TOP

唯「やっぱり私がいないとダメだね~」【その5】

443以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 19:08:13.61 ID:IyP4WBTK0
              _,. -―――- 、
            /: : ‐: : : : : : :‐- 、: :\
            /: : /: : : : : : :\: : : : \: :\
         /: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : ヽ
  うんたん♪ /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
        ,': /ニ7⌒!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!
          /: :.|: :./  V\: !   ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,
       /: : :ハ: :|     ヾ   ∨!∨: : : : : : : : :ヽ
        /: : : : :.V:! x=ミ    x=ミ. !: : : : ハ: : : : : :.ハ
     /:/: : : : /: :! 、、  、       、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}
     // |: : : /| :八    - 、    ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V
     {! 从: i'´ ̄::::>、 `ー '  イ!V /: : /: / |: :/
 _人_    /N::::_:::::/::| ` r ' //:/: /‐く  Vうんたん♪
 `Y´    /::::::://:::/:::::|  ><  /:::丁´:::::::::::::V゚}∩  *
       /::::nんh_::∧:::::}/八. ∨::::::」::::::::::〈ヽ.ノ///〉
.     /:/| ! // 〉:::::>ヘ.ノ八 ソ::::{::::::::::::/:::}    っ
    //:::::::\__ノ〉::〈:::::::|/ ∧〉::::〉::::::::/::::∧  , ィ´
    /:::::::::::::::::::::/::::::::\::! /:::::>'´::::::::/::::/:::い.ノ):〉
    !:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヾ厶イ:::::::::::::/:::/:::::::ヽノ:/
    |::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::<>:::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::/  *
    `ー七:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::/
     //:::::::::::::::::::::::<>::::::::::/::::/  ヽ:::::::::::/
   /⌒〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::/    `ー‐'  *


444以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 19:48:13.52 ID:MAvfer160



445以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/02/10(水) 19:52:45.95 ID:JPQQ+u+i0




446以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 19:55:30.60 ID:h8EAxx280



447以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 19:58:06.20 ID:iQwcRmyA0



448以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 19:59:41.03 ID:eNQxR+3QO



449以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 20:22:55.57 ID:6Sk1fAsN0
これ引っ張って1000いくぎりぎりで終わらせる気なのか



454以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/02/10(水) 21:08:06.97 ID:hTcatJvj0
11時にはくるかな?



456以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:15:11.66 ID:pnRiZ1kJ0
斎藤「紬お嬢様、次は新しい家庭教師が来て、国語のお勉強です」

幼女紬「……」

斎藤「それが終わったら、ピアノのレッスン。夕食の後、バイオリンのレッスンになります」

幼女紬「……」

斎藤「大丈夫ですね?」

幼女紬「……はい」

斎藤「では先生が来るまでゆっくりなさってください。失礼します」

ガチャ、バタン

幼女紬「……」

幼女紬「グスッ……」


457以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:16:41.35 ID:9n0E1YkT0
きたああああああああああああああ


458以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:24:41.99 ID:pnRiZ1kJ0
ガチャ、バタン

「やっほー」

幼女紬「ズズッ……。家庭教師の先生ですか?」

「そうだよー。よろしくねっ」

幼女紬「よろしくお願いします。琴吹紬と申します」ペコリ

「うーん、なーんか幼稚園児っぽくないなー」

幼女紬「はぁ……。でも挨拶するときはこうしろって言われたので」




460以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:31:19.75 ID:pnRiZ1kJ0
「はぁ~、なるほどね」

幼女紬「先生のお名前は?」

「匿名希望で!」

幼女紬「匿名希望さん……。いいお名前ですね」

「で、でしょ~?あっはっは」

幼女紬「ではお勉強を始めましょう。すでに予定時間から2分オーバーしています」

「お、おぉ……」

(しっかり者ってレベルじゃねーぞ!)



462以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:36:40.83 ID:9FC9IJNDO
うんたんうんたん♪

支援


463以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:40:03.65 ID:pnRiZ1kJ0
――――――――――――
昼休み 音楽室

律「三つ編みー!」

澪「ちょ……やめろって!」

バシッ

澪「もう!なんなんだよ!」

律「……」

律「そうそう、オススメのすっごい怖いホラー映画持って来たんだ~」

澪「う……、もう教室に戻るぞ!」

律「ふーん、戻れば?」


464以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:48:55.87 ID:pnRiZ1kJ0
律「悪かったよ、和との楽しいランチタイムを邪魔してさ」

澪「はぁ……?そんなこと言ってないだろ!」

唯「へ?何?どうしたんだろ……?」

紬「お、お茶にしない?お茶にしよう?ね?」

梓(澪先輩と律先輩がケンカしてる……。なんとかしなきゃ、なんとか……。そうだ猫耳!)

スポッ

梓「みなさん!仲良く練習しましょ……ぅ……」

シーン


465以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:53:15.70 ID:pnRiZ1kJ0
梓(は、外した……)ウルッ



律「まあ、練習するか……」

澪「うん、やろっか」

梓「は、はい!」

~♪

澪「ん?ちょっとストップ」

律「……」

澪「律、ドラム走らないのはいいけど、パワー足りなくないか?」


466以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 21:58:32.99 ID:pnRiZ1kJ0
律「……」

澪「律……?おい、律!」

律「ごめん、何か調子でないや。また放課後ね~」

唯「え……?りっちゃん!」

澪「いいよ!唯!」

ガチャ、バタン

澪「……」

澪「馬鹿律……」

紬(りっちゃん……)
――――――――――――



468以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:04:18.56 ID:pnRiZ1kJ0
幼女紬「先生、まずは何から?」

「えぇーと……。じゃあ先生の後に続けて音読!」

幼女紬「はい、わかりました」

「おほん!では……、こっきょうの長いトンネルを抜けると雪国であった」

幼女紬「……」

「どうしたの?」

幼女紬「いえ……」


469以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/02/10(水) 22:05:55.25 ID:NYXOwDme0
なぜに川端康成



471以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:10:37.73 ID:/8UswYEQ0
川端康成が書く女性はみんないい
特に日向とか最高だった


472以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:11:18.84 ID:pnRiZ1kJ0
幼女紬「先生。冒頭はこっきょうではなく、くにざかい、だと思います」

「え?そうなの?」

幼女紬「多分……」

「そ、そうそう!ド忘れしてた!」

幼女紬「そうですか……」

「くにざかいの長いトンネルを抜けると雪国であった!はい!」

幼女紬「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

――――――――――――
――――――――
――――

「ふぃ~、今日はもうこの辺でいいんでない!?」

幼女紬「先生。まだ15分しか経っていません」


473以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:18:17.72 ID:pnRiZ1kJ0
「堅いことは言いっこなしだよムギちゃん!」

幼女紬「ムギちゃん?」

「つむぎ、だからムギちゃん。嫌?」

幼女紬「いえ、嫌じゃないです」

「んも~!その他人行儀な喋り方やめてよー!」

幼女紬「と、言うと?」

「それだよ!それ!」

幼女紬「?」



475以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:25:29.22 ID:pnRiZ1kJ0
幼女紬「でも、こういう風に喋るようにと習ったので……」

「習うって?幼稚園とかでお友達と話すように話せばいいんだよ!」

幼女紬「……。幼稚園は行ってません」

「え?なんで?」

幼女紬「お勉強や習い事は全部ここでできますから」

「じゃあずっとここにいるわけ!?お友達もいないの!?」

幼女紬「ええ……まあ」


476以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:33:09.76 ID:pnRiZ1kJ0
「はぁ~、これが噂の箱入り娘ってやつか」

幼女紬「それより早くお勉強を……」

「勉強なんて終わり終わり!そんなことよりムギちゃんはやらなきゃいけないことがあるよ!」

幼女紬「でも先生は国語の家庭教師じゃ……」

「いいのいいの。よし、お茶にしよう!お茶!」

幼女紬「わかりました。ではメイドを」

「ムギちゃんが入れたお茶を飲みたいな~」

幼女紬「え……でも私お茶入れたことないし、習ってません……」

「先生が教えてあげるっ!今からお茶汲み先生だよ!」



478以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:41:12.15 ID:pnRiZ1kJ0
幼女紬「お茶汲み先生ですか……」

「やっぱりお茶の前にその喋り方を治そう!うん!」

幼女紬「でもどうすれば……?私、こういう話し方以外慣れてません……」

「友達と話すときはね、そんな他人行儀じゃダメなの。自然に言葉が出てくるようじゃないと!」

幼女紬「さっきもいいましたけど、私幼稚園行ってないから友達いないです……」

「なに言ってるのさームギちゃん!」

幼女紬「え?」

「ここにいるじゃーん!」


479以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:48:49.25 ID:pnRiZ1kJ0
――――――――――――
次の日 音楽室

梓「律先輩、来ませんね。昨日の放課後も今日も……」

唯「どうしたんだろ~?」

さわ子「それはやっぱり澪ちゃんが冷たいからじゃない?」

澪「うぇ!?」

梓「もしこのまま戻ってこなかったら……学園祭のライブ、どうなるんでしょう……」


 
481以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 22:56:04.38 ID:pnRiZ1kJ0
澪「練習しよう!」

梓「でも……律先輩、呼びに行かなくていいんですか?」

澪「ん……」

さわ子「もしくは代わりを探す、とかね」

澪「え……?」

さわ子「まあ、万一のことを考えてってことだけど」

唯「でも……」

紬「りっちゃんの代わりはいません!」
――――――――――――


482以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 23:03:53.01 ID:pnRiZ1kJ0
幼女紬「先生が友達?」

「そう。私がムギちゃんのお友達第一号だよっ」

幼女紬「……」

「嬉しくない?」

幼女紬「んーん、嬉しい。私、ずっとずーっと友達が欲しいと思ってたんでs……思ってたの!」

「言えたね、ムギちゃん」

幼女紬「ふふ、でも執事に聞かれたら怒られちゃいそう」


 
484以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 23:08:17.73 ID:KarHMa+F0
>>9
>「まあ、澪ちゃんの方が可愛くなるんだけどね。ハア」
そんな事無いよ唯ちゃんのが可愛いよ!でも自虐な唯ちゃんもかわ唯!



485以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/10(水) 23:25:05.90 ID:IyP4WBTK0
>>484
`¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´


 
 
498以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:05:27.34 ID:/Hm4l4/v0
「いーのいーの、ムギちゃんくらいの歳の子は習い事なんかより、友達と思いっきり遊ぶほうが大事なんだから!」

幼女紬「そんなこと言ってくれたの、先生が初めて」

「そして友達になってくれた人のために、命に替えてでもその友達を守らないとね」

幼女紬「命に替えてでも?」

「そのくらいの気持ちを持つってこと。きっとムギちゃんにも、そのくらい大切に思える友達がたくさんできるからね」

幼女紬「先生のこと?」

「私もだけど、他にもっとい~っぱいだよ!」

幼女紬「ふふ、楽しみ。私友達100人作るのが夢なの~♪」


499以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:05:50.63 ID:0RNvmhYL0
紬大好き


500以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:12:44.87 ID:/Hm4l4/v0
「できるよ、ムギちゃんなら。ムギちゃんいい子だもん。私が保証するっ」

幼女紬「えへへ///」

「ふふ、じゃあお茶汲みの練習しよっか!」

幼女紬「うん!」

「ムギちゃん、お友達ができたら毎日お茶を入れてあげてね」

幼女紬「へ?うん!頑張るっ!」

「よし、それじゃあまずはティーカップを用意して……」ツルッ

ガシャーン!

「ぎゃあああああ!!!」

幼女紬「せ、先生ーーーっ!」


 
502以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:14:16.92 ID:hPT0pxILO
むぎゅう
支援


 
505以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:21:06.08 ID:/Hm4l4/v0
――――――――――――
唯「ムギちゃん……」

紬「待ってよう。りっちゃんが来るの、待っていようよ…」

紬「りっちゃん、きっと来るから……」

澪「ん……」

紬(今なら先生が言っていた言葉の意味がわかる気がする。自分を犠牲にしてでも友達を守る。今の私ならりっちゃのために死ぬことだってできると思う)

紬(りっちゃんだけじゃない。唯ちゃんや澪ちゃん、梓ちゃんのためだって)

紬(これが……本当の友達、か)


506以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:30:13.36 ID:/Hm4l4/v0
次の日 2-2前

澪「……」キョロキョロ

紬「あ、澪ちゃん」

唯「ホントだぁ!」

澪「あ、お、おはよう……」

唯「あのね、今日りっちゃんねぇ」

澪「いや、別に律の様子を見に来たんじゃなくて、その……」

紬「ふふ、学校休んでるの」

澪「え?」


507以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:38:46.05 ID:/Hm4l4/v0
――――――――――――
――――――――
――――
唯「澪ちゃん、授業サボってりっちゃんの家に行っちゃったね」

紬「だって友達だもの。授業なんかよりずっと大切な事よ」

唯「そだね。そう言えば昨日のムギちゃんカッコ良かったなぁ。りっちゃんのために!みたいな気迫が伝わってきたもん」

紬「だって、私もりっちゃんの友達だもの。もちろん唯ちゃんもね」

唯「へへ。嬉しいな」


508以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:46:52.93 ID:/Hm4l4/v0
紬「唯ちゃん、あの時はありがとう。唯ちゃんがいなかったら、友達がこんなに大切なものなんだって、わからなかったと思うの」

唯「あの時って?私何かしたっけ?」

紬「ふふ、秘密」

唯「?」

紬「放課後になったら私達もりっちゃんの家に行こうね!」

唯「もちろん!友達だもんね!」
――――――――――――


509以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:47:05.34 ID:nPvbo06KO
wktk


510以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:51:28.42 ID:BTgpPATNO
そろそろ佳境ですかね


511以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:53:26.20 ID:/Hm4l4/v0
――――――――――――
学園祭前日 唯の家

唯「へっきし!うぁー…ズルル」

唯(はあ……風邪、明日までに治るのかな。みんなと一緒に学園祭ライブ出られるのかな……)

唯「けほっけほっ……」

ガチャ

唯「お?」

バタン

唯「あ、おいーっす」

「おいーっす、じゃないよっ!」
――――――――――――


512以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:54:18.12 ID:Pl3Faeu20
これはwktk


513以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:56:24.02 ID:/vm419QF0
むぎゅうは気づいてたのか


514以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 00:57:11.69 ID:7I1Vn6F8O
「ここにいるじゃーん!」

惚れた


519以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:10:34.44 ID:EC3KnV/K0
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   /             \
 /  ________ノ  \
|  /┏━━┓┏━━┓\   |
|  |┫( ○)┣┫(○ )┣|  | 
|  |┗━━┛┗━━┛|  ノ
 \__|   /(。。)\     |__/
   |  \____/  | 
    \   \__/  /  ここにいるじゃーん!!
      \   ̄ ̄ /
       \__



546以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 05:50:05.07 ID:hNEmbGGz0
>>514
これ思い出した

  な / ______
ぁ 訳/        ̄ヽ
ぁな /          \
ぁ い レ/ ┴┴┴┴┴| \
ぁ じ /   ノ   ヽ |  ヽ
ぁ ゃ> ―( 。)-( 。)-|  |
んぁ >   ⌒  ハ⌒ |  / 
!ぁ>  __ノ_( U )ヽ .|/
  ん  |ヽエエエェフ | |
  \  | ヽ ヽ  | | |
 √\  ヽ ヽエェェイ|/
    \  `ー― /ヽ


515以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:00:45.09 ID:/Hm4l4/v0
4月 帰路

唯「和ちゅわぁ~ん」ダキッ

和「はいはい。で、何の部活に入るか決めたの?」

唯「……まだ……」

和「まだ決めてないの!?一体いつまで悩んでるつもりよ」

唯「うぅ~ん……、和ちゃんと一緒に生徒会に入ろうっかな(チラッ」

和「唯に書類整理とか事務処理ができるの?」

唯「できまへん」

和「……はぁ」


516以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/02/11(木) 01:01:03.99 ID:22kzc/XI0
本人との邂逅ktkr


 
518以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:07:21.12 ID:/Hm4l4/v0
唯「じゃあ、お茶汲み係でもやろうかな!」

和「そんな係はないし、多分この先、作られることもないわね」

唯「えぇ!?ケチんぼだなぁ桜高の生徒会はぁ!」

和「……あのね唯、ふざけてないでちゃんと自分で考えて決めなさい。もしかしたらその部活の人たちと、一生の付き合いになるかもしれないんだからね」

唯「え~?冗談がうまいなぁ和ちゃんは。いくらなんでもオーバーだよ~」

和「……」

唯「……ごめん。ちゃんと考える」


 
520以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:14:53.47 ID:/Hm4l4/v0
和「そう。じゃあ私こっちだから」

唯「うん!バイバイ!また明日ね~!」

和「また明日」

唯「う~ん、部活部活……」ブツブツ




和「……」

和「クスッ……頑張りなさい、唯」


 
522以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:23:29.24 ID:/Hm4l4/v0
唯「部活部活……。私でもできること……私が好きなこと……」

唯「……」

唯「うわぁーん!何していいかわかんないよー!」

ドンッ

唯・ 「あいたーっ!」

唯「あ……ごめんなさい。ちょっと考え事してて」

「私こそごめんなさい。大丈夫?」

唯「えへへ、ありがとう。私は大丈夫だよっ」

「そう、良かった」

唯「……ん?」


 
524以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:32:47.30 ID:/Hm4l4/v0
「……」

唯「んーと、ん?」

「あ、あはは……」

唯「えーと、ほらアレ。なんて言ったっけ……?うーんと」

唯「あ!ドッペルゴースト!」

「おしい!」

唯「……!?えー……。ドッペルゲンガー!」


525以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:34:21.76 ID:CF3rZWkf0
ドラゴンボールGTの最終回みたいだな


526以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:37:05.32 ID:nPvbo06KO
悲しいこと言うなよ


527以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:41:22.67 ID:/Hm4l4/v0
―――――――――――
――――――――
――――

唯「じゃあキミは、ドッペルゲンガーちゃん?」

「うん。それでいいやぁ」

唯「私は平沢唯だよっ!でも不思議なこともあるもんだね。見れば見るほど……似てる」ジー

「せ、世界では自分に似てる人が3人いるって言うしねっ!」アセアセ

唯「んー、よく見たら私より少し太ってるかな?」

「!?私は太らない体質なのっ!」

唯「へー、そんなところまで私に似てるんだね」


528以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:43:04.40 ID:hPT0pxILO
さてどうなる


529以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:48:32.83 ID:/Hm4l4/v0
「そうそう、唯ちゃんに渡したいモノがあるの」

唯「へ?なんだろ」

「ふっふっふ、じゃーん!」ババン

唯「え?何?」

「アイスだよっ!約束してたでしょ?」

唯「アイス?約束?何のこと?」

「覚えてないのも無理はないね。まあとにかく受け取って。チョコアイス」

唯「う、うん。ありがと」


530以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 01:55:31.21 ID:/Hm4l4/v0
「唯ちゃん今暇?ちょっとだけ一緒に歩かない?」

唯「うん、いいけど」

「連れて行きたいところがあるんだっ」

唯「連れて行きたいところって?」

「ふっふっふ。唯ちゃんは今、悩んでいるね?」

唯「!?……なんでわかるの……?」

「私は超能力者だからね。もしかしたら唯ちゃんの悩み解決の手助けになるかもしれないよっ」

唯(超能力……?はて、どこかで……)


531以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:01:02.05 ID:/Hm4l4/v0
公園

唯「ここは……」

「何か覚えてない?」

唯「うっすらと……。小さい時にここに来たことがあるような気がする」

「ほい、唯ちゃん。これ」ポイ

唯「え?カスタネット……?」

「みんなでやったよね。うんたん」

唯「うんたん……」


532以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:05:49.31 ID:/Hm4l4/v0
唯「!?あの時のお姉ちゃん!」

「ぴんぽーん」

唯「ええ!?でもどうして……。昔のままの姿……だよね?」

「これには深~いわけがあるんの。実は私、この時代の人間じゃないんだ~」

唯「…………へ???」

「あの時、澪ちゃんがイジメられてるのを黙って見てられなくて……」

唯「澪ちゃん?澪ちゃん……?」

「ごめん!今はこれ以上話せない!」

唯「????」


533以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:10:33.05 ID:/Hm4l4/v0
唯「……?頭がこんがらがってきた」

「そうなるのも無理はないよ。普通こんなこと言われて信じる方がおかしいもん」

唯「えーと……とりあえず、どうして私をここに連れてきたの?」

「どうしても唯ちゃんに入って欲しい部活があるんだ」

唯「部活?ちょうど今それで悩んでたところなんだ~!」

「ふふ、知ってるよっ。ねえ唯ちゃん」

唯「なに~?」

「今でも音楽は好き?」


534以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:18:17.62 ID:pm1dK2vx0
どうなる


 
536以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:46:22.08 ID:OkBcb3chO
佳境過ぎる


537以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:55:11.97 ID:+BsCNXxJ0
まさか寝たのか?


538以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 02:55:53.90 ID:nPvbo06KO
ここで明日かよ


540以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 03:30:49.27 ID:E505YpK+0
禁則事項です!
>>1も現代の人じゃないんじゃね?


 
542以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 03:38:20.95 ID:7A+6Uz9sO
ひたすら黙々と書く>>1だな。


547以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/02/11(木) 06:24:21.81 ID:4H9t73tjO
何日かかろうと終わらせて保守いな


 


雪国改版


掌の小説改版

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • 夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」チラッ
        • ランプの魔人「願いを3つ叶えよう」彡(^)(^)「はえー、まず部屋のゴミを片付けてや」
        • メスガキ「ざぁこ♡ 甲斐性なし♡」俺「もう別れよう」メスガキ「えっ…」
        • 上司「はぁ~……お前もういいよ、あっちでスキャットマンでも歌ってろ」
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ