕はもう一度彼女に忠告する。
「これが最後だよ。こんなことは絶対にやめるべきだ。
さぁ、僕はたしかに止めたよ、だからこのことに対して彼が怒っても、一切合切君の責任だ。いいね?」
「まったく、しつこいですねぇ。わかってるですよ」
「……そうかい。君がそこまで言うなら、僕も付き合わざるを得ないな」
 まったく、翠星石ときたら強引すぎてまいってしまう。
こうも無理矢理では僕もあらがえない。無理矢理なのだから仕方がない。
何度止めても聞かなかった彼女に非がある。ジュンくん、悪く思わないでほしい。僕に罪はないのだから。

「なーに、たとえチビ人間が怒り狂ってこちらへ向かってこようとも、
翠星石がマタドールのごとくヒラリヒラリと華麗にかわしてやるですぅ」
「いや、受け止めてもらわないと困るよ」
「細かいことはいいのですぅ」
 この大雑把な性格、どうにかならないものか。



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 19:02:31.63 ID:Tu469bH/0

「それじゃ突入するですよ」
 そんな物騒な言い方ないだろう。

 部屋の扉を開けた瞬間、まっさきに目に付いたのは、丸く盛り上がった布団からはみ出た頭髪。細い指がしっかと布団を掴んでいる。
そして、少年らしく飾りっけのない、いかにも男の子の部屋だ。
「蒼星石。布団めくるですよ」
 いの一番に「わかった」と答えそうになる口をたしなめ、口角が上がらないよう冷静に努めて訊き返す。
「え、僕が?」
「まぬけ顔のお披露目会ですぅ」
 くつくつと、まるで魔女のように翠星石が笑う。彼女と僕が本当に双子なのだろうか。はなはだ疑わしい。



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 19:31:11.85 ID:Tu469bH/0

 しかし、向きは違えど、笑いたいのは僕も同じことだ。今まさに、念願がかなおうとしているのだから。
彼はどんな顔を見せてくれるのだろうか。翠星石のいうとおり、間の抜けた顔か。
それとも意外に凛々しい顔……意外、というのは失礼だな。何にせよ、期待は高鳴るばかりだ。

 そしていよいよ、彼のベッドに歩みよる。
「あれっ?」
 なにやら翠星石が驚いたような声をあげた。僕は何かおかしな振る舞いを見せてしまったのか。
「どうかしたのかい」
 尋ねる僕の声は震えていなかっただろうか? もはや気が気でない。
「いや、てっきり断るものかとおもっていたのですけど……」
「断る? 何を……?」
 呆気に取られたような表情の翠星石。僕は何かおかしなことを言ってしまったのか。
「布団……めくるのはかわいそうだってまた言うと思ったです」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 19:55:04.36 ID:Tu469bH/0

 がっつきすぎた。早計だったんだ。やはり平静を保てていなかったんだ。たしかに普段の僕なら何度でも拒んだはずだ。
弁明の言葉が思考の彼方へ引いて、居心地の悪い静けさが部屋に蔓延していく。
僕が口ごもっていると、翠星石は嬉しそうに笑って言った。
「蒼星石もスキモノですねぇ。隅っこに置けねーですぅ」
「ち、違うよ」
 心外なことを言われているような気がしたので否定したのだけれど、彼女は聞く耳を持たない。
「ささ、ひとおもいにめくるですぅ。遠慮無くめくるですぅ。布団の代わりにジュンに恥を着せるのですぅ」
 こうなってしまっては、僕も欲求に従ってしまうのがよしと開き直るしかないだろう。
ここで思い出した。責任は全て翠星石にとらせるんだった。ようやく覚悟が決まる。



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 20:24:04.84 ID:Tu469bH/0

 出来るだけ刺激しないように、布団にしがみつく彼の指を1本ずつ離していく。
それを終えると、そっと布団に手をかける。
「ん……」
 彼がかすかに声を発した。起きてしまったのか。そう思ったのも束の間、彼は寝返りを打ってまた静かな寝息を立てはじめた。
「だいじょぶですぅ。その程度ならなんてことないです」
 翠星石が言うからにはそうなのだろう。しかし、彼は反対側、壁のほうを向いてしまった。
「ま、こうなると顔おがむのはもう無理でしょうけど」
 たしかにこれでは寝顔を見るのは難しそうだ。
「しゃーねーですぅ、もう起こしますか――ってどしたですか?」
 しかたがないのでベッドの上にのぼらせてもらうことにしよう。
「ちょっ、そこまでするですかぁ!」
「静かに」
 細心の注意を払いながら彼の正面に回りこむ。納得できないようすの翠星石はともかく、とうとう布団をめくる。



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 21:16:35.42 ID:fikmlJaG0

まだあったのかww
それにしても、面白いな。文章力もあるし



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 21:40:00.05 ID:Tu469bH/0

 僕に見せたことのない顔、素顔だった。間抜けでなく、りりしいでもない。
たった一片の警戒心もない、油断しきったあどけない顔。思わず右手で彼の額をなぜて、いつくしむ。
僕は帽子を置き、座るのをやめて彼の前に身体を横たえる。
「えぇぇ、う、うらわかき乙女が男と一緒にベッドインンン? 正気ですかぁ!」
 すると、僕の左手を、彼が両手で包みこんできた。
この手だ。僕が切り落とした真紅の腕を、この手がまたたく間に直してみせたんだ。
なぜだかしれないけれど、どうしようもなく安心させられる。でも、まだ足りない。
いっそのこと思い切り抱きすくめてくれればもっとずっと気持ちよく――
「蒼星石ィ! いいかげん離れるですぅ!」
 翠星石のことを忘れていた。そう簡単に僕の都合なんて通るわけもなく、一刻の夢は覚めてしまった。
しかし、あまりに名残り惜しい。僕は、翠星石にばれないよう布団を死角にして、彼の腕をあやつり、僕の身体に回させた。
「ジ、ジュン、なにやってるですか! これじゃケダモノです!」
 うろたえる翠星石をよそに、僕は彼の腕の感触をたのしむ。そして、彼のふところに身体をよせてみる。
ほのかにかぐわう汗の香り。できることならこのまま眠ってしまいたい。



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 21:46:06.32 ID:Tu469bH/0

申し訳ないのですが、もう何も思い浮かびません。
後日、書きためが用意できたら自分でスレを建てようと思います。



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 21:48:50.56 ID:fikmlJaG0

乙です



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 21:55:59.74 ID:ZAEfP2jf0





このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (8)

          • 1. 名無し
          • 2011年04月02日 19:46
          • 久々のローゼンで面白かった
          • 2.  
          • 2011年04月02日 20:21
          • 続きをくれ
          • 3. 暑
          • 2011年04月02日 23:52
          • ローゼンってオワコンなんだな
            最近よみはじめてはまった
          • 4. 名無し
          • 2011年04月03日 01:10
          • 4 凄いいい感じなのになぁ
            あまり伸びないのが悲しいな。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月27日 21:08
          • しかし銀ちゃんと翠の子とカナがパワポケ9とは・・・シュール。
            武美バッドは確かに悲しいもんがあるけどな。

            …時間制限選択肢、やはり人形じゃ間に合わなかったか。
            大方銀ちゃんと翠の子が選択肢で言い争ってる間に時間切れ、だったんだろうな。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月29日 06:46
          • 口を開けばオワコンしか言えねぇクズは呪われろ。

            好き勝手にキャラ弄った挙げ句の果てがそのセリフかよ。
            日本からマトモなクリエイターがいなくなるわけだ。
          • 7. ジュンジュン
          • 2012年11月20日 19:28
          • 5 イイ!!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月26日 02:02
          • 5
            久々に読んだZE☆
            面白いSSってのは何度読んでも面白いもんだ

            ローゼンメイデンをオワコンって言ってた連中は今に自分らの愚かさを思い知るがいい!!
            再アニメ化が決定し、第二次ローゼンブームが来る事請け合い!!もうオワコンなんて言わせねェぞオイ!!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        • フリーザ「宇宙最強の僕には勝てないよ」悟空「ちくしょう……」俺「待て!!!」
        • 女「えーすごい立派…」女2「ちょっと待ってヤバイよ」女3「私これ好きかも…」俺「えへへ」
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ