TOP

まどか「ウルトラマン先生」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:09:47.47 ID:dUqKFPkv0

さやか「今日だっけ、新しい担任の先生が来るの」

まどか「うん、確かそうだったはず」

さやか「でも驚いたよねえ、早乙女先生が寿退職なんて……」

まどか「結婚、できたんだねえ……」

さやか「うん……」

まどか「……新しい先生、どんな人だろうね」

さやか「男の先生らしいけど。……あっ、来たよ」

ガラッ
矢的猛「やあ、おはよう。みんな席につけー」


おしえてウルトラマン



このSSの続きを読む

サンタ「メリークリスマス!」幼女「おめ誰だよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:11:31.79 ID:beFqQgQ90

幼女「どっから入ってきた?」

サンタ「あ。あの、上から」


だれも知らないサンタの秘密



このSSの続きを読む

セイバー「雪がですか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:45:17.15 ID:PEGk6nEg0

士郎「今週末はクリスマスだなぁ」

セイバー「クリスマスですか」

士郎「すごく寒くてホワイトクリスマスになるかもだってさ」

セイバー「ホワイト?」

士郎「雪が降っていいねってことさ」

セイバー「雪が?なぜですか?」

士郎「日本ではクリスマスってのは恋人同士が楽しむ日なんだ」

セイバー「恋人と雪が関係あるのですか?」

士郎「雪が幻想的な雰囲気を作るんじゃないかな」

セイバー「雪がですか?」

士郎「雪が」

セイバー「寒いだけでは?」

士郎「俺もそう思う」

セイバー「寒い方がいいのですか?」

士郎「暖かい方がいいと思う」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:46:08.30 ID:0XffxY0/0

セイバーさんまじパネェっす


寒い国から帰ってきたスパイ



このSSの続きを読む

男「今年も一人でロンリークリスマス……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:29:50.85 ID:atx+BKwF0

男「はぁ……」

男「いや別に、一人暮らしが嫌なんじゃなくって」

男「なんというか、高校に入っても彼女なんてできないという幻想をぶち壊されたわけで」

男「いやね?別に彼女欲しくて一人暮らしを志望したんじゃないんだよ?」

男「単純にね?行きたい高校があって、遠かったから、一人暮らしをしているわけで」

男「親も賛成してくれてるし、自分で言うのもなんだけどレベル高い学校だし」

男「もちろんそのあたりは自覚してるんだけど……」

男「いや確かにね?親元離れて一人暮らしって、期待してないといえばうそになるよ?」

男「でも連れ込むのが目的じゃないっていうか」

男「……はぁ」

男「俺何一人で食っちゃべってんだよマジで」

男「……ケーキ食べよ」

サンタ「大変だねぇ」モシャモシャ

男「……どちら様!?」

サンタ「え、僕を知らない?かの有名なサンタクロースそのものだよ!!写メとってもいいよ!!」


NEWラブプラス



このSSの続きを読む

春香「プロデューサーさん!団結ですよ、団結!」

1: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/12/23(金) 20:53:31.25 ID:HcNGAJrb0

【12月22日朝、765プロ近くの公園】

自分、我那覇響っていうさ。
訳あって今ホームレスしてるんだ。
う゛~最近お風呂入ってないから体が少し臭うぞ。
家族のみんなもお腹空かせてるさ……

沖縄でスカウトされて、アイドル目指して上京したまではよかったんだけど
事務所が悪徳事務所だったんだよ。
それで変なビデオに出されそうになったからマネージャーぶん殴って
飛び出して来ちゃった……
大見得きって飛び出してきたから実家にも帰れないし……
本当に、都会は人も街も汚れてるぞ……
ちゅら海が恋しいさ……

あ゛~思い出したらなんかまたむしゃくしゃしてきたぞ!
こういう時はダンスでも踊って気を晴らすに限るさ。
体も暖まるしな!


社長「ティンときた……!!」

変なおっさんが、熱い視線でダンスを見ながら何か言ってるさ。
きっと変態に違いないから、こういうのは無視、無視。

社長「君、我765プロでアイドルをやってみる気はないかね」

自分、流石に同じ嘘には引っかからないぞ。
アイドルはアイドルでもえっちいビデオのアイドルに決まってるさ。


今こそ団結!~笑顔の輪~



このSSの続きを読む

QB「僕と契約……。」アミバ「ほくと経絡ぅ?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/22(木) 22:39:26.72 ID:buVQ0r6M0

まどか「あ、アミバさん!」

アミバ「なんだ、秘孔を試してほしいのかぁ?んん?」

QB「その手は何だい?僕はまどかと契約を……!」

アミバ「なに、恐れることはない……俺は天才だぁ!」ブスッ

QB「きゅぷっ!?」

まどか「は!秘孔を!」

アミバ「フフ……珍しい生き物だ。この秘孔が成功すれば、貴様はいい木偶になる」グリグリ

QB「きゅきゃ、きゅぷっ……!」ピブー

まどか「様子がおかしいよ、アミバさん!」

QB「きゅべれい!」ボチュン!

アミバ「ん?間違えたかな……。」

まどか「あ、あぁ……!」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/22(木) 22:41:39.14 ID:DWbpk0XU0

構わん、書きたまえ


アミバ天才手帳2011 ん!?スケジュールをまちがったかな…



このSSの続きを読む

女面接官「どうぞ」 男「失礼します」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 23:13:04.81 ID:LkbIOWJs0

女面接官「自己紹介をお願いします」

男「はい、私○○大学○○学部所属の男と申します」

女面接官「ありがとうございます。では早速面接の方に移りたいと思います」

男「はい」

女面接官「大学時代に打ち込んだものは何かありますか?」

男「はい、私は資格取得を目指し努力していました。その結果○○検定1級を取得することができました」

女面接官「そうですか。では、次の質問です」

男「はい」

女面接官「私に打ち込みたいものはありますか?」

男「すみません。もう一度お願いします」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/13(水) 23:13:52.78 ID:WAxGpMjV0

続けたまへ


就活は3年生からでは遅すぎる!



このSSの続きを読む

エルシィ「私の神にーさまがコミュニケーション不全なわけない」

※[ピーーー]は修正しても伏字になるのでそのままにしました。
1 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/11/22(月) 22:29:25.15 ID:ZhfNyb60
桂馬「だからお前は何度いったらわかるんだ!!」

桂馬「ブランド別にわけてあるゲームを勝手に整理するんじゃない!!」

エルシィ「う~、う~」

麻里「……」

エルシィ「あ、にーさまお夕飯は」

桂馬「いらないよっ」

バタン


神のみぞ知るセカイ



このSSの続きを読む

ほむら「全てはあなたのため」

1: ◆1BrjSSUSHI :2011/12/23(金) 01:06:54.37 ID:XZjaUo8k0

まどか「ごめん、ほむらちゃんの言ってる事、全然分かんない」

ほむら「ま、まどか」

まどか「じゃ、じゃあね」

ほむら「待って!待ってよ!」

ほむら「待って・・・」

嫌われた
まどかに嫌われた
何回も時間を繰り返して来た
でも
この時間では、まともに話してもくれなかった
とうとう嫌われてしまった

何がいけなかったんだろう
どうしてこうなるんだろう
わたしは、小さくなっていくまどかの後姿を見つめて
じっと立ちつくすしか出来なかった

涙が頬を伝って落ちた


涙の数だけ大きくなれる!



このSSの続きを読む

ヒカル「塔矢、おまえって好きな人とかいるの?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/22(木) 17:59:07.75 ID:OjyHJcXR0

塔矢「どうしたんだ進藤?突然そんなこと聞くなんて…」

ヒカル「いやあ、和谷がさあ…」

塔矢「和谷?」

ヒカル「あっ、お前は知らなかったか。俺と一緒にプロ試験合格した…」

塔矢「ああ、彼か。その和谷くんが何か言ったのか?」

ヒカル「うん。お前ももういい年なんだから気になってる女の一人や
    二人いるだろって」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/22(木) 18:00:35.24 ID:00pMoop00

アッー


聴くだけで恋人ができるCDブック



このSSの続きを読む

セイバー「聖杯なんてくだらない!私の歌を聴きなさい!」士郎「」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/22(木) 22:14:51.23 ID:z4kHqiwp0

セイバー「ならんで歩いた このみ~ち」

セイバー「いつか いつか ここに帰ってく~るよ」

セイバー「なにげなくふ~り~む~い~たら」

セイバー「ほら君の~え~がお~」

士郎「……」

セイバー「どうも。ご清聴ありがとうがざいました」

セイバー「……」

士郎「……」

セイバー「問おう。貴方が私のマスターか?」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/22(木) 22:15:56.39 ID:UIIu+CJd0

かわいい


カラオケ上達100の裏ワザ



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
  • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ