TOP

苗木「戦刃さんを揺さぶる」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 06:12:50.17 ID:YOubqLfh0

苗木「江ノ島さんにプレゼントあげるよ」

戦刃「マジで! 苗木って良い奴だよねー! なにくれんの!?」

苗木「そうだなぁ……」

苗木(レーションをちらちら見せて)

戦刃「……」ワクワク

苗木「はい、乙女のキャリーバック」

戦刃「……え?」

苗木「これを、あげるよ」

戦刃「なにこれ、信じらんない、こんなの貰っても嬉しくないし」

苗木「江ノ島さん江ノ島さん」

戦刃「なによ?」

苗木「超高校級のギャルなら、普通喜ぶんじゃないかなぁ?」

戦刃「え、あ、あたしは嫌いなんだもん!」

苗木「だもん?」

戦刃「ち、違っ……うぅぅ」



このSSの続きを読む

のび太「ママがケータイ買ってくれないよぅ」ワーン

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 12:13:31.57 ID:BbmZsGiy0

のび太「ジャイアン達はみんな持ってるのにぃ」

ドラ「君が持ったところでパズドラ廃課金か風呂に落として故障する未来しか見えないよ」

のび太「そんなことないよー」ワーン



このSSの続きを読む

「進めリヴァイ先生!進撃幼稚園」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 06:01:32 ID:oi0pmVx2

長編の設定を考えてたら頭がおかしくなりそうになったので息抜きに書きあげる。(つまりネタSS)

元ネタは攻のあれ

キャラ崩壊注意

現パロ…になるのかな?

では始めます。



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 06:12:54 ID:oi0pmVx2

サシャ「はぐっ!はぐっ!」

リヴァイ「おいサシャ…もっとゆっくり食え」


リヴァイ(……俺はリヴァイ…進撃幼稚園、巨人組の先生だ)

リヴァイ(今日もくそガキどもの面倒を見…)

エレン「へーちょ!」


リヴァイ「あ?」

エレン「遊んで!」

リヴァイ「……今忙しいから後で…」

エレン「くちく!くちくごっこしよ!!」

リヴァイ「………」



このSSの続きを読む

春香「500万おろしてきた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 01:43:50.80 ID:gJx1F//R0

春香「じゃーん!!」

やよい「はわわっ! はわわっ! どうしたんですかっ!? そんなにたくさんのまねえを!」

春香「えへへ、最近お仕事ばっかりで使う暇もなかったからね。人生経験のために一回どっかんって使ってみようと思うんだー」

小鳥「どっかんって春香ちゃん何に使うつもりなの?」

春香「それは>>4」

残金:500万円



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 01:44:44.42 ID:+RP1JC4m0

千早を買う



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 01:44:47.55 ID:yFGnZfwy0

kskst



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 01:44:56.52 ID:pDFoKH/F0

宝くじ



このSSの続きを読む

P「よーし、安価で千早をトップアイドルにしてやる!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/20(金) 20:19:18.66 ID:kiGFxo/W0

千早「安価......一体なんですか?それは」

P「千早がBランクになってしばらく経った」

P「もう少しでトップアイドルになれる!」

P「その為にも安価の力を使うんだ!」

千早「昔は、歌さえ歌えればトップアイドルなんてどうでもよかったんです」

千早「でも、今は違います」

千早「その安価というものを使えば、トップアイドルになれるということですか?」

P「......」

千早「......?」

P「......よ、よーし!早速やってみよう!」

千早「ちょっと待ってくださいどうして一瞬黙ったんですか」

P「まずは『>>3』からだ!」

P「『>>3』をすればきっと成長できるぞ!」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/20(金) 20:20:04.15 ID:o0hdSOAg0

豊胸



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/20(金) 20:20:14.31 ID:+GgNo58j0





このSSの続きを読む

モバP「エリアトーーク」

1 : ◆JZ7iYv4mkA 2013/09/21(土) 05:05:43.75 ID:4LTGTJLU0

モバP「エリアトーク」

上記SSの続編で、アイドル達がエリア別+αでだべるだけのSSです
今回は前回書かなかったエリアの子達を書きました



このSSの続きを読む

サシャ「ミカサ、パンください!」ミカサ「駄目」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 18:07:23 ID:P53UwaFQ


サシャ「え~、さっきお腹痛いって言ってたじゃないですか!」

ミカサ「もう治った」

サシャ「まさかうんこしたんですか!?」

ジャン「おい芋女!ミカサに失礼だろうが!!」

ミカサ「いいのジャン。サシャにはデリカシーというものがないから」

サシャ「冗談ですよ冗談。ミカサみたいな可愛い女の子はうんこなんてしませんもんね」



このSSの続きを読む

アルミン「君と僕との」アニ「境界線」

1 :1 ◆/Tn0cyOHKw 2013/09/20(金) 01:48:06 ID:b4kjLV46

※超短文
ベルトルト「僕は本当に君が嫌いだ」のアルアニ
※別に↑読んでなくても多分大丈夫
※会話ほぼなし、全体的に暗い



このSSの続きを読む

P「白と黒のうさぎ」

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:12:33.57 ID:Y2g9a9Do0

そろそろ仕事が終わるという時に声をかけられた

「あなた様」

「プロデューサー」

二人同時に、だ

「貴音に響か、どうしたんだ?」

うちの事務所でも特に仲が良い二人

「えっ? ……うぅ」

「ふふふっ」



このSSの続きを読む

まゆ「あなたの手のひらの上」

2 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 02:21:22.54 ID:gWoAazpOo



――― 1年前 仙台駅


雑踏に掻き消されてしまうほど小さなため息を吐く。

近頃、読者モデルのお仕事をしたあとはいつもため息が出てしまう。

撮影が上手くいっても上手くいかなくても、自然と出てしまうから止められない。


「はぁ……」


読者モデルのお仕事が嫌なわけではない。むしろ、好きなのに。

仙台駅のターミナルの雑踏の中で一人、言い知れない虚無感を堪えながらまゆは立ち尽くしていました。


「あの、すいません」


ふと、振り替えると20代前半くらいの男性が立っていました。ヨレヨレのスーツに、とてもおしゃれとは言えないリュック、目の下の隈も酷くて髪の毛もボサボサで、失礼ですけど冴えない人だと思いました。



このSSの続きを読む

ライナー「二人ぼっちのエデン」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:39:18 ID:mLOw0uhY

ガキン!
ブオン!!
ガガガッ……ガッ!!


ミカサ「…やめよう」

ライナー「ハーッハーッ……どうしたミカサ…まだ勝負は終わってないぞ!?」

ミカサ「…やめよう、もう…ライナー…意味が無い……」



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 00:40:00 ID:mLOw0uhY

※単行本10巻くらいまでのネタバレ含



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
新着コメント
最新記事
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ