TOP

響「百万回生きた猫!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/29(日) 00:09:43.26 ID:7s/pQEpd0

小鳥『百万回生きた猫』


小鳥『100万年も死なない猫がいました』

小鳥『100万回も死んで、100万回も生きた立派なトラ猫でした』

小鳥『100万人の人がその猫を可愛がり、100万人の人がその猫が死んだ時泣きました』

小鳥『でも、猫は1回も泣きませんでした…』


100万回生きたねこ



このSSの続きを読む

マリク「現世に戻れたと思ったらラーがクソカードになってた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/28(土) 23:55:58.59 ID:i3vhL2fo0

マリク「えっ、ちょ…………」

マリク「えっ…………」

マリク「マジで…………?」


【遊戯王】ラーの翼神竜 VJMP-JP046(ウルトラレア仕様/神のカード)



このSSの続きを読む

怜子「ダメよ恒一くん…私たち家族なのよ…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/28(土) 21:38:25.62 ID:UHh9UBDi0

1998年4月25日
~夕方、夜見山病院~

民江「ほんとにねぇ……こっちに来て早々こんな……可哀想にねぇ」

恒一「えっと……ごめんなさい、お婆ちゃん……」

民江「やだねぇ気にするんじゃないよぉ、仕方ないからね?」

恒一「あの……父さんには……?」

民江「まだ伝えてないよ、陽介さん今頃インドかどこかなんでしょう?」

怜子「私から言っとこうか? 携帯の番号知ってるし……」

恒一「いえ、あの……ぼく……自分で連絡、します」

   (……病気で心細いからなのかな、この気持ちは)

   (怜子さんに父さんと話して欲しくない、僕だけのそばにいて声を聞かせて欲しいなんて)

   (前から母親のように思ってたけど、なんだかこれは違う気がする)


家族という名の密室 Living in the Family prison



このSSの続きを読む

陽介「ギャルゲーだぁ?」

関連記事:陽介「ギャルゲーみたい?何言ってんだおまえ…」
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/18(火) 17:33:15.99 ID:HpjmppON0

クマ「ついにβ版が完成したクマー。早速プレイするクマー」

陽介「…あのなぁ、今日何日か知ってっか?」

クマ「12月24日クマよ?」

陽介「そう、12月24日!クリスマスイブだぜ!?恋人同士が公然といちゃつけるクリスマスイブ!」

完二「花村先輩恋人いるんスか?」

陽介「いねーからこうして男同士でむさっ苦しいパーティ開いてんじゃねーか!」

陽介「クソッ!恋人がいるやつはマハンマオンだ!回転説法だ!」

クマ「なんで回転説法?」

陽介「『死んでくれる?』はご褒美みたいだろ!」

完二「…わかんねぇ」


ギャルゲーを作ろう!美少女同人ゲームの作り方



このSSの続きを読む

美希「プラネタリウムで好きして!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/28(土) 22:20:50.86 ID:2kY5CpRn0

この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

また、アイドルマスターのキャラクター、美希のSSですので、ご了承の上お読みください。


プラネタリウムを作りました。 7畳間で生まれた410万の星、そしてその後



このSSの続きを読む

千早「私、みんなにキャッチコピーも付けたいのだけれど」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/28(土) 21:08:35.95 ID:WopP0hThO

春香「こ、今度は何、千早ちゃん?」

千早「私、今回はみんなに素敵なキャッチコピーを付けたいの」

律子「キャッチコピーねぇ…」

響「でもさ、それってプロデューサーの仕事なんじゃないの?」

千早「ええ。だけど私、みんなともっともっと仲良くなりたいから…」

伊織「動機は可愛らしいのよね」

千早「ダメ…かしら?」

真「そういうわけじゃないけど…」

前回のスレタイ
千早「私、みんなにニックネームを付けたいのだけれど」


キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック



このSSの続きを読む

千早「私、みんなにニックネームを付けたいのだけれど」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/22(日) 20:15:22.99 ID:PnVAbUA2O

春香「千早ちゃん、突然どうしたの?」

千早「私、本当はみんなともっと打ち解けたいのだけれど、社交性が無くて…」

真「そんなこと無いと思うけどなぁ」

千早「いえ。自分で良く分かっているの」

律子「それでニックネームを?」

千早「ええ。亜美や真美のようにみんなを可愛いニックネームで呼べば、もっと仲良くなれるんじゃないかって」

亜美「亜美たちが呼んでるのと同じじゃダメなの?"はるるん"とか"まこちん"って」

千早「真似はしたくないから」

真美「なるほどね→」


ニックネーム20世紀の100人



このSSの続きを読む

魔王「お?俺復活した?」

1:名も無き被検体774号+:2012/03/14(水) 08:34:03.16 ID:TWflXTev0

魔王「ふあー、よく寝たわー」

側近「お目覚めでございますか」

魔王「お、側近久しぶりだな、あれから何年たったんだコレ」

側近「1000年ほどになりますな」

魔王「マジかよー、復活まで随分かかったなー」

側近「申し訳ございません、復活の段取りに少々手間取りまして」


まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い



このSSの続きを読む

ルルーシュ「またスザクの机の上に花瓶が置かれている」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/28(土) 10:56:01.66 ID:ESVCaz6K0

教室

ルルーシュ「……」

スザク「おはよう、ルルーシュ」

ルルーシュ「あ、ああ」

スザク「あれ?また花瓶が」

ルルーシュ「スザク……」

スザク「いつも僕の席に置かれてるんだ。これは教卓のところにあるやつなのに」

ルルーシュ「……」

スザク「戻さないと。あ、そうだ。ついでに水も変えておこう」スタスタ

ルルーシュ(スザク……)


花はどこから―花・花びん・水をめぐる3つのものがたり



このSSの続きを読む

美琴「ベクトル操作ってなに?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:22:42.73 ID:1sIpfEexO

一方「…はァ?」

美琴「ベクトルの意味がわかんないんだけど。私、中2だし」

一方「あァ…まァ、確かに中学で習うような内容じゃねェけど…」

美琴「二次方程式みたいなもの?」

一方「いや確かに数学だけどな…」


中学2年デジタルスタディ



このSSの続きを読む

三神「席替えをします」赤沢「」ガタッ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/28(土) 04:13:57.83 ID:MdG3WIKA0

三神「……どうかしましたか?赤沢さん」

赤沢「いえ……なんでもありません」

三神「そうですか。では、座りなさい」

赤沢「……はい」ストン

三神「さて、今日は先ほど言った通り――」

三神「席替えを、します」


ザ・席替え―席が替わるとクラスが変わる



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
  • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
  • 暴走族の総長「俺の女になれや」優等生JK「私、不良の男の人とか嫌いなので無理です」
  • 男「ゲームでどんな名前をつけてた?」
  • J( 'ー`)し「ワイは結婚しないんか?」彡(゚)(゚)(キタ!!)
  • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
  • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
  • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
  • オレ「ライターで火つけるか」ボッ エルフ♀「詠唱無しで火炎魔法を炸裂させるだと…!?」
  • 先輩「イクラはイクラでも食えるなw」先輩B「ギャハハw」ワイ「はは……w」
  • DQN「おう姉ちゃん」幼馴染(美少女)「ひっ...」ワイ「...」
  • 俺「拳銃を持った相手は危険だと思うか?」モブ「そりゃ危険じゃないですか!」俺「素人だな」
  • 主人公「人を食ってないならキミはまだ人間だよ、さぁ早くここから逃げるんだ」怪物「うぅ、ありがとう……」
  • ホラー映像番組視聴中妹「…」俺「わあああっ!!」妹「…」ビクッ
  • 俺「お、電車きたきた」電車「キィィィーーwwww」
  • 俺「お、電車きたきた」電車「キィィィーーwwww」
  • 武器屋「どれに?」 彡(゚)(゚)「槍」( ^ω^)「剣!」(ヽ´ん`)「槍がコスパ最強」
  • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ