TOP

ウメハラ「新任の梅原です」唯「ふぇ?」

sya_ora_
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/22(土) 14:56:19.81 ID:jAzXQ86Q0

――4月・教室――

唯「それでさー」

律「おおぅ! まじかよ!」

紬「それでそれで!?」

澪「まさかそんなことがあるなんて……」

和「びっくりよね」

律「だよなー」

ドア「がちゃ」

さわ子「ホームルーム始めるわよ。席について」

紬「はーい」

唯「あれ? あの人だれ?」

さわ子「えーと、新学期が始まって2週間だけど、新任の副担任を紹介します。それじゃあ、
一言お願いします」

ウメハラ「え? ああ、新任の梅原です」

唯「・・・・・・ふぇ?」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/22(土) 14:58:30.24 ID:YRh4zFYe0

ウメハラがぁ!クソスレ立ててェ!画面端い!



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/22(土) 15:34:50.65 ID:FUXFiPrg0

>>3
吹いた



このSSの続きを読む

紬「すごいわ!唯ちゃん!!」

keion173r
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:21:58.98 ID:Pi3cW5kN0

唯「ムギちゃんムギちゃん!」

紬「どうしたの?」

唯「ほらっ!桜の花びら!!」

紬「わっ。キレイね」

唯「だよね?!」

唯「一ダースも見つけたんだよ!」

紬「すごいわ!唯ちゃん!!」ナデナデ

唯「えへへ~」



このSSの続きを読む

のび太「ミサカちゃんは…僕が守る!」

ef6f023d
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:13:12.48 ID:Eaj33SUs0

―学園都市・第三学区―

10月1日。とある高級ホテルの一室に3人の男女がいた

???「あいつは殺されたよ…残念だ」

最初に口を開いた少年は
頭に土星の輪のような形状をしたヘッドギアを被っている

???「殺ったのは『アイテム』の連中みたい
     ご丁寧に千切って送られてきた上半身には警告文までついてたわ
     別に悲しくも怖くも無いんだけどさ、狙撃手はどうするの?補充?それとも計画変更?」

少女が続けて口を開いた
外見は14歳ほど、小柄で華奢な体つきにもかかわらず
まるでホステスのような背中の開いた丈の短いドレスを着ている


???「…昨日の話なんだが
     “レベル5”の“第八位”の認定が下ったのって知ってる?」

ブレザーの学生服を来た少年が言う
学生服を着ているのだが、その風貌はまるでヤクザ予備性か新人ホストを彷彿させる

ヘッドギア「初耳だ」
ドレス少女「それがどう関係あるの?」

???「そいつの能力まではわからないんだが、肝心なのは学園都市が付けた能力コード…
     “射程圏内(オールレンジ)”だとさ…面白そうじゃね?」



このSSの続きを読む

禁書「恋も2度目なら、って思うんだよ」

00e923a2
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 19:55:22.82 ID:LdIk4XvJ0

たったら書く

――

 いつだったか、とある人が何気なく言っていた事を思い出した。

「恋愛ってのは、思いこみみてェなもンだ」

 聞いた時は対して気にもしてなかった。
 けれど、いま振り返ってみれば、まさに言葉の通りだと気づかされる。

 多分、彼女が勝っていた点はソコで。
 多分、自分が足りてなかった点もソコで。

 太陽が一番空高い位置に居座って、サンサンと日差しを大地へと突き刺す時刻。
 第七学区のとある公園のベンチに座りながら、
 白い修道服に身にまとう小さなシスターさんこと禁書目録は、そんなことを考えていた。



このSSの続きを読む

梓「どうじんし!」

k-on-229
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:11:45.14 ID:PvHNir790

梓「…ん?」

部活に向かう途中、普段は使われていない空き教室で話し声が聞こえ、立ち止まりました。

梓「なんだろ…誰か居るのかな?」ガラガラ

空き教室は基本的に用がないときは立ち入り禁止だったので、なんとなく中を確認しようとドアをあけました。

別に、校則違反だからどうこうとか、そういうのは全くなくて、本当にただなんとなく気になったので。

ドアを開けると、女子が3人。多分、隣のクラスの人だったような気がします。3人は慌てたようにこっちに振り向きました。

女子1「!な、中野さん…!」

女子2「あわわ…」

3人は慌てながら、机の上に広げた本のような物を、鞄の中に素早く仕舞いはじめました。



このSSの続きを読む

上条「…“レベル5”の転校生?」

toarumajutsu5
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/13(土) 21:05:27.60 ID:PfHQ6g1D0

アレイスター「…『原石』が2人見つかったか。『肉体再生』の少女に『発火能力者』の少年か
        年齢は共に16歳で強度は不明…」

アレイスターは報告を更に詳しく読み、驚く

アレイスター「『肉体再生』の方は他人を再生できるだと…?実に興味深い」


アレイスター「直ちに回収せねば」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/13(土) 21:06:50.38 ID:e0pRUdMo0

炎のはらませ転校生?



このSSの続きを読む

上条「頼む!御坂!」美琴「な、何よ」

63975073
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/24(月) 22:02:28.04 ID:sSkSd3KF0

上条「頼む!殴らせてくれ!」

美琴「いきなり何よ!い、いや」
ドゴォ!!!!!!!

その瞬間、上条の右ストレートが美琴の顔面に炸裂し、前歯は折れ、鼻の骨は砕け散った。
グチャグチャで血だらけになった彼女の顔に元の美しい面影は残っていなかった。

-fin-



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/24(月) 22:57:25.48 ID:ok2OgzKI0

上条「たのむ、先っちょだけ!先っちょだけだから!」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/24(月) 22:58:10.09 ID:l53pZZFR0

上条「先っちょにセロハンテープはっておくから!」



このSSの続きを読む

劉備「ドラフト会議?」

c0229242_151990
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 18:51:09.28 ID:egusPhax0

左慈「左様」

劉備「・・・。孔明!!孔明!!」

左慈「孔明殿も候補だからの」

劉備「なんの?」

左慈「ドラフト指名じゃ」

劉備「なんの話ですか」



このSSの続きを読む

ハルヒ「手作り弁当か…」

haruhi101
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/08(火) 18:43:24.07 ID:5sWIOb070

キョン「ハルヒ、相談があるんだが…」

ハルヒ「なに?どうせろくでもないことなんでしょうけど」

キョン「長門の手作り弁当が食べたいんだが……」

ハルヒ「……あたしに言わないでよ」

キョン「いや……直接は言いにくいしな……」

ハルヒ「で、なに?あたしが有希に伝えればいいの?」

キョン「……そうしてもらえると助かる」

ハルヒ「しょうがない男ね……」

キョン「なんとでも言ってくれ」



このSSの続きを読む

キョン「なあハルヒ、校庭に空からライトが降ってきたぞ」

haruhi109
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 19:12:47.85 ID:XPBMSUMy0

ハルヒ「え? 今、何て言った?」

キョン「校庭に、ライトが降ってきたんだ」

ハルヒ「ライトって、懐中電灯とかそういうの?」

キョン「いや、そういうのじゃなくて、体育館の天井にあるような、
     大きいライト」

ハルヒ「どこに落ちてきたの?」

キョン「ほら、あそこ」

ハルヒ「あれのこと? あんなの、ただのゴミじゃないの」

キョン「でも、空から降ってくるのはおかしくないか?」

ハルヒ「確かにおかしいかもしれないわね。でも、本当に空から
     降ってきたという証拠があるの?」

キョン「俺が見ていた」

ハルヒ「それがあんたの妄想や嘘じゃないという証拠は、
     どこにもないわ。空から降ってきたんじゃなくて、
     最初から校庭に落ちていたのかもしれないわ」

キョン「でも、校庭に落ちた瞬間、音がした」

ハルヒ「音? そんなの、私には聞こえなかったわよ」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 19:15:33.94 ID:4yRkIzqRO

ライトって月のことかと期待したじゃねえか

※ある映画のネタバレあり

このSSの続きを読む

蒼星石「こんにちはー……あれ?」

2_20090317194734
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/19(日) 21:28:22.22 ID:R2LEqVnH0

蒼星石「あれ? みんないないなぁ」

JUM「ああ、蒼星石か」

蒼星石「こんにちはJUM君」

JUM「遊びにきたの?」

蒼星石「うん」

JUM「あいつらならいないぞ」

蒼星石「え?」



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【 ゼノブレイド2】ニア「ねぇ…レックス。聞きたいことがあるんだけどさ」
  • 彼女「ちょっと!この髪の毛誰のよ!」
  • 【ゴ魔乙】スフレ「カトレアお姉ちゃん!!  何書いてるのー!?」
  • 【ガヴドロSS】天使と悪魔とスマホゲー『きららファンタジア編』
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
  • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
  • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
  • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ