TOP

アスカ「メル友募集掲示板……?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土) 23:11:23.65 ID:gyf3aFsRP

HN:料理犬

こんにちは!
第3東京市住みの中学二年生で、エヴァンゲリオン初号機のパイロットやってます!

なかなか人と上手く馴染むことの出来ない僕だけど、メールならと思いきって、書きこんでみました。
出来れば女の子のメール相手募集します! よろしくおねがいします!

アドレス↓

boku-shinji@kodomo.ne.jp





アスカ「……」



このSSの続きを読む

ゲンドウ「乗るなら早くしろ」マダオ「えっ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/01(木) 19:09:17.75 ID:qTZ1UGt0O

ゲンドウ「でなければ帰れ!」

マダオ「いや、清掃員の面接に来ただけなんですけどー…」

ミサト「乗るのよ、長谷川さん」

マダオ「いや、重機の操作は慣れてるんだけどね」

マダオ「問題は給料の方で時給はー…」

ゲンドウ「お前には失望した。」

マダオ「え?何?ちょっと待って!!」

マダオ「乗らないなんて言ってないよ?言ってないからね?」



このSSの続きを読む

凛「士郎とイチャイチャしたいなー」セイバー「声に出てますよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 15:08:59.64 ID:3lld63CP0

凛「嘘!?」

セイバー「出てます」

凛「まぁ、別に聞かれて困るものでもないけど」

セイバー「全く」

凛「セイバーも士郎とイチャイチャしたいでしょ?」

セイバー「いえ。全く」

凛「ほんとぉ?」

セイバー「はい」

凛「じゃ、私はしてこよーっと。最近、欲求不満だったしー」

セイバー「リン!!はしたないですよ!!そういうことは黙ってしなさい!!」



このSSの続きを読む

シンジ「ターミナルドグマ最大トーナメント……!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土) 11:13:19.76 ID:a0usk/oQ0

<ネルフ>

グニャ~……

空間を歪ませ、父子が対面を果たす。

ゲンドウ「久しぶりだな」

シンジ「父さん……ッッ!」

シンジ「ついに決着をつける時が来たね」ザッ

ゲンドウ「私は今ここでお前と戦うつもりはない」

シンジ「なんだって!?」

シンジ「父さんはぼくの目標であり、母さんの仇だ!
    ぼくは今日まで父さんを倒すためだけに鍛錬してきたッッッ!」

シンジ「──なのに、どうしてだよ!」

ゲンドウ「お前には一ヶ月後に開かれる、
     ターミナルドグマ最大トーナメントに参加してもらう」

シンジ「ターミナルドグマ最大トーナメント……!?」



このSSの続きを読む

P「春香が地下鉄の中に…?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土) 13:03:14.33 ID:ZW/skq2o0

~某山中腹~


春香「うわぁ…すごい紅葉だねぇ。」

千早「ほんとね…どうせならここでロケすればいいのに。」

春香「だよねぇ。これ見た後に屋内で撮影ってちょっとテンション下がっちゃうかも…」

千早「ふふっ でも仕事は仕事よ。」

春香「そうだね… あ、ねぇ、今度また二人で見に来ない?」

千早「いいわね。じゃあ今週末にでも。」

春香「やった。」

春香「あぁ、でも今もう少し見ていたい気分だなぁ…」

千早「仕事遅れたらプロデューサーにどやされるわよ?」

春香「あはは…そだね。」



このSSの続きを読む

シンジ「綾波の様子がおかしいんだ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 13:28:37.04 ID:PxJSDl2H0

アスカ「はぁ?あいつはがおかしいのはいつものことじゃない」

シンジ「そ、そんなことないと思うけど……」

アスカ「で、具体的にどうおかしいってのよ?」

シンジ「心ここにあらずっていうか、ぼーっとしてるっていうか」

アスカ「それこそいつものことじゃない」

シンジ「で、でも……ほら、綾波を見てみなよ」

アスカ「ファーストを?」




レイ「…………」

ヒカリ「あ、綾波さん?その、濡れていない雑巾を絞っても意味無いと思うんだけど……」

レイ「……そうね」




シンジ「ね?」

アスカ「…………」



このSSの続きを読む

美希「おにぎりこわいの」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土) 13:34:41.26 ID:Ovkt2qwR0

 
P「え?」

美希「だから~、おにぎりがこわいの! もう顔も見たくないってカンジ!」

P「そ、そっか……昨日まであんなにおにぎりおにぎり言ってたのに、どうしたんだ?」

美希「あはっ! 女の子のキモチはフクザツなんだよ?」

P「ふーん……そういうもんか」

美希「そういうもんなの! えへへ……」

P「……」

美希「あっ! あとあと~、ミキ的には、ハニーもすっごく、すー……っごく! こわいの!」

P「えぇ!?」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/01(土) 13:35:07.91 ID:VZxxmV5D0

まんじゅうこわい



このSSの続きを読む

夜神月「聖杯…必ず手に入れて見せる」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 21:20:00.49 ID:21/p7MEjP

僕が意識が出来上がると、目の前に一人の少女の姿があった。

凛「はじめまして」

この少女が僕のマスターのようだ。
どう見ても10代の小娘だ。
まぁ少々頼りなくても問題ない。
なぜなら僕が一人で勝利する自身があるからだ。
マスターが誰であろうと、僕は勝つ。
一応しばらく僕のパートナーとなる少女に挨拶をしておく。

月「はじめまして。君がマスターだね」

愛想よく喋る。
仲良くする必要も無いが、
パートナー同士が険悪なムードになるのも困る。
社交辞令くらいの挨拶はしておく必要がある。

凛「ふぅん」

僕の姿を見回すが、身なりをみて少しがっかりそうにする。

凛「その格好…どうみてもセイバーじゃないわね…はぁ…」

まぁ聖杯戦争での勝率はセイバーが最も高いのは事実である。
だが、露骨に溜息をつかれるとこちらもいい気がしない。



このSSの続きを読む

キョン「長門って何でも知ってるよな」長門「そうでもない」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/30(金) 20:58:57.68 ID:dwVVe7Uf0

―月曜日 放課後 部室―

キョン「長門、チャペッペッルリョクンピョって知ってるか?」

長門「知らない」

キョン「そうだよな」

キョン(今、適当に作った単語だしな)

長門「……」

ハルヒ「はーい!お待たせー!!会議を始めるわよー!!」



このSSの続きを読む

ヨッシー「マリオさんって実は人間じゃないんですよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/07(金) 00:12:14.43 ID:mrg11vH/0

ヨッシー「マリオさんって実は人間じゃないんですよ」

マリオ「何を言ってるんだヨッシー」

ヨッシー「ピーチ姫は、キノコを食べて巨大化しますか?」

マリオ「……」



このSSの続きを読む

2012年11月の人気SSランキング



2012年11月の人気SSランキング





このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
  • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ