TOP

まどか「杏子ちゃん大々々好きー」 杏子「……暁美ほむら、悪いな」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:09:36.38 ID:WSd4xrEv0

わけがわからないよ……



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:14:56.88 ID:gPb7E1iV0

まどあん・・・だと・・・



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:15:46.41 ID:iX5Vrnk60

さやあん以外は邪道



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:16:36.57 ID:XiP3T3paO

マミあんこそ至高
そうだろ?



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:19:32.06 ID:WW6gztkU0

SS投下されるまで待機でござる



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:07:26.63 ID:+hNjAhJ/0

おい誰か書けよ

書いてくださいお願いします



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:29:37.92 ID:jn65Clq60

ほむら「で?」

杏子「で?って……え?」

ほむら「どこに隠れているの?」

杏子「な……何が?」

ほむら「『ドッキリ大成功』の看板を持った奴よ、どこかにいるんでしょう?早く出てきなさい」

まどか「ドッキリなんかじゃないよ!」

ほむら「え?」

杏子「そ、そうだ、あたしとまどかは本当に愛し合ってるんだ、悪いな」

ほむら「……あー、はいはい、なるほど」

杏子「何がなるほどなんだ?」

ほむら「これは夢です、夢、私はこれから起床し、歯を磨き、昼食を摂り、まどかのパンツの匂いを嗅ぎ、その余韻に浸りつつ学校に行くのよ」

杏子「いや……夢じゃねーよ……つかお前変態だったのか……」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:31:08.22 ID:jn65Clq60

ほむら「夢じゃないならなんなのよ!!」

杏子「現実だよ!!」

ほむら「んなわけねーだろ!!誰があんまどなんか期待するんだよ!?たとえあんまどの薄い本がでたとて誰が得するんだよ!?え!?」

杏子「知るか!そしてなんだ薄い本って!」

ほむら「認めない!私は認めない!もう何も認めない!誰もあんまどを認めない!!」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:36:16.36 ID:jn65Clq60

杏子「何でだよ……何で認めてくれないんだよ……あたしたちはこんなに愛し合っているのに……」

ギュッ

まどか「き、杏子ちゃん……///」

ほむら「は……はっ!ハグぐらいで調子に乗ってるんじゃあないわよッ!私なんか……私なんか……ッ!」

ダッ

まどか「え……?ほ、ほむらちゃん!?」

ずぎゅううううううううううううううううん

QB「やった!さすがほむらだ!ぼくたちにできないことを平然とやってのける!」

QB「そこにシビれるあこがれるぅ!」

ほむら「まどかぁ……杏子とキスはすませたのかしら?まだよねぇ……」

ほむら「まどかとキスをするのは杏子ではない!このほむらだァァァーーーーーッ!!」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:39:12.13 ID:jn65Clq60

__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-

                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^  ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:39:20.12 ID:AUI5BFQg0

どこのDIOだよ



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:39:27.28 ID:W3+hXQZ70

こんなの絶対おかしいよ



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:40:28.15 ID:OGpZvUwGO

これはほむら辛い



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:40:52.18 ID:3hlldqQxO

水溜まりで口をすすぐルートに…



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:41:49.85 ID:sf2NCkCE0

せめて泥水で洗うところまで書いてよ!!



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:46:15.39 ID:jn65Clq60

ばしゃっばしゃっ

QB「なっ!あいつ泥水で口をすすいでやがる!!」

QB「頭がパープリンなのか!?すぐそこに水道があるのに!」

QB「ぼくと契約すればいいんじゃない!?」

杏子「ほむらァァァァァァーーーーーーーーーーーーッ!!!」

ほむら「え?」

ズッバゴォォォーーーンッ

ほむら「ぐええっ」

杏子「お前がッ!泣くまでッ!!殴るのをやめないッ!!!」

ドッギャァーーン

ほむら「こんな……こんなカスみたいなレズに私がッ!!」

ほむら「この汚らしいレズがァァァァーーーーッ!!」

杏子「な……泣いている」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:01:12.34 ID:jn65Clq60

杏子「こ、こいつ……!」

さやか「……」

杏子「死んでいる……!!」

1889年2月2日 美樹さやか  死亡

第一部 完



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:10:31.49 ID:jn65Clq60

マミ「ちょいと首の接合部分がギクシャクするがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ修理は完了ォォォォォォォォォォォォォォォ!!!」

マミ「そしてくらえええぇぇぇーーーーい!!対魔女専用武器『ティロ・フィナーレ』ッ!!」

マミ「シャルロッテェェェェェ貴様にトドメをさせるなんてスカっとするぜェェェェェーーーーーッ!!」

まどか「や、やめろッ!やつはすでに第二形態へとなっている!」

マミ「テ、ティロ・フィナーレの照射をやめい!!あぁ……し、知らなかったんだ!奴がすでに変身を終了していただなんて!!」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:13:06.95 ID:jn65Clq60

さやか「まどかぁ、そのリボン派手すぎない?」

まどか「おい……おめー今なんつった?」

さやか「え?」

まどか「私のリボンが糸こんにゃくみてぇーーだとォォーーーッ!!?」

さやか「だ、誰もそんなこと言ってな」

まどか「確かに聞いたぞコラァァーーーーッ!!」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:15:51.50 ID:jn65Clq60

ほむら「あなたを失えばそれを悲しむ人がいるの…どうして気付かないの?」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「そして二度目は言わせないでくださいよ……二度言わなくっちゃあいけないってことは、そいつがバカだからです」

ほむら「二度言うのは無駄なんだ……無駄だから嫌いなんだ……無駄無駄……」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:20:07.96 ID:jn65Clq60

マミ「クソッ!クソッ!!」

ガンガンッ

杏子「おいうるせーぞ!何やってんだ!!」

マミ「見られちゃったよぉぉぉ~~~崖から飛び降りてェーーーッ!」

杏子「おい!一体何を見られたんだよ!!」

マミ「その……月の光を見てたらムラムラしちゃって……QB似の看守に見られたのよ」

マミ「テから始まる……その……ティロ・フィナ~レを……」

杏子「うっそ!マジ!?」

マミ「飛びてェーーーーッ!!」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:22:49.90 ID:jn65Clq60

上條「ぼくの動かない指が動いたんだ……渡したくない……!」

上條「マイナスからゼロになりたいんだッ!」

上條「LESSON4……敬意を払え……」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:28:13.19 ID:jn65Clq60

おわり



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:28:49.51 ID:sf2NCkCE0

乙っちまどまどwwww



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:37:30.26 ID:jn65Clq60

QB「チュ……」

上條「な…!?」

QB「チュミミ~~ン」

上條「なんなんだお前はァァァァーーーーッ!!?」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:49:18.00 ID:jn65Clq60

徐倫がまどマギの世界乱入するSSか

上條がジョニィの如く歩き出す?SSか

どっちのほうがいいだろうか



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:53:48.46 ID:EK468szh0

無駄口叩かないで自分で考えて書けよ
出来ないなら書くな



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:57:39.37 ID:jn65Clq60

>>64
そうだな、すいませェん……



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:01:03.96 ID:sf2NCkCE0

自由に書けばいいと思います



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:10:12.60 ID:T9/Lc/m8O

ジョジョも面白いからまぁいいんだが、あんまどの可能性をもっと追求してみたいとは思わんのかね君達は



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:34:04.35 ID:T9/Lc/m8O

ほむ「……さて、どうしてこういうことになったのか、聞かせてくれる?」

杏子「いやぁ……まぁなんつーか、流れ?」

まど「こういうこと?」

ほむ「…………」

杏子「ま、まどか…腕、ちぃっとばかし痛い」

まど「はわっ!? ご、ごめんねっ……強く抱き締め過ぎちゃったかな?」

杏子「やっ、大したほどじゃねーんだけどさっ、アハ、アハハ…」

ほむ「…………」ゴゴゴゴゴ

杏子(うひゃ~~~~……)



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:39:05.68 ID:T9/Lc/m8O

さや「杏子とまどかがデキてる?」

ほむ「…………」

さや「……ぷっ」

ほむ「…………」

さや「あっはっはっはっ! なに、アンタそんな冗談言う奴だったっけ? 馬鹿言わないでよもうっ」

ほむ「……そうね、貴方に相談しようなんて思った私が馬鹿だったわ」

さや「えっ、なんだって?」

ほむ「なんでもないっ」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:50:31.75 ID:T9/Lc/m8O

まど「杏子ちゃんは学校って行かないの?」

杏子「あぁ? そんなもん行くだけ無駄だろー。あんなとこに必要なものは何もねーよ。魔法少女にとっては、な」

まど「そうかな……? 私は、杏子ちゃんと一緒に登校したり、お昼ご飯食べたり、お勉強とかも、してみたいなぁ」

杏子「まどか……」

まど「それはきっと楽しいよ。ねぇ杏子ちゃん。そういうのって本当に、無駄なことなのかな?」

杏子「…………ちっ、仕方ねぇなぁ」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:59:34.99 ID:T9/Lc/m8O

ほむ「どうして貴女がここに居るの」

杏子「えー、今日から転校してきた佐倉杏子でっす。よろしくっ!」

ほむ「質問に答えなさい杏子!」

まど「ま、まぁまぁほむらちゃん、落ち着いて」

ほむ「まどか……まさか貴女の……」

杏子「いや、ほら、たまにはこういうのもいいかなーってな。そうっ、それだけ!」

まど「へへっ、これでいつでも一緒にいられるね杏子ちゃんっ」

ほむ「っ!?」ゴアァッ

杏子(ひぃっ!?ま、まどかのやつ~~~っ)



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:04:48.52 ID:T9/Lc/m8O

まど「はい杏子ちゃん。あーんっ」

杏子「あ、あーん……」

ほむ「」

まど「えへっ、美味しいかな?」

杏子「あ、ああ、うまいよ、うまい」

ほむ「」


さや「ははーん、なるほど。確かにこれは……」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:12:07.10 ID:T9/Lc/m8O

ほむ「こんなっ……こんな未来は認めない!」

ほむ「私の戦場はここではないもの!私もう帰る!私過去に帰らせて頂きます!」

マミ「ちょっと落ち着きなさい暁美さん。貴女らしくもない」

ほむ「ハッ」

マミ「随分とお困りのようね?」

ほむ「……また一人話を聞かない人が(ボソッ」

マミ「何か言ったかしらー?」

ほむ「いいえ、何も」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:19:17.09 ID:T9/Lc/m8O

まど「えへっ、杏子ちゃんと一緒に下っ校~♪下っ校~♪」

杏子「おいおい、そんな喜ぶことかぁ?」

まど「うんっ、嬉しいよ。ずっと憧れだったから」

杏子「そ、そっか////」

まど「……ねぇ杏子ちゃん。手、繋いでもいい?」

杏子「なっ……ま、まどか、お前なぁ……っ」


ほむ「その必要はないわ!」シュピンッ



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:26:48.61 ID:T9/Lc/m8O

マミ「あら奇遇ね二人とも。今帰り?」

杏子「てめぇらどっから湧いて……」

ほむ「奇遇ね、本当に奇遇だわ。奇遇ついでに一緒に帰りましょう?」

杏子「いやてめぇら家の方向全然違……」

マミ「さぁ、そうと決まれば美味しいクレープでも食べに行かない? とっておきのお店があるの」

まど「えっ、あ……はいっ、それ、いいですね」

ほむ「ふっ……」

杏子「むっ……」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:36:03.96 ID:T9/Lc/m8O

──────────────

マミ「まどかちゃんを狙ってるのは貴女一人だけではないのよ」

ほむ「巴マミ……」

マミ「とはいえ、今は強大な敵を前に私達が争っている場合ではない。わかるわね?」

ほむ「……なるほど、そういうこと」

マミ「話が早くて助かるわ。では行きましょう。こうしてる間にも二人がいいムードになっちゃってるかもしれないわ!」

ほむ「ハッ、こうしてはいられない。私に捕まりなさい巴マミ!」

マミ「ええ、さっさとケリを付けるわよ!」

──────────────



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:40:11.94 ID:T9/Lc/m8O

まど「わぁ、杏子ちゃんのクレープ美味しそう」

杏子「ん……食うかい?」

まど「えっいいのかな? ありがとう!」パクッ

杏子「じゃ、まどかのももーらいっ」パクッ

まど「ああっ!? もうっ、杏子ちゃんったら!」

杏子「はははっ」



マミ「」

ほむ「」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:50:37.03 ID:T9/Lc/m8O

さや「……二人共何やってんの?」

ほむ「まどかが遠い所に行ってしまった……!」

マミ「彼女は私の妹(スール)になってくれるかもしれない女性だった……!」

さや「はぁ?」



まど「きょーうっこちゃんっ♪」

杏子「おいよせってまどか。みんな見てんだろ////」



さや「ああ、アレね」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:59:44.00 ID:T9/Lc/m8O

ほむ「今なら簡単に魔女になれそうな気がする……貴女の気持ちが少しわかったわ、美樹さやか」

さや「そりゃどーも」

杏子「……魔女?」

マミ「どうしたの佐倉さん?」

杏子「いや、なんつーか……なんか大事なことを忘れてるような……」

まど「杏子ちゃん?」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 05:12:35.78 ID:T9/Lc/m8O

QB「そうだね、僕を忘れるなんてとんでもないなぁ」

魔法少女s「!!!」

QB「やぁまどか、願いはもう決まったかい?」

まど「キュウべぇ……」

スッ

杏子「下がってろまどか」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 05:14:27.18 ID:T9/Lc/m8O

さて佳境、といったところでもう無理限界ごめん寝る



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 05:16:32.44 ID:D9MmDTfkO

おやすみなさい



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 05:40:33.21 ID:D9MmDTfkO

今のvipの保守はどれくらいの時間を開けんのよ?



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 06:24:44.27 ID:D9MmDTfkO





108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 06:54:02.62 ID:D9MmDTfkO

★≡



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 07:24:13.03 ID:D9MmDTfkO

★≡★



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 08:00:04.34 ID:D9MmDTfkO

★≡★≡



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 08:24:39.31 ID:D9MmDTfkO

★≡★≡★



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 09:04:37.17 ID:D9MmDTfkO

★≡★≡★
∥★



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 09:34:31.01 ID:D9MmDTfkO

★ ★ ★
 ★



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 10:04:58.40 ID:D9MmDTfkO





126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 11:41:00.55 ID:6F4vI/qRO

ほむっ



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 13:32:20.43 ID:x+HnZvDc0

♪ ∧,_∧  ♪
   ( ´・ω・) ))
 (( ( つ ヽ、   ♪
   〉 とノ )))
  (__ノ^(_)

   ∧_,∧ ♪
  (( (・ω・` )
♪  / ⊂ ) )) ♪
  ((( ヽつ 〈
   (_)^ヽ__)

♪ ∧,_∧ ♪
  (´・ω・`) )) 続きまだー?
 (( ( つ ヽ、
   〉 とノ )))
  (__ノ^(_)



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 14:15:16.56 ID:T9/Lc/m8O

QB「あれ、どうしたのさみんな怖い顔して」

杏子「まどかは魔法少女になんかさせねぇ」

QB「……へぇ、そうかい。面白いことになってるね」

まどか「杏子ちゃん……」

マミ「私も居るわよ、QB」

QB「やぁマミ。君もまどまど派かい?」

マミ「最近ほむほむも捨てがたいなと思ってるわ」

QB「ふーん、あっそ。君はどうだい、美樹さやか」

さや「いや、あたしノンケだからこいつらと一緒にしないで」

ほむ「ハッ」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 14:23:36.99 ID:T9/Lc/m8O

ほむ「彼氏寝取られた癖に(ボソッ」

さや「……あまり蒸し返すと魔女化するわよ」

ほむ「ごめんなさい」

さや「でもまぁ、まどかを魔法少女にってのはあたしも反対」

QB「そうか。君はホントに愛されてるね鹿目まどか」

まど「いやぁ、それほどでも」

杏子「わかったらさっさと失せな。それともアタシ達相手にするつもりかい?」

QB「うーん……確かに4人全員建材ならワルプルギスの夜も大した敵じゃないかもしれないね」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 14:29:47.42 ID:T9/Lc/m8O

杏子「アタシが居る限りまどかに手出しはさせないよ!」

まど「杏子ちゃんっ////」

ほむ「…………」

マミ「どうしたの暁美さん?」

ほむ「正直もう一周やり直したい……」

さや「まだ言ってるし。何周してもこんなチャンス滅多に来ないでしょ」

ほむ「うぅ……まどかぁ」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 14:38:51.31 ID:T9/Lc/m8O

QB「じゃあ今夜決戦だね。頑張ってワルプルギスの夜を倒してよ」

杏子「言われなくてもわかってらぁ」

まど「えっ、今夜? もう?」

ほむ「まぁ準備は万全だけれど」

マミ「ケリは早く付けるに越したことないわね」

さや「いっちょやってやりますか!」

QB「…………」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 14:48:04.36 ID:fjsvU5G60

再開してる




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 14:55:20.43 ID:T9/Lc/m8O

再開と言うほどでもない。仕事中の片手間
いわゆる一つのサボり。ペースはお察し



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 15:01:12.03 ID:6F4vI/qRO

まぁ可能なペースで進めてくれ




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 15:51:28.23 ID:T9/Lc/m8O

閑話

──────────────
杏子「アンタが最強の魔法少女に、ねぇ」

まど「えっ……と」

杏子「にわかには信じられねーけど……ま、いいさ。共同戦線自体は悪くない。QBの真意も気になるしな」

ほむ「そう、それじゃあよろしく」

さや「むぅ…………」

マミ「こらこらさやかちゃん。新しい仲間なんだから、仲良くしなきゃ」

さや「……はぁい。マミさんがそう言うなら」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 15:55:46.64 ID:T9/Lc/m8O

杏子「じゃ、アタシはこれで」

まど「えっ?」

杏子「なぁに不思議そうな顔してんだよ。アタシは一緒に戦うとは言ったけど、普段から馴れ合うつもりはねぇよ」

まど「どうして?」

杏子「いやどうしてって言われてもさぁ。仲良しごっこで魔女が倒せるのかよ。お前、魔法少女ナメてるだろ」

まど「でも、私達もう仲間で、友達だよね? だったら一緒に居てもいいと思うんだけど……」

杏子「だからさぁ……!」

まど「一人は寂しいよ……それはきっと、魔法少女だからとか関係ないよ」

杏子「っ!」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 15:59:34.43 ID:T9/Lc/m8O

まど「だから、佐倉さん……」

杏子「…………こでいい」

まど「えっ?」

杏子「杏子でいいよ。まどか」

まど「……えへへっ、うん、よろしくね杏子ちゃん」

ほむ「」ザワッ

杏子「!」ビクゥッ

マミ「さぁて、それじゃあ恒例のアレ、やりましょうか。クッキーを焼いてあるの」

さや「やった!マミさんちでおっ茶会おっ茶会♪」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 16:24:07.85 ID:T9/Lc/m8O

────────────
─────
───

まど「それじゃあ、杏子ちゃん。今日はありがとう」

杏子「あ? なんでお前がアタシにお礼するんだよ」

まど「だって、みんなで楽しく話してる時もなんだか杏子ちゃん、つまんなさそうだったし……やっぱり嫌だったのかな、って」

杏子「いや、あれは……あ、暁美ほむらだってずーっと黙ってばかりだったじゃねーか」

まど「ほむらちゃんは元々大人しい子だから……」

杏子「あー……いや、アレは……なんつーかただ、き、緊張してたっていうか……」

まど「えっ?」

杏子「ああもうっ! ああいうの慣れなくて緊張してたんだよ! 察しろ馬鹿!」

まど「ば、馬鹿って…………ごめん」

杏子「あっ……いやっ、まー、なんだ。たまにはさ、あーゆーのもいいかなぁって、感じだったけどさっ」

まど「杏子ちゃん……」



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 17:09:29.58 ID:T9/Lc/m8O

杏子「じゃあなっ」

まど「あっ、待って」

杏子「なんだよ……まだ何か」

まど「杏子ちゃんって独り暮らしなのかな?」

杏子「そうだけど、だからなんだよ」

まど「アドレス、交換しようよ」

杏子「えっ、あー」

まど「メールしようよ。あ、なんだったら電話も。私、夜暇だし……」

杏子「…………ちっ、しょーがねぇなぁ」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 17:38:26.90 ID:T9/Lc/m8O

杏子「………………」

杏子「受信メール3件」

杏子「全部アイツ。最後のメールは……」

『ごめんね、もう寝ちゃったかな?
今日は本当にありがとう。これからみんなで一緒にキュウべぇに負けないよう頑張っていこうね!』

杏子「いや、起きてる。起きてるんだけどさぁ」


杏子「……メールって何書けばいいんだ?」

杏子「てかアタシ、こういうの初めてじゃね?」

杏子「初めての……友達……?」

杏子「友達かぁ……」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 17:46:53.27 ID:T9/Lc/m8O

from杏子

まぁこういうのも悪くないかな。って思った。
他人と接するのが楽しかったのは、たぶん魔法少女になってから初めてだ。
まどかのおかげだよ。ありがとう。

おやすみ



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 17:48:06.68 ID:T9/Lc/m8O

閑話終わり



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 17:54:31.10 ID:D9MmDTfkO

乙カレー



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 18:23:54.85 ID:V1YWx5Jl0

これは保守しといたほうがいいの?



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 18:43:59.78 ID:D9MmDTfkO





165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 19:03:08.44 ID:QSvaOUor0

保守



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 19:08:13.82 ID:Dlj+m/FN0

なんという俺得すばらしい



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 19:26:26.39 ID:Dlj+m/FN0





168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 19:47:36.99 ID:V1YWx5Jl0





169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 19:52:17.93 ID:yY8nt+krO





170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 19:56:00.69 ID:nhJI08Td0





171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 20:10:25.29 ID:iTLBTn9g0





172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 20:10:56.99 ID:T9/Lc/m8O

杏子「まどか、ボッキー食うかい?」

まど「わぁ、ありがとう」

マミ「お茶が入ったわよー」


さや「……なんか余裕だね。これから決戦って時に」

ほむ「実際余裕よ。魔法少女が4人も居て勝てない相手じゃない」

さや「そっか……まぁあんたが言うならそんなんだろうけど」
ほむ「そうよ」モグモグ

杏子「あっ、てめぇほむら! それはまどかにあげたんだぞ!」

ほむ「モグモグモグモグ」

まど「あはは、ほむらちゃん詰め込み過ぎだよぅ」

杏子「ぐぬぬ」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 21:12:25.68 ID:T9/Lc/m8O

ほむ「……来たわね」

さや「ソウルジェムが震えてる……」

杏子「さて……んじゃまぁいっちょ行くとするか!」

マミ「気を引き締めて行きましょう!」

まど「みんな気を付けようね」

杏子「まどか、お前は留守番だ」

まど「えっ?」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 21:24:03.30 ID:T9/Lc/m8O

まど「どうして?」

杏子「どうしてもだよ」

ほむ「あら、もしかしてビビってるのかしら?」

杏子「そうじゃねぇよ!」

まど「杏子ちゃん。心配してくれるのは嬉しいよ。でも、私は……」

さや「今更言っても無駄だよ佐倉」

マミ「大丈夫よ。4人も居るんだから、いざとなってもまどかちゃんを守るくらいどうってことないわ」

杏子「……………」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 22:16:40.12 ID:T9/Lc/m8O

マミ「いつも通り佐倉さんと美樹さんが前衛、私が後衛で暁美さんが遊撃。で、いいかしら?」

杏子「待った。アタシが遊撃でもいいかい」

マミ「あら、そうね……まぁ大丈夫だと思うんけど」

さや「いざって時に真っ先にまどかんとこに向かえるから?」

ほむ「むっ……」

杏子「いや……まぁ……うん」

マミ「わかりました。佐倉さんが遊撃、美樹さんが前衛で私と暁美さんが美樹さんの援護ということで、オーライ?」

さや「えー……ちょっと私の負担重くない?」

杏子「そうならないよう頑張るからさ、任せとけって」

マミ「愛ねぇ」

ほむ「ほむむむむ」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:25:55.34 ID:FGpOgBMiO

QB「やぁ君達、お揃いのようだね」

杏子「壮観だろ? さしずめ反キュウべぇ包囲網ってとこか」

ほむ「今回こそ……イケる!」

QB「うん、せいぜい頑張るといい。ワルプルギスはそんじょそこらの魔女じゃないからね。気を付けるんだよ」

杏子「ちっ……なんでアタシらの心配してんだよ。相変わらずわけわからねぇ」

QB「そりゃあするさ。君達は大事な大事な魔法少女だからね」

さや「魔女の卵、の間違いでしょ」

マミ「来るわよ! 準備して!」

ええいーーえーあーー(Magia)



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:37:48.81 ID:FGpOgBMiO

マミ「飛ばしていくわよ! ティロ・フィナーレ!」

ほむ「飛ばし過ぎでしょう……フィナーレじゃないし」

マミ「細かいことはいいのよ」

杏子「合わせろやぁっ!さやかぁっ!」

さや「んっ!」

ズバァXァアア

ほむ(凄い……これなら本当に……!)



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:45:24.58 ID:FGpOgBMiO

まど「みんな……」

QB「まどか。君は本当に強い子だ」

まど「……キュウべぇ」

QB「あそこにいる誰もが君のために戦っている。なによりも、君を守るために」

まど「…………」

QB「他人を惹き寄せる力。他人を勇気付ける力。君は天下一品さ」

まど「何が言いたいの?」

QB「だから要するに、君のために戦う者達の弱点はどうしたって君ってことさ」

まど「!」




杏子「っ! あの野郎仕掛けてきやがったな! まどかぁ!」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:52:19.55 ID:FGpOgBMiO

マミ「こっちはいいから、行ってきなさい!」

さや「まどかを頼んだわよぉっ!」

ほむ「…………」

杏子「ああ! 言われなくたって!」



ワルプ(分)「オォォオォォオォォォォ……」

まど「っ……杏子ちゃん……っ」

杏子「まどかああああ!!!」

まど「杏子ちゃんっ!」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 00:55:28.05 ID:FGpOgBMiO

ほむ(何かおかしい……いくらなんだって、簡単過ぎるわ……)

マミ「暁美さん……?」

さや「ちょっとぉ! しっかり援護してよ!」

マミ「あら、ごめんあそば……せっ!」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:00:12.12 ID:FGpOgBMiO

QB「君達はいつもそうだ」

杏子「まどか……!」

まど「ごめん……ごめんなさい。私、足引っ張って……」

QB「いつだって目先のことしか見えてない。もっと大きな視野を持てば僕の言うことも理解できるはずなのに」

杏子「いいんだ。あんたはアタシが守るから、気にすんな!」

まど「杏子ちゃん……っ」


QB「全く、馬鹿だなぁ」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:04:14.83 ID:FGpOgBMiO

ワルプ「ヒャォオォオオオォオオオォォ!!!」

杏子「!!!」

まど「えっ……?」




ほむ「……ハッ!」

マミ「まさか……」

さや「うそ……っ」

ほむ「やられた……あっちが本体!?」


QB「誰もそっちがワルプルギスの夜だなんて言ってないよね」

杏子「キュウべぇ……てめぇ……!」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:08:22.94 ID:FGpOgBMiO

杏子「ま、まどか! 早く逃げ……っ!」



どすっ



まど「……きょう……こちゃん……?」

杏子「……アレ?」

まど「杏子、ちゃ……ソウルジェムが……」

杏子「ハハ……なる、ほど……キュウべぇ……てめぇの……狙い、は……」




          パリィン



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:14:43.88 ID:FGpOgBMiO

QB「別にワルプルギスの夜も、魔法少女も、どうというものでもないのさ」


QB「だってそうだろう。まどかさえ魔法少女に、いや……魔女になってくれれば、それで僕の目的は果たせるのだから」


QB「さぁ鹿目まどか。君の願いを事を叶えてあげる。だから……」



QB「君には魔法少女になってもらうよ」



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:45:42.68 ID:FGpOgBMiO

シュピンッ

ほむ「ダメよまどか!そいつの言うことに耳を貸さないで!」

まど「ほむら……ちゃ……」

QB「よく言うよ。君の慢心が招いた結果だろうに」

ほむ「っ!」

QB「普段の君の判断力と、その能力があれば佐倉杏子を助けられただろうに」

ほむ「くっ……!」

まど「…………」

QB「さぁ、まどか。早くしないと、状況は刻一刻と変わりつつあるよ」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:48:09.16 ID:FGpOgBMiO

マミ「そんな……佐倉さんが……」

さや「くっ、暁美と佐倉の抜けた穴が……あっ!」

さや「マミさん! 上ぇっ!」

マミ「えっ?」


マミッ



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:51:01.69 ID:FGpOgBMiO

ワルプ「オォォオォォオォォ…………」

ほむ「ぐぅっ!」

まど「杏子ちゃん……」

QB「…………」

ほむ「まどかぁっ! ダメっ……ダメよぉ!」

まど「杏子……ちゃん……」

QB「まどか、君の願いは」

まど「私の、願いは……」



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 01:57:56.18 ID:FGpOgBMiO

ちょっとまえのはなし

──────────────

まど「わぁ! 凄いね杏子ちゃん!」

杏子「だろー? ここはこの街でいっちゃん高い場所なのさ」

まど「綺麗な景色……私こんなの見たの初めてだよ」

杏子「アタシも気に入ってる。だから、まどかにも見せたいと思ったんだ」

まど「杏子ちゃん……ありがとう」

杏子「まどかからは色んなもん一杯もらってっかんなー。これくらいはね」

まど「……ねぇ、杏子ちゃん」

杏子「んー?」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:03:24.89 ID:FGpOgBMiO

まど「もし……もしもだよ?」

杏子「……もしも、なんだよ」

まど「もしもね……私が魔法少女になっちゃったら、杏子ちゃんに私のソウルジェムを壊して欲しい」

杏子「……は?」

まど「だって私、最強最悪の魔女になっちゃうんだよ? そしたらきっと、ほむらちゃんでも、マミさんでも、さやかちゃんでも……杏子ちゃんでも、どうにもならなくなっちゃうかもしれない」

杏子「…………」

まど「だからそうなる前に、杏子ちゃんの手で私を……」

杏子「まどか……流石のアタシでも怒るぞ?」

まど「えっ」

杏子「ふざけたこと言ってんじゃねーよ!」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:06:59.68 ID:FGpOgBMiO

杏子「キュウべぇが何しようとアタシが蹴散らしてやる! 何があっても魔法少女になんかなんな! つーかアタシがさせねぇ!」

まど「だ、だから例えば、例えばね! 最悪の可能性として……」

杏子「そんな可能性はねぇ!」

まど「う……」

杏子「わかったら返事!」

まど「はい……ごめんなさい」



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:10:12.46 ID:FGpOgBMiO

杏子「よし、二度とそんなこと言うんじゃねーぞ?」

まど「うん。えへへ……ごめんね、なんか変な話しちゃって」

杏子「まったくだよもう……んー、なんか食うかい?」

まど「あっ、食べる! えっとね……」


──────────────



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:12:31.50 ID:FGpOgBMiO

──────────────

杏子「…………んっ…………アレ?」

杏子「アタシ……生きてる?」

杏子「えーっと、確か……ワルプルギスにソウルジェムを……」

杏子「!」

杏子「まどかはっ!?」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:17:14.25 ID:FGpOgBMiO

まど「……………………」



杏子「まど……か……?」

まど「杏子ちゃん……」

杏子「まどか……お前、その格好」

まど「うん、ごめんね」

杏子「ごめんねじゃ、ねぇだろ……なんで……っ!」


QB「まどかの願い通り、佐倉杏子は生き返った。そして、まどかはその力でワルプルギスの夜を打ち倒した……ついさっきのことさ」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:21:10.29 ID:FGpOgBMiO

QB「そして今、ワルプルギスを倒すのに使った膨大な魔力の代償として、まどかは魔女になろうとしている」

杏子「そんな……!」

まど「ごめんね……杏子ちゃん。私やっぱり、杏子ちゃんの居ない世界なんて考えられなかった」

杏子「まどかぁ」


ほむ「…………」


まど「ほむらちゃん」

ほむ「まどか……」



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:25:10.66 ID:FGpOgBMiO

まど「ほむらちゃんの銃、貸してもらえないかな?」

ほむ「…………わかったわ」

まど「ありがとう」

杏子「おいまどか、お前」

まど「ごめんね杏子ちゃん。やっぱりもう一度だけ、言わせて」



まど「杏子ちゃんの手で、私のソウルジェムを壊して欲しいの」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:30:43.90 ID:FGpOgBMiO

杏子「なんで……なんでだよぉ……! そんな銃、私が受け取るわけ……あ?」

杏子「……アタシのソウルジェム……どこだ?」

QB「だから言っただろう。君は“生き返った”のさ。君の魂が君の中にあった頃のように、ね」

まど「うん……だからきっとこの銃を使わないと、今の杏子ちゃんには壊せないと思う」


杏子「…………うぁ……こん、な…………こんなことってよぉ……!」

ほむ「…………」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:33:43.25 ID:FGpOgBMiO

QB「ところで暁美ほむら。そろそろ僕を離してくれないかなぁ」

ほむ「ダメよ……だって貴方、邪魔するでしょう」

QB「だからよく言うよ。君だって今にも飛び出しかねないほど手が震えてるじゃないか」

ほむ「…………っ」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 02:40:24.42 ID:FGpOgBMiO

まど「ね、杏子ちゃん。前にあの塔で話した通りに……お願い。もう、時間がないの」

杏子「うぅっ……まどかぁ……まどかぁ」

まど「泣かないで……杏子ちゃんには、いつもみたいに元気でいて欲しいな」

杏子「そんなこと言っておきながら……私を一人にする気かよぉ……っ」

まど「ごめん……ごめんね」

まど「うっ……ぐぅぅっ……あぁっ!」

杏子「まどか! まどかぁ!?」

まど「はやっ……く……! もう……もた、なっ……」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:01:38.88 ID:FGpOgBMiO

まど「ねぇ……杏子ちゃん?」

杏子「うぅ……ひぐっ……なに、まどか」

まど「杏子ちゃん……だい、だい、だーい好き……」

杏子「うぅ……うぁ……うああああああ!!!」



バンッ!



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:03:04.41 ID:DhMMhI5IQ

どうしてこうなった



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:07:14.08 ID:FGpOgBMiO

──────────────

杏子「……戻るのかい?」

ほむ「ええ」

杏子「お前はこんなことを何度も何度も、繰り返してるのか」

ほむ「そうよ」

杏子「お前はいつか……いつか必ず、まどかを幸せにするんだな?」

ほむ「ええ、絶対に諦めない。他の何に代えてでも、必ず」

杏子「ははっ、そうだな。そんなお前だから、まどかを任せられるよ」

ほむ「杏子……」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:12:12.65 ID:FGpOgBMiO

杏子「まどかを、幸せにしろよ?」

ほむ「わかってる」

杏子「約束だかんな?」

ほむ「ええ、約束」

杏子「……うん。それなら、いい」

ほむ「それじゃあ、行くわね」

杏子「ああ……じゃあな」



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:15:20.03 ID:FGpOgBMiO

杏子「さて……なぁ、まどか」

まど「」

杏子「やっぱりアタシは、お前一人じゃ行かせられないよ」

まど「」

杏子「なぁまどか、独りは寂しいだろ?」

まど「」

杏子「だから、ずっと一緒にいてやるよ」





バンッ!



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:19:43.29 ID:FGpOgBMiO

おわり


とぅーびーねくすとるーぷ



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:23:23.18 ID:FGpOgBMiO

何故だ…俺はただ、まどかとあんこのキャッキャウフフな可能性を追求しようと思っただけなのに…何故こんなことに

QB、恐ろしい奴……!



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:24:46.92 ID:d9iyRpiw0


なんてコッタ



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 03:52:06.00 ID:ee1uEJih0


ジョジョスレがまさかこんなことになるなんて



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/31(木) 05:37:41.74 ID:gdt6nw910

おつううううううう



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年03月31日 21:41
          • 俺のときめきを返せ
            土下座しろ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年03月31日 23:17
          • 5 あえて言おう。
            俺はこういうENDが大好きだぁぁぁーーーー!!!!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年03月31日 23:40
          • どうしてこうなった・・・
            でもこれが正しい気がしてならない
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年04月01日 14:10
          • あんまどアリだな


            アリだ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ