TOP

キョン「(´・ω・`) 」【エピソード3&エピソード4】

245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:39:22.75 ID:REGTHMk20
保守ありんこ
再開



246以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:40:20.49 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――



ピピピピ、ピピピピ、ピピピピ…カチッ



キョン「……」

キョン「夢、か…」

キョン「えらくリアルな夢だったな。閉鎖空間に閉じ込めれてた時以来だ」

キョン「…」


(´-ω-`) zzz....zzz....




 
247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:41:50.64 ID:REGTHMk20

キョン「…コイツが、俺に夢で語りかけてきたのか?」

キョン「いや、アイツの話し方だと別人みたいな言い方してたような気がする」


(´ -ω-) zzz....zzz....


キョン「……」

キョン「違和感…か。まったく分かんねぇな」

キョン「とりあえず長門に聞いてみるしかない。さっさと学校に行くか」



 

248以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:42:54.67 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-学校-



キーンコーンカーンコーン…




キョン「……」


(´・ω・`) …






 
249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:43:48.07 ID:REGTHMk20

キョン「…」パタンッ

谷口「あん?何やってんだキョン」

国木田「鞄を開けたと思ったらすぐ閉めて…何か変なものでも入ってたの?」

キョン「いや、弁当を忘れてきただけだ」

谷口「ホントかよ?実は深夜隠れながら買ってきたエロ本入れっぱなしにしてたんじゃないのか?」

キョン「お前そんな事してるのか」

谷口「何故ばれたし」

国木田「エロ本かどうかは別として、お昼ないなら早く購買にでも行ったほうがいいんじゃないかな?



 

250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:46:28.91 ID:REGTHMk20

キョン「そうだな、じゃあちょっと行ってくる」ガタッ

谷口「待て、何故鞄を持って行く」

キョン「お前が俺の鞄に股間を擦り付けないようにするためだ」

谷口「するわけねぇだろ!何が悲しくて男の鞄に股間を擦り付けなきゃならんのだっ!」

キョン「お前…女子のカバンだったら擦り付けるのかよ…」

谷口「だからしねぇよ!お前俺にどんだけ股間擦らせたいんだよ!意味わかんねぇよ!」

国木田「谷口、友達として教えてあげる。それはれっきとした犯罪だよ?」

谷口「分かってるよ!そんなの中学生の時から分かってたよ!」

キョン「中学生にならないと分からなかったのか。流石だなお前」

国木田「最低だね谷口。見損なったよ」



 
251以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:48:18.76 ID:42wIfvkWO
谷wwwwww口wwwwww


 



252以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:51:34.63 ID:REGTHMk20
谷口「あれ?何この空気。何で俺虐められてるの?」

キョン「お前が女子におちんちん擦り付けたいなんて抜かすからだろ」

谷口「ちょっと!?何で俺が言った事になってんの!?言ってないだろ!?」

国木田「キョン…僕はどうしたらいいの?このままじゃ僕もそのうち谷口に股間を擦り付けられそうで怖いよ…」

谷口「ないから!そんな可能性ないから!お前安心していいから!!」

キョン「安心しろ国木田。俺がお前をクズの股間から守ってやる」

国木田「…約束だよ?」

キョン「ああ、約束だ」

谷口「死んでやるっ!!もう死んでやるうううううううううううううううううううっ!!!!!!」


 



253以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:54:47.53 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


~屋上~



キョン「…」


パカッ


(´・ω・`) …


キョン「…何故お前がここに入ってる。お前はアレか?ぷよぷ○のお邪魔ブロックか?」





 
254以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:58:17.93 ID:REGTHMk20
( ´・ω・) …

(´・ω・`) ?


キョン「…はぁ、もういい」

キョン「ずっとカバンの中に入ってたんだろ?少し身体を動かしてろよ」


~( ´・ω・) フワフワ


キョン「…まったく」



ガチャ…



キョン「っ!?」

古泉「おっと…随分と驚いた顔をしていますね」

キョン「何だお前かよ…何しに来た?」

古泉「貴方が屋上に向かわれるのを見たのでね…ついてきちゃいました」

キョン「何コイツきめぇ」



 
255以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:03:07.42 ID:REGTHMk20

古泉「そんなひどい…友達の事をキモいだなんて…」

キョン「三文芝居をするな鬱陶しい。いきなり入ってきたからビックリしただろうが」

古泉「ふむ…別に驚かせるつもりはなかったのですが」

キョン「俺は驚いたんだ。謝罪と賠償金を要求する」

古泉「やれやれ…貴方はいつから涼宮さんになったのですか」

キョン「うるせぇな…とにかく俺は驚いたんだよ、アイツを野放しにしてたから」

古泉「アイツ、とは一体?」

キョン「お前の後ろでプカプカ浮かんでる物体だ」


 



256以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:04:25.85 ID:REGTHMk20

古泉「!?」


~( ´・ω・) フヨフヨ


古泉「…これは一体」

キョン「見て分からないのか?未確認生物だよ」

古泉「いや、そうではなく…どうしてこんな所に?」

キョン「そっか…お前にはまだ話してなかったんだっけな」

キョン「詳しく話すと長くなる。断片的に説明するぞ」



257以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:05:56.91 ID:REGTHMk20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´-ω-`) zzz....zzz....



古泉「なるほど、この三日間でそんな事が…」

キョン「古泉、お前はコイツをどう見る?」

古泉「どう、とは一体?」

キョン「ハルヒがコイツを俺に送ってきた理由だ。俺にはそれがさっぱりわからん」

古泉「…すみません。僕にも分かりかねます」

キョン「…そうか」

古泉「涼宮さんが望んだ事によって、彼が誕生した事は分かります」

古泉「しかし貴方に与える理由とは…一体何なのでしょうね?」

キョン「知らん。俺もそこが気になってるんだよ」



 



258以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:08:35.01 ID:REGTHMk20


~( ´・ω・) フヨフヨ


キョン「…こっちこいよ」


(・ω・` )~ フヨフヨ

(・ω・,, )モニュモニュ




古泉「…随分と、貴方に懐いていますね」

キョン「…そう見えるか?」

古泉「ええ。まるで家族みたいです」

キョン「…」

古泉「…どうかしましたか?」


 



259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:11:23.33 ID:REGTHMk20
キョン「…俺と妹は、コイツを家族の一員として見ている」


(,,・ω-,,)ムニムニ



キョン「できれば、このまま普通に暮らせればいいのだがな…」

古泉「…難しいでしょうね。涼宮さんの能力で強制的に存在させられているのでしょうから」

古泉「消滅の可能性だって、充分にありえます…」

キョン「…ああ、分かってる」


(´・ω・`) ?


キョン「お前は気にしなくていい」


( ´・ω・) …


キョン「…そうだ、古泉よ」

古泉「何でしょうか?」

キョン「これを見てくれ…」


 



260以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:12:54.83 ID:REGTHMk20
スッ


キョン「コイツどう思う?」

古泉「すごく…おおk…もとい、赤いです」

古泉「コレは一体何ですか?」

キョン「一昨日俺がコイツに貰ったビー球だ」

キョン「俺は赤、妹は白…という事しかまだ分かってない」

古泉「この何処までも透き通る感じ…地球の技術では作れそうにありませんね」

キョン「…そうか」

古泉「きっとこれは、『鍵』となるものだと思います」

古泉「彼が貴方と妹さんにそれを託したという事は…何か重大な意味があるのでしょう」

キョン「……」



 
261以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:15:17.91 ID:REGTHMk20

古泉「おや、昼休みが終わってしまいましたね」

キョン「ん?…ああ、ここのスピーカ壊れてるんだっけな」

古泉「僕もすっかり忘れていました…僕はこれで失礼します」

キョン「おう、また後でな」

古泉「はい、では又後ほど…」



ギイィ…バタンッ






キョン「…重大な意味、か」

キョン「なぁ、お前が俺達にコレを渡したのは、やっぱり理由があるのか?」



 


263以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:16:58.12 ID:REGTHMk20

(´・ω・`) …

(-ω-` )



キョン「…どうして黙るんだよ」

キョン「教えてくれたっていいだろ。別に害があるわけでもねぇし」

キョン「いきなりコレだけ渡されたって理解できん。それに不安になる」

キョン「…なぁ。頼むよ」




265以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:21:00.77 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)

( ´;ω・`)  ホロリ…



キョン「…!!おいっ、何も泣かなくていいだろっ」

キョン「悪い事やってる訳じゃないだろ?だったら意味もなしに泣くんじゃ…


(;ω;` )~ フワフワ



キョン「あっ、おいっ!」



パタンッ




 
266以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:22:01.53 ID:REGTHMk20

キョン「…カバンに戻りやがった。いきなり何なんだ…」

キョン「……」

キョン「これは早い内に長門に聞いたほうがよさそうだな…」



ガチャ…バタンッ


・・・・・・・・・・・



 
267以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:23:54.64 ID:REGTHMk20

――――――――――――――――――――――――



キョン「…ふぅ」

国木田「あ、おかえりキョン」

谷口「お前、今まで何処行ってたんだよ」

キョン「別に俺が何処いこうが勝手だろ」

谷口「いや…岡部がお前の事呼びに来たからさ、何かあったんじゃねぇか?」

国木田「放送でも呼ばれてたよ。早く行ったほうがいいんじゃない?」

キョン「…岡部が?」





268以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:25:21.06 ID:REGTHMk20

ガララッ!!




ハルヒ「ハァ…ハァ…ハァ…」

キョン「…ハルヒ?」

ハルヒ「…ちょっとこっち来なさい」

キョン「何だお前m

ハルヒ「いいからっ!!」

キョン「お、おいっ!いきなり引っ張るなよ!」



ガララッ…ピシャ
 



 
269以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:27:31.35 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-職員室-


ガララッ


キョン「おいハルヒ!いい加減離してくれ!」

ハルヒ「連れてきたわよ」

岡部「ああ、ありがとう。涼宮はちょっと離れていてくれ」

ハルヒ「……」



ガララ…





 
270以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 18:28:40.14 ID:REGTHMk20

岡部「今まで何処に行ってた?放送も聞こえなかったのか?」

キョン「すみません…屋上に行ってたもんで」

岡部「…屋上か、スピーカーが壊れたままだったな」

キョン「それで…どうかしたのですか?」


岡部「…落ち着いて聞いてくれ」

キョン「…」








「今、お前の妹さんが学校の階段から落ちて…意識不明だという連絡が入った」











274以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:33:18.22 ID:REGTHMk20



キョン「…えっ?」

岡部「詳しい事は教えてくれなかったが…今病院で集中治療を受けている」

キョン「…な、何で…」

岡部「親御さんにも連絡が入ってるようだが、どうやら今手が離せない状況らしい」

キョン「そう…ですか」

岡部「お前は今から病院に行って、妹さんの容態を見に行って来い」

岡部「早退届けと荷物の方は俺の方で何とかしておく」

キョン「…はい」

岡部「…早く行って来い」

キョン「…失礼、しました」




 
275以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:34:58.83 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


~職員室前廊下~



ガララッ…ピシャ



キョン「…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「…俺は今から病院に行ってくる」

キョン「すまないが、今日の部活は休ませてくれ」

ハルヒ「当たり前じゃない!そんな事気にするんじゃないわよっ!」

キョン「…」



 
276以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:35:38.92 ID:REGTHMk20
ハルヒ「…私達も、後で妹ちゃんのお見舞いに行くから」

キョン「…ああ、分かった」




タッ…タッ…タッ…
 


ハルヒ「…キョン」



 



277以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:38:36.92 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-校門-



キョン「…」

???「お待ちしておりました。キョン様」




キョン「…貴方は」

新川「徒歩では時間が掛かるでしょう。どうぞお乗りください」

キョン「…古泉が連絡を?」

新川「はい、涼宮様から連絡が入ったとの事です」

新川「勝手ながら、私共で車を用意させていただきました」

キョン「…いえ、ありがとうございまず」

新川「では、お乗りください…」

キョン「……」



 



278以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:41:01.57 ID:REGTHMk20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




新川「…病院の方からは何と?」

キョン「…まだ、何も聞かされていません」

新川「…そうですか」

キョン「…」

新川「…もし危険な状態なら、我が機関直属の病院を手配させます。ご安心ください」

キョン「…ありがとうございます」

新川「……」






 

280以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:43:11.66 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-病院-



「…さんのご家族ですか?」


キョン「はい、そうでう」


「…こちらの病室です。どうぞ」


キョン「……」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 




282以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 18:43:39.90 ID:ejRnU12aO
どうしてこうなった…



 
283以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:45:20.18 ID:REGTHMk20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



カツンッ…カツンッ…カツンッ…



キョン「…」


「階段で遊んでいた時、老朽化さてれた手すりを掴んでしまったようで…」

「…手すりが折れて、バランスを崩し落ちてしまったみたいです」


キョン「…」


「……」

「着きました、…騒いだりするのは他の患者さんの迷惑となるので、よろしくお願いします」





 
284以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:46:32.05 ID:REGTHMk20
ガラッ…







「あっ!キョン君だ!」







キョン「っ!?」

妹「どうしてここにいるの?」

キョン「お…お前…っ」


「おお、やっとご家族の方が来てくれたか」

「せ、先生…これは一体」




 
285以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:47:53.83 ID:REGTHMk20

「いやぁ…この子はとても強い子だ」

「さっきまで微弱だった脳波が…急に正常の数値まで上がっていったのだよ」

「きっとこの子の本能が自身を目覚めさせたのかもしれんなぁ」


キョン「お前…よかった…」


ギュッ


妹「きゃ…キョン君苦しいよ~」

キョン「バカ野郎!心配させやがって…!」

妹「ごめんなさぁい…」

キョン「よかった…本当によかった…!」

キョン「先生…妹はもう大丈夫なのですか?」


「ああ、さっき一通り検査をしてみたが、どこにも異常が見られなかった」

「不幸中の幸いだ。当たり所が大して悪い所じゃなかったようだね」




 
286以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:50:12.66 ID:REGTHMk20
キョン「そうですか…」

妹「キョン君離して~」

キョン「あ、すまん」

妹「えへへ…私ってついてないなぁ」

キョン「本当だバカ…昨日といい今日といいお前は…」

妹「むぅ~」

キョン「…もう絶対階段で遊んだりするんじゃねぇぞ」

妹「はーい」


「さて…私は他の患者を見ているから、念のため今日一日は入院しておくといい」

「分かりました…では、入院手続きのほうをお願いできますでしょうか?」


キョン「あ、はい。…そろそろ母がここに来ると思いますので」


「分かりました。では、ゆっくりしていってくださいね」



 
287以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:52:16.42 ID:REGTHMk20
キョン「…はぁ」


ドスッ


妹「キョン君疲れてるの?」

キョン「お前の所為でな」

妹「えへへっ」

キョン「まったく…お前って奴は」


バタンッ!!


ハルヒ「キョン!妹ちゃんの容態はどうなの!?学校サボって来ちゃったわ!」

みくる「キョンくん~大丈夫ですかぁ~?」

古泉「涼宮さん、ここは病院ですのでもう少しお静かに…」

妹「あーっ!ハルにゃんとみくるちゃんと古泉君だー!」




 

289以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:56:49.11 ID:REGTHMk20
キョン「騒がしいぞハルヒ。他の患者さんに迷惑だろ」

ハルヒ「い、妹ちゃん!?もう目が覚めたの!?」

妹「うんっ!もう大丈夫だよ~」

みくる「ふえぇぇよかったでずぅ~」グスッ

古泉「これは…僕らはかなりの重態だと聞いていたのですが?」

キョン「打ち所が良かったみたいでな…ただの気絶だとさ」

キョン「どこにも異常ないらしいから、もう安心していい」

ハルヒ「そうなの?だったらもう安心なのね…良かったわ」

キョン「みんなすまない。妹が迷惑かけちまった」

ハルヒ「いいのよこのくらい!妹ちゃんは我がSOS団の準メンバーなんだから、このくらい当然よっ!!」

ハルヒ「そんな事よりも妹ちゃん!次からはちゃんと気をつけないとだめよっ!」

妹「は~い!」



 

290以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 18:59:42.31 ID:REGTHMk20

ハルヒ「よろしい。じゃあ私、ちょっとこの病院を探検してくるわ」

キョン「おい何か言い出したぞコイツ」

ハルヒ「なんでもこの病院には夕方にしか現れない幽霊がいるらしいわよ」

妹「私もいきたーいっ!」

キョン「待て、いくら安心だからって今日一日は安静にしてろ」

ハルヒ「大丈夫よ、私が妹ちゃんをおんぶしていけばいい事だから」

キョン「そういう問題じゃねぇ」

ハルヒ「じゃあみくるちゃん!妹ちゃん!行くわよっ!!」

みくる「ふぇ!?わ、私も行くんですかぁ~」

ハルヒ「当然じゃないっ!こういうものは可愛い子連れて行くと陵辱ゲーみたいなズッコンバッコンイベントが起こるのよっ!」

みくる「」

ハルヒ「レッツゴーッ!」

妹「きゃー!!」

みくる「ひやぁあああああ引っ張らないでえぇぇぇぇぇぇ!!!!」



 


293以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:04:17.38 ID:REGTHMk20

キョン「おいハルヒ!…行っちまった」

キョン「アイツめ…不思議はもういいんじゃなかったのかよ」

古泉「んっふ…きっと緊張が解れて恥ずかしくなったのでしょうね」

キョン「どういう意味だ」

古泉「涼宮さん、貴方のことも妹さんの事も凄く心配なされていたのですよ?」

古泉「僕達といる時もずっと呟いていました…よっぽど愛されているのですね」




 
294以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:05:41.18 ID:REGTHMk20

キョン「恋愛的なのか友情的なのかは知らないが…まぁ悪い気はしないな」

古泉「おや?貴方なら『あのハルヒが?そんな訳ないだろ』とぶっきらぼうに言うと思ったのですが…」

キョン「どんだけ性格悪いんだよ俺は」

古泉「これは失礼しました」

古泉「…貴方も、少しずつ成長なさっているのですね」

キョン「何か言ったか?」

古泉「いえ、何も」



 
295以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:07:44.73 ID:REGTHMk20

キョン「…そういえば長門はどうした?お前達と一緒じゃなかったのか?」

古泉「長門さんは、何やら調べ物があるので、一緒にはこれないと言っていました」

古泉「おそらく、貴方…もしくは妹さんの事で何か引っかかる事があったのでしょう」

キョン「…そうか。アイツも俺達の為に動いてくれてるんだな」

古泉「ええ。そうなのでしょうね」

キョン「ハルヒといいお前達といい…ホント俺はいい仲間を持ったものだ」

古泉「んっふ。これも涼宮さんの優しさですよ」

古泉「貴方が涼宮さんを成長させた事によって、僕達の中に友情が芽生えたのですよ」

キョン「気持悪い言い方だなおい」

古泉「んっふ…んっふふ…」


 




297以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:11:03.45 ID:REGTHMk20

古泉「…もしかすると、涼宮さんは妹さんが無事であって欲しいと願ったためn





古泉「…いや、やめておきましょう」

キョン「古泉?」

古泉「あぁ、忘れる所でした…これ、貴方の鞄です」

古泉「彼が中に入っていましたのでね…貴方のクラスの担任が来る前に回収させてもらいました」

キョン「…スマン、迷惑かけたな」

古泉「いえいえ、お気になさらず」

 


 




299以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 19:13:28.48 ID:mgggq7QPO
急に不安になった


 
300以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:13:37.17 ID:r4H4qCog0
(´・ω・`)


 
301以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:14:48.04 ID:REGTHMk20



(´-ω-`) zzz....zzz....



キョン「…気持良さそうに眠りやがって」

古泉「機関のほうで少し調べさせてもらったのですが…全くといって収穫なしです」

キョン「…そうか」

古泉「やはり彼の事は、長門さんに聞くのが一番でしょうね」

キョン「この前ちょっと聞いてみたんだがな…アイツもよく分からんらしい」

キョン「少なくともコイツ自身は俺達に危害を与える危険性はないと言っていたがな…」

古泉「そうですか、それは何よりです」



 



302以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:16:50.72 ID:REGTHMk20
ピリリリリ…ピリリリリ


古泉「あっ、僕です」

キョン「ここは携帯禁止だ、外行って来い」

古泉「分かってますよ。では僕はこれで…」

キョン「おう、またな」



キョン「…さて、どうしたものか」


(´・ω-`) パチッ


キョン「お、起きたか」 


Σ( ´・ω・) !

(・ω・≡・ω・)彡 !?!?!?


キョン「落ち着け、ここは病院だ」

キョン「ずっと眠ってたみたいだな。もう気分は良くなったか?」


 



303以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:18:11.76 ID:REGTHMk20

( ´・ω・) …

(´・ω・`) ショボーン



キョン「…なぁ、ショボ太」


(´・ω・`) …?



キョン「俺は少し焦りすぎた、反省している」

キョン「お前にも言いたくない事の一つ二つはあるよな」




 
304以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:21:09.33 ID:REGTHMk20
(´・ω・`) …

(´-ω-`)



キョン「…話す時は、言いやすくなってからでいい」

キョン「俺達は家族だ、隠し事が少しあったって気にしないさ」

キョン「だから少しずつでいい、話したくなったら教えてくれ」



(´・ω・`) …


(´・ω;`) ホロリ…


キョン「ほら、泣くな。妹が見たら悲しむぞ」


(´;ω;`) ポロポロ…


キョン「…妹はここで入院、親は両方とも妹側で過ごすだろう」

キョン「今日は俺と二人きりだ。いろいろ語り合おうじゃないか」




 
305以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 19:21:56.37 ID:REGTHMk20

( ´;ω・) …

(´⊃ω⊂`) ゴシゴシ

(´・ω・`) ショボーン


キョン「よし、いい子だ」

キョン「帰るぜ、俺達の家にな」


~( ´・ω・) フヨフヨ…



パタンッ



キョン「…アイツの言っていた『違和感』ってのは、コイツの涙と関係あるのだろうか?」

キョン「帰ったら長門に連絡してみよう…何か掴んだかもしれんからな」





347以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:45:59.26 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-病院入り口-



妹「あっキョン君だー」

キョン「ん?お前ハルヒ達と一緒に居たんじゃないのか?」

妹「んとね。ハルにゃんが危ないからここで待ってなさいって言ってたの」

キョン「…そうか」

妹「キョン君もう帰るの?」

キョン「ああ、病院にあまり長くいると迷惑だからな」



 

348以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:47:05.18 ID:REGTHMk20


ムクッ



ミ( ´・ω・) ピョン


妹「あっ!ショボ太だ!」

キョン「おい、勝手に出てくるな」



( ,,,・ω・) モフモフ


妹「えへへ~ショボ太あったかーい」モフモフ

キョン「…」

妹「ねぇキョン君。今日はショボ太と一緒に寝たい」

キョン「お前は今日入院だろ。コイツをこんな所に置いてられるかよ」


 




350以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:49:59.88 ID:REGTHMk20
妹「何で?」

キョン「ショボ太はシャミセンとは違って詳細不明の生き物なんだ」

キョン「病院なんかに置いたらどっかに研究所に連れて行かれちまうぞ」

妹「ちゃんと隠すから大丈夫だよ」

キョン「ダメなものはダメだ。小学生ごときが大人の目を欺くなんて無理に決まってるだろ」

妹「でも…」

キョン「ダメだ」

妹「うっ…グスッ」

キョン「泣いてもダメだ」



( ´・ω・) …


 



351以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:51:50.80 ID:REGTHMk20


(・ω・` )ミ ピョン


ヾ(・ω・` ) フキフキ


妹「ヒック…ショボ太ぁ…」

キョン「…ショボ太もお前がいなくて寂しいんだよ」

キョン「だから今日は我慢して大人しく寝てろ。明日になったら好きなだけ一緒にいていいから」


(・ω・` ) ショボーン


妹「うん…分かった」

キョン「…いい子だ」

キョン「じゃあ俺は帰るぜ…戻れショボ太」



352以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 21:53:40.56 ID:8AmTuDZp0
>戻れショボ太
ポ○モンみたいだな



353以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 21:54:00.58 ID:mgggq7QPO
モンスターボールが浮かんだ


 
354以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:54:59.26 ID:REGTHMk20

ミ( ´・ω・) ピョン


妹「あっ!キョン君待って!」

キョン「何だ?」

妹「あのね、ショボ太にあげるモノがあるの」


( ´・ω・) ?


妹「待っててね~」ゴソゴソ

妹「はいっドーナッツ!ショボ太これ好きなんだよね~」


Σ( `・ω・) !?


(・ω・´ )ミ ピョン!


キョン「うおっ!?いきなり飛び降りるんじゃない!」



 

355以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:56:59.31 ID:REGTHMk20

+.(・ω・o )゚+ キラキラ


妹「えへへ~。それーっ!」 ミ◎ ピューン


ε≡( `・ω・) ビュン!  ミ◎


 (ノ`・ω・)ノ◎ ガシッ!!


 ((,,・ω・,,)) モッキュモッキュ



キョン「…コイツ、ドーナツが好きなのか?」

妹「うんっ。昨日私のおやつ全部食べちゃったのー」




 
356以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 21:59:24.42 ID:REGTHMk20

キョン「…ほう」


(*’ω’* ) チンポッポ


妹「えへへぇショボ太~」ギュー


(・´ω`・)ビローン


妹「あははっ♪」

キョン「…やれやれ」

キョン「じゃあな。お袋達の言う事ちゃんと聞けよ」

妹「はーい…」

妹「ショボ太!明日いっぱい遊ぼうねっ!」


(´・ω・)ノシ  フリフリ


キョン「まったく…手のかかる妹なこった」

 


 



359以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:04:52.00 ID:eFusT3ni0
>>356
チンポッポ ビローンだと・・・?


 
360以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:06:07.44 ID:lImBTbev0
>>359
wwwwwwwwwwwwwww



357以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:01:51.47 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――



-キョンの家-


ピリリリリリ


ピッ


キョン「もしもし…ああ母さんか」

キョン「ああ、家には俺とコイツだけだ」

キョン「親父は出張らしいから、母さんに伝えてくれって言ってたぜ」

キョン「お、おいおい…いくら面会に来れないからってそこまでしなくてもいいと思うぞ」

キョン「親父だって妹の事は凄く心配してたんだ。俺が大丈夫だって伝えてやったら安心してたよ」

キョン「ああ、分かってる。ちゃんとやっておくよ」

キョン「妹にもよろしくと言っといてくれ。じゃあな」




 
358以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:04:19.74 ID:REGTHMk20
ピッ


キョン「…あんな事言っても、御袋は親父の事好きなんだな」


(´・ω・`) ?


キョン「お前に愛が分かるか?」



( ´・ω・) …

(*’ω’* ) ポッ



キョン「…ふっ」

キョン「お前、本当に人間じみてるな」


☆( ゝω・ )v  チェキ




 

361以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:07:29.44 ID:REGTHMk20

( ヽ´ω`) ゲッソリ


キョン「そういや腹減ったな…。飯にするか」

キョン「つってもインスタントラーメンしかないのだが…それでもいいか?」


(`・ω・´) シャキ!


キョン「よし、じゃあちょっと舞ってろ」


Σ(;´・ω・) !?


ガチャ…バタンッ





(´・ω・`) …


ヾ( ´・ω・)ノ ~♪




 
362以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:09:26.53 ID:gvt5kQRSO
なにこれ可愛すぎる



 
363以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:10:38.93 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――

~20分後~



キョン「できたぞーっ」



ヾ(・ω・` )ノ ~♪



キョン「…何やってんだお前?」


Σヾ( ´・ω・)ノ !?


キョン「いくら暇だからって踊らんでもいいだろ」



 

364以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:12:00.74 ID:8AmTuDZp0
インスタントで20分……

 



365以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:13:03.28 ID:REGTHMk20

(´・ω・`) …

(´・ω・`)つ↑


キョン「…上?」

キョン「…あ、やべぇ誤字変換してる」

キョン「スマン。俺は『待ってろ』と言いたかったんだ」




( ^ω^)…

(♯^ω^)ビキビキ


キョン「うおっ!ま、待てっ!そのまま俺にタックルしてくるなっ!こぼれるだろっ!」




 
366以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:14:59.41 ID:kZgT6RiaO
ちゅるやさんのペットのようだな



 
367以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:16:45.83 ID:REGTHMk20



o(`ω´*)o プンスカプンスカ! \≠/



キョン「悪かったよ…そんなに怒るなよ」

キョン「早くしないとラーメンのびちまうぞ」


(´・ω・) …   \≠/

フヨフヨ ~( ´・ω・) \≠/


…( ´・ω・)\≠/

ポッ ( *・ω・) \≠/



キョン「…単純な奴でよかった」



ピリリリリ…



 
368以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:19:11.14 ID:REGTHMk20

キョン「…誰だこんな時間に」



ピッ



キョン「もしもし」

長門「何?」

キョン「…長門。コントじゃないんだから電話に出るときはちゃんと名前を言いなさい」

長門「…そう」

キョン「で、俺に何か用か?」

長門「…今夜9時、私の家に来て」

キョン「…コイツの事か?」

長門「…そう」

キョン「分かった、もう少ししたらそっちに向かう。コイツも連れてきた方がいいか?」

長門「…貴方一人の方が望ましい」

キョン「了解、じゃあまた後でな」


 



369以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:19:25.19 ID:prK18cSQ0
こいつちょっと大きい白まんじゅうみたいなイメージであってる?


 
374以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:23:00.17 ID:eFusT3ni0
>>369
くれしんのシロの浮いてる版



371以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:20:41.08 ID:REGTHMk20
ピッ


キョン「……」


(´・ω・`) ?


キョン「お前、ちょっと留守番できるか?」


( ´・ω・) …


キョン「俺はちょっと用事ができちまったんだ」

キョン「少しの間家を離れなきゃいかん。悪いが一人で静かに過ごしててくれ」




 
372以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:22:46.65 ID:REGTHMk20

( ´・ω・) …

( `・ω・)ゝ ビシッ



キョン「よし、分かったな」

キョン「言っておくが、絶対外に出たりするんじゃないぞ」



(`・ω・´) シャキ!



キョン「…本当に大丈夫だろうか」

キョン「行って来るぜ。ちゃんと大人しくしてろよ」


( ´・ω・)ノ~ フリフリ


ガチャ…バタンッ



 





375以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:24:13.90 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


キョン「……」


ガチャ


長門「……」

キョン「よう」

長門「…入って」



ガチャ…バタンッ



長門「…」

キョン「…何か、掴めたのか?」

長門「…」コクリ

キョン「…とりあえず、座ってから聞こう。俺もお前に聞きたい事があるんだ」

長門「…そう」


 
 
377以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:25:59.08 ID:REGTHMk20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長門「…飲んで」

キョン「おう、サンキュ」



長門「…」

キョン「…今日、妹が病院で怪我をしたんだ」

長門「知っている」

キョン「…ハルヒ達がお見舞いに来た時、古泉からお前の事を聞いたぜ」

長門「……」

キョン「俺達の為にいろいろ調べてくれてたらしいな、ありがとう」

 


 
 
379以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:27:35.40 ID:REGTHMk20

長門「…別に、いい」

キョン「そうかい」

キョン「それで、何か分かった事があるから俺を呼んだのだろ?」

長門「…そう」

キョン「…話してくれ」







長門「……」

長門「この数日、貴方の妹の能力が異常変化を起こしている」

 

 

380以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:29:02.28 ID:REGTHMk20

キョン「…なんだって?」

長門「貴方達有機生命体は、個々の能力に応じて成長し、進化を遂げる」

長門「そして最初に与えられるステータスは人それぞれであり、決して同等な能力を持つ有機生命体は存在しない」

キョン「…まぁ当たり前だな。イケメンがいればグロメンもいるし」

長門「しかし有機生命体には個々のステータスと関係ない測定不可能な能力がある」

長門「貴方達の言葉で意訳すると『運』」

 

 

381以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:30:11.11 ID:REGTHMk20

キョン「運…?」

長門「これも個人によって様々であるが、有機生命体の進化によって上昇すること、減少することは不可能であると情報統合思念体は判断している」

キョン「まぁ、確かに運ってのは自分で上げるのは無理だが…」

キョン「それで、その話が俺と妹の異変と何が関係ある?」

長門「…一般的に有機生命体の『運』のステータスは変化をしない」

長門「しかし貴方の妹の『運』のステータスがこの数日で著しい変化を遂げている」


 

 

382以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:31:33.28 ID:REGTHMk20

キョン「…何だと?」

長門「…彼女は『運』の減少により、今日の事故に遭遇した」

長門「その減少効果は貴方の家に未確認生命体が発生した時、初めて起こったと思われる」

キョン「……」

長門「しだいにその減少効果は速度を増し、彼女の『運』の数値はかなりの低数値に陥った」

キョン「…その原因は分かってるのか?」

 

 

383以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:34:01.96 ID:REGTHMk20

長門「…分からない。情報が少なすぎるため、ここまでの推測しかできなかった」

キョン「…そうか」

長門「しかし、先日の午後1時34分27秒時。彼女の減少速度が急激に衰え始めた」

長門「これは、何かによって減少の阻止をされたと私は予想している」

キョン「何かによって…か」

長門「…彼女に昨日何か変化があったならば、教えて欲しい」

キョン「……」

キョン「もしかして、これの所為じゃないだろうか」

 

 

 
385以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:35:47.32 ID:REGTHMk20

スッ



長門「…」

キョン「昨日の昼、妹がアイツに貰ったと言ってたビー球だ」

キョン「と言っても妹の球は白色だがな。…俺は赤色を貰った」

長門「…見せて欲しい」

キョン「おう」



長門「……」

キョン「…どうだ?」

 

 
 
387以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:37:16.63 ID:REGTHMk20

長門「…この物質は地球上に存在しない」

長門「さらにこの物質から、有機生命体にプロテクトを施す情報操作がされている」

キョン「…ビンゴだな」

長門「彼女は極力この物質を携帯するべき」

長門「そして貴方も、念のためにこの物質を所持するべきだと私は思う」

キョン「…分かった。それだけでいいのか?」

長門「いい、そして貴方はなるべく彼女を監視する事が望ましい」

キョン「…そうだな、またあんな事があったら今度こそ命が危なくなっちまう」

長門「……」


 
389以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:38:39.14 ID:REGTHMk20

キョン「…教えてくれてありがとう、長門」

キョン「やっぱお前は頼りになる」

長門「…そう」

キョン「じゃ、俺はもう帰るぜ。家にショボ太を置いたままにしてるんだ」

長門「…分かった、気を付けて」

キョン「おう。また明日な」

長門「…また、明日」

 



 
390以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:40:41.54 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――

-帰宅後、浴場にて-



バシャァ…



キョン「ふぅ…」

キョン「やっぱ風呂はいいなぁ…」

キョン「お前もそう思うだろ?」

       
~( ,,・ω・) プカプカ…


 (*´-ω-) フゥ…



 
391以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:43:09.21 ID:REGTHMk20

キョン「…なぁ、ちょっと聞いていいか?」


( ,,・ω・) ?


キョン「お前が俺達に渡したビー球の事だ」


( ´・ω・) …


キョン「俺達は、アレを持っていた方がいいのか?」

キョン「俺達兄妹にだけ渡したって事は…何か理由でもあるんだろ?」


( ´・ω・) …

(´・ω・`)


キョン「…そうか。じゃあ言うとおりにしておく」


( ´・ω・)ノシ フリフリ

  
キョン「はぁ~」


 
392以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:46:51.76 ID:REGTHMk20
キョン「…これからどうなっちまうんだろうなぁ」ザバァ


(´-ω-`) ウトウト…


キョン「あぁこら、風呂で寝るんじゃない。風邪引いちまうぞ」


(´・ω-`) パチッ


キョン「…こうして見るとお前、人形が魂持って動いてるみたいにしか見えないな」


( ´・ω・) …

( ´・ω・) ?


キョン「何でもない。とっとと上がるぞ」ザバァ


ヾ( ´・ω・)ノ ギャース 


キョン「っとスマンスマン。一人じゃ上がれないんだったな」

キョン「ほれ、俺の頭に乗れ」
 

 

 

393以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:48:04.53 ID:REGTHMk20

(・ω・` )ミ ピョン


キョン「よし、じゃあ体拭いてこい」



(・ω・` )=3 ピュンッ


(・ω・lil) !?


:::( ω ` ):::



キョン「…どうした、急に止まって」


 

 
394以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:48:46.43 ID:Ymllx1xM0
はぁん!


 
395以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:48:59.36 ID:jqa9qJL+O
( °ω°)

 

 
396以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:49:50.24 ID:4yW/o1rG0
や・・・やめろ・・・

 

 
397以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:50:08.83 ID:REGTHMk20

( ω ` )


(-ω・`;)~ フワフワ…



パタンッ



キョン「…何だアイツ?」

キョン「まぁいいや、さっさと上がろ」


 



398以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:51:15.23 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――



(´-ω-`) zzz....zzz....



キョン「…よく寝てるな」

キョン「…」


 



399以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:52:53.35 ID:REGTHMk20

キョン「(コイツが来てから、妹の運が悪くなったのは事実だ)」

キョン「(だがコイツはその事を分かっていたのだろうか?)」

キョン「(いや、そうでなければ妹にあの球を渡す事はしない筈だ)」

キョン「(妹がこれ以上不幸にならない様にと、コイツなりの優しさで取った行動だろう)」





キョン「……」

キョン「(だが俺は?)」

キョン「(俺は何故、この球を渡されたんだ?)」

キョン「(俺も妹の様に、何かが減少している物があるのだろうか?)」

 


 
400以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 22:53:19.13 ID:wZp4ZR/NO
何故だか空の中を思い出す


 



401以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:53:48.36 ID:REGTHMk20

キョン「…別に何も変わった事はないと思うが」

キョン「…」

キョン「(深く考えても意味はない…か)」

キョン「…寝よう」


(´-ω-`) zzz....zzz....


・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・


 



402以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:55:43.24 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・



キョン「…」

キョン「またここか…」



ギイィ…



キョン「……」


 


 
403以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:57:07.58 ID:REGTHMk20

キョン「…よう、来たぜ」



クルッ



(´・ω・`)「やぁ、ようこそ、バーボンハウスへ。」


キョン「…」


(´・ω・`)「また君か、来ると思っていた。歓迎するよ」


キョン「自分で呼んだクセによく言うぜ」


(´・ω・`)「…答えは見つかったのかい?」



 



 
405以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 22:58:53.35 ID:REGTHMk20


キョン「…ああ」

キョン「俺の周りにある『違和感』…それは妹の不運だ」

キョン「アイツが来て、妹の運がかなり悪くなった」

キョン「だから何回も転んだり、階段で事故に遭ったりした」

キョン「運の減少は、まだまだ続いている。…ショボ太が俺達の近くにいる限りな」

キョン「その阻止のために渡されたのが、このビー球だ」

キョン「これをアイツが持っている事で、運の減少を遅れさせる事ができる」

キョン「ショボ太は、妹を守るためにこの球を渡した」

キョン「…これが、俺の考えた答えだ」


 

 
406以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:00:24.38 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)「……」


キョン「…間違ってるのか」


(´・ω・`)「…50点。赤点ギリギリクリアという所かな」


キョン「…そうか」


(´・ω・`)「しかし、よくそこまでたどり着くことができたね。安心したよ」




キョン「……」

キョン「俺は答えを言ったぜ。今度はお前の番だ」


 



407以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:01:59.90 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)「…解答の前に、何故50点なのかを教えてあげよう」



キョン「…」



(´・ω・`)「君の妹君…その子に関してだけなら、満点をあげてもいい」

(´・ω・`)「しかし、肝心な君の変化を述べれていない」

(´・ω・`)「これが、君の答えが50点だという理由だ」



キョン「…仕方ないだろ。自分の違和感なんぞ、自分じゃ分からん」



(´・ω・`)「確かに自分自身では分からないかもしれない」

(´・ω・`)「しかし君のお友達は、もう気付いてるのではないだろうか?」


 

 
408以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:03:41.82 ID:REGTHMk20

キョン「…何だと?」


(´・ω・`)「言われた事はないかな?『君は変わったね』らしき言葉を」

(´・ω・`)「もし言われたのならば、それは君の『違和感』だと言っていい」


キョン「俺が…変わった」

キョン「……」










『なんだかキョンも、少し変わったような気がするわ』









 
409以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:04:44.88 ID:IQAzgJUS0
一発ネタだと思ってたのに凄い作りこまれてるな

 

 
410以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:05:22.99 ID:REGTHMk20
キョン「…!」


(´・ω・`)「心当たりがあるようだね」


キョン「…だが、何がどう変わったかなんて分からん」


(´・ω・`)「…それは、私が教えてあげよう」






「君はね、『大人』になっているのだよ。精神的、かつ人間的にね」







411以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:06:31.49 ID:REGTHMk20

キョン「…大人、だと?」


(´・ω・`)「そう、君は今、精神年齢が実の年齢を遥かに超えている」

(´・ω・`)「怒りを抑えたり、皮肉を上手く流したり、人の気持ちが分かる様になったり…」

(´・ω・`)「普段の君では、こんな事はできなかった筈だ」



キョン「…ああ、そうかい」

キョン「で?それができるようになった事が、俺の『違和感』なのか?」



(´・ω・`)「そう、それが君の『違和感』だ」



キョン「じゃあ何だ。俺が大人になってる事が、ショボ太による俺への影響って事なのか」

キョン「そして俺の成長を抑えるために、アイツはこの球を渡した」

キョン「…これでいいのか?」

 

 
412以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:08:16.82 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)「…おめでとう、満点にたどり着く事ができたね」



キョン「そうか、そりゃあ良かった」

キョン「だが疑問は大幅に増えたぞ?」

キョン「この事が事実としたら、何故アイツは俺の成長を止めようとしてる?」

キョン「何も悪い事じゃないだろうが。俺が人間的に向上する事なんて」






(´・ω・`)「…それが、何かの犠牲で成り立っているとしても…かね?」


 

 
413以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:08:37.89 ID:RknqbMSJO
伏線回収が凄い…


 



414以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:10:32.36 ID:gDdA/UMeO
あ、

ああ……!

すげえ、なるほど……

 

 
415以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:10:43.78 ID:REGTHMk20

キョン「…何だと?」



(´・ω・`)「確かに君にとってはそれはプラスなのかもしれない」

(´・ω・`)「しかしよく考えて欲しい」

(´・ω・`)「後々成長していく君の人間性を、あの子によって無理やり上昇している事に何か疑問が湧かないかい?」

(´・ω・`)「君達の世界は魔法の国ではない、何かを得るためには、必ず何かを失わなければならないのだよ」



キョン「…等価交換の事を言ってるのか?」

キョン「じゃあ何だ。俺は人間性を向上させるために、他に何か減少しているものがあるってのか」


(´・ω・`)「その通り。…後は分かるね?」


キョン「…?だから何度も言ってるが、俺自身は違和感なんて


 

 

 
417以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:12:54.89 ID:REGTHMk20



キョン「……おい、待てよ」


(´・ω・`)「…気付いてしまったようだね」


キョン「そうなのか…マジで言ってるのか?」


(´・ω・`)「…」


キョン「…答えてくれ」
 







(´・ω・`)「ああ、君の考えている通りだよ」

(´・ω・`)「君は『大人』になるために、彼女の『運』を吸収しているのだ」





 
418以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:13:28.21 ID:gVvSxifn0
シリアスつまんね

 

 
419以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:14:50.60 ID:REGTHMk20

キョン「…嘘だろ」



(´・ω・`)「残念だけど、これは真実だ」

(´・ω・`)「あの子…ショボ太と言ったかな?」

(´・ω・`)「あの子が君達の傍にいる事で、『運』を吸収し、それを君の身体に変換して送る」

(´・ω・`)「この現象が、今でもずっと行われているのだよ」



 



420以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:15:22.07 ID:IQAzgJUS0
ネタだと思ったのに伏線だったのか

 

 
421以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:16:13.85 ID:REGTHMk20

キョン「…運を、変換?」



(´・ω・`)「植物の光合成を思い浮べてみたまえ」

(´・ω・`)「光によって二酸化炭素を吸収し、酸素に作り変える」

(´・ω・`)「それと同じで、あの子は無意識に運を吸い、『力』に変えて放出している」

(´・ω・`)「それがあの子の能力…生まれながらの生命活動とも言っていいだろうね」



キョン「…何だよそれ」


 

 
422以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:17:51.61 ID:REGTHMk20


『( ´;ω;)』



キョン「じゃあ、あの涙は…」



(´・ω・`)「…あの子が傍にいる限り、これはずっと続くだろう」

(´・ω・`)「しかし、あの子がその球を渡した意味を、君は充分に理解して欲しい」


キョン「渡した…意味?」


(´・ω・`)「あの子にとって『変換』は呼吸のようなもの。生きていくには欠かせない事だ」

(´・ω・`)「その呼吸を抑えるために、君達にこの球を渡した」

(´・ω・`)「…これがどういう事か、分かるかい?」

 


 
423以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:19:10.19 ID:REGTHMk20

キョン「…冗談だろ」

キョン「そんなの…悲しすぎる」



(´・ω・`)「…分かってくれただろうか」

(´・ω・`)「あの子は、自分の首を自分で締めているのだよ。君達を守るためにね」



ガタッ!




キョン「教えてくれ、どうしたら元に戻す事ができる?」

キョン「あるだろ?俺達の能力が元に戻って、ショボ太も一緒にいれる方法が」

キョン「何でもいい、俺ができる事なら何だってやってやる」

キョン「ハルヒにそう望ませればいいなら、無理にでもそうしてやる」

キョン「だから…その方法を教えてくれ」

キョン「頼む…」

 

 

 
425以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:22:05.52 ID:REGTHMk20


「……」

「君は、宇宙人やサンタクロースを信じた頃があるかね?」



キョン「何だよ…それがどうしたんだよ」



「君達がそれを信じていいのは、子供の時だけだ」

「いずれ大人になり、現実と幻想の区別がつけなければ、君達の社会では生きていけない」

「その区別ができない人間の末路は、犯罪、ひきこもり、そして宗教の狂信など、いずれも幸せとは言えない結果になるだろう」

「今の君は大人だ。いくらあの子と一緒にいたくても、それが現実に叶う筈ない」

「それが分かっているからこそ、私にそんな事を聞くのだろう?」

 

 
 
427以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:23:06.67 ID:HkdqWCjE0
おもしろい


 



428以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:23:38.70 ID:j2Mzcaeh0
大人になるのは辛いな・・・


 



429以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:23:55.97 ID:REGTHMk20

キョン「……っ」


「…いくら君の周りが普通でなくても、これ以上世界の秩序を崩してはいけない」

「あの子は、自身を無理やり形成させられた…イレギュラーな存在なのだよ」

「それを残す事によって、君達の世界にどんな影響を与えてしまうのか…良く考えて欲しい」





 
430以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:25:03.55 ID:REGTHMk20

キョン「…」


「…君に考える時間を与えよう」

「期限は2日後の夜だ。それまでに答えを出して欲しい」

「あの子を消すか、彼女を捧げるか…」


キョン「…言い方が残酷すぎるぞ。自重しろ」


「…失礼した。謝るよ」

「じゃあ、今日はここで閉店だ。…また二日後に会おう」


キョン「……」




ギイィ…バタンッ



 

 
431以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:25:36.43 ID:ejRnU12aO
なに?このシリアルな展開

 

 
432以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:26:22.66 ID:REGTHMk20
an episode? end.....( `・ω・)


434以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:27:28.57 ID:8AmTuDZp0
(´;ω;)

 

 
435以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:27:40.59 ID:REGTHMk20

ピピピピピ…チュンチュン


キョン「…」



(´-ω-`) zzz....zzz....



キョン「…コイツは、全部知っていたのか」


(´・ω-`) パチッ


キョン「…」


(・ω・` )~ フワフワ


ポスッ


(・ω・,, )モニュモニュ


 

 

436以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:28:08.37 ID:HkdqWCjE0
やっぱおもしろいけど
ほのぼのがいいな

 

 
437以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[>>433 ?]:2009/12/04(金) 23:29:34.43 ID:REGTHMk20

キョン「…何でもっと早く言わなかった」

キョン「辛くないのか?俺達のために我慢するなんて」

キョン「お前にとっての呼吸なんだろ?そんなもん我慢していい訳ないだろ…」

キョン「お前はそこまでして…俺に何を求めてるんだ?」



(・ω・` ) …

(-ω-` )



キョン「なぁ、俺はお前のために何をしてやれる?」

キョン「このままだと、いずれ妹がもたなくなっちまう」

キョン「だが…俺もアイツもお前を手放したいなんて、思っていない」

キョン「本当に…どうすりゃいいって言うんだ…」



438以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:30:37.29 ID:REGTHMk20

キョン「…ちくしょう」



ガチャ



妹「キョン君ただいまー!」


キョン「っ!?」

妹「どうしたのキョン君?」

キョン「お前…もう帰ってきていいのかよ?」

妹「うんっ!先生がねー、もう大丈夫だって!」

 


 
439以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:31:09.93 ID:hOlV1IbEO
ショボ太……


 



440以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:31:54.05 ID:REGTHMk20

キョン「…」

妹「あっ!ショボ太もいる!」


ミ( ´・ω・) ピョン


妹「ショボ太~会いたかったよーっ」ギュー


(,,・ω・,,)モキュモキュ


キョン「…」

妹「キョン君!明日は祝日だよっ!」

キョン「…そうだな、学校も休みだ」

妹「だからね。私ショボ太と一緒に遊びに行きたい!」

 


 

441以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:32:46.34 ID:REGTHMk20

キョン「…また怪我するかもしれんぞ?」

妹「今度は大丈夫!ちゃんと前向いて歩くもーん」

キョン「……」

妹「ん?キョン君どうしたのー?」

キョン「なんでもない…そうだな。明日は三人でどこかに遊びに行くか」

妹「わーい!」

キョン「だが約束がある、お前は俺から離れないように手をつなぐ事」

 


 
442以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:33:52.40 ID:REGTHMk20

妹「キョン君と…手?」

キョン「そして人の多い場所には近づかない事。これが守れないなら連れて行けん」

妹「うんっ!ちゃんと守る!」

キョン「よし、じゃあもう学校行く準備をしろ。遅刻しちまうぞ」

妹「あのね、お母さんが今日は念のために学校お休みしなさいって言ってたの」

キョン「…そうか。じゃあショボ太の面倒を頼んだぞ」

妹「うんっ!ショボ太、あっちで一緒にご飯食べよー」


(・ω・` )~ フワフワ

 


 

443以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:34:31.36 ID:REGTHMk20

バタンッ




キョン「…二日後、か」

キョン「俺にできる事なんてあるのかよ」




キョン「…」

キョン「…いろんな奴に、話でも聞いてみるか」




 
 
448以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:36:28.28 ID:g7SMisgTO
大人になるって悲しいことなの

 

 
449以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:36:33.25 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-教室-



キョン「よっ」

国木田「おはようキョン」

谷口「よーキョン。…お前朝からシケた顔してんなぁ」

キョン「おい、顔合わせた瞬間そんな事抜かすと友達なくすぞ」

谷口「いいんだよもう…どうせ俺なんて」



 
 
453以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:37:25.32 ID:REGTHMk20

キョン「…国木田、コイツに何があった?」

国木田「それがさぁ…谷口、また女の子に振られたらしいよ」

キョン「またかよ…いい加減もう諦めたらどうだ?」

谷口「うるせぇ…俺はただ愛が欲しいだけなんだよ」

国木田「もっと慎重に行けばいいじゃん。急いで告白なんてするから玉砕するんだよ」

谷口「分かってらい!俺もそのつもりでじわじわ攻略していくつもりだったんだよ!」

国木田「攻略って…」

キョン「何だ、急ぐ理由でもあったのか」



 

 
456以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:38:08.95 ID:REGTHMk20

谷口「その子…明日転校するんだってよ」

国木田「ああ…なるほどね」

谷口「なーんか親の都合で絶対移動しなきゃならんのだとよ」

キョン「そうか。そりゃあ残念だったな」

谷口「他人事みたいに言うんじゃねぇ。俺はその子の事本気で考えてたのによぅ…」

国木田「でもそれは仕方ないよ。親が決めたことじゃ逆らえないしね」

谷口「だよなー…ったく何でこう親ってのは子供を縛りたがるかねぇ」

キョン「待てよ。別にその子の親もしたくて引っ越す訳じゃないだろ」



 
457以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:38:20.19 ID:IQAzgJUS0
支援


 
458以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:39:02.42 ID:REGTHMk20


谷口「…それがよぉ、多額の借金が払えなくなったから夜逃げしたらしいぜ。その子の親父」

谷口「んで残された家族も狙われるとヤバイから田舎の方に移動するらしいんだ」

国木田「…そうなんだ、ちょっと可哀相だね」

谷口「ちょっと所の話じゃねぇだろ」

谷口「自分の都合で関係のない人間が迷惑してるんだぜ?」

谷口「他人には他人の人生があるんだ、誰かが関与したり妨害していいもんじゃんねぇだろ」

国木田「…そうだね、自分の所為で他の誰かが傷つくのは…嫌だな」

谷口「なぁ?キョンもそう思うだろ?」




 
461以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:39:43.23 ID:REGTHMk20

キョン「……」

国木田「…キョン?」

キョン「…ん?あぁスマン」

谷口「お前…俺の話聞いてたのかよ」

キョン「…そうだな」

キョン「自分の事ぐらい、自分で決めるべきだ」

谷口「だよなぁ…っとにその子の親父はとんでもねぇ野郎だぜ」

国木田「まぁ、そうなったならもう仕方ないよ」

国木田「谷口はその子にメールとかで頑張れって言ってあげたらどうかな?きっと喜ぶと思うよ」


 

 
463以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:40:37.38 ID:IQAzgJUS0
支援


 
464以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:40:54.74 ID:1uHPDD/UO
俺はシリアス好きだけどな
>>1の好きなようにやってくれ
支援


 
465以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:40:56.96 ID:REGTHMk20

谷口「…その手があったか」

国木田「えっ」

谷口「俺が励ましのエールを送り続け、俺がとても心優しい人間だと意識させる」

谷口「いずれ俺の魅力に気付き、あの子は俺の愛を受け止めてくれるようになる」

谷口「そして二人は遠距離という壁を壊し、その先の栄光へと進んでいく…」

谷口「フヒッ…読めたぜこのルートの攻略法がっ!!!」

国木田「すごいね。僕の一言でそこまで気持悪い妄想ができるんだ」

谷口「ちょっとメルアド聞いてくるZE☆じゃあなお前等っ!」

国木田「あっ谷口!今からHR…」



ガララッ! ピシャ!




 
 
470以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:42:24.25 ID:REGTHMk20

国木田「…行っちゃった」

国木田「振られた相手にメルアドなんて絶対教えないと思うのだけど…ねぇキョン」

キョン「……」

国木田「…キョン?」

キョン「あ…何か言ったか?」

国木田「…キョン、今日は何か元気ないね。何か悩みでもあるの?」

キョン「いや、大した事じゃない。気にしないでくれ」

国木田「そう?じゃあいいけど…」



キーンコーンカーンコーン…



国木田「じゃあキョン。また後でね」

キョン「…おう」




 
473以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:43:19.58 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――

-AM11:00、文芸部部室-



ガチャ…



キョン「…」





長門「……」ペラッ

キョン「…サボりか?」

長門「…貴方がここに来ると予測していた」

キョン「…そうか」

長門「そう」



 
 
476以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:44:02.05 ID:REGTHMk20

ギッ…




キョン「…っあ~っ」

長門「……」

キョン「…なぁ長門」

長門「…何」

キョン「…アイツはやっぱり、俺達の傍にいたらマズイのだろうか」

長門「……」

キョン「未確認生物だもんなぁ…科学者にでも見つかったら終わりだな」

長門「……」

 

 

 
479以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:45:02.11 ID:REGTHMk20

キョン「…長門」

長門「…情報統合思念体は、涼宮ハルヒの自立進化を望み、彼女によって起こる情報爆破を望んでいる」

キョン「……」

長門「…しかし私は、彼女に未確認生命体の存在を知らせる事は、世界を改変させる程の力が発揮されると予想している」

キョン「…やっぱりお前も、消えた方がいいって思ってるのか」

長門「……」

キョン「気にしないでくれ。…それが普通なんだよ」

キョン「ハルヒのとんでも能力によってアイツが誕生したんだ。…影響ないはずかない」

長門「……」



 



 
483以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:45:44.13 ID:REGTHMk20

キョン「…一つ聞いていいか?」

長門「何」

キョン「妹は…後どれくらいで命が危なくなる程運が悪くなるんだ?」

長門「…」

長門「彼女が危険レベルに達する時間は、約46時間後だと予測される」

キョン「…ざっと二日後か」

長門「…そう」

キョン「……」



 
485以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:47:11.35 ID:REGTHMk20

長門「心配しなくていい」

キョン「長門?」

長門「もし彼女が危険な状況に陥ったとしても、私が彼女を守る」

長門「彼女は涼宮ハルヒによっての情報改変を受けていない」

長門「よって私が彼女に干渉する事は情報統合思念体も許可している」

キョン「…それは、信じていいのか」

長門「…安心して」







「…私が、彼女を死なせない」








 

 
488以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:48:30.24 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-PM0:00、屋上前階段-



みくる「あ…キョン君」

古泉「おや、こんな時間に何故ここへ?」

キョン「…そういうお前は何故朝比奈さんと一緒に屋上へ向かってる?しかも授業サボって」

古泉「んっふ…気になりますか?」

キョン「別に気にしてない」

古泉「おや、そうでしょうか?貴方の表情がイライラしている様に見えるのですが…」

キョン「…何が言いたい?」

古泉「いいえ、特に何も」



 

 
490以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:49:43.21 ID:REGTHMk20

キョン「……」

みくる「え、ええっと!ち、違うんです!私と古泉君はそんな関係じゃ…」

キョン「分かってますよ朝比奈さん」

キョン「こんな腐専用に作られたキャラが天使のように美しい貴女と付き合うなんてありえませんからね」

古泉「今貴方全国の古泉ファンを敵に回しましたね?くっつくればフラグが立つみたいなオタク妄想キャラのクセに」


・・・・・・・・・( ゚ω゚ )


キョン「屋上へ行こうぜ…久しぶりに…キレちまったよ…」

古泉「いいですよ…貴方がそう望むなら」

みくる「や、やめてくださいっ!私の為に争わないでっ!」



 
492以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:51:30.89 ID:REGTHMk20

キョン「……」

古泉「……」

みくる「お願いですっ!私のためn

キョン「おい、冗談はそこまでにしろ。時間とシリアスの無駄だ」

古泉「そうですね。これ以上はグタグタになりそうですね」

みくる「えっ」


キョン「…古泉、お前も何か俺に言いたい事があるんだろ?」

キョン「じゃないと長門や朝比奈さんまで授業をサボる事ないからな」

古泉「んっふ…『お前も』という事は、既に長門さんからアプローチを受けているのですね」

キョン「…ああ、ついさっきな」

古泉「僕は未確認生命体が及ぼす問題を詳しく聞かされていないのですが…お答え願えますでしょうか?」

キョン「…分かった」



 
495以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:53:01.12 ID:REGTHMk20

・・・・・・・・・・・・・・・


古泉「…そうですか。まさかそんな事が起こっているとは」

みくる「……」

キョン「…俺はもう、どうすればいいのか分からん」

キョン「俺だって妹が傷付いていく姿なんて見たくない」
 

みくる「キョン君…」

キョン「だけと…だけどよ…」



 
498以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:54:19.49 ID:REGTHMk20

古泉「…この事は」

キョン「…古泉?」

古泉「この事は、貴方達兄妹だけで決めるべき事だと思います」

古泉「僕らでは、貴方の心情を知る事ができません」

古泉「状況を知らない人間が、計算と理論のみで判断してしまうと…必ず良い結果には結びつきません」

古泉「なのでこれは、ずっと傍にいる貴方達だけで決断する事が望ましい…と僕は思います」




キョン「……」

古泉「貴方達が決めた選択を、僕達が反対する権利はありません」

古泉「貴方は、これが最善だと思った選択を遂行してください」

古泉「僕達は、その手助けをするまでです…」


 



499以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:55:21.52 ID:REGTHMk20

キョン「…」

みくる「あっあの…キョン君」

キョン「…何でしょう」

みくる「わ、私には…その、どれだけ二人がショボ太君の事を思ってるのか分からないですけど…」

みくる「キョン君が決めた事なら、ショボ太君も分かってくれると思います…」

みくる「だ、だから…その、えっと…」

キョン「…はい、充分伝わりましたよ。朝比奈さん」

みくる「キョン君…」



 
 
501以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:56:07.23 ID:REGTHMk20


キーンコーンカーンコーン…



古泉「…どうやら、時間のようですね」

キョン「何のだ」

古泉「すぐに分かりますよ…では朝比奈さん、僕らはこれで…」

みくる「あっはい!…キョン君」

キョン「…はい」

みくる「…頑張ってね」

キョン「はい。ありがとうございます」



 
 
503以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:56:53.36 ID:REGTHMk20

古泉「何か必要な時は、僕に連絡ください」

古泉「機関が関与できなくても、僕や新川さん達なら喜んで助太刀に行きましょう」

キョン「…ありがとう、その気持だけで充分だ」

古泉「んっふ…そうですか」

古泉「では、また後ほど…」

みくる「キョン君。また後で会いましょうね」

キョン「ええ、さようなら…」




カッ…カッ…カッ…





 
507以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/04(金) 23:58:10.71 ID:IQAzgJUS0
支援


 
 
509以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 23:58:50.71 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-PM1:00、屋上-



キョン「…」






「授業サボって何してるのよ、こんな所で」






キョン「…お前か」

ハルヒ「何?私じゃ不満なワケ?」

キョン「誰もそんな事言ってないだろ」

ハルヒ「…そう」

キョン「あ
あ…」


 
 
512以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:00:33.00 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…何を悩んでるのよ」

キョン「何故そう思う」

ハルヒ「アンタの顔に悩んでますって書いてあるもの」

キョン「冗談はお前の行動だけにしてくれ」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「……」

ハルヒ「…言ってみなさい。話し位は聞いてあげるわよ」

キョン「…」



 
514以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:01:52.79 ID:REGTHMk20

キョン「なぁハルヒ」

ハルヒ「なに?」

キョン「もしお前に好きな相手がいたとして、そいつがお前の近くにいると相手が不幸になるとしよう」

ハルヒ「……」

キョン「しだいにソイツは命を狙われる様になり、助かるにはお前と別れなければならない」

キョン「…お前だったらどうする?死ぬ覚悟でずっと相手の傍にいるか?」
 




ハルヒ「…何よそれ」

キョン「俺の例え話だ。…深い意味はない」

ハルヒ「何だか3流ドラマでありがちな展開ね。面白味がないわ」

キョン「…できれば、真剣に答えて欲しい」

ハルヒ「……」



 
 
516以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:03:40.05 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「そうね…私だったら欲しい物は何をしてでも手に入れる。…そういう意味でその相手について行く事を選ぶわ」

ハルヒ「でも本当に大切に思うなら…相手の幸せを考えて別れるかもね」


キョン「…」


ハルヒ「けど…それだけ好きな相手なら、当然諦めがつかないと思う」

ハルヒ「だから私は、後悔しないように相手と精一杯楽しんで別れようって思うかな」

ハルヒ「そして、一つの思い出としてその想いを、心に閉じ込める…」

ハルヒ「私は、この方法が一番いいと思うわ」



 
 
518以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:04:55.86 ID:/snFZLNG0

キョン「……」

ハルヒ「…何よ。その微妙な顔は」

キョン「お前、本当にハルヒか?」

ハルヒ「なっ!?何訳分からない事言ってるのよっ!バカにしてるの!?」

キョン「いや…やけに凄い答えが返って来たから…ちょっと驚いた」

ハルヒ「…それ、誉め言葉として取っていい?」

キョン「ああ、そうしてくれ」

ハルヒ「まったくもう…素直に誉めなさいよ」

キョン「はは…悪かったよ」

 

 
519以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:05:00.47 ID:d8g77Gk3O
これはいいハルヒ


 
 
521以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:06:07.54 ID:rjdL1Tjx0
やばい、ハルヒに惚れそう

 

 
522以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:06:15.66 ID:/snFZLNG0

キョン「…だがハルヒよ」

ハルヒ「今度は何よ」

キョン「…ソイツは、それで諦めがつくのだろうか?」

キョン「本当に好きな相手だぞ?それを後悔しないで?」


ハルヒ「…はぁ~」

キョン「…何だその呆れ顔は」

ハルヒ「これだからアンタは…」

キョン「…何だよ」

 

 

 
524以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:07:25.29 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「あんた、何か勘違いしてない?」


ハルヒ「諦めが『つく・つかない』の問題じゃないの。諦めを『つける』のよ」


ハルヒ「自分が足掻いた所で、その事実は変わらない訳でしょ?」


ハルヒ「だったら無駄にズルズルするより、綺麗に終わらせる方が断然いいじゃない」


ハルヒ「…そりゃあ最初は落ち込んだり、泣きたくなったりするかもしれないわよ」


ハルヒ「でも、それでいつまでもウジウジするなんて未練がましい奴のする事よ」


ハルヒ「自分は一歩も進めないし、想ってる相手にも失礼だわ」


ハルヒ「綺麗さっぱり忘れろなんて言わない。でも自分が決めたことには責任持ちなさい」


ハルヒ「…私が言いたい事は、そういう事よ」


 

 
 
526以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:09:17.45 ID:A+97Hqii0
ハルヒ・・・


 
528以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:09:43.64 ID:/snFZLNG0

キョン「…責任を持て、か…」

ハルヒ「どう?少しは為になったかしら」

キョン「…ああ、助かった」

ハルヒ「…ねぇキョン」

キョン「何だ」

ハルヒ「…その好きな子って、まさかキョンに関係してる訳じゃないでしょうね?」

キョン「気になるか?」

ハルヒ「べっ、別に気にしてなんてないわよっ!」

ハルヒ「ただ、何でアンタがこんな話をしたのか…不思議に思っただけよ」ボソボソ…

キョン「何だそりゃ。結局気にしてるじゃないか」

ハルヒ「う、うるさいっ!!とにかく答えるっ!」カアッ///



 
530以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:11:34.86 ID:/snFZLNG0

キョン「俺にそんな相手はいない。あくまで仮の話だ」

ハルヒ「…そう」

キョン「安心したか?」

ハルヒ「自惚れないで」

キョン「ふっ…やれやれ」



キーンコーンカーンコーン…



ハルヒ「あっ、昼休み終わっちゃったじゃない」

キョン「そうだな…じゃあ行くか」

ハルヒ「そうね」



 
533以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:12:49.76 ID:/snFZLNG0

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「何?」



ガチャ…



キョン「…ありがとう。お前、いい奴だな」

ハルヒ「…今更気付いたの?」

キョン「ああ、今更気付いた」









「遅すぎよ。…このバカキョン」






 

 
537以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:15:18.27 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――



妹「ショボ太、わんわん!」


( U^ω^) ワンワンオ!


妹「ショボ太、にゃんにゃん!」


(^ω^≡)ニャンニャンオ!


妹「そこから踏み台!」


┏(      )┓ ニュ


┏( ^ ω ^ )┓ キタマエ


妹「よくできました~」パチパチ


ヾ(´・ω・`)ノ バンジャーイ


 

 

538以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:16:54.27 ID:/snFZLNG0

妹「こっちおいで~」


(・ω・` )~ フワフワ


ギュ


妹「えへへ…ショボ太」


(・ω・,, ) モニュモニュ


妹「明日ね、キョン君と一緒に遊びに行くんだよ」

妹「キョン君いつもハルにゃん達とばっかり遊んでるから、私とっても楽しみなんだ~」

妹「ショボ太も楽しみだよね?」



 
539以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:18:18.06 ID:/snFZLNG0

(`・ω・´) シャキ!



妹「そっか!楽しみなんだね!」

妹「これからもっともっと楽しい事がいっぱいあるんだよ~」

妹「キョン君のお誕生日に~クリスマスに~あとお正月も!」

妹「ぜ~んぶキョン君とショボ太と私で楽しみたいなぁ」



(´・ω・`) …

( ´-ω-`)


妹「…ショボ太?どうしたの?」



Σ(´゚ω゚`) !



妹「何だか元気ないね。お腹痛いの?」



540以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:19:38.72 ID:rjdL1Tjx0
ショボ太・・・

 

 
541以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:19:50.87 ID:/snFZLNG0

( ´・ω・) …

(*・ω・* )オニイチャンエチー!


ガバッ


妹「きゃ!ショボ太いきなり元気になっちゃだめでしょ!」


ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ


妹「えへへ~」

妹「早く明日にならないかなぁ~…」





 
542以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:19:57.60 ID:d8g77Gk3O
切ない…

 

 
 
544以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:21:15.15 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-文芸部部室-


長門「…」


パタンッ


ハルヒ「じゃあ今日はこれで解散。戸締りよろしくね」

みくる「お疲れ様でした~」

長門「……」


バタンッ


キョン「…じゃ、俺も帰るわ」ガタッ

古泉「おや、貴方はもう帰るのですか?」

キョン「ああ、ちょっと考えたい事があるんでな」

 


 
545以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:21:26.03 ID:/u/6Mt7tO
消えないでほしいな……


 



546以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:22:21.59 ID:/snFZLNG0
古泉「…そうでしたね。失礼しました」

キョン「別に気にしてねぇよ」

古泉「…今日の昼休み、どうでしたか?」


キョン「…何のことだ」

古泉「僕らと別れた後、涼宮さんが屋上に行かれるのを見かけましてね…何かあったのでしょう?」

キョン「…白々しいぞ」

古泉「んっふ…そうですか」

キョン「お前本当に余計な事しかやらねぇな」

古泉「そうですか?僕には貴方の顔が以前と比べていささか落ち着いた気がするのですが」

キョン「…さぁ、どうだろうな」

 

 

547以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:23:25.42 ID:/snFZLNG0

古泉「んっふ…んっふふふ…www」

キョン「何コイツ気持悪い」

古泉「そろそろ吐いてくださいよぉ~。いっちゃん泣いちゃうぞ☆」スリスリ

キョン「てめぇどこ触ってやがる!やめろっ!」バキッ!!

古泉「ふんもっふ!」ビクンッ!

みくる「ひ、ひえぇぇぇ…」

長門「(股間から始まる愛…有効?何故…)」

キョン「…何考えてるんだ長門」

長門「…何も」



 

 
548以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:25:37.92 ID:rjdL1Tjx0
古泉自重しろw


 



551以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:27:13.22 ID:brndb91XO
股間から始まる愛ってなんだよwwwwwwwww



 


549以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:26:26.25 ID:abxa1QdjO
しかたない、ショボ太は俺が引き取ろう


552以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:27:31.21 ID:U20GBuU60
>>549
でも引き取ったらおまえのカーチャンの運が少なくなるかもしれないんだぜ・・・?


 
558以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:31:56.37 ID:I4t99fJg0
>>552
家族を捨てたようなカーチャンなんかいらない
よって俺が引き取る



550以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:26:41.60 ID:/snFZLNG0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


古泉「なるほど…涼宮さんがそんな事を」

キョン「…ああそうだよ。まさかハルヒの言葉に感動させられるとは思ってもいなかったぜ」

古泉「それだけ彼女が人間的に向上したって事ですよ」

キョン「…ふっ、そうだな」

古泉「…貴方はどうですか?」


キョン「何だ?」

古泉「貴方は自分で…大人になったと感じていますか?」

キョン「…知るか。そんな事」

古泉「…そうですか」



 

 
553以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:27:47.48 ID:/snFZLNG0

キョン「お前から見たらどうなんだ?俺は大人になったと思うか?」

古泉「…黙秘しておきましょう」

キョン「…理由は何だ?」

古泉「特にありません。その方がいろいろと都合がいいと思ったからです」

古泉「貴方は、自分でそれを考えなければならないのですからね」

キョン「…そうかい」

古泉「ええ、そうなのです」



554以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:29:03.68 ID:/snFZLNG0

キョン「じゃあな。今日はいろいろと助かったぜ」

古泉「おや、何の事でしょうか?」

キョン「…お前だろ、ハルヒを屋上に呼び出したのは」

古泉「これはこれは、やはり気づいていましたか」

キョン「アイツは昼休みはいつも机で寝ているからな。わざわざ屋上まで来る理由なんてない」



 
555以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:30:05.48 ID:/snFZLNG0

古泉「…やれやれ、困ったものです」

キョン「どういう意味だ」

古泉「…涼宮さんは、自分で貴方の居場所を聞きにきたのですよ?」

古泉「貴方の事が心配になって、ね」

キョン「……」

古泉「では、僕はこれで失礼させていただきます」

古泉「もしよければ、明日向かう場所を僕に教えてください」

古泉「極力危険のない環境に整えておきます」

キョン「…ああ、後で連絡させてもらう」

古泉「分かりました…では」



 
556以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:30:09.82 ID:O8veZJ3zO
ほのぼのとシリアスのバランスが絶妙

 

 
557以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:31:34.10 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-家-



ガチャ


キョン「…ただいま」


ε=( ´・ω・) ピュー


ボスッ


キョン「うおっ」



 
559以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:32:46.57 ID:/snFZLNG0

( ,,・ω・) モキュモキュ


キョン「…いきなり飛び込んで来るな。びっくりすろだろうが」


(´・ω・`) ショボーン


キョン「…妹はどうした」


( ´・ω・) …

←⊂(・ω・` ) チョイチョイ



キョン「…?」



スー…スー…スー



キョン「遊びすぎて疲れたのか。…まだ子供だな」



 
561以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:34:14.52 ID:bq95G285O
悲しいのは嫌だお


 
562以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:34:43.52 ID:/snFZLNG0
(´・ω・`) ショボーン


キョン「…」


キョン「…明日、お前何処に行きたい?」


( ´・ω・) ?


キョン「何処でもいいぞ?お前が食べたいものでもいいし、遊びたいものでもいい」

キョン「明日は、お前の好きな事をやろう」


( ´・ω・) …

(・ω・` )~ フワフワ



ゴソゴソッ


    _ 
~( ´・ω・) フワフワ



 
563以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:35:29.01 ID:/snFZLNG0

キョン「ん…何だこれ?」パラッ


+.( o・ω・)゚+ キラキラ…


キョン「…ほほう、なるほどな」

キョン「いいんじゃないか?お前らしくて」



 
565以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:36:30.96 ID:/snFZLNG0

ヾ(´・ω・)ノ バンジャーイ


キョン「はは…じゃあここにするか」

キョン「だが今日は明日のためにちゃんと寝ておけ。いいな?」


( `・ω・)ゝ ビシッ


キョン「よし、じゃあ解散」


(・ω・` )~ フワフワ



ガチャ…バタンッ





566以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:37:44.66 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-PM11:00-


(´-ω-`) zzz....zzz....



プルルルル…ガチャ


キョン「長門、俺だ。こんな遅くに申し訳ない」

キョン「実はお前に頼みたい事があってな…そうだ」

キョン「どうにかできないだろうか…明日一日だけでいいんだ」

キョン「…そうか、ありがとう。今度図書カードプレゼントしてやるよ」

キョン「ああ、分かっている…じゃあな」


ピッ


キョン「さて、次は古泉か…」


 



567以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:38:54.97 ID:/snFZLNG0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ドサッ


キョン「ふぅ…これでいいだろう」



(´-ω-`) zzz....zzz....


キョン「……」




『他人には他人の人生があるんだ、誰かが関与したり妨害していいもんじゃんねぇだろ』





568以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:39:20.71 ID:rjdL1Tjx0
こんなに苦しいのなら、悲しいのなら

 

 
569以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:39:57.16 ID:SM9WiwcXO
愛などいらぬ!

 

 
570以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:40:34.75 ID:/snFZLNG0

キョン「…うるせぇ」


『自分の所為で他の誰かが傷つくのは…嫌だな』


キョン「黙ってろ」


『彼女が危険レベルに達する時間は、約46時間後だと予測される』


キョン「だから何だ」


『この事は、貴方達兄妹だけで決めるべき事だと思います』


キョン「分かってるんだよ」



『キョン君が決めた事なら、ショボ太君も分かってくれると思います』


キョン「…あぁ。そうかい」


 

571以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:41:18.74 ID:/snFZLNG0









― 綺麗さっぱり忘れろなんて言わない。でも、自分が決めたことには責任を持ちなさい ―











572以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:42:00.23 ID:/snFZLNG0

キョン「……」



バサッ…



......明日、晴れるといいな。


 
574以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:43:14.07 ID:/snFZLNG0
an episode? end.....(,,・ω・,,)


575以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:43:58.19 ID:/snFZLNG0
寝たら・・・怒る?


 
 
577以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:44:49.51 ID:I4t99fJg0
>>575
ここまで来てかよw


 
578以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:45:03.73 ID:Mmbu0M94O
怒っちゃうぞ☆


 
 
580以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:45:27.01 ID:xw2x992t0
>>575
今夜は寝かせないぜ・・・


疲れてんなら寝てくれ


 
 
582以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:45:59.58 ID:rjdL1Tjx0
限界なら寝ても良いが
出来れば最後までやってくれ


 
583以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/05(土) 00:46:01.83 ID:/snFZLNG0
…分かったぜ。今夜はお前等寝かさない
俺に付いて来い


        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (3)

          • 1. キシリクリスタル
          • 2009年12月16日 23:42
          • 5 シリアスな場面も良い具合だ。
          • 2. 読書する暇潰し屋
          • 2010年08月20日 01:33
          • バンジャーイwwwテラ萌え
          • 3. ソランザム!
          • 2011年05月10日 19:24
          • 5 これ、書いてるのって女性ですか?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ