TOP

唯「わぁ!ここがラーメン梓だね!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 01:37:22.60 ID:anOwsgv/O

紬「梓ちゃんが軽音部辞めて心配だったけど立派なラーメン屋さんになって良かったわ」

澪「高校生なのにすごいよな……」

唯「あっ!順番来たから入ろうよ!」

律「そうだな!」

ガラッ

梓「いらっしゃいま……あっ!先輩達!!」

唯「来ちゃったよ~あずにゃん!」

律「けっこう混んでるな、梓!」

客「……」ギロッ



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/08(日) 01:39:33.97 ID:B+LZCiEi0

ラーメン店の新参お断りこわいお



このSSの続きを読む

ほむら「私はただ貴女とずっと一緒にいたかった」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/04(水) 20:12:40.61 ID:FpHuiZqE0

『鹿目まどか』…彼女が宇宙の概念となることで、全ての魔女が消え、魔法少女は魔女になることはなくなり、魔法少女が繰り出す不の連鎖は打ち切られる。

だが、私にとってその選択の代償は大きすぎた。それは、彼女の存在が消えること。

鹿目まどかは私に『またいつか会える』、『私はいつも傍にいるよ』と…そう言葉を残した。

だけど、私はそんなまどかの気持ちを裏切った。

自分が何故あんなことをしたのか今でもよく分からない。もしかしたら後悔をしているのかもしれない。

でも、不安だった。耐え切れなかった。彼女の存在が…彼女の記憶が…私から無くなってしまうことに、…それが果てしなく恐ろしかった。

そう…私は、まどかが全ての力を解き放とうとした瞬間。



私は時を戻した…。一ヶ月前に。



このSSの続きを読む

ブラックジャック「ポケモンマスター?」レッド「…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/06(金) 11:44:23.15 ID:TruGxXYbO

グリーン「はい!レッドはカントー地方のチャンピオンなんです!」

ブラックジャック(…)

ブラックジャック「それで、私に何のようかね」

グリーン「レッドの無口を直してください」

レッド「…」



このSSの続きを読む

まどか「サークル決めた?」ほむら「ええ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 10:54:16.02 ID:8CyHwF+t0

まどか「せーので、見せ合いっこしよ?」

ほむら「いいわよ」

まどか・ほむら「「せーのっ!」」

『漫画研究部』

ほむら「…ぷっ」

まどか「イヒッwwwやっぱり同じだったね!」

ほむら「だって長い付き合いだもの…♪」



このSSの続きを読む

キョン「ち、近寄るな! 化け物!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 14:45:00.97 ID:xzonTanS0

朝倉「あたしの負け。よかったね、延命できて」

キョン「あ……あ…………」

朝倉「いつかまたあたしみたいな急進派が来るかもしれない。それか長門さんの操り主が意見を変えるかもしれない」

キョン「うあ…………ああ……」

朝倉「それまで涼宮さんとお幸せに。じゃあね」


シュウウウウウウウウ・・・・・・


長門「……教室の再構成を開始…………完了」

長門「続いて肉体の再構成…………完了」ムクッ

キョン「うわ……あ……」

長門「……」スタスタ

キョン「ひっ!」ビクッ




キョン「ち、近寄るな! 化け物!」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 14:46:29.53 ID:KdaG+0SE0

よし、書きたまえ



このSSの続きを読む

梨穂子「私のおっぱい・・・好きなの・・・?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 11:30:10.71 ID:Xka4VLMy0

梨穂子「・・・・・・」

梨穂子「ちょっとだけ・・・」

梨穂子「ちょっとだけなら・・・」

梨穂子「触って・・・いいよ・・・?」



このSSの続きを読む

澪「私とムギと夏の海、夏の終わりのアニベース」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 14:30:57.32 ID:SZCVtINE0

ムギが一緒に海に行こうと誘ってきた。



このSSの続きを読む

QB「僕と契約して、マミの友達になってよ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/06(金) 23:58:26.11 ID:jHpjBQQY0

まどか「えっ」

さやか「えっ」

ほむら(……!?)

QB「なってよ」

まどか「……」

さやか「……」

ほむら「……」

QB「なってあげてよ……」



代行 ID:JLDzCAfs0



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 00:00:02.40 ID:uh/gS8gM0

印鑑持ってきました



このSSの続きを読む

従順長門

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/02(水) 21:42:32.38 ID:SGKu/jILO

「大事な話がある」
確か午後9時半頃の事だ。
長門から電話があり、開口一番。
こんな時間に長門からこんな台詞を聞けば、十中八九ハルヒの事だと思うのは至極当然の事だろう。
どうした?また家に行こうか?
「時間はあるの」
疑問符はないが、どうやら急を要する事ではないらしい。
まぁ俺も特に忙しい事もないのだが。
「あぁ、あるぜ。家に行こうか?」
なんて事を言いながら既に着替えを始める。
長門に会える口実が出来て嬉しい―なんて事はないぞ、うん。
ただ一刻も早く長門の話を聞きたいだけだ。
しかし…長門の次の台詞は、俺の予想とは違うものだった。
「とんでもない。…貴方に足労をかける訳にはいかない。私が行く」
俺の返事も聞かず、電話は切られちまった。
…なんだってんだ?



このSSの続きを読む

ハルヒ「すごく暇ね…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 21:14:25.73 ID:UFygCh6XO

キョン「そうだなー…」

ハルヒ「みんな遅いわねー…」

キョン「あー…」

ハルヒ「ストーブ…」

キョン「あったけえな…」

ハルヒ「愛してる」

キョン「…んな!?」

ハルヒ「ストーブ」

キョン「あ、ああ、そうか…」

ハルヒ「あんたは?」

キョン「俺も…愛してる」

ハルヒ「へーぇ」

キョン「ストーブ」

ハルヒ「うんうん」



このSSの続きを読む

ほむら「高校に上がったら彼氏が欲しいわね」まどか「え?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/05(木) 10:51:38.58 ID:9NtLDEk90

まどか「ほ、ほむらちゃん…」

ほむら「どうしたのまどか?」

まどか「私ってほむらちゃんの恋人だよね…?」

まどか「なのに彼氏って…」

ほむら「…恋人ごっこもそろそろ卒業しましょう?」

まどか「そ、そんなのあんまりだよ!!」



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 後輩女「へぇ…先輩、彼女さんとうまくいってないんですね」
  • 俺「デスノート…?>>4(燃や)してみるか」
  • 【異世界かるてっと2】シャルティア「納得いかないでありんす」
  • 【まちカドまぞく】良子「どうして私の名前は良子なの?」
  • 姫「俺さん、俺さーーーーん!カニクエいこ!!」 俺「ごめん…俺…」 姫「あ…31レベル…」
  • 俺「可愛いけどめっちゃ悪役っぽい顔してるよね」美少女「死にたいの?」
  • 俺「どこまで?」女の子「着いてきて」
  • 犬「ハッハッハッ」女の子「ちょっ…やだ…///」(犬が股間嗅ぎまくる)
  • 彡(゚)(゚)「よっしゃ転職したろ!」
  • 【シートン学園】スペランカーミユビ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
  • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
  • 俺「暴力はやめてください!!」幼女「>>4」
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ