TOP

勇者「魔王倒したし帰るか」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県):2011/07/01(金) 10:10:49.16 ID:5Ug8BclXo

勇者「王様チィーッス。勇者ですよーっと」

王様「だ、誰だ!?」

勇者「いやだから勇者だって。ほれ勇者の印」ぺかー

王様「それは確かに勇者のみが持つ……ああ、すみませぬ。あまりにもその……容姿がお変わりになってて」

勇者「あー、痩せたしね。ヒゲとかも生えてるし。何より格好がこ汚いよな。鎧とかドロドロだし臭いし」

王様「い、いえ。決してそのような……」

勇者「無理しなくてもいいって。あ、ごめんちょっと吸わせてもらっていい?」

王様「は? あ、ああ、葉巻ですか? では兵に良い物を用意させましょう」

勇者「いいっていいって。自分のあるし」

王様「そうですか。ところでその……他の皆様は?」

勇者「んー、戦士と魔法使いと僧侶の事?」

王様「はい。お仲間方はどこに?」

勇者「死んだよ。俺以外は全員」プハー

王様「え?」



管理人コメント:SS速報VIPというところのSSもまとめようかと思ってる今日この頃です。まとめ依頼よろしくお願いします。


このSSの続きを読む

まどか「ほむらちゃんはメガネを付けると気弱になるんだよね!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/18(月) 20:39:05.25 ID:d0kIm5Sw0

さやか「そうなの?」

まどか「うん!」

仁美「もしよかったら見てみたいですね」

まどか「じゃあ試してみよっか!ほむらちゃーん」

ほむら「何かしら?」

まどか「このメガネ付けてみて」

ほむら「わかったわ」

さやか「あれ……なんか縮こまるような立ち方に……」

仁美「可愛らしいですわ」

ほむら「え、えっと……これは何か意味があるのでしょうか?」

まどか「ほむらちゃんってメガネ似合いそうだなって思ったんだ」

ほむら「え、えっと……ありがとう……鹿目さん」

さやか「呼び方も変わってる……ねぇほむら」

ほむら「な、なんですか美樹さん」

さやか(なんだろう……すっごく弄りたい……)



このSSの続きを読む

妹「お兄ちゃん、今日一緒に帰ってた人だれ?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/18(月) 00:11:38.09 ID:/Yn9nx330

兄「ああ、部活が一緒の女さん」

妹「へぇ、一緒に帰るなんて仲いいんだね」

兄「たまたま帰る方向が一緒だっただけだよ」

妹「本当に?」

兄「他に何があるんだよ」

妹「別に……」

兄「変な奴だな」

妹「ねぇお兄ちゃん、覚えてる?」

兄「ん?」

妹「大きくなったら結婚してくれるって約束したよね?」

兄「あー、懐かしいな!」

妹「なんで浮気するの?」

兄「えっ?」

妹「ねぇ、なんで!?答えてよ!」

兄「そんなこと言われてもID腹筋スレだしな…」



2: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/07/18(月) 00:13:32.08 ID:DwhzKKYt0

さてと…



このSSの続きを読む

お嬢様「にゃんにゃんにゃん!」執事「……お嬢様?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/17(日) 22:16:08.11 ID:NFzE73MR0

お嬢様(この部屋もいい加減、息が詰まって仕方ないや……)

お嬢様(お父様、お母様……)

お嬢様(執事君も、もっと私に構ってくれればいいのに)

シーン

お嬢様「……寂しいな」



このSSの続きを読む

岡部「ん?どうしたバイト戦士よ」鈴羽「べっ別に…なんでもないよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/17(日) 19:40:32.66 ID:l2iAOi2g0

岡部「ふむ…そうか。まぁ暇だからといってラボに入り浸るのもほどほどにしておけよ?」

鈴羽「うん、分かってるよ。もう少ししたら戻るつもり」

岡部「うん、そうしたほうがいいだろう。こっちもミスターブラウンに難癖付けられたらかなわんからな」

鈴羽「あはは、店長ならやりそーだね。……ところで、他の人たちは?橋田至とか椎名まゆりとか……牧瀬紅莉栖、とかさ」

岡部「うむ、ダルならメイクイーン+ニャン2でイベントがあるらしいから今日は来ないぞ」

鈴羽「ふーん、じゃあ椎名まゆりの方は?」

岡部「何を言っている。メイクイーン+ニャン2でイベントがあると言っただろう。まゆりもメイドとして参加しているに決まっているだろうが」

鈴羽「あーそっか。そうだよねー、あはは」

岡部「助手は……分からんな。あいつは来る日もあれば来ない日もあるからな。まったく…助手の本分というのが分かっていないから困るのだ」

鈴羽「そうなんだ……」

岡部「で、それがどうかしたのか?」

鈴羽「そっか…じゃあ、今日はこのまましばらくは岡部倫太郎と二人きり……か」ボソ

岡部「…?何か言ったかバイト戦士よ」

鈴羽「えっ!?別にっ!?それにしてもあっついなぁ~…」

鈴羽(…よし、これは……チャンス、かな)



このSSの続きを読む

杏子「この前、さやかとデート中にさ・・・」

1:『杏子とさやかの物語』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/17(日) 19:59:29.57 ID:BzZAtF+V0

杏子「よう」

まどか「あ、杏子ちゃん……? 珍しいね、こんなところで会うなんて」

杏子「今日は一人で帰るのかい?」

まどか「うん……ほむらちゃんは、学校で用事があるからって。
    待ってるって言ったんだけど……、長くなるから先に帰ってて言われちゃった」

杏子「あいかわらず、アツいじゃん」ニヤリ

まどか「ティヒヒwwwwww」

杏子「耳まで赤くしちゃって……。かーっ、羨ましいねぇ」

まどか「き、杏子ちゃんだって、さやかちゃんがいるじゃない」

杏子「……」

まどか「?」

杏子「……あのさ」

まどか「……なに……?」

杏子「ちょっと話があるんだ。顔かしてくれる?」



このSSの続きを読む

後輩「センパイ、今日なに食べたいですか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/15(火) 17:01:02.43 ID:1fq7WKdEO

男「猫になりたいなぁ。
  目がさめたらなってないかな」
後輩「まーたそんなワケわかんないことを言って。」
男「だっていいじゃないか……
  寝てるだけでまんまにありつけて」
後輩「飼い猫の話ですか?」
男「金持ちの飼い猫。」
後輩「自由じゃないですよー」
男「飯と引き換えなら、そこいらの背広さんと一緒だろ?」
後輩「じゃあセンパイ、働いてみてくださいよ」
男「やーだめんどくさい。俺は猫がいいのー」
後輩「もう。
   じゃ、バイト行って来ますからね。」
男「おー。」



このSSの続きを読む

幼馴染「起きてくださーい?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 14:41:14.46 ID:JnLcKiox0

男「・・・んぁぁ、もう10時かぁ・・・・・」

幼馴染「おはよう男くんっ」

男「んあ・・・」

幼「はいはい朝ごはんですねっ」

男「うー・・・」

幼「~♪」

男「・・・・・」

幼「はいコーヒー。砂糖三杯です」

男「ん、あんがと」

幼「はい朝ごはん」

男「ん」

幼「はい新聞」

男「んー」



このSSの続きを読む

上条「小萌先生の家にお泊まり補習だと…?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 14:49:05.74 ID:Q971T74bO

上条「これは…いけないかほり…!」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 14:49:25.25 ID:xmHICHfQ0

かけよ



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:53:47.77 ID:BTXQmWfZ0

誰か書いてくれよ



このSSの続きを読む

紅莉栖「岡部ぇ……岡部がいないと私……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/14(木) 21:52:32.86 ID:b1sT3sm00

ラボから帰宅した好感度MAXの紅莉栖



2:鳳凰院クリスティーナ ◆xj9aPLjwyw :2011/07/14(木) 21:56:00.97 ID:ls9E2gIP0

レベルが足りなくて代行してもらいました。


紅莉栖「最近はラボからホテルに帰ってきてもやることと言ったらシャワー浴びて寝るだけなのよね」

紅莉栖「明日も早い内からラボに行くためにさっさと寝ますか」

紅莉栖「………………」

紅莉栖「……何か眠れないわ、今までこんなことなかったのに」カパッ

紅莉栖「えっと岡部からの最後のメールは……二日前かぁ。
    そういえば最近は結構傍にいたからメールするようなこと無かったもんね」

紅莉栖「えっとその前は……さらに三日……今から五日前。
    それも買い出しのお願い、か。味も素っ気も無い」

紅莉栖「………………」

紅莉栖「……寂しい、何だか寂しいよ岡部」ピッピッ

紅莉栖「当たり前だけど隠れてケータイで撮った画面の中の岡部は何も答えてくれないわね」

紅莉栖「………………」

紅莉栖「……私どうしちゃったんだろう? 岡部を意識し出してからなんだかおかしい……」

紅莉栖「岡部ぇ……岡部がいないと私……」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/14(木) 21:59:00.05 ID:ls9E2gIP0

岡部「なぁクリスティーナ」

紅莉栖「ティーナを付けるな。で、何よ?」ギロッ

岡部「いや、ラボ内の物は基本共同使用だから一緒にソファに座っているのはいいのだがいつもより随分と近くないか」

紅莉栖「そ、そうかしら? 気のせいじゃない」ドキッ

岡部「む、そうか。まぁお前がそう言うならそうなんだろう」

紅莉栖「そうよ、断じていつもよりアンタに擦り寄ったりなんかしてないわよ」スリスリ

岡部「……おい」

紅莉栖「な、何よ」

岡部「お前が擦り寄ってくるせいで俺の右半身がソファーの端に押しやられて微妙に痛いのだが」

紅莉栖「そ、そう? 気のせいじゃない?」ギクッ

岡部「そんなわけがあるか! 痛覚は無視できない人間の正常な感覚機能だろうが」

紅莉栖「わ、わかってるわよ! で、でも決して態とじゃないんだからね、勘違いしないでよね!」



このSSの続きを読む

古畑任三郎「学園都市・・・・・・?」

viploda_net8437
1:『古畑、学園都市に行く』 ◆k6VgDYkyGI :2011/07/13(水) 21:16:25.28 ID:nTLW7SIA0

古畑「え~、大変ご無沙汰しておりますぅ~、古畑任三郎です。
    本日の舞台は、『学園都市』。人口230万人を有する、正真正銘、本物の超能力者たちの街です。
    そして――今回の事件には、この超能力が大きく関わってきます。

    ところで! みなさん、性癖ってお持ちですかぁ? フフフ。

チャッチャッ♪ チャチャン♪ チャッチャ♪ チャッチャ♪
チャッチャッ♪ チャチャン♪ チャチャッ♪ チャッチャ♪

    正しくは『性的嗜好』という言葉で、個人の性的な好みを示す専門用語だそうです。
    人間というのは不思議なもので、さまざまな性癖を持っています。
    『同性愛』からはじまり、『露出症』、『窃視症』、『動物性愛』……じつに多様です。
    えー、もちろん、超能力者でも、それは変わりません。

    ……ちなみに、フフフ、私の性癖は――」

チャチャチャチャチャチャラララ~♪ ドンドコデンドンドコドコデン♪

田村正和

チャチャチャチャチャチャラララ~♪ テケテケテケテー♪

古畑任三郎



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ミリマス】紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
  • 【ガルパン×デレマス】エリカ「あんた本当に頭パッションね!」みほ「???」
  • コナン「安室さんはゼロの執行マンなんだ」灰原「えっ!?!?」
  • コナン「安室さんはゼロの執行マンなんだ」灰原「えっ!?!?」
  • シタP「歌織が欲しい」
  • シタP「歌織が欲しい」
  • シタP「歌織が欲しい」
  • シタP「歌織が欲しい」
  • まつり「夢の中のわんだーらんど」【ミリマスSS】
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ