TOP

純「失礼しまーす……」 律「ん?」【その3】






純「失礼しまーす……」 律「ん?」の【その3】です。





このSSの続きを読む

純「失礼しまーす……」 律「ん?」【その4】






純「失礼しまーす……」 律「ん?」の【その4】です。





このSSの続きを読む

古泉「僕は、君が、好きです」

8_20090503140748
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 14:08:55.32 ID:wZdxA8Vm0

ほんの少し前までの話。僕の好きな人は神様だった。
この銀杏が葉を残していた頃まで、僕は彼女の事を殆ど盲信に近い所まで、信仰していた。そう、信仰。あの頃の僕の気持ちは、きっとそう呼ぶべきなのだろう。
世の中に絶対の神など居る訳はないと、彼はそう言い切ってそして、それを頑なに貫いたけれども。
僕は、彼のようには決してなれなかった。それは生い立ち、人生において歩んできた道が違うのだから仕方のない価値観の相違であるのかもしれない。
あの日。
神様が神様でなくなった日。
彼は彼の大切な少女を、信じぬいた。
世界崩壊の危険性を知りながら、彼は彼女を信じた。
彼女は失恋に、他者の恋の成就に、しかして決して世界を変革させず、その痛みを、受け入れると。
彼女……涼宮さんのその心根の部分に有るであろう優しさを信じた。
僕には、出来なかった。
僕は彼女を好いていながら、けれど僕は……けれどどこかで想い人を軽んじていたのです。
そんな事をすれば、世界が終わる。
涼宮さんの決死の告白を、彼が無碍にする。それを止める側に、僕はあの頃回っていた。
今となっては、笑い話。
決して笑えない、笑うしかない、笑い話。



このSSの続きを読む

長門「ちゃうねん」

38_20090429170449
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 14:47:50.04 ID:L9qr4ZKT0

キョン「なんや、こう……今朝から違和感? みたいなんあるんやけど」

古泉「それや! 僕もそれ、感じてましてん!」

キョン「なんやろ?」

古泉「僕に聞かれても……また涼宮さん絡みちゃいますかね?」

長門「……ちゃうねん」



このSSの続きを読む

憂「さくらんぼ」

201003241602133b9
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 19:23:29.10 ID:3l5RataE0

憂「……モグモグ……」

私の目の前には大量のさくらんぼ。
甘い甘い、美味しいさくらんぼ。

普段は滅多に食べることはない果実です。

でも、ただ食べてるだけではありません。

少しだけ、少しだけ試したくなっただけですから。



このSSの続きを読む

澪「遠い日の約束」

201006200442490000
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 11:15:51.96 ID:25knZKzi0

私は物思いにふけっていると、たまに周りが見えなくなる事がある。

それは昔からずっとそうで…。あれは幼稚園に通っていた頃。

翌日行われるお遊戯会の発表に緊張して、いつもより長い帰り道を歩いていた。

「あれ…ここ…どこ」グスッ

周りを見渡しても知らない景色。どうしようかわからなくなって泣いた。そしたら

「おー?どうしたのー?」

まるでちょんまげの様に髪の毛を縛っている女の子が声をかけてきた。



このSSの続きを読む

唯「ヒカリだよ澪ちゃん」澪「ああ……眩しいな」

keion186
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 16:59:44.25 ID:OoBA1dNL0

とりあえずSSっぽいものを。



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 17:29:16.65 ID:OoBA1dNL0

注意
・澪のモノローグ

・地の文ばっかなので読むのまんどくせー方は注意をば

・一年以上前に書いたまま放置ングしてたもんなので原作との矛盾あるけど気にしないで

・長い

・fate/stay nightのアニメ版劇中歌『ヒカリ』に着想して書いたので詞がところどころ文中に。というかパク…インスパイアしてます



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 17:41:26.86 ID:B1sUDsy90

>>1
>>2
間が30分でいきなり注意書き()とかもうお腹いっぱい



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 17:52:50.20 ID:gFCQAgEtO

>>7
たしかに謎だなwwwww



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 18:06:04.48 ID:ab124e/5O

>>7
たしかに
30分なにがあったんだろうな



このSSの続きを読む

澪「梓!もっと罵ってくれ!」

6a01240b9649a1860e0123de1b5159860c
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/06(水) 20:14:43.89 ID:vau3GDq3O

学校

澪「り、律。相談があるんだ」

律「なんだ?」

澪「あ…あの…」

律「ん?」

澪「…や、やっぱなんでもない!」

スタスタ

律「おい!澪…」


このSSの続きを読む

憂「匂い」

keion197
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 19:52:45.20 ID:p+zhXxz30

憂「お姉ちゃんシーツ洗うんだけどお姉ちゃんのも洗う?」

唯「ほーい。」

今日は休日でぽかぽかと冬なのに春のような爽やかな天気でした。

憂「…あ、お醤油切れてる。」

憂「ちょっと買い物行ってくるから私のシーツも取ってもらっていいかなあ?」

唯「うんっ」

そう言って憂はお出かけをしてしまいました。

残された私は憂のお願いを聞くべく憂の部屋へと向かいました。

唯「おじゃましまーす。」

ドアを開けた瞬間憂の香りがしました。

最近じゃ夜ぐらいしか憂の部屋にいかないのでなんだか新鮮です。



このSSの続きを読む

紬「江戸時代の私達」【その1】

20100324160214621
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/08(金) 00:55:46.68 ID:WxsaxAgnO

【第一話:梓の猫】

時は江戸。
人口百十一万人を越えるこの街で探し物を探すと言うのはとても難しい。

だからこそ、このお店は繁盛しているのだろう。

私の目の前にあるお店の看板には探し屋と書いてある。

私一人ではこの街で行方不明になった猫を探すのはとても無理だ。

風の噂で聞いたがこの探し屋の主……変わり者らしい。

梓「……よし!」

迷ってはいられ無い私の大事な猫を探さなきゃ。



このSSの続きを読む

紬「江戸時代の私達」【その2】







紬「江戸時代の私達」の【その2】です。






このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
  • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
  • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
  • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
  • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
  • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
  • 息子「アレクサ、タイマー切って」
  • 息子「アレクサ、タイマー切って」
  • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
  • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
  • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
  • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
  • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
  • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
  • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
  • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
  • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
  • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ