TOP

キョン「なんて事だ。まさかこんな事になるとは…」

haruhi-66(1280x1024)

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/30(土) 17:17:28.57 ID:DO8Y0mbs0
キョン「まさか……まさか

       
>>3なことがおきるとは」


このSSの続きを読む

澪「……かもしれない」

k-on!-75(1920x1200)

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/23(水) 13:26:59.51 ID:hwGMHRN10
律「んー、澪なんか言ったか」

澪「聞こえてたのか?」

律「いんや別に。それより昨日のドラマでさー――」

なんとなく予感がして声に出てしまった。
それは、あくまでも可能性の一欠けらであって予測の範囲内にギリギリ収まる程度であって予知夢にも似た偶然が重なって起こるようなことだった。
考えた後で、何てことを考えてしまったのだ、と戒めを起こしてしまった。

いつもの音楽準備室でいつものメンバーでお茶をしていた。
練習に性も出さずひたすら糖分を補充しては、唯なんて口の周りに食べかすをこびり付かせている。
会話の内容も非常に有り触れているものを、昨日の議題を今日に繰り越すみたく、展開させていた。
所謂、昨日のテレビで見たんだけどさー、なんて他愛も無い話である。
そんな中で私はぼーっと聞き耳を立てていた。
律と唯の言葉で展開されるお笑いコントじみた風景に溶け込んでいた。
そしてチラリと律を見た。
これについて一切の自発的なものは含まれていない、よく使われる『なんとなく』というやつだ。
私はその『なんとなく』を行使して、律を見た。
律の指先がたまたま私の方向を指していた。

その指先が伸びて、目の前にまで伸びてきて、角膜を通り抜けて、瞳孔を突き破って、水晶体にまで進入し、硝子大官をくぐって、網膜血管に溶け込んで、視神経を圧迫して。
それから肉やら骨やらその他もろもろの生命維持には欠かせない物体を貫通したあげく頭の後ろから出て行ていってしまうような。
非常に有り得ない幻想に襲われた。

律は、私の目を刺そうとしていたのかもしれない。



このSSの続きを読む

唯「中学生のころの話しようよ!」律「じゃあ、次は私だな」

k-on!-81(1920x1200)

1笑み社 ◆myeDGGRPNQ []:2009/12/20(日) 14:38:17.38 ID:aZvLa4Y80 

 私には 取り得 というものがあった

 才能だとか

 長所だとか

 そういった大げさなものではなくて

 ただ単に 得意なことがあった

 それで得るものもあれば
 
 必然 失うものもある

 私にとって それは――

 ――どちらが 大きかったのだろうか


このSSの続きを読む

唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」【後篇】

507以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/15(火) 12:34:38.06 ID:tVyZu/aqO




 
このSSの続きを読む

唯「く」 梓「ぐ」 憂「つ」【前篇】

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/11(金) 22:34:40.72 ID:AbwRFI2b0
憂「くっ、こ、これが……、こんなことが……」

紬「琴吹グループ関連会社の一流造形師に作らせた最高傑作よ。世界に二つとないわ」

憂「いいでしょう、紬さん。そちらの条件を伺います」

紬「ふふ、話が早くて助かるわ。実はね……」

憂「すごい、スカートの中まで精巧に作りこまれているッ!」

紬「訊いて憂ちゃん」

憂「ふ、うふふ。嗚呼、お姉ちゃん、可愛いなぁお姉ちゃん……」

紬「訊けよ」

 桜高の制服を纏った二人の少女が校舎の屋上で密談を交わしていた。
 一方の名を琴吹紬。座右の銘は『男が来たら殺すのよ』。
 もう一方の名を平沢憂。座右の銘は『お姉ちゃん お姉ちゃん うーるわしのー』。
 なんら接点の無いような二人ではあるが、今この瞬間、両者の間にはひとつの契約が結ばれようとしていた。



 



このSSの続きを読む

古泉「すごい吹雪ですね・・・」

haruhi-384

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/06(日) 23:17:39.93 ID:SmQCYsNV0

ビュォオオオオオオオ

キョン「そうだな・・・なんで急に・・・」

古泉「そういえば涼宮さん、南極物語見てましたね」

キョン「南極物語は泣いた、男泣きだ」

古泉「ええ、そうですよね。僕も泣きましたよ」

キョン「特に氷が割れて犬が沈むシーンなんか特にな」クッ

古泉「まあ見たことないんですが」

キョン「殴るぞ」




 
このSSの続きを読む

キョン「長門の頭は…メロンパン入れになってまーす」ハルヒ「!?」

haruhi-46(1600x1200)

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/15(火) 17:11:45.53 ID:vPZE5jAc0
ハルヒ「も、もう一回」

キョン「メロンパン入れになってまーす」パカッ

長門「…」

ハルヒ「…」

ハルヒ「…」ヒョイ パクパク

キョン「あっ」

ハルヒ「うまい!」

長門「めめめまあばばパンパンパンなぁががが」

ハルヒ「!?」



 

このSSの続きを読む

キョン「(´・ω・`) 」【プロローグ&エピソード1&エピソード2】

pink_syobo_06

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 09:03:13.25 ID:REGTHMk20

やあ (´・ω・`)

ようこそ、バーボンハウスへ。

このテキーラはサービスだから、まず読んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このキーワードを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。

殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このスレを立てたんだ。

じゃあ、始めようか。



 
このSSの続きを読む

キョン「(´・ω・`) 」【エピソード3&エピソード4】

245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/04(金) 17:39:22.75 ID:REGTHMk20
保守ありんこ
再開



このSSの続きを読む

キョン「(´・ω・`) 」【エピソード5&エピローグ】

587以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/12/05(土) 00:46:50.46 ID:rjdL1Tjx0
おうよ、最後まで付き合うぜ

このSSの続きを読む

キョン 「ん?…これ、長門のブログじゃねえか…」

haruhi-385

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/12/02(水) 09:50:22.10 ID:oCfdWlPX0
キョン 「なになに、今日はカレーを作りました。だって」  カチカチ

キョン 「顔出しもしてるのかよ。はは、勇気あるじゃねえか」

キョン 「あ、でも…コメント数は0か。可哀相だからコメントしてやるか」

キョン 「美味しそうなカレーですね、と」  カタカタ



長門 「! コメントが数が1。誰…」

長門 「美味しそうなカレーではなく、美味しいカレー。こいつは私の心を踏みにじった。アク禁する」

長門 「これでよし」  カタカタ


 



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【ミリマス】莉緒「何で私が仲間はずれなのよ!」
  • 【ミリマス】莉緒「何で私が仲間はずれなのよ!」
  • 【ミリマス】莉緒「何で私が仲間はずれなのよ!」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【グラブル】ヘルエス「これより第二回団内PTA会議を始めます!」イルザ「何なんだこれは」
  • 【モバマス】本田未央「まっはふみふみ」
  • 【モバマス】本田未央「まっはふみふみ」
  • 【モバマス×シャニマス】菜々「283プロ……ですか?」真乃「はいっ」
  • 【モバマス×シャニマス】菜々「283プロ……ですか?」真乃「はいっ」
  • 【モバマス×シャニマス】菜々「283プロ……ですか?」真乃「はいっ」
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ