TOP

男「元奴隷が居候する事になった」【安価有】

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:00:48.85 ID:1bqYoAB70


書き溜めなし、安価有、地の文有。

思いつきのみで形成されております。

ゆるくまったり進めていけたらと思いますので、お付き合いの程をよしなに。 



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:05:38.82 ID:1bqYoAB70


浮気調査、動物探し、盗聴器ハント、簡易的な身辺保護。

平々凡々な探偵業をこなしていると、しがない依頼しか大抵は来ないものだ。

自分の掲げていた理想のハードボイルドと呼ぶには程遠い。

まだサラリーマン時代の方が楽だったのかもしれないとまで思っている。

霞でメシを食わないと仏様になってしまうような日々を過ごしていた。

だからこそ、今日の依頼人が提示してきた仕事には度肝を抜かれてしまう。


「マフィア殲滅のために情報収集を依頼したい。
 報酬は貴方が会社員を続けていた頃を基盤とした生涯年収分で如何ですか」


内容から察して詳細なんか聞かずとも、超弩級にきな臭い案件以外の何物でもないじゃないか。

それにこんな赤貧探偵に頼むなんて、どう考えても鉄砲玉のようにしか扱われないに決まってる。

即々でノーと返事を出してお引き取り願おう。

頭じゃ理解していても、心に宿る愚かな自分が吠え猛るのだ。

これこそがハードボイルドの真骨頂だろう、と。

震える指先を誤魔化すように煙草に火を点け、大きく吸い込み、溜め息のように煙を吐き出す。



「その仕事、請け負いましょう」


退路は断った。

後は野と成れ山と成れ、だ。

 



このSSの続きを読む

【艦これ】霞「最高の司令官」

1: ◆ekPHibLxmM 2017/12/11(月) 03:58:57.89 ID:6UQ0rW4T0

シリアス注意
最後に安価あり
書きためてるのですぐ終わります



2: ◆ekPHibLxmM 2017/12/11(月) 04:00:20.82 ID:6UQ0rW4T0

提督「なんだ霞、こんな所にいたのか」

霞「あら、何か御用かしら?。ちょっと考え事をしてたの」

提督「...隣いいか?」

霞「えぇ」

提督「...」

霞「...」

提督「あのさ、俺にも聞かせてくれないか?」

霞「...それは司令官の事かしら?」

提督「あぁ」

霞「長くなるわよ」

提督「構わないさ」

霞「分かったわ...」

ーーーーーーーーーーーーーーーー



このSSの続きを読む

【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」

1:◆h8PchLJM6BH7 2017/12/12(火)08:37:02 ID:IgN



がちり、と



背後から撃鉄を引き起こしたような音を耳にし、前川みくはとっさに振り向きかまえた。



しかし見渡す限りに人影はなく、



先ほどの音の発生源は、落とされていた高森藍子のスマートフォンからであることを理解した時



ぼすっ、と



放たれた一撃を頭部に受け、前川みくは地に伏した。





このSSの続きを読む

彡(゚)(゚)「ワイが新市長のやきうや!」

1:名無しさん@おーぷん 2017/12/11(月)18:11:32 ID:9qE

彡(゚)(゚)「おかのした市、人口>>2人のこの都市を素晴らしいものにしてみせる!」

(´・ω・`)「お兄ちゃんガンバ!!」

彡(゚)(゚)「原住民副市長やんけ! 」



このSSの続きを読む

モバP「いるわけもない兄弟姉妹の話」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/11(月) 23:55:53.85 ID:7hbgCt/C0

※このSSは公式で兄弟姉妹がいないアイドルに兄弟姉妹がいたらという妄想のもと構築されています。
  >>1のイメージですのでご注意ください。


~二宮飛鳥のあまり見せたくない兄~

蘭子「闇に飲まれよ!」

飛鳥「お疲れ様、蘭子、ありす。悪いけど今日は先に失礼するよ」

ありす「お、お疲れ様です。何か急ぎの用事ですか?」

飛鳥「今日は両親がいなくてね。早めに帰って久しぶりに夕飯でも作ってみようかなと」

蘭子「おぉ!飛鳥の手による晩餐とは! 我も天啓に至らなければ列したというのに!」

飛鳥「親からメールがきたなら仕方ないさ。さて、いくとしよう。いそが……ない……と」

ありす「飛鳥さん? ……誰でしょうあの人? 大人の……男性ですよね?」

蘭子「我らが絶対なる結界を超えようとは……如何なる者だ?」


飛鳥兄「安心して。 許可証はしっかり貰ってる。 ……飛鳥、迎えに来たよ」

飛鳥「兄さん……なんでレッスンルームまで来てるんだい?」



このSSの続きを読む

幼女「あたしにイタズラする気でしょ!」誘拐犯「俺は年上好きだ!」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/12(火) 01:39:14.886 ID:hqkZQyho0

どこかの倉庫――

誘拐犯「ほら、フライドチキンだ!」

幼女「ありがと~!」モグモグ

誘拐犯「ったく、なんてワガママな子供だ! こんなに手がかかるなんて!」

幼女「お兄さん、あたしをどうするつもり?」

誘拐犯「しばらくじっとしててもらう」

幼女「ウソー、あたしにイタズラする気でしょ!」

誘拐犯「俺は年上好きだ!」



このSSの続きを読む

【モバマス】周子「あたしの魔法使いさん」

1: ◆ukgSfceGys 2017/12/12(火) 01:04:15.67 ID:80fZfBBj0

周子誕生日記念&ジュエルドノエル実装記念のモバマスSS、地の文ありの周子とそのプロデューサーのお話
若干ジュエルドノエルのネタバレも含むので念のため注意
しゅーこかわいいよ、しゅーこ

次から投稿していきます



2: ◆ukgSfceGys 2017/12/12(火) 01:05:50.33 ID:80fZfBBj0


――暗くなった事務所
あれほど賑やかに開催された誕生日パーティの熱ももうすっかり冷めてしまっている。
にも関わらず今日の主役であるあたしは1人ポツンと手持ち無沙汰にしていた。

こうして待ち続けてどれくらい経ったのだろうか?
もうそろそろ時計の長針と短針が真上を向いて重なり合おうとした時に一人の男がやっとあたしの前に現れた。

「――遅れて本当にすまない!」

男は目の前に現れるなり平謝りしだした。

一切言い訳をせずに謝罪から始めたことには一定の評価をしよう。

そしてまるで100m走の後のように肩で息をして、冬なのに汗だくな姿をみれば、全速力で間に合わせてきたこともわかる。

またそんな状態なのに謝罪したまま頭を上げない姿勢や仕事でも見たことがない申し訳なさ漂う雰囲気を見れば、彼の心中は自ずとも察することができる。

ただ、折角の今日という日なのにその手に荷物が全く見当たらないのはどうなのさ?



このSSの続きを読む

【ガヴドロ】サターニャ「ガヴリール!BIOHAZARDで勝負よ!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/11(月) 21:56:02.81 ID:PTwPcyoj0


ガヴリール「バイオハザードは対戦ゲーじゃないだろ」

サターニャ「え、そうなの?」

ガヴリール「しかも無印だし…」



このSSの続きを読む

【デレマス】アナスタシア「…」文香「…」のあ「…」

1: ◆Vplw0JzeVOUt 2017/12/11(月) 23:02:16.15 ID:1Tz+1Vax0

美羽「…」
 
アナスタシア「…」
 
文香「…」ペラッ
 
のあ「…」
 
美羽「…」

美羽(…沈黙が苦手だから今からギャグを言います)

美羽(勝負…!)


※これはデレマスの二次創作SSです。
キャラ崩壊などがあるかもしれません




このSSの続きを読む

【 ゼノブレイド2】ニア「ねぇ…レックス。聞きたいことがあるんだけどさ」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/11(月) 20:05:38.35 ID:GfzQrQYso

─リベラリタス島嶼群 イヤサキ島イヤサキ村

レックス「ふわぁ~っと…いやーしかしサクラにはビビったなー」ドサッ

レックス「まさかムイムイとバーン会長があんなものを作ってたなんて。ハナの新モードには助けられたよ」

レックス「って…じっちゃんは出掛けてるんだった」

レックス「でも本当に久し振りに帰ってきたなあ…懐かしい」

ニア「五年ぶりだっけ?」

レックス「うわぁ!な、なんだニアか…驚かせるなよ」ドサッ

ニア「驚かせてないよ。あんたが勝手に驚いただけでしょ?」

レックス「あいててて…まぁいいや。どうかしたの?」

ニア「いやーなんか村のおっさん共がすっごい飲んでてさ」

レックス「ああ。ニア酔っ払い苦手って言ってたもんな」

ニア「あんたがドライバーになってブレイド沢山連れて来たから大騒ぎ!あんたのせいよ。反省なさい」

レックス「え、えぇ!?オレぇ!?」

ニア「あっはは!冗談だよ。でもあんたが帰ってきたから大騒ぎしてるのは事実」

レックス「なら俺も参加した方がいいかな」

ニア「そうなんじゃない?私はここで一休みしてるわ」

レックス「ビャッコは?」

ニア「子供達に大人気!」

レックス「ビャッコは優しいし、動物型だもんなー」



このSSの続きを読む

【モバマス】P「奈緒にひどくツンツンされてる」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/12/12(火) 00:42:36.64 ID:nuJrL8JU0

(ある日)

凛「ねぇ、奈緒知ってる? プロデューサーってツンツンしてくる子が好きなんだってさ」

奈緒「そうなのか?」

凛「確かなまゆ筋の情報らしいよ」

奈緒「…へぇ」



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
  • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
  • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
  • 【アズールレーン安価】QE「優雅なお茶会」ベルファスト「その2」【アズレン】
  • 男「元奴隷が居候する事になった」【安価有】
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
  • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ