TOP

みゆき「ウルトラハッピーハロウィーン!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 15:46:48.87 ID:86CofHSX0

不思議図書館

あかね「……暇なん?」

みゆき「もーあっかねちゃーん!ノリが悪いよぉー!」

あかね「ノリはえぇわノリは。あんたな、出会い頭になんやねんて」

やよい「あ、あかねちゃん冷静すぎー。あれだよね、みゆきちゃん。今日が十月三十一日だから」

みゆき「そーそー!ハロウィーンだよハロウィーン!折角みんなで集まったんだもん、お祝いしようよー!」

キャンディ「お祝いクルー!」

なお「あれ?ハロウィーンってそういうこと、するんだっけ?あたし、お菓子もらえることしか頭にないや」

れいか「さぁ、私もあまり詳しくは……」

あかね「っちゅうことで星空くん、ハロウィーンがどういうものなんか、うちらに説明してくれへん?したら話のったったるさかい」

みゆき「えっ……あー、えっと……驚かす……その、マッチョを驚かす……?」

あかね「マッチョどこから来たねん!?」



このSSの続きを読む

P「あれこれ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 18:08:37.11 ID:oGhzcDk+0

P「……あれ?」

小鳥「あれならあそこに置いてありますよ」

P「ありがとうございます……あったあった」





春香(あれ? これ? どれ?)

真(さあ?)



このSSの続きを読む

半兵衛「よ、良晴さん……! も、もうっ!」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 06:39:29.66 ID:KjbNUk6Y0

半兵衛「も、もう……! 最近戦がないからって良晴さん、気が緩んでますよ!」

半兵衛「いつ戦が起こるか分からないのに……」

良晴「でも少なくとも今は戦争だって起こって無いんだ、ちょっとくらいいいだろ?」

半兵衛「ちょ、ちょっとくらいって……ここ数日そう言って毎日いきなり背後から抱き付いて」

良晴「嫌か?」

半兵衛「い、嫌じゃありませんけど、くすん」



このSSの続きを読む

冬馬「お前モテるよな」P「俺が?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 00:58:24.09 ID:8+QMeCjxO

冬馬「いやマジで」

アレトウマクンジャナーイ

P(何言ってやがんだコイツ)ビキビキ

冬馬「本当羨ましいわ」

トウマクンサインシテー

P(喧嘩売ってんのかよコイツ)プルプル

冬馬「ああ、モテてぇー」

ダイテートウマクーン

P(なんなのコイツ、本当なんなのコイツ)シクシク



このSSの続きを読む

アスカ「トリックオアトリート!お菓子出さないと悪戯するわよ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 02:11:45.77 ID:fU6j39DIO

シンジ「お断りします」

アスカ「へぇーいい度胸じゃない。このアスカ様の悪戯を舐めたらどうなるか教えてあげるわ」
シンジ「お断りします」

アスカ「覚悟しなさい!」ガバッ
シンジ「断るって言ってるだろ!!!!!!!」

アスカ「っっ!!??」ビクッ

アスカ「なっ、なに大声出してんの!?バッカじゃない!」

シンジ「なんで僕がアスカにお菓子あげなきゃいけないの!?あげく断ったら悪戯!?馬鹿なのはそっちだろ!民主主義舐めんな!」

アスカ「誰が馬鹿よ!」

シンジ「アスカだよ!!!!!!!!!」
アスカ「ひっ!!」ビクッ

シンジ「悪戯されたくなきゃお菓子よこせ!?そんなのただの恐喝だよ!!断ったら悪戯!?傷害と強盗で刑事事件じゃないか!!!」

アスカ「だっ、だってハロウィンだもん!!」

シンジ「日本にそんな文化はない!!!!!ハロウィンがしたきゃドイツ帰れよアメリカン!!!!!」

アスカ「なによ・・・なによそれ!!!」

シンジ「うるさいよ!!!!!!!!!!!」
アスカ「っ!」ビクッ



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 02:13:09.97 ID:W2N3ISBz0

ドイツ帰れよアメリカンワロタwwww



このSSの続きを読む

健夜「富や名誉や地位より若さが欲しい!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 01:52:52.84 ID:NZVVToUj0

居酒屋

健夜「ごめんね、待った?」

良子「ノーウェイノーウェイ。私もさっき来た所です」

健夜「私から誘ったのに、遅刻なんてごめんね。美容院がなかなか終わらなくてさ」

良子「髪型変えたんですね。ベリーグッドです。女子大生に見えます」

健夜「えっ!ホント!お世辞でもうれしいなー//」



このSSの続きを読む

京太郎「部活のみんなと遊園地!」久「みんなは来ないわよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/31(水) 01:11:45.21 ID:kvmsonLg0

京太郎「え?みんな今日の遊園地に急に来られなくなったんですか!?」

久「ええ、せっかく須賀君が全国行きを決めて私たちの為に企画してくれたんだけど…」


咲『すす、すいません…どうしても家庭的な事情で行かれなくなってしまいまして…』

まこ『悪いんじゃが、パートさんが急に休んでしもうて家の手伝いをせんといけなくなってのぉ』

優希『商店街のタコス屋の新作フェアがあるんだじぇ!』

和『父の仕事先のパーティに出席しないといけなくなりまして…』



このSSの続きを読む

P「あずさ2号」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/30(火) 21:51:32.12 ID:dw6D0b4DP

あずさ「すみません、いつも迷惑をかけて……」

P「いえいえ、いいんですよ。そこまでがお仕事というか、あずささんを迎えに行くときのお約束と言いますか」

あずさ「そうですか……?」

P「むしろそれがなくなったら物足りなくなるという感じで!」

あずさ「私は、迷った方がいいんですか?」

P「あ、いやそういうわけじゃないんですよ? でも気にしなくていいんです、仕方ないですから」

あずさ「はい……」


あずさ「はぁ、本当に困ったわねぇ……」

律子「どうかしたんですか?」

あずさ「あ、律子さん。いえ、そのこの方向音痴がどうにか直らないものかと思いまして……」

律子「あー……でも、気にしなくていいんじゃないですか? あずささんのはその、いい方向に行くときもありますし」

あずさ「自分で迷う分には構わないんですけど、他の人に迷惑をかけてしまうのが、どうしても……」

律子「まあ、確かにそうですね……目的地に着くまでは頑張ってそのことだけ考える、とか?」

あずさ「なるほど……やってみますね。ありがとうございます、律子さん」

律子「いえいえ、頑張ってくださいね。逆に言ってしまえば、あずささんの弱点はそれくらいなんですから」



このSSの続きを読む

ほむら「杏子、私が思うにハロウィンは先攻が有利過ぎない?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/30(火) 21:15:53.36 ID:n2tpJagB0

杏子「どういうことだ?」

ほむら「例えばここで私が先攻をとってあなたにトリックオアトリートと言うわ」

杏子「あぁ」

ほむら「そうするとあなたはお菓子を出さなくてはイタズラをされるわよね?」

杏子「そうだな」

ほむら「それを回避するためにあなたはポッキーを1本私にくれるとするわ」

杏子「あぁ」

ほむら「その後あなたが仕返しに私にトリックオアトリートと言うと…」

杏子「まさか!」

ほむら「そう、あなたがくれたポッキーを返すだけになってしまうのよ」

杏子「そ、そんなのずりぃじゃねぇかよ」

ほむら「でもお菓子を返されたとはいえお菓子を渡したのは事実」

杏子「クソッそんなのおかしいだろ…」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/30(火) 21:16:58.63 ID:Ou9VJYe70





このSSの続きを読む

るろうに観柳「明治回転式機関砲浪漫譚」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 20:09:49.81 ID:eVRBDJl40

今からおよそ160年前──
黒船来航から始まった「幕末」の動乱期。

渦中である京都に「人撃ちガトリング斎」と呼ばれる志士がいた。



修羅さながらに人を撃ち、
その弾丸を以って新時代「明治」を撃ち拓いたその男は、
動乱の終結と共に人々の前から姿を消し去り
時の流れと共に「最強」という名の伝説と化していった。



そして浪漫譚の始まりは、明治十一年東京下町から──



このSSの続きを読む

P「律子と五人」

関連記事:P 「律子と二人」
関連記事:P「律子と三人」
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/30(火) 00:40:28.32 ID:DEx0XD7Z0

代行



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/30(火) 00:41:39.84 ID:erIsafL10

代行thx

響「はいさーい!今日も元気にいこー!」ガチャッ

貴音「おはようございます。響は真、元気が良くて……」

響「どんな時でも元気よく!ってな!アイドルの基本さー」

貴音「良い心掛けです。ですが、今は余り……」

響「え、何かマズイ時に来ちゃったか?」

貴音「あれを……」

律子「……」

P「……はぁーあ」

小鳥「あの、えっと……」

響「な、何さ、あの空間は……」

貴音「私も今来た所で……」



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 弟「お兄ちゃん…>>4(すき )」俺「は?」
  • モバP「柚、こんなところに居たのか」紬「なんやいね!?」
  • モバP「柚、こんなところに居たのか」紬「なんやいね!?」
  • ありす「これからも魔法少女で頑張ります」
  • ありす「これからも魔法少女で頑張ります」
  • 店員「何名様ですか?」俺「5兆」
  • 【ミリマス】イエオクリ
  • 【ミリマス】イエオクリ
  • 【ミリマス】イエオクリ
  • 【ミリマス】イエオクリ
  • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
  • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
  • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
  • 【ミリマス】翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」
  • 地縛霊っ娘「出てってよ! 私の家から出てって!」
  • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
  • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
  • ミリP「未来を抱き枕木にして寝たい」
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ