TOP

咲「京ちゃんが部長に寝とられた……」

1_20090705005539
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 18:44:07.43 ID:wp2CycfSO

久「あっ! あんっ! いいわよ須賀くんっ! もっと、もっと激しく突いてぇっ!!」

京太郎「ぶ、部長っ! 俺もう──うああぁぁっ!!」

久「あんっ──!」










咲「」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 18:49:02.42 ID:9hKQFxOlP

部長じゃなくて会長だろ…って思ったが部長だった



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 18:51:50.38 ID:wp2CycfSO

咲「──部活、止めよっかな……」

和「っ!?!?!?!? な、何を言ってるんですか宮永さんっ!? せっかく県大会に優勝出来たのに!」

咲「…………」

和「えっと……な、何かあったんですか?」

咲「──うちゃんが……」

和「?」

咲「京ちゃんが、部室で部長とえっちなことしてた……」

和「────────────」

和「…………はいぃ?」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 18:56:55.95 ID:qTO48Vth0

咲って京太郎に恋愛感情持ってんのか?



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 18:58:17.21 ID:9hKQFxOlP

>>13
原作読んでこい



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 19:03:58.70 ID:wp2CycfSO

咲「考えてみたら私、最近京ちゃんと話してなかった……」

咲「前は特に用がないときでも普通に話しかけてくれてたのに、最近は……」

咲「──あれ?」

和「ビクッ!」

咲「前に京ちゃんがお昼誘ってくれた時、原村さんが『先に約束してたから』って追い返して……」

咲「『一緒に帰ろう?』って言ってきた時、別にそんな約束してなかったのに横から原村さんが『今日は私と帰るんです』って言い張って……」

咲「この間、遅くまで部活やった後、『片付けはやっておくわ』って言った部長に、『須賀くんもいた方が早く終わりますよ。それでは後お願いしますね。行きましょう宮永さん』って、残ろうとした私を引っ張っていったり……」

和(……やばっ)

咲「……ひょっとして、原村さんのせい?」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 19:06:34.55 ID:wp2CycfSO

やっぱ携帯じゃこういうの無理だな。立て逃げゴメン。
急にムラムラして書きたくなったんだけど、抜きながら書いてたら疲れたわ。
落としてくらはい。



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 19:10:25.96 ID:Ri+7kmyxO

>>22
あ?お前がPCからだったら最後まで書けてたとでも?



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 20:21:07.55 ID:wp2CycfSO

構ってちゃんでごめん。やっぱ最後までやる。

久「──んっ、やだ須賀くんっ、またおっぱい吸って……ふふっ、かわいー」

京太郎「だって、部長の──ん」

久「ん──久よ。さっきも部長って呼んでたけど、二人の時は名前で呼んでよ?」

京太郎「……久さんの胸、大きくて、柔らかくて……気持ちいいんだもん」モミモミ

久「あはは、やらしー。──ねぇ、みんなにはもう部活休みってメール送ったし、もう一回、しよ?」

京太郎「──はい。あ、でも……」

久「?」

京太郎「お、俺のことも、下の名前で呼んでもらえますか?」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 20:22:44.95 ID:wp2CycfSO

久「……え?」

京太郎「だ、駄目?」

久「……きょ」

久「京……ちゃん?」カァー

京太郎「!! 久さんっ!」ガバッ

久「きゃっ!」





タコス「じょじぇっ!? どこの雑巾かと思ったら和ちゃんだったじぇ!! なんで全身の穴という穴にボールペン突っ込まれてトイレの便器の中にブチ込まれてるんだじょっ!?」

和「ガボガボッ」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 20:23:56.51 ID:wp2CycfSO

咲「部長には悪いけど、京ちゃんのことは諦めてもらお……。元々あの人にとって京ちゃんはパシりだったんだから、そんな二人が恋人なんて、うまくいくわけないよ……」

咲「こういうことは早めにやった方が、お互い傷は浅く済むもんね」


福路「合同合宿の打ち合わせをしようと思ったんだけど、メールがうまく打てなくて直接来ちゃいましたー……」

福路「うーん、ちょっと無理があるかしら?」

福路「あら、あの子確か──?」

咲「ブツブツ」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 20:25:03.12 ID:wp2CycfSO

福路「こんにちわ」

咲「はいっ? ……あ、どうも」ペコリ

福路「今から部活かしら?」

咲「えっ? ──あー、今日はちょっと都合が悪いみたいで、部活はお休みなんです」

福路「あら、そうなの? 来週の合同合宿について、上……竹井さんとちょっと話したかったのだけど……」

咲「は、はぁ……すみません……って、部長なら多分──まだ、部室にいますよ?」

福路「あらら、そうなの? 都合が悪いのは他の部員さんかしら?」

咲「……そんなところです。えと、私もちょっと部長に話すことがあるので、案内しますよ」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 20:29:12.00 ID:wp2CycfSO

福路「ありがとう、お願いするわ」

咲「いえいえ、二人で攻めた方がいいですし」

福路「えっ?」

咲「ささっ、こっちですよー」
福路「え、ええ」

福路(二人で攻める……3P? きゃっ!)カァー



久「ハァハァ……んあぅんっ!」

京太郎「ぶ……久さんっ!」

久「きょ、京ちゃんっ!! もっと、もっとぉ!」

京太郎「久さ──」

久「京ちゃ」

ガチャ

京久「っ!?」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 20:30:31.99 ID:wp2CycfSO

咲「部長、お客さんですよー」
福路「こんに──ひっ!?」バタン

京太郎「さ、咲……?」

久「宮永さん……」

咲「──フフッ、どうしたの二人とも? お客さんだよ?」

咲「ちゃんと、服を着て出迎えないと……ね?」


書きため終わり。



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:41:01.58 ID:wp2CycfSO

久「────」

京太郎「────」

京久(流石に気まずい……)

咲「どうぞ」カチャ

福路「あ、ありがとう」モジモジ
久「……あー」

久「なんかごめんなさいね?」

福路「あっ! い、いえっ! こちらこそ突然ごめんなさい! その、お楽しみ中に……っ!」カァー

京太郎「あ、あはは……」

久「や、止めてよそんな言い方……」カァー

福路「ああうぅ、ごめんなさいっ!」

久「もう……。で、今日はどうしたの?」

福路「そ、そうでした。実は」

咲「いつからですか?」

久福京「」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:41:56.35 ID:wp2CycfSO

咲「いつから、京ちゃんと?」
京太郎「さ、咲……?」

久「……京ちゃん、ね。宮永さん、その話は後にしてもらえる?」

咲「…………」

福路「あっ、そのっ! 今日は私、出直した方がいいかも──」スッ

咲「福路さんも」

福路「はいっ!?」ガタッ

咲「気になりません──か?」
福路「…………」

久「美穂子?」

福路「いぇっ! 別に、気になりませんよ?」スッ

京久(じゃあなんで座り直すんだ……)



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:42:53.44 ID:wp2CycfSO

咲「……県大会の時はまだですよね。京ちゃんいつも通りだったもん。じゃあ、その後?」

久「…………」

咲「つい最近のはずですよね? 京ちゃんの様子を私が見逃すはずないもん」

京太郎「咲? お前何言って──」

咲「黙ってて」

京太郎「はい」

久「っ──宮永さん? さっきから何が言いたいのかしら? 話が見えてこないんだけど?」

咲「二人は付き合うべきじゃありません」

久「なっ!?」

京太郎「咲っ!」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:43:45.51 ID:wp2CycfSO

咲「何でそんなに驚いてるの? 京ちゃんも。私は二人のために言ってるんだよ?」

久「……はぁっ!?」

福路「う、上埜さん、落ち着いて──」

久「何であなたにそんなこと言われなくちゃいけないの?」

福路「あわわわわ」

久「私と須賀くんが付き合おうが、あなたには関係ないでしょう。覗き見までして──趣味の悪いっ!」

咲「どっちがですかっ! 部室であんなことしておいてっ! 先生に見つかったら京ちゃんまで退学になったかもしれないんですよっ!? 学生議会長っ!!」

久「それはっ──悪かったけど……」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:45:14.11 ID:wp2CycfSO

咲「……二人は別れるべきです。このままじゃ、二人のためになりません」

久「…………」

京太郎「いや、咲? お前の言い分は分かったし、今回は俺たちが悪かったけど──」

咲「京ちゃんは悪くないよ。男の子だもん」

京太郎「……いやまぁ、とにかくな? 校内での接触を出来るだけ避ければいい話だろ?」

福路「わ、私もそう思います。さっきは驚きましたけど、流石にいきなり別れろっていうのはちょっと……」

久「美穂子……」ホッ



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:48:27.43 ID:wp2CycfSO

咲「……分かりました。今回はそれでいいです」スッ

咲(思った以上に、使えなかった……)

咲(でもこれで、部長と京ちゃんとの接触はかなり減ることになる)

咲(原村さんも黙らせたし、後は私と──)

福路「ふふふっ、何だかものすごく緊張しちゃいましたね」

咲(この女を手駒にしてから、京ちゃんを私のモノにする──っ!)クスッ

久「…………」チラッ


おしまい。
えっちな展開は次からの予定。
童貞だから期待はしないでね?
興味なかったら保守はいいです。



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/18(土) 23:55:54.74 ID:wp2CycfSO

忘れてた。
トリとかコテは別につけませんので、いつでも乗っ取ってください。



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:15:35.50 ID:VrYGxSPQ0

せっかくのsakiスレだ
>>1が戻ってくるまでに保守がてら何か書こう



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:22:35.04 ID:VrYGxSPQ0

>>1が戻ってきてもいいように途中から分岐させます

>>21

和「ち、ちがっ…」

咲「ねえ原村さん」

和「は、はい!」

咲「原村さん私のこと好き?」

和「……はい」

咲「やっぱり…」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:27:17.97 ID:VrYGxSPQ0

咲「だから私のこと京ちゃんから引き離そうとしたんだ。ふーん」

和「それは…誤解です!」

咲「まあいいよ……それよりさぁ」

和「な、なんですか…」ドキドキ

咲「もう一度聞くけど私のこと好きなんだよね」

和「……そうです」

咲「だったら私のお願い聞いてくれるよね?」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:34:51.92 ID:VrYGxSPQ0

和「部長を……殺害する!?」

咲「うん。それが一番手っ取り早いよ」

和「そんな……犯罪ですよ……宮永さんがそんなこと言うなんて……」ガクガク

咲「それで全てが上手くいくんだよ。私も幸せになれるし、原村さんもね」

和「ど、どうして…」ブルブル

咲「好きな人の幸せを望むのが、普通の思考でしょ?
  それとも、私が不幸なままで原村さんはいいの?」

和「それは…」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:45:21.41 ID:VrYGxSPQ0

咲「……もういいよ。原村さんは、好きな人が困っているのに助けもしないんだ」

和「うっ……」

咲「それどころか、自分の恋路ためならうす汚い手も平気で使う淫乱糞豚野郎だったんだね」

和「っ……!!」

和「分かりました……協力させてください…」

咲「ふふ、ありがとう原村さん……」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:52:19.08 ID:VrYGxSPQ0

部長の家

久「はぁ、疲れた」

ゴロン

(ぶ、部長っ! 俺もう──うああぁぁっ!!)

久(須賀君、激しかったなぁ…)

久「///」

プルルルルルルル

久「あら? 家電が鳴ってるわ」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 01:57:15.23 ID:VrYGxSPQ0

ガチャ

久「もしもし。竹井です」

咲「あっ、もしもし部長ですか?私、宮永咲です」

久「宮永さん? どうしたの」

咲「ちょっと今日の部活で聞きたいことがあったんですけど、聞きそびれちゃって…」

久「それなら携帯にかけてよこせば……あっ、咲携帯持ってないんだっけ」

咲「エヘヘ…今どき珍しいですよね」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:03:49.97 ID:VrYGxSPQ0

久「あら…? でも私、あなたに自宅の電話番号教えたかしら…」

咲「え?あっ……えーっと、た、確か前に聞きましたよ」

久「そうだっけ?」

咲「そ、それより聞きたいことなんですけど……」

咲(とっさに嘘ついちゃった。本当はさっき調べたばかりなんだけどね)



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:09:49.57 ID:VrYGxSPQ0

10分後

咲「それでー、優希ちゃんって普段からタコスばっかり食べてるから、
  オナラがとてつもなく臭いんですよ―」

久「あはははは、そうよねー」

咲(こうやって、部長を電話に夢中にさせて)

咲(そのスキに原村さんが家に忍び込んで部長を後ろから撲殺する)

咲(警察には覆面を被った強盗の仕業に見せかける)

咲(私はこうして部長と電話で話していたというアリバイが出来るから疑われない)

咲(完璧だよこの計画……)



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:19:59.09 ID:VrYGxSPQ0

咲(それにしても原村さんまだかなー。そろそろ話すネタも尽きてきたよ)

久「あはははは…久しぶりにたくさん笑ったわ。もう話題もないし、切るわね」

咲「あっ…も、もうちょっと話しましょうよ!」

久「えっ…でも」

咲「そ、そういえばこの前、原村さんと初めてHしたんですけどー」

咲(ううっ…原村さん、はやく殺してよ―)



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:27:15.23 ID:VrYGxSPQ0

ガチャガチャ

和(ふぅ……まさか玄関にカギがかかってるとは。解錠に時間がかかりました)

和は頭にスットキングを被り、手には金属バットを握りしめていた。

和(今の私はどこからどう見ても一般的な強盗スタイル……
  警察も強盗の仕業と思ってくれるはずです)

久「――うんうん。それで……」

和(いました!部長は電話に夢中ですね)

ソロリ…ソロリ…

和(後ろからそっと近付いて…)

和(あとはこのバットで…!)

ブンッ



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:34:20.38 ID:4j1b7Pp5O

スットキング
イライラ溜まったサラリーマンが解消法を見付けた事によって王と讃えられたお話

ですか?



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:34:24.05 ID:VrYGxSPQ0

『きゃああああっ!!!!』

咲「……ふふ、始まったみたいだね」

『ギャードタバタガシャーンウワー』

咲(やけにうるさいよ。ひょっとして、一発で殺り損ねたのかな)

『ガターン!!』

咲「………」

『……………』

咲(静かになった……終わったのかな)



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:38:55.05 ID:VrYGxSPQ0

>>78

ミス 眠たくてさっきから脳が上手く働かない


『……もしもし』

咲「あっ、はらむらさ」















久『どうしよう咲……私、人殺しちゃった』


咲「えっ」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:47:18.59 ID:VrYGxSPQ0

咲「そそそそそそれはどういう……」

久『後ろからストッキング被ったおと……いえ、胸があるから女ね』

久『金属バットもった女に殺されそうになって……それで近くにあった花瓶で……』

咲(あのデカ乳女っ!よりにもよって返り討ちにされるなんて……)

久『これって殺人になるのかしら……どうしよう……』

咲「おおおおおお落ち着いてください部長」

咲(落ち着いてられないのはこっちだよ。警察に原村さんの死体を見られちゃマズイのに)



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:52:49.27 ID:VrYGxSPQ0

咲(どうする?原村さんはそもそも部長を殺す動機がないんだよ)

咲(警察もその点は気付くはず。そうすると、第三者の陰謀を疑われる。
  せっかくアリバイを作ったのに、これじゃ意味がないよ)

咲(考えろ……原村さんが部長を殺す理由…殺す理由……)

咲(――はっ)

咲(い い こ と お も い つ い た)



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 02:59:02.29 ID:VrYGxSPQ0

久『さ、咲…まだそこにいる?』

咲「はっ……はい部長!何ですか?」

久『お願い……家まで来て……さっきから、体の震えが止まらないの』

咲(チャンス!)

咲「はい、すぐ行きます。そこを動かないでいてくださいね!」

タッタッタッタッタッタッ…

咲(ふふふ、天は私に味方してるよ)



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 03:05:50.41 ID:VrYGxSPQ0

部長の家

ガタン

咲「部長、今来まし…」

竹井家の玄関を開けた咲の目に飛び込んできたのは、頭から血を流して倒れている和と
その傍らで震えている久、そして彼女を抱きしめながら介抱している京太郎の姿だった。

咲「えっ…京ちゃん?なんでここに…」

久「わ、私が呼んだの…」ブルブル



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 03:15:18.96 ID:VrYGxSPQ0

咲(――この女っ、一回京ちゃんと寝たからってもう彼女気取りかよ)

咲「どうして京ちゃんを呼んだんですか?」

久「それはこわ……男手も必要かと思って……」ガタガタ

咲(ちっ、見え透いた嘘を……まぁいいや。こっちのほうが好都合だよ)

咲「部長ケガしてませんか?念の為救急箱取ってきます」

京太郎「あっ、俺が行くよ」

咲「京ちゃんは部長の側にいてあげて。部長、救急箱ってどこにありますか?」

久「2階の……私の部屋……」

咲「探してきます」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 03:22:33.73 ID:VrYGxSPQ0

そのあと少したって、警察がやって来た。


咲「――はい。私が電話をかけて、十五分くらいたってからでした」

刑事「電話に夢中になっていたら後ろから襲われたと」

久「はい……」

刑事「竹井さんを襲ったのは、同じ学校で同じ部活に所属している原村和と」

京太郎「信じられません。和がこんなことするなんて……」

刑事「なにか、彼女の恨みを買ったことは?」

久「……思い当たる節はありません」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 03:35:01.23 ID:VrYGxSPQ0

京太郎「和は恨みとかで人を殺す女じゃないですよ」

刑事「ふむ。動機は今のところ不明と。それで…」

久「……」ブルブル

京太郎「刑事さん。ぶちょ…彼女は今、酷いショック状態なんです。
     今は先に病院に行かせてあげられませんかね」

刑事「そうですか。では事情聴取はまた後日に」

京太郎「よし。じゃあすぐに病院に行きましょう。俺も付き添いますよ」

久「……あ、ありがと」ブルブル

咲「部長、大丈夫ですよ。こういう場合、正当防衛なら殺人にならないって本で読みましたから」

刑事(ふむ……)



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 03:41:55.42 ID:VrYGxSPQ0

次の日 病院

久(……一日たったら、ちょっとは落ち着いたわ)

久(大丈夫……咲の言う通り、あれは明らかに正当防衛だった)

久(理由は分からないけど、和は私を殺そうとしてたし、やらなきゃこっちが殺されてた)

久(咲たちも協力的だし、万一裁判になってもきっと…)

コンコン

『警察の者ですが』

久「あっ、どうぞ」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 03:43:59.60 ID:VrYGxSPQ0

ガチャ

刑事「失礼します」

久「昨日の刑事さん……また事情聴取を?」

刑事「いえ、それとは別の用件です」

久「えっ?」

ガチャッ

刑事「あなたを原村和殺人の容疑で逮捕します」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 04:17:22.67 ID:VrYGxSPQ0

久「えっ…ま、待って!あれは正当防衛で…」

刑事「昨日、あなたの自宅を調べていた際にこんなものが出てきました」スッ

刑事が久に一枚の紙切れを手渡した。
それを開いた久は驚愕する。

久「なっ……」

『須賀君好き須賀君好き須賀君好き須賀君好き須賀君好き好き
 須賀君好き須賀君好き須賀君好き須賀君好き須賀君好き好き…

A4サイズの紙びっしりに、「須賀君好き」という文字が書かれている。

久「なに…これ…」

刑事「……最後まで見てださい」

久「えっ」

……須賀君好き須賀君好き須賀君好き原村コロス』

久「原村殺す?」

刑事「竹井さん、あなた須賀君と付き合っていたんでしょう」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 04:20:08.53 ID:VrYGxSPQ0

久「へ…?い、いやそれは……」

咲「それは私が証言します」

久「咲!?」

咲「部長、私見ちゃったんです。京ちゃんと部長が、部室のベットでえっちなことしてたのを…」

久「………」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 04:23:10.48 ID:VrYGxSPQ0

刑事「竹井さん、それは本当ですね?」

久「………はい。事実です」

久「でも、それがなんで私が和を故意に殺したことに繋がるんですか?」

咲「私、その時の会話も覚えてます。再現すると…」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 04:28:55.72 ID:VrYGxSPQ0

――――――――――――――――

――――――――

―――――


久「――んんっ、またおっぱい吸って……本当に好きなのね」

京太郎「は、はい…///」モミモミ

久「私のと和のだったらどっちがいい?」

京太郎「そ、それは……」

京太郎「えーっと…………部長の」

久「あっ、迷ったわね!このー」

京太郎「うわっ、やめ……」

久「もう妬けちゃうわよ。そりゃ巨乳のほうがいいんだろうけど…」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 04:36:17.61 ID:VrYGxSPQ0

咲「と、こんな感じでした」

久「た、確かにそう言ったけど……じゃあ私が和を妬んで殺したっていうの?」

刑事「その通りなのでは?既に複数の生徒から証言も得ています」

Yさん「きょうたろーか?あいつが麻雀部に入部したのはのどちゃん目当てだじぇ」

Mさん「そういやあいつ、部活中は和の胸ばっかりチラチラ見とったの―」

咲「京ちゃん昔から巨乳好きだったから…」

刑事「このように、明らかに須賀君は原村和に好意を抱いていた。
    君と体を重ねるような関係になってからも、それは変わらなかった」

咲「だから部長は嫉妬したんですね…」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 04:45:49.62 ID:VrYGxSPQ0

久「ちょ、ちょっと咲まで……そんなの、憶測にすぎないでしょ?」

刑事「そこで、この物的証拠だ」

そう言って、刑事は「須賀君好き原村コロス」と書かれた紙をひらひらさせた。

刑事「これは昨日、君が病院へ行った後に一階の居間で発見された。
    そばに落ちてたペンからは君の指紋。筆跡も一致した」

久「そんな紙知らないわ!」

刑事「内容からして、この紙を書いた時、君は一種の錯乱状態だったみたいだね。
    だから記憶もあやふやなんじゃないかな?」

久「無茶苦茶言わないで……」

咲「最後にもう一つ」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:01:40.28 ID:VrYGxSPQ0

咲「昨日、原村さんはこう言ってました」

咲「今日の夜は外せない用事があるって」

咲「たぶん、部長にあらかじめ呼ばれてたんでしょうね」

久「なっ……」

刑事「つまりこういうことです。竹井久は昨日の晩、原村和を殺すつもりで、あらかじめ時刻を指定して家に呼んでいた。
   しかしその数分前に、咲さんから電話がかかってきてしまった。そして咲さんと電話の最中に和さんが来てしまった」

刑事「そこで受話器越しにラジオドラマをやってみせ、あたかも原村和に襲われてたようにみせかけ
    正当防衛と称して和さんを殺害。目的を達成し、なおかつ殺人を正当化させたというわけです」

久「でっちあげだわ!!よくもそんなデタラメを…」

咲「部長…」スッ

咲「もうあきらめてください」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:10:47.23 ID:VrYGxSPQ0

久「!!咲……」

久(そうか……すべては)

久「あなた!あなたが私をハメたのね!?」ガバッ

刑事「こら暴れるな。犯人ってのは追い詰められるといつもこうだ。連行する」

久「離して!」

咲「……ふふ」

咲(今頃気づいても遅いですよ)

咲(救急箱を取りに部長の部屋に行ったとき、ついでにペンと紙も拝借)
  
咲(部長のノートを見ながら、筆跡も真似てあの文章を書いた。私ってスゴい)

咲(あとはその紙とペンを居間に放置すれば、トリックの完成)

咲(これで部長は原村さんを殺した殺人犯として刑務所行き。落ち込んだ京ちゃんを慰めて……ふふふ)



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:19:40.38 ID:VrYGxSPQ0

こうして、事件は久が逮捕されるという結末を迎えた。

咲は重要な証言と独自の推理で捜査に協力した功績をたたえられ、表彰された。

世間では、久は嫉妬狂いの殺人犯として、印象最悪だった。

間もなく始まるであろう裁判では、圧倒的に不利な状況だ。

咲(ふふふ、何もかもが計画通り。邪魔者が二人も消えてくれて、最高にハッピーな気分だよ)



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:25:23.65 ID:VrYGxSPQ0

刑事「ふっー、今回も奇妙な事件だった」

刑事(しかし何か腑に落ちないんだよなぁ。あまりにもあっさり解決してしまった)
 
刑事(さっさと事件を片付けたい一心であの少女の推理を参考にしたが、今考えるとちょっと上手く出来過ぎてる)

刑事(殺された原村が何故ストッキングを被っていたかも謎だ)

刑事(まさか本当に原村が…?しかし動機らしい動機もないし、なにより物的証拠もあるし……)

刑事「むむむむむ…」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:32:13.97 ID:VrYGxSPQ0

「刑事さん」

刑事「む、君は誰だ?」

福路「福路美穂子といいます。うえ…竹井さんの友達です」

刑事「はあ。それで私に何の用かね」

福路「この事件、竹井さんは無実だと思います」

刑事「なんと。君もそう思うのかね?実は私も、少しはその可能性を考えていたんだ」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:37:59.35 ID:VrYGxSPQ0

刑事「しかし物的証拠があるし、今から逆転は難しいぞ」

福路「その紙にはおかしな点があります。最後の文です」

刑事「……原村コロスの部分が?」

福路「竹井さんと同じ部活の人の証言によると、彼女は原村さんのことを
    普段から「和」と名前で呼んでいたそうなんです」

福路「そして部活内で原村さんを名字で呼んでいたのはただ一人、宮永咲さんだけだそうです」

刑事「なるほど。しかしそれだけでは…」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:45:15.56 ID:VrYGxSPQ0

福路「まだあります。事件当日、咲さんは竹井さんの家電に電話してますが、
    彼女は部活内の誰にも、自宅の電話番号を教えていないそうなのです」

刑事「ふむ。だったら、彼女が自力で調べたんだろうな」

福路「そこが不自然なんです。咲さんは竹井さんと他愛のない話をするために電話したそうですが、
    そのためだけに電話番号をわざわざ調べるでしょうか?」

福路「なにか他の目的があったと考えるのが妥当でしょう」

福路「殺害された原村さんが、ストッキングを被っていたのも不自然です」

刑事(あっ、それ今言おうとしたのに…)



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:50:20.59 ID:VrYGxSPQ0

福路「とにかく、私は宮永咲がなにかカギを握っているように思えてしかたないんです」

刑事「うむ。君に言われてなにか私もそんな気がしてきた」

刑事「だとしたら、私は無罪の人間を牢屋にぶち込んだことになる。それは流石に良心が痛む」

福路「今からでも遅くありません。もう一度再調査を。私も全面的に協力します」

刑事「ああ。君となら、やれそうな気がするよ」

福路(待っててね上埜さん。必ず、あなたの無罪を証明して見せますから…!)


二人の戦いはまだまだ始まったばかりだ!!  完



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 05:53:56.50 ID:VrYGxSPQ0

元ネタにしたのは映画の「ダイヤルM

クソ下手な文章でスレ汚しスマン
しかし、朝方まで保守という目的は達成できた

あとは>>1帰ってきてくれ―!!エロを頼む



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 06:02:06.39 ID:CMe8NmUZO

美味しいところで終わるなんて許さんぞ
男なら真の最後までやりとおせ



115:>>1だお:2010/12/19(日) 08:09:56.47 ID:CVO4pFIIO

おはようございます。まさか残っているとは……。
保守SSどうもです。
えろいの待ってた方すみません、昨日途中で寝ちゃったんであんまないです。

福路「……はぁ」トボトボ

福路「上埜さん……綺麗だったなぁ……」

福路「裸で……男の人と……」カァー

福路「……はぁ、やっぱりそれが普通なのかしら……?」

咲「福路さん」

福路「きゃっ!? 宮永さんっ!? 先に帰ったんじゃ……?」

咲「ちょっと気になることがあって」

福路「?」

咲「間違っていたらすいません。でも福路さんって、もしかして部長のこと──」

福路「────」スッ

咲「……そうですか」

福路「……ふふ、あなたは、あの男の子が?」

咲「……あはは、やっぱり分かります?」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:10:58.50 ID:CVO4pFIIO

福路「あれだけむきになってれば、流石にわかるわ」コク

咲「……悔しくないんですか?」

福路「……仕方ないわ。それに上埜さん、幸せそうだし」

咲「そうですか……つくづく使えない」

福路「えっ?」フイ

ヒュゴッ!

福路「──え、あ……?」グラ

福路(何で……バットなんか……)

咲「えいっ!」

ブン!

福路「あぁぅっ!?」ゴスッ!

ドサッ

咲「はぁ、はぁ。……ここから、運ぶのか……。でも、京ちゃんの為だし──よいしょ、っと」ズズッ



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:12:52.99 ID:CVO4pFIIO

パシャパシャ

福路「……ん」ズキッ

福路(頭が……何? 真っ暗……目隠しされてる……?)

ジーッ

福路「……っ! 宮永さんっ!? いるんですかっ!?」

咲「……──」

福路「宮な──んっ!?」チュ

福路(何……キスされて……これ、お酒っ!?)

咲「ん、ちゅ。ふぁんっ」レロレロ

福路「んむっ、んーっ!」ゴク

福路(舌が……口の中に入ってきて……熱い……)

福路「っ!? んはぁっ!」

咲「──ん。はぁ、はぁ。福路さん、気分はどうですか?」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:14:10.74 ID:CVO4pFIIO

福路「い、いわけないでしょう……はぁぅっ! み、宮永さん、どうしてこんな……ひゃっ!?」

ムンズ

咲「悔しいけど、京ちゃんはおっぱい星人だから……私が正面から部長に挑んでも負けちゃうんですよ」モミモミ

福路「やっ!? な、何で、こんなに身体が熱いのぉ……あぁんっ!?」

咲「お酒は初めてですか? まぁそれはともかく──、そのために原村さんを使おうとしたんですけど……駄目ですね。ちょっと優しくしたらすぐ付け上がって……」プチッ



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:15:49.22 ID:CVO4pFIIO

福路「あ……あ……っ!」

福路(制服が……っ! 抵抗しなきゃ……でも、頭がボーッとして……力が……)グッタリ

咲「……フフ、お酒弱いんですね。可愛いですよ」プチプチ

福路「や、やめへくらはい……ひやながひゃんっ!」

咲「アハハッ! 誰ですかそれー? えいっ!」バサッ

福路「いやぁっ!!」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:18:10.95 ID:CVO4pFIIO

福路(見えないけど、上着とブラが脱がされて──)

咲「んっ」チュパ

福路「はうぅっ!?」ビクッ

福路(おっぱい吸われてるぅっ!!)

咲「ん、ンフフ。とりあえず、福路さんが私の言うことを何でも聞きたくなるまで、ずっとここにいてもらいますから」モミモミ

福路「はぁっ、はぁっ、らめですぅ……ひっ! ひやながひゃん、おひついてくらはいぃ……」

咲「えへへー、頂きまーす」ガバッ

福路「きゃぅっ!!」



と、ここまでなわけよ。



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:21:26.40 ID:CVO4pFIIO

ところで、えっちなシーンて地の文章があるのとないのどっちが興奮する?

>>125が言った方で頑張る。

決まんなかったら今のままでいくお。



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 08:52:26.27 ID:Oe7XoOf/0

今のままでいいんじゃないかな?



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 09:56:57.87 ID:CVO4pFIIO

福路「んふぅ……っ! あふっ、あンっ!」ビクビクッ

咲「素っ裸になっても随分大人しいですね。原村さんもそうだっけど、女の人ってみんなそうなんですか?」クチュクチュ

福路「……ひっ、ひりましぇんっ──やんっ! そんなひょとろ、弄らないでぇ……」

咲「……つまんないなぁ。もっと思いっきり罵声浴びせてきて、そんな女が最後には私に従うってシチュエーション考えてたのに……」

咲「こんな簡単なら、さっさと部長拉致って剥いてやればよかったかも……」

福路「っ! だ、駄目ですっ!」ドン



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 09:58:39.46 ID:CVO4pFIIO

咲「!? わわっ」ドサッ

福路「う、上埜ひゃんに手を出すのは、ゆうしませんっ!」バッ

咲「あっ、ンっ! アハッ、やれば出来るじゃないですか──あうっ!」ビクンッ

福路「上埜ひゃんは、わらひがぁっ──んっ!」チュ

咲「ふぁっ!」ビクッ

咲(福路さんのおっぱいやわらかいなぁ……これなら京ちゃんもイチコロだねっ)

福路「ん、んっ! んんっ!」チュパチュパ レロレロ

福路(み、宮永さん身体……細くて、おっぱいもこんなに小さいのに……っ!)

福路(何でこんなに……愛しいと感じるの──っ!?)ギュッ



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 10:00:20.33 ID:CVO4pFIIO

咲「──んふっ」ギュッ

咲「もう、おっぱい吸わなくていいんですか?」ナデナデ

福路「」カァー

咲「福路さん、私の言うことを聞いてくれたら、部長ともこういうことが出来るんですよ?」ボソッ

福路「──えっ?」

咲「私は京ちゃんを手に入れたら部長なんてどうでもいいんです」スッ

咲「その後彼女を口説くなり無理やり犯すなり、好きなように出来るんですよ?」ドサッ

福路「上埜ひゃんを……犯す……」ボーッ

福路(ベッドで男の子に向けてた、蕩けた表情──)

福路(あれが……私に……?)



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 10:02:22.58 ID:CVO4pFIIO

咲「────」カプッ

福路「ひゃんっ!」ビクッ

咲「んーっ」チュパチュパ

福路「ふあぁっ!? んあぁっ!!」ビクンッビクンッ

福路(何でこの子、こんなにおっぱい吸うのが上手いのっ!?)

咲「──ん、レロレロ──んちゅー」チュー

福路「んああぁぁーっ」ビクビクビクッ

咲「んふぅ。……あれ? 福路さん、もうイっちゃったの?」

福路「はぁっ、はぁっ……」

福路「うぅ……」カァー

咲「おっぱいが敏感なんですね。ますます京ちゃん好みで、頼もしいです」クスッ



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 10:05:09.62 ID:CVO4pFIIO

咲「じゃあ、次いきましょう」
咲「今度はちゃんと、私もよくしてくださいよ?」ニコッ

福路「……あ、ああぁ……」

福路(駄目だ……)

福路(この子の前じゃ……私は一晩あれば壊されちゃう……)

福路(上埜さん……っ!)

福路「……ごめんなさい……っ!」



ふぅ……。
昼から夜までのバイトいてきます。



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 18:19:34.15 ID:HlIo+v1x0

つくづく思うけど、SSスレってけいおんとハルヒぐらいしか伸びないんだよな



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 22:38:19.72 ID:P/p6o4bw0

>>141
咲はキャラとかはいいと思うけど主題が麻雀だからね
麻雀わからない人はまず見ないし書けないし
リアルだと麻雀は酒タバコ徹夜金掛けの低レベルなギャンブルに見られるのも原因かもね

けいおんは音楽が題材だけどマニアックな音楽らしいところとかないし読みやすいよね



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 22:49:42.50 ID:CVO4pFIIO

ただいま。
でも書きためはあんまりないの。ごめんね。

>>141、150
でもけいおんSSで音楽してることあんまないし、咲でやってくれてもいいのにね。

数日後。

京太郎「あー、最近久さんとしてないなー」

京太郎「クッソー、咲のやつ、放課後まで俺らの行動監視とか……」

京太郎「おまけに本借りてきてって、パシりにまで使いやがって──」ハァ

京太郎「えーっと、この本は奥の方の棚だな」

京太郎「あー、あったあった。これだな」

?「……須賀、さん?」

京太郎「えっ……? 福路、さん?」

福路「こんにちわ」

京太郎「あ、ああ、こんにちわ。えっと、どうして清澄の図書室に?」



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 22:50:40.94 ID:CVO4pFIIO

福路「ちょっと──探している本があって、調べてもらったらここの図書室にあるって聞いたので……」

京太郎「それでわざわざ取りに来たんですか? 取り寄せてもらえばよかったのに……」

福路「ええ、まぁ……そうでしたね、フフ」スッ

京太郎「……?」

福路「──ところで須賀さん、う……ええと、竹井さんとはその後も順調かしら?」

京太郎「……え? な、何でそんなことを……」

福路「ええ……いえ、あの時宮永さんが随分反対していたので……その後も大丈夫だったのかな? と」



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 22:51:53.26 ID:CVO4pFIIO

京太郎「あ、あははは。いやぁ、何か咲のやつすっかりキレちまって、部活の時以外全然部長に会えないんですよ」

福路「ああ、やっぱり……色々大変ですね」

福路「──でもそうなると……どうしているんですか?」

京太郎「え……何がです?」

福路「ほら、竹井さんとはその……えっちも出来ないんでしょう?」

京太郎「」

福路「高校生の男の子には、ちょっと苦しいんじゃないかしら?」

京太郎「え……えっと──その、そうですね。付き合い始めた時に、そういう本を見るのは部長に禁止されちゃいましたし……」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/19(日) 22:53:27.37 ID:CVO4pFIIO

京太郎(……何で俺こんなことまで話してるんだ?)

京太郎(それに何で福路さんはこんなこと──)

福路「──ねぇ京太郎さん?」

福路「京太郎さんが良かったら、私を使ってくれていいんですよ?」

京太郎「……えっ?」

福路「────」スッ

ポヨン

京太郎「!」

京太郎(胸が……っ!?)

福路「……本当のこと言うと、ちょっと期待していたんです……あなたに逢えるかもって──」

京太郎「あ……あのっ!」

福路「京太郎さん……私じゃ、駄目ですか?」ジッ

京太郎「」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:06:31.17 ID:UCksCx/AO

カチャカチャ

京太郎(ベルトが外されてる……!?)

京太郎「ふ、福路さん……駄目ですよ……俺には部長が──久さんが……!」

福路「分かっています……付き合って欲しいなんて言いません。ただ、今だけ私を見てて欲しいんです……」プチプチ

京太郎「福路さん……でもこんなところで──」

福路「こんな奥の方までは滅多に人は来ません……」

福路「京太郎さんっ!」ギュッ

ポヨンポヨン

京太郎「うっ!」

京太郎(胸が──押しつけられて……!)

福路「────」

福路(上埜さん──ごめんなさいっ!)



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:07:49.65 ID:UCksCx/AO

福路「んっ」チュ

京太郎「むっ!?」

福路「──んっ! 京太郎さぁん……あんっ」スルスル

京太郎「うぅ」

京太郎(クソッ! 情けないぞ須賀京太郎っ! 久さんを裏切る気かよ!? 福路さんは彼女の親友でもあるんだぞっ!?)

京太郎「っ! ごめんなさい福路さんっ!」バッ

福路「きゃっ!」ドサッ

京太郎「やっぱり俺にはこんなこと──っ!?」

京太郎(福路さん──いつの間に服脱いでたんだ……いや、それよりも……!)

福路「」たゆん

京太郎「」ゴクリ



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:09:47.34 ID:UCksCx/AO

京太郎(なんて──綺麗で、大きな胸……おっぱいなんだ……!)

福路「──京太郎さん」スッ

バサッ

京太郎「あっ!」

京太郎(ベルトが緩んでるのを忘れてた! ズボンが……っ!)ギンギン

福路「……こんなに大きくして……苦しそう──」バッ

京太郎「だ、駄目です! 本当にや、止めて下さ──」

福路「ん」チュッ

京太郎「いぁうっ!?」

京太郎(な、舐めてっ!?)

福路「ん、あんっ。ん、んっ! んんっ!」チュパチュパ レロレロ

京太郎「くぅっ!」



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:11:55.67 ID:UCksCx/AO

京太郎(き、気持ち良すぎるっ!! が、耐えろ俺っ!)グッ

福路「────ん」たゆん

京太郎(っ!? おっぱいを……まさかこれはっ!!)

福路「はぁっ、はぁっ──んあっ!」ギュッ

京太郎「うおおぉっ!!」ビクッ

京太郎(福路の大きなおっぱいが、俺のを挟み込んで……っ!)

京太郎(柔らかくて──暖かくて──)

京太郎(気持ち良い──っ!!)

福路「……どうですか京太郎さん? 気持ちいいですか?」むにむに

京太郎「うご……ああ……っ!」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:13:34.45 ID:UCksCx/AO

福路「早く出して、気持ち良くなってくださいね……んむっ」カプッ

京太郎「ああぁぅっ!」ビクビクッ

京太郎(挟まれて、くわえられて──っ!)

京太郎(まるで、アソコに挿入れてるみたいな感触──っ!)

京太郎(もう──駄目だっ!!)プッツン

京太郎「う、おおおぉぉっ!」ガシッ

福路「んふぁっ!?」

京太郎「ああああぁぁーっ!!」ガクガクッ

福路「んふぁっ! んああぁっ! んふぁぁっ!!」むにゅむにゅ レロレロ

京太郎「で、出るっ! うわああぁぁっ!!」ビクンッビクンッ

ドクンッ!



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:16:41.59 ID:UCksCx/AO

福路「んむぅっ!?」

ドクドク

福路(これが……男の人の……)ゴクゴク

ドクドク

福路(溜まってたから……? すごい量──っ!)ゴクゴク

ドクンッ!

福路「んっ! ──ちゅ」チュパ レロレロ

京太郎「はぁっ、はぁっ……ああっ」ムクムク

京太郎「福路さんっ!」ガバッ

福路「きゃぅっ!?」ドサッ

京太郎「お、俺っ! 俺もうっ──」

「──なにを……やってるの?」

久「京ちゃん……?」

京太郎「っ!?」バッ

久「遅いから様子を見に来たら……どうして美穂子が……どういうことなの……?」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:18:16.83 ID:UCksCx/AO

京太郎「……あ、あ」

福路「う、上埜さん……っ!」グスッ

京太郎「」

久「美穂子? 何で泣いて──」









福路「須賀さんに……突然襲われて──っ!」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 02:19:36.12 ID:UCksCx/AO

咲「計画通りっ!」ニヤッ



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 15:28:26.10 ID:UCksCx/AO

ちょっとだけ書けた。

さらに数日後。

福路「あンっ! 上埜さんっ、そんなところまで──やんっ!」ビクビクッ

久「美穂子っ、あなたにはなんて謝ったらいいか──まさか京ちゃんがあんなことするなん、てっ」クチュクチュ

福路「あぁんっ! だ、大丈夫ですっ! 私は上埜さんさえいればそれだけで──んあっ!」ビクッ

福路「だ、だからこのままっ、忘れさせて下さいっ!」ギュッ

福路「鼻の奥まで刺激する男の人の臭いと、喉に絡み付く粘つく須賀さんの○液っ!」むにゅ

福路「おっぱいの中でビクビク動く須賀さんの固い感触っ!」むにゅむにゅ



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 15:30:08.29 ID:UCksCx/AO

福路「上埜さんっ! あなたの全部で、忘れさせてぇっ!!」ガクガクッ

久「美穂子っ!」グイグイ

福路「上埜さんっ、上埜さぁんっ!」レロー

久「っ! んむっ! んーっ!」チュ レロレロ

福路「ふあぁんっ!」レロレロ

福路(上埜さんの舌が私の中でぇっ!)ビクビクッ

福路(宮永様と違って──優しい……)

福路「んっ、んっ!」ゴクゴク

福路(歯の裏側から、奥まで……舌の届く範囲を全部舐めてくれてる……!)レロレロ

久「うんっ! んあぁんっ!」グイグイ

福路「ひゃうっ!」ビクッ



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 15:32:22.36 ID:UCksCx/AO

ズリュ ズポッ

福路(ち、乳首が……擦れて──アソコにも指がっ!?)ビクンッ

グチュグチュ

福路(か、かき回され──っ!!)ビクビクッ

久「み、美穂子ぉっ!!」グイッ

福路「んああぁぁっ!! ふえのひゃあぁんっ!!」ビクンッビクンッ

ビクンッ ビクビク──

久「はぁっ、はぁっ」

福路「はぁっ、はぁっ……はうぅっ」グッタリ

福路(──これで……これでいいのよ……)

福路(こうすれば……みんな幸せになる……)

福路(私も、宮永様も……上埜さんも……)

福路(みんな……幸せに──)スーッ



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/20(月) 15:35:05.20 ID:UCksCx/AO

久「────っ」

福路(──?)

久「──京ちゃん……っ!」グスッ

福路(────)



ちゃんちゃん
さて、テスト受けなきゃ。



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:29:09.80 ID:haReMG3lO

京太郎(……何もする気が起きねぇ……)

京太郎(畜生、あのレズ女……。まさかあんな強引な手を使ってくるなんて……!)

京太郎(……久さん……話も聞いてくれなかったな……)

京太郎(……当然か、あの状況じゃ釈明のしようもない……)

ガチャ

咲「京ちゃん? もう起きて大丈夫なの?」クルッ

京太郎「……ああ、色々すまなかった」

京太郎(一人残されたあの場所で、後から探しに来た咲だけが俺の言うことを信じてくれた)

京太郎(そればかりか、閉じ籠るようになった俺のために毎日こうして家に来てくれている)



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:30:17.32 ID:haReMG3lO

京太郎(本当に……優しい娘だ……)

咲「──えへへ、良かった。少しは元気になったんだね」ニコッ

咲「もうちょっと待っててね。すぐ晩ごはん出来るから」

京太郎「また作ってくれたのか」

咲「気にしないで。私が勝手にやってるだけなんだから」

京太郎「ああ……ありがとう……」

京太郎(本当に──)ギュッ

咲「きゃっ!?」ガタッ

京太郎「咲──」

咲「きょ、京ちゃん……?」

京太郎「──っ! いや、すまん、何でもない……」スッ

咲「────」クスッ



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:32:02.85 ID:haReMG3lO

咲(──惜しいっ! あとちょっとだったのになー)

咲(まぁ、時間の問題だね)

咲(今までは無気力だったせいでそんな気は起きなかったみたいだけど……)

咲(ここ数日、京ちゃんに食べさせたのは精の付くものばかりだもん)

咲(ちょっとした拍子で、溜まった性欲は爆発するよ)

咲(そんな京ちゃんに襲われたら──んっ!)ゾクゾクッ

咲(……あはは、濡れちゃった……)



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:33:19.01 ID:haReMG3lO

京太郎(……ムラムラする……)ソワソワ

咲「ふんふーん」

京太郎(──咲のやつ、エプロンつけてるとはいえ、何で制服で家事してんだよ……)

咲「ふふーん」フリフリ

京太郎(それに鼻歌に合わせて腰を振るな)

京太郎(可愛いし──エロいだろうが……っ!)ムクムク

京太郎(福路さんにあんな目に遭わされてなかったら、とっくに襲ってるぞ……ってやべっ!)ギンギン

咲「京ちゃん?」クルッ

京太郎「っ!?」サッ

京太郎「……な、なんだ?」

咲「──フフ、どうしたの? ずっと立ってるけど──」



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:34:48.26 ID:haReMG3lO

咲「もしかして、エプロン姿の私に興奮しちゃってる?」スッ

京太郎「……う、あ……」ギンギン

咲「」

京太郎「いや、咲っ? これは……その──っ」

咲「──いよ」ボソッ

京太郎「えっ──?」

咲「京ちゃん……今まで大変だったもん……だから、いいよ──」モジモジ

京太郎「咲──でも」

咲「京ちゃん」ジッ

咲「私ずっと、京ちゃんのこと好きだったんだ──」

京太郎「」



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:36:06.98 ID:haReMG3lO

咲「黙っていようと思ったけど、やっぱり無理だね」クスッ

咲「だから、これが私の気持ち……受け取って──?」スッ

京太郎(咲……服を──っ!)ゴクリ

バサッ

咲「京ちゃん──大好き」

京太郎「」プッツン



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:42:03.51 ID:SB+glWQ70

結論から言うとこれ京太郎が全て悪くね?



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:43:13.76 ID:lVY/z0neP

部長以外全員悪い



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:43:14.08 ID:Z/4DpINMO

いや、最初は咲じゃないか?



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:44:31.27 ID:SB+glWQ70

よし…全部池田が悪いな



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:45:24.64 ID:Pa1lFvzf0

池田ァ!



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 00:54:52.56 ID:uESHfpRA0

                    ,,....::::::::':::::ヽ
      ____,......::::'''::::::::::::''、´:::::::::::::::::::::::::l
      l::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\::::、::::::::::::::::::::l
      .l::::::::::::/:::/::ハ:::lヽ::::::::::::::\:::::、::::::::::::/
        l:::::::〈::::/、( ゙、! ヽノ\::::::ヽ:::::::、:::/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        l::〈:::::〉            >、:::ヽ::::::::\ |  う  ぶ  き  |
        /:::::〉\_       ィ´=ミ、::::ヽ::::::::::::|  ち  っ  え.. |
      /::::/:!/,"::ヾ'    "lO:::::ハ } :::::、:::::::::::|. に  と  .ろ ..|
    .,-.、/::::/::::::l l:l:::::lj     し::ノ;ノ '"';::::lヽ:::<.. な. ば .    |
   lこ!l :/:::::::::i `=" '   `¨ ⊂⊃ソ;:l丿::::l|. !  さ   .. .|
   |  | .__::::::::::ゝ⊃  <^ .-v    ,--イ|ハ:::::| |     れ  .   |
  r┤ }イ fヽ\|`  _  `ー‐'  _ i';/|:::/リ  ` |     ん . . ..|
 〈      { ノ-、     ¨T:::'   L-、__    \_____/
  | ヽ      }   __ノ´rノ .r‐‐‐/    ̄,, ̄ヽ
  ヽ      //  ̄   |―‐‐/    ,,'' イヾ丿



223:ラスト:2010/12/21(火) 10:37:03.07 ID:haReMG3lO

京太郎「うおおおぉぉっ!」パンパンッ

咲「ああぁっ! 京ちゃんスゴいっ! 凄いよぉっ!!」ガクガクッ

咲「三回目なのに、こんなぁっ! んふあぁぁっ!!」ビクンビクンッ

京太郎「咲っ! 咲ぃっ!!」パンッ パンッ

ドクンッ!

咲「あつぁっ! また、京ちゃんのが出てるっ! 膣内に出てるぅっ!!」ビクビクッ

ドクドク

京太郎「はぁっはぁっ! はうぅっ!」ムクムク

咲「あンっ! また、膣内で大きくなって──」

京太郎「っ!」ガシッ

咲「あっ!」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:38:48.95 ID:haReMG3lO

京太郎「うわあああぁぁっ!!」グイッ グチュグチュ

咲「ああああぁぁぁっ!!」ガクガクッ

ドクンッ

咲「ふあぁんあぁっ! ──はうぅっ……はぁっ、はぁっ」

ヌポッ ドロリ

咲「ああ……京ちゃんのが……出てきちゃってる……」

京太郎「はぁ、はぁ……咲ぃ……」

咲「京ちゃん……大好きだよ」ギュー

京太郎「咲……俺にはもう……お前しかいないんだ……」ギュッ

京太郎「もう……もうお前しか──お前としかっ!」ムクムク

咲(京ちゃんのが、また──スゴい……っ!)ゾクゾク



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:40:59.72 ID:haReMG3lO

咲「京ちゃん……大丈夫だよ」スッ

咲「何があっても、私は京ちゃんの全部を受け入れるから──あんっ」チュパ

京太郎「うおぅっ!」グッ

咲「んむっ、んっ、んっ。」チュパチュパ

京太郎「あぁぅっ! さ、咲──っ!」ガシッ

咲「はむんっ! ふぁっ、んふぁっ!」レロレロ

京太郎「い、イクぞ──おああぁっ!」グイグイ

咲「ぅんっ! ふぁんっ、んっ──んーっ!」チュー

京太郎「咲ぃっ! また──うっ!」ガクガクッ

ドクンッ!

咲「ふあぁっ!」ゴクッ

咲(さ、最高だ──っ!)ゴクゴク

ドクドク



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:42:39.39 ID:haReMG3lO

咲(今の京ちゃんは、どこでナニしても何でもしてくれるっ)ゴクッ

咲(口にも膣内にも、どこにでも出してくれる!)レロレロ 

咲(あと、出してもらうところは──)チュパー

咲「──ふはっ……はぁっ、はぁっ」スッ

京太郎「咲……お前、全部飲んでくれたのか──?」

咲「──えへへ、美味しかったよ?」ニコッ

京太郎「っ!?」ムクムク

咲「フフ、ちょっとお水飲んでくるね」スッ

京太郎「────」

ガチャ ザーッ

京太郎(……咲の、お尻──)ジーッ

咲「──んっ」ゴクゴク



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:44:18.66 ID:haReMG3lO

京太郎(小さくて、可愛くて──)サッ

京太郎(でも身体が火照ってるから、薄く赤みがかってて──)ギンギン

咲「──ふぅ」

京太郎(エロい──っ!)スッ

咲「きゃぅっ!?」ビクッ

咲「きょ、京ちゃんっ!?」クルッ

咲「何でいきなりお尻を──ふぁっ!」ビクンッ

京太郎「はぁっ、はぁっ。はむっ」レロ

咲「んああぁっ! 駄目っ、そんなとこ舐めたら──」

京太郎「んっ、んっ」レロレロ

京太郎「ふむっ!」ヌポッ

咲「ああぁぅっ! 舌挿入れちゃらめぇっ!」ビクビクッ

ドサッ



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:47:18.79 ID:haReMG3lO

咲「……あっ──あっ!」

京太郎「」グッ

ギンギン

咲「ひぅっ! 京ちゃんまさか──」

ズリュ

咲「んあああぁぁっ!?」ガクガクッ

咲「お尻っ! おひりに京ちゃんのが挿入ってきれるぅっ!!」グイグイッ

京太郎「あぅっ! 咲……お前腰を振って──っ!?」ビクッ

咲「京ちゃんっ! ひょうひゃあぁんっ!!」グイグイッ

京太郎「うあっ!? くっ──咲ぃっ!!」パンパンッ

パンパンパンパンパンパンパンパンッ!

ドクンッ!

京太郎「うっ!」ビクビクッ

咲「ひゃああぁっ!」ビクンビクンッ



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:48:40.02 ID:haReMG3lO

咲「──はうぅっ、おひりに、京ちゃんのがぁ……!」ナデナデ

咲「ドロドロしたのが、腸内にぶちまけられてるよぉ──!」

京太郎「はぁっ、はぁっ──咲」グイッ

咲「はうっ、京ちゃぁん?」ボーッ

咲「京ちゃん、私、私ね──」

京太郎「咲──んっ」チュッ

咲「!」

京太郎「──んっ。……咲──好きだ」

咲「──京ちゃんっ!」ギュッ

咲(──もう、確定した)クスッ

咲(どうしようと、京ちゃんは私から離れられない──)

咲(これで京ちゃんは──私だけのモノ)

咲(私の──勝ち)ニヤッ







235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:52:14.44 ID:haReMG3lO

終わりです。
お待たせしてしまってごめんなさい。

こんなもしもしに付き合っていただき、また長い保守をありがとうございました。

SS書くのは初めてでしたが、楽しんでもらえたのなら嬉しいです。

最後になりましたが>>1の好きなキャラはまこちゃんです。

ではさようなら。



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:54:07.98 ID:Kq16chMN0


俺の美穂子がこんなに可愛いわけがない



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 10:54:19.20 ID:Pa1lFvzf0





239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/21(火) 11:02:10.48 ID:a9WB3YZcO





このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2010年12月22日 12:55
      • ほう……咲ssとな
        今から読む
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2010年12月22日 13:17
      • 呼び方とかめちゃくちゃやん
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2010年12月22日 13:38
      • けいおんSSよりは新鮮味があっていいじゃん

        こまけえことは(ry
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2010年12月22日 14:44
      • 俺妹の地味子かとおもったが違った
      • 5.
      • 2010年12月22日 18:03
      • なんだかなぁ
      • 6. あ
      • 2010年12月22日 18:33
      • 新鮮だた
      • 7. 名無し
      • 2011年03月25日 17:50
      • ふぅ



        咲SSはもっと増えるべき
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2012年05月14日 18:07
      • 3 どうせなら闘牌やればいいのに。
        生き死にも恋の駆け引きもなんでもかんでも麻雀で決めるのが
        麻雀漫画のお約束でしょ。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2012年06月17日 23:33
      • ぐっだぐだ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    QRコード
    QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務