TOP

唯「さばいばる!」【後篇】

2d25854





唯「さばいばる!」の【後篇】です。





このSSの続きを読む

唯「澪ちゃん!」シノ「私はナプキン派だ!」

uproda132241


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/31(火) 17:28:10.25 ID:0L3jaX/s0



こんにちは、平沢唯です!

なんと、私たち軽音部が他の高校の文化祭にゲストとして招待されてしまいました!

なんでも、ここの生徒会長さんが私たちの去年の文化祭のビデオを見てすごく感動したんだとか!

期待に答えられるように精一杯がんばるぞー!



唯「とうちゃーく!焼きそばたべよう!」



澪「生徒会長さんに挨拶するのが先だろ!招待してくれたんだから」



律「迎えの人がいるって聞いてるんだけど…」



タカトシ「桜が丘高校の方ですか?」



タカトシ「今日は遠いところをありがとうございます。僕は、副会長の津田タカトシです」



律「結構イケメン…」



タカトシ「どうぞ、こちらへ。会長のところへご案内します」



唯「……」プルプル



梓「唯先輩、どうかしましたか?」



唯「男子高校生!初めて見た!本当にいたんだ!」



律「そりゃ共学だからな…」



タカトシ「(天然か…?)」




このSSの続きを読む

律「そりゃあたしは、部長だからな」

100527_83
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 09:52:26.77 ID:iSdzGiGo0
律「あー……学校行きたくねー」

澪「へ?」

律「だから、学校いきたくねーんだよ」

澪「そりゃまた唐突だな……何でだよ? 何か面白くないことでもあったのか?」

律「ないよ、全然。だけど、面白いことも全然ない」

澪「まーな。学校って楽しみに行くようなところでもないしさ……割り切るしかないのかもな」

律「とか言ってる澪は毎日楽しそうじゃん」

澪「そう見えるか? まぁ、楽しくないと言えば嘘になるかな」

律「文芸部だろ。お前最近文芸部の話ばっかしてくるから」

澪「まぁな。文芸的な活動はあんまししてないんだけど……
  あいつらと放課後の時間を過ごすのが、すっごく楽しいんだ」

律「あんな根暗そうなやつらと?」

澪「そりゃ偏見だ。色んな個性の奴らが居て、一言では括れないんだぞ」

律「へーへー、そうですかい」

このSSの続きを読む

唯「和ちゃんのがかっこいいよ!」澪「いーや!律のがかっこいい!」

agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQYrarfAQw

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 19:45:59.58 ID:b3wO0r8c0
放課後 軽音部、部室


律「今日さー授業中に何気なく窓の方見たら和がメガネ外してて…」

唯「うっそ!!?」

律「へっ?」ビクッ

唯「それ本当!!?」

律「あ、あぁ…確か数学のときに…」

唯「数学……んあああああああああああ!!!!!寝てたあああああああああああああああ!!!!!」

澪「ひぃっ!」ビクッ

梓「ゆ、唯先輩?」

律「ちょっ…落ち着けよ!」

紬「…」オロオロ




このSSの続きを読む

憂「和ちゃん、大好き!」

100527_361



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/30(月) 00:51:48.40 ID:mmzSnNeu0



彼女は、すごく優しい人で



彼女は、すごくかっこよくて



でも彼女は、実はすごく可愛い人で



気がついた時には、もう彼女のことを好きになっていました。





このSSの続きを読む

律「がうがうりっちゃん」

org1092628

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/28(土) 00:09:25.33 ID:A3beeJS60


立ったら書く




このSSの続きを読む

紬「キスしてほしいの……」唯澪律梓「え」

uproda132223
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 23:43:00.54 ID:8MgyFq5KP
紬「あの…ね?スキンシップ…でね!…あ、のねっ…」

唯「りっちゃん隊員…こいつは事件ではっ?」

律「ゆいよ…落ち着くのだ!」

梓「むぎ先輩?いきなりなにを言ってるんですか」

澪「き、きききす?魚だろ?///」

このSSの続きを読む

梓「30歳になっても唯センパイは私をあずにゃんと呼ぶ気だろうか」

02
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/26(木) 18:38:03.02 ID:o4oj0UmG0

梓「三十路で『にゃん』はちょっと…」

澪「おいおい、まだ10年以上も先の話じゃないか」

唯「というか30歳になっても私と会う気なの?」

梓「ぁえっ?」

律「いるんだよな~」

 「ちょっと優しくすると その気になっちゃうヤツ」

紬「唯ちゃんにとって、梓ちゃんは遊びの関係に過ぎないのよ」

梓「いや、それ以上の関係だと私も困りますが」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/26(木) 18:39:52.71 ID:cl+NRQ2m0

俺は30過ぎてるけどあずにゃんあずにゃん言ってるよ


このSSの続きを読む

唯「お姉ちゃん!」憂「なぁに?唯ちゃん」

01


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 18:00:17.69 ID:Yyw2bFrH0



唯「唯 でいいよ~」

憂「…ゆい?」

唯「お姉ちゃん!」

憂「うっ…」



このSSの続きを読む

唯「ゆうれい!」

190
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 20:03:58.46 ID:/zL+oeRb0
唯「にっくまん、にっくまーん!」ニコニコ

ブッブー

唯「? あ、猫ちゃんが!」

唯(助けなきゃ!)ダッ

ガバッ キキーッ ドンッ

猫「にゃ~……」

ピーポーピーポー

このSSの続きを読む

唯「憂は主食」

up28264
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 13:30:47.02 ID:Ux5Hr+wC0
―お風呂上り。

リビングへ戻ると憂がテレビを見ていた。

  かわいい。

わたしの妹とは思えないほど愛らしい憂を見て、なんだか体が熱くなる。

憂「あっお姉ちゃんあがったんだ」

唯「うん」

憂「じゃあわたしも入ろうかな」

憂が立ち上がって風呂に向かおうとする。
でも、無理やり抱きついて憂の足を止めた。

憂「わっ……どうしたの?」

唯「いいじゃ~ん、憂あったか~い」

少し頬が赤くなった憂を見て、ふと閃いた。

憂「お、お姉ちゃん……」

そのまま押して憂をソファに戻し、また抱きつく。

胸に、憂の顔を当てた。

憂「ちょ、ちょっとお姉ちゃん!」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 13:34:21.71 ID:OjDBjcQ20
12555
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 13:37:07.80 ID:Ux5Hr+wC0
1255512
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 13:53:15.85 ID:4r/1mg+t0
これが>>1の遺作か

このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
  • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
  • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
  • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
  • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
  • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
  • 北沢志保「雨が止むまで」
  • 北沢志保「雨が止むまで」
  • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
  • P「ピクミン?」
  • P「ピクミン?」
  • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
  • やよい「クレジットカード?」
  • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
  • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
  • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
  • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
  • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ