TOP

唯「ゆーっくり息を吸って…ゆーっくり息を吐く…」

yui

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:56:12.99 ID:BFoLbj+O0
梓「すー……はー……」

唯「そう…もっとゆっくり吸ってー……ゆっくり、吐いて…」

梓「すーー……はーー……」

唯「気持ちがいい、とても、深い深いところに、落ちていく…」

唯「息を吐くたびにー……体の力が抜けていく……」

唯「ほら……もう……力、入らないよね……」

梓「すー……はー……」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:57:55.08 ID:ic6/KTw2P
催眠オナ○ーでもやるのか

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:59:26.29 ID:BFoLbj+O0
唯「ふふっ……あずにゃん可愛い…」

唯「もっと、深いところに落ちていこうね」

唯「落ちていくのは、気持ちいいから……ね?」

唯「右手に意識を集中して……」

唯「私がみっつ数えると、右手の力が、完全に抜けるよ…」

唯「力が抜ける瞬間は、とーっても気持ちいいよ……」

唯「ほら……さん……にぃ……いち」

パチン

梓「…」ガクン

唯「もう、右手には力が入らない……ほら、気持ちいいでしょ…?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:59:52.61 ID:47bHBjED0
wktk


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:02:55.24 ID:BFoLbj+O0
唯「次は、左手……」

唯「ふふ、その前に、もう一回深呼吸」

唯「吸って~……吐いて……」

梓「すー………はー………」

唯(呼吸の間隔が長くなってる……ふふ、大分入ってるみたい)

唯「そう、そのまま、左手に意識を集中して……」

唯「さん、に…いち」

パチン

唯「もう、力は、入らない……」

梓「……」ガクン



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:06:27.20 ID:BFoLbj+O0
唯「次は右足…」

唯「さん、にぃ、いち……」パチン

唯「左足も、もう、力、抜こうね」

唯「さん、にぃ、いち……」パチン

唯「もう、体中、どこにも力が入らない……」

唯「あずにゃんは、力を入れることが出来ないし──」

唯「──入れようとも思わないよね……」

唯「体中リラックスして……とっても気持ちがいい」

唯「もっと気持ちよくしてあげるから……私の声、ちゃんと聞いてね」

唯「もっともっと、落ちていこうね……」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:08:11.17 ID:BFoLbj+O0
唯「今からみっつ数えると……」

唯「あずにゃんは、もっと、深いところに落ちていくよ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:10:12.22 ID:BFoLbj+O0
唯「深いところにおちるのは、気持ちいいよ…」

唯「私が、あずにゃんを気持ちいいところまで連れてってあげる」

唯「だから……安心して、落ちていいよ」

唯「さん・・・」

唯「にぃ・・・・・・・」

唯「いち・・・・・・・・」


パチンッ


───・・・・
──……
─…
・・


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:12:06.04 ID:imiWYBf20
シチューをかき回す想像が出来なくて断念した


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:14:09.96 ID:BFoLbj+O0
「ーん……」

「にゃーん……」

梓「……んん……?」

唯「あずにゃーん!起きて起きてー!」

梓「唯……先輩……?」

律「なにやってんだよ梓ー。もう練習始めるぞ」

梓「え、あ……すいません!すぐに準備をしますっ!」

澪「部室で寝てたなんて、梓にしては珍しいな」

梓「え、あ……そうですか?」

律「みなのもの!来る文化祭に向けて、練習頑張るぞ!」

「「「「おー!!」」」」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:17:33.82 ID:BFoLbj+O0
唯「まずはやっぱり、ふわふわ時間からでしょー!」

澪「そうだな……最近やってなかったし、久しぶりにやるか」

梓「唯先輩、コード忘れたりとかしてませんよね?」

唯「大丈夫だよ!!……たぶん!!」

律「よっしゃー!それじゃー行くぜ!ワン、トゥー、スリー!」






12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:21:18.54 ID:BFoLbj+O0
ドンドンドンドン

梓「はぁぁぁぅっっっっ!!!」

澪「え?」

律「ちょ、ちょっと梓……お前いきなり何変な声出してんだよ……」

唯「色っぽかったねー……////」

梓「す、すいません……!ちょ、ちょっとびっくりしちゃって…」

律「びっくり?」

梓「な、なんでもないです!大丈夫です!!」

澪「そうか……もう一回、今度はしっかりな」

梓「はい!」

梓(ドラムの振動が、なんか子宮に響いた気がする……)




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:24:14.74 ID:BFoLbj+O0
律「ワン、トゥー、スリー!」

ジャジャジャジャーン
ドンドンドンドン

梓「んぁっ、ふぁぅっ……!」

澪「あ、あずさ!////」

律「どうしたんだ梓ー。いまさらお色気キャラに変更するつもりかー?」

梓「そ、そんなんじゃありません!!」

唯「んー?疲れてるのかな?保健室行く?」

梓「……大丈夫です。さぁ、練習しましょう!」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:24:51.86 ID:IekLO9lvO
お前等良くもこう次から次へとこんな斬新なアイデアを…
興奮するぞバカヤロー
頑張れコノヤロー


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:27:17.24 ID:BFoLbj+O0
ドンドンドンドン

梓(んんんっ……声だしちゃ駄目声出しちゃ駄目……)

ドン

梓(よしっ、前奏は乗り切った!!)

唯「君を見てるとー、いつもハートドキドキ!」

梓「ふぁぁぁっ!」ビクン



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:30:10.53 ID:BFoLbj+O0
澪「……////」

律「……梓、保健室に行ってろ?な?」

梓「いや、その、えっと……」

律「梓」

梓「……はい」

唯「りつたいちょー!梓さんを保健室に連行するでございます!」

律「唯隊員!よろしく頼んだでござる!」

唯「ほらあずにゃん、一緒に保健室にいこー!」

梓(唯先輩の歌声で感じちゃうなんて……絶対思い違いだ……)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:33:15.00 ID:BFoLbj+O0
──保健室

梓「あれ、先生……いませんね」

唯「でもベッドは空いてるよ。あずにゃんはここで休憩!」

梓「……はい」

唯「あ、そうだあずにゃん、ベッドに座ってー」

梓「?……はい」ストン

唯「さん、に、いち。『堕ちて』」

───……
──…
─・・
・・



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:36:25.96 ID:BFoLbj+O0
唯「あずにゃん、被暗示性高すぎだよー」

唯「ほんとは感じてるのを我慢する顔見るつもりだったのに、声なんか出すから…」

唯「あ、鍵は閉めて…っと」カチャ

唯「それじゃあずにゃん、面白いこと、しよっか……」

梓「……」スーハー…スーハー…

唯「今から私がみっつ数えると───……」

───……
──…
─・・
・・


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:39:11.61 ID:BFoLbj+O0
唯「あずにゃん!」

梓「っ!」ビクッ

唯「もー、お話の途中でうとうとしないでよー」

梓「す、すいません……何のお話でしたっけ?」

唯「あずにゃんのオナ○ーの仕方のお話だよ!」

梓「そうでしたね、すいません。私のオナ○ーの仕方でしたね」

唯「私オナ○ーとかあんまり分からないから、あずにゃんのを見て勉強したいんだけど…」

梓「そうなんですかー。オナ○ーは気持ちいいですよ!私でよければいくらでも見せますよ!」

唯「やった!見せてあずにゃん!」

梓「はい!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:43:24.76 ID:BFoLbj+O0
梓「先輩はクリ○リス派ですか?中派ですか?」ヌギヌギ

唯「んー…あずにゃんはどっち?」

梓「私はどっちも好きですけど、中を掻き乱すのが一番ですかねー…」ヌギヌギ

唯「そうなんだー。胸はしないの?」

梓「あ、もちろん胸もしますよ。私の場合は、クリから始めて、胸と中を責める感じです」ヌギヌギ

唯「おおー、あずにゃんセクシー!」パチパチ

梓「普段は脱がないんですけど、今日は唯先輩のためですよ。しっかり見ててください」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:46:33.05 ID:BFoLbj+O0
梓「……んっ……」ナデナデ

梓「こう…・やって……クリを撫でると……んっ…
  体が火照ってきて……気持ちいいっ…んぁっ…ですよ…」

唯「あずにゃんエッチー」

梓「唯先輩の勉強のためです…!
  慣れてきたら、軽くつまんであげると……ふぁっ……んん……」

唯「気持ちいいの?」

梓「はい……つまんだり離したりしながら……クリを責めるんです……ぁ……」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:49:59.93 ID:BFoLbj+O0
梓「気分が高まったら、胸もいじりだして……」

梓「揉んだりするよりは、先っぽを責めてあげたほうが……んんっ……私は感じますね……」

唯「揉むほど持ってないですよーだ!」

梓「ぁっ、ん……乳首強く摘むと……気持ちいい……ああぁ……」

梓「ここで中に指入れたら……はぁぁ……んっ……ぁぁっ……」

唯「あずにゃん、解説はー?」

梓「ぁっ、んっ……はぁぁ……ふぁぁ……」

唯「ムスー」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:54:12.15 ID:BFoLbj+O0
梓「んぁ、気持ちいい……はぁ……んんっ……」クチュクチュ

唯「予定より早くなっちゃったけど、第二段階いこうかな」

唯「あずにゃん」パチンッ

梓「……え、え、え、えええっ!!!」クチュクチュ

唯「おはよう、あずにゃん」

梓「ゆ、唯先輩!え、な、なんで私……んぁぁ!」クチュクチュ

唯「あずにゃんが自分からオナ○ー始めたんだよー」

梓「そん……あぁっ……見ない……でくださ……んっ……」

唯「見ないでって言われても……あずにゃんがやめればいいことだよ?」

梓「やめ、んっ…やめれなっ、ぁぁっ、んはぁ……」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:08:29.86 ID:NTNnwFRlO
すんばらしい


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:11:56.75 ID:DxeGrouI0
エロは正義


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:14:29.86 ID:6i1EwUj90
いいね


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:20:27.74 ID:/S1TqOhg0
唯「やめられないって……どうしてかな?」

梓「わか、んぁぁ……ぁっ、ぁっ……」

唯「自分で自分の気持ちいいところ知ってるから、すごく感じてるね。
  ……あ、だからやめられないのかー」

梓「ちがっ、んぁっ、ぁっぁっ、んん……」

唯「違わないよ。あずにゃんは間違いなくえっちな娘なんだよー」

梓「んっぁ、んんん……」

唯「声を噛み殺しても無駄。
  だって、あずにゃんは自分が一番感じるところを分かってて、そこを責めてるんだもん」

唯「こーゆーの何ていうんだっけ……あ、いんらんだ!」

唯「あずにゃんは、いんらんだよ」

梓「いや、はぁぅ…っっ!」ビク

唯「違わない。あずにゃんは淫乱。淫乱」

梓「え、あ……ぁぁ……」ビクッ



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:23:59.12 ID:/S1TqOhg0
唯「淫乱って言われて喜んでるんだー。じゃぁ、あずにゃんは淫乱の上に、、マゾなんだね!」

梓「ぁぁっ、やめてくだ……ふぁっ!」

唯「いんらんまぞ。あずにゃん、いんらんまぞ。言ってみて?」

梓「ぁ、ぁぁ……」

唯「いんらんまぞ」

梓「ぃ……ぃんらんまぞ……」

梓「ぁ、ぁ、だめ、だめ、ぁ、ぁぁぁぁああああっっっ!!」ビクン、ビクン

唯「あ、あははは……。淫乱マゾって言いながらイっちゃったね」

梓「はぁー……はぁ……」クチュクチュ

唯(あ、止める暗示掛けるの忘れてた……もう少し堕とそうかな)


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:28:05.16 ID:/S1TqOhg0
唯「あれ?あずにゃん、いっちゃったのに、まだオナ○ーやめないの?」

梓「はぁ……はぁぁ……」クチュクチュ

唯「もう言葉も出ないくらい疲れてるよ。それとも、夢中なだけかな?」

梓「おかし……ぃです……ふぁ……」

唯「おかしくなんかないよ。あずにゃんは、私に見られて興奮してるんだよ」

梓「ぃや……ちが──
唯「違くなんかない。あずにゃんは、いんらんまぞ。だから、見られて興奮してるんだよ」

梓「わたし……が……んっ……」

唯「そう、あずにゃんは……」

梓「ぃん……らん…まぞ……」

唯「……ふふ。よく言えたねー、あずにゃん!」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:32:31.36 ID:/S1TqOhg0
唯「がんばったあずにゃんに、ご褒美をあげるね」

梓「……え?……」

唯「今から私がみっつ数えて指を鳴らすと、今までに感じたことがないくらいの快感が、あずにゃんを襲うよ」

梓「ゆい……せんぱ…い…?んっ…」クチュクチュ

唯「不思議だけど、絶対にそうなるよ。その理由は、あずにゃんは心の奥底で知っているから」

唯「さん……」

梓「んっ……!あぁぁ…!」ビク

唯「にぃ……」

梓「ぁっ、んぁっっ!いきなり……んんっ!」ビクビク

唯「いーち」

梓「ぁ、ぁ、ぁ、だめ、ぁぁ、んっ…・…っっっ!!」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:32:34.57 ID:gCUZ6yDx0
どS唯たまんね。


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:37:12.10 ID:/S1TqOhg0
唯「え、ダメなんだ……残念」

梓「え、あ……」

唯「あずにゃんは自分の力だけでイキたいんだね。がんばって!」

梓「そん……な……んっ……」クチュクチュ

唯「なんでそんな顔してるの?さっきまで自分の指だけでよがり狂ってたよね?
  もう、それだけじゃ満足できないくらい、変態さんになっちゃったの?」

梓「いや、あ……んっ……ふぁ……」

唯「違うよね。あずにゃんは心のそこで、私が快感を与えてくれる人だって知ってるんだよね。
  私が指を鳴らすだけで、物凄い快感を得られることを知ってるんだよね」

唯「私が指を一度鳴らせば、今までのオナ○ーの二倍
  ……いや、三倍以上の快感を得られることを、知っているんだよね」

梓「んっ、ぁ……しらなっ……いです……んんっ……」クチュクチュ





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:37:12.18 ID:onTjMH2B0
ううううううおうううおうおうおうううううううおうううううううううううううおおおおおおおおおおおおおおおお


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:39:21.91 ID:NNTqq5rKi
ふーっふーっふーっ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:39:36.67 ID:OZak3e/a0
この唯は絶対ヘアピンしてない唯だ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:40:07.18 ID:/S1TqOhg0
唯「指を鳴らしてほしい。指を鳴らしてほしい。指を鳴らしてほしい」

梓「んんっ……」クチュクチュ

唯「頭の中はそれだけ。私に指を鳴らしてほしい。指を鳴らしてほしい」

梓「ぁぁ……ゆ……び…」クチュクチュ

唯「指を鳴らせば快感がくる。いつもより、三倍の快感。指を鳴らしてほしい」

梓「ゆびを……はぁ、ゆびをぉ……」ハァハァ

梓「ゆびを…ならして……ほしいです……」

唯「堕ちたね☆可愛いよ、あずにゃん」

唯「もう、私のモノ」

パチンッ



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:40:28.01 ID:LOiuP+By0
催眠術かけられた女が何度も何度もイキまくる動画を思い出した


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:43:53.98 ID:7W7LfFVv0
>>46
デイリーモーションにあったやつ?


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:45:24.62 ID:LOiuP+By0
>>48
そうそれ
唯の口調とかすげー似てる


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:44:38.91 ID:/S1TqOhg0
梓「ぁ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁああああああああああっっっ!!!」ビクッ、ビクッ

梓「すごっ、んっ、ふぁぁっ…っっ!!」ビクンッッ!!

唯「気持ちいいー?あずにゃーん」

梓「き、きも……きもふぃいい…でふぅ……」ビクッ

唯「よかったー!じゃあ、もう一回」パチンッ

梓「っっっ!!!」ビクンビクンッッ

梓「はっぁあぁぁ…はぁぁぁ……あぁぁぁぁぁー……」ビクッ

唯「次はいつつ数えるよ。だから、快感は五倍」

梓「も……もうやめ……」ビクッビクッ

唯「ごぉよんさんにぃいち」パチンッ

梓「────っっ!!!!」ビクビク

唯「じゅうきゅうはちななろくごよんさんにぃ…」

唯「ふふ、十も数えちゃった……」

唯「いち」パチンッ




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:45:39.40 ID:WvASmJsQ0
素晴らしいデス


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:47:43.61 ID:/S1TqOhg0
梓「ふぁ、ぁぁ、、あはぁぁぁぁぁ」ビクンビクンビクン

唯「あーずにゃん。気持ちいい?」

梓「ぁはぁ、ふぁぁ……」ビクビク

唯「聞こえてないかー。完全に堕ちたね」

唯(催眠暗示と、精神的暗示の両方掛けたから……しばらくはもういいなりかな)

唯「あずにゃん、かわいい……」ちゅっ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:48:50.55 ID:v0EW3KgE0
すごく…いいです


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:52:31.06 ID:/S1TqOhg0
───……・・
──・・・
─・・
・・

律「唯ー、梓の体調はどうだ?」

唯「しーっ、りっちゃん!今寝てるんだから!」

律「ご、ごめんごめん…」

唯「熱が少しあったみたい。きっと連日の練習で疲れてたんだよ」

澪「それは唯が休みたい口実だろ、と言いたい所だが……実際、梓の文化祭にかける思いはすごかったからな」

律「仕方ない。今日と明日の練習は休むか!」

唯「あ、りっちゃん!その前にね!」

唯「私、リラックス出来る方法知ってるから……二人にも、教えてあげるね……」

────・・・
──・・
─・・
・・


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:53:13.70 ID:OZak3e/a0
この唯はきっと憂の処女を頂いている


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:55:12.81 ID:/S1TqOhg0
──・・・
─・・


梓「んっ……ここは……」

梓「保健室か……部活中に気持ちが悪くなって、ここで休んでたんだった……」

梓「部室に戻ろう……」スタスタ



──部室

梓「ただいまですー」

律「おう!おかえり!もう体調は大丈夫か?」

澪「無理はしなくていいんだからな」

梓「もう大丈夫です。ご心配おかけしましたです」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:55:53.62 ID:WvASmJsQ0
これは……きたな俺の時代



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:59:52.77 ID:/S1TqOhg0
唯「あーずにゃーんー!」ぎゅっー

梓「わわっ……もう元気ですから、大丈夫ですよ」

唯「良かったよー」ぎゅー

澪「ほら、唯。梓も元気になったことだし、練習始めるぞ」ヌギヌギ

律「文化祭も近いしなー。めんどくさいけどやるか!」ヌギヌギ

梓「ほら、唯先輩どいてください。先輩はボーカルだから脱がなくていいんですけど、
  私たちは準備があるんですから」ヌギヌギ

唯「そうだったね。ごめんねあずにゃん」





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:01:01.28 ID:OZak3e/a0
まだムギちゃんが出てないな


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:01:02.45 ID:vZHueiOXP
紬「なんでみんな脱いでるの?」ムギムギ





63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:01:40.27 ID:U3HFMReG0
>>61
不覚にも


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:04:00.53 ID:/S1TqOhg0
紬「はい、みんなの分のローター。さっき電話して取り寄せたの」ヌギヌギ

律「さんきゅー!お、結構大きいなー」

澪「振動は……強めだな……大丈夫かな?」

唯「みんななら大丈夫だよ!本番に向けて、ローター入れたまま演奏できるようにならなきゃ!」

梓「唯先輩、感じてる顔とか、もし悪い所があったらちゃんと言ってくださいね」

唯「そのつもりだよー!みんな覚悟してね」フンス

澪「さてと……んっ」ブブブブブブ

律「膜破けないようにしないとな……」ブブブブブ




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:04:38.54 ID:TALu7Gvd0
監督!最高です>>1監督!!


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:05:15.43 ID:OZak3e/a0
ムギちゃんが催眠状態なのかそうでないのかが問題だ



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:09:04.88 ID:/S1TqOhg0
唯「それじゃあ行くよー!ふわふわ時間!」

律「ワンツースリー!」

ジャジャジャジャン
ドンドンドンドン

唯「澪ちゃん駄目!恥ずかしくてもちゃんと顔上げて!」

澪「うぅ…///」

唯「りっちゃん!声を我慢したら駄目だよ!男っぽいとか関係ない!
  りっちゃんの可愛い声をもっと出して!」

律「ぁ、ぅん……んはぁぁ、はぁぁ……」ドンドン

唯「あずにゃんはー、いい顔してるね。声もいいよ。
  でも演奏が雑になってるよ!ちゃんと演奏して!」

梓「ふぁ、ふぁい……んぁぁぁっ!」

唯「ムギちゃん、まだイッちゃ駄目!!」

紬「でも、あぁ、ぁ、ぁ、ぁあぁぁぁっっ!!」ビクンビクンッッ


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:11:58.82 ID:/S1TqOhg0
──三十分後

唯「んー……今日はここまでにしよっか」

澪「っはぁ……はぁ……」

律「ぁはぁ……ふぅ……」

紬「はぁ…はぁ……」グッタリ

梓「それで、唯先輩……今日のあれは……」

唯「うん、それじゃあお待ちかね、今日のMVPを発表するよ!」

唯「みんな頑張ってたね!今日は甲乙付け難いけど……」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:15:41.72 ID:/S1TqOhg0
唯「一番いい顔してた、澪ちゃん!!」

澪「や、やった!!」

律「ちぇー、澪かよー……」

梓「やっぱり澪先輩には敵わないです……」

紬「はぁ……」グッタリ

唯「一番駄目だったのはりっちゃん。最後まで声恥ずかしがってたからね」

律「まじかよー!!くっそー!!」

唯「大分良くなってたけど、みんないい声してたから。それじゃ、約束どおり、
  ドベの人はMVPにご奉仕しなきゃ」

律「はいはい……澪、足開いてくれ」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:16:45.23 ID:xJO853LJP
支援


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:17:35.31 ID:TSerEV5+0
なんかちょっと狂気を感じるぞこの唯w


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:21:14.67 ID:/S1TqOhg0
澪「う、うん……///」

律「な、舐めるからな……///」ピチャ

澪「んっ……ふぅぅ……」

唯「気持ちいい?澪ちゃん」

澪「うん……そこ舐められるの初めて……んっ…」

律「……」ペチャピチャ

澪「ぁぁ……気持ちいい……」

唯「澪ちゃんの顔可愛いー。りっちゃんは意外と従順だね」

唯「うーん……あ、そうだ!」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:23:55.98 ID:Y2j0ngVM0
くっ、唯ハーレムだけかと思いきや自然に律澪を混ぜてきやがった
>>1めやりおるわい


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:25:53.86 ID:/S1TqOhg0
唯「りっちゃん、ちょっと」

律「んんんー?」ピチャピチャ

唯「精神だけ帰っておいで」パチンッ

律「ん……んんんんっ!!」ガバッ

澪「あ、律。やめないでよぉ……////」

律「み、みお!え、な、なんで!?え、え、んんんんんんんんっっ!!」ギュッ

澪「ほら、もっと舐めて……」ギュッー

唯「あはは。澪ちゃん相当気持ちいいんだね。りっちゃん嫌がってるのに、頭抑えるなんて」

唯「まぁ、体は従順なままだから、私が命令したら、ちゃんと舐めてくれるよ」

唯「ねぇ、りっちゃん」

律「だ、誰がっ……んぁっ!」ピチャ、ピチャ

澪「んんっ……気持ちいい……」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:30:21.98 ID:/S1TqOhg0
梓「……」

唯「あーずにゃん!」

梓「あ、ゆ、唯先輩!」

唯「あずにゃん、顔赤いよー。もしかして興奮してるのー?」

梓「そ、そんなことっ!」

唯「だってあずにゃんは、いんらんまぞ。だもんね?」

梓「あ……」ぽー

唯「いんらんまぞって聞いただけで、頭真っ白になっちゃうくらい、変態なんだもんね」

梓「……は……い……」

唯「おねだりの仕方は?分かるかな、あずにゃん?」

梓「あの……わ、私を……いじめて、くださ……い……」

唯「いいよー、あずにゃん♪」





83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:31:46.93 ID:nFAPUx14O
唯ひでぇwwwww


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:32:48.88 ID:OZak3e/a0
ムギちゃん食べたりあずにゃんにずっと抱きつかれてたり唯はほんと忙しいな


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:35:03.20 ID:/S1TqOhg0
唯「あずにゃんも、もう立派な変態さんになったね」

梓「あ、ありがとうございます……」

唯「うんうん。ほら、もうこんなに濡らしてる」ピチャ

梓「んんっ……」

唯「うーん、、一回触っただけで、指がびしょ濡れになっちゃった……あずにゃん舐めて」

梓「はい……」ペロ、チュ…

唯「えへへ……あずにゃん、自分のおつゆはおいしい?」

梓「ほいふぃいです……」チュパ…チュ

唯「あずにゃん、ちょっと不思議な体験してみよっか」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:36:36.58 ID:FJZ2E2ZT0
竿が出ないのは少し残念


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:39:09.24 ID:M+StwnwHP
竿は邪道


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:40:05.33 ID:FJZ2E2ZT0
>>89
まあまあ


 

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:39:10.26 ID:/S1TqOhg0
唯「今から、あずにゃんのお口は、あずにゃんの下のお口になるの」

唯「口の中を触られると……もう分かるよね?」

唯「さん、にぃ、いち」パチン

梓「んっ……」

唯「ほら、あずにゃんのお口、たくさん掻き乱してあげる」グチュグチュ

梓「んんんんっ!!んんっ!」ビク、ビク

唯「いい子だね。口は絶対に空けちゃ駄目。噛んでも駄目。我慢だよ」グチュグチュ

梓「んんーー!!んんんっーーー!!」ビクン

唯「さっき自分で言ってたもんねー、中をかき乱されるのが一番好き、って」

唯「ほら、こうかな?もっと強くかな?」グチュ、グチュグチュ

梓「んんんんんーーーー!!」ビクンビクンッ!



 
92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:43:18.04 ID:/S1TqOhg0
唯「あはは、あずにゃん、口でいっちゃったね。可愛い」

唯「りっちゃん達はどうなってるかなーっと……あっ!」


律「みおぉ……正気にもどってくれよぉ……」グスン

澪「りつぅ、早くこれつけてぇ……」


唯「ローターと一緒に頼んだ双頭バイブ!りっちゃんと澪ちゃんにはぴったりだね!」

唯「りっちゃん、つけなよ、それ」

律「うぁ、また体が勝手に……みおぉ、ゆいぃぃ……」ヒック、グス

澪「んんっ……私はつけたから、早くりつぅ……」

律「痛い……入らないってこれぇ……痛い痛い痛い痛いぃぃぃ!!」グリグリ



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:46:49.49 ID:/S1TqOhg0
律「ふぅう……はぁぁ……痛いよぉ……みおぉ……」グリグリ

澪「律かわいい……動くよ……」ズチュ、ズチュ

律「ぁぁ、んぁぁぁっ!みぉ!やめて!痛い!痛い!!」

澪「すぐ気持ちよくなる……か、ら……ぁっ、んぁっ!」ズチュ、ズチュ

唯「澪ちゃん意外とこういうタイプなんだー……」

唯「あずにゃんにも挿してあげたいけど、あれは一本しかないし……」

唯「しょうがない。あずにゃん、こっち来てー」

梓「ふぁ、ふぁい……」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:49:26.79 ID:VkcUyFHL0
いいぞ
もっとやれ


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:50:03.84 ID:/S1TqOhg0
唯「あずにゃん、この二人見て」

律「ぁぁっっ!みおぉ!やめっ……」

澪「ふぁぁんっ、んっ、ぁっっ、ぁっ!!」ズチュズチュ

唯「すごく興奮するでしょ。あずにゃん」

梓「は、はい……」

唯「えへへ……澪ちゃんの手を握ってあげて?」

梓「え、あ、はい……こうですか?」ギュッ

唯「離しちゃだめだよ?」

唯「今から私がみっつ数えると、あずにゃんと澪ちゃんの感覚はひとつになるよ」

唯「言ってる意味分かるよね?あずにゃんにも、入れられるんだよ、それ」

梓「え、あ……!」

唯「さん、に、いち。」パチンッ






96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:51:31.67 ID:M+StwnwHP
催眠って便利だな


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:54:04.60 ID:/S1TqOhg0
梓「ぁぁっ!は、入ったぁ……」

澪「ぁ、気持ちいい!いいよぉ…!!」

梓「せんぱ、だめ、激しくしすぎたら……ぁぁっっ!!」

澪「きもち、んぁぁっ、いい…ふぁ、ふぁ、ぁぁぁぁ!」

律「うぁぁぁん……ヒッグ……ぁぁぁ……ヒッグ」

梓「気持ちいい……ぁぁぁっ、おかしく、なっちゃ……!」

澪「んはぁ、ふあぁ、んんっ!」

唯「みんないい顔、声……えへへ……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:56:47.62 ID:/S1TqOhg0
唯「みんな、今から言うこと、分かってるよねー」

唯「30、29、28……」

梓「せ、せんぱっ…!30は……し、しんじゃぁぁっ…!」

澪「すごっ、きもちぃ、もっとぉ……」

律「ゆぃぃ、ヒッグ、うぁぁ……」

唯「27,26,25,24,23,22,21,20……」

梓「やだぁ、ぁぁっ、きちゃぁ、ぅ、きちゃう……」

澪「ぁぁっっ、んぁぁぁ……!」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 01:59:08.52 ID:/S1TqOhg0
唯「19.18.17.16.15.14.13.12.11……」

唯「じゅう」

唯「きゅう」

梓「せんぱっ、本当に……ふぁぁっっ!」

澪「くるよぉ、くるよぉ……」

唯「はち、なな、ろく」

律「はぁぁっ、んぁぁっ」

唯「ご、よん、さん」

澪「ぅぁ、くる!ぁぁぁぁぁっ!」

唯「にぃ」

梓「しんじゃう、きもちよすぎて…ぁぁぁぁぁ!」

唯「いち」

パチンッ


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:00:17.99 ID:IVqnsvtS0

                          __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:02:16.54 ID:NwwXhlxm0
>>101
wwwwwwwwwww


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:02:40.58 ID:DFDqer2D0
>>101
うわあああwwwwwwwwww


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:03:10.50 ID:/S1TqOhg0
梓「──────っっっっっっっ!!!!!」ビクッ!!

澪「あはぁぁぁぁぁっっ!しゅごひぃぃい……ぁぁぁぁああああああ!!」ビクンビクンビクン

律「」ビクッビクッ

唯「あは、あははははは!」

唯「みんな、あと何回イけるかなぁ!」

唯「次は100数えるから、快感は100ば──」

キーンコーンカーンコーン

唯「7時のチャイムか、せっかくいいところだtt……」

唯「……」パタン


───……
──…
─・・・
・・



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:10:23.56 ID:/S1TqOhg0
───……・・・
──・・・
─…


梓「唯先輩、ちょっといいですか?」

唯「どーしたのーあずにゃん?」

梓「ちょっとした実験やってみたいんです。このライターの炎をずっと見ててください」

唯「え、うん。いいよー……」

梓「呼吸を楽にして……ライターの火に集中……」

唯「う、うん……」ウトウト

梓「……目を閉じて。力を抜いて。私の言うことを、よーく聞いてください……」


『今から唯先輩に、催眠を教えます。その催眠を使って、私をいじめてください。気持ちよくしてください。
 今日の唯先輩は、私をいじめるのが大好き。女の子をいじめて、可愛い顔や声を聞くのが大好き。
 催眠を使って、女の子を操って、たくさん気持ちよくするのが大好き……。』

『でも、7時のチャイムがなると、唯先輩はまた、この催眠状態に戻ります。
 今日の記憶はすべて忘れる。普段どおりの毎日』

『さぁ、唯先輩──目を覚まして……?』

………



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:12:57.68 ID:/S1TqOhg0
梓「あいたた……イキすぎて体が痛い……」

梓「あそこでチャイムならなかったら、本当に危なかったかもなぁ……」

梓「それにしても、唯先輩、Sの才能ありすぎですよ……」

梓「私だけじゃなくて、他のみんなまで……催眠解く私の立場にもなってくださいよ!」

梓「……まぁ、自業自得か……」

梓「………でも……」

梓「……うふふ。また明日も、先輩、よろしくお願いしますね♪」ちゅ


───……・・・
──・・・
─…



おわり


 
118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:18:33.83 ID:/S1TqOhg0
こんな時間までお付き合いいただきありがとうございました!

催眠SS書くのは難しかったので、途中で方向転換しました…。
催眠オナ○ー用テキストより難しかったですorz

ではおやすみなさい。
憂最高!!かわいいよぉ!


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:13:53.81 ID:M+StwnwHP
激しく乙
これは良い


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:14:18.00 ID:Y6eIoDuc0
超乙
なかなかだった


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:14:29.23 ID:DzcDLOzs0
乙!


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:15:39.38 ID:9qq91r1F0
おつ


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:16:36.62 ID:Gtglk/rB0
すばらしい


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:17:07.82 ID:OZak3e/a0



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:17:18.73 ID:NK3XXGrL0
最後までよかった


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:18:40.39 ID:CHy/qiAGO
最高に輝いてるよ


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:18:49.45 ID:gCUZ6yDx0
いいオチだな
結局あずにゃんはどMのいんらんまぞだったってことか


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 02:20:51.31 ID:nFAPUx14O
おつおつおつ
梓はやっぱり変態だな





127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 03:34:13.94 ID:TALu7Gvd0
監督ありがとうございました!


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (1)

          • 1. 名無し
          • 2010年05月18日 19:58
          • 4 カルアスレでのあだ名は監督で決まりだな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ