TOP

安部菜々「Pさんが寝てます」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/19(金) 22:18:39.82 ID:fm2zv48k0

安価でモバマスSS
 鬱ではない かどうかは流れ次第
 眠くなるまで


↓今まで書いたの(宣伝)

安部菜々「下着悶々」

高垣楓「湯の中で噛み合い」

凛奈緒加蓮「経験アリ」



このSSの続きを読む

モバP「そんな噂があるんですか?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/19(金) 21:51:24.24 ID:5i95YnIo0





P(ホモ)「俺が鬼畜ホモだって」







このSSの続きを読む

やよい「どちらもおんなじ画数だけど」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/19(金) 22:44:19.30 ID:cH7aKWd+0

亜美「聞いてよ」

やよい「どうしたの」

亜美「真美とケンカしちゃってさ」

やよい「また?」

亜美「そのゲーインがね」

やよい「それは亜美が悪いよ」






亜美「えっ」

やよい「うん」



このSSの続きを読む

蘭子「いざ行かん!純白のラグナロクへ!」あやめ「……?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/19(金) 23:04:50.42 ID:JXjFXnFT0

あやめ「蘭子殿。らぐなろ区とは何処でしょう」

蘭子「あ、え? いや……その…ラグナロクは、北欧神話の、神々の最終戦争で……」(あ、え? いや……その…ラグナロクは、北欧神話の、神々の最終戦争で……)

あやめ「蘭子殿……わたくし、熊本弁には少々疎く……」

蘭子「下賤の言葉を紡いだというのに……加えて謂えば、我が血を分けし民が皆神言を扱うと思うな……」(普通に喋ったんだけど……あとこれ、熊本弁じゃないよ……)

あやめ「らぐなろ区……熊本の地名ですか? 漢字はどう書くのでしょう」

蘭子「だ、だからぁ……」

あやめ「ら、蘭子殿? なぜ涙目に? わたくし、何か失礼をしたでしょうか!?」

蘭子「ふ、ふん! 人の子に気遣われるほど落ちぶれてはいないわ!」(な、泣いてないもん!大丈夫だもん!)

あやめ「ならば良いのですが……。それで、蘭子殿。純白のらぐなろ区とは?」

蘭子「堕天の純白は醜き大地を覆ったわ……今こそ境界を越え、白き悪意で闘争を!」(せっかく雪が積もったんだし……雪合戦したいなぁ、って)

あやめ「………すみません、良く意味が…」

蘭子「………ぁぅぅ…」



このSSの続きを読む

春香「天海ブリリアントパーク!」

1:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/12/13(土) 18:32:30.33 ID:eOqalNJJ0

アイマス×甘ブリのクロスですが
甘ブリを知らなくても全然大丈夫です。

というか甘ブリ要素ほとんどありません。



2:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/12/13(土) 18:45:31.61 ID:eOqalNJJ0

ここは東京の外れに位置する、『天海ブリリアントパーク』

言わずもがな、れっきとしたテーマパークである。

二年前、アイドル事務所の社長が閉園した遊園地を再建したが、閑散とした日々が続いている。

つまりは客が来ない。

そんなワケありの天海ブリリアントパークは当然のごとく、閉園の危機に迫られていた..............



このSSの続きを読む

モバP「文香にスキャンダルだと!? おのれぇぇッッ!!」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/19(金) 17:28:14.85 ID:Ttzkk50V0

P「さてと、今日はTV局で収録だったな。行こうか文香」

文香「はい……よろしくお願いします」


ちひろ「プロデューサーさん! 文香ちゃん! 大変です!!」タッタタタッ!

P「どうしたんですかちひろさん?」

ちひろ「きょ、今日発売した週刊誌にこんな記事が―――!」

P「ええと、なになに……『人気急上昇中のアイドル・鷺沢文香に―――」




P「熱愛発覚か!?』だと――――ッ!?」

文香「えっ……!?」





このSSの続きを読む

キョン「犬?」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/04/29(火) 22:25:05.20 ID:jXBfmrTP0.net

 最近、何故かは知らんがハルヒの様子が少しおかしい。元々おかしいのは百も承知だが、
それに輪を掛けておかしいのだ。具体的な例を挙げると、とにかく処構わず俺にくっついてくる。
少々誤解を招きそうな言い方なのだが、事実だったりするわけで致し方ない。

 休み時間などはあまり動き回るということはないので、何時もと同じと言えばそれまでだが、
一度移動教室ともなると確実に俺と行動を伴にしようとする。その意図はまったくもって不明なのだが、
谷口が冷やかしてきたり、クラスメイトの生暖かい視線を感じるのは俺の精神衛生上よろしくない。
止めさそうとはするのだが、ハルヒは聞く耳を持たないから困ったもんだ。

 ハルヒの目を盗んで古泉にいろいろ原因を訊ねてみるのだが、上手くはぐらかされて結局はわからず仕舞い。
一つだけ言えるのは、古泉もクラスメイトと同じ生暖かい視線を投げ掛けてくるってことぐらいだ。



このSSの続きを読む

シカマル「影真似の術、成功……」多由也「ゲスチン野郎がああ!」

1:名無しさん@おーぷん:2014/12/19(金) 07:28:03 ID:SBd

数時間後


テマリ「くっそ、なんであたしがあいつの援護なんて……ていうかなんで生きてるんだあいつ。バラバラに吹き飛ばしたはずだろう……ん?」

テマリ「いやがった……戦況は……」


シカマル「おらどこに出して欲しいんだ!?ああ!?」パンパン

多由也「ながに!ながにだじでええええ!!」アンアン


テマリ「」



3:名無しさん@おーぷん:2014/12/19(金) 07:30:04 ID:SBd

前スレ
シカマル「影真似の術、成功……」テマリ「くっ……」



このSSの続きを読む

魔王「よし、世界征服をしよう! 手始めに近くの村を襲うか」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/04/22(火) 00:21:17.09 ID:Xjw1TOSZ0.net

~村~

村人A「とうとう魔王が世界征服を始めるらしいぞ」

村人B「それは本当かよ! まだ遠くの国にいる勇者はレベル1なんだろ!? 終わりじゃん」

村人C「世界征服の最初の犠牲はこの村だそうだ」

村娘「魔王の城に一番近いしな」

村人A「どうしよう魔王って絶対強いんだろ?」

村娘「魔王だしな」

村人B「この村はお終いだー」

村人C「お、俺は世界がどんなに闇に包まれようと自分の生まれ育った村は離れないぜ!」

村娘「よし、魔王が攻め込んで来ても良いようになんか対策をしてみっか」

対策>>3



このSSの続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
新着コメント
QRコード
QRコード
解析タグ
ブログパーツ
ツヴァイ料金
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ

ページトップへ

© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
多重債務