TOP

みつば・ふたば・ひとは「カンパーイ!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:17:41.80 ID:ej30a+Je0

みつば「ゴク…ゴク…」

ふたば「……プッハー!やっぱりビールは格別ッスねー!」

みつば「……ちょっとアンタ、なんで1人だけウーロン茶なのよ?」

ひとは「アルコールとか嫌いだし……」

ふたば「つれないこといわないで、ひとはも飲むッスよー!」

みつば「そうよ!アンタが大学出て以来久しぶりに会ったんだから!」

ひとは「じゃあ、ちょこっとだけ……」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:18:37.39 ID:/hUCEceEP

うむ続けなさい



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:24:45.33 ID:ej30a+Je0

ひとは「ゴク…ゴク…むふぅー」

みつば「そういえばさ」

ひとは「うん」

みつば「矢部先生とはまだ続いてるの?」

ひとは「うん」

ふたば「教育実習でたまたま小学校が一緒だったんだっけ?」

ひとは「うん」

ふたば「いつ結婚するの?」

ひとは「それはまだ早いよ」

ふたば「小生だって結婚したんだし、早いってことはないと思うッス」

みつば「旦那とは良くやってるの?」

ふたば「そりゃあもう!」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:34:04.65 ID:ej30a+Je0

ふたば「ただ、小生も忙しくて……」

みつば「今度のオリンピックも出るんでしょ?」

ふたば「丸井で金!佐藤で金ッス!」

みつば「高校生でオリンピック出るって聞いた時は私もひとはもたまげたわよねえ」

ひとは「おまけに金メダルとっちゃうし……」

みつば「で、うちにもマスコミがたくさん来て」

ひとは「パパの姿が全国放送で流れて……」

みつば「おまけにカメラの前でパパにキスするんだもん」

ひとは「私達ものすごい恥ずかしかったよ……」

ふたば「えへへへ……」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:42:19.97 ID:ej30a+Je0

みつば「でも、もう佐藤君一直線なんでしょ?」

ふたば「そうッス!パパは2番目!」

ひとは「パパこれ聞いたら卒倒しそうだね」

みつば「店飲みにして正解だったわね……」

ひとは「でもまさかふたばと佐藤君が同じ大学行くなんてね」

ふたば「小生はスポ推でしんちゃんは一般で入ったから頭の中は全然違うんスけどね!」

みつば「あら、高卒の私に対する当て付けかしら?」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:52:00.07 ID:ej30a+Je0

ひとは「で、2回目のオリンピックの表彰台で佐藤君に逆プロだもんね」

みつば「あんなことされちゃあ断れないわよね……」

ふたば「むーっ!しんちゃんは小生のことガチで愛してくれてるッス!」

ひとは「佐藤君今日はなにしてるの?」

ふたば「千葉氏と飲みに行ったッス!」

みつば「あの二人はずっと仲良しねえ」

ひとは「千葉君は今なにしてるの?」

ふたば「千葉氏はエロカメラマンっす」

みつば「ああ、なるほど……」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/28(月) 23:59:36.57 ID:ej30a+Je0

ひとは「ねえ、ふたば」

ふたば「どうしたッスか?」

ひとは「佐藤君のアレってどうなの?」

みつば「ブーッ!!」

ふたば「なんでみっちゃんが噴くんスか?」

みつば「ちょ、ちょっとひとは!アンタ、酔ってるでしょ!」

ふたば「しんちゃんあんまり体力ないんス……」

みつば「ブーッ!!」

ひとは「そりゃあふたばに合わせたらね……」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:07:04.17 ID:loVxcA7E0

みつば「ちょ、ちょっとアンタ達!いきなりなんの話を……」

ふたば「みっちゃん顔真っ赤っすよ?大丈夫ッスか?」

みつば「酔ってるのはアンタらの方よ!なによ!いきなりそんなシモの話しだして!」

ふたば「?これくらい普通のガールズトークじゃないッスか?」

ひとは「みっちゃんは職場の人と飲みに行ったときこういう話しないの?」

みつば「あ、アンタらがおかしいのよ!」

ふたば「ひとはの方はどうッスか?」

みつば「普通に話続けないで!」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:17:13.05 ID:loVxcA7E0

ひとは「んー、矢部先生ね、実は初めてホテル行った時は童貞じゃなかったんだよ」

ふたば「それは興味深いッスね。誰で卒業してたんスか?」

ひとは「私からそういうの詮索したくないから……」

ふたば「またまたぁ~!昔からそういうの調べて回るの大好きだったくせに!」

ひとは「人聞きの悪いこと言わないでよ!もう!」

ふたば「で、誰で卒業してたんスか?」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:23:40.23 ID:loVxcA7E0

ひとは「ヘルス」

ふたば「は?」

ひとは「ヘルス」

ふたば「ヘwルwスwッwスwかwww」

ひとは「私ももう笑っちゃったよ」

ふたば「ひとは、それ非童貞ちゃう!シロートドーテーや!」

ひとは「結局あの保健室の先生落とせなかったみたいね」

ふたば「教師がフーゾクとは……」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:31:41.00 ID:loVxcA7E0

ふたば「ひとはよくそんなのと付き合う気になったッスね」

ひとは「そんなのって言い方はないでしょうよ」

ふたば「だってヘルスってないッスよ、普通の男が普通の人生送ってたら」

ひとは「仕方ないじゃない、そういう普通じゃない人なんだから」

みつば「2人とも、酔ってだんだん毒入ってきてない?」

ふたば「だからなんでみっちゃんはそんな顔真っ赤なんスか?」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:43:18.97 ID:loVxcA7E0

ふたば「ああ、そういえばみっちゃんの話も聞いてみたくなったッス」

みつば「だ、誰がアンタらなんかに男の話なんかしないといけないのよ!」

ひとは「そういえばみっちゃんはいいかげん彼氏できたの?高校の時も浮いた話一つ聞かなかったけど」

みつば「あ、あたり前じゃない!」

ひとは「じゃあ私達に彼氏とのプリ見せてみなよ、一枚くらい撮ったでしょ?」

ふたば「ひとはがいつになく饒舌ッス……」

みつば「アンタ達になんか見せないわよ!」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:51:29.27 ID:loVxcA7E0

ひとは「もしかしてさあ、みっちゃんてまだ処女?」

みつば「~~!」

ふたば「ひとは!みっちゃんにそれは禁句ッス!」

ひとは「処女だー!処女がいるぞー!殺せー!」

ふたば「うおっ!ひとはってこんなに酒癖悪かったンスか!」

店員「お客様、迷惑となりますので騒ぐのはやめて下さい!」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 00:57:27.16 ID:loVxcA7E0

みつば「……もういいわよ!私もう帰る!支払いはあんた達がやりなさいよ!」

ふたば「ちょっとみっちゃん待って!」

ひとは「貴様ー!ショジョラゴンめ!ガチレンジャーを裏切るのか!」

みつば「くぅー!ムカつく!アンタらなんかヤリまくって性病でももらってくればいいのよ!この変態!痴女!雌豚!」

ふたば「うわあ!ビール瓶振り回しちゃ危ないッスよ!ひとは!」

ひとは「おのれー!まてー!ショジョラゴンめー」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:07:49.45 ID:loVxcA7E0

~~

佐藤・千葉「カンパーイ!!」

佐藤「ゴクッゴクッ……」

千葉「……プハーッ!」

佐藤「しかし久しぶりだなー、千葉!成人式以来じゃないか?」

千葉「そうだな、しかしお前は結構テレビで見るけどな」

佐藤「俺を?ああ、ふたばの特番とかね」

千葉「スポーツマンの妻を裏から支える良き夫……チクショー、イケメンは羨ましいぜ」

佐藤「ははは」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:11:50.61 ID:loVxcA7E0

千葉「しかしさあ」

佐藤「うん?」

千葉「よく結婚なんか一発で決めたな」

佐藤「ああ」

千葉「学生結婚だろ?」

佐藤「うん」

千葉「大学生なんだから、もうちょっと遊んでからでも良かったろうに……」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:15:59.14 ID:loVxcA7E0

佐藤「いやまあ、ふたばとは純愛だったし」

千葉「そうなのか」

佐藤「あいつは一途だからな」

千葉「わかる気がする」

佐藤「処女だったし」

千葉「マジかよ」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:19:10.42 ID:loVxcA7E0

佐藤「マジかよってなんだよ」

千葉「いや、頭ゆるいやつは股もゆるいかな、と思ってて」

佐藤「ぶっ飛ばすぞ?」

千葉「すまんすまん」

佐藤「一応あれでもおまえより高学歴だからな?」

千葉「そうなんだよなー、不条理を感じる」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:24:01.65 ID:loVxcA7E0

佐藤「お前そろそろいい加減にしないと本気で殴るぞ?」

千葉「まあ落ち着け佐藤よ」

佐藤「ったく……」

千葉「お前がふたばのこと大好きなのはわかった」

佐藤「ああ」

千葉「でもさ、SSSとかいたじゃん」

佐藤「うわっ超懐かしいその響き」

千葉「お前高校の頃そいつらとも付き合ってたよね?」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:28:19.49 ID:loVxcA7E0

佐藤「ああ、昔の話だけどな」

千葉「久しく聞いてなかったけどそいつらとはどうしたの?」

佐藤「とっくに縁切れてるよ」

千葉「そうか、良かった」

佐藤「なんで?」

千葉「そうじゃなけりゃあ俺がお前を殴らなきゃいけないところだったな……」

佐藤「まあ心配ご無用、ってこった」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:33:11.85 ID:loVxcA7E0

千葉「しかし、お前東京まで通学してたんだから、うちみたいなカッペ以外にもいくらでも女の子いたんじゃないのか?」

佐藤「いや、俺がいったの中高一貫の男子校だったじゃん」

千葉「ああ」

佐藤「入ったあと知ったんだけど、めちゃくちゃ多かったんだよ」

千葉「何が?」

佐藤「オタク」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:37:26.83 ID:loVxcA7E0

千葉「あー、確かに多そうだな。そういうところは」

佐藤「まあ、そんでうちのところは評判悪かったわけだ」

千葉「女の子に?」

佐藤「うん」

千葉「お前ほどのイケメンでもか……」

佐藤「プロフとかモバゲーでも全然釣れないんだよな」

千葉「はあ」

佐藤「うちの校名書くと」

千葉「悲しいな……」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:40:43.95 ID:loVxcA7E0

佐藤「というわけで、わざわざ地元で女の子も探さないといけなかったわけよ」

千葉「それなりの事情があったわけか」

佐藤「そういうこと」

千葉「しかし敢えて言う、イケメン死ね」

佐藤「ははは」

千葉「で、どいつから付き合ったんだ?」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:45:51.87 ID:loVxcA7E0

佐藤「実は一番始めに付き合い始めたのはSSSじゃないんだよ」

千葉「ほほう」

佐藤「誰だと思う?」

千葉「全く見当がつかないな……」

佐藤「吉岡」

千葉「は?」

佐藤「だから吉岡だって」

千葉「あのスイーツ眉毛か」

佐藤「うん」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:49:38.69 ID:loVxcA7E0

千葉「以外に低いところから攻めたんだな」

佐藤「まあ、自動車で言うと教習みたいなもんだったな」

千葉「お前結構酷いこと言うな」

佐藤「酒入ってるからな」

千葉「なんでも酒のせいにすんなよ」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 01:56:56.05 ID:loVxcA7E0

千葉「どういうきっかけだったんだ?」

佐藤「と言われても特にないんだよな。普通に部活から帰ったらばったり会って、そういう雰囲気になって、告白したらOKだった」

千葉「あいつ結構軽いな」

佐藤「スイーツだからな」

千葉「で、どれくらい続いたんだ?」

佐藤「ふたば除いたら一番続いたな」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:01:50.14 ID:loVxcA7E0

千葉「そりゃ意外だな……」

佐藤「初めて乗る車って、結構ボロボロにするけど、事故るまで大切に使うだろ?」

千葉「なんだその例えは」

佐藤「あれ?わからない?」

千葉「俺なんか半年で車買い換えたぞ」

佐藤「おっと、これはすまん」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:08:06.16 ID:loVxcA7E0

千葉「で、お前はいつ事故ったんだ?」

佐藤「付き合って2年半くらいの、高1の春だな」

千葉「マジで結構長続きだな」

佐藤「だろ?」

千葉「どう事故ったんだ?」

佐藤「あいつ浮気してやがった」

千葉「ブッ!!」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:12:56.57 ID:loVxcA7E0

佐藤「まあ驚くのも無理はないわな」

千葉「誰とだよ?」

佐藤「中学の後輩だってさ。卒業式に告白されてオッケーしたらしい」

千葉「ってことは俺と同じ中学のやつか」

佐藤「そうなるな」

千葉「しかし、あいつがそういう事するやつには見えなかったけどな……」

佐藤「昼ドラに憧れてたらしいな、どうも」

千葉「うわあ……」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:17:26.50 ID:loVxcA7E0

千葉「マジスイーツじゃん」

佐藤「そりゃあ手酷くフってやったさ」

千葉「まあ当然だわな」

佐藤「それからあいつ一週間引きこもってたらしいわ。ざまーみろ」

千葉「浮気したり、フラれると泣いたり、よくわからないヤツだな」

佐藤「それがスイーツってもんだ」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:27:43.66 ID:loVxcA7E0

千葉「で、2人目は誰だったんだ?」

佐藤「SSSの緒方」

千葉「いきなり妥当なところに行ったな」

佐藤「あいつはふたば以上に一途だったかもしれんな」

千葉「中学入ってからはおとなしかったような気がするが」

佐藤「まあ、内に秘めたる炎は燃やし続けていたわけだ」

千葉「ふーん」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:34:26.31 ID:loVxcA7E0

千葉「緒方とはどういうきっかけだったんだ?」

佐藤「部活の大会終わったら、向こうから声かけて来たんだ」

千葉「ふむ」

佐藤「あとは一緒に帰って、眉毛と一緒」

千葉「イケメンは本当にうらやましいな……俺なんか絶対そうはならんぜ」

佐藤「ははは」

千葉「クソが死ね」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:39:42.43 ID:loVxcA7E0

佐藤「まあ実際眉毛にも飽きてたし」

千葉「は?」

佐藤「日常に変化が欲しかったなー、って」

千葉「ちょっとまて」

佐藤「ん?」

千葉「眉毛にも飽きた、って何だよ?」

佐藤「そりゃあその時はまだ付き合ってたからな」

千葉「……きっかけの部活の大会っていつのだ?」

佐藤「中3の関東大会。お前も出てたじゃん」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:48:17.39 ID:loVxcA7E0

千葉「ああ、たまたま埼玉でやったやつか」

佐藤「そうそう」

千葉「そういえばあの時他の部の部の連中も来てたからな……」

佐藤「ああ、そういう背景があったのね」

千葉「まあそれは置いといて、お前二股かけてたわけ?」

佐藤「半年ちょいだけだよ。その後は緒方一本だし」

千葉「で、さっきあんなこと言ってたの?」

佐藤「うん」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 02:53:16.61 ID:loVxcA7E0

千葉「本当は今すぐお前を殴りたいところだが、せめてもの情けだ、もっと詳しいわけを聞いてやろう」

佐藤「まあそういうなって」

千葉「早く言えよ、俺の怒りが有頂天だぞ」

佐藤「吉岡の体に飽きた」

千葉「ブッ!!」

佐藤「俺、なんかおかしいこと言った?」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:00:43.39 ID:loVxcA7E0

佐藤「落ち着いて聞け、吉岡って結構巨乳だったんだよ」

千葉「ブッ!!」

佐藤「付き合い始めて一年くらいはまあお互い体に興味なかったんだが、まあ中2も後半になってくるとヤリたい盛りになってくるんだよな」

千葉「わからんでもない」

佐藤「で、クリスマスに俺の部屋に呼んで、ヤった」

千葉「ブッ!!」

佐藤「まあ、それからは猿のようにヤったなあ」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:06:54.28 ID:loVxcA7E0

千葉「で、何が不満だったんだよ?」

佐藤「お前にはわからないかもしれないけどさ」

千葉「無駄な前置きはやめろ」

佐藤「巨乳って最初はいいんだけどすぐ飽きるんだよ」

千葉「ふーん」

佐藤「それほど痩せてないから締まりもいいんだけど、やっぱり飽きるんだわ」

千葉「美人は3日で飽き、ブスは3日で馴れる、ってやつか」

佐藤「まあ3日ってことはないけど、四ヶ月で飽きたね」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:14:17.88 ID:loVxcA7E0

千葉「で、緒方で試してみたと?」

佐藤「ああ、あれは胸ないし締まりも良くないけど、良かった」

千葉「どこが?」

佐藤「あいつなんでも俺のいうこと聞くのよ」

千葉「ほう、詳しく」

佐藤「一番ヤバかったのはあいつの高校入試の時だな」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:21:43.43 ID:loVxcA7E0

佐藤「遠隔操作のバイブあるじゃん」

千葉「ああ、職業柄よく見かけるな……まさかお前」

佐藤「エナメルのパンティーの中にバイブ入れて試験受けさせた」

千葉「文字通り鬼畜だなお前」

佐藤「あいつはむしろ『佐藤君が近くにいてくれる!』って喜んでたけどな」

千葉「変態通り越してキチガイじみてる」

佐藤「まあ実際入試通ったし」

千葉「音でばれなかったのがすごいな」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:30:13.90 ID:loVxcA7E0

佐藤「まあ吉岡が私立で早く決まってたから、一緒に学校休んで、緒方が試験受けてる間も公園のトイレでヤってたんだけどな」

千葉「本当にケダモノだなお前」

佐藤「15ってそういう年頃じゃないか?盗んだバイクで走り出すような」

千葉「ねーよ」

佐藤「あれ?そういや俺のこと殴らないの?」

千葉「その気も失せて来たわ」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:39:41.41 ID:loVxcA7E0

佐藤「まあ、今は改心したしいいだろう、と俺は思ってる」

千葉「自分に甘いな」

佐藤「話の続きをすると、吉岡と別れた後、緒方だけと付き合うのが苦痛になってきた」

千葉「どういうことだ?」

佐藤「あいつ求めるばっかなんだよね」

千葉「というと?」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:45:20.37 ID:loVxcA7E0

佐藤「あいつ8年くらい俺のことずっと好きだった訳じゃん?」

千葉「うん」

佐藤「俺に尽くそう、って気持ちは感じられるんだけどね」

千葉「うん」

佐藤「本人に俺を受け入れるだけのキャパシティがないのよ」

千葉「うん?」

佐藤「まあ、包容力がない、っていうかさ」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:50:54.09 ID:loVxcA7E0

佐藤「いつも俺に尽くそうと必死だから、俺もめちゃくちゃ気疲れするわけ」

千葉「なるほど」

佐藤「その点吉岡はめちゃくちゃ包容力あったわ」

千葉「あいつ結構しっかり者だからな」

佐藤「正直いいお母さんになると思う」

千葉「褒めたり貶したりわからんヤツだ」

佐藤「ははは」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 03:56:32.94 ID:loVxcA7E0

佐藤「もうちょっと加えると、もっと都会の子と付き合ってみたくなったわけ」

千葉「うん」

佐藤「で、なんかいい方法ないかなー、って考えてたら、見つけたんだよ」

千葉「何をだよ」

佐藤「杉崎のプロフ」

千葉「なるほど」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:03:37.29 ID:loVxcA7E0

佐藤「あいつの学校さ、都内の私立には珍しく全寮制だったのよ」

千葉「ふむ」

佐藤「だから吉岡とかとも疎遠になってたみたいでさ」

千葉「なるほど」

佐藤「ゲスブに書き込んだらいろいろ聞かれたけど、適当にはぐらかしてさ」

千葉「なるほど」

佐藤「で、メアドゲットした」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:14:00.21 ID:loVxcA7E0

千葉「付き合ったのか?」

佐藤「んー、まあそういうことになるのかな……」

千葉「ふたばが世界で活躍してる時になんてくだらないことを……」

佐藤「まあ聞けよ」

千葉「うん」

佐藤「忌まわしき学校名のせいでなかなか杉崎のところの女の子の食いつきも悪くてな……」

千葉「ざまーみろや」

佐藤「でまあ、結構メール交わしたり、あって話してたら向こうから告白してきた」

千葉「あの杉崎がか……信じられんな」

佐藤「お嬢様学校だからだいぶ丸くなったんだろうな」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:18:59.82 ID:loVxcA7E0

千葉「女子校じゃあ男子との付き合いも少ないだろうしな」

佐藤「でも便利だったよあいつ」

千葉「どういうことだ?」

佐藤「飯奢ってくれたり」

千葉「テメーヒモやってやがったのか」

佐藤「ラブホも奢ってくれたしな」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:27:11.96 ID:loVxcA7E0

佐藤「おかげで高校の時は部活の道具も豪華だったな」

千葉「ああ、そんな気がする」

佐藤「でまあ緒方とは別れた」

千葉「後引きそうだけどな」

佐藤「まあ、吉岡の時とは違って優しくフってあげたからさ」

千葉「でもあいつも伊達にSSSじゃないだろ?」

佐藤「いや、案外想い強いと諦めもいいみたいよ」



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:35:29.12 ID:loVxcA7E0

佐藤「杉崎は結構エロかった」

千葉「ふむ」

佐藤「めちゃくちゃ感度良好」

千葉「うわっ」

佐藤「リアルにロリ系AV女優みたいな喘ぎ声だすんだぜ?」

千葉「ほほう」

佐藤「アナルも開発した」

千葉「それは聞きたくなかった」



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:42:57.64 ID:loVxcA7E0

佐藤「まあかなりの上玉だったわけだが」

千葉「アナルはダメだと思うな、俺は」

佐藤「高2の終わりくらいで今度はフられた」

千葉「お前がか」

佐藤「うむ」

千葉「なんでまた……浮気でもしたのか?」

佐藤「うん」

千葉「即答かよ!」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:52:55.14 ID:loVxcA7E0

佐藤「基本土日以外は会えないから、ちょいちょいつまみ食いみたいなのはしてたんだが、よりによって杉崎と同じ学校の子に手を出してしまってな……」

千葉「アホやったな」

佐藤「それで色々あって同じ学校の杉崎の耳に入ったらしいな」

千葉「何人ぐらいつまんだんだ?」

佐藤「30人くらいかな」

千葉「たいしたヤツだ」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 04:58:00.70 ID:loVxcA7E0

千葉「しかし、なんでそんなに急に女の子が集まるようになったんだ?」

佐藤「うちの高校出身のバンドが大ブレイクしたらしい」

千葉「なるほど」

佐藤「◯◯高校でサッカーやってまーす!っていえば入れ食いだったわ」

千葉「けっ」

佐藤「ああ、お前もサッカー部だっけな」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 05:10:22.19 ID:loVxcA7E0

佐藤「でもまあ、俺はエスカレーターの杉崎と違って大学受験あったし、いい機会かとも思ったんだけもね」

千葉「ふーん」

佐藤「ああ、でも杉崎は本当いい女だったな……」

千葉「未練たらたらじゃねーか」

佐藤「でもあいつもう海外の実業家と結婚したらしいしな」

千葉「なるほど」

佐藤「それに今の俺にはふたばがいるし」



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 05:17:07.39 ID:loVxcA7E0

佐藤「正直ふたばがいる限り他の女には移らないと思う」

千葉「さっきまでのゲスとは思えないくらいまっすぐな発言だな」

佐藤「この境地に至るまではもうちょっと色々あったんだよ」

千葉「おうおう言ってみやがれ」

佐藤「じゃあ、杉崎にフられたあとのことからはじめるかな……」

千葉「じゃあ、店変えるか」



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 05:59:09.75 ID:loVxcA7E0

千葉「この辺りのキャバクラでいいかな」

佐藤「俺実はキャバクラって行ったことないんだよな……」

千葉「ほー、なになに?今更優等生気取りですか?」

佐藤「そんなんじゃねえよ」

千葉「お前今仕事なにしてるんだっけ?」

佐藤「地方公務員だよ」

千葉「ほんと絵に描いたような優等生だな……下のだらしなさ以外は」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 06:10:37.57 ID:loVxcA7E0

千葉「さて、どんな女の子がくるのかな」

佐藤「おい、ぼったくりとかじゃないだろうな……」

嬢「あれ?もしかして千葉君?」

千葉「そのでかい数珠は……松岡か?」

佐藤「ええっ!」

松岡「千葉君は変わらないね!ということはもう1人は佐藤君?」

佐藤「そうだけど……」

松岡「うっそー!2人とも久しぶり!幸子です!」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 06:22:18.91 ID:loVxcA7E0

千葉「松岡、お前三女さんと同じ高校行っていい大学いったんじゃないのか?」

松岡「ここでは幸子って呼んでね!」

佐藤「そういや俺の大学の文学部の校舎にに似たようなのがいたような……」

松岡「そうなの!あそこの大学院で民俗学を研究してるのよ」

千葉「なるほどな、で、この仕事はバイトか?」

松岡「霊との交信に携わるってる人って、夜の仕事をやってた人が多いのよね。それで私も何か学べるかな、と思って」

佐藤「まだ霊とか信じてるのか?」

松岡「そこらへんはここで聞くより、研究室で好きなだけ教えてあげるわよ!」

千葉「そうした方が賢明だな……」



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 06:41:14.86 ID:loVxcA7E0

松岡「2人ともとりあえずビールでいいかな?他の子は呼ばなくていい?」

千葉「俺カルーアミルクで」

佐藤「俺はビールで。他の子は別にいいよ」

松岡「はい、オーダーお願いしまーす!」

千葉「しかし、人生色々とは本当だな……」

松岡「ここも色んなお客さんがくるから、そういうのはたくさん見てきたわね。実業家とか、研究者とか」

佐藤「松岡はこの仕事始めて何年になる?」

松岡「学部の3年からだから、もう5年になるわね」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 06:54:17.00 ID:loVxcA7E0

松岡「で、2人は何が目的で一緒にお酒のみにきたの?」

千葉「おお、そうだった。佐藤、早く話の続きしろ」

佐藤「んん、しかしこの場でそういう話をするのは……」

松岡「なになに?幸子も聞いてみたい!大丈夫よ!秘密は守るわ!」

千葉「まー、佐藤が中学高校と大変なヤリチンでな……」

佐藤「おい千葉!」

松岡「ほほう、それでそれで?」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 07:03:45.02 ID:loVxcA7E0

千葉「~ということがあったわけだ」

松岡「へー、そんなことがあったんだ。佐藤君プレイボーイじゃない」

佐藤「お恥ずかしい限りです……」

松岡「でも今はふたばちゃん一直線?」

佐藤「そうなりますね……」

松岡「どういう話があったの?続けてみてよ!」

千葉「うむ」



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 07:15:19.10 ID:loVxcA7E0

佐藤「杉崎と別れた後、まあ受験勉強しようと思ったわけよ」

松岡「佐藤君がいた政治経済学部は最難関学部だもんね」

佐藤「でもまあ、30人も手付けてると、ダラダラ関係続くやつも結構いるわけ」

千葉「なるほど」

佐藤「でまあ、結局整理つかず夏までズルズルと……」

千葉「セフレなんだからさっさと切っちまえばいいのに……」

松岡「佐藤君は中途半端に優しいのかもね」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 07:30:16.02 ID:loVxcA7E0

佐藤「そんな時だったんだよな」

松岡「何が?」

佐藤「ふたばのオリンピック金メダル」

千葉「おおっ!佐藤の嫁の話がきたぞ!」

佐藤「あいつんちにマスコミが押しかけてたとき、たまたま近所通りがかったわけよ」

松岡「それで?」

佐藤「『しんちゃーん!小生金メダルッスよー!』って、抱きついてきたんだよ、カメラの前で」

千葉「ああ、それテレビで見た気がするな」

松岡「私は勉強でそれどころじゃなかったなー」

佐藤「まあ全国ネットで俺とふたばが流れたんだが、それはいいとして」

千葉「うん」

佐藤「キスしてきたんだよな、アイツ……」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 07:39:57.46 ID:loVxcA7E0

松岡「まあ、なんてロマンチックなの!」

千葉「ふむ」

佐藤「まあ、その時、俺は生まれて初めて恋をしたってわけだな」

千葉「ヒューッ!熱いねえ」

佐藤「ちなみにふたばからすると、あれはオリンピック仕込みのスキンシップだったらしい」

松岡「ふーん」

佐藤「それで、その日の内にセフレとは縁を切った」

千葉「やるじゃん」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 07:50:06.74 ID:loVxcA7E0

佐藤「で、アイツがスポ推でうちの大学入るって聞いたときはマジで運命感じたね」

千葉「ほう」

松岡「佐藤君の守護霊のおかげね」

佐藤「なんだよ守護霊って?」

松岡「ふふふ、当たるも八卦当たらぬも八卦」

佐藤「もうそれからは俄然勉強したわ」

千葉「まあお前のことだから、普通にやっても受かったんだろうな」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 08:12:36.91 ID:loVxcA7E0

佐藤「でまあ、合格」

松岡「そういうのって、物語みたいで、素敵ね」

佐藤「あとはもう成り行きだったな」

千葉「というと?」

佐藤「あいつ俺にずっとくっついてたし」

松岡「ふたばちゃんも政経だっけ?」

佐藤「ああ」

松岡「よく卒業できたよね」

佐藤「二外から選択科目に至るまで一緒の講義取ったからな」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 08:21:52.95 ID:loVxcA7E0

千葉「で、2回目のオリンピックでの逆プロか」

佐藤「そういうこと」

松岡「あれは日本中が佐藤君たちを祝福した瞬間だと思うわ」

佐藤「照れることを言ってくれるな」

千葉「あれはおまえとふたばだから絵になったんだよ」

松岡「そうかも。もし千葉君だったらあんまりねえ」

千葉「幸子ちゃん!」

佐藤「ははは」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 08:27:48.08 ID:loVxcA7E0

松岡「あ、そろそろ時間だね。延長する?」

千葉「いや、もういいよ」

佐藤「奥さんもそろそろ帰ってるだろうしな」

松岡「ふふ、そう?それじゃあまた来てね」

千葉「おう、またそのうち」

松岡「くれぐれも私がここで働いてることは内密にね!」

佐藤「ああ、大丈夫だよ」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 08:43:26.47 ID:loVxcA7E0

松岡「佐藤君」

佐藤「うん?」

松岡「これあげる」

佐藤「タロット?」

松岡「『力』を表すカードよ。欲望のままではなく、忍耐強く行動すること」

佐藤「うん……」

松岡「……ゆきちゃんや杉ちゃんのこと、反省しなさいね」

佐藤「ああ、わかってるよ」

千葉「おーい、金払ったからあとでワリカンだぞー!」

松岡「それじゃあね!またのご来店をお待ちしておりまーす!」



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 08:50:35.42 ID:loVxcA7E0

千葉「さて、帰るか」

佐藤「千葉」

千葉「うん?」

佐藤「俺、ふたばを幸せにしようと思う」

千葉「何くっさいくっさい当たり前のことを言ってやがる」

佐藤「俺はやるぞー!」

千葉「うわっ、こいつ今頃酔いが回ってきやがったな」



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:00:44.20 ID:loVxcA7E0

みつば「何よう……処女ってそんなにわるいことなの?」

千葉「おい、あれは長女じゃないか?」

佐藤「完全に出来上がってるな……」

みつば「あーっ!変態ブタゴリラと変態パンツ義弟だ!」

千葉「おい、大丈夫なのかよ?」

みつば「……フン、アンタ私に気があるのかしら?」

千葉「お、おい、いきなり何を言い出すんだ?しっかりしろ!」

みつば「おーい、出来の悪い義弟!ひとはが酔っぱらって大変だからはやく奥さん助けに行きなさい!おねーさまからの命令なんだからねっ!」

佐藤「う、うん……」

千葉「まてー!佐藤!こいつなんか様子がおかしいぞ!助けろ!」

佐藤「千葉……おまえの犠牲は忘れない」

みつば「さーて!アンタ私の初めてになるのよ!ありがたく思いなさいよ!」

千葉「講習の面前で脱ぎ出すのはやめろ!!この痴女!!」



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:04:35.53 ID:loVxcA7E0

こうして、しんちゃんとふたばは生涯幸せにくらしました

一年後に、この2人の間からよりもはやく助平で大喰らいの赤ん坊が生まれるのはまた後の話……

__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:08:25.28 ID:GcSfFOwQ0

ん?



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:08:46.27 ID:T5AkAai50

なんだと・・・・
乙おつ



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:10:12.93 ID:loVxcA7E0

よし10時の出勤時間には間に合いそうだな

日本語おかしいとことか設定おかしいとことか色々あるけど見逃してやってください



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:10:15.01 ID:GcSfFOwQ0

気になるがとりあえず>>1乙!



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 09:21:39.37 ID:Ykr7K1pdO

追いかけてたら
ちょうど終わった
リアルってこんなんか?



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 10:35:46.39 ID:RwhUt1BI0

みつどもえSSを見つけたのはこれで二つ目だ



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 10:45:32.07 ID:DiTRRZ6AO

>>223
ひとつめを教えろ、いや教えてください



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 11:34:26.11 ID:RwhUt1BI0

>>224
みつば「杉崎が風邪をひいた?」
ってやつ



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 12:17:27.82 ID:yyy46qHyO

>>1

>>230
横からだがサンクス



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 13:20:03.11 ID:DiTRRZ6AO

これを機にみつどもえSSが増えてほしい

百合ネタならいくらでも書けそうw



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:18:45.61 ID:NbJrrQef0

>>242
じゃあ安価で百合ネタ書こうぜ
とりあえず>>255と>>260のキャラで。
男、動物はナシでな。



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 13:46:54.12 ID:6PJrbrg0O

みつどもえSS久々に見た、乙



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:28:53.67 ID:AOwQy8Ss0

かそく



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:29:53.96 ID:OWVkC5tcO

杉崎



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:30:47.34 ID:akPPyUa20

みつば



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:32:30.98 ID:MhgkRn9W0

みやし



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:33:20.29 ID:KUrv6rGe0

チクビ



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:34:52.34 ID:eAOv/XB50

眉毛



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:35:42.15 ID:AOwQy8Ss0

かそ



259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:35:59.50 ID:OWVkC5tcO

ひとは



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:36:48.56 ID:72KKzbxK0

吉岡さん

宮子ときたら吉岡さんだろ



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:42:27.57 ID:NbJrrQef0

大人バージョンじゃなくていいんだよな?
原作の年齢でおk?



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:50:20.15 ID:NbJrrQef0

吉岡「NAMAの新刊買ったんだ~♪」

宮下「へえ、じゃ今日家行くから読ませてくれよ。杉崎も行くだろ?」

杉崎「あ、ごめん。今日は家族でおでかけする予定だから…」

宮下「じゃあ三女!三女はどうだ?」

ひとは「宮内さんがいかないなら…」

宮下「それじゃ意味ないだろ!ていうか宮下だよ!」

宮下「…仕方がない、私一人でお邪魔しよう」

みつば「ちょっと!なんで私を誘わないのよ!」

ひとは「どちらにせよ今日は買いだめしておかなきゃいけないんだから、みっちゃんも行けないよ」

宮下「なんでさっきそう断らなかったんだよ…」



263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 14:56:33.94 ID:NbJrrQef0

~吉岡家~

紗江子「あら、いらっしゃい」

宮下「お邪魔しまーす」

紗江子「でもゆき、今日はママ達映画を観に行くつもりだったんだけど…」

宮下「あ、私のことはお構いなく。用が済んだらすぐ帰りますから」

紗江子「そう?じゃあお菓子と豆乳をダイニングに置いておくから、ゆき、お出ししてね」

吉岡「うんわかった」

純次「それじゃあいこうか…」

紗江子「ええ、あなた…」

吉岡「行ってらっしゃーい」



264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:00:19.14 ID:NbJrrQef0

吉岡「はあ。最近うちの家はぶりがよくって、よくデートに出かけるんだ」

宮下「あ、あぁ…そういえばそんなこと言ってたな」

吉岡「…やっぱり売れたのかな…パパの本」

宮下「……うーん、そう、かな…」

吉岡「……」

宮下「あっ!ほら!早く読ませてくれよ!NAMA!]

吉岡「あっそうだったね!確かここに…」

 ドサッ

『淫欲の肢体』

宮下・吉岡「」



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:06:01.43 ID:NbJrrQef0

宮下「…えーと」

吉岡「…はは…」

宮下「まだ持ってたのか、そういうの。ていうかこの前のとは違うやつだな」

吉岡「うん。これはママから借りたの」

宮下「」

吉岡「でもこれ、すごく泣けるんだよ?情欲に溺れた人妻が愛する夫との絆を…」

宮下(すっかりハマってしまっている…)



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:11:44.35 ID:NbJrrQef0

吉岡「それでね…(クドクド)…主婦の良子が…(クドクド)…パート先の店員のイケメンが…」

宮下(ああ…すっかり火がついてしまったみたいだ)

吉岡「でも良子の体はもう快楽を忘れることはできなくてね、タツヤの身体が…」

宮下(…そんなこと大声で言うなよ吉岡~~~!)/////カァァァ…

吉岡「でもね、それでも良子はのジロウが好きなんだけど、それでも快楽の海に…」

宮下(どうにかしてこの話を止めなければ…)

宮下「あ、あのさ!」



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:15:17.51 ID:NbJrrQef0

吉岡「うん?」

宮下「私は、ほら、そういう…か、かいらく?みたいのは分かんないし…ちょっと難しいよなぁ」

吉岡「ああ…そっか」

宮下(よし!これでこの話は終了だ!)

吉岡「でも…ほんとに凄く気持ちいいんだよ?こういうことするの…」

宮下「!?」



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:20:20.69 ID:NbJrrQef0

宮下「おまっ、ちょっ、え、えええぇ!?」

吉岡「宮ちゃんはしないの?そういうこと」

宮下「しなっ、いやっ、ていうか、そんな相手っていうか、恋人なんて私にいるわけないだろ!」///////

吉岡「相手?」

宮下「だって…私なんて、そんな、男子に告られたこととかも…ないし……」

吉岡「ちがうよ宮ちゃーん、一人でするんだよ?」

宮下「!?」



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:25:50.45 ID:NbJrrQef0

宮下「ひと…り…?」

吉岡「宮ちゃんはないの?あそこをいじってて気持ちよくなっちゃうこと…」

宮下「あそっ…!バカ!何言ってるんだよ!」

吉岡「うふふ宮ちゃん真っ赤になっちゃって可愛い」

宮下「んなっ…!」

宮下(大変だ…吉岡が大変な変態になってしまった…正しい道に戻してやらねば…!)



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:32:50.32 ID:NbJrrQef0

吉岡「ここ読んでみて?そしたらやり方が分かるから」

宮下「…」

《 良子は一人ベッドにその豊かな肢体を投げ出し、股にある秘め花に指を伸ばした。そこは、しっとりと湿っていた。
  「ああ…あなた…どうして私を見てくれないの…」
  いけない、と思いつつも、その白い指は良子の熟れた赤い粘膜の間に滑りこんでゆく… 》

宮下「……!!」///

吉岡「どう?宮ちゃん」

宮下「おまっ…、こ、ここ、こんなことしてるのか!?」カァーッ

吉岡「う…うん」><

宮下(こ、こんなこと絶対にやめさせなきゃ駄目だ…!
    そうだ!こんなことが凄く身体に悪くて全然気持ちよくないってことを教えてやれば…!)



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:39:02.29 ID:NbJrrQef0

宮下「こういうのは…駄目なんだぞ。身体にも悪いし…気持ちよくないぞ!」

吉岡「えーでもホントにホントに気持ちいいんだよ?」

宮下「いやでもだな…」

吉岡「じゃあ宮ちゃんやってみなよ!」

宮下「!?」

宮下(いや、でもこれはチャンスか…!?
    私がこういうことをしたら身体が悪くなるように演じれば吉岡の目を覚ませられるかもしれない…)

宮下「わかった!いいぞ!やってやるよ!」

吉岡「きゃぁーっ!ついに宮ちゃんもエクスタシーランデブーだねっ!私応援するよっ!」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:46:03.48 ID:NbJrrQef0

宮下「こっ…ここでやればいいのか?」

吉岡「うん、ほら脱いで脱いで!」

宮下「ばっ…自分で脱げるよ!」

ぬぎぬぎ

宮下「…。下も脱ぐのか?」

吉岡「そりゃあそうだよ!そうでなきゃできないでしょ?」

宮下「…」ぬぎぬぎ

宮下「!」

宮下(あ…毛が生えてる…。今まで気にしてなかったが…みんなはどうなんだろうな…。
    いくら女子同士だからってそんなとこを注意してみたことなかったし…。
    でも小六なら普通、だよな。特に吉岡なんて凄く生えてそうだし…)

ぬぎっ

吉岡「わっ、宮ちゃんのそこ凄く綺麗!全然生えてないんだね!」

宮下「えっ!?」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:52:42.14 ID:NbJrrQef0

宮下「いっいや生えてるぞ!ほ、ほら…」

吉岡「えっどこ?」

宮下「こ、ここだよ…」(何やってるんだ私は…)///

吉岡「あっほんとだ。でもこんなの生えてるうちに入らないよ」

宮下「そりゃお前と比べたらだろ…」

吉岡「え、でも温泉に行ったときとかちらっと見えるじゃない?」

宮下「み、みんな生えてるのか…?」

吉岡「うん多分…」

宮下(なんてこった…。育毛剤ってココにも効くのかな…)



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 15:57:21.76 ID:NbJrrQef0

宮下「う、うるさい!もうそんなことはどうでもいいだろ!や、やるぞ!」

吉岡「うん!頑張ってね!」

宮下(何をだよ…)

宮下「え、えーと、指を、こう…」

宮下(うわなんか気持ち悪い。ヘンな感じ)

吉岡「がんばって!そこからが大人への階段だよっ!」

宮下(ってことはお前は私を差し置いて大人なのかよ…)



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 16:04:18.08 ID:NbJrrQef0

宮下(とにかく、こういうことをしたらよくないってことをアピールしないと…)

宮下(えーと、本にあったようにこうやって指を動かしながら…)

宮下「うっ、ううっ、うううーっ!」

宮下(とにかく苦しそうにするんだ!)

宮下「うっ、う゛う゛う゛ーー!」

吉岡「み、宮ちゃん!」(喘いでる!?)



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 16:10:47.23 ID:NbJrrQef0

宮下「う゛う゛っ、ふうぅ、くぅぅぅ!」

吉岡「み、み、宮ちゃん…」(宮ちゃん実はかなり素質が…!?)

宮下「つぅぅッ!」

吉岡「宮ちゃぁん!」

宮下(なんかホントに股間がヘンな感じになってきたが…、吉岡は順調に私のことを心配しだしたぞ!)

吉岡(宮ちゃん…ほんとはかなり溜まってたんだ…)



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 16:23:25.48 ID:NbJrrQef0

宮下「あっ、あぁ…くる、苦しい…!」

吉岡「みっ、宮ちゃん…」

吉岡(そうだよね!胸が苦しくなるよね!)

宮下(これで吉岡も、こういうことをするのをやめるだろう…。だがもう一押しだ!)

宮下「あ、あぁぁ、も、もう駄目…!死ぬ…死んじゃう…!」



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 16:25:33.30 ID:NbJrrQef0

宮下「逝く…逝ってしまう…!」

吉岡(もうイクの!?まだ2分しか…)

吉岡「宮ちゃん!早すぎない!?」

宮下「あ、ああ、もっと長く生きたかったよ…!」

吉岡(もっと長くイキたい!?み、宮ちゃんとんだ変態に…!)

宮下(完璧だ…吉岡はもうこんなことはやめるだろう…!
    最後に死んだフリをしてフィニッシュだ!)

宮下「うっ、うわぁぁあぁぁ!」バタッ

吉岡「宮ちゃぁぁぁん!」

吉岡(イって失神なんてホントにあるんだ…!)



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 16:35:27.38 ID:NbJrrQef0

宮下(これで万事OKだなっ。吉岡も健全な道を歩んでくれるだろう…)

吉岡「宮ちゃん!宮ちゃんったら!」

宮下「あ、ああ…、心配するな。私はまだ逝ってはいないぞ…!」

吉岡「失神してなおその先が!?宮ちゃん凄い!」

宮下「…って吉岡なんで裸になってるんだよ!?」

吉岡「そんなに凄い指テクを是非味わってみたくって…」><

宮下「何を言ってるんだ!?うわっそんなにくっつくな!」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 16:41:54.36 ID:NbJrrQef0

ガチャッ

紗江子「ゆきー、ママここにハンカチ忘れて行ってなかったかし……ら……」

吉岡・宮下「」

紗江子「…そうなの…」

吉岡「い、いやあのこれは…」

紗江子「ママも学生時代そういう方向に流れたことがあったけど…今のコ達は早いのね…」

宮下「えっ」

紗江子「いいわ。今度の日曜日にうちに来てね。色んなことを教えてあげるから…」

宮下(ええー)

吉岡「マ、ママ…?」

紗江子「私も最近身体がうずいちゃって…まさか娘に興奮させられちゃうなんてね…それじゃ、今度の日曜日にね」

バタン

吉岡「……ママ、身体がうずくなんて…もしかしてあの本のモデルはママ…!?じゃあやっぱりパパは…!
    しかも日曜日にママのセクシャルレッスン!?ど、どうしよ~宮ちゃん!
    それまでに特訓しよ!色々テクニック教えてねっ!?」

宮下「ハ、ハハ…」(なんというか…私何の得もしてないな…)



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 17:42:02.00 ID:/Y3NJyIIi

まだ残ってたか
他のエピソードを書きたくなったからもうちょっと落とさないで待っててくれ

>>221
しんちゃんはリア充友人2名がモデルです
吉岡はそのうちの1人のスイーツ元カノ
おがちんにもモデルがいます



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 17:44:28.34 ID:NbJrrQef0

>>298
お前の友人すごいな

新エピソード期待



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 17:48:37.23 ID:f7XcwguZ0

>>299
は?



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 18:08:59.15 ID:VEKjor3t0

一応保守っとくか



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 18:29:09.08 ID:AOwQy8Ss0

落としたくない



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:04:01.86 ID:cYTO5DAh0

保守



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:14:34.02 ID:loVxcA7E0

~~

宮下・吉岡「カンパーイ!!」

宮下「ゴクッ……ゴクッ……」

吉岡「プハーッ!!」

宮下「おお、吉岡いい飲みっぷりだな」

吉岡「アルコールは結構イケる口だよ」

宮下「ほう、意外だなー」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:21:12.39 ID:loVxcA7E0

宮下「で、どうだ?」

吉岡「うん?」

宮下「旦那さんとは」

吉岡「普通にラブラブだよ」

宮下「ハハッ、こやつめ」



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:30:56.92 ID:loVxcA7E0

吉岡「宮ちゃんは前付き合ってた人とどうなったの?」

宮下「あー、うん」

宮下「別れた」

吉岡「そっか……ゴメンね変なこと聞いて」

宮下「まあ私っていつもこんな感じだしな」

吉岡「宮ちゃんってさ、あんまり男の人と長く続かないよね」

宮下「うん」

吉岡「なんでだろうね」

宮下「そこら辺の話はな……」



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:41:56.64 ID:loVxcA7E0

宮下「私ってさ」

吉岡「うん」

宮下「長くても半年しか男と続いたことないんだよね」

吉岡「うん」

宮下「必ずと言っていいほど初めてセックスした二週間後くらいで別れるんだよ」



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:47:33.75 ID:loVxcA7E0

吉岡「へー、そうなんだ」

宮下「最初は気づかなかったんだけどさ」

吉岡「うん」

宮下「さすがに大学生くらいになると、自分のセックスに何か問題があるんじゃないか、って考えだしたんだよね」

吉岡「なるほど」



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 20:55:27.57 ID:loVxcA7E0

宮下「で、そのこと友達に喋ったらさ」

吉岡「うん」

宮下「『宮ちゃん威圧感あるからねー』って」

吉岡「あー、それはわかる」

宮下「身長か?身長がわるいのか?」

吉岡「女の子なのに180もあるからね」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:05:27.03 ID:loVxcA7E0

宮下「で、色々頑張ったんだよ」

吉岡「どんな風に?」

宮下「ズバリ、『宮ちゃん流!男に逃げられないための低威圧感セックス☆』」

吉岡「すいません、焼酎とモツ煮と枝豆持って来て下さーい」

宮下「おい、そこスルーすんなよ」

吉岡「だってこういう話のときの宮ちゃんウザいんだもん」



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:14:43.58 ID:loVxcA7E0

宮下「まあ、とにかく色々頑張ったわけよ」

吉岡「聞いてあげるよ」

宮下「まず、体位をバック多めにした」

吉岡「ふむ」

宮下「でも私ってさ」

吉岡「うん」

宮下「騎乗位が好きなんだよ」

吉岡「どうでもいいカミングアウトだね」

宮下「特に顔騎」

吉岡「うわっ」



327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:25:31.06 ID:loVxcA7E0

吉岡「いくら私でも顔騎はないと思うな……」

宮下「そ、そうなのか?」

吉岡「顔射なみにAVの中でしか存在し得ない技術だよ」

宮下「一般的にはそうなのか?」

吉岡「そうだよ!もう!」

宮下「話続けるぞ」

吉岡「うん」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 21:42:47.30 ID:loVxcA7E0

宮下「バック多め、っていうのは背が高い人向けのアドバイスだったんだけどね」

吉岡「どこでそんなの知ったの?」

宮下「eggとか」

吉岡「高校生じゃないんだから……」

宮下「別にいいだろ!」

吉岡「まあ続けなよ」



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 22:00:01.20 ID:loVxcA7E0

宮下「気持ち良くないんだよ」

吉岡「バック?」

宮下「うん」

吉岡「私は結構好きだけどな」

宮下「え?」

吉岡「旦那がバック好きなの」

宮下「うん」

吉岡「見えないところから攻められるって良くない?」

宮下「うーん」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 22:17:45.18 ID:loVxcA7E0

宮下「吉岡さあ」

吉岡「うん?」

宮下「おまえ結構マゾっ気あるだろ?」

吉岡「否定はしないよ」

宮下「今日は顔真っ赤にして否定しないんだな」

吉岡「大人になるって嫌だね」



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 22:41:58.95 ID:loVxcA7E0

宮下「結局最後は騎乗位でフィニッシュしちゃうんだよね」

吉岡「ふーん」

宮下「で、たいてい2回目はなくてそのまま終わる」

吉岡「んー」

宮下「そんなに男と女の関係でセックスって重要なのかな……」

吉岡「そりゃあそうだよ」



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 22:59:40.85 ID:loVxcA7E0

宮下「今まで私の話するだけだったけどさ」

吉岡「うん」

宮下「おまえの話もしてみてよ」

吉岡「まあまあ」

宮下「あんまり話したくないのか?」

吉岡「だってうちはラブラブだし」

宮下「だったらいいんじゃないのか?」



343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:13:53.86 ID:qWjb26Ssi

吉岡「だ、だってそんな話するのは恥ずかしいよ!」

宮下「さっきバックが好きとか言ってていきなり何を言い出すんだ」

吉岡「あーもう!宮ちゃんのスケベ!」

宮下「おまえそういやさっき焼酎頼んでたな……もしかして酔うと純粋になっちゃうのか?」

吉岡「宮ちゃんが悪いんだよ、もう!」

宮下「可愛いヤツだな、ははは」



345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:31:31.16 ID:loVxcA7E0

Wi-Fiの接続が切れてたからID違うけど>>343は僕です一応

宮下「あ、電話だ……もしもし?今から会えないかって?ああ、すぐ行きます」

吉岡「誰から電話?」

宮下「うちの大学の先輩だった人だよ。合コン足りないとすぐ呼ばれるんだよ」

吉岡「今でもそういう関係があるって素敵だね」

宮下「吉岡も一緒に行くか?」

吉岡「さすがに旦那は裏切れないよ!」



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:40:33.06 ID:loVxcA7E0

宮下「そう言わずにさ、いるだけでいいから二次会とかこつけようぜ!」

吉岡「宮ちゃんのハレンチ!」

宮下「でも、夫に内緒で合コンに行くのって、なかなかいいシチュエーションじゃないか?」

吉岡「くっ、宮ちゃん私にそれを言うのは卑怯だよ!」

宮下「吉岡!今日は一緒に学生時代にもどろーじゃないか!」

吉岡「もう仕方ないなー、今日だけだからね!」

こうして2人の夜は一層更けていくのでした……



349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:43:31.45 ID:loVxcA7E0

      ___
     /  R /\
    /   /\  \
   |  / /=ヽ \  |
   |/ (゚)  (゚) \|  
   \── ゝ── ノ
     \____/
             .        _ ,.... -‐‐
                ,...- ' ゙゙ :::
              , '´ヽ:::ヽ    _/::::::
           /   j´::::::::`'ー、_ j::::::::::::
           /  /`´:::::::::::::::::::: !ノ:::::::::::::         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
        / .... '!.j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          d⌒) ./| _ノ  __ノ
       ,!'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:44:15.35 ID:loVxcA7E0

すいません、寝かせてください

ほんとはもっと色々かきたかった



351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:44:42.15 ID:qbBHRSA80

おい




おい



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/29(火) 23:45:12.27 ID:WLkw6DZX0

それは、ゆるされない。



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:28:57.77 ID:Ovkn6aeT0

趣向を変えて百合でも書くか
>>359×>>364



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:36:04.17 ID:50GtiSAH0

杉みつだろjk



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:38:05.67 ID:suqnXBfd0

杉崎



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:38:35.09 ID:bqJxEkcX0

みつば



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:39:22.65 ID:xBGJBFyS0

みつば



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:39:34.69 ID:bqJxEkcX0

みつば!



364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 00:40:12.47 ID:Ys4dmK6q0

りゅうた



378:ヤンデレになるかもしれん:2011/03/30(水) 00:54:53.16 ID:Ovkn6aeT0

みつば「杉崎……ゴメン」

杉崎「えっ………」

みつば「わたしも、杉崎のこと、好きだよ」

杉崎「だ、だったら

みつば「でも!」

杉崎「!」ビクッ

みつば「でも……ダメ。お互い、ダメになる」

杉崎「ダメになるって……何が

みつば「あんたもさ、わかってるんでしょ?」

杉崎「………」

みつば「沈黙は肯定よ」

杉崎「ええ……わかってるわよ」
杉崎「わかってるわよ!それくらい!ダメだってことくらい!それでも!それ、でも………」

みつば「………みっともない声で泣かないでよ」

杉崎「だって……だって………」グスッ



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:00:55.29 ID:atUFKbXL0

でもやっぱり純粋な百合が見たい…再安価じゃ駄目かな



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:03:59.01 ID:Ovkn6aeT0

>>381
再安価いくか?

http://i.imgur.com/2yEse.jpg



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:06:44.52 ID:atUFKbXL0

>>384
いや、興味はある。ただ>>378がスタートとは思わなくて、誰も書かないようなら再安価したら…という意味で言った。
流れ切っちゃってごめんな。続き書いてくれパンツは脱いでるから



382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:02:16.82 ID:32gsnj3x0

すまん貼れてなかった

http://beebee2see.appspot.com/i/azuY0MjkAww.jpg



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:02:48.81 ID:Ovkn6aeT0

みつば「………結局わたしたちは、ただのケンカ友達でしかない。それ以上でも以下でもないし、それ以上にも以下にもなれないのよ」

杉崎「みつば、もう一回、もう一回でいいから考え直してよ………ね?」

みつば「………じゃあね、また、明日」ダッ

杉崎「あっ………」

杉崎「み、つば……」

杉崎「みつば………みづば、みづばぁぁ!」

杉崎「うわぁぁぁぁ!」

杉崎「うっうっ……ぐすっ……ひっく……みづばぁ………」






りゅうた「………ね、姉ちゃん?」



391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:13:51.84 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「えっ……りゅ、うた?」

りゅうた「あ、あは、あはは……」

杉崎「………どこから、見てたの?」

りゅうた「いや、おれ、何も

杉崎「どこから見てたのって聞いてんのよ!」

りゅうた「ひっ……ご、ごめん姉ちゃん!さ、最初から、全部………」ビクビク

杉崎「…………そう」

りゅうた「ご、ごめんなさい!ごめんなさ

杉崎「りゅうた」

りゅうた「は、はい」ビクッ

杉崎「どうだった?」

りゅうた「………え?」

杉崎「どうだったって聞いてるの。お姉ちゃん、気持ち悪かったでしょ?無様だったでしょ?」

りゅうた「そ、そんな……こと



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:18:43.56 ID:JDZj40uQO

設定としては何歳?



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:18:48.70 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「笑なさいよ」

りゅうた「き、気持ち悪くなんかない………よ」

杉崎「笑なさいって言ってるのが聞こえなかったの!?」

りゅうた「ひっ」ビクッ

杉崎「ウソはいけないわ、りゅうた。見てたでしょ?お姉ちゃん、女の子に告白してフられちゃったのよ?」

杉崎「最っ高に気持ち悪いでしょ?最っ悪に無様でしょ?」

杉崎「だから笑なさいよ!………笑ってよ」

りゅうた「……………」



396:>>392原作厨なので原作準拠:2011/03/30(水) 01:27:01.93 ID:Ovkn6aeT0

りゅうた「………気持ち悪くなんかないよ」

杉崎「!」

りゅうた「無様なんかじゃないよ」

りゅうた「姉ちゃんはカッコいいよ!好きな人に真っ向から好きって言える、それだけでもすごい事だよ!」

杉崎「気休めなんて

りゅうた「気休めなんかじゃないよ!ガチで頑張った人間はみんなカッコいいんだ!ガチレンジャーだってそう言ってた!」

杉崎「………」

りゅうた「………もう一回、言うね。姉ちゃんはカッコいいよ」

杉崎「でも………でも

りゅうた「もし!」

杉崎「!」ビクッ

りゅうた「もし、姉ちゃんを笑うようなヤツがいたら、俺がやっつけてやるから」

りゅうた「姉ちゃんの言うこと、なんでも聞くから!」

りゅうた「お願い、泣かないで。姉ちゃん」

杉崎「…………りゅうたぁ」ボロボロ



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:31:33.21 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「なんでも………」

りゅうた「?」

杉崎「なんでも、聞いてくれるの?わたしの、言うこと」

りゅうた(元気になってくれた………のかな?)

りゅうた「う、うん!俺、なんでも聞くよ!なんでも言っていいよ!」

杉崎「ありがとう………ありがとう、りゅうた」

りゅうた「へへへ……」

杉崎「じゃあ、」

りゅうた「うん!」

杉崎「じゃあ、茶髪にして?」

りゅうた「うん!……………へっ?」



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:37:19.16 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「髪型も変えて。あ、二つくくりね?」

りゅうた「ね、姉ちゃん………?」

杉崎「あと服も。そんな服じゃダメ」

りゅうた「そ、そんなことして何になるの?というか、そんなことでいいの?」

杉崎「そんなこと、ですって………?」ギリッ

りゅうた「ひっ……」ビクビク

杉崎「わたしにとってはとても大切なことなの!わかんないなら口出ししないで!」

りゅうた「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!」

杉崎「あとその言葉遣い」

りゅうた「へっ?」

杉崎「もっとわたしを罵るようにしなさい。みつばはそんな弱腰じゃないわ」

りゅうた「み、つば………?」



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 01:42:23.28 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「気安く呼ぶな!」

杉崎「みつばのことをみつばって呼んでいいのはわたしだけなの。それくらいは、分かるわよね?」

りゅうた「ち、ちがう………こんなのちがう!」

杉崎「従いなさい」

杉崎「なんでも言うこと………聞くんでしょう?ねぇ、りゅうた………」

りゅうた「ちがう………ちがう………!」

杉崎「あ、わたしの前では、名前も変えてね」

りゅうた「やめて……それ以上は言わないで………っ!」

杉崎「あなたの名前は今日から………」




「『みつば』よ」



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:00:33.69 ID:Ovkn6aeT0

数日後


杉崎「ねぇ、みつば?」ニコニコ

りゅうた「は、はい」

杉崎「」ギロリ

りゅうた「ひっ……!な、なによ!わたしになんか用!?」

杉崎「もう!恋人に向かってその態度はおかしいんじゃない?」ニコニコ

りゅうた「な、なによ?わるい?」

杉崎「ううん。いいのよー別に」ニコニコ

りゅうた(………姉ちゃん)



404:遅くなってごめん。エラー出てた:2011/03/30(水) 02:07:50.22 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「ねぇ、みつば……」

りゅうた「あっ……だめだよ。姉ち………杉崎ぃ」

杉崎「ふふふ、いいじゃない。わたしたち恋人同士なんだし」チュッ

りゅうた「んん………」



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:08:38.55 ID:Ovkn6aeT0

あの日から、姉ちゃんは学校に行かなくなった。
あの日から、僕は帰ってくると『みつば』になった。
あの日から、毎日姉と唇を重ねるようになった。
あの日から、全てが壊れ始めた。
あの日から、あの日から、あの日から、あの日から、あの日から

杉崎「ねぇ、みつば?」

りゅうた「な、なに?」

杉崎「わたしのこと、好き?」

りゅうた「…………」

りゅうた「好きに決まってるでしょ?みく」

杉崎「うふふ」ニコニコ

あの日から、あの日から、あの日から、あの日から、あの日から、

あの日から、あの日、から





407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:10:03.30 ID:JF7fqwPQP

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:11:32.61 ID:atUFKbXL0

なんという…



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:13:50.89 ID:c1AY+G4TO

百合書いてくれ~



413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:14:38.69 ID:Ovkn6aeT0

気を取り直して

>>417×>>422



414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:17:49.88 ID:suqnXBfd0

杉崎



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:18:30.37 ID:JF7fqwPQP

kskst



416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:20:23.55 ID:50GtiSAH0

杉崎



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:20:28.33 ID:Ys4dmK6q0

伊藤さん



418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:21:05.35 ID:Ovkn6aeT0

またヤンデレフラグかよ…



419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:22:43.35 ID:c1AY+G4TO

みつば



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:23:26.26 ID:JF7fqwPQP

ふたば



421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:23:33.73 ID:1W9jZKI50

イケメンさま



422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:23:39.22 ID:Ys4dmK6q0

海江田先生



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:28:12.66 ID:t1AY0drrO

誰得ばっかり



425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:28:40.41 ID:Ys4dmK6q0

>>424
超俺得



426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:35:35.24 ID:Ovkn6aeT0

伊藤「か、海江田先生!」

海江田「あら?たしか三組の……伊藤、さんだよね?」

伊藤「は、はい!覚えててくれてたんですね……えへへ」

海江田「そりゃね。生徒の名前くらい覚えてるわよ」

伊藤「……そう、ですよね」ムスッ

海江田(あら?……不機嫌になった?)

伊藤「」ムスー

海江田「……な、な~んて!冗談よ」

伊藤「?」

海江田「可愛い子しか覚えらんないわよ。ね?」

伊藤「!」パァァッ

海江田(お、機嫌なおった。あんがいちょろいもんね)



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:36:20.62 ID:Ovkn6aeT0

伊藤「あ、あの!」

海江田「なぁに?」

伊藤「こ、これ!」バッ!

海江田「ん?……手紙?」

伊藤「が、頑張ってグランドを走る先生、すすす素敵でした!さようならっ!」ダッ!

海江田「えっ!?あっ、ちょっと!?」

海江田「………行っちゃった」

海江田「手紙、か」

海江田「ファンレターかな?もしかしてラブレターだったりして。あはは、それはないか」

海江田「伊藤さん、か。素直でいい子だったなぁ」

矢部(海江田先生の方がモテてる!?なんで!?ボク男なのに!?)


やりにくいのは短期決着に限る



428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:37:12.83 ID:Ys4dmK6q0

よく書いてくれた!!



429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:37:57.99 ID:Ovkn6aeT0

>>428
うるせぇクソスナイパー

>>433×>>438



430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:38:21.61 ID:EfvdofXY0

安価でなくてもいいんじゃないの



432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:39:51.66 ID:Ovkn6aeT0

>>430
これが書きたい!とか無いからなんとなく



431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:39:24.36 ID:atUFKbXL0

みつば!みつば!みつば!



433:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:39:58.76 ID:U4ZirGFN0

杉崎



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:39:59.63 ID:50GtiSAH0

杉崎



435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:40:18.76 ID:EfvdofXY0

ひとは



436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:40:54.55 ID:3NZcZ72F0

三女さん



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:41:11.40 ID:50GtiSAH0

みつば



438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:41:12.07 ID:JF7fqwPQP

kskst



439:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:41:17.44 ID:U4ZirGFN0

みつば



446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:50:59.22 ID:Ovkn6aeT0

カチカチカチ……

少し前に買ってもらったケータイをいじっていて、ふと気付いた

みつば、みつば、みつば、何時の間にか、写真フォルダはみつばで埋まってしまっていることを

カチカチカチ……

みつばなんて嫌いだ

食欲旺盛で、傲慢で、高慢で

カチカチカチ……

たまに妹思いで、ごくたまに優しくて、ごくごくたまに可愛くて

カチカチカチ……

だからみつばなんて大っ嫌いだ

………嫌いだ



447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 02:55:56.27 ID:Ovkn6aeT0

吉岡「すーぎちゃん!」

杉崎「ひゃぁぁぁ!」

吉岡「うえっ!?」

宮下「うおっ!?」

杉崎「び、びびびびっくりさ、させないでよ!」

吉岡「杉ちゃん、それはこっちのセリフだよぅ」

宮下「な、なんかあったのか?話してみろよ、ほら」

杉崎「はぁ……」

杉崎「なんでもないから、気にしないで」

宮下「で、でも今の明らかに変

みつば「気にしなきゃいいのよ」

杉崎「!」



449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:04:03.41 ID:Ovkn6aeT0

みつば「どぉ~せたいしたこと無いんでしょお?」

こういうところがムカつく

だから嫌いなのよ

杉崎「な、なんですって!」

吉岡「す、杉ちゃん、おちついて」

みつば「はっ!じゃあ言ってみなさいよ」

杉崎「! そ、それは……」

みつば「あっれぇ?言えないの?」

杉崎「ぐ……ぐぐぐ」

みつば「言えないんだ!やっぱりたいしたこと無かったのね!あはははは!」

杉崎「くぅぅぅぅ!」

なにもなかった

それが事実だ

でもなぜわたしは、何も言えないんだろう

何がひっかかっているんだろう



452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:18:14.85 ID:Ovkn6aeT0

みつば「ほれ見なさい!なーんにも言えないじゃない!」

杉崎「ぐぐぐ………」


「……はぁ」

「やめなよ、みっちゃん。みっともないよ」

みつば「邪魔しないでよ、ひとは。今いいとこなんだからっ……!」

ひとは「杉ちゃんはホントになんでもないよ」

宮下「三女!」

みつば「はぁ?なんであんたにそんなことが分かるのよ」

ひとは「だって、杉ちゃんはみっちゃんの写真眺めてただけだもん」



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:19:05.94 ID:Ovkn6aeT0

みつば「はぁ?それだけ?………って、え?」

杉崎「え?」

ひとは「むふぅ」

杉崎「………み、見てたの?」

ひとは「うん」

杉崎「………どこから?」

ひとは「ケータイ開いてニヤニヤし始めるところから」

それ、全部じゃない

杉崎「…………」

みつば「…………」

「「…………………」」



455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:25:26.81 ID:Ovkn6aeT0

みつば「け、消しなさい!今すぐ!全部!


杉崎「い、嫌よ!この中の写真は全部わたしのなんだから!」

みつば「じゃあそれ貸しなさいよ!」

杉崎「やめてよ!どれだけ頑張ってコソコソ撮ったと思ってるの!?」

宮下「うわぁ……」

吉岡「こ、これも愛のカタチだよね!><」

宮下「いや、どうだろうか」

ひとは「付き合ってらんないよ」



456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:31:51.91 ID:Ovkn6aeT0

みつば「よっしゃ!取った!」パシッ

杉崎「あっ!返してよ!返しなさいよ!」

みつば「うるさい!データ消したら返すわよ!」

宮下「まぁ、なんだかんだ言って仲いいよな、あいつら。どっも本気でケンカしてるワケじゃ無

杉崎「返してって言ってるでしょ!!!」

宮下「」ビクッ

ひとは「………本気じゃん」



458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:36:01.66 ID:Ovkn6aeT0

みつば「な、なによ。大声出さないでよね」

杉崎「それは大事な写真なの!だから消さないで!………お願いだから」

みつば「いや、これわたしの写真……」

杉崎「だから大事なの!」

ひとは「」

宮下「oh…」

吉岡「><」キャ~!

みつば「………はい?」



460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:40:22.88 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「あんたの、みつばの写真だから、残しておきたいの!」


恥ずかしい………


杉崎「笑ってるみつば、しょげてるみつば、怒ってるみつば」


わたしにこんなこと言わせるから


杉崎「泣いてるみつば、照れてるみつば、食べてるみつば」


嫌いなのよ、みつば


杉崎「みつばを全部、閉じ込めておきたいの!」



461:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:43:56.08 ID:Ovkn6aeT0

杉崎「はぁ、はぁ」

宮下「杉……崎?」

ひとは「杉ちゃん………」

吉岡「これってき、きき禁断の愛!?きゃ~っ!杉ちゃんだいたーんモゴッ」

宮下「今は黙ろうか」

吉岡「モガモガ」

みつば「…………」



462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:47:22.93 ID:Ovkn6aeT0

みつば「さぁ~~~くじょ!」pi!

杉崎「へっ?」

宮下「えっ?」

吉岡「はっ?」

「「「………………」」」

(((ええっ…………)))

ひとは「………はぁ」



465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 03:51:29.93 ID:Ovkn6aeT0

みつば「あはははは!消してやったわ!ぜ~~んぶ消してやったわ!」

杉崎「………み、」

杉崎「みぃぃぃつぅぅぅばぁぁぁ………!」ギリッ

吉岡「あわわわ、しゅ、修羅場!?」

宮下「ま、いつもどうりだな………」ハァ

ひとは「ホントに素直じゃないなぁ」

宮下「ん?どゆこと?」

ひとは「あ~~……まぁ、見てればわかるよ」



466:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:00:10.42 ID:Ovkn6aeT0

みつば「ざぁ~んねぇ~ん!消されちゃったねぇ~?あはははは!」

杉崎「くぅぅぅぅ!か、返しなさい!今すぐケータイ返しなさいよ!」

みつば「言われなくても、こんなものいらないわよ。ほれ」シュッ

杉崎「くっ……!あぁ、写真が……一枚もない……」

みつば「写真家ごっこ終了~。おつかれさーん」

杉崎「みつばぁぁぁ!」

みつば「へへーんだ!」

宮下「おい三女、そろそろまずくないか?」

ひとは「いいから見てなよ面倒くさいなぁ」

宮下「め、めんどっ……!」ガーン

吉岡「あ、み、宮ちゃん!大丈夫だよ!宮ちゃんはちょっとばかしウザったいだけだよ!」

宮下「」ズーン

ひとは(フォローになってない)



468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:09:47.85 ID:Ovkn6aeT0

みつば「………だからさ」

杉崎「?」グスッ

みつば「写真家ごっこは終わったんだから、もうレンズ越しにわたしを見るのはやめて」

みつば「っていうか、見ないで」

みつば「目で、見て欲しい………杉崎、の」ボソッ

杉崎「みつば………」

みつば「か、勘違いしないでよね!今のは、えーっと、えーっと………」

杉崎「ごめん、ボソボソ言ってて聞こえなかった」

みつば「なっ………!」ビシッ



469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:13:51.77 ID:Ovkn6aeT0

みつば「す、杉崎!あんたねぇ!やっていいことと悪いことがあるわよ!」

杉崎「な、なによ!聞こえなかったんだからしょうがないじゃない!」

みつば「聞こえなかったで済ますんじゃないわよ!どんだけ恥ずかしかったか!」

ギャーギャー!!

吉岡「ねぇ三女さん」

ひとは「なに?」

吉岡「なんでこうなるってわかったの?」

ひとは「………素直じゃないから、かな。二人とも」

吉岡「三女さんすごーい!」

宮下「イインダ、ワタシナンカドーセ……」



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:17:05.61 ID:Ovkn6aeT0

杉崎(ったく、しっかり聞こえてたわよ!)

杉崎(あんな恥ずかしいこと言って……もう!)

杉崎「みつば、わたしはあんたのそういうところがねぇ!」

杉崎(みつば、わたしはあんたのそういうところがね、)

杉崎「大っ嫌いなのよ!」

杉崎(大っ好きなのよ、バカ)






471:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:17:46.58 ID:Ovkn6aeT0

分かった、俺、杉みつ苦手だ
おやすみんさい



472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:18:04.78 ID:EfvdofXY0

おつおつ
二人とも可愛かった



475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:49:11.52 ID:3NZcZ72F0


俺もガチエロじゃなくてこういうのが見たかったんで楽しめた

http://imgup.me/e/iup3091.jpg



477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 04:57:40.17 ID:gvdP5yow0

>>475
いい絵だ
杉みつってこういうことだよ



480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/30(水) 07:31:06.56 ID:dSCyN/K70





このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (15)

          • 1. 七氏
          • 2011年03月31日 15:35
          • めちゃめちゃ面白い!!けどsssは伊藤さんと加藤さんも出してほしかった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年03月31日 15:51
          • これもしかして、workingの小遊鳥・佐藤・相馬のやつ書いた人じゃね?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年03月31日 21:03
          • こんなみつどもえは嫌だ…


            もっとみやしの書いてください
          • 5. 名無し
          • 2011年04月01日 03:36
          • みつどもえssはもっと増えるべき
          • 6. あ
          • 2011年04月01日 04:09
          • 1 完結してねーの載せんなよ
          • 7. な
          • 2011年04月01日 04:18
          • 佐藤はこんな奴じゃないと思う
            ちょっとあまりにもイメージにそむかない…
            読めなかった
          • 8. な
          • 2011年04月01日 04:18
          • 佐藤はこんな奴じゃないと思う
            ちょっとあまりにもイメージにそむかない…
            読めなかった
          • 9. あ
          • 2011年04月01日 04:50
          • 高田馬場大学政治経済学部
          • 10. あ
          • 2011年04月01日 04:51
          • 高田馬場大学政治経済学部
          • 11. 名無し
          • 2011年04月01日 05:23
          • 平行に成長しすぎてて違和感を感じたけどまあまあ面白かったよ
          • 12. 名無し
          • 2011年04月01日 05:51
          • もしかして
            上条・一方通行・浜面「カンパーイ」
            を書いてた人か

            通りで好きになれないわけだ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年04月01日 06:42
          • ※5
            何言ってるんだか…
          • 14. よ
          • 2011年04月17日 19:28
          • 3 なかなか良かった。エピソードが多数有りすぎたのが、ちょっと残念だったけど。もっと推敲すれば上手くいくはず!…表現の仕方は人それぞれだよね。頑張るっス!!
          • 15.
          • 2011年04月30日 17:58
          • キャラ把握して無さ過ぎじゃね?
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年08月22日 14:46

          • 雌豚頑張れ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 上司「はぁ~……お前もういいよ、あっちでスキャットマンでも歌ってろ」
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        • フリーザ「宇宙最強の僕には勝てないよ」悟空「ちくしょう……」俺「待て!!!」
        • 女「えーすごい立派…」女2「ちょっと待ってヤバイよ」女3「私これ好きかも…」俺「えへへ」
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ