TOP

嘘喰い「へぇ、ここが『希望の船』エスポワールか……

kanji-file-name-3180
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:00:47.74 ID:PMY7O17H0

獏「限定ジャンケン……。ハハッ、何だか面白そーだね」

カイジ「何だ、あいつ……?」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:01:29.73 ID:PMY7O17H0

カイジ(あの歳で全部白髪とは……。やっぱ苦労してんのかな……)

獏「ねーねー、黒服のおじさん。ここ売店ないの?」

カイジ(きっと金がなくって、やむにやまれずこの船に乗ったんだろうな。可哀相に……)

カイジ(ん? 誰か近づいていったぞ……)




船井「こんにちは、斑目はん」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:03:28.72 ID:PMY7O17H0

獏「ん? あんた誰?」

船井「俺は船井や。あんたさっき、軍資金調達のときに名乗っとったやろ? いやぁ、あんさんからは他の連中とは違う気配を感じとってな」

獏「ふーん……? で、何の用?」

船井「実はな……この限定ジャンケン……必勝法があるんよ」

カイジ(えっ!? 必勝法……?)

獏「へぇ、そんな方法あるんだ」

船井「くふふ……。この限定ジャンケンのルールは覚えてるやろ? どうすれば勝ち抜けか……」

カイジ(えーっと……何だっけ……)



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:05:24.18 ID:PMY7O17H0

獏「今、俺たちが胸につけている星を3つ集め。カードを使い切る……だよね?」

船井「そう! 3つ! 3つっちゅうとこがミソなんや! そして今、俺たちがつけている星はすでに3つ……」

獏「つまり、現状維持でいいってことか」

船井「そのとおり! あんた、やっぱり頭の回転が速いな」

カイジ(……ん? どういうことだ?)



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:07:13.79 ID:PMY7O17H0

船井「運否天武にかけてリスクを負う必要なんてない。現状維持! 仲間内であいこを続けて、カードを使い切ってしまえばええんや!」

獏「ふーん。それで?」

船井「それで……って何や。明らかやないか。俺とあんたであいこを続け、カードを使い切ろうっちゅう話や」

獏「ははっ……。ははははははっ!」

船井「な、何や? 何がおかしいんや?」

カイジ(えっと、仲間内でずっとあいこだから……えーっと……)



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:08:27.82 ID:PMY7O17H0

カイジ(あっ! た、たしかに、それなら簡単にカードを消費できる!)

カイジ(閃きっ……! 圧倒的閃きっ……! 俺は、このゲームのとんでもない抜け道、バイパスを発見したっ……!)

カイジ(神様っ……! ありがとうございます……! ありがとうございます……!)

獏「だって、そんな話、ありえないでしょ」

カイジ(そう、ありえない! ……え?)



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:09:17.24 ID:PMY7O17H0

獏「仲間内って言うけどさ、俺はあんたと今日初めて出会ったんだよ?」

船井「……ッ!」

獏「あんたが約束を破り、出すカードを変えて勝負してくる可能性もあるじゃん」

船井(こいつ……!)

カイジ(そう言われれば、たしかに……)



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:11:08.91 ID:PMY7O17H0

船井「何やあんた! 俺のことが信用でけんのか!」

獏「まあ、実も蓋もない言い方だけどさ、そうなるよね」

船井「こ、このガキィッ!」

獏「んー……、大声上げたって変わんないよ? 何ならほら、この話、そこのお兄さんにでも持ちかけてみたら?」

カイジ「え、あ、俺?」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:14:29.44 ID:PMY7O17H0

カイジ「いや……あの……俺は……」

船井「チッ……! もうええわ! 貴重な時間を潰した、いにさらせ!」

カイジ(あ、怒って、どっか行っちゃった……)

獏「やれやれ、さてと……」

カイジ「あ、ま、待った!」

獏「んん?」

カイジ「すげぇな、あんた! さっきの話、普通の奴なら絶対に食いついてた!」

獏「いやぁ、それはないでしょ。よほどの馬鹿でもない限り、この程度のこと簡単に気づくって」

カイジ「…………」

獏「それよりさ、一つ話があるんだけど」

カイジ「え?」

獏「実はね……」




獏「思いついたんだよ、このゲーム、もっと簡単に勝ち抜ける方法があるってことに」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:17:19.82 ID:PMY7O17H0

船井(糞ッ……! むかっ腹立つ。あのガキ、簡単に俺の罠を見破りやがって……!)

船井(んん?)

そのとき船井が目にしたもの。
それは、見知った人間がジャンケン勝負をしている姿であった。

加藤「く……!」

獏「ははっ、あんた単純だね。まさか三回連続パーはないって思ったの?」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:17:32.96 ID:PTGdh5YK0

カイジは今すぐ逃げた方がいい



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:18:37.41 ID:PMY7O17H0

船井(あれはさっきのガキ……。相手はリピーターの加藤か……。あの古狸を手玉に取るとは……)

船井(あのガキ……。ひょっとしたら本当に只者やないかもしれん)

加藤「畜生が!」

去っていく加藤を獏はせせら笑いながら眺める。
そのとき彼に近づく一つの影が。

坂井「よぉ、見てたぜ、さっきの勝負」

獏「ん?」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:19:43.94 ID:+1IAtZyp0

つ 貘



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:20:21.25 ID:PMY7O17H0

船井(あいつは……リピーターの坂井)

坂井「なぁ、どうだい、いっちょ俺と勝負しないか?」

獏「えー、どうしよっかな。お兄さん、強そうだし」

船井(あいつに勝つのは至難や……。なにしろあいつは、まず他の参加者を丸め込み、別室に落として、合図をもらっとるんやからな)



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:22:54.18 ID:PMY7O17H0

>>18ゴメンなさい、変換できない……。


坂井「おいおい、ジャンケンに強いも弱いもあるかよ」

獏「いやぁ、いかにも百戦錬磨って感じだしさぁ」

坂井「あはは、面白い奴だなぁ。おだてたって、何も出ないぜ」

獏「えー、でもぉ」







獏「本当に……イカサマとかしない?」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:23:25.61 ID:NvF/DYVs0

嘘喰いはギャンブルマンガなのに最終的に暴力と言う珍しいマンガだよな



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:25:51.91 ID:PMY7O17H0

坂井(……こいつ……)

船井(ホッ! やはり鋭い奴や!)

坂井「ば、馬鹿野郎。イカサマなんかどうやってするんだよ」

獏「んー……」

坂井「さあ、決めろよ! やるのか、どうなのか!」

獏「わ、わかったよ……。じゃあ、やろうか」

船井(おや? 意外にあっさり受けよったな……)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:26:56.34 ID:PMY7O17H0

坂井「よし、ならカードを決めな」

獏「ん……。どうしようかなー。これかな? それともこれかな?」

坂井(チッ……早く決めやがれ……)

獏「こっち……いや、こっちか?」

坂井(お前が決めないと、こっちがチェックできねぇんだよ……)

うろうろと迷う獏に、苛立つ坂井……!



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:30:49.03 ID:PMY7O17H0

そして、約二分後……!

獏「よしっ、これでいこう」

坂井「決まったか」

獏「ああ、決めたよ。チェック」

船井(どれどれ……あいつのカードは何や?)

コンコン……

坂井(パー、か……!)



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:32:44.11 ID:PMY7O17H0

坂井「よし、チェックだ」

獏「セット」

坂井「セット」

船井(何や……あっけなかったな)

坂井(所詮は青二才の若造よ……! 吠え面かきやがれ……!)



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:34:20.28 ID:PMY7O17H0

坂井「オープン!」

坂井のカードはチョキ! そして……

船井(おお!)

坂井「ぐっ……!?」

獏のカードは……グー!

坂井「ぐうぅぅぅぅぅぅぅぅ!?!?!?!?」

船井(おやおや、何とまあ……いい顔をするじゃないか)



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:37:15.95 ID:PMY7O17H0

坂井「ば、ば、ば、馬鹿な! こんなはずは……!」

獏「こんなはずは……何? 予定と違っちゃった?」

坂井「うぐっ!」

獏「こっちのチェックを長々と待ち続けるあんたの態度……。もう見え見えなんだよ、イカサマの内容もね」

坂井「貴様……!」

獏「イカサマなんかしないなんて言っちゃってさ。あんた……」

カリッ

獏「嘘つきだね!」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:39:28.81 ID:PMY7O17H0

惨敗し、意気消沈の坂井、すごすごとその場から立ち去る……!

獏「さてと、お次は……」

船井「よ、よおっ、斑目はん!」

獏「あれぇ? あんた、さっきの……」

船井「い、いやぁ、さっきはついカッとなって、悪かったな」

獏「んーんー、いいよ別に。気にしてないから」

船井「それより、あんた、大したもんやな。あの坂井をやり込めるなんて」

獏「そぉ?」

船井「けど、わからんのや……。あのときあんた、間違いなくパーを持っとった。そのパーが、突如グーに変化するなんて……」

獏「ああ、あれか。あれは……」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:43:38.82 ID:PMY7O17H0

獏「マジシャンが使うパームってテクでさ。まあ、要するに、手の中にカードなんかを隠し持つんだよね」

船井「ふむ……?」

獏「俺はあのとき、カードを2枚重ねて持っていたんだよ。上がグー、下がパーになるようにね」

船井(ん……? あ、そうか!)

獏「そうすると、後ろの奴にはパーしか見えない。そしてセットするときに、親指で下のカードをすり抜いて、手の中にパームした」

船井「するとテーブルには、上に重なっとったグーが残るっちゅう寸法かい」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:47:36.69 ID:PMY7O17H0

船井「いやぁ、大したもんや、さすがやで」

獏「別に? それほどでもないけど」

船井「いやいや、あのわずかな時間で坂井のイカサマを見抜き、それを逆手にとって切り返すとは、まさに神業や」

獏「そっ……。まあ、どうでもいいけど」

船井「なあ、あんたの勝負、もうちょっと拝ませてもらいたいわ、これから観戦者として、あんたに付き添っとってもええか?」

獏「ん? ま、好きにすれば?」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:49:47.06 ID:PMY7O17H0

その後も獏は圧倒的強さで勝ち続ける……!

古畑「まいった」

安藤「負けた」

北見「やられた」

気がつけば、獏、怒涛の連勝で星の所持数、脅威の11個……!



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:51:17.73 ID:PMY7O17H0

船井(すごい……! このガキすごすぎるで……!)

船井(圧倒的実力……! 神か、悪魔か……!)

船井(しかし……)

船井(待っとったで、このときを……!)



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:52:19.37 ID:PMY7O17H0

船井「斑目はん、さすがでんな」

獏「ははっ、あんた、本当に他人を人を褒めるのが好きなんだね」

船井「どや? ここらで一発……俺と勝負っちゅうのは?」

獏「えー、でもぉ……」

船井「おい……ごちゃごちゃ抜かすな……!」

獏「へ?」

船井「オドレは俺と勝負するんじゃ、絶対にな……!」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:54:08.19 ID:PMY7O17H0

獏「あのさ、いきなりどうしちゃったわけ?」

船井「勝負は星の3個賭け。俺の持っとる分、全部賭けるわけや」

獏「おいおい、人の話を……」

船井「この勝負、受けんかったら……。あんたの所持カードが全部チョキであることを周りに言いふらすで」

獏「……ッ!」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:56:00.53 ID:PMY7O17H0

船井はずっと獏の勝負を見てきた。
そしてそのとき、獏が使ったカードをしっかりとカウントしていたのだ。
獏の使ったカードは、順序はともかく、パー1枚とグー3枚。
そして、その前に、坂井との勝負でグーを使っている。
さらに、その直前、獏が加藤に吐いた台詞……。

獏「ははっ、あんた単純だね。まさか、三回連続パーはないって思ったの?」

この台詞により、すでに獏はパーを3枚使ったことを、船井に悟られてしまっていた……!



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 00:58:58.00 ID:PMY7O17H0

船井「つまり、あんたの所持カードはチョキ4枚……。これが周りに知られれば、4連敗は必至」

獏「う……!」

船井「ちゅうことは、どの道、あんたは星を4つ失うことになる。なら今、このとき俺に負けて、3個星を譲ったほうが傷が浅いっちゅうこっちゃ」

獏「ぐ……うっ……!」

船井「さあ! この勝負、受けてもらおか!」

船井(ふくくくく……! 負けて3個星を譲ったほうが傷が浅い? ダラスケが!)

船井(それで済む、思うとるんかい。この勝負が終わっても、状況は変わらんのや。何度でも脅しをかけて、オドレの星、ごっそり奪ったるわ!)



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:00:49.20 ID:PMY7O17H0

獏「わ、わかったよ……。星3つ賭ける」

船井「くかかかかか! 物分りがええやないか。よう覚えとけ。この船井様こそが、真のギャンブラーっちゅうことをな!」

獏、苦悶の表情を浮かべながら、カードを手に取る。
それを見て、船井の頬肉が、不気味に引きつった。

船井「チェック、セット」

獏「チェック……セット……」

船井「オープン!」

船井のカードは……グー!

船井「さあ、そっちも開けや」

獏「えっと……待って。ちょっと待って」

船井「何や、往生際が悪いで。早くオープンせんかい!」

獏「ま、待って、本当に、ちょっとだけ待って……!」






獏「カリ梅……食べるだけだから」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:02:52.75 ID:PMY7O17H0

カリッ

獏「オープン」

開かれた獏のカードは……

船井「えっ……」

パー!

船井「なっ……パァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!?!?!?!?!?!?」

獏「避けろ! ってか?」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:04:52.62 ID:PMY7O17H0

船井「んばばだだんだじゅだだおば!?」

獏「へぇー、いいねぇ。そんな顔するんだ、あんた」

船井「こんな……ありえ、ありえ、ありえ、ありえありえありエヘエヘエヘエヘエヘエヘエヘエヘ……!」

まるで狂人のように右往左往しつつ悶える船井……!
そのとき、彼の視界の隅に、ある男の姿が映った。

船井「あ……?」

カイジ「マルメラうめぇwwwwww」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:05:13.70 ID:Dk4FoR7/0

辞書登録とかしてみるといい
今後の為にも



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:08:21.22 ID:PMY7O17H0

>>64ありがとう

それは、勝ち抜けた者が待機するスペースでくつろぐカイジの姿……!

貘「あらら、気づいちゃった?」

船井(あの男は、最初に出会った……)

船井(そういや、あれ以来、奴の姿は会場のどこにも見当たらんかった……)

船井(いったい、あの男はいつの間に……)

貘「あの男はいつの間に勝ち抜けたのか……って思ってる?」

船井(……ッ!)

貘「教えてやろう。彼は、俺に出会った直後に、一抜けたんだよ」







貘「俺に、所持カードをすべて譲り渡してね」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:10:23.24 ID:PMY7O17H0

~回想~ (背景、ベタ塗り)

貘「思いついたんだよ、このゲーム、もっと簡単に勝ち抜ける方法があるってことに」

カイジ「どんな方法だ?」

貘「ゲーム開始直後、他人に自分のカードを全部渡しちゃえばいいんだよ」

カイジ「ええええええ!」

貘「そうすりゃ即効でカードは消費完了。星3つキープして最速クリアだ」

カイジ「た、たしかに……けど……」

貘「まあ、普通はこんな方法成立しない。カードを全部引き受けてくれるようなお人好し、そうそういるもんじゃないからさ」

カイジ「も、もしかして……」

貘「そう。あんたのカード、この俺が全部引き取ってやるよ」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:12:26.61 ID:PMY7O17H0

貘「そうして彼は俺にカードを譲り、現在勝者の空間でくつろいでるってわけさ」

船井「それで……お前はあいつから貰ったカードを使い、俺の目を欺いたっちゅうことか……!」

貘「そういうこと。まあ、タイムリミットが近づいて、もしカードが余りそうだったら、星3つ未満でカードゼロの奴に売るなり譲るなりしてやればいい」

船井(こいつ……何ちゅう悪魔じみた発想を……!)

貘「勝負できなきゃ別室行きは確定だ。いくらでもカードはさばけるさ。さてと……お迎えが来たようだ」

そのとき、船井の背後から近づく黒服の影……!

船井「ヒッ!」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:14:11.85 ID:PMY7O17H0

貘「んじゃ、星3つ、ごちそうさまっ」

船井「ヒィィィィィッ!」

黒服に肩を掴まれ、涙と小水を漏らしながら、船井は全身を震わせる……!

貘「惨めだね。まあ、俺に勝負を挑んだ時点でこうなることは確定だったのさ。真のギャンブラー? 馬鹿も休み休み言え……」






貘「お前はただの…… 大 嘘 つ き だ 」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:17:01.00 ID:4hbUuMoz0

カイジwwwwwwwwwww



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:17:16.95 ID:PMY7O17H0

その後、連行された船井は、別室からその後も連勝を続ける貘の姿を眺めることとなる。
斑目貘……別名、嘘喰い。
奴は、すべてを喰らう喰奴!

貘「ふぅ、終わった終わった。まあ、館越え前の肩慣らしにはなったか……いや、そんなこともないか」

カイジ「おおっ、あんた、勝ち抜いたのか! って……その星の数!?」

貘「やぁ。お互い、無事に済んでよかったね」

カイジ「ああ、あんたのおかげだぜ。俺、今、猛烈に感動してんだ。まるで、生まれ変わった気分だ」

貘「へぇ、それはそれは」

カイジ「俺、これから真面目に働くよ。金輪際、借金もギャンブルも、絶対にしねぇ! 絶対にだ!」

貘「ははっ……何言ってんだか……。あんたさ……」






貘「嘘つきだね」


嘘喰いinエスポワール (了)



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:18:38.29 ID:PMY7O17H0

これで終わりです。支援してくれた皆様、ありがとうございました。
このスレは思いつきで立てちゃったので
鉄骨渡り編とかは考えてないです。

また思いついたら書くかもしれません。
ありがとうございました。



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:19:15.69 ID:c8g7G9fs0

楽しかった おっつー



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:19:47.40 ID:M530XRQB0

楽しかったぞ!続編期待しとるよ



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:20:55.77 ID:6+xo5Sct0


続編期待



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/28(金) 01:26:22.44 ID:DGlMjmefP





賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)
福本 伸行

講談社

Amazonで詳しく見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (9)

          • 1. 名無し
          • 2011年01月19日 20:42
          • 運動音痴の嘘食いに鉄骨渡りは無理だろ絶対wwwwwwwww
          • 2. 名無し
          • 2011年01月19日 21:00
          • それを何とかすんのが嘘食いの見せどころじゃねwwww
          • 3. 名無し
          • 2011年01月20日 01:04
          • 嘘喰いが負けるところが想像できないwwwww
          • 4. 以下、VIPにかわりましてショタコンの座標移動がお送りします。
          • 2011年01月20日 04:02
          • 濡れた
          • 5.  
          • 2011年01月20日 05:20
          • 獏さんならアカギに勝てるかもな
            (ケンカを除いて)
          • 6.  
          • 2011年01月20日 06:16
          • ウソクイは壮年期のアカギになら勝てるかもね
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年01月20日 11:49
          • 面白かった乙
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年01月22日 02:48
          • ※6
            両方破滅思考+理に命掛けるタイプだから、
            全盛期アカギと戦ってもどうなるかわからんぞw

            予想するのは15cmの物差しで山測るぐらい無謀だなw
          • 9. 放長撃遠の大パンチ
          • 2011年12月12日 08:58
          • 3 獏って初め遊戯王の獏楽の事かと思った。闇獏だったら無敵だろ!!
            カイジキャラじゃ敵わねぇwとか思った。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • 夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」チラッ
        • ランプの魔人「願いを3つ叶えよう」彡(^)(^)「はえー、まず部屋のゴミを片付けてや」
        • メスガキ「ざぁこ♡ 甲斐性なし♡」俺「もう別れよう」メスガキ「えっ…」
        • 上司「はぁ~……お前もういいよ、あっちでスキャットマンでも歌ってろ」
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ